サウジ:イスラエルの占領がパレスチナ人に対して非道な行いを続けるのを止めるよう呼びかける
2019年07月24日付 al-Hayat紙


◼︎サウジはイスラエルの占領がパレスチナ人に対して非道な行いを続けるのを止めるよう呼びかける

【ニューヨーク:本紙】

サウジアラビアは以下のように主張した。パレスチナ人の人権に関するイスラエルの目にあまる侵害行為の継続に正当性はない。特に、民族自決と1967年6月の境界線に基づく独立国家の設立におけるパレスチナ人の人権に関する国際合意のもと、首都はエルサレムであり、それは国際決議によって保証された。アラブの和平イニシアティブと国際立法決議によると、イスラエルとの包括的平和の実現に関するアラブ諸国の確認に基づいて、対立を継続させる正当な理由はない。

上記の声明はアラブ諸国、アラブ連盟加盟国を代表してサウジアラビアが出したものである。またこの声明は、国連経済社会理事会において、東エルサレムを含んだ占領下にいるパレスチナ人およびシリアのゴラン高原アラブ人の生活環境をイスラエルが占領したことによる経済的、社会的悪影響に関してサウジの常駐代表がアブドゥッラー・マアルミ―国連大使に対して報告したものであった。

同駐在代表はサウジが77カ国グループと中国の声明を歓迎していると表明した。その声明はイスラエルが東エルサレムを含んだ占領下のパレスチナ人の生活環境、そしてシリアのゴラン高原に住むアラブ人の生活環境を占領していることによる経済的、社会的な悪影響に関してであった。

(中略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:本多香奈)
(記事ID:47225)