ミッリイェト・サナト 50歳に
2022年01月04日付 Milliyet紙


最初の号を1972年9月に出版したミリイェト・サナトは、2022年に50歳を祝う。50周年となる最初の号が、各書店の棚に並んだ。

文化芸術サービス
- 雑誌は2022年1月号の表紙にはトルコの画家の半分以上にとっての先生であるマグノリアの画家イブラヒム・チャッルを紹介している。
アス・マロそして「今月の話題」分野では、パンデミックのために間断を空けた「ドン・キホーテ」の演劇をサンチョ・パンサとしてイタリアで公演を行っているセッラ・ユルマズ氏のルポタージュが含まれる中で、劇場芸術のページでは若手舞台俳優であるボラ・アッカシュ氏、タリムハーネ劇場の新たな演劇である「素晴らしいもののリスト(Harika Şeyler Listesi)」を、ウール・アスラン氏は、一つの時代にインパクトを与えるアラベスク文化を劇場へともたらした「アファラ・ビル・アラベスク・ミュージカル(Afara Bir Arabesk Müzikali)」を解説している。映画「ドライブ・マイ・カー」の包括的な評価とともにスタートする映画ページは、ポール・トーマス・アンダーソンの新作である「リコリス・ピザ」そしてジャレッド・レトを分析することで続けている。
また、新作映画「A HELO(英題)」によってイラン映画の“英雄”であるアスガー・ファルハディ氏もまた、フィルモグラフィーに参加をしている。セチキン・セルヴィ氏は、雑誌の文学ページにおいて、ゼイネプ・ミラチュ氏の人生の物語についてペンをとった「セチキン」という名前の書籍によってインスピレーションを与える物語を語っている。また「琥珀の門(Kehribar Geçidi)」とともにナザン・ベキルオール氏そしてケマル・ヴァロール氏のルポタージュとともに、2022年のサプライズ書籍のランキングも、今回のページで読者を待っている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:52116)