2月11日革命記念日前夜:光の雨と《神は偉大なり!》が空に広がる
2014年02月10日付 Hamshahri紙


【ハムシャフリー・オンライン】《神は偉大なり(Allah akbar)!》の叫びがイラン全土にこだまし、1392年バフマン月22日[2014年2月11日]前夜のイランの夜は、光の雨で輝いた。

テヘラン市内25か所と300か所以上の市と村では、今夜21日[2月10日] 夜9時、テヘラン市庁およびイラン・イスラーム共和国国軍の尽力により、[花火が打ち上げられ]光が振り撒かれた。

イスラーム・イランの人々は、イラン・イスラーム革命の勝利の「夜明け(ファジュル)」[ホメイニー師が2月1日に帰国し革命勝利宣言がなされるまでの10日間]の34度目の到来を目前にし、1979年バフマン月[とくに同年2月]の《神は偉大なり!》の歓呼を思い起こし、《神は偉大なり!》の歓喜の高らかなる呼び声を、夜の9時きっかりにイランの空に響かせた。

同時に、テヘランと各州の州都、および、300の市と村の空に花火が上がり、光の雨が輝いたのである。

Tweet
シェア


関連記事(「ロウハーニー大統領、「商品バスケット」をめぐる混乱で国民に陳謝(上)」)
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8400001)
(記事ID:32929)