ニュースのなかの「ジン」(下)
2013年06月02日付 Jam-e Jam紙


ジンにとりつかれた人と家具

 家族の中の誰かがジンに取り憑かれている、あるいはある家の家財道具にジンが取り憑いているといったことを理由に、数百万トマーン〔※100万トマーンは自由レートで日本円で約2万8千円に相当〕ものお金を詐取することが詐欺師に可能だとは、にわかには信じ難いが、しかししばらく前のこと、こうした事件が実際にテヘランで起きた。事件の過程でテヘラン刑事警察によって逮捕されたのは中年女性で、彼女はジンを操ることができると称して、現金数百万トマーンを詐取し、さらに被害者の家財道具をも自分のものとしていたのである。

 彼女は計画を実行するために、自分の「カモ」となった被害者に対し、「あなた方の生活はジンに支配されていますよ。あなたのお父さんの足の痛みから夫の素行の悪さまで、あなた方が抱える問題は全てジンの存在が原因なのです」と言っていたという。

 詐欺師の女はこの程度では不十分と見たか、被害者にさらに「あなた方の家の家財道具にも呪文がかけられていますよ。呪文がもたらす災いから解放される必要があります」とも述べていた。

 詐欺師の女はこうして、家財道具と約500万トマーン〔約14万円〕を被害者から騙し取り、逃亡した。しかし結局、捜査官の捜査によって、女はお縄となった。逮捕当時、被害者の家財道具は、詐欺師の女の自宅で使われていた。

処方箋を取り扱うジン

 「ジンの協力で病気を治します」——これは、ある詐欺師の女が独自に用いていた文句である。彼女は、ジンたちが自分にあらゆる不治の病の治療法を教えてくれるのだ、と主張していた。

 この女の詐欺の秘密が明かされたのは、被害者らが治療費を支払って診察を受けたにもかかわらず、一向に快方に向かわず、致し方なく支払ったお金を取り戻そうと、警察に駆け込んだことがきっかけだった。

 興味深いのは、中等教育までしか受けていなかった詐欺師の女は、自分の「カモ」を騙すために、自分のX線写真を提供するよう求めていたことである。彼女はその写真を検査し、またジンたちの助けを得ることで、被害者らに処方箋を書いていたという。

 この詐欺師の女の店の繁盛ぶりはすさまじく、騙されやすい性格の患者たちは彼女の家の前に列をなし、1日中立ち続けても診察の順番がまわってこなかった人もいたほどだったという。

 さらに、警察の捜査で判明したのは、詐欺師の女性は自分の被害者らから、1回の診察で1~3万トマーン〔約300円~850円〕を受け取り、彼らにジンの協力とエネルギー療法、そして解呪によって病気を治すことができると約束していたことである。

 こうした情報を入手した警察は、アルボルズ州にある詐欺師の女の自宅に向かい、彼女を大量の白いガラス玉や呪いを解く際に使う印章、祈祷書きのための道具などとともに逮捕した。

手術室にいるジン医師

 ジンによる外科手術は、裕福だが「単細胞」のある家族にとって、3億8千万トマーン〔約1000万円〕と相成った。

 彼らを騙したのはある詐欺師夫婦で、彼らは子供たちから災厄や危険を遠ざけるためには、ジンたちの手術を受ける必要があると言っていた。占い師であるその夫婦は、ジンたちと極めて良好な関係を築いてきたので、ジンたちのことを「兄弟」と声をかけることもあると主張していたという。
 
 詐欺師夫婦は、ジンを逃がすため、あるいはジンが家族の幼い子供たちのお腹に卵を産んだため、などさまざまな理由を付けては、彼らに迫る大きな危険を取り除くためにはジンによる手術が必要だと主張し、数百万トマーンをせしめていた。

 詐欺師夫婦は、自分の「カモ」から信頼を得るために、「外科手術はとても繊細なもので、特別な人以外には見えない。ただジンだけに、手術が可能だ」などと言っていた。

 彼らは、自分たちの邪悪な計画を実行するために、騙されやすい性格の夫婦から子供たちを預かり、その翌日、子供たちを気を失った状態で両親のもとに返して、ジンによる外科手術は成功したとなどと主張していたという。

 それからしばらくして、被害者夫婦は詐欺師に騙されたことに気がつき、事件を警察に通報、警察も容疑者の似顔絵を作成し、大規模な捜査を行った。その結果、容疑者らは逮捕され、署に身柄が移されたのであった。

Tweet
シェア


「ニュースのなかの「ジン」(上)」を読む

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8411139)
(記事ID:30385)