トゥンジェリ県ナズィミイェ郡知事、ジェムエヴィの運営を銃で脅迫
2022年02月13日付 Cumhuriyet紙



トゥンジェリ県ナズィミイェ郡のウウル・トゥトカン郡知事は、デュズギュン・ババ・ジェムエヴィ〔訳者注:アレヴィー派の宗教的集会所〕に言い渡されている6万トルコリラの罰金を批判した同ジェムエヴィのスィナン・クルムズチチェキ会長を脅迫した。


トゥンジェリ県ナズィミイェ郡にあるデュズギュン・ババ・ジェムエヴィに対し、過去三年間で適用された6万トルコリラの罰金について、同ジェムエヴィのスィナン・クルムズチチェキ会長は協会を代表し、罰金は違法に言い渡されたものであると主張した。

ジェムエヴィが「金儲けの場所」とみなされていると述べるクルムズチチェキ会長は、「様々な理由をつけて協会法にそぐわない形で言い渡された罰金を飲むことはできません。協会部局や法律の専門家に相談したところ、この罰金が違法であると言われました。私たちはこの脱法行為を許しません。私たちが信仰を行う場所は金儲けの場所ではありません。私たちは罰金のせいで信仰を諦めることはしません。この件ではデルスィム弁護士会から法的支援を受けながら抗議のため訴訟を起こしました。デュズギュン・ババ・ジェムエヴィが個として受ける罰金は、アレヴィーの信仰に対する罰金なのです」と述べた。

■ジェムエヴィの目の前で銃を持ってポーズ
事件が報道されると、ナズィミイェ郡のウウル・トゥトカン郡知事は公安部隊とともにジェムエヴィに向かい、手に銃をもった姿で撮影した写真をソーシャルメディアに投稿し、ジェムエヴィのクルムズチチェキ会長を脅迫した。

トゥトカン郡知事はクルムズチチェキ会長について、以下の文章で脅迫した。「協会の名のもとに人々の信仰を利用して金を集め、その金を不適切で違法な形で、デュズギュン・ババ・ジェムエヴィの外部で、すなわち目的にそぐわない形で使っているくせに、私たちがジェムエヴィを金儲けの場所と見ているだなんて。違法で不適切な方向に向かっている人々に正しい道を見せてやろう。トルコ共和国は法治国家だ。君にもその延長を教えてやろう、法と国家の力を。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:今城尚彦)
(記事ID:52539)