エジプト:在外エジプト人保護をめぐるパネルディスカッションを開催(2)
2021年12月24日付 Al-Ahram紙

■超党派若手政治家調整委員会のサロンにてハウリー議員:我々は在外エジプト人保護の法整備を期待している

【アフマド・サイード・ハサーニーン】

超党派若手政治家調整委員会のサロンが少し前に立ち上げられたという指摘は注目に値する。同サロンは、超党派若手政治家調整委員会のフェイスブックページを通じてナビーラ・マクラム移民大臣の動画を配信している。これは、最近同省が立ち上げた在外エジプト人とのコミュニケーション戦略についての議論するためだ。また、国民経済の発展における在外エジプト人の貢献や投資において彼らの一部が直面する障害およびその解決策の提案に関する議論も配信している。

サロンは議論の輪を広げ専門家やあらゆる当事者の参加を進めるために、大臣に加えて、代議院の外交関係委員会のメンバーであるターリク・ハウリー議員、元予算委員会委員長のフセイン・イーサー議員、国外在住でエジプトのスタートアップ事業投資家であるアフマド・サクル氏といった全当事者らを招待している。

なお、議員でジャーナリスト作家兼超党派若手政治家調整委員会のメンバーあるイマード・ハリール氏がサロンの運営をしている。

(1)に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:沼田駿)
(記事ID:52058)