米政府、PKK幹部の首に報奨金
2018年11月07日付 Cumhuriyet紙


アメリカ合衆国は、ムラト・カラユランに500万ドル、ジェミル・バイクに400万ドル、ドゥラン・カルカンに300万ドルの報奨金をかけたことを明らかにした。

アメリカ合衆国国務省は、3人のPKK(クルディスタン労働者党;非合法)幹部の首に報奨金をかけた。

アメリカ大使館により行われた発表では、アメリカ国務省は、3人のPKK幹部に関し「正義のための報奨金」プログラムの中で、彼らの居場所の情報を提供した者に報奨金を与えることにし、具体的にはムラト・カラユランの首に500万ドル、ジェミル・バイクに400万ドル、ドゥラン・カルカンに300万ドルの報奨金を与えると述べられた。

発表の内容は以下の通りである。

「アメリカ合衆国国務省ヨーロッパ・ユーラシア局次官補として任務を開始し、アンカラへ初めての訪問を実現したことを心から嬉しく思っております。二日間に渡る訪問の中でトルコ政府の幹部の関係者の方々、実業界の代表者の方々、議員の方々と会合し、両国に関わる、共通の利益に関する件について話し合う機会を得ました。

アメリカは、 北大西洋条約機構の加盟国であるトルコとテロ勃発地域において進めている共同作戦を重視しています。アンカラ訪問の中で、アメリカ国務省が、「正義のための報奨金(Rewards of Justice)」プログラムとしてPKKテロ組織メンバー中の3人の幹部を対象としたことをお伝えできることを嬉しく思っています。アメリカ国務省は、当該PKKメンバー当人あるいは居場所を確認できる情報提供の対価として報奨金を与えることを認めました。これにより、ムラト・カラユラン(500万ドル)、ジェミル・バイク(400万ドル)、ドゥラン・カルカン(300万ドル)の首に対して報奨金が与えられます。

アメリカ国務省は、PKKを1997年に移民・国籍法第219条に則って海外テロ組織と認定しました。加えてアメリカ政府は2001年にPKKを第13224号大統領令に則ってグローバルテロ組織としてリストアップしました。

このテロリスト達に関するより多くの情報は、Rewards for Justiceのウェブサイトで知ることができます(www.rewardsforjustice.net.)。情報を持つ方は、上記ウェブサイト、Eメール(RFJ@state.gov)、電話(+1-800-877-3927)、もしくは住所(Rewards for Justice, Washington, D.C., 20520-0303, USA)に連絡してくださるようお願いします。情報はすべて秘匿されます。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:森彩音)
(記事ID:45707)