女性就業101システムが始動
2021年12月12日付 Iran紙


 101システムは、各州に固有のコードが割り当てられ、有能な人材が自分の州のコードを101システムに送信してその後自分の携帯端末を登録すると連絡が来るように設計されている。

【イラン電子版】ハズアリー女性・家族問題担当副大統領は、オシュトリナーン市の女性らとヤーセキャブード協会の在宅ビジネス活動家らとのシンポジウムで、同担当局の最重要計画と優先事項として家庭に軸を置いた持続的な就業を挙げ、「就業や問題除去、 能力開発などの議論に関わる当担当局の計画策定と女性達の協力と取り組みによって、家庭に軸を置いた持続的な就業を実現するため、効果的な一歩を踏み出すことができることを望んでいる」と付け加えた。

 ハズアリー博士は、「ロレスターンの女性達の能力は周知の事実で、これらの能力が方向付けられ、家計と社会のために公正に活かされるよう計画されなければならない」と述べた。

 同氏は、女性達の技能と能力の強化を強調し、これらの能力の向上と開花には訓練と計画が必要であるとし、「女性問題担当局は、絨毯についてのロレスターンの女性の能力に注目し、マーケティングや販売、輸出に必要な基盤を整えるのに協力する用意がある」と付け加えた。

 副大統領は同担当局における101システムの立ち上げを発表し、「このシステムでは、各州が固有のコードを割り当てられている。有能な人材がこのシステムに自分の州コードを送信し、その後自分の携帯端末を登録すると連絡が来るように設計されている。」と語った。

 ハズアリー博士は、「当担当局の我々の同僚がSMSを送信した者達に連絡し、能力に基づいてニーズ評価とモニタリングをおこなう」と説明した。

 同氏は、雇用を創出するためのこのシステムを運営する銀行の準備が整っていることを発表し、「当事業の運営を行う3つの銀行が、就業促進の融資を行う予定だ」と述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:SK)
(記事ID:52025)