テヘラン州賠償金(ディーヤ)副本部長:「過失犯1000人を釈放」
2014年01月23日付 Hamshahri紙


テヘラン州賠償金(ディーヤ)本部の本部長代理は、過去20か月間に過失犯(非・故意犯)で刑務所で服役していた1097人を釈放すると発表した。

IRNA(イラン国営通信)によれば、メフラバーン本部長代理は、木曜日に開かれた記者会見でこう述べた。

これらのうち624人は罰金刑、473人には「血の賠償金」(ディーヤ)[※1]による刑が科せられていた。

※訳注1:被害者が被った身体的損害に対する賠償金のこと。しばしばblood money(血の賠償金)と英訳される。

同本部長代理は、さらにこう付け加えた。

これら服役囚の釈放のために総額で1165億1000万トマーン[約38億円]が拠出され、このうち、200億トマーン[約6億円]は賠償金本部から、また、340億トマン[約11億円]は告訴の取り下げにより、そして、残りは銀行の融資によって調達された。


Tweet
シェア


関連記事(「婚資金の未払いで現在約2千名が服役」)
関連記事(「男女の「血の賠償金」の格差は取り除かれるべき:ある法学者が提起」)
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8400001)
(記事ID:32690)