ラーダーン司令官「警察はヘジャーブ遵守を守らぬ展示会には開催を許可しない」
2012年05月30日付 Mardomsalari紙

 治安維持軍総司令官代理は、「もし展示会の責任者らが貞節とヘジャーブに関わる事項を遵守しないようであれば、警察はこうした展示会の開催を許可しない」と述べた。

 アフマド・レザー・ラーダーン准将はイラン労働通信とのインタビューのなかで、「展示会を開こうと考えている関係者や団体は、貞節とヘジャーブに関する事項を展示会場内で守る義務がある」と述べ、さらに「〔展示会場内で〕貞節とヘジャーブが守られず、〔展示会を開いている責任者が〕この件についての自らの義務を果たさないようなことがあれば、警察は間違いなく、こうした展示会の開催を禁止することになるだろう」と続けた。

 同司令官は、昨日、食品の展示会に出展していた80のブースが首都テヘラン警察によって閉鎖処分を受けたことに触れ、「これらのブースの担当者たちが適切なヘジャーブをしていなかった」ことを強調、さらに「展示会を開こうと考えている団体は、貞節とヘジャーブに関わるすべての事項を守る義務がある」と続けた。

 同司令官はまた、「道徳安全計画は近く、全国で実施される予定であり、衣服の乱れが見られれば、その取り締まりを行う」と述べた。

〔‥‥〕

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
関連記事(「社会的安全計画」、再開へ:警察、車内での明らかな犯罪行為についても毅然と取り締まり)

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:ペルシア語記事翻訳班)
(記事ID:26554)