シリア:トルコ占領軍がシリア北部で攻勢を強化し、多くの民間人が死傷(1)
2022年02月02日付 al-Watan紙


■トルコ占領軍がシリア北部で攻勢を強化、その結果多くの民間人が死傷。シリア・アラブ軍は砂漠地方および「緊張緩和地帯」でイスラーム国のテロリストらを殲滅

【ダマスカス:本紙】

シリア・アラブ軍は東部砂漠地方で「イスラーム国」に所属する多くの武装者らを、「緊張緩和」地帯で数々のテロリストを殲滅した。一方トルコ占領軍とその雇われ兵らは、アレッポ県北部の郊外およびハサカ県内のシリア・イラク・トルコ国境の三角地帯にあるマーリキーヤ市の郊外に位置する町村への攻勢を強め、その結果数十人におよぶ民間人が負傷した。

ある戦場筋は本紙に対し、シリア・アラブ軍がダイル・ザウル砂漠の西武でイスラーム国と交戦し、それに属する複数の武装者を殺害したことを明らかにした。

同筋は緊張緩和地帯に関連し、同軍が「シリア北西部ガーブ平野のカリーディーン村でテロ組織「ヌスラ戦線」に属する武装者らの複数拠点およびその同盟組織に対し砲撃を加えた。さらにイドリブ県南部の郊外地帯に位置するファッティーラ村、カフル・ウワイド村、フライフィル村にあるテロリストの拠点を砲弾およびミサイルによって攻撃した」ことを明らかにした。同筋によると、これらの攻撃は、同テロ組織が緊張緩和地帯における停戦協定に違反したことに応じて実施されたという。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:メディア翻訳アラビア語班)
(記事ID:52119)