フラント・ディンクを殺害したオギュン・セマスト、釈放
2023年11月15日付 Cumhuriyet 紙


アゴス新聞の総編集長フラント・ディンクを2007年1月19日に新聞社の建物の前で刃物を使った攻撃で殺害したオギュン・セマストは、2月に移送されたボルのF型刑務所より条件付き釈放の枠内で、夕刻釈放された。

アゴス新聞の総編集長、フラント・ディンクは、2007年1月19日、新聞社の建物の前で当時17歳だったオギュン・セマストによって暗殺された。

犯人であるとされるオギュン・セマストは、2007年1月20日にサムスンのバスターミナルで捕まった。2007年1月24日に拘留されたセマストは、今年の2月に刑に服していたカンドゥラF型刑務所から、ボルF型刑務所に移送された。

16年10ヶ月間刑務所で刑に服した中で、1年前に善良な行動から条件付き釈放の範囲内で刑が満了し、刑務所の当局によって、(セマストの行動が)刑務所内で評価される過程であったことが判明した。行われた調査において、善良な行動が申告されたセマストに関して、条件付き釈放の条件を満たしたとして法的に釈放が決定された。

セマストは、2月から本日までボルF型刑務所で服した刑の後、19時50分に出所した。出所時には家族が出迎えたとのことである。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


( 翻訳者:関 颯太 )
( 記事ID:56730 )