トルコ映画:サンダンス映画祭、ウクライナ・トルコ合作映画『クロンダイク』製作陣に賞
2022年01月31日付 Cumhuriyet紙


映画『クロンダイク』は、重要な映画祭の一つであるサンダンス映画祭にて「最優秀監督賞」を受賞した。

ウクライナートルコ製作の映画『クロンダイク』は、最初の上映を行った世界映画の中で最も重要な映画祭の一つであるサンダンス映画から「最高監督賞」を獲得した。

監督をマリア・エル・ゴルバッチが、共同制作をメフメト・バハドゥル・エルが努めた映画は、ウクライナ―ロシアの国境に生活をして、村の人種差別主義者グループによって取り囲まれているにも関わらずその家を放棄することを拒否している一人の女性の物語にスポットを当てている。映画は、一機の旅客機が2014年7月14日にウクライナで撃墜されたことに関して銀幕で取り上げている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:52377)