シリア:在ダマスカス・イラン大使館が建国43周年を記念するレセプション・パーティーを主催し、シリア高官らが参加(3)
2022年02月13日付 al-Watan紙


■駐シリア・イラン大使は両国の経済関係を発展させることへの決意を表明し、それに向けての土台の構築に取り組んでいることを明らかに。ジャアファリー外務在外居住者副大臣「我々は、地政学の概念を変更した同盟国イランとの団結を誇りに思っている」

【ダマスカス:本紙】

同大使は同様に、イラン・シリア両国の指導者たちの政治的意志が、「テロリストおよび彼らに対する国際的な、米国人の支持者らに立ち向かうための困難な戦争における困難な段階を経験し、これによって両国間の戦略的関係が強化された」のち、「経済、文化、学術、教育、あるいは民衆といった様々なレベルにおいて両国の関係を強化することに固執しながら、あらゆる分野における両国の協力体制を深化させること」にあることを明らかにした。そしてそこには「関係の強化に向けた莫大な可能性」が存在するとしながら、両国が「同様の可能性を活用することへの確固たる決意」を持っていることを明らかにした。

さらにソブハーニー大使は、外国分子がシリア領土内に違法なかたちで駐留していることを非難するとともに、「イランはシリア・アラブ共和国の領土保全・主権を完全に支持している」と指摘した。また合法的なシリア政府の管理のもとへ、シリア領土の全ての部分を回復させる必要性を強調した。

さらに同大使は、「過去にテロリストとの戦争をめぐってシリアを支援してきたように、ポスト戦争および復興の段階においても、イランはシリア人たちの側に立ち続けるであろう」と指摘した。

(4)に進む

(2)に戻る

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:メディア翻訳アラビア語班)
(記事ID:52632)