大統領、始業式で生徒たちに問いかけ「もしあなたが大統領だったら何をしますか?」
2011年09月26日付 Jam-e Jam紙

 メフル月〔西暦9/23〜〕の鐘とともに、〔全国の学校で〕新学年の始業式が開かれた。これに合わせる形で、大統領は〔恒例となった〕「メフル月の質問」を、ビデオ録画にて〔生徒たちに〕提示した。

 複数の通信社が伝えたところによると、昨朝、1390〜1391年〔西暦2011〜12年〕の始業式が第一副大統領ならびに教育相出席のもと、テヘラン第14地区にある「アーザーディー」女子中学校で開かれた。

 マフムード・アフマディーネジャード大統領は〔始業式に寄せた〕自身のメッセージの中で、メフル月は尽きることのない思い出の月であり、〔学生・生徒たちが〕知と科学の頂点を目指す月であると述べた上で、次のように語った。「イランは文明のゆりかごです。多様な民族が長年に亘って、知と科学の頂に登り詰めようと〔イランの大地で〕切磋琢磨してきました。それはまた、イランを至高の高みへと導こうとする努力でもありました」。

 大統領はまた、「イランの子どもたちに望みたいのは、頂点というものを〔つねに〕念頭に置いてほしい、ということです」と述べた。

 大統領は続けて、「メフル月の質問」として「もしあなた方生徒が大統領であったなら、イランを建設し、イラン国民の名を高め、国政を運営するために、何をし、何を優先課題としますか?」と問いかけた。

 大統領はさらに、「あなた方生徒は、世界の諸問題に対して何をしますか?貧困を撲滅するために、どんな構想を抱いていますか?一言でいいましょう。もしあなたが大統領になったとしたら、愛すべきイランのために何をしますか?」と続けた。

Tweet
シェア


関連記事(アフマディーネジャード「あらゆる悪魔が終結してイランで正義の旗が掲げられるのを阻止しようとしている」)
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:古賀夏樹)
(記事ID:24144)