未婚男女の同棲、増加傾向に
2012年12月31日付 Mardomsalari紙

 テヘラン市議会文化社会委員会の委員長は、〔比較的裕福な人の住む〕テヘラン北部で大学生が一人暮らしをするケースが増えていることを明かした上で、「こうした新たな現象は一種の社会問題であり、危険な結果をもたらしうる」と述べた。

 モルタザー・タラーイー市議はイラン労働通信とのインタビューの中でこう述べた上で、「残念なことに、複数の報告によると、テヘラン北部では正式な結婚もせずに、一つ屋根の下で暮らす独身の男女が増えているという」と指摘した。

 同氏はさらに、「この件について正式な統計はいまだに発表されていないが、しかしこうした新たな現象は、必ずや新たな問題を〔社会に〕もたらすだろう」と付け加えた。

〔‥‥〕

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
関連記事(異性との交際、低年齢化)

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:ペルシア語記事翻訳班)
(記事ID:28785)