エジプト:シーシー大統領がルネッサンスダムの貯水プロセスをめぐってセネガル大統領と会談(2)
2022年01月29日付 al-Watan紙


■シーシー大統領は「独りよがりの措置」をとらないまま、ルネッサンスダムの貯水プロセスをめぐってセネガル大統領と合意

【ダマスカス:本紙】

同声明によると、両国首脳は会談の終了に際し、電力、再生可能エネルギー、遺跡、文化、スポーツといった分野における両国間の相互理解・協力体制を規定した多くの覚書に署名した。また今後両国間では、外交パスポート所持者に限って入国ビザの免除が行われるという。

エジプトのサーミフ・シュクリー外務大臣は先週、エジプト政府が「ルネッサンスダムの貯水・運営をめぐる拘束力のある法的合意について交渉のテーブルにつく用意ができている」ことを明らかにした。

同様に、エチオピアのアビィ・アハメド首相はエジプトとスーダンに対し、ルネッサンスダムをめぐる両国の言説を変更し、代わりに平和の構築に向けた言説を強化するよう求めた。

同首相は声明のなかで「(ルネッサンスダムによって)川沿いの国々は、合理的かつ公正な方法で、多大な損害を生まないままにナイル川の水源を活用することができるようになる」と述べ、次のように付言した。「このダムは河口に存在する2国であるスーダンとエジプト、そして東アフリカ全体に多くの利益をもたらすだろう」。

(1)に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:メディア翻訳アラビア語班)
(記事ID:52390)