検索結果

ヒット件数: 200件

ダブリン:パレスチナ大使「アイルランドのパレスチナ国家承認は未発表である」(2)

■駐アイルランド・パレスチナ大使、本紙に対し「現在までアイルランドによる5月21日のパレスチナ国家承認に関する公式発表は出ていない」と述べる      【ダブリン:本紙】      大使は「この国家承認が実現したとしたら、それは名目的なものなどではなく、現在143の国連加盟国によって承認されている既存の国家がようやく承認されることを意味する。そしてこれは、パレスチナの人々が独立国家を樹立する権利を承認し、彼らが国連やあらゆる国際的な場面で発言権を持つことにもなる」と指摘した。      同大使は 全文をよむ

  • 2024-05-13
  • al-Quds al-Arabi紙

ダブリン:パレスチナ大使「アイルランドのパレスチナ国家承認は未発表である」(1)

■駐アイルランド・パレスチナ大使、本紙に対し「現在までアイルランドによる5月21日のパレスチナ国家承認に関する公式発表は出ていない」と述べる      【ダブリン:本紙】      駐アイルランド・パレスチナ大使であるジーラーン・アブドゥルマジード氏は「アイルランド外務省は、パレスチナ国家承認が『近づいている』と強調しているが、現在までこれについて発表の日は決まっていない。これは今月21日にスペインやスロベニアとともにアイルランドが承認をする意向であるという話があがっているにも関わらずである。」 全文をよむ

  • 2024-05-13
  • al-Quds al-Arabi紙

米国:下院議員が「ハマース派」デモ参加者らのガザへの派遣を提案(2)

■米下院議員が「ハマース派」デモ参加者らをガザへ派遣することを提案      【アナトリア通信:本紙】      一方ダンカン氏は、「我々の法を破り、若者らにアメリカ合衆国と自由を憎むよう説得するハマース派は米国の土地には必要ない」と述べた。      さらに「あなたたちはテロ組織の名のもとに反乱を起こしている。よってあなたたちのビザにはさようならだ」と付け加えた。      4月以来、米国、カナダ、イギリス、フランス、インドの大学でガザに対するイスラエルの戦争を拒否する抗議活動が起こっており、 全文をよむ

  • 2024-05-09
  • al-Quds al-Arabi紙

米国:下院議員が「ハマース派」デモ参加者らのガザへの派遣を提案(1)

■米下院議員が「ハマース派」デモ参加者らをガザへ派遣することを提案      【アナトリア通信:本紙】      米国の下院議員であるアンドリュー・オグルズ氏は、パレスチナへの連帯を示している大学生らをガザ地区へ派遣することを提案した。      FOXニュースが木曜日に伝えたところによると、同氏は下院議会に対し、米国の大学に所属しており「有罪判決を受けた」親パレスチナデモ参加者らを最低6か月間ガザへ派遣する法案を提出した。      また同氏は法案を提出した理由について、デモを組織した学生らが 全文をよむ

  • 2024-05-09
  • al-Quds al-Arabi紙

パキスタン:数千人がデモでパレスチナ支持を表明

■イスラマバード・・数千人がパレスチナと連帯してデモを行う      【カラチ:アナトリア通信】      月曜日、ガザ地区の人々に対する新たな支援表明としてパレスチナ人との連帯を示すため、パキスタンの首都イスラマバード近郊に数千人が集まった。      女性と子供に加え、レバノン、イラン、サウジアラビア、ロシアから訪問していた多くのビジネスマンや議員がイスラマバード郊外の高級地区ブルー・ワールド・シティに集った。      そのデモでは、パレスチナで進行中の闘争を想起させる、アル=アクサ―・モ 全文をよむ

  • 2024-04-30
  • al-Quds al-Arabi紙

チュニジア:イタリア内務大臣「チュニジアに難民キャンプを設置するつもりはない」

■イタリア内務大臣「チュニジアに難民キャンプを設置するつもりはない」      【チュニス:本紙】      イタリアの内務大臣マッテオ・ピアンテドージは、欧州への渡航や国外退去を希望する非正規移民を収容するためのキャンプをチュニジア領土内に設置するよう、同国がチュニジアを説得しようとしているとの噂を否定した。      AKI通信によると、同氏はイタリア紙『ラ・スタンパ』に対し、チュニジアに移民を受け入れるホットスポットを設置するという考えについて「不必要であるため、完全に排除されるべき」と述 全文をよむ

  • 2024-04-30
  • al-Quds al-Arabi紙

EUがエジプトに10億ユーロの財政支援を約束

■EUがエジプトに10億ユーロの財政支援を約束      【ブリュッセル:ロイター通信】      EUは昨日金曜日、エジプトに対し、同国の経済安定のための短期の財政支援として、10億ユーロ(10億7千万ドル)を拠出すると発表した。      エジプトは先月、国際通貨基金と80億ドルに拡大した融資を、そしてEUとは、協力強化および国外移住抑制のために、数十億ドルの支援を受けることで合意している。エジプトは現在、長引く外貨不足のために経済危機に苦しんでいる。EUは声明で、短期支援の10億ユーロは、 全文をよむ

  • 2024-04-21
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:反体制派として活動していたシリア人宇宙飛行士のムハンマド・ファーリス氏が死亡(2)

■シリア人宇宙飛行士ムハンマド・ファーリス氏が死亡      【本紙】      ファーリス氏が最後に姿を現したのは数日前に撮られた病院内からのビデオテープの中であり、同氏は直近で行われたトルコでのシリアの反体制派の会議への参加を希望していた。同氏は以前のトルコのアナトリア通信との対談にて、「シリアにいた時、私の講演は決まりきったものでした。しかし、トルコでは自分の講演によって、私は解き放たれたので、私は自分が持っていた人道的で友愛的な義務を果たすことができると感じ、幸せです。」と述べた。   全文をよむ

  • 2024-04-20
  • al-Mudun紙

シリア:反体制派として活動していたシリア人宇宙飛行士のムハンマド・ファーリス氏が死亡(1)

■シリア人宇宙飛行士ムハンマド・ファーリス氏が死亡      【本紙】      シリア人の宇宙飛行士であるムハンマド・ファーリス氏が長い闘病の末、金曜日(19日)にトルコのガズィアンテプ市内にある民間療養施設で亡くなった。      反体制派の政治家や活動家たちがファーリス氏を悼んだが、同氏は2011年にシリア国内で起きた革命後において、最も傑出した反アサド政権派の一人であった。反体制派である「シリア国民連合」は、声明にてファーリス氏を「シリアがその死を悼む人物」と称し、彼は2011年のシリア 全文をよむ

  • 2024-04-20
  • al-Mudun紙

イスラエル:ユナイテッド航空、安全上の理由により5月2日までテルアビブ行の便を欠航に

■ユナイテッド航空、安全上の理由により5月2日までテルアビブ行の便を欠航に      【ロイター通信】      ユナイテッド航空はイスラエルによってイランに対して行われたと思われる攻撃に起因する安全上の理由から、ニュージャージー州ニューアーク発、イスラエル・テルアビブ行の毎日便を5月2日まで欠航とした。      同航空会社は予定されていたニューアーク発テルアビブ行の第二便も5月18日まで欠航すると発表した。同様にドイツのルフトハンザ航空もアルビール行およびテルアビブ行の全ての便を、明日土曜ま 全文をよむ

  • 2024-04-19
  • al-Quds al-Arabi紙

ヨルダン:イスラエル・イラン間での報復合戦の停止を訴える

■ヨルダンがイスラエル・イラン間での相互の「報復」を終結させるよう訴える      【アンマン:アナトリア通信】      金曜日(19日)早朝、ヨルダンは中東地域における情勢緊迫化を警告した。これは、イスラエルが関与しているイランへの攻撃が明らかになったことを受けてのもので、両国間での報復の応酬を終結させるよう訴えた。      外務大臣のアイマン・サファディー氏は、自身の公式Xアカウント上で「我々は地域の情勢緊迫化がもつ危険性を警告するとともに、地域を戦争へと引きずり込むあらゆる行為を非難す 全文をよむ

  • 2024-04-19
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:24時間以内に89人のパレスチナ人が殺害される

■ガザ地区で24時間以内に89人のパレスチナ人が殺害される      【アナトリア通信】      パレスチナ保健省はイード・フィトルの3日目にあたる金曜日、イスラエル戦争による犠牲者数が死者33,634人、負傷者76,214人に達したと発表した。      この数値は、同省がガザ地区で189日間続いているイスラエル戦争による死傷者数に関して発表している日次統計報告書によって明らかにされた。      同省は以下のように述べた。「イスラエル占領軍は、ガザ地区の家族に対して8件の殺戮を犯し、これに 全文をよむ

  • 2024-04-12
  • al-Quds al-Arabi紙

サウジアラビア:二聖モスクの守護者が演説、「イスラエルのガザ侵攻は終わらせるべき」

■二聖モスクの守護者、パレスチナ人への攻撃を止める必要性を強調      【n.p.:中東通信社】      二聖モスクの守護者サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール・サウード・サウジアラビア王国国王は、パレスチナ人への攻撃を停止する必要性を強調し、安全な人道・救援回廊を提供し、パレスチナ独立国家の樹立や安全な生活を含むすべての正当な権利を保証してパレスチナ人の苦しみを終わらせねばならないと述べた。      サルマーン国王は火曜日のイード・フィトルの演説で「至高なるアッラーは、わが王国 全文をよむ

  • 2024-04-10
  • Al-Ahram紙

レバノン:イスラエル軍がヒズブッラーの拠点を再度攻撃

■イスラエル占領軍は再度、レバノン南部でヒズブッラーを標的として攻撃      【テルアビブ:アナトリア通信】      イスラエル占領軍は月曜日(11日)夕方、空軍が再度、レバノン南部でイランに近しいシーア派のヒズブッラーを標的として攻撃したと述べた。      また同軍はテレグラム上の声明で、「イスラエル軍の複数の戦闘機が、レバノン領土の深部に位置するベカー渓谷にあるヒズブッラーの拠点2か所を空爆した」と述べ、「それらの拠点は、イスラエルに対する様々な攻撃を計画し、実行した組織(ヒズブッラー 全文をよむ

  • 2024-03-12
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:米国がフーシー派支配地域フダイダ県に対し空襲(2)

■米国中央軍(CENTCOM):紅海でフーシー派の攻撃用無人機5機を撃墜      【ワシントン・サナア:諸通信社】      月曜日(26日)、フーシー派は米英による5度の攻撃が国の西部フダイダ県を標的としていたことを明かした。      米国国務省の発表によると、今月2月16日、紅海でのフーシー派の攻撃をうけ、米国による同組織の「特別指定国際テロリスト」への指定が効力を発した。      2024年初頭以降、米国政府が主導する連合軍は、イエメン国内の「フーシー派の拠点」を狙っていると主張する 全文をよむ

  • 2024-02-28
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:米国がフーシー派支配地域フダイダ県に対し空襲(1)

■米国中央軍(CENTCOM):紅海でフーシー派の攻撃用無人機5機を撃墜      【ワシントン・サナア:諸通信社】      米国中央軍(CENTCOM)は、同国の複数の戦闘機と同盟国の戦艦が、イエメンのフーシー派地域から火曜日(27日)に発射された複数の攻撃用無人機を撃墜したと発表した。      また、CENTCOMは水曜日(28日)の声明で、これらの無人機が紅海で「商船や米海軍、同盟国の船舶にとって差し迫った脅威を作り出していた」と付け加えた。      「フーシー派」は水曜日の夕方、米 全文をよむ

  • 2024-02-28
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:イスラエル航空機の領空侵犯を否定

■エジプト治安情報筋がイスラエル航空機による領空侵犯を「否定」      【カイロ:アナトリア通信】      エジプト治安情報筋は土曜、地元メディアが報じた、イスラエル航空機による領空侵犯を否定した。      これは、「カイロニュース」チャンネルが、匿名の治安情報筋からとして伝えたもので、パレスチナのラファとエジプトとの国境が緊張し、そのほとんどが避難民である150万人以上のパレスチナ人であふれている同市に対して、イスラエルによる侵攻の恐怖がある中、報じられた。      治安情報筋は「イス 全文をよむ

  • 2024-02-24
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:UNRWAが財政破綻の危機に直面...避難民は資金拠出停止国への圧力を要求(4)

UNRWAは避難民に安心を与える      ラファに逃れたもう一人の避難民アリー・バドリーは、欧米諸国がUNRWAへの支援停止を決定したことを非難した。「我々は屈辱を経験した国民であり、UNRWAは我々に頼れる援助をもたらしてくれる存在だが、現在ドイツなどの欧米諸国は、ガザにUNRWAの居場所は無い、と主張し、同機関の活動停止の必要性を訴えている」と述べ、「UNRWAの後に誰が我々に援助してくれるのでしょうか?我々は神の慈悲とUNRWAの支援のもとに生きる民なのです」と問いかけた。      そ 全文をよむ

  • 2024-02-18
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:UNRWAが財政破綻の危機に直面...避難民は資金拠出停止国への圧力を要求(3)

代替手段を探せ      ラファ(ラファフ)に避難したバドル・ムザインは、「ガザ地区であれ、ヨルダン川西岸であれ、ヨルダンであれ、シリアであれ、レバノンであれ、パレスチナ人がいる前でUNRWAを閉鎖することは認められない。アラブ諸国の指導者たちとアラブ連盟は、パレスチナ人民に対するUNRWAの援助停止に全責任を負っている」と考えている。      ヤズィード・ムザイン(70歳)は、彼の父と祖父が追い出された国へと戻る希望を以下のように語った。「ポーランド出身のネタニヤフが彼の祖国に帰る。その瞬間 全文をよむ

  • 2024-02-18
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:UNRWAが財政破綻の危機に直面...避難民は資金拠出停止国への圧力を要求(2)

UNRWAスポークスパーソンのアドナーン・アブー・ハサナ氏は、資金拠出停止の決定は「非常に危険である」と述べた。支援の停止を決めた16カ国は2023年にUNRWAに対し8億4,700万ドルを拠出したが、それは全寄付金の約3分の2であり、同機関が様々な事業に財政支出するために受け取った資金である。同氏は本紙に対し、「UNRWAへの資金拠出が再開されなければ、(パレスチナ難民らは)大惨事に直面するだろう。なぜなら、今ある資金では今年2月末までしか賄うことができないからである」と強調した。      全文をよむ

  • 2024-02-18
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:UNRWAが財政破綻の危機に直面...避難民は資金拠出停止国への圧力を要求(1)

■「UNRWA」の財政が破綻する...避難民は同機関への資金拠出を停止中の国々への圧力を要求      【ガザ:本紙】      ガザ地区の人口230万人の半数以上がUNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)の支援に依存しているが、数カ国が同機関への資金拠出停止を決定した後、同機関は財政の危機に直面している。      同機関のフィリップ・ラザリーニ事務局長は、「今年3月の初めには支出が収入を上回るだろう」と述べた。      また、同氏は、「3月時点でUNRWAのキャッシュフローはマイナスに 全文をよむ

  • 2024-02-18
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:アズハルがイスラエルのラファフ侵略を非難

■アズハルがイスラエルのラファフ侵略を非難、起こりうる「未曽有の災害」について警告      【カイロ:アナトリア通信】      アズハルは、避難民で混雑するラファフ市の人々を標的とすることで、その半数以上が児童であった100人以上の犠牲をもたらしたイスラエルの侵略を非難した。      アズハルは火曜日の声明で、「安全な避難場所を求めてガザの北部、中部、南部に自宅や土地を残してきた150万人の避難民を保護しているラファフへの侵攻、という危険な犯罪計画に対して沈黙を守った場合」に訪れる「未曽有 全文をよむ

  • 2024-02-14
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:ダマスカス西部の軍用飛行場にイスラエルの攻撃

■ダマスカス南部のマッザ軍用飛行場でイラン人航空専門家集団を標的とするイスラエルの攻撃      【ダマスカス:ヒバ・ムハンマド、本紙】      ダマスカス西部にあるマッザ軍用飛行場で激しい爆発音がし、その音をマッザ地区とムアダミーヤ・シャーム地区の住民らが聞いた。これに対し、シリア国営通信『SANA』は、「シリア防空部隊は占領下にあるシリア領のゴラン方面から侵入した無人航空機2機を撃墜した」と述べた。      事情を知る軍の情報筋は本紙とのやりとりの中で、「イスラエルは、マッザ軍用飛行場内 全文をよむ

  • 2024-02-09
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:イスラエルが空軍基地とホムス周辺を攻撃

■イスラエルがシャイラト空軍基地とホムス周辺を攻撃      【ダマスカス:諸通信社】      シリア人権監視団体の発表によると、火曜深夜から未明にかけてのシリア中部のホムス地域を標的としたイスラエルの空爆により、民間人2名を含む4名が殺されたという。また、シリア政府は、その爆撃で多くの民間人死傷者が発生したと発表した。      人権監視団体のラーミー・アブドゥッラフマーン代表は「イスラエルのホムス市攻撃により民間人2名を含む4名が殺された」と述べた。      一方、シリア政府国防省は声明 全文をよむ

  • 2024-02-06
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:ハマースの軍事部門が犯行声明、迫撃砲攻撃でイスラエル兵死亡、テルアビブにロケット弾発射

■カッサーム旅団:数日間で43台の車両を破壊、15人のイスラエル兵士が死亡      【イスタンブール:諸通信社】      ハマースの軍事部門カッサーム旅団のアブー・ウバイダ報道官は日曜日、過去数日間に43台のイスラエル軍用車両を部分的あるいは完全に破壊し、多くのイスラエル兵士を死傷させ、テルアビブ市に向けロケット弾を発射したと発表した。      アブー・ウバイダ報道官は声明を出し、「この数日間(日数は明示せず)でわれわれは、43台の軍用車両を完全または部分的に破壊し、15人のシオニスト兵士 全文をよむ

  • 2024-02-05
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:フーシー派が米国の商船を攻撃したと発表

■フーシー派はイスラエルに向かっていた米国の商船を狙撃したと発表      【サナア:諸通信社】      海上警備会社のAmbrey社が木曜日未明(1日)に報じたところによると、イエメンから発射されたミサイルが同国沿岸付近にいた米国の商船を直撃した。      また同社は、「商船はイエメンのアデン湾南西を航海中にミサイルで狙われたとの情報が入っている」と述べたうえで、「その船から爆発の報告が入った」と付け加えた。      そして同社は、イエメンの「タイズ県からミサイルが発射されたことを確認し 全文をよむ

  • 2024-02-01
  • al-Quds al-Arabi紙

スーダン:「多元的勢力による侵略を支援している」と国連でUAEを非難

■国連におけるスーダン代表、UAEを「多元的勢力による侵略を支援」と非難      【アディスアベバ:本紙】      複数の通信社が報じたところによれば、国連におけるスーダン代表のハーリス・イドゥリース氏が、「即応支援部隊(RSF)はUAEを通して傭兵や武器を入手している」と述べた。      また、イドゥリース氏は火曜日の国連安全保障理事会での演説の中で、「スーダン軍は未だ多元的な勢力による攻撃や侵略を阻止するための防衛戦争を続けている。攻撃には多くの国が参加しており、UAEは金銭面およびウ 全文をよむ

  • 2024-01-31
  • al-Quds al-Arabi紙

アメリカ:フーシ派を「国際テロ組織」に再指定へ

■米政権はフーシ派を「テロ組織」に再指定することを検討      【ワシントン:ラーイド・サーリハ、本紙】      複数の米メディアは、「イエメンの親イラン武装組織フーシ派がイスラエルへの攻撃を激化させているのを受け、ジョー・バイデン米政権が近く同派を『国際テロ組織』に指定する見通しとなった」と報じた。      この措置によりバイデン政権は、ドナルド・トランプ前政権が任期終了間際に実施し、物議を醸した政策に関する方針を戻すことになりそうだ。      バイデン大統領は2021年2月、フーシ派 全文をよむ

  • 2024-01-17
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:フーシ派、紅海・アラビア海における同派の優位性を強調

■フーシ派国防大臣:我々は抑止の準備ができており、紅海とアラビア海において優位に立っているのはイエメンだ。      【サナア:本紙】      「アンサールッラー(フーシ派)」政府のムハンマド・ナースィル・アーティフィー国防大臣は、「我々は抑止の準備ができており、紅海とアラビア海において優位に立っているのはイエメンだ」と述べた。      これは、金曜日(12日)に同氏がフダイダの位置する第5軍管区を訪れた際のことである。      フーシ派傘下のイエメン通信社(SABA)によると同氏は、「ガ 全文をよむ

  • 2024-01-12
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル新外相:我々はイランに対する第三次世界大戦のさなかにある

■イスラエル新外相:我々はイランに対する第三次世界大戦のさなかにある      【エルサレム:アナトリア通信】      イスラエルの新外相イスラエル・カッツは、同国がイランに対する「第三次世界大戦」のさなかにあるとみなしており、イランの核兵器開発を非難した。      ニュースサイト「イスラエル24」の火曜の報道によると、カッツ氏の発言は、現在はエネルギー大臣に就任しているエリ・コーヘン前外相から職務を引き継いだ際に出された。      カッツ氏は「我々はイランとイスラーム過激派に対する世界大 全文をよむ

  • 2024-01-03
  • al-Quds al-Arabi紙

モロッコ:シオニストの計画がモロッコとアルジェリアの対立を引き起こす(2)

■反正常化監視団体会長:シオニストの計画がモロッコとアルジェリアの対立に火をつける      【ラバト:本紙】      ワイヒマン氏によると、彼は「フォーラムの参加者へのスピーチで、モロッコ国民は国交正常化を拒否しており、イスラエル政府と締結した協定を見直し、破棄する必要性を強く促している」と明らかにした。彼はまた、「モロッコやシオニスト政体が存在する他の国々において、シオニスト政体が象徴する危険の本質を警告した。」また、マグリブ諸国におけるシオニスト政体の 「破壊的プロジェクト」と、同諸国間 全文をよむ

  • 2023-12-31
  • al-Quds al-Arabi紙

モロッコ:シオニストの計画がモロッコとアルジェリアの対立を引き起こす(1)

■反正常化監視団体会長:シオニストの計画がモロッコとアルジェリアの対立に火をつける      【ラバト:本紙】      モロッコ反正常化監視団体のアハメド・ワイヒマン会長は、南アフリカが最近主催した第5回パレスチナ連帯国際フォーラムに参加した。      ワイヒマン氏は、パレスチナ帰還国際キャンペーン、南アフリカ議会、指導者ネルソン・マンデラの孫の計三者から招待を受け、モロッコの唯一の代表として参加したと述べた。      モロッコの人権活動家は報道発表で、「南アフリカは、パレスチナの最新情勢 全文をよむ

  • 2023-12-31
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:ジャーナリストの犠牲者数が101人に

■ガザ:ジャーナリストの犠牲者数が101人に増加       【ガザ:アナトリア通信】      ガザ地区の政府メディア事務所は日曜、ガザ地区北部でのイスラエルによる爆撃でパレスチナ人ジャーナリスト、アフマド・マドフーン氏が殉職し、イスラエル戦争開始以来、殉職したジャーナリストの数は101人となったと発表した。      同事務所は声明において「ラアイ通信社(ガザ地区政府傘下)の副長官であるジャーナリスト、アフマド・ジャマール・マドフーン氏が、ガザ地区北部におけるイスラエルの犯罪行為によって殉教 全文をよむ

  • 2023-12-24
  • al-Quds al-Arabi紙

スペイン:首相は欧州諸国に対してガザ攻撃への一致団結した姿勢とパレスチナの国家承認を訴える

■スペインの首相は、イスラエルのガザへの残忍な攻撃について、明確かつ声を1つにして話すよう欧州に呼びかけている。        【マドリード:諸通信社】      スペインのペドロ・サンチェス首相は水曜日、「欧州人がガザ地区でのイスラエルの残忍な攻撃について明確かつ声を1つにして話す時が来た」と述べた。      サンチェス首相はスペイン議会での演説で次のように付け加えた。「私は欧州人に対し、ガザに対するイスラエルによる残忍な攻撃について、明確かつ声を1つにして語るよう求める。それは、世界が私達 全文をよむ

  • 2023-12-20
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:日本の三宅浩史臨時代理大使は「シリアの紛争と地震で被害を受けた子供たちへの支援に引き続き尽力する」と述べる

■UNICEF:「日本はシリアの子供たちのために700万ドル貢献した」      【各通信社】      UNICEF(国際連合児童基金)は、日本政府が最近、トルコ・シリア大地震(2月6日)の被災地の子どもたちとその家族に、浄水、衛生設備、衛生用品、教育サービスを提供するために約700万米ドルを拠出したことを明らかにした。      複数の反体制派のサイトが伝えたところによると、駐シリア日本大使館の三宅浩史臨時代理大使は、「日本はシリアの紛争と地震で被害を受けた子供たちへの支援に引き続き尽力する 全文をよむ

  • 2023-12-20
  • al-Watan紙

スペイン:ガザでの即時停戦を求める署名活動

■スペインで1万人以上の芸術家、思想家、ジャーナリストがガザ地区の「テロと集団虐殺」の停止を求める      【マドリード:諸通信社】      1万人以上の芸術家、思想家、ジャーナリストらが「戦争は止めなければならない、テロも集団虐殺も許さない」とする声明に署名し、ガザ地区に対する占領軍による継続的な侵略の停止を求めた。      スペイン紙『エル・パイス』によると当該の声明は、ガザでの戦争の終結を求める国際キャンペーンの一環として、今年の10月17日から12月17日までの期間に署名が可能とな 全文をよむ

  • 2023-12-18
  • al-Quds al-Arabi紙

ヒズブッラー:イスラエル軍との戦闘で構成員2人が死亡

■ヒズブッラー:イスラエル軍との戦闘で構成員2人が死亡したと発表      【アナトリア通信】      日曜日(17日)ヒズブッラーは、レバノン南部国境付近でのイスラエル軍との戦闘で2人の構成員が死亡したと発表した。また、これにより今年10月8日からの戦闘での同組織の合計死者数は110人に増加した。      ヒズブッラーは声明で、「ベイト・リーフ村(南部)出身のムーサー・ムハンマド・ムスタファー氏」を悼んだ。      またそのなかで、詳細を詳らかにはしなかったが、ムスタファー氏は「エルサレ 全文をよむ

  • 2023-12-17
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:ガザからの帰還を望む自国民向けに電子ツールを考案

■エジプト外務省:ガザからの帰還を望むエジプト国民を登録する新しい電子ツールを考案      【カイロ:DPA】      エジプト外務省は、ガザからの帰還を希望するエジプト国民のデータを迅速かつ効果的に受け取るための新しい電子ツールを考案したと発表した。具体的には、登録ツールが限定されていることを保証するためのウェブリンクを作成した。これは、エジプト国民とその家族のガザから祖国への帰還を円滑にするためにエジプト側が行っている取り組みの一環である。      同省のアフマド・アブー・ザイド報道官 全文をよむ

  • 2023-12-09
  • al-Quds al-Arabi紙

ヨルダン:イスラエルに対する強硬な姿勢継続(3)

◼️「強硬」なヨルダン、国際法を「イスラエルに遵守させる」ための対立が外交面で始まった      【アンマン:バッサーム・バダーリーン】      ヨルダンの優先事項においては、これまでと同様の見解が改めて強調されている。ヨルダンは侵攻に立ち向かい、ガザ地区の人々に対する人道援助の範囲を拡大することに注力すると決断した。ヨルダン政府は強固な立場を採り始め、ガザ地区の人々に対する残忍な犯罪行為のために、イスラエルに制裁を課すよう暗に呼びかけるメッセージを国際社会に送った。      イスラエルに対 全文をよむ

  • 2023-12-01
  • al-Quds al-Arabi紙

ヨルダン:イスラエルに対する強硬な姿勢継続(1)

◼️「強硬」なヨルダン、国際法を「イスラエルに遵守させる」ための対立が外交面で始まった      【アンマン:バッサーム・バダーリーン】      ヨルダンのアイマン・サファディー外務大臣は、ヨルダン政府が外交面・政治面でイスラエルとは反対の立場をとり続けることを決定したとする証拠を新たに提示した。      同氏は土曜日(25日)、欧州の外相2人と共に記者会見を開いた。会見中に彼は、「イスラエル政府は自らの政策に同意しない者全員を攻撃している」と述べ、ヨルダンの怒りを示した。さらに同氏は、イス 全文をよむ

  • 2023-11-27
  • al-Quds al-Arabi紙

ヨルダン:イスラエルに対する強硬な姿勢継続(2)

◼️「強硬」なヨルダン、国際法を「イスラエルに遵守させる」ための対立が外交面で始まった      【アンマン:バッサーム・バダーリーン】      しかし、彼らは皆、サファディー氏が気まぐれで話しているわけではないことは知っているし、現に同氏は少なくとも3回は本紙に対して直接個人的にそのように語っている。彼は、自身の発言や発表が自国の立場や政策を代表していると主張することに固執しているのである。      いずれにせよサファディー氏は、10月7日に発生したアル・アクサー洪水作戦によって生じた余波 全文をよむ

  • 2023-11-27
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:WFP「ガザ地区の220万人が食糧を必要としている」(2)

■世界食料計画(WFP):ガザ地区のほぼ全住民にあたる220万人が緊急食料支援を必要としている      【イスタンブール:アナトリア通信】      WFPは「我々が協力していた最後のパン工房が燃料やガスの枯渇により閉業し、ガザ地区の食料システムは崩壊している」と述べ声明を締めくくった。      10月7日から、イスラエル占領軍はガザ地区に対して破壊的な戦争を仕掛けている。ガザ地区の公式の複数筋によると、この戦争により6千人以上の子供と4千人以上の女性を含む14,532人以上のパレスチナ人が 全文をよむ

  • 2023-11-23
  • Al-Ahram紙

カタール:金曜午前7時より、ガザ地区における戦闘休止と人質解放が開始(2)

■カタール政府は金曜午前7時にガザでの戦闘休止協定が発効すると発表      【本紙】      さらに、カタールのムハンマド・ビン・アブドゥッラフマン・アール・サーニー首相兼外相は、アントニー・ブリンケン米国務長官との電話会談で、ガザ紛争を止めるための継続的な努力の必要性を確認した。      同氏は、中東における持続可能な和平を実現させるための唯一の保証は、パレスチナ問題の公正かつ包括的な解決策に到達することであると強調した。      一方でブリンケン米国務長官は、協定履行に向けた断固とし 全文をよむ

  • 2023-11-23
  • al-Mudun紙

カタール:金曜午前7時より、ガザ地区における戦闘休止と人質解放が開始(1)

■カタール政府は金曜午前7時にガザでの戦闘休止協定が発効すると発表      【本紙】      カタール外務省のマージド・アンサーリー報道官は、ガザ地区の戦闘休止は金曜日(24日)の現地時間午前7時に始まると述べた。      報道官は、すべての当事者および調停者とのやり取りが終了し、解放される人々の名簿が引き渡されたことを強調した。また人質となっていた民間人の最初のグループの引き渡しは、金曜日の午後4時頃に行われると述べた。      そして同氏は、解放される最初のグループの中には13人の女 全文をよむ

  • 2023-11-23
  • al-Mudun紙

ガザ:WFP「ガザ地区の220万人が食糧を必要としている」(1)

■世界食料計画(WFP):ガザ地区のほぼ全住民にあたる220万人が緊急食料支援を必要としている      【イスタンブール:アナトリア通信】      世界食料計画(WFP)は木曜日、220万人にあたるガザ地区のほぼ全住民が緊急食料援助を必要としていると述べた。      国連傘下のWFPは声明で、「ガザ地区の数十万人の避難民は過密状態で食料や水が枯渇する避難所や病院に押し込められている。これらはイスラエルが48年前からガザ地区に対し仕掛けてきた破壊的な戦争の結果である」と加えた。      声 全文をよむ

  • 2023-11-23
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:フーシー派による船の拿捕についての論評

■サミール・ファラジュ氏:船の拿捕は世界海運に影響を与える      【エジプト:本紙】      戦略思想家で専門家のサミール・ファラジュ少将は、フーシー派による紅海での船の拿捕事件と、イスラエルが自国の船ではないと否定したことにコメントし、この事件は世界海運に大きな影響を与えるだろうと述べた。      同氏は、サダー・バラド(国の反響)局で放送中の番組「私の責任で」の中で、ジャーナリストのアフマド・ムーサー氏の電話インタビューに答え、「イランはこの地域に4本の腕を持っている。すなわちレバノ 全文をよむ

  • 2023-11-19
  • al-Quds al-Arabi紙

チュニジア:ガザに2度目の救援飛行機を送る

■チュニジア政府がガザに新たな救援物資を積んだ飛行機を送る…救国戦線の指導者は社会への「シオニストの侵入」を警告      【チュニス:本紙】      月曜、エジプトのアリーシ空港に向けて、ガザ地区に輸送する支援物資が積まれたチュニジアの2番目の救援飛行機が離陸した。      チュニジア赤新月社の女性スポークスマン、ブサイナ・カラーキバ氏は、モザイク放送に「今日の貨物輸送は2度目にあたり、パレスチナ人の支援という国家の責務の枠組みの中で行われている。1万皿以上のインスタント食料、大量の局部・ 全文をよむ

  • 2023-11-14
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:捕虜が明かした刑務所での劣悪な環境と拷問

■殴打と侮辱…パレスチナ人捕虜が語るメギド刑務所の拷問方法      【ラマッラー:アナトリア通信】      パレスチナ捕虜協会は木曜日、イスラエルのメギド刑務所の捕虜たちが身体的、精神的拷問を受け、生活必需品を奪われていると発表した。      最近メギド刑務所から釈放された捕虜の一人の証言によりこのことが明らかになったと捕虜協会は報じた。      協会の発表によると、釈放された捕虜は「イスラエル兵は捕虜(の服)を引きずり、占領軍の旗にキスするよう要求した。もし従わなければ、激しく殴られる 全文をよむ

  • 2023-11-09
  • al-Quds al-Arabi紙

ガザ:ガザ侵攻を擁護する国々に向けたハニヤ氏の声明

■イスマーイール・ハニヤ氏:ガザへの侵攻をしている国は、国民の声に耳を傾けるべきだ      【ガザ:アナトリア通信】      イスラーム抵抗運動(ハマース)の政治局長であるイスマーイール・ハニヤ氏は、アメリカ政府およびガザの戦争を擁護している国々に対し、「そこで起きているせん滅戦争の終結を求める国民の声に耳を傾けるべきだ」と呼びかけた。      これは、土曜日(4日)深夜、日付をまたいで発出されたハニヤ氏の報道声明によるもので、「世界中の人々は自らの言葉で自由はパレスチナのためにあり、抵抗 全文をよむ

  • 2023-11-05
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:ガザ紛争に対するエジプトの立場(3)

≪外国人の退避のためにラファ検問所を開放する≫      悪化し続けるガザ地区での人道的状況に対して行なっているエジプトの努力の一環として、ラファ検問所を経由したガザからの外国人市民の受け入れ避難に便宜を図るべく、エジプトのすべての関係機関による準備が順調に進んでいる。なお、外国人の数はおよそ7000人、国籍は60カ国以上にのぼる。      関係当局は、指示やエジプトの準拠法に基づいてガザ地区にいる外国人の受け入れおよび退避計画と、ラファ検問所から出てくる外国籍市民の受け入れにおいて全ての外国 全文をよむ

  • 2023-11-04
  • Al-Ahram紙

エジプト:ガザ紛争に対するエジプトの立場(2)

≪イスラエルは支援介入に妨害を続ける≫      しかしながら、イスラエル側は人権侵害や国際法違反の悪事を続けている。ガザでの危機的な人権状況にも関わらず日々ガザ地区へ人道物資を搬入するのを遅らせ、エジプト側に支援車両が滞留している。これに対し、エジプト外務省は、同国が人道支援や救援物資を迅速に届けることを保証するための努力をこれまでもこれからも惜しまないこと、またイスラエルの妨害こそが人道支援へのアクセスを妨げていることを明らかにした。      また外務省は声明の中で、ガザ地区への人道支援へ 全文をよむ

  • 2023-11-04
  • Al-Ahram紙

エジプト:ガザ紛争に対するエジプトの立場(1)

■ガザ地区での危機に対するエジプトの立場の一貫性…エジプトは自身の望みを推し進め、人道の側に立つ      【サマル・ナスル】      イスラエルは攻撃を直ちに止めるべきであること、人道支援を届けるのが最優先事項であること、退避させるのではなく占領を終わらせること、パレスチナ独立国家の建設こそが解決策であること。これらは、エジプト外務省が今日エジプトの公式の立場と題して策定した4つの軸であり、どのようにアラブ・イスラエル紛争全般の、特にガザ地区でエスカレートする危機の解決に至るかに関する立場で 全文をよむ

  • 2023-11-04
  • Al-Ahram紙

レバノン:ヒズブッラー構成員の葬儀に際しラアド議員がスピーチ

■ヒズブッラーはナバティーエで構成員3人に別れを告げる。   ■ラアド氏:我々はイスラエル人のイメージが虚構であることを暴露した。      【本紙】      ヒズブッラーは、ナバティーエ市で今日(27日)午後に行われた厳粛な葬列で3人の構成員の死を惜しんだ。その3人とは、フセイン・ムハンマド・アリー・ハリーリー氏(サルマーン)、ムハンマド・アフマド・ダルウィーシュ氏(アブー・アフマド)、タハ・フセイン・タハ氏(アブー・アリー・ハーディー)である。      参列者はナバティーエの福音派学校付 全文をよむ

  • 2023-10-27
  • Al-Nahar紙

カタル:カタル首相とトルコ外相がイスラエルの人質解放に対する声明を非難(1)

■カタル首相がイスラエルの声明を非難:人質の解放を頓挫させる      【レバノン:本紙】      カタルのシャイフ・ムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン・アール・サーニー首相兼外相は水曜、カタルは国際法の決議の範囲内で、ガザ地区の危機の解決実現のためにトルコと協力し合うと表明し、イスラエルの声明は人質解放の努力を損なう挑発であると非難した。      ドーハで行われたトルコのハカン・フィダン外相との記者会見で同氏は、民間人を標的にする集団虐殺政策をカタルは非難すると改めて表明し、ガザ危機に 全文をよむ

  • 2023-10-25
  • al-Mudun紙

レバノン:イスラエル・レバノン国境付近でヒズボラとイスラエル軍の交戦が激化

■レバノン南部国境地帯で戦闘激化..ヒズボラ:我々は戦闘の中心にいる      【ベイルート:本紙、サアド・イルヤース】      レバノン南部の国境付近で日曜日、戦闘がエスカレートした。アルマー・シャアブ村とダヒーラ村周辺は早朝からイスラエルの激しい砲撃に曝されている。折しもイスラエル占領軍は、イスラエル北部アヴィヴィム近郊で対戦車ミサイルの発射を試みた(ヒズボラの)セルを標的にしたと発表していた。一方、ヒズボラは、技術装置を狙って(イスラエルの)アバード軍事拠点にミサイルを発射し、さらにカフ 全文をよむ

  • 2023-10-22
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:人権団体がガザ攻撃の即時停止を要求

180以上のアラブおよび外国の人権団体がガザに対するイスラエルの攻撃の即時停止を要求      【ガザ:本紙】      アラブおよび外国の181の人権団体が、ガザに対する攻撃の即時停止、国連の「平和のための結集結」決議に基づく緊急総会の招集、この件での国際犯罪法廷の設置を要求している。      これらの団体は、ラマッラ、ジュネーヴ、アンマンで声明を出し、その中で「占領国家およびアパルトヘイト国家は、法的・道徳的な規範や制限なしに戦争を始め、その中でさまざまな種類の国際犯罪を犯し、国際的に禁止 全文をよむ

  • 2023-10-21
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:誘拐された人々に関する情報収集のためガザ内部を襲撃(2)

ハガリ氏はガザ地区について、「依然として戦闘地域に分類され、まだガザ周辺地区の掃討は終わっていない。昨日ガザに至る経路にて疲弊した武装した人物を捕らえ、その者について調査中である」と報じた。      また、近く地上侵攻する兆しが強まるなかで、戦いの次の段階については「我々は(現在のところ)兵站、防御、個々人の装備といった戦争のための部隊の準備の完了していることを保障する」と言及した。      そして、「戦闘に加わる者は完全な装備で参加し、あらゆる新しい装備品が戦場の戦闘部隊に支給されるだろう 全文をよむ

  • 2023-10-19
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:誘拐された人々に関する情報収集のためガザ内部を襲撃(1)

■イスラエル軍:誘拐された人々に関する情報を集めるためにガザ内部への襲撃を実行      【エルサレム:アナトリア通信】      イスラエル軍の報道官は木曜日(19日)、ガザ地区内への「襲撃を実行した」と述べた。これはハマースのもとにいるイスラエル人捕虜に関する情報を集めるためであった。      今月10月7日、ハマースの戦闘員らは数十人に及ぶイスラエル人を捕らえたが、ハマース側は、その数が軍高官を含む200人から250人にのぼると発言し、その捕虜とイスラエルの刑務所内の子供と女性を含む60 全文をよむ

  • 2023-10-19
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:ヨルダン国王とエジプト大統領、ガザ地区をめぐる情勢に意見表明

ヨルダン国王とエジプト大統領、ガザにおける戦闘の「即時」停止を訴え、パレスチナ人を強制移住させるあらゆる試みを拒否      【カイロ:本紙】      ヨルダンのアブドゥッラー二世国王とエジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は、ガザでの戦闘の即時停止を呼びかけた。また両首脳は、パレスチナ市民をエジプト、ヨルダン両国へ「強制的」に移住させようとするいかなる試みも拒否する姿勢を表明した。      この声明は、ヨルダン国王が木曜日、カイロへの短い公式訪問中に行った会合で述べられた。ヨ 全文をよむ

  • 2023-10-19
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:WHOがガザ地区の病院に向けたイスラエルの攻撃を非難

■国立アラブ病院を狙ったイスラエルの爆撃は「規模において前例がない」      【ブリュッセル:ロイター】      世界保健機関(WHO)は火曜日、ガザ地区北部に位置する国立アラブ病院で数百人の命を奪った攻撃は「規模において前例がない」と述べ、これを非難した。      この攻撃は、イスラエルが人口密度の高い地区に対して爆撃を開始して以来、ガザでもっとも多くの死者を出した事件となった。      WHOの西岸地区とガザ地区代表であるリチャード・ピーパーコーン氏は、「今回の攻撃はその規模において 全文をよむ

  • 2023-10-17
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:パレスチナ人がイスラエル軍の銃撃の影響で死亡(2)

ガザ地区の状況悪化と同時に、ヨルダン川西岸地区ではパレスチナ人とイスラエル軍間の緊張の波と現地での衝突が起きている。      保健省によると、イスラエル軍は10日連続でガザ地区に対する攻撃を行っており、これによりパレスチナ人2670人が死亡、9600人が負傷している。      一方、イスラエルの政府情報筋によると、ハマースはイスラエル人1300人以上を殺害し、3715人にけがを負わせ、そして100人以上を捕虜にとっている。      ハマースが2006年のパレスチナ立法議会選挙で勝利して以来 全文をよむ

  • 2023-10-16
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:パレスチナ人がイスラエル軍の銃撃の影響で死亡(1)

■ヨルダン川西岸北部でパレスチナ人がイスラエル軍の銃撃を受けた影響で死亡      【ラマッラ:アナトリア通信】      月曜日(16日)、ヨルダン川西岸地区北部でパレスチナ人がイスラエル軍の銃撃を受けて負傷した影響で死亡した。      パレスチナ保健省は、声明で「ラーミー・ビラール・ハッサーン青年(33歳)がトゥールカリムで数日前にイスラエル軍に首を銃撃された影響で死亡した。」と述べた。      パレスチナ保健省のデータによると、ハッサーン青年の死で、ヨルダン川西岸地区で亡くなったパレス 全文をよむ

  • 2023-10-16
  • al-Quds al-Arabi紙

アラブ人知識人はシオニストを非難しガザ地区の自然権を確認する声明を発表(6)

■アラブの知識人たちはシオニストによる、ガザの罪のない人々に対する残虐な侵攻を非難し、占領との戦いにおける自然権を確認する      【ロンドン:本紙】      我々は世界のこの場所で、最も平和を切望している。しかし、我々が平和を切望しているのと同程度に自由のない平和、正義のない平和、真実のない平和など存在しないことをあまりにもよく知っている。これらの日々は、シオニスト集団が、自由、正義、真実に敵対するものと敵対しないということを証明してきた。    以上      この声明はガザの危機的な状 全文をよむ

  • 2023-10-15
  • al-Quds al-Arabi紙

アラブ人知識人はシオニストを非難しガザ地区の自然権を確認する声明を発表(5)

■アラブの知識人はシオニストによる、ガザの罪のない人々に対する残虐な侵攻を非難し、占領との戦いにおける自然権を確認する(5)      【ロンドン:本紙】      そして我々は、全世界の自由な人々、特に植民地主義や人種主義、ジェノサイド政策、占領の痛みを経験したすべての地域の人々へと向かう。我々はこの瞬間、この明白な不義に対し、ひとつになり、植民地政府の戦車とその犠牲者たちとの間に堅固に立ちはだかる必要に迫っている。もし抑圧者らが互いを呼び合ってひとつの共同体を築こうとするのなら、彼らの犠牲者 全文をよむ

  • 2023-10-15
  • al-Quds al-Arabi紙

アラブ人知識人はシオニストを非難しガザ地区の自然権を確認する声明を発表(4)

■アラブの知識人はシオニストによる、ガザの罪のない人々に対する残虐な侵攻を非難し、占領との戦いにおける自然権を確認する(4)      【ロンドン:本紙】      我々はこの声明に署名し、それによってガザ地区の同胞たち、そしてパレスチナ全体に向けて、自らの土地に対する歴史的権利を守る彼らの戦い、および植民地主義、ファシズム、人種差別の最前線に対抗する彼らの文明的かつ勇敢な姿勢に敬意を表する。彼らを占領する者らとの戦いにおける自然権を保証するとき、我々はこの立場から新たな表明は行わない。この権利 全文をよむ

  • 2023-10-15
  • al-Quds al-Arabi紙

アラブ人知識人はシオニストを非難しガザ地区の自然権を確認する声明を発表(3)

■アラブの知識人はシオニストによる、ガザの罪のない人々に対する残虐な侵攻を非難し、占領との戦いにおける自然権を確認する(3)      【ロンドン:本紙】      無実を嫌って子どもたちを殺し、真実を嫌ってジャーナリストたちを殺し、自然を嫌ってオリーブの木々を根こそぎにするシオニスト集団は、侵略の長い過程の、こうした拡大とともに最終段階に達している。この侵略は、すべての国際決議の拒否や、入植のガンの拡大、ヨルダン川西岸地区のパレスチナ人と48年アラブ(パレスチナ系イスラエル人)への迫害と高速、 全文をよむ

  • 2023-10-15
  • al-Quds al-Arabi紙

アラブ人知識人はシオニストを非難しガザ地区の自然権を確認する声明を発表(2)

■アラブの知識人はシオニストによる、ガザの罪のない人々に対する残虐な侵攻を非難し、占領との戦いにおける自然権を確認する(2)      【ロンドン:本紙】      署名者らは「(シオニスト政体は)ガザ地区住民に対する残虐な集団虐殺が、少しの羞恥心も、世界の良心として残っている価値観の遵守もなしに、直接的に伝播に乗って広がっていくことを望んだ」と述べた。      アラブ民族の声明は各国政府、組織、民衆、個人に対し、この明白な侵略に対するパレスチナ人同胞の支援に関して歴史的役割を果たし、精神的、 全文をよむ

  • 2023-10-15
  • al-Quds al-Arabi紙

アラブ人知識人はシオニストを非難しガザ地区の自然権を確認する声明を発表(1)

■アラブの知識人はシオニストによる、ガザの罪のない人々に対する残虐な侵攻を非難し、占領との戦いにおける自然権を確認する(1)      【ロンドン:本紙】      数百人におよぶアラブ人知識人らは日曜日に発表された声明のなかで、ガザ住民による合法的な抵抗への無制限の支援を表明し、無実の人々に対し残虐かつ野蛮な侵略を行っているシオニスト集団への無制限の非難を確認した。      声明にはクウェート人詩人サアード・サバーフ、パレスチナ人小説家イブラーヒーム・ナスルッラー、モロッコ人文学者ズフール・ 全文をよむ

  • 2023-10-15
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:政府に対して、ガザのパレスチナ人への支援や連帯を求める声が高まる(1)

◼️公人100人がエジプト当局に対し「ラファフ検問所」の開放とイスラエル大使の追放を要求      【カイロ:本紙】      月曜日(9日)、作家や政治家などエジプトの公人100人以上が、自国の当局に対し、「テルアビブ大使」の追放と「占領国家」(イスラエル)との関係断絶を求めた。      声明の中で知識人や政治家らは「勇敢なパレスチナ人民と、比類のない『アル=アクサーの洪水』作戦でイスラエルによる占領の棘を打ち破ったレジスタンスに敬意を表する」と述べ、パレスチナ人民の占領に対するあらゆる手段 全文をよむ

  • 2023-10-10
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:政府に対して、ガザのパレスチナ人への支援や連帯を求める声が高まる(2)

ラファフ検問所は、イスラエルが直接管理していない、ガザ地区の唯一の検問所であり出入り口である。同検問所は基本的に人の出入りに使われている。      月曜日(9日)、カイロ・アメリカン大学の学生数十人がパレスチナ人民との連帯を示すデモを実施し、イスラエルの諸行為を非難した。      デモ隊は、イスラエルによるパレスチナへの侵略の停止を要求し、イスラエルによるパレスチナ人民の権利の蹂躙を非難するプラカードを掲げた。      また、デモ隊は以下のようなシュプレヒコールを繰り返した。「パレスチナよ 全文をよむ

  • 2023-10-10
  • al-Quds al-Arabi紙

欧州委員会:パレスチナへの開発援助の即刻停止を発表

■欧州委員会、パレスチナへの開発援助の即刻停止を発表。オランダは支援継続へ。      【ブリュッセル:諸通信社】      オリベール・バ―ルヘイ欧州委員(近隣政策・拡大交渉担当)が月曜、「ハマースによるイスラエルへの攻撃を受け、欧州委員会はパレスチナへの全ての開発援助をただちに停止すると発表した。」と述べた。      同委員はソーシャル・メディア「X」への投稿で、「6億9100万ユーロ(7億2860万ドル)相当の援助プロジェクトが見直し中である」と明かした。      同委員は続けて、「イ 全文をよむ

  • 2023-10-09
  • al-Quds al-Arabi紙

カタール:イスラエルとハマスの捕虜交換取引協議を主導

■ロイター通信:カタールは、パレスチナ人女性捕虜の解放に向けてイスラエルとハマースの交換取引のための協議を主導      【ドーハ、ガザ:ロイター通信】      関係者に語ったところによれば、カタールの仲介人はイスラエルの刑務所にいるパレスチナ人の子供や女性36人の釈放の見返りとして、ガザで人質にとられているイスラエル人の女性や子供の捕虜解放の交渉を試みるため、ハマースの指導部と緊急に接触しているという。      協議の成り行きをよく知るこの関係者よれば、土曜の夕方以降アメリカと連携して進め 全文をよむ

  • 2023-10-09
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:在ダマスカス・日本大使館がヒムス市でのテロ攻撃の犠牲者らへの哀悼の意を表明

■在ダマスカス・日本大使館がヒムス市でのテロ攻撃の犠牲者らに対する哀悼の意を表明      【シリア国営通信】      在ダマスカス・日本大使館は、ヒムス市内の陸軍士官学校を標的としたテロ攻撃の犠牲者らに対する哀悼の意を表した。      同大使館はウェブプラットフォーム「X」上の公式アカウントを通じて次のように述べた。「我々は、ヒムス市で民間人や児童を含む数十人の犠牲者を出したドローン攻撃に関して、深い驚きと悲しみを感じている」。さらに「民間人への攻撃はいかなる理由によるものであっても容認さ 全文をよむ

  • 2023-10-07
  • その他紙

パレスチナ:イスラエル占領軍がベドウィン集落の学校を取り壊す(2)

■イスラエル占領軍がヨルダン川西岸地区中部にEUの支援で建設されたパレスチナ人の学校を取り壊す(動画)      【ラーマッラー:アナトリア通信】      複数の目撃者が「アナトリア通信」に「イスラエル軍がアイン・サーミヤ集落を襲撃し、ブリキ作りの学校を解体し始めた」と証言した。            (パレスチナ)人権センターは、「この学校はアイン・サーミヤのベドウィン集落で暮らす約300人の生徒たちを対象に教育を提供している。 治安、行政ともにイスラエルの管理下にあり、(原則として)建物を 全文をよむ

  • 2023-08-17
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:イスラエル占領軍がベドウィン集落の学校を取り壊す(1)

■イスラエル占領軍がヨルダン川西岸地区中部にEUの支援で建設されたパレスチナ人の学校を取り壊す(動画)      【ラーマッラー:アナトリア通信】      イスラエル占領軍は木曜日、(パレスチナ自治区の)C地区に無許可で建築されたことを口実に、ヨルダン川西岸地区中部にあるラーマッラー市東部のパレスチナ人の学校を取り壊した。      パレスチナ教育省は、アナトリア通信が入手した声明の中で、「イスラエル当局は、ベドウィン集落に住む多くの生徒たちにいろいろな教育サービスを提供しているラーマッラーお 全文をよむ

  • 2023-08-17
  • al-Quds al-Arabi紙

アルジェリア:米国がアルジェリアのBRICS加盟申請ついてコメント(2)

■米国がアルジェリアのBRICSへの加盟に関してコメントする      【アルジェ:本紙】      アルジェリアはBRICSへの加盟を強く望んでおり、ロシアと中国から加盟への支援を受けている。アルジェリア大統領のアブドゥルマジード・テブーン氏は最近、同国がBRICS加盟への意向を強調するため、15億ドルをBRICS銀行(新開発銀行、NDB)に拠出する提案を行ったと述べた。      なお、2022年11月、アルジェリア外務省は、アブドゥルマジード・テブーン氏が先行してBRICS加盟の意向を発表 全文をよむ

  • 2023-08-02
  • al-Quds al-Arabi紙

アルジェリア:米国がアルジェリアのBRICS加盟申請ついてコメント(1)

■米国がアルジェリアのBRICSへの加盟に関してコメントする      【アルジェ:本紙】      米国当局はアルジェリアやエジプトなどのパートナー国が、中国やロシアをはじめとする5か国で構成されたBRICSに加盟する件について懸念はないと強調した。      ホワイトハウス報道官のカリーヌ・ジャン=ピエール氏は、記者会見で、BRICSに関して、米国はパートナー国に米国か他国かを選ぶことを求めはしないと述べた。      記者会見では次のような質問への応答が行われた。「米国のパートナー国であり 全文をよむ

  • 2023-08-01
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:ヨルダン警備部隊によりユダヤ系観光客が拘留され、イスラエル・ヨルダン間で緊張が高まる(2)

一方、同新聞によると、イスラエル外務省はヨルダン治安部隊の行いを、故意にユダヤ人の特徴を隠すことで「ユダヤ人の感情を逆撫でする行為」だとみなした。      イスラエルのエリ・コーヘン外務大臣は在イスラエルヨルダン大使館に抗議文書を送り、ヨルダン当局による行いによって彼が受けた「衝撃」を訴え、繰り返されることがないよう呼びかけた。      同大臣は、「150人の敬虔なユダヤ教徒を含んだその集団は、ヨルダン当局の要請に基づき彼らの一部のもみあげを切るまで、ヨルダンとの国境通行所で48時間拘留され 全文をよむ

  • 2023-07-26
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:ヨルダン警備部隊によりユダヤ系観光客が拘留され、イスラエル・ヨルダン間で緊張が高まる(1)

イスラエル:ヨルダン治安部隊によりユダヤ人観光客が拘束され、イスラエル・ヨルダン間で緊張が高まる      ■150人のユダヤ人観光客を国境通行所で拘束し、彼らの一部の「もみあげ」を切ったことによるイスラエル・ヨルダン間の緊張      【イスラエル:同紙】      ヨルダン・イスラエル国境通行所のひとつで、ヨルダン兵士がイスラエルのユダヤ系観光客グループの「もみあげ(長髪)*¹」を切断した事件が、ヨルダンとイスラエル間の緊張に繋がっている。      あるヘブライ語メディアによると、ここ数日 全文をよむ

  • 2023-07-26
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:北部の緊張とヒズブッラーの目的(3)

≪もうひとつの目的≫      さらにロン・ベン・イシャイ氏は、ナスルッラー師の目的は、イスラエルがレバノンとの国境沿いすべてに建設している、将来の大規模な対立の際にヒズブッラーの特殊部隊がイスラエル領内への侵入するのを防いだり遅らせたりするための「連結石」プロジェクトを妨害し、中断させることだと言う。同氏はこの行為のここでの意味を説明し、ヒズブッラーとナスルッラー師が何度か公言しているこの行為の意図は、レバノンとの国境フェンスに近い入植地や、北部の軍事拠点や主要道路の交差点を支配する目的で、ラ 全文をよむ

  • 2023-07-14
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:北部の緊張とヒズブッラーの目的(2)

■北部の緊張をイスラエルが読み解く:これこそが明かされていないヒズブッラーの目的だ      【ナザレ:本紙】      ≪政治的挑発、軍事的目的、内部分裂の悪用≫      イェディオト・アハロノト紙のウェブサイト(Yネット)上で軍事アナリストのロン・ベン・イシャイ氏は、最近のヒズブッラーによる一連の挑発行為は、イスラエルの政治的危機による抑止力の喪失だけが原因ではないようだと語った。同氏は続けて、ヒズブッラーは最近のイスラエルの行動を弱腰と解釈する傾向があり、だからこそ最近増加しているヒズブ 全文をよむ

  • 2023-07-14
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:北部の緊張とヒズブッラーの目的(1)

■北部の緊張をイスラエルが読み解く:これこそが明かされていないヒズブッラーの目的だ      【ナザレ:本紙】      イスラエルの情報筋によると、イスラエルはヒズブッラーにメッセージを送り、エスカレーションは望まないが、同時に、国境のフェンスに触れることも越えることも容認しないことを強調したという。      イスラエルの国営チャンネルは、レバノンとの国境地帯にあるイスラエル側のフェンスで爆発が起きてから数時間後に、イスラエルからこのメッセージが送られたと伝えた。同チャンネルは続けて、以下の 全文をよむ

  • 2023-07-14
  • al-Quds al-Arabi紙

カタールとUAEは外交使節団の復帰と大使館の再開を決定する

クドゥス・アラビー】    カタールとUAEは、両国の首都にある大使館と領事業務を同時に開設し、両国間の外国関係を正常化した。       『クドゥス・アラビー』紙によるカタールの首都の外交地区のUAE大使館周辺の取材は、UAE政府の大使館庁舎の周辺で動きがあることを明らかにした。       カタール当局は、UAE当局と同時に発表した共同声明で月曜日(6月19日)より外交関係を完全に復活させると表明した。また、カタール通信社(QNA)あての声明は、これはウラー合意と、二国間関係強化への両国の希 全文をよむ

  • 2023-06-19
  • al-Quds al-Arabi紙

スーダン:首都ハルツームを始め国全体が壊滅状態…国軍は全権掌握を目指す

■ブルハーン将軍の副官:スーダンの状況は「壊滅的」であり、ハルツームは「完全に破壊」されている      【n.p.:アナトリア通信】      スーダン主権評議会のマリク・アガー副議長は土曜日、スーダン国内の状況は「壊滅的」で、首都ハルツームは「完全に破壊」されていると述べた。      エジプトの首都カイロにあるエジプト戦略研究センターで行われた討論会での発言として、複数の衛星チャンネルが報じた。      アガー副議長は、「現在のスーダンの状況は壊滅的だが、スーダン国軍(SAF)は勝利する 全文をよむ

  • 2023-06-18
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:テルアビブ行きの飛行機内でパレスチナ行きとアナウンス

■「当機はまもなくパレスチナに到着します。」イスラエル人搭乗客はテルアビブ行きの飛行機で衝撃を受ける(ツイート)      【ロンドン:本紙】      「当機はまもなくパレスチナに到着します」。イタリアのボローニャ発ライアンエアーの乗務員の1人は、このようにアナウンスした。アイルランド紙「アイリッシュ・ミラー」が報じたところによると、同機はベン・グリオン空港に着陸準備をしているところだった。      このハプニングはSNSで反響があったため、同紙はアイルランドの格安航空会社であるライアンエア 全文をよむ

  • 2023-06-16
  • al-Quds al-Arabi紙

ヨルダン:イスラエルとの関係、「摩擦」より「衝突」に近い

【アンマン:本紙】       最近、表立って明らかになった一部の合意にも関わらず、「狭い橋」はヨルダン‐イスラエルの微妙な関係に関連した新たな体験をする機会を完全に得たようだ。       ヨルダンは、ヨルダン渓谷のアレンビー橋を経由して武器の取引を行っていた容疑で逮捕された元国会議員の釈放をイスラエルに求めていたが、それに対するイスラエルの右翼政権の反応がヨルダンのすべてのウォッチャーたちに明らかにしたのは、イスラエルは右翼連立政権の維持という名目のもとに行ってきた強硬政策の代償を、エルサレ 全文をよむ

  • 2023-06-12
  • al-Quds al-Arabi紙

UAE:行き場を失ったロシア産金の輸入受け皿となるアラブ首長国連邦(4)

■アラブ首長国連邦がロシア産金流入に向けた主要な門戸となる      【ロンドン:ロイター通信】      ロンドン市場はロシアに依存していないため、ロシア産金のロンドン以外の場所への移行は大きな打撃とはならない。しかし英国貿易統計によると2021年、ロシア産金はロンドンの総金輸入額のうち29%を占めた。一方2018年には、これはわずか2%であった。      UAEといえば、長きにわたって繁栄している金セクターを有している。通関統計によると、同国は2016年から2012の間に、毎年平均750ト 全文をよむ

  • 2023-05-31
  • al-Quds al-Arabi紙

UAE:行き場を失ったロシア産金の輸入受け皿となるアラブ首長国連邦(3)

■アラブ首長国連邦がロシア産金流入に向けた主要な門戸となる      【ロンドン:ロイター通信】      しかしロイター通信が入手した情報では、この2か国が米国の制裁の対象であるかどうかについては明言されていない。      米国財務省は、傘下の外国資産管理局が制裁を適用しているにもかかわらず、ロイター通信のコメント要請に対して反応しなかった。      ロイター通信が貿易業者から得た通関統計によると、2022年2月24日から今年の3月3日の間にロシアから輸出された金の総額は116.3トンであ 全文をよむ

  • 2023-05-31
  • al-Quds al-Arabi紙

UAE:行き場を失ったロシア産金の輸入受け皿となるアラブ首長国連邦(2)

■アラブ首長国連邦がロシア産金流入に向けた主要な門戸となる      【ロンドン:ロイター通信】      経済開発協力機構の金源専門家のルイス・マーシャル氏によると、ロシア産の金は溶解・再鋳造されたうえで、原産国や源を隠しながら欧州や米国での市場を見つけることが可能だという。      さらに同氏は続けて、「ロシア産の金がやって来れば、これを現地の鋳造所で再鋳造し、現地の銀行や貿易業者を通じて原産国を特定したうえで、市場で売却することが可能である。ここにリスクが潜んでいるのである…。このために 全文をよむ

  • 2023-05-31
  • al-Quds al-Arabi紙

UAE:行き場を失ったロシア産金の輸入受け皿となるアラブ首長国連邦(1)

■アラブ首長国連邦がロシア産金流入に向けた主要な門戸となる      【ロンドン:ロイター通信】      ロシア税関の記録によると、ウクライナにおける戦争を要因とした西側の制裁によってロシアにとっての伝統的な輸出経路が断たれて以来、ロシア産金にとってアラブ首長国連邦(UAE)が主要な貿易拠点となっている。      ウクライナ戦争の開始以来の1年間に出荷された約1000回の金出荷の詳細を含むこの記録は、UAEが、2021年にはわずか1.3トンであった輸出量から増加した75.7トン(43億ドル相 全文をよむ

  • 2023-05-31
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:日本の岸田首相がエジプト・日本ビジネスフォーラムの会合でスピーチ(3)

■エジプト:日本の岸田文雄首相「エジプトは、その資本と特権によってさらなる投資を受ける準備が出来ている」      【カイロ:本紙】      岸田首相はまた、エジプト国内で活動する日本企業のプロジェクトが、アフリカ大陸や中東全体の水準にまでそれらの範囲を拡大するために日本政府が行っている支援について明らかにした。      さらに岸田首相は、エジプトにおける投資環境の改善のための努力を継続し、日本の官民部門が有している能力を活用するために、ビジネス環境の発展の枠組みにおける日本企業の提案に耳を 全文をよむ

  • 2023-04-30
  • Al-Ahram紙

エジプト:日本の岸田首相がエジプト・日本ビジネスフォーラムの会合でスピーチ(2)

■エジプト:日本の岸田文雄首相「エジプトは、その資本と特権によってさらなる投資を受ける準備が出来ている」      【カイロ:本紙】      岸田首相は日本の諸企業が、特に風力エネルギーなどの再生可能エネルギーの産出の分野や自動車産業などの産業部門において、エジプトのプロジェクトとインフラの発展に大きく貢献していると強調した。同首相はさらに、自国がエジプトで行っているサムライ債の発行、エジプトの全国民を対象とする包括的医療保険制度への支援のほか、エジプト日本科学技術大学といった日本系教育機関に 全文をよむ

  • 2023-04-30
  • Al-Ahram紙

エジプト:日本の岸田首相がエジプト・日本ビジネスフォーラムの会合でスピーチ(1)

■エジプト:日本の岸田文雄首相「エジプトは、その資本と特権によってさらなる投資を受ける準備が出来ている」      【カイロ:本紙】      日本の岸田文雄首相は今夜、ムスタファー・マドブーリー首相と議長を務めるエジプト・日本ビジネスフォーラムの会合で演説を行った。      岸田首相はスピーチの始めに、ムスタファー・マドブーリー首相に対する歓迎の意を表明し、日本商工会会長のほか、フォーラムに出席した日本とエジプトの大臣らと関係者らに向けて挨拶を行った。      岸田首相はエジプトの国家およ 全文をよむ

  • 2023-04-30
  • Al-Ahram紙

ヨルダン:ヨルダン・イスラエル関係は複雑さと緊張の度合いを増している(2)

■ヨルダン・イスラエル関係はその複雑さと緊張の度合いを増している。      【アンマン:本紙】      「100キログラムの金」      言い換えれば、「戦いは続いており」、ヨルダン外交は、「政治と安全保障」の状況に対してヨルダンのアイマン・サファディー外務大臣が過去も現在も頭を悩ませ努力しているにも拘らず、「まだその成果をあげていない」のだ。そして、この「政治と安全保障の」状況がいわゆる「沈静化」への対抗はまだ終わっていないと示唆している。      その対立軸の中で、イスラエルはマスメ 全文をよむ

  • 2023-04-23
  • al-Quds al-Arabi紙

ヨルダン:ヨルダン・イスラエル関係は複雑さと緊張の度合いを増している(1)

■ヨルダン・イスラエル関係はその複雑さと緊張の度合いを増している      【アンマン:本紙】      ヨルダン・イスラエル情勢は「そもそも複雑」でもつれており、手持ちのカードで体制を整えるには舞台裏での精力的な努力が必要である。しかし、そのもつれ具合はイード・フィトル休暇のわずか2日間で何倍にも増した。      ヨルダンの議員が所有する車を用いた「大規模な密輸」の試みがあったと主張するイスラエルの公式発表があってからわずか数時間後、イスラエルはアクサー・モスクの最も重要な礼拝所の一つである 全文をよむ

  • 2023-04-23
  • al-Quds al-Arabi紙

ロシア:米国および国連加盟45か国がロシアによるメディア脅迫を非難(2)

■米国および国連加盟45か国がロシアによるメディア脅迫を非難      【ロンドン:本紙】      ロシア諜報機関は3月30日、『ウォール・ストリート・ジャーナル』のモスクワ特派員らのほか、エカテリンブルクで活動していた『AFP』の元ジャーナリストであるイヴァン・ゲルシュコビッチ氏を勤務中に拘束したと発表した。      ロシア当局は、ゲルシュコビッチ氏が特に、ファイル全体が機密に分類されている防衛産業部門に関する情報を収集していたとして同氏を非難した。一方ゲルシュコビッチ氏のほか、ウォール・ 全文をよむ

  • 2023-04-22
  • al-Quds al-Arabi紙

ロシア:米国および国連加盟45か国がロシアによるメディア脅迫を非難(1)

■米国および国連加盟45か国がロシアによるメディア脅迫を非難      【ロンドン:本紙】      米国とその他国連加盟国45か国はマスメディアを脅迫したことに関してロシアを非難し、同国政府に対して「政治的理由によって拘束されている」全てのジャーナリストを解放することを要求した。      米国のリンダ・トマス・グリーンフィールド大使は、英国、フランス、ドイツ、日本、韓国、ウクライナ、スイスを含む45か国が支持する声明を次のように読み上げた。「我々はロシアがウォール・ストリート・ジャーナルのジ 全文をよむ

  • 2023-04-22
  • al-Quds al-Arabi紙

ラバト:スウェーデンでモロッコ人家族から子供が引き離される(2)

モロッコ外務省はさらに続けて、「問題の根源は、近年スウェーデンに移住したかなりの数の人々が、子育ての根本的違いやカルチャーギャップに加えて、スウェーデンの法律や同国が重要視する子どもの権利を理解していないことにあるのは明らかである」と述べた。      また、「スウェーデン外務省は、政府が故意にアラブ人やムスリムのコミュニティーの子供を家族から引き離しているとするすべての告発を否定した。そして、引き離しは移民の家族に限られたことではなく、子供への虐待が認められたスウェーデン社会のすべての家族に行 全文をよむ

  • 2023-04-04
  • al-Quds al-Arabi紙

ラバト:スウェーデンでモロッコ人家族から子供が引き離される(1)

■ラバト:スウェーデンでモロッコ人の子供2人がそれぞれの家族から引き離される      【ラバト:アナドル通信社】      モロッコ外務省は火曜日、スウェーデンで、モロッコ人の子供2人がそれぞれの家族から社会福祉局によって引き離されたことを確認した。      これは、野党の公正発展党の議員団が提出した、「スウェーデンのモロッコ人コミュニティーが受ける法の名のもとに行われる差別、子供の誘拐とキリスト教徒や同性カップルの家族への預け入れという苦しみ」について、また、それらの外交活動への影響につい 全文をよむ

  • 2023-04-04
  • al-Quds al-Arabi紙

ラマダーン:グテーレス事務総長が語る、国連と共通するイスラームのメッセージ(3)

■国連事務総長、より公正な世界の確立にむけてラマダーン月の価値観にインスピレーションを得るよう呼びかけ      【np:本紙】      同氏はこの寛大さは高貴なるクルアーンが悔悟の章のなかで次のように語ったことの現代的な表出であると付言した。「多神教徒のなかにあなたに保護を求める者があれば、その者がアッラーの御言葉を聞けるよう保護し、安全な場所に送り届けてやりなさい。これは彼らが、(神の教えを)知らない民であるため」。      同氏は「この保護は信者にもそうでない者にも同様に与えられるもの 全文をよむ

  • 2023-03-22
  • Al-Ahram紙

イスラーム:グテーレス事務総長が語る、国連と共通するイスラームのメッセージ(2)

■国連事務総長、より公正な世界の確立にむけてラマダーン月の価値観にインスピレーションを得るよう呼びかけ      【np:本紙】      今月、国連総会は「イスラム恐怖症(イスラモフォビア)と闘う国際デー」の制定1周年を記念するハイレベルイベントを開催した。グテーレス氏はイベントのスピーチのなかで、イスラーム恐怖症を「毒」であると表現した。さらに同氏は、世界で約20億人にのぼるイスラーム教徒が、「そのあらゆる多様性において人類を具現化する存在」であるとし、彼らは世界の隅々にルーツを持つものの、 全文をよむ

  • 2023-03-22
  • Al-Ahram紙

国連:グテーレス事務総長が語る、国連と共通するイスラームのメッセージ(1)

■国連事務総長、より公正な世界の確立にむけてラマダーン月の価値観にインスピレーションを得るよう呼びかけ      【np:本紙】      アントニオ・グテーレス国連事務総長は、より公正な世界の確立に向けて、ラマダーン月の価値観にインスピレーションを得るよう呼びかけた。グテーレス氏は聖なるラマダーン月の開始に際して世界中のイスラーム教徒に心からの祈願を送り、国連のメッセージも同じように対話の促進と団結、平和を目的としていると強調した。      国連情報センターによると、同氏は今回の特別メッセー 全文をよむ

  • 2023-03-22
  • Al-Ahram紙

シリア:オーストラリアの慈善団体からラタキア県にトラック4台分の支援物資が到着

■オーストラリアの慈善団体「世界中のイスラーム教徒」からラタキア県に、トラック4台分の支援物資が到着…代表者は「今後も複数回にわたる支援の計画がある」と表明      【シリア国営通信】      今日、オーストラリアの慈善団体である「世界中のイスラーム教徒」(MATWプロジェクト)から、シリアの地震に被災した人々のために提供された救援物資を載せたトラック4台がラタキア県に到着した。      同団体の組織代表を務めるマフムード・イスマーイール氏が本紙の特派員に伝えたところによると、同団体のボラ 全文をよむ

  • 2023-02-17
  • その他紙

米国:Twitter社が英米で家主から家賃滞納で訴えられる(2)

■家賃滞納がTwitter社を裁判沙汰にさらす      【サンフランシスコ:諸通信社】      金曜日にカリフォルニア州の最高裁判所に提出された訴状によると、サンフランシスコのTwitter本社が入居しているビルの家主は、同社を1月分の賃料未払いで訴訟を起こした。      ビルのオーナー会社(SRI Nine Market Square、以下SRI)は、「Twitter社が1月の月額賃料と追加賃料合わせて340万ドルを支払わず、賃貸契約に違反した」と述べた。      2011年からSRI 全文をよむ

  • 2023-01-25
  • その他紙

米国:Twitter社が英米で家主から家賃滞納で訴えられる(1)

■家賃滞納がTwitter社を裁判沙汰にさらす      【サンフランシスコ:諸通信社】      Twitter社がサンフランシスコの本社と英国オフィスの家賃未払いで、それぞれの家主から訴訟を起こされた。      今回の訴訟はSNSプラットフォームのオーナーで、現在極端なコスト削減に取り組んでいる富豪イーロン・マスク氏にとって新たな法的問題である。カリフォルニア州の裁判所に提出された訴状によると、Twitter社はサンフランシスコの本社の賃料を滞納しているとして提訴されている。      一 全文をよむ

  • 2023-01-25
  • その他紙

エジプト:COP27にて新たなスタートを切った

■オマーン持続可能会議出席中の環境庁CEO:COP27は次のサミットへのロードマップの新しい始まりである。      【n.p.:本紙】      アリー・アブー・スンナ環境庁最高執行官(CEO)は、ヤーサミーン・フアード環境大臣の代理として、オマーンで開かれている環境の持続可能性に関する会議に出席した。会議は、今月1月16日から19日にマスカットにて行われている。オマーンのヤザン・ビン・ハイサム・ビン・ターリク・アール・サイード文化・スポーツ・青年大臣が開会を宣言し、アラブ世界から環境問題に関 全文をよむ

  • 2023-01-17
  • Al-Ahram紙

ウクライナ:ロシアがソレダル制圧を宣言 ウクライナ側は抵抗中と主張

■ウクライナ:ソレダル近郊で激しい戦いが続く…ロシア側は捕虜交換の合意を否定する      【ロンドン:本紙、諸通信社】      ウクライナ東部の町ソレダル近郊では、昨日も激しい戦いが続き、ウクライナ軍は状況を「困難」と表現した。      ウクライナ国防省ハンナ・マリャル国防次官は記者会見で、「ウクライナ軍は東部ソレダルで戦いを続けているが、ロシア軍との激しい戦闘で状況は困難である」と認めた。そのうえで「ソレダルでは今日(木曜日)も依然として熾烈な戦いが続いている。厳しい状況だがウクライナ軍 全文をよむ

  • 2023-01-13
  • al-Quds al-Arabi紙

アルジェリア:マクロン仏大統領、アルジェリアとの関係について言及(2)

■マクロン大統領、フランスの植民地支配に対する「許し」をアルジェリアに求めることを拒否      【パリ:本紙】      「この事柄は常に難しい。このように言い表して構わないのであれば、これはまさに綱引きである。アルジェリアについて話すことはリスクが非常に大きいが必要なことである。それが難しい理由は、これがすべての人にとって身近なテーマであるからである。今もなおフランス国内の多くの人々にとってこれは内的な問題であり、しかし同時にアルジェリアや歴史に向けた外的な問題でもあり続けている。アルジェリ 全文をよむ

  • 2023-01-12
  • al-Quds al-Arabi紙

アルジェリア:マクロン仏大統領、アルジェリアとの関係について言及(1)

■マクロン大統領、フランスの植民地支配に対する「許し」をアルジェリアに求めることを拒否      【パリ:本紙】      フランスの「ル・ポワン」誌は、エマニュエル・マクロン大統領との長時間にわたる対談の記事を掲載した。マクロン大統領は対談中、アルジェリア人で同誌のコラムニストであるカマール・ダーウド氏の質問に答えた。対談は過去の記憶、認識、許し・寛容、国外避難の権利、フランコフォニー、ヒジャーブの着用、イスラーム主義といったテーマを軸に展開された。これらのテーマはしばしばフランス政府・アルジ 全文をよむ

  • 2023-01-12
  • al-Quds al-Arabi紙

過激派:「過激派」の第6次ネタニヤフ政権がもたらす危機と国際社会の反応(6)

■イスラエルの歴史上最も過激な政権がもたらす危機!      【アブドゥッラー・ハリーファ・シャーイジー:本紙】      過激主義の暴走を阻止し抑制する立場をとることを求める、国際社会や、米国をはじめとする影響力のある国々の真摯かつ抑止的な態度がなければ、未来はパレスチナ問題や中東地域全体における安全保障状態にとってより悪いものとなり、より危険性の高いものとなるだろう。      特にネタニヤフ首相の過激派政権は仮面を脱ぎ捨て、イスラエルの醜く過激な素顔を露わにした。そして絶え間ない緊張化や鉄 全文をよむ

  • 2023-01-08
  • al-Quds al-Arabi紙

ネタニヤフ:「過激派」の第6次ネタニヤフ政権がもたらす危機と国際社会の反応(5)

■イスラエルの歴史上最も過激な政権がもたらす危機!      【アブドゥッラー・ハリーファ・シャーイジー:本紙】      パレスチナの領土に対するイスラエルの占領に関して国際司法裁判所に法的意見の提示を求めるパレスチナ国連大使の決議案に対し、国連総会の193か国のうち87か国が支持を表明した。これを受けてイスラエルはパレスチナ当局に対し、報復措置をもって応じた。この決議案には87か国が賛成したが、占領の確立および支援に対して最も支持的な二か国である、米国とイギリスをはじめとする26か国が反対し 全文をよむ

  • 2023-01-08
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:ひと月あたり平均5人の子供たちが殺害されている

■ユニセフ:シリアとイエメンの出来事で約4万人の子供の命が失われた   ■中東では10人以上の子供たちが毎週殺されている。      【ガザ、諸首都:本紙】      年の瀬になってもなおパレスチナの子供達の殉教や負傷が続いている。今年の初めから61人のパレスチナの子供たちが殉教しており、これは1ヶ月あたり5人の割合となる。      直近で亡くなったのはジャナー・ザカールナという女の子だった。彼女は昨日(11日)両親の家の屋上にいたところをイスラエル軍に狙撃され殉教した。なお、これは子供と紛争 全文をよむ

  • 2022-12-12
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:アレキサンドリア県で国際障害者デーのイベントが開催される

■アレキサンドリア県が国際障害者デーを祝して例年のイベントを開催      【エジプト:本紙】      アレキサンドリア県のムハンマド・シャリーフ知事(少将)は土曜日、2022年の国際障害者デーを祝して例年のイベントを開催した。これはアレキサンドリア国際競技スタジアム内で、「市民社会と障害者法の成果」という題目のもとで行われた。      同イベントは社会連帯省およびアレキサンドリア県による後援に加え、市民社会組織による協力のもとで実施された。      シャリーフ氏は「障害者のためにアレキサ 全文をよむ

  • 2022-12-10
  • Al-Ahram紙

モロッコ:アラブ諸国とイスラエルが共存に向けた会議に参加

■アラブ諸国とイスラエルがモロッコでの共存のための大会に参加      教育と共存のための大会の議事が月曜日、アラブ諸国とイスラエルが参加するなか、「地域の市民に国交回復の利点を示すことを目指して」、モロッコで開幕した。      この大会は、N7の主催で、大西洋評議会とジェフリン・M・タルピンス基金が協力、首都ラバトで12月5日から7日にかけて議事が続けられる。大会には、サウジアラビア、ヨルダン、エジプト、バハレーン、アラブ首長国連邦、アメリカ、イスラエルがそれぞれ参加している。      N 全文をよむ

  • 2022-12-06
  • al-Quds al-Arabi紙

バーレーン:イスラエル大統領初の公式訪問とバーレーン国民の抗議(2)

■イスラエル大統領のバーレーン訪問に対する国民の拒絶と公式レセプション      【ナザレ:本紙】      「イスラエル政体との国交正常化に抗議する全バーレーンイニシアチブ」は、ヘルツォグ大統領のマナーマ訪問について以下のように述べた。「アラブ・イスラエル紛争の『壁』の新たな亀裂であり、我々バーレーン国民、すなわち敵との正常化を拒否し、この敵をパレスチナの地の強奪者であり、パレスチナ人民の殺人者とみなす者にとっての侮辱である。」また同イニシアチブは以下のように強調した。「バーレーン国民は、74 全文をよむ

  • 2022-12-04
  • al-Quds al-Arabi紙

バーレーン:イスラエル大統領初の公式訪問とバーレーン国民の抗議(1)

■イスラエル大統領のバーレーン訪問に対する国民の拒絶と公式レセプション      【ナザレ:本紙】      国民の抗議と並行して、抱擁やレッドカーペット、イスラエル国歌「ハティクヴァ(希望)」で出迎える公式レセプションが行われるなか、イスラエルのイツハク・ヘルツォグ大統領が日曜日(4日)、バーレーンの首都マナーマに到着した。イスラエルの大統領が湾岸諸国に訪問するのはこれが初めてである。      また、経済関係の推進と強化のための試みとして、月曜日(5日)の朝にはアラブ首長国連邦に移動し、ムハ 全文をよむ

  • 2022-12-04
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:トルコの連立与党党首がシリアとの首脳会談を呼びかける

■スィースィー大統領との対談を受け…、公正発展党の同盟者であるバフチェリ氏はエルドアン大統領にアサド大統領との会談するよう呼びかける      【アンタキヤ:ワーイル・イサーム、本紙】      トルコの与党の公正発展党(AKP)の同盟者である民族主義者行動党のデヴレト・バフチェリ党首は、注目すべき声明のなかで、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領とシリア政府のバッシャール・アサド大統領の対談を呼びかけた。バフチェリ党首によるこの呼びかけは、カタールで開催されている2022 FIFA 全文をよむ

  • 2022-11-23
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:エネルギー危機と気候変動への適応計画にはつながりが不可欠

■COP27に関して—フアード:エネルギー危機と気候変動への適応計画の間にはつながりがなくてはならない      【シャルム・エル・シェイク:ディナー・マラーギー】      エジプトの環境大臣ヤスミン・フアード博士は以下のように述べた。エネルギー危機の状況下において、変化する外的要素に適応する計画の実行を保証しなくてはならない。エジプトでは国家エネルギー戦略と持続可能な開発のための特定の国家貢献計画と国家戦略との間に包括的なつながりを強く求めており、エネルギー・ミックスの設定と二酸化炭素の排出 全文をよむ

  • 2022-11-15
  • Al-Ahram紙

気候変動による損害を被る発展途上国

■気候変動がもたらした損害への補償…発展途上国だけが犠牲となる      【イスタンブール:アナトリア通信】      90年代以来、発展途上国は、自国の経済や生物多様性に影響を及ぼした気候変動への対策に貢献するよう、豊かな工業国に対し支援を要求してきた。      多くの国々が砂漠化や気候変動対策、ぜい弱な経済の強化のために資金援助を提供したにも関わらず、それらは依然として狭い範囲にとどまり、途上国の需要に対して十分なものとはならなかった。      2015年にフランスで開催された国連気候変 全文をよむ

  • 2022-11-13
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:ウクライナから再び避難したシリア人の複雑な未知の運命

■ウクライナでの戦争から逃れるシリア人たち…知られざる避難の物語      【n.p.:本紙】      2月24日のロシアによる侵攻に先立って、自国での戦争を理由として、ウクライナで一端は一時保護を得たものの、再び同国からの避難を余儀なくされたシリア人たちは、生活を再開する安全な場所を見つけるために欧州連合(EU)内の第三国に向かうになかで、複雑な未知の運命に直面している。      国連難民高等弁務官(UNHCR)によると、ロシアの侵攻で、700万人以上がウクライナから逃れた。その大多数は、 全文をよむ

  • 2022-11-06
  • al-Mudun紙

モロッコ:フランスとの対立が深刻化、フランスの展覧会で「モロッコのない世界地図」が公開

■ラバトとパリの危機に並行して…フランスの展覧会で「モロッコのない世界地図」を公開      【ロンドン:本紙、フセイン・マジドゥビー】      モロッコとフランスの関係は、想像以上に深刻な局面を迎えている。復讐の性質を持つ行為が起こることもあれば、およそあり得ない行動が起こることもある。最近モンペリエ市で開催された展示会では、「モロッコのない世界地図」が公開された。      この点からも、モロッコとフランスの関係が危機的状況であることは、もはや秘密ではなく公然に事実だ。両国の関連当局からは 全文をよむ

  • 2022-10-23
  • al-Quds al-Arabi紙

米バイデン政権が国家安全保障戦略において対中東外交指針を表明

■これらが米国の中東に関する国家安全保障戦略の要項である      【ワシントン:本紙】      米国の国家安全保障戦略は、中東における緊張拡大の停止と同地域における経済統合を呼びかけ、また米国の外交政策が武力行使に依存することに異議を唱えた。      ジョー・バイデン米大統領の政権が国家安全保障に関して提示したこの戦略は、以下の点において同国の政策の後進性を認めた。すなわち、同政策は米軍を中心として展開され、非現実的な武力と体制転換に対する信仰や意図しない結果に基づいており、持続的な成果を 全文をよむ

  • 2022-10-17
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:エジプト大使はCOP27への準備についてモーリタニア環境大臣と協議

■エジプト大使がモーリタニアの環境大臣とヌアクショットでシャルム・エル・シェイクサミットの準備について協議      【中東通信社】      ハーリド・ユースフ駐モーリタニアエジプト大使とモーリタニアのラリヤ・カマラ環境大臣はヌアクショットでの会談し、気候変動枠組条約締約国会議(COP27)への準備について再確認した。      ハーリド・ユースフ大使は、会議で、エジプトは気候変動問題を非常に重要視しており、この(気候変動という)現象に立ち向かうため先進国が技術移転と資金提供、発展途上国の能力 全文をよむ

  • 2022-10-15
  • Al-Ahram紙

チュニジア:外務大臣がイタリアとの協力関係の強化を保証

■チュニジアの外務大臣、イタリアとの協力強化の用意があると断言      【チュニジア:中東通信社】      チュニジアのオスマン・ジュランディ外務・移民・在外チュニジア人大臣は、チュニジアとイタリアの古くからの強固で深い信頼関係を強調した。ジュランディ大臣がイタリアのファブリツィオ・サッジョ新大使から信任状の写しを捧呈された時の発言である。      ジュランディ大臣は改めて、イタリアとの協力関係強化の用意があると表明した。そして、国家間の連帯、統合、相互利益に基づく包括的な戦略の枠組みで、 全文をよむ

  • 2022-10-14
  • Al-Ahram紙

アラブ諸国:西側諸国からの武器・弾薬購入が困難になる中で増すトルコの存在感(2)

■ウクライナ戦争が原因でアラブ諸国は西側諸国からの弾薬の入手に頭を悩ませる…トルコが代替先に      【ロンドン:本紙】      フランスの『ル・モンド』紙やスペインの『エル・パイス』紙のような欧州の論壇では、欧州の軍隊が現在頭を悩ませている大きな困難について指摘されている。それは、爆弾やミサイルといった軍需品の在庫が限られていることだ。そのため、複数の欧州諸国がウクライナに対して出し惜しみをして、限られた軍事支援のみを提供しているのだ。      EUの報告書は、既に欧州諸国における軍事物 全文をよむ

  • 2022-10-05
  • al-Quds al-Arabi紙

アラブ諸国:西側諸国からの武器・弾薬購入が困難になる中で増すトルコの存在感(1)

■ウクライナ戦争が原因でアラブ諸国は西側諸国からの弾薬の入手に頭を悩ませる…トルコが代替先に      【ロンドン:本紙】      世界中の多くの国、特にアラブ諸国は、数年前に結んだ武器契約の履行が遅れていることに頭を悩ませている。また、ロシア・ウクライナ戦争の戦況が悪化し、各国が自国の軍事物資の保護を決定する中で、新たな契約を結ぶのは非常に難しくなるだろう。例外的なのはトルコで、武器輸出国としての地位を確保したいと願っている。      UAEやサウジアラビア、アルジェリア、モロッコ、エジプ 全文をよむ

  • 2022-10-05
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:大統領府が昨今激化するイスラエル側の攻撃に関する公式声明を発表

■パレスチナ大統領府「イスラエルはパレスチナ人の生命を軽視している」      【ラーマッラー:DPA通信】      パレスチナ大統領府の公式スポークスマンであるナビール・アブー・ルディーナ氏は水曜日、イスラエルが「パレスチナの人々の生命を軽視しており、激化政策を継続することで治安と平穏を犯している」と述べた。      同氏は今日の報道発表で、「このイスラエルの危険なエスカレーションは、イスラームとキリスト教の聖地、ジェニン、あるいはパレスチナのその他の被占領地といったいずれの場所でなされる 全文をよむ

  • 2022-09-28
  • al-Quds al-Arabi紙

レバノン:イスラエルとの領海画定交渉が最終段階に突入

■レバノン大統領がイスラエルとの領海画定の交渉が最終段階に入ったことを伝えた。      【ベイルート:本紙】      レバノンのミシェル・アウン大統領は、レバノン南部の領海を画定する交渉が最終段階に入ったことを伝えた。そしてこの画定により、レバノンの排他的経済水域内における指定された鉱区でガスや石油を採掘する権利が確保されると明らかにした。      アウン大統領は、「アメリカの仲介役であるアモス・ホシュタイン氏と、境界画定プロセスに関連する技術的な詳細部分をめぐってやりとりを続けている」と 全文をよむ

  • 2022-09-19
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:イスラエルの首脳陣はトルコとバーレーンの首脳と会合へ(2)

■ラピド首相は国連にてエルドアン大統領と会談   ■ヘルツォーク大統領とバーレーン国王の会合はマナーマでの開催で調整      【ガザ:本紙】      また先週末、占領下のエルサレムにてアラブ首長国連邦のアブドゥッラー・ビン・ザーイド外相と面会した際、ヘルツォーク大統領は「世界はアブラハム合意を畏怖と敬意の念を持って見ており、その中で新たな中東が作られ、前進するのだと考えている」と述べた。      パレスチナ人からの怒りに直面したそれらの合意を強化するため、外務・国際協力省のドバイ事務所長は 全文をよむ

  • 2022-09-18
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:イスラエルの首脳陣はトルコとバーレーンの首脳と会合へ(1)

■ラピド首相は国連にてエルドアン大統領と会談   ■ヘルツォーク大統領とバーレーン国王の会合はマナーマでの開催で調整      【ガザ:本紙】      イスラエルは、ヤイル・ラピド首相とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の会合を次の火曜日(20日)に開くと発表した。また同時に、イツハク・ヘルツォーク大統領によるバーレーン訪問の調整が行われているとした。その訪問が行われれば、2020年に結ばれたアブラハム合意によって二国間関係が正常化して以降初めて、イスラエルの元首がマナーマを訪れ 全文をよむ

  • 2022-09-18
  • al-Quds al-Arabi紙

カタール:タミーム首長とスィースィー大統領が3つの了解覚書に署名

■タミーム首長とスィースィー大統領の会談は3つの二国間了解覚書に署名して終了      【カイロ:本紙】      カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長はエジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領と水曜日(14日)、二国間関係や共通の関心事である現状の地域・国際問題について協議した。      本協議は、タミーム首長がスィースィー大統領とドーハの首長府で会談した際に行われた。エジプト大統領府によると、エジプトとカタールは3つの了解覚書に署名し、そのうちのひとつはエジプ 全文をよむ

  • 2022-09-14
  • al-Quds al-Arabi紙

イラク:韓国がイラク南部の水不足・塩害対策に向けた財政支援(2)

■韓国がイラク南部の水不足・塩害問題に対処するためWFPに100万米ドル相当の支援      【バグダード:本紙】      ソン・スチェ駐イラク・韓国大使は記者会見で次のように述べた。「韓国政府は、過去数十年にわたり、イラクとその国民を支援してきた。また、イラクの南部地域でもっとも支援を必要としている人々に支援を届けてきた経験を持つ世界食糧計画とパートナーシップを結ぶことは、私にとって光栄であり、喜びだ。我々のパートナーシップは同様に、必要なインフラを整備することで社会を支援することにも貢献し 全文をよむ

  • 2022-09-13
  • al-Quds al-Arabi紙

イラク:韓国がイラク南部の水不足・塩害対策に向けた財政支援(1)

■韓国がイラク南部の水不足・塩害問題に対処するためWFPに100万米ドル相当の支援      【バグダード:本紙】      国連世界食料計画(WFP)は、韓国政府から100万米ドルの支援を受けた。この支援は、イラク南部で塩害の影響を受ける地域において、持続可能な農業生産を促進することを目的とした回復力構築活動の実施支援に貢献することを目指したものである。      この金額は、各地域社会が水不足および土壌塩分に対応するのを助けるメカニズムを通じて、約4,000人の小規模農業従事者に加え、彼らの 全文をよむ

  • 2022-09-13
  • al-Quds al-Arabi紙

アルバニア:イランによる再びのサイバー攻撃を非難

■アルバニアはイランが新たなサイバー攻撃を行ったと非難      【ベオグラード:アナトリア通信】      アルバニアのエディ・ラマ首相は土曜日(10日)、同国に対してイランが新たなサイバー攻撃を行ったと非難した。同首相はSNSを通して、「イランがアルバニアの総合情報管理システム(TIMS)を標的に、サイバー攻撃を実行した。」と語った。      そして、「今回サイバー攻撃を行った者は今年7月にサイバー攻撃を実行した人物と同一人物である」とし、「アルバニアの友好国や同盟国はこの人物は既に特定し 全文をよむ

  • 2022-09-11
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:西岸でイスラエル軍の発砲により18人の死傷者が発生

■ヨルダン川西岸地区での占領軍の銃撃によりパレスチナ人1人が死亡、17人がけがを負う      【ラマッラ:本紙、諸通信社】      パレスチナ保健相は木曜(8日)、ヨルダン川西岸地区中央部に位置するラマッラ・ビーレ県バイティーン村でイスラエル占領軍の銃撃により市民1人が殺害されたと発表した。また、犠牲者の身元は未だ不明であると続けた。      一方、イスラエル軍はパレスチナ人が兵士をハンマーで襲撃したことを受けて、その人物を殺害したと主張した。さらに、(ラマッラ北部)バイティーン村の近くで 全文をよむ

  • 2022-09-08
  • al-Quds al-Arabi紙

アルジェリア:「暖かい冬」を求めて欧州の要人が続々とアルジェリアを訪問(2)

■ロシアによる「凍結」に対して…「暖かい冬を求めて」欧州はアルジェリアに「上陸」      【アルジェ:本紙】      さらに、8月の最終週にはルクセンブルクのジャン・アセルボーン外相がアルジェリアを訪問した。ルクセンブルクは、国土は小さいもののEUで活発に活動する国だ。外務省の声明によると、外相はテブン大統領およびラマムラ外相と会談を行い、今後の地域的・国際的な出来事を見据え、二国間協力や現在の問題についての対話・調整の強化といった優先分野について確認し合ったという。      一方、スペイ 全文をよむ

  • 2022-09-06
  • al-Quds al-Arabi紙

アルジェリア:「暖かい冬」を求めて欧州の要人が続々とアルジェリアを訪問(1)

■ロシアによる「凍結」に対して…「暖かい冬を求めて」欧州はアルジェリアに「上陸」      【アルジェ:本紙】      天然ガス危機によってアルジェリアは欧州諸国の大きな関心の的となった。ロシアと西側からの支援を受けたウクライナとの激しい戦争が続き、ロシア政府は自国と欧州とをつなぐ天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム」を完全に閉鎖することで実質的に輸出の「凍結」延長を決定する中で、欧州諸国はあらゆる方法でロシア依存からの脱却を模索しているからだ。      ここ数日、欧州の政府高官らが(ア 全文をよむ

  • 2022-09-06
  • al-Quds al-Arabi紙

ヨルダン: 敬虔なヨルダン王子、ジュエリーデザイナーと結婚

■ヨルダン:ハーシム家の"敬虔な"王子 、"ブルガリアのジュエリーデザイナー"ミリアム・ガーズィー妃と結ばれる。      【ロンドン:本紙】      ヨルダンのガーズィー・ビン・ムハンマド王子が、婚約者であった新しい妃と結婚したとの発表から数時間後、世間で流布している情報によると、彼女は歴史と地理に精通しており、厳密には、スペインの大学を卒業した、貴石の選別と評価、貴石の宝飾品製造の専門家とのことである。      ガーズィー王子は王宮で最も傑出した顧問で、アブドゥッラー2世に個人的に最も近 全文をよむ

  • 2022-09-05
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:コプト正教会の総主教、エチオピア正教会の使節団を歓迎

■タワドロス2世総主教がエチオピア正教会の使節団を迎える。      【アミーラ・ヒシャーム】      タワドロス2世・アレクサンドリア総主教・聖マルコ管区総主教は、本日日曜日、カイロの総主教座で、エチオピア・テワヒド正教会のバリ府主教であるアブネ・ユースフ府主教を迎えた。      府主教には、数名のエチオピア正教の修道院長や輔祭、およびエジプトの歴史的、宗教的な観光地を巡っている多くの修道士や修道女が同行した。      〈コプト正教会とエチオピア正教会との関係〉      会合の冒頭、タ 全文をよむ

  • 2022-09-04
  • Al-Ahram紙

シリア:シリア人がドイツ国籍を取得した外国人の首位を占める (3)

■シリア人はドイツ国籍を取得した外国人の首位を占める…帰化の資格をもつ人々は50万人に      【本紙】      「統合と移住のためのドイツ諮問委員会」の上席研究員であるジャン・シュナイダー氏は「ドイツに帰化する資格を持つシリア人の数は449,000人に達した」としつつ、その要因として「彼らの良好な経済的統合、彼らの言語学習、国籍獲得に向けた彼ら自身の極めて強い意欲」を挙げた。      ネルボイエ記者によると、ドイツのウラフ・シュルツ政権下で、国籍の取得に関する法律の変更が計画されているこ 全文をよむ

  • 2022-09-01
  • al-Mudun紙

シリア:シリア人がドイツ国籍を取得した外国人の首位を占める (2)

■シリア人はドイツ国籍を取得した外国人の首位を占める…帰化の資格をもつ人々は50万人に      【本紙】      同紙のデルフィーヌ・ネルボイエ記者は「ドイツのアンゲラ・メルケル首相が、シリア人に対して自国への入国を許可する決定を行ってから7年後、ドイツ国籍を取得したシリア人の数は増加した」としつつ、「シリア人の間で統合にかかわる良好な兆候が増加するにつれ、この数にはさらなる上昇が見込まれる」と述べた。さらに「ドイツ国籍を取得したシリア人は2021年に19,100人に達し、その数は2020年 全文をよむ

  • 2022-09-01
  • al-Mudun紙

シリア:シリア人がドイツ国籍を取得した外国人の首位を占める (1)

■シリア人はドイツ国籍を取得した外国人の首位を占める…帰化の資格をもつ人々は50万人に      【本紙】      ドイツのアンゲラ・メルケル首相によって、数十万人のシリア人がドイツへ入国することを許可するとの決定がなされてから7年後、シリア人はドイツ国籍を持つ外国人移民のリストの首位を占めるようになった。      フランスの『ラ・クロワ』紙によると、帰化シリア人の数は記録的な上昇をみせ、トルコ人やポーランド人の数を超えるまでになった。同紙によると、今日では、シリア人こそがドイツ国籍を取得で 全文をよむ

  • 2022-09-01
  • al-Mudun紙

ラバト:モロッコのメディアが2026年W杯開催地決定問題を《再び》取り上げる

■クシュナー氏は回顧録で、2026年W杯開催地を決める投票でアラブ諸国がモロッコに投票しなかったと語る      【ラバト:アブドゥルアジーズ・ベナッボウ】      モロッコで最も読まれているスポーツ新聞『ムンタカブ』紙をはじめ、各メディアが、2026年FIFAワールドカップの開催地を決める最終投票で、多くのアラブ諸国がモロッコに反対票を投じた問題を再び話題にした。      ドナルド・トランプ前米大統領の娘婿で、最高顧問を務めたジャレッド・クシュナー氏の回顧録でこのことが言及されたためである 全文をよむ

  • 2022-08-31
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:5か国サミットの開催と対外債務問題(3)

■ビン・ザーイド大統領はエジプトでワッラーク島とナセルシティの行き詰っている協定について協議      【カイロ:本紙】      ≪行き詰った契約≫      火曜(23日)、エジプト大統領は日曜日に到着したUAEのムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領とヨルダン国王、バハレーン国王、そしてカーズィミー首相をエジプト北西部のエル・アラメイン空港で迎えた。      ムハンマド・ビン・ザーイド大統領にとって、今年5月に大統領職へ正式に就任してから初のエジプト公式訪問であり、エジプト 全文をよむ

  • 2022-08-23
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:5か国サミットの開催と対外債務問題(2)

■ビン・ザーイド大統領はエジプトでワッラーク島とナセルシティの行き詰っている協定について協議      【カイロ:本紙】      ≪協力≫      エジプト大統領府の報道官は、エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は「火曜(23日)、バハレーンのハマド・ビン・イーサー・アール・ハリーファ国王、ヨルダンのアブドゥッラー2世国王、UAEのムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領を、ニュー・エル・アラメインにある大統領宮殿に迎えた」と伝えた。      そして、エル・アラ 全文をよむ

  • 2022-08-23
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:5か国サミットの開催と対外債務問題(1)

■ビン・ザーイド大統領はエジプトでワッラーク島とナセルシティの行き詰っている協定について協議      【カイロ:本紙】      経済危機と未曾有のレベルにまで膨れ上がった対外債務のため、エジプト当局は経済セクターから撤退し、UAEおよびサウジアラビアの所有するファンドを筆頭とする外国企業に、エジプト政府が保有している株式を売却する方向に進んでいる。これは、債務の返済や利払いを行うための現金を調達するためだ。      エジプトがエル・アラメイン市で主催した5か国サミットは、エジプト政府が同国 全文をよむ

  • 2022-08-23
  • al-Quds al-Arabi紙

モロッコ:フランスとイスラエルに対し西サハラの主権について立場を明確にするよう求める(2)

■ムハンマド6世国王はフランスとイスラエルに対し、西サハラがモロッコ領だとする明確な立場を取るよう要求      【ロンドン、アルジェ:本紙】      新たなパートナー、つまりイスラエルとの関係について、モロッコは同国との一連の関係正常化を行ったが、それらは西サハラがモロッコ領であることを承認することを必要条件としている。しかしながら、イスラエルは現在に至るまで一切の明確な立場を取っていない。モロッコ駐在のイスラエル外交官デビット・ゴブリン氏は去年10月のスペインの通信社EFEとの対談の中で、 全文をよむ

  • 2022-08-22
  • al-Quds al-Arabi紙

モロッコ:フランスとイスラエルに対し西サハラの主権について立場を明確にするよう求める(1)

■ムハンマド6世国王はフランスとイスラエルに対し、西サハラがモロッコ領だとする明確な立場を取るよう要求      【ロンドン、アルジェ:本紙】      モロッコのムハンマド6世国王は「国王と国民の革命記念日」に際して国民へ向けた演説を行い、モロッコの新旧のパートナーに対して西サハラにおけるモロッコの主権について明確な立場を取るよう要求した。これは、この件に関して曖昧な立場を取るようになったフランスと、新たなパートナーとして分類されたものの、一連の関係正常化を経てもなお西サハラがモロッコ領だと承 全文をよむ

  • 2022-08-22
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:アサド政権が観光客誘致のために外国人ユーチューバーを動員していると報じられる

■シリア体制は観光客を誘致し国の復興を示すために外国人ユーチューバーを集める      【ワーイル・イサーム:本紙】      フランスの『リベラシオン』紙はレポートのなかで、シリア体制が、シリアが安全な国であると示すために外国人ユーチューバーらを雇用していると報じた。同紙はさらに、国境が再び開かれて以来、バッシャール・アサドによる「独裁的」体制のレトリックが隠されているシリアに渡航するユーチューバーが増加していることを明らかにした。      同レポートは、アサド体制がカメラを手にした観光客に 全文をよむ

  • 2022-08-22
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:アメリカとイギリスの議員団がエジプトの「広範囲な抑圧」を非難(2)

■イギリスとアメリカの複数の議員がエジプトの「広範囲な抑圧」を非難      【ニコシア:AFP】      現在、2人の人物が注目の的となっている。一人は政治活動家であり、エジプトとイギリス双方の国籍を持つ著名ブロガー、アラー・アブゥドルファッターフ氏である。彼は100日間以上にわたるハンガーストライキを行い、2011年に故ホスニー・ムバーラク元大統領を追放した「革命」で最も著名な人物の一人である。もう一人はカリーム・イナーラ氏である。彼は、イギリス人ジャーナリストのジェス・ケリー氏の夫で、「 全文をよむ

  • 2022-07-16
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:アメリカとイギリスの議員団がエジプトの「広範囲な抑圧」を非難 (1)

■イギリスとアメリカの複数の議員がエジプトの「広範囲な抑圧」を非難      【ニコシア:AFP】      イギリスとアメリカの議員約50名は、アメリカのジョー・バイデン大統領へ宛てた書簡の中で、エジプトのアブゥドルファッターフ・スィースィー大統領と土曜日(16日)にエジプトにおける「広範囲の抑圧」の問題について議論するよう呼び掛けた。      バイデン大統領は、土曜日にサウジアラビアで開かれる湾岸諸国との首脳会議に参加するが、そこに当該地域におけるアメリカの最大の同盟国の一つと見なされるエ 全文をよむ

  • 2022-07-16
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:UNRWAの金融セキュリティ・ネットワーク強化を訴えるデモ

■パレスチナ人は国際社会に対して、UNRWAに「金融セキュリティ」を拡充するよう呼びかけました。      【ガザ地区:アナトリア通信】      ガザ地区のパレスチナ人は火曜日、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の「金融セキュリティ・ネットワーク」を充実させることで、対象者に対するサービス提供を保証するよう国際社会に求めた。      これは、国連機関諮問委員会の会議が始まるのに合わせて、合同難民委員会(諸派、人民委員会、組合団体が参加)がガザ市のUNRWA本部の前で組織したデモで要 全文をよむ

  • 2022-06-14
  • al-Quds al-Arabi紙

トルコでのイスラエル人を標的としたイランの攻撃計画をイスラエルとトルコの治安当局が阻止

■ヘブライ語メディア: イスラエル治安当局は、イスラエルに対するイランの攻撃を阻止するようトルコ当局に要請      【ロンドン:本紙、諸通信社】      「イラン国営メディアによると、イラン革命防衛隊(IRGC)は、昨日、日曜日、任務中に空軍の将校が自動車事故で死亡したと発表した」と『アルジャジーラ』は伝えた。      この12年間、イランでは、多くの著名な科学者、軍人、政治家が暗殺されている。そして、この一連の暗殺にイスラエルが関与していると非難してきた。      一方、ヘブライ語メデ 全文をよむ

  • 2022-06-13
  • al-Quds al-Arabi紙

インド:預言者ムハンマドを侮辱した与党幹部へのアラブ・イスラーム諸国からの非難続く

■預言者ムハンマドへの侮辱…アラブ・イスラーム諸国の非難が続くなか、インドは侮辱を不当とみなし、イスラーム教徒青年を拷問した警官2人を逮捕      【n.p.:ジャズィーラ】      インドの与党インド人民党(BJP)の高官2人によるイスラームの預言者ムハンマドに対する侮辱的なコメントを批判するアラブ諸国および国際社会の反応が続いている。      パキスタンのシャバズ・シャリーフ首相は、自身のツイッター・アカウントでのツイートで、インドのイスラーム教徒に対する宗派主義的な暴力とヘイトの激化 全文をよむ

  • 2022-06-07
  • その他紙

オマーン:新油田発見で石油・ガス産業に明るい展望

■オマーンが新油田の発見を発表      【中東通信社】      オマーンのムハンマド・ビン・ハマド・ルムヒーエネルギー・鉱物大臣は、オマーン国内で操業する複数の石油会社が新たな油田を発見したと発表した。そして、これにより2、3年以内に、5万~10万バレル/日の生産量増加が見込まれると述べた。      ルムヒー大臣は、土曜日にオマーン通信社が出した公式発表で、「オマーンの原油およびコンデンセート(超軽質原油)の生産量を維持、あるいは今後の市場のニーズに応じて増加させるために、エネルギー・鉱物 全文をよむ

  • 2022-06-04
  • Al-Ahram紙

シリア:アメリカはウクライナでの戦闘に参加させるためダーイシュ戦闘員を教練

■ロシア:クルド民族主義勢力の刑務所からウクライナへ移送のため60名のダーイシュ戦闘員釈放      【n.p.:各出版社】      ロシア対外情報庁は、米国がウクライナでの軍事作戦に参加させるため、テロ組織のメンバーを傭兵として徴兵する取り組みを行っていることを明らかにした。そのうえで、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員をウクライナへ移送するため、シリアでクルド民族主義勢力が掌握する刑務所から、ロシアで禁止されているダーイシュの戦闘員約60名が釈放されたと指摘した。      ロシア対外情報省 全文をよむ

  • 2022-05-17
  • その他紙

カタール:イエメン西部沖の「セイファー」の整備に200万ドルを拠出

■カタールがイエメン沖に係留されている石油貯蔵積出施設「セイファー」の整備に200万ドルを拠出      【ドーハ:アナトリア通信】      カタールは、イエメン西部の沖合に係留されている浮体式石油貯蔵積出設備「セイファー」がもたらす脅威に対応するため、200万ドルを拠出すると発表した。      カタール通信社にとるよ、これは浮体式石油貯蔵積出設備「セイファー」整備のため、イエメンのドナー国らによるプレッジ会合においてナースィル・ビン・イブラヒーム・ランガーウィー駐オランダ・カタール大使が行 全文をよむ

  • 2022-05-12
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:ブリュッセル会議で誓約されたシリア国民支援金の額が現在までに60億米ドル以上に達する

■ブリュッセル会議:シリア国民支援に向けた60億米ドル以上の暫定誓約…復興支援のための資金提供はなし      【ダマスカス:本紙】      ベルギーの首都ブリュッセルで行われた「シリアおよび地域の将来の支援に関するブリュッセル会議」に参加した支援者たちは火曜日、「安全保障理事会と国連決議にのっとった政治的解決が達成されない限り」シリアの復興とインフラに対するいかなる資金提供の実施を拒否しながらも、シリア国民の支援のために60億米ドル以上を提示した。      欧州連合のジョセップ・ボレル外交 全文をよむ

  • 2022-05-10
  • al-Quds al-Arabi紙

イスラエル:ロシアのラヴロフ外務大臣のユダヤ人に関する発言は嘘であり、謝罪を要求する

■イスラエル:ラヴロフ外務大臣のユダヤ人に関する発言は嘘であり、謝罪を要求する      【ドバイ:アルアラビーヤ】      イスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領は、ナチスの指導者アドルフ・ヒトラーがユダヤ人にルーツを持ち、ネオナチが現在キーウを支配しているとするロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣の発言は「嘘」だと述べたうえで、ロシアの外務大臣に対して発言の撤回と謝罪を要求した。      イスラエルの『ハアレツ』紙が伝えたところによると、ヘルツォーク大統領は、「ロシアの外務大臣がそのよ 全文をよむ

  • 2022-05-04
  • その他紙

オマーン:第31回国際ジャーナリスト連盟(IFJ)の総会を開催

■オマーンは5月末に国際ジャーナリスト連盟(IFJ)の世界大会を開催する      【n.p.:本紙】      オマーン政府は、今月末に予定されている第31回国際ジャーナリスト連盟(IFJ)の「総会」を主催する。本会議には世界156カ国以上から約400人の代表者が参加する。      オマーンジャーナリスト協会(OJA)のムハンマド・ビン・ムバーラク・アリーミー会長は、火曜日の公式発表で、「中東で初めて開催されるこの会議は、オマーンの首都マスカットのオマーン・国際会議展示センターで、5月31日 全文をよむ

  • 2022-05-03
  • Al-Ahram紙

ウクライナ:ウクライナ軍の音楽隊がイスラーム教徒たちを祝福する楽曲を演奏(2)

■ウクライナ軍の音楽隊がイード・フィトルに際してイスラーム教徒を祝福する楽曲を演奏      【ステップ・ニュース・シリア】      ウクライナ軍は今日月曜日にあたるイード・フィトルに際して、聖歌「ああ、我々の長ムハンマドを祝福したまえ」を歌唱することによって数百万人のイスラーム教徒を祝福した。一方モスクワの大モスクでは、数千人のイスラーム教徒がイードの礼拝をおこなった。   Ukrayna Silahlı Kuvvetleri, Salavat-ı Şerif ile İslam alemi 全文をよむ

  • 2022-05-02
  • その他紙

ウクライナ:ウクライナ軍の音楽隊がイスラーム教徒たちを祝福する楽曲を演奏(1)

■ウクライナ軍の音楽隊がイード・フィトルに際してイスラーム教徒を祝福する楽曲を演奏      【ステップ・ニュース・シリア】      ウクライナ軍は今日月曜日にあたるイード・フィトルに際して、聖歌「ああ、我々の長ムハンマドを祝福したまえ」を歌唱することによって数百万人のイスラーム教徒を祝福した。一方モスクワの大モスクでは、数千人のイスラーム教徒がイードの礼拝をおこなった。   Ukrayna Silahlı Kuvvetleri, Salavat-ı Şerif ile İslam alemi 全文をよむ

  • 2022-05-02
  • その他紙

エルサレム:イスラエルが復活祭「聖火の奇跡」儀式への参列者らを妨害(4)

■ハンナー大司教:占領部隊は武器を持って聖墳墓教会に入った…ラマッラ:キリスト教徒の感情の軽視...数千人のパレスチナ人らが、敵の弾圧にもかかわらず、聖墳墓教会内で「聖火の奇跡」を祝った。      【諸通信社】      (3)に戻る      ワファー通信の報道によれば、パレスチナ外務庁は米国政権に対し、エルサレムおよび同地に存在するキリスト教・イスラム教両宗教の聖域への侵犯を停止するようイスラエル占領当局に圧力をかけることを要求したほか、礼拝者らを妨げる制限および障害を直ちに除去させるよう 全文をよむ

  • 2022-04-24
  • al-Watan紙

エルサレム:イスラエルが復活祭「聖火の奇跡」儀式への参列者らを妨害(3)

■ハンナー大司教:占領部隊は武器を持って聖墳墓教会に入った…ラマッラ:キリスト教徒の感情の軽視...数千人のパレスチナ人らが、敵の弾圧にもかかわらず、聖墳墓教会内で「聖火の奇跡」を祝った。      【諸通信社】      (2)に戻る      大司教はまた、占領軍が武器を持って聖墳墓教会に入りキリスト教徒および礼拝者を挑発したと指摘し、同軍の兵士らはキリスト教のもっとも重要な祝祭日に前代未聞の有様で礼拝者らを攻撃したと語った。      一方『フィラスティーン・ヤウム通信』は昨日土曜日、ハン 全文をよむ

  • 2022-04-24
  • al-Watan紙

エルサレム:イスラエルが復活祭「聖火の奇跡」儀式への参列者らを妨害(2)

■ハンナー大司教:占領部隊は武器を持って聖墳墓教会に入った…ラマッラ:キリスト教徒の感情の軽視...数千人のパレスチナ人らが、敵の弾圧にもかかわらず、聖墳墓教会内で「聖火の奇跡」を祝った。      【諸通信社】      (1)に戻る      一方「マヤーディーン・チャンネル」は、占領軍がキリスト教徒らの聖墳墓教会への自由なアクセスを妨げたと報じたうえで、1人の司祭が同教会へ向かう途中に攻撃されたと伝えた。また同チャンネルによれば、占領軍はエルサレムの広範囲に展開し、聖墳墓教会に向かうキリス 全文をよむ

  • 2022-04-24
  • al-Watan紙

エルサレム:イスラエルが復活祭「聖火の奇跡」儀式への参列者らを妨害(1)

■ハンナー大司教:占領部隊は武器を持って聖墳墓教会に入った…ラマッラ:キリスト教徒の感情の軽視...数千人のパレスチナ人らが、敵の弾圧にもかかわらず、聖墳墓教会内で「聖火の奇跡」を祝った。      【諸通信社】      国際社会の耳目の前で、陰謀さえ溶けこむ完全な沈黙のなか、イスラエル占領軍は昨日、「光の土曜日」に、礼拝者らが被占領地エルサレムにある聖墳墓教会に自由にアクセスすることを妨害した。同軍はバリケードの強化に取り組み、隊員らが広範囲に展開した。一方パレスチナ外務庁はこれらの行為を、 全文をよむ

  • 2022-04-24
  • al-Watan紙

パレスチナ:占領軍がアル=アクサー・モスクに突入し、礼拝者たちを包囲

■占領軍がアル=アクサー・モスクに突入し、礼拝者たちを包囲する…パレスチナ人の抵抗は次のように警告:全面的な対立が近づいている      【ガザ―エルサレム:本紙】      イスラエル占領軍は昨日の早朝、ここ2日間のなかで2回目となる、アル=アクサー・モスクへの突入を敢行した。さらに同軍は礼拝者たちを襲撃し、彼らのうちキブリー・モスクの内部に多くの人々を数時間にわたって包囲した。      一方パレスチナの諸派閥は、占領政体の誓約への信頼が欠如していることから、総動員の状態は継続されるだろう 全文をよむ

  • 2022-04-18
  • al-Quds al-Arabi紙

ロシア:刑務所がウクライナの外国人傭兵らを待っている

ロシアは日曜日、ウクライナにいる傭兵戦闘員らの行方を明らかにしたうえで、彼らを待っている最善の場は刑務所だと述べた。      ロシア国防省報道官のイゴール・コナシェンコフ少将は「ウクライナにやって来た傭兵らは、自身が戦闘員であることを立証していなくとも、待っているもっともふさわしい末路は長期間の禁固である」と述べた。      コナシェンコフ少将はまた、外国人傭兵が国際人道法に該当せず、適用されないとしたうえで、「彼らは、人を殺してカネを稼ごうとしてウクライナにやって来た。だから彼らを待ってい 全文をよむ

  • 2022-04-17
  • その他紙

シリア:教育省傘下のアラビア語教育センターが東京外国語大学の学生向けに2期目となるアラビア語コースを始動

■「非母語話者のためのアラビア語教育学院」が東京外国語大学アラビア語専攻の学生向けに2期目となるアラビア語コースを始動      【シリア国営通信】      シリア教育省が運営する「非母語話者のためのアラビア語教育学院」は今日、在日本シリア大使館による協力のもと、東京外国語大学アラビア語専攻の学生向けのアラビア語中級コース(2期目)のリモート授業を開始した。      非母語話者のためのアラビア語教育学院のヌジュード・アターッラー所長によると、同学院はこれに先立つ昨年10月6日から今年の1月中 全文をよむ

  • 2022-04-13
  • その他紙

モロッコ:ポリサリオ戦線が西サハラ自治計画を支持したスペインとの関係断絶を発表

■ポリサリオ戦線:スペインとの関係を断絶      【マドリード:ロイター通信】      西サハラの分離を要求しているポリサリオ戦線は今日日曜日、スペイン政府がかつての同国植民地に自治権を与えるというモロッコの計画を支持したため、スペインとの関係を断絶したと発表した。      スペインは、モロッコにとって不可分な領土の一部である西サハラをめぐって長期間にわたって続いている紛争を解決する方法として、自治計画への支持を表明した。      しかしアルジェリアから支援を受けているポリサリオ戦線は、 全文をよむ

  • 2022-04-10
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:エジプト内でひそかに起こる小麦をめぐる争い(2)

■在カイロ・ウクライナ大使館:ロシアは小麦を積んだ船のエジプトへの移動を妨害している      【カイロ:本紙】      さらに「ロシア海軍艦隊は商船による移動の自由を保障しているが、ウクライナ当局はそれらの出向を禁止している」と続けた。      エジプトは世界最大の小麦輸入国であり、エジプト中央公共動員統計局のデータによると、2020年には政府と民間部門、併せて約1,290万トンを32億米ドルの対価で輸入している。      ロシアは2021年の最初の11か月間にエジプトが小麦を輸入した相 全文をよむ

  • 2022-04-05
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:エジプト内でひそかに起こる小麦をめぐる争い(1)

■在カイロ・ウクライナ大使館:ロシアは小麦を積んだ船のエジプトへの移動を妨害している      【カイロ:本紙】      在カイロ・ウクライナ大使館は「ロシアが、カイロがキエフから購入した小麦を載せており、エジプトの港へ向かっている各船の動きを妨害している」と述べた。      同大使館は続けて、船舶「EMMAKRIS III」のウェブサイトへのリンクを公開した。同船はパナマの国旗を掲げ、ウクライナからエジプトへ小麦を輸送している。      一方在カイロ・ロシア大使館は、「(ロシアが、)小麦 全文をよむ

  • 2022-04-05
  • al-Quds al-Arabi紙

フランス:控訴院が「イスラーム軍」元報道官による控訴申請を却下(1)

■フランス司法当局がマジュディー・ニウマ被告による控訴を棄却      【スナック・シリアン・ドットコム】      パリ控訴院は、「イスラーム軍」の元報道官であり、「イスラーム・アッルーシュ」として知られるマジュディー・ニウマ氏による控訴を棄却し、拷問、戦争犯罪、誘拐といった罪状によって起訴されていた同氏への第一審判決を支持した。      パリ検事総長であるレミー・ハイツ氏はプレスリリースのなかで次のように述べた。「今日出された判決が定めるところによって、捜査本部は(検事総長の命令によって) 全文をよむ

  • 2022-04-05
  • その他紙

エジプト:不当な扱いを受けるスーダン人難民

■ヒューマン・ライツ・ウォッチ:エジプトで30人以上のスーダン人難民・亡命希望者が逮捕されたのちに強制労働にさらされる      【カイロ:本紙】      ヒューマン・ライツ・ウォッチは「エジプト警察は直近の12月、1月を通して、少なくとも30人以上のスーダン人難民・亡命希望者を恣意的に逮捕しており、彼らの一部は身体的暴力や強制労働にさらされている」ことを明らかにした。      同組織は声明のなかで、逮捕された全ての人々が「難民または亡命希望者としてUNHCRに登録され、起訴されることなくの 全文をよむ

  • 2022-03-29
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:イシュタイヤ首相、カタール首長にパレスチナ問題の展開について報告(2)

■イシュタイヤ首相はカタール首長にパレスチナ問題の展開について報告      【ラマッラ:アナトリア通信】      一方、カタール首長は、占領を終わらせ独立国家を樹立するというパレスチナとその国民の願望を実現するために自国が継続的に支援すること、およびパレスチナの立場を支持すること、「すなわちパレスチナ人が受け入れることをカタールも受け入れる」ことを確認した。      なお、同日、これに先んじて第20回ドーハ・フォーラムが2日間の日程で開幕した。      ドーハ・フォーラムは、世界中のオピ 全文をよむ

  • 2022-03-26
  • al-Quds al-Arabi紙

パレスチナ:イシュタイヤ首相、カタール首長にパレスチナ問題の展開について報告(1)

■イシュタイヤ首相はカタール首長にパレスチナ問題の展開について報告      【ラマッラ:アナトリア通信】      パレスチナ自治政府のムハンマド・イシュタイヤ首相は、土曜日、カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長に、最新のパレスチナ問題の展開について報告した。      パレスチナ首相府の声明によると、これは土曜日から2日間の日程で始まったドーハ・フォーラムの折に行われたという。      そして、イシュタイヤ首相が、パレスチナ問題の直面している困難と国際的な変化による影響に 全文をよむ

  • 2022-03-26
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:ウクライナ帰国留学生の編入申請の受付を開始

■ウクライナ帰国留学生のエジプト国内大学への編入に必要な書類の受付を開始      【ハーイディー・アイマン】      移民・在外エジプト人問題担当省は、高等教育・科学研究省の協力の下、閣議で承認された諸条件に則り、エジプトでの学業の修了や、エジプト国内の大学への編入を希望するウクライナからの帰国エジプト人学生に対する必要書類の受付を、月曜日(14日)から開始すると発表した。      これは、ウクライナ国内の大学で学ぶエジプト人学生の状況を調査し、エジプト国内大学への編入を希望する学生を支援 全文をよむ

  • 2022-03-14
  • Al-Ahram紙

ウクライナ:カタール首長がウクライナ大統領との電話会談のなかで「平和的・外交的な手段」による問題解決を呼びかけ

■タミーム首長とゼレンスキー大統領がウクライナ地域における最新の動向について電話協議      【ドーハ:アナトリア通信】      カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長は水曜日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領とウクライナにおける最新の動向について協議した。      この議論は、カタール首長が、先月2月24日以来ロシアによる軍事作戦が続いているウクライナの大統領から受けた(電話)連絡のなかで行われた。      カタール首長府は声明のなかで「協議のなかでは、ウ 全文をよむ

  • 2022-03-10
  • al-Quds al-Arabi紙

エジプト:ポルトガルから80万回分の新型コロナワクチンが提供される

■エジプトが、ポルトガル政府が提供するアストラゼネカ製ワクチン80万回分を受領      【カイロ:本紙】      エジプトは、アストラゼネカ製ワクチン80万回分の提供を受けた。このワクチンは、EU市民保護メカニズムのもと、ポルトガル政府から供給されたものである。      これは新型コロナウイルスに対抗するべく必要とされるワクチンを調達するために、全ての国家と協働しようとする国家的取り組みの成果である。      ワーイル・ナッジャール駐ポルトガル・エジプト大使は、今回の最終出荷分が到着した 全文をよむ

  • 2022-01-14
  • Al-Ahram紙

米国の有効求人数が1,056万件まで減少

■米国で利用可能な仕事の数は1,056万人に減少      【ワシントン:DPA】      今日火曜日に発表された経済データによると、米国における有効求人数は前月の1,091万件から52万9,000件減少し、1056万2000件に減少した。一方ブルームバーグ通信が取材した多くのアナリストは、その数は1,108万件まで減少するだけであると予測していた。      さらにブルームバーグ通信は、米国においてすでに占有されたポスト数と合わせた総ポスト数に対する有効求人数の割合が、昨年10月の7%から、 全文をよむ

  • 2022-01-05
  • al-Quds al-Arabi紙

アフガニスタン:アフガニスタン軍の崩壊を防ぐための米軍の試みの失敗

■ワシントン・ポスト:米国の空爆に関する新たな詳細とアフガニスタン軍の崩壊を防ぐための試みの失敗      【ワシントン:本紙】      金曜日に明らかになった複数のデータによると、ターリバーンの動きに対する米国の空爆は8月に過去に例を見ないほどのエスカレートを見せていた。これらの空爆は、武装勢力がアフガニスタンを制圧するとともに、同国軍が崩壊することを防ぐための米国による直近の試みの一環である。      ワシントン・ポスト紙によると、襲撃の波はターリバーン運動によってアフガニスタン国内の複 全文をよむ

  • 2021-12-10
  • al-Quds al-Arabi紙

ドイツ:DWは反セム主義的発言を行ったアラビア語部門の記者の業務を停止(1)

■「ドイチェ・ヴェレ」がSNS上でイスラエルを批判したコメントをしたとして、アビア語部門に務める4人の記者の業務を停止      【本紙、ハージル・ハルブ】      ドイツの複数のメディアは金曜(3日)、ドイツのラジオ局「ドイチェ・ヴェレ(DW)」に勤務する4人の記者が、「反セム主義」の疑いを調査する準備のために業務を停止された、と伝えた。      DWは、ドイツ紙の記事に含まれている非難について、独立した第三者による調査を行うと発表した。そして、ドイツ国外でDWと協力関係にある記者に加えて 全文をよむ

  • 2021-12-03
  • al-Quds al-Arabi紙

UAE:2023年に国連気候変動枠組条約締約国会議(COP28)を開催(2)

■アラブ首長国連邦が2023年に国連気候変動枠組条約締約国会議(COP28)を開催することが公式に発表      【UAE:本紙】      同国のアブドゥッラー・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン外務大臣兼国際協力大臣は、2023年に開催される国連気候変動枠組条約締約国会議の主催国に自国が選抜されたことに喜びを表した。特に、この選抜がなされた年度が同国にとってのゴールデン・ジュビリー(建国50周年)と一致したことは特筆に値する。      同大臣はさらに、気候変動の影響とそれによって引き起こさ 全文をよむ

  • 2021-11-12
  • Al-Ahram紙

UAE:2023年に国連気候変動枠組条約締約国会議(COP28)を主催(1)

■アラブ首長国連邦が2023年に国連気候変動枠組条約締約国会議(COP28)を開催することが公式に発表      【UAE:本紙】      国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局は、アラブ首長国連邦が2023年に開催される第28回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP28)を主催することを公式に発表した。      同会議は世界中の指導者やリーダーが参加し気候変動対策を議題とする最重要かつ最大の国際会議とみなされている。      UAE国営エミレーツ通信社は、この発表が2週間にわたって継 全文をよむ

  • 2021-11-12
  • Al-Ahram紙

シリア:シリア軍がトルコ軍の侵攻に備えてシリア北部における兵力を強化

■「ワタン紙」の消息筋:今後に向けての慎重な楽観主義は「シリア民主軍」の行動に依拠している…シリア軍はロシアとの演習地に選出された地域であるアイン・イーサーとサージュール―マンビジュ・ラインに沿って兵力を強化      【ダマスカス:本紙】      ユーフラテス川東西域というシリアの地理的範囲は、紛争当事者たちが実施する「動員政策」を通して徐々に戦場の様相を呈している。更なるシリア領土を占領するためのトルコの口実および軍事的手段を除去することを目的とした交渉によって暴きだされる政治的カバーへの 全文をよむ

  • 2021-11-07
  • al-Watan紙

モロッコ:スペインに対するイメージが他国と比べ最悪の水準に低下

■国際調査:モロッコにおけるスペインのイメージは世界のほかの国と比べてもっとも悪い      【マドリード:本紙】      スペインの公式戦略思考研究機関が実施した世論調査によると、同国はモロッコ人から否定的な評価を受けており、それは世界のほかの国(からの評価)と比べてもっとも悪い数値であった。それはジブラルタル海峡の両岸の人々がもつ世論の亀裂が深刻化していることを示している。      戦略思考研究機関「レアル・エルカノ」は昨今、世界の持つスペインへのイメージに関する研究を発表した。すなわち 全文をよむ

  • 2021-10-12
  • al-Quds al-Arabi紙

イエメン:アラブ連合軍がフーシー派の拠点を爆撃

■イエメン…アラブ連合軍がマアリブでフーシー派の武器庫を破壊      【イエメン:アナトリア通信】      イエメン軍は、アラブ連合軍の航空機が木曜日、同国中央部マアリブ県にあるフーシー派の武器庫を爆撃したと発表した。      イエメン軍は声明の中で、「正統支持連合(アラブ連合軍を指す)がマアリブ県西部のスィルワーフ地区にあるフーシー派民兵の武器庫および増援部隊を爆撃した」と述べたが、これ以上の詳細を明かすことはなかった。      この攻撃に関し、フーシー派とアラブ連合軍からのコメントは 全文をよむ

  • 2021-10-08
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア:政府軍がイドリブへ増援部隊を送る

■シリア軍がイドゥリブへ追加の増援部隊を送る   ■国連の代表団はトルコ政府がリビアの戦闘にシリア人傭兵を送っていることを確認      【ハマー:ムハンマド・アフマド・フッバーズィー/ダマスカス:本紙、諸通信社】      シリア軍は昨日(5日)、イドリブ県へ追加の応援部隊を送った。これは、近日中に行われるとされる同地域における大規模軍事作戦の準備の一環である。      シリア軍は兵員と装備を整えた追加の応援部隊をイドリブ南部郊外へ派遣しており、これは同地域で近日中に行われる大規模軍事作戦の 全文をよむ

  • 2021-10-06
  • al-Watan紙

パレスチナ:イスラエル軍がジャーナリストを釈放、同時に若者2人を逮捕

■イスラエル占領軍がパレスチナ人ジャーナリストを釈放、バイト・ラフムとエルサレムで若者2人を逮捕      【中東通信社】      占領政体イスラエルは火曜日の夕方、11か月間にわたって拘留していたパレスチナ人女性ジャーナリストを釈放した。また同時期、バイト・ラフム(ベツレヘム)県で少年1人とシャイフ・ジャッラーフ地区で青年1人を逮捕した。      ジャニーン囚人クラブのムンタスィル・サンムール会長は記者会見のなかで、ビーラ(アルビーラ)市出身のジャーナリスト、ブシュラー・タウィール氏が「ダ 全文をよむ

  • 2021-10-05
  • Al-Ahram紙

シリア:独立国際調査委員会「避難民たちがシリアに戻るのは時期尚早である」

■国際調査:避難民たちがシリアに戻るのは時期尚早である      【本紙】      シリアに関する独立国際調査委員会は、シリアにおいて現政権による民間人に対する弾圧は続いており、避難民たちが帰還するにはいまだ適切な時ではないとした。同委員会のメンバーであるカレン・カニング・アブザイド氏は、ジュネーブの国連人権理事会に提出したシリアの人権状況に関する46ページの報告書の中で「いかなる人にとっても、シリアが避難民の帰還に適した国であると考えるには適切な時ではない。シリアの民間人に対する戦争はいまだ 全文をよむ

  • 2021-09-24
  • al-Mudun紙

イラク:シリア・イラク国境地帯における人民動員隊の駐留が米国に与える影響

■イラク・シリア国境付近に駐留するPMF(人民動員隊)が米国政府を悩ませる      【本紙】      イラクのリヤール・バヤーティー議員は昨日、イラクとシリアの国境に滞在しているPMF(人民動員隊)軍の存在により、米国が非常に困惑していることを強調した。一方でチェコのパヴェル・イェリネク代議員議員は、米国による違法な介入がシリアやイラクを含む多くの国々を不安定化させていると発言した。      「ファトフ同盟」の代表者であるバヤティ氏は「マアルーマ通信」が引用した声明の中で「犯罪組織であるイ 全文をよむ

  • 2021-09-24
  • al-Watan紙

アフガニスタン:ジャララバード攻撃によって深まるターリバーンとイスラーム国の対立

■カタールの飛行機が米国人をカーブルから輸送。ターリバーンはジャララバード攻撃の実行者を追跡      【ロンドン:本紙】      イスラーム国が実行したと主張する、アフガニスタン東部ナンガルハル州のジャララバード市に対する一連の攻撃の後、ターリバーンは昨日月曜日に爆破の実行者らの追跡を始めたと発表した。一方米国は、カタール航空の飛行機が、21人の米国人および同国に永住権を持つ48人の外国人をカーブルから輸送したのち、カタール政府に対し感謝の意を示した。      ターリバーン暫定政府のザビフ 全文をよむ

  • 2021-09-21
  • al-Quds al-Arabi紙

リビア:100万人のエジプト人労働者が来月初旬に入国開始

■リビアの労働大臣:100万人のエジプト人労働者が来月初旬に入国を開始      【タラーブルス(トリポリ):アナトリア通信】      リビアのアリー・アービド労働大臣は、10月初旬から同国に100万人のエジプト人労働者が入国し始める予定であると発表した。      アービド労働大臣による発表は、政府代表団の一員としてエジプトを訪問したのちに帰国した同氏に向けられたインタビューの中でなされたものである。また同氏は「我々はエジプトと190億リビア・ディナール(4.24億ドル)相当の契約を結んだ」 全文をよむ

  • 2021-09-19
  • al-Quds al-Arabi紙

アフガニスタン:アフガニスタン国内のテロリスト集団に「不審な貨物」が輸送される(2)

■FOXニュース:UAEがアフガニスタンのテロリスト集団に「不審な貨物」を輸送      【ワシントン:本紙】      「(自国が)アフガニスタンにおける安定を呼びかけている」というUAEの主張にもかかわらず、「ウィキリークス」が発したアメリカの電信は、ターリバーンとハッカーニー・ネットワークがUAEを拠点とする複数の経済機関から資金を稼いでいることを明らかにした。      FOXニュースは、ハリール・ハッカーニー氏がUAEのドバイに渡航し、同氏がパキスタン、イランと中国で行った手法と同様に 全文をよむ

  • 2021-09-16
  • al-Quds al-Arabi紙

UAE:アフガニスタン国内のテロリスト集団に「不審な貨物」が輸送される(1)

■FOXニュース:UAEがアフガニスタンのテロリスト集団に「不審な貨物」を輸送      【ワシントン:本紙】      「FOXニュース」によると、米国の専門家たちはUAE(アラブ首長国連邦)が米軍の撤退後に「不明で極めて不審な貨物」をアフガニスタンに輸送したことを明らかにした。同局はまた、この貨物が同国内のテロリスト集団の手に渡ったことについても言及した。      FOXニュースの報告によると、米国はUAEからアフガニスタンに向かう不明瞭な航空便に関する報告を懸念していたという。同局はまた 全文をよむ

  • 2021-09-16
  • al-Quds al-Arabi紙

シリア、パキスタン:二国家間協力に向けた会議を実施

■シリア、パキスタンが両国間での協力強化に向けた会議を実施      【n.p.:本紙】      パキスタンのシャイフ・ラシード・アフマド内務大臣は昨日、在イスラマバード・シリア大使館のマーザン・アビード臨時代理大使と協議を行った。「SANA(シリア国営放送)」が報じたところによれば、友好国同士であるシリアとパキスタンの二国間協力を様々な分野において強化する方法について協議した。      アフマド大臣はシリア全土の治安や安全を維持するための内務省やそのほかの機関の職員の努力を称賛した。そして 全文をよむ

  • 2021-09-15
  • al-Watan紙

避難の混乱が拡大、「タリバン」はパンジシールへ戦闘員を派遣

■避難の混乱が拡大、「タリバン」はパンジシールへ戦闘員を派遣      【ロンドン:本紙、諸通信社】      アフガニスタンにおけるタリバンの権力掌握から1週間が経ち、危険な状況下で諸外国の避難活動は続いており、また、大きな混乱が市民たちの殺害を引き起こしている。      「タリバン」はパンジシール渓谷を制圧すべく「数百人の」戦闘員を同地に送っている。「パンジシールの抵抗勢力」のアフマド・マスウード指揮官は、タリバンとの平和的対話を望んでいると述べたが、戦闘を行う準備はできているとも強調した 全文をよむ

  • 2021-08-23
  • al-Quds al-Arabi紙

モーリタニア:チェス選手がイスラエル人選手との対戦を拒否

■モーリタニアのチェス選手が世界ジュニア選手権でイスラエル選手との対戦を拒否      【ヌアクショット:本紙】      モーリタニアのチェス選手であるアブドゥッラヒーム・ターリブ・ムハンマド選手(14歳)はイスラエル人選手との対戦を拒否した。同選手は、抽選によって占領者であるイスラエル政体を代表する選手と最終戦で対戦することになった後、、タイトルをかけて競っていた世界ジュニア選手権を棄権することを決定した。      同選手は「実在しない架空の国の代表と対戦することを拒否して、私は棄権するこ 全文をよむ

  • 2021-08-16
  • al-Quds al-Arabi紙

アフガニスタン:アフガニスタン大統領が辞任を表明

■アフガニスタン大統領がタジキスタンへ亡命。「戦闘行為」の回避に努める。「ターリバーン」は抵抗を受けずにカーブルへ入り、「寛大の新たな章を開く」よう呼びかける。      【カーブル:本紙】      アフガニスタンの首都が不安にさいなまれるなか、昨日の日曜にターリバーン勢力があらゆる方向からカーブル市への侵攻を始めると、アフガニスタンにおける事態は劇的にかつ断続的に加速した。それと同時に、アフガニスタン問題の専門家・ウォッチャーたちは、従来の兵器しか持たず適切な近代的戦闘訓練を受けていない約6 全文をよむ

  • 2021-08-16
  • al-Watan紙

バーレーン:水面下の関係正常化

■「水面下の関係正常化」…バーレーンとイスラエルの高官がダイビング・ツアーに(写真、ビデオ)      【n.p. : アナトリア通信】      バーレーンのアブドゥッラー·ビン·アフマド·アール·ハリーファ外務次官は月曜日、イスラエルのアロン·ウシュピズ外務次官とともに地中海に面した浜辺でダイビング・ツアーを行った。      日曜日に、アール·ハリーファ次官は両国間の関係正常化のための集中プロセスの一部として4日間に渡るテルアビブへの公式訪問を開始した。      ウシュピズ次官はアール· 全文をよむ

  • 2021-08-09
  • al-Quds al-Arabi紙