シリア:PLO駐シリア代表部大使がダマスカスでセミナーを開催し各国当局者らが参加(1)
2022年02月03日付 al-Watan紙


■アンワル・アブドゥルハーディーPLO駐シリア代表部大使「アメリカ合衆国を筆頭とする西側社会は自由とも、民主主義とも、人権とも関係がない虚偽的・偽善的な社会…シリアはパレスチナ革命が1965年にそこで始動した基本的な拠点であり、シリアの指導部とはあらゆる問題をめぐる協議と継続的な調整がなされている」

【ダマスカス:本紙】

パレスチナ解放機構(PLO)政治部門のアンワル・アブドゥルハーディー駐シリア代表部大使は「シリア・パレスチナ間の関係は戦略的関係であり、シリアの忍耐とパレスチナ人民による自らの権利への固執が、『アラブの春』と呼ばれるものを打倒した」と強調した。また同大使は、アメリカ合衆国を筆頭とする西側社会が「自由とも、民主主義とも、人権とも関係がない虚偽的・偽善的な社会」であると述べた。

本紙は、アブドゥルハーディー氏がダマスカスのアブー・ルッマーナ地区にあるアラブ文化センターで開催したセミナー「パレスチナ、アラブ、世界における最新の進展」の折に、同氏から独占声明を得ることができた。同氏はその際「パレスチナ人民は、シリアが人種差別的な政体から領土を解放するための闘争の支柱となり基礎となるよう、大きな希望をもって同国の回復を待ち望んでいる」と述べた。

同氏は次のように付言した。「我々とシリアは完全に結託しており、継続的に侵略に立ち向かっている。シリアはパレスチナ革命が1965年にそこで始動した基本的な拠点であり、シリアの指導部とはあらゆる問題をめぐる協議と継続的な調整がなされている。また世界中で、特に地域内で全ての問題が相互に結びついている」。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:メディア翻訳アラビア語班)
(記事ID:52477)