レバノン:ヒズブッラー副書記長「我々は米国の陰謀に対抗しており、国民議会選挙を待ち望んでいる」(2)
2022年02月08日付 al-Watan紙


■ヒズブッラー副書記長「我々は人々との協力のもとで、米国がレバノンの現状を破壊するために試みている陰謀に対抗する」…レバノン国民が欲していることが明らかにされる国民議会選挙の日程を待ち望むヒズブッラー

【ダマスカス:本紙】

さらに「米国は、レバノンの再興に向けた能力を打ち砕き、『原因はヒズブッラーにある』との見解によって人々の不安をあおることを目的として、同国に対する経済的ないしは金融上の圧力などを通じて人々の間に混乱を生むためのあらゆる努力を払っている。さらに、ヒズブッラーに抵抗を停止させるよう圧力をかける目的で、様々なメディア媒体に莫大な金を支払っている」との見解を述べた。

同氏は続けて「米国大使館の役割とは破壊の役割であり、植民地主義の役割であり、イスラエルの役割である。ヒズブッラーはこうした陰謀を耐え忍ぶために、あらゆる真摯さをもって取り組んでいるだけでなく、真実の究明に至るために人々と協力している」と述べた。

同氏は次のように付言した。「我々ヒズブッラーは2軸のもとで活動しており、一つは抵抗のほか国家の保護、あるいはイスラエルや米国の追随者となることを拒否するビジョンの保護に関連する軸である。同時に我々は、いかに困難な挑戦や侵略に対しても完全に準備ができている」。

(3)に進む

(1)に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:メディア翻訳アラビア語班)
(記事ID:52588)