シリア:「ヌスラ戦線」が敵対組織の指導者らに対する逮捕作戦を強化(3)
2022年02月14日付 al-Watan紙


■プレゼンスを増大させ、住民たちからもたれるイメージを向上させるため…「ヌスラ戦線」は敵対組織の指導者らに対する逮捕作戦を強化

さらに同複数筋は、ヌスラ戦線がイドリブ県内の各市の中心部に存在する非シリア国籍のテロリストらに秘密裏のメッセージを送り始めたことを明らかにした。ヌスラ戦線はそのなかで、テロリストらが各検問所を通過する際彼らに加えている嫌がらせを継続することのほか、彼らがこれまでにイドリブ市内で強奪してきた家屋から彼らを追放するとの意向を示すことで、イドリブ県から出ていくよう彼らをけしかけたという。

加えて同複数筋が示したところによると、ヌスラ戦線は自らの支配領域に存在する非シリア国籍のシャリーア法官・テロリストらに、今後そうする機会が生じた場合にシリアを去るよう求めたという。

さらに複数の反体制系メディア筋が今月の7日に報じたところによると、ヌスラ戦線の「治安機関」と呼ばれるものは、その「経済オフィス」を通じて、いわゆる「無所属のイスラーム主義諸派閥」のメンバーとして活動している非シリア国籍のテロリストらに対し、イドリブ市で居住している家屋から退出する義務がある旨記した書簡を送付したという。

(4)に進む

(2)に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:メディア翻訳アラビア語班)
(記事ID:52608)