大気汚染が首都住民の健康に及ぼす破壊的影響(2)
2016年01月14日付 Mardomsalari紙


 同氏は、第1回と第2回の「大気汚染・騒音管理国民会議」では、大気汚染のコントロールという視点をもとに検討が行われ、第3回会議では、人間がつくり出した大気中の浮遊物質に特に光が当てられたことに触れた上で、

第4回会議は、テヘラン医科大学の支援を得、エスファハーン医科大学の教授陣に参加いただき、大気汚染が人の健康に及ぼす影響に関して、真剣な検討を行う機会が得られた。

 と述べた。

 ホセイニー博士は、大気汚染はテヘランやイランだけの問題ではなく、世界のいたる所で、この問題に関する数多くの調査が多面的に、何年にもわたって実施されてきたと指摘した上で、「会議の科学委員会は、大気汚染が人の健康に及ぼす影響について、人体の様々な器官ごとに分けて、簡潔に見直すことを決定した」と述べた。

 大気汚染・騒音管理国民会議の書記は最後に、知識を高め、大気汚染がテヘランや我が国のその他の大都市の住民の健康に及ぼす破壊的影響の諸側面を解明することによって、科学の原理に基づき、健康と衛生面への影響に目を配った大気汚染削減プログラムが策定・実施されることを願うと強調し、

第4回大気汚染・騒音管理国民会議のスローガン、すなわち「科学的手法:きれいな空気と健康のための基本戦略」もこのような主張を強調したものである。

 と述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
この記事の冒頭に戻る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:KK)
(記事ID:39716)