公正発展党から注意を引く発表:早期選挙の動きか
2022年01月17日付 Cumhuriyet紙


公正発展党副議員会長のメフメト・エミン・アクバシュオールは定年退職者対策のために「2022年中に我々が行うことの奇跡を共有したい」と発表した。アクバシュオールの発表を評した共和人民党スポークスパーソンのファーイク・オズトラクは「絶望的な状況の中で選挙の前に得票活動を行なっている」と述べた。

公正発展党副議員会長のメフメト・エミン・アクバシュオールは定年退職者対策を待ち望む数百万の人々のために発表を行った。
対策のために2022年を示してアクバシュオールは「定年退職者と呼ばれるカテゴリは一つの対策の必要な問題である。その本質と要約を見ると、これは公正発展党政権以前、つまり2002年以前の政策を意味している」という説明を行った。

■2022年を示した
アクバシュオールはまた、「我々の兄弟である定年退職者の状態は我々の対応計画の一部である。願わくは、2022年中に定年退職者に関しても我々が行うことの奇跡を労働社会保障相と共に共有したい。我々の兄弟たる定年退職者の状況は2022年中に対応を開始してこの問題に関して彼らも真に満足し、『とてもありがたい』と言うようなところまでできれば持っていきたい」と表明した。

■3600の追加指針表明
3600の追加指針に関しても説明を行ったアクバシュオールは以下のように述べた。
「我々の警察官たち、看護師たち、役員たち、イマームたちとその他の社会を構成する人々たちの人事に関して言うことがある。これをさらに拡大するために広い視野の中で労働省において施策が行われている。これをできれば3月中には実行するために3600の追加指針を実行させるつもりである。
一方で契約職員もおり、彼らは非常に複雑な立場にある。これは全く異なった法制度である。我々はこれらを簡素化し、一つのシステムのもとでより簡単なものにし、この分断を一元化しながら誰もがより良いところで自身の権利を手にしながら職務を続けることができるようにしたいと考えている」

■オズトラクより「早期選挙」という評価
共和人民党スポークスパーソンのファーイク・オズトラクもまた今日の記者会見においてアクバシュオールの言葉を評した。オズトラクは以下のように述べた。
・全てのトピックに見られるように、このトピックでも宮廷営業で素晴らしいことに全員が適当なことを言っている。大臣が何かを言っている時、役人は全く別のことを言っている。副議員会長も別のことを話しており、エルドアンも別の話をしている。これが早期選挙のための活動の一つであることは明らかだ。
・しかしながら、定年退職した国民に「発生した」などと言うような宮廷の傲慢さがこの問題を解決するようなことは誰も期待すべきではない。絶望的な状況の中で選挙前にいろいろと得票活動をしているに過ぎない。定期退職者の同胞たちは何も心配する必要ない。この問題も共和人民党が与党となり解決する。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岩田和馬)
(記事ID:52238)