トルコ:ターリバーンから西欧へのメッセージ(4)
2021年11月24日付 al-Quds al-Arabi紙


■ターリバーン:西欧はアフガニスタンの経済危機を深刻化させている

【カーブル:アナトリア通信】

同氏は続けて、アフガニスタン暫定政府のアミール・ハーン・ムッタキー外相が最近中国の王毅外相と会談したと述べ、後者がターリバーン政権との協力体制を築きたいとの中国側の希望を表明したことを明らかにした。

さらに以下のように述べた。「同様に、米国のトーマス・ウェストアフガニスタン担当特別代表は、彼の国がターリバーン政権との協力関係を打ち立てるだろうと述べた。実際に、すべての国がターリバーンとの協力に努めており、それはまるで彼らが公式にターリバーンを認めているかのようである」。

シャーヒーン氏は、アフガニスタンが世界の国々との良好な関係の構築を望んでいることを明らかにした。また同国が、天然資源が豊富な国の一つとみなされていると述べつつ、トルコや米国を含むすべての国に対しアフガニスタンへの投資を呼びかけた。

シャーヒーン氏は、トルコに対するターリバーン政権のアプローチや展望に関する質問への回答として以下のように述べた。「トルコの民衆は熱心なイスラームの民であり、我々の同胞である。我々はトルコとの極めて緊密な関係を求めており、あらゆる分野において協力したいと考えている」。

同氏は以下のように続けた。「我々はトルコのビジネスマンたちが我々を訪問し、アフガニスタンでの投資プロジェクトを立てることを望んでいる。アフガニスタンとトルコの関係に春を到来させようではないか」。

(3)に戻る

最初に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:萩原優太)
(記事ID:51948)