パレスチナ:イスラエル軍がエルサレムとヨルダン川西岸地区で大規模な襲撃・蹂躙作戦を開始(1)
2022年01月11日付 al-Watan紙


■イスラエル軍がエルサレムとヨルダン川西岸地区で大規模な襲撃・蹂躙作戦を開始…入植者らはアクサー・モスクを冒とくしたうえ、ナーブルスで50ドゥナムにわたる土地を盗む。パレスチナ外務省「彼らの犯罪は戦争犯罪、人道に対する罪、民族浄化犯罪のレベルまで達している」

【ダマスカス:諸通信社】

パレスチナ外務省は昨日月曜日、占領政体イスラエルとその入植者らによる、日常的に拡大しつつある侵犯と犯罪が、戦争犯罪、人道に対する罪、および国際法が規定するところの民族浄化犯罪のレベルまで達していることを明らかにした。

この声明は、イスラエル占領軍が占領下のエルサレム市とバイト・ラフム(ベツレヘム)市内の多くの地区に加え、ナーブルス市バイター町、バイト・ラフム市バイト・ファッジャール町、ラーマッラー市ジャラズーン・キャンプなどを襲撃し、多数のパレスチナ人を拘束したのと時を同じくして出された。さらに入植者らはアクサー・モスクの中庭を冒とくし、
ナーブルス市南部に位置する「イツハル」入植地のうち、50ドゥナムにわたるパレスチナの土地を蹂躙した。

『ワファー通信』は月曜日、パレスチナ外務省「占領政体とその入植者らによる、日常的に拡大しつつある侵犯と犯罪は戦争犯罪、人道に対する罪、および国際法が規定するところの民族浄化犯罪のレベルまで達している」とするパレスチナ外務省の声明を引用した。同省は同様に「東エルサレムやガザ地区を含むヨルダン川西岸地区において、イスラエルがパレスチナ人の日常の暮らしに課している血塗られた犯罪の光景は、パレスチナ人の苦しみをめぐる国際的あるいは米国の立場の信頼性に対する真の試金石となるだろう。パレスチナ人は彼らの立場を取り上げ、彼らから美化用の仮面をはぎ取ることになる」と述べたという。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:メディア翻訳アラビア語班)
(記事ID:52175)