有料道路・海峡の通過でHGS廃止
2022年02月14日付 Hurriyet紙



道路総局は、有料道路および海峡の通過においてOGS(自動通過システム)を廃止し、通行料はHGS(高速通過システム)のみによって徴収することを決めた。3月31日から適用される。


道路総局は、有料道路および海峡の通過について、OGSを廃止することを決めた。通行料はHGSによって支払われる。

OGS端末のついた車のオーナーであることを示すステッカーは、銀行によって無料にてHGSステッカーに交換される。3月31日から適用される。

道路総局は「2022年3月31日より、自動通過システム(OGS)を廃止し、有料道路および海峡の通過に関しては高速通過システム(HGS)によって引き続き徴収されることになります」と発表した。

インフラ投資省道路総局が行った発表は以下の通り。

「我が国において、有料道路および海峡の通過にかかる料金は自動通過システム(OGS)と高速通過システム(HGS)という二つの異なる料金徴収システムによって集められています。料金徴収においてOGSとHGSという異なる二つのシステムが存在することは、ドライバーが〔料金所の〕ゲートを混同する原因となっています。」

「負担の削減、効率の向上によって皆様により良いサービスを提供するため、2022年3月31日より自動通過システム(OGS)を廃止し、有料道路および海峡の通過に関しては高速通過システム(HGS)によって引き続き徴収されることになります。OGSに加入しているドライバーが損害を被らないようあらゆる対策を講じるとともに、OGSのステッカーが貼られている車の所有者に対してはOGS端末を購入した銀行から無料にてHGSステッカーが配布され、アカウントもHGSアカウントに変更されます。」

「変更手続きの間もその後も、ドライバーが道路の通過を快適に行えるよう、あらゆるトラブルの防止に努めます。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:今城尚彦)
(記事ID:52557)