シリア:PLO駐シリア代表部大使がダマスカスでセミナーを開催し各国当局者らが参加(6)
2022年02月03日付 al-Watan紙


■アンワル・アブドゥルハーディーPLO駐シリア代表部大使「アメリカ合衆国を筆頭とする西側社会は自由とも、民主主義とも、人権とも関係がない虚偽的・偽善的な社会…シリアはパレスチナ革命が1965年にそこで始動した基本的な拠点であり、シリアの指導部とはあらゆる問題をめぐる協議と継続的な調整がなされている」

【ダマスカス:本紙】

そして我々は世界中の国々に対し、エルサレムで選挙が行われることに合意するようイスラエルを説得するよう求めた。エルサレムが含まれない選挙を実施することは、イスラエルに対し、『エルサレムが唯一の首都である』と認めてしまうことを意味するからである」。

さらに「パレスチナ指導部と解放機構に対する攻撃が求められている。その裏にある目的は、組織や憲章に固執するパレスチナ指導部に関する物語を描き出すことを通して、それらの組織を抹消することにある」としつつ、「パレスチナ解放機構はパレスチナの解放を目的として発足した。そしてその当初の標語は、『パレスチナの土地に、全ての宗教を内包するパレスチナ民主国家を設立する』というものであった」と述べた。

セミナー「パレスチナ、アラブ、世界における最新の進展」には、アブドゥッサラーム・ラキーイー(駐シリア・)リビア大使やアルジェリア大使館の代表者、ロシア大使館の代表者、ロシア大使館の代表者、国際エルサレム機構の理事会メンバー多数名、パレスチナの諸派閥の指導者らに加え、シリアおよびパレスチナのインテリゲンツィア・政治エリートら、ユースフ・アブスィー総主教の使節が参加した。

(5)に戻る

最初に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:メディア翻訳アラビア語班)
(記事ID:52482)