サルトで、レシャト・エクレム・コチの『イスタンブル・アンサイクロペディア』アーカイブ化
2021年06月21日付 Yeni Safak紙


ALTで2011年から現在まで続いている『さあ誰がいるだろう?』というタイトルのトークショーは、10周年を迎えて、組織の事業そしてまた事業の協会を取り上げるビデオシリーズとして継続している。SALTの傘下で様々な調査プロジェクトに対して、また展覧会そしてプログラムなどに対しての貢献をしている政府の参加者たちとともに用意がなされたビデオ作品が、一週間ごとにサルトオンライン.orgそしてSALTオンラインのソーシャルメディアチャンネルで公開される。

SALTの事業そして事業協力者に関してのビデオシリーズとして10周年を記念して用意された『さあ誰がいるだろう?』のトークショーの今週のゲストはエムレ・アイヴァズ氏である。

「レシャド・エムレ・コチ氏のイスタンブル・アンサイクロペディア」は6月22日に出版される。SALTがカディル・ハス大学との合同で行っているイスタンブル・アンサイクロペディアアーカイブプロジェクトの枠組みで、レシャト・エクレム・コチ氏がその人生をささげたアンサイクロペディアそして関連する資料はオンラインでのアクセスに開かれる予定だ。修士論文をイスタンブル・アンサイクロペディアについて執筆をおこなったプロジェクトのコンサルタントであるエムレ・アイヴァズ氏は、この比類なき出版物の特徴に注意を引きながら3年間のプロジェクトに関しての情報を与えている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:52583)