2007年スーパースポーツ世界選手権(WSS)チャンピオンのソフオール選手の兄が事故死
2008年05月10日付 Milliyet紙

アダパザル出身のバハッティン、スィナンとケナン・ソフオール3人兄弟は、学校を出るとすぐに父のイルファン・バスリ・ソフオールのモーターサイクル整備で一息ついていた。父は許可しなかったが、彼らは気に入ったオートバイに乗り仕事から逃れた。こうした興味は短期間で情熱へと変わった。第一歩は兄であるバハッティンから始まった。

2002年、道路を渡る際に、1台の車両が衝突してきた結果(バハッティン)は命を落とした。バハッティンを引き継いだスィナンは国内で、ケナンは国外で、トルコでのモーターサイクルスポーツにおいて最もよく知られるようになった。

■ 地震から救出された

ケナン・ソフオールが2007年スーパースポーツ世界選手権のチャンピオンとなると、トルコはオートバイへの情熱をもった家族を身近に知るようになった。1999年8月に(地震で)倒壊した建物から救出されたソフオール一家は、昨日1人の子どもを事故で失くすという苦痛を経験した。一家の長男であったバハッティン(の死)の後、昨日スィナンがコースで起きた事故で亡くなった。スィナンはキョルフェズ・コースで、トルコモーターサイクル連盟とマルマラモーターサイクルクラブが共催する「コジャエリ広域都市トルコモーターサイクルコース選手権」への準備をしていた。カーブに入ったとき、ブレーキ操作を誤った(スィナン・)ソフオール選手のバイクは転倒した。

■ 45分間持ちこたえた

ソフオール選手が病院へ運ばれたとき、意識はなかった。検査の結果、脳内出血を起こしており、肺でも出血、首と背骨が骨折しているのが確認された。手術によりスィナンの出血は止まり、集中治療室へと移った。その45分後に亡くなった。

医師らが死を告げると、病院で希望をもって待機し続けていたソフオール選手の父イルファン、母ヌラン、妹のニルフェルは涙にむせいだ。弟ケナン・ソフオールはというと、国外で訓練中だった。

スィナン・ソフオールの遺体は救急車でアダパザルのセルディベン地区にある実家へと送られた。ソフオール選手の葬式は、アクヤズ郡で今日正午の礼拝の後、同郡にある家族の墓地に埋葬されることがわかった。

Tweet
シェア


現地の新聞はこちら
2007年スーパースポーツ世界選手権(WSS)で初めてトルコ人がチャンピオンに

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:釘田遼香)
(記事ID:13781)