エジプト:スィースィー大統領が自国の人権状況をめぐる批判に反論(2)
2022年01月11日付 al-Quds al-Arabi紙
アブドゥルファッターフ・スィースィー大統領
アブドゥルファッターフ・スィースィー大統領

■スィースィー大統領がエジプトの人権状況への批判に対して反論

【カイロ:アナトリア通信】

エジプト通信社が伝えたところによると、スィースィー大統領は会議に参加するなかで次のように述べた。「演説は非常に痛烈なものだと感じたが、私を信じていただきたい、エジプトの現状はそのようではない。したがってこれは意図的であれ無意識であれ、エジプト国家に対する侮辱の一種である」と述べた。

同大統領は、「表現の自由と政治的行為において人権に制限を加えないことの重要性」に注意を向け、「エジプトはいかなる抑圧のもとにおかれることなく、それが信じるところの信条や思考に着目しつつ人権を大切にしている」と強調した。

スィースィー大統領は、「エジプトの状況のための完全かつ包括的な取り組みの必要性と、人権問題に取り組む際にそれを考慮に入れること」を強調した。

同大統領は就業機会の供給、居住の権利、医療サポート、適切な教育といった問題が「人権の基本的権利」であるとしてそれらを設置することを求め、これがエジプト国家にとっての課題であると述べた。

さらにエジプトが「常に人権、とりわけ意見を表明する自由を尊重している」ことを強調し、この点に関する国内外からの批判を「嘘」であるとみなして否定した。

(1)に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:檜山彩名)
(記事ID:52251)