大きな鼻、余分な脂肪‥‥:イランにおける美容整形人気とその弊害(1)
2012年06月07日付 Jam-e Jam紙

【ソメイラー・ザマーニー】近年の我が国における美容整形に対する大変な人気の高まりは、もはや隠すまでもない事実である。多くの人が、必要もないのに外科手術を受けたがっている。彼ら/彼女たちは、他の人たちよりも良く見えたいといった理由から、こうした手術に伴う費用やさらには痛みですらも、喜々として受け入れる構えなのだ。

 こうしたなか、我が国ではいくつかの美容整形手術に人気が集まっている。

鼻の美容整形:断トツの一番人気

 イランは鼻の美容整形手術の実施において、世界でナンバーワンの地位を獲得しており、アメリカやイギリス、フランスといった国々でさえ、我が国の後塵を拝している。

 我が国では鼻の手術は、整形手術の約7割を占めている。鼻の美容整形手術を受けた後に貼られるテーピングが顔にある人の約8割が、手術を受けた本当の理由は呼吸が困難だったためだと述べて、美容のためではないということを他人に釈明しようする傾向にある。

 興味深いのは、鼻の手術を受けた人の半分以上が、自分の新しい鼻の形に満足できず、再び外科手術を受けていることだ。

 我が国での鼻の手術にかかる費用は病院や医師により様々だが、平均すれば200万トマーンから1000万トマーン〔日本円で約13万円~66万円〕あたりを上下している。

つづく


Tweet
シェア


つづきを読む
関連記事(レーザー治療の落とし穴:若返りに有効とは限らず)

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8409131)
(記事ID:26664)