イラク:スンナ派連合がディヤーラ県の治安関係のポスト配分を批判(1)
2022年02月18日付 al-Quds al-Arabi紙


■スンナ派連合はディヤーラ県における治安関係のポスト分配が守られていないことに不満を募らせている

【バグダード:本紙】

ハミース・ハンジャル氏を代表とするスンナ派の「主権」連合は、イラク首相で国軍総司令であるムスタファー・カーズィミー氏の姿勢を批判した。連邦首都バグダードの北方に面しているディヤーラ県での治安問題への対処に関する姿勢である。同連合は、カーズィミー氏が自身の首相任期更新にいとまがなく、同県の国内避難民の帰還問題と社会の構成集団の権利の問題を、総司令は気に掛けていないと示した。

連合の指導者であり、ディヤーラ県選出の国会議員であるラアド・ダフラキー氏は、カーズィミー氏に、県内の治安関係ポストのバランスに関する公約の履行を呼びかけた。

同氏はプレスリリースにて、「ディヤーラ県の情勢は、社会的、地理的な状況に起因する特殊なものになっている。そのため、一方方を犠牲の上に他方が決定する形での選択的あるいは排他的な要素を避けた、例外的措置を必要とする状況になっている」と述べた。また、「治安問題は、憲法や法律のメカニズムに基づいた見直しと対処が必要なもっとも重要かつ危険な問題の一つだとみなされている。なお、見直しと対処は県内外のこれらの機微な機関における治安関係のポストのバランスをとることによって行われる」と指摘した。

また同氏はカーズィミー氏が「ディヤーラ県で、同県選出の議員らへ意見を求めることなく、治安上の変革を行った」ことを指摘し、「治安の観点ではなく政治的圧力に起因するこれらの性急な決定によってバランスが崩れたことからも、この変革は悪い反応や危険な結果をもたらした」と示した。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:萩原優太)
(記事ID:52666)