昨年度のイラン人改名者数、一万人を超える
2013年05月21日付 Jam-e Jam紙

 イラン国家戸籍庁の身元資料局局長は、昨年一年間で10,500人の氏名が変更されたことを明らかにした。

 モフセン・エスマーイーリー氏は91年〔2012/13年〕に約13,500件の氏名変更願が戸籍庁の役場に届け出られたと指摘した上で、「このうち、10,500件の申請が認められた」と述べた。

 同氏はさらに、「これらの申請のうち、珍しい名前をより一般的なそれに変えたいといったものについては、法令に基づいて変更が認められた」と続けた。

 同氏によれば、戸籍庁によって申請が認められなかった改名願3500件について、もし異議申し立てがあれば、裁判所を通じて、改名の可能性を追求することができるとのことだ。

 エスマーイーリー氏はまた、〔「モハンマド」「アリー」「ファーテメ」のようなイスラームの聖人にまつわる〕神聖名への改名は、通常迅速に行われていると指摘した上で、「他方、現在の法令によれば、神聖名から別の名前に改名することはできない」と強調した。

Tweet
シェア


関連記事(改名、これからは司法による判断は必要なし)
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8410097)
(記事ID:30104)