ケルマーンシャー医科大学歯学部に10の歯学専門学科を新設
2013年11月07日付 Mardomsalari紙

【地方部】ケルマーンシャー医科大学のモハンマドレザー・ニークバクト学長が、同大学歯学部に10の歯学専門学科を新設することを発表した。式典で同学長は、歯を健全に保つことは、世界保健機関 および、世界の、特に発展途上国の医療機関が掲げる重要なプランの一つであ るとの認識を示したうえで、次のように述べた。

歯の健康は人間の[体全体の]健康につながるものであるため、人間の健康にかかわる最も重要なテーマのひとつであるとされる。

同学長はまた、ケルマーンシャー医科大学のアプローチは今後発展していくものであり、これら10の専門学科の新設は、歯・口腔の健康、および、その働きと美しさに関わる問題に大きく寄与するものとなり得ると述べ、次のようにつけ加えた。

歯学における専門は異なるが、当大学の研究スタッフであり、歯学のさまざまな専門家が毎日10人体制で、患者の診察と診断、治療にあたる 。そして、患者らは、これら専門家の学術的な知見と知識、そして、用いられる医薬品に対しても信頼を寄せることができるのだ。

さらに同学長は、歯科にかかる治療費が[一般的に]高いとして、次のように述べた。

多くの人は歯の治療にお金をかけることができない。だがこの10の専門学科の新設により、より少ない治療費で多くの人々を治療することが可能になる。


Tweet
シェア


関連記事(「ケルマーンシャーでのラフサンジャーニー演説で混乱」)
関連記事(「革命防衛隊によってケルマーンシャーで悪魔崇拝集団が摘発」)
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8406055)
(記事ID:32055)