シリア:「ヌスラ戦線」が敵対組織の指導者らに対する逮捕作戦を強化(4)
2022年02月14日付 al-Watan紙


■プレゼンスを増大させ、住民たちからもたれるイメージを向上させるため…「ヌスラ戦線」は敵対組織の指導者らに対する逮捕作戦を強化

これに先立つ先月22日、アブー・ムハンマド・ジャウラーニーと呼ばれているヌスラ戦線指導者と敵対しているある武装者は、次のように明らかにした。「ヌスラ戦線の刑務所に拘留されているフランス国籍のテロリストグループが、『イドリブ県から出ていき南アフリカへ渡航すること』を条件として彼らの釈放を申し出たジャウラーニーの打診を拒否した」。

ヌスラ戦線が管理するいわゆる「イカーブ(懲罰)刑務所」には、ジャウラーニーが自身の支配領域内で自身に従うことを拒否したものに対して実行した殲滅作戦のなかで逮捕された多くの外国籍テロリストが収容されている。ジャウラーニーによる作戦は、イドリブ県西部ジスル・シュグール市の郊外部に位置する村々にあったテロリストらの複数拠点への襲撃を通じて実施された。

(3)に戻る

最初に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:メディア翻訳アラビア語班)
(記事ID:52609)