シリア:ヌスラ戦線が自らの支配領域の住民に対する税金・上納金の徴収を強化(1)
2022年01月20日付 al-Watan紙


■ヌスラ戦線が徴収した税金・上納金を在トルコの組織上層部のために活用…自らに反対する人々に拷問を加えるシリア民主軍

【ダマスカス:本紙】

テロ組織「ヌスラ戦線」の支配下に置かれている諸地域が、劣悪な生活環境にならびもっとも基本的な公的サービスの欠如に苦しむなか、同組織はイドリブ県の住民らに対して課している税金・上納金の徴収を行っている。そして徴収された金銭は、同組織の手によって、その大部分がトルコの指導者層の利益のための投資金として使われるのである。

ウェブサイト「アスル・プレス」によると、イドリブ県郊外の複数の地元筋が、多くの民間人が同県郊外部の複数地域で、ヌスラ戦線の戦闘員が行っている仕打ちに対して抗議するデモを組織したことを明かした。

同サイトが伝えたところによると、同複数筋は、ヌスラ戦線が自らの支配下に置いている諸地域において商人、店舗オーナー、農民らに重税を課しているために、デモ参加者らは薬品、パン、インフラに加え、同組織が複数の違法通行所から得ている資金を提供するよう求めたことを明らかにした。

さらにデモ参加者らは、ヌスラ戦線に属する「治安事務所」が得た金銭の使途に加え、これらの金銭がどこに行っているのかを明らかにするよう求めた。バーブ・ハワー通行所とアレッポ郊外部を結ぶ幹線道路のために、これまで20億米ドル以上が費やされたという事実が存在するためである。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:メディア翻訳アラビア語班)
(記事ID:52674)