マルディンで玉突き事故、死傷者も
2022年01月19日付 Milliyet紙


マルディン県でイペキヨルのクズルテぺ側における豪雪と凍結が玉突き事故の原因となった。8台の車が交通事故を起こし3人が死亡、10人が負傷。

マルディンのクズルテぺ郡で豪雪が降ったために発生した玉突き事故において3人が死亡し、10人が負傷した。
事故はクズルテぺのイペキヨルから5キロの地点で発生した。手に入った情報によると降雪により滑りやすくなった道で玉突き事故が派生した。この地域にジャンダルマ、消防、救急隊が派遣された。最初の報告によれば3人が死亡、10人が負傷し、事故には大型トラック5台、自動車2台、バス1台が巻き込まれた。

■負傷者は病院へ運ばれた
負傷者たちは事故現場で応急処置が行われたのち病院へ送られた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岩田和馬)
(記事ID:52249)