検索結果 412件

検索条件 メディア ペルシア語メディア全て 
ジャンル 文化記事 
特集ジャンル 全て
期間
キーワード
2022-04-09 コロナワクチン接種 断食を無効化? アーヤトッラー・ハーメネイー師の回答 (Hamshahri紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー師は、断食中の人々に向けて新型コロナウイルスワクチン接種に関する質問に回答した。      【ハムシャフリー電子版】大アーヤトッラー・セイエドアリー・ハーメネイー師著作保存出版事務所の広報サイトによると、寄せられた質問・回答は以下の通りである。      質問:新型コロナウイルスワクチンを接種すると、断食は無効となるか      回答:新型コロナウイルスワクチンを接種しても、断食は無効とならない 全文をよむ

2021-12-15 10州のヤルダーのお祝いをタブリーズで  シャベ・ヤルダー特有の魅力的な3つの地域伝統の遊びを知ろう(2) (Hamshahri紙)

―(1)からの続きー      祭典には州の全市が出席       シャベ・チェッレの祭典は村落スポーツ・地域伝統遊戯連盟の協力と協賛によって開催された。東アゼルバイジャン州村落スポーツ・地域伝統遊戯委員会委員長によると、これらの10州の村落スポーツ・地域伝統遊戯委員会の複数のグループが、割り当てられたブースにて、シャベ・ヤルダーに関する慣習や儀式を一般に公開する。       委員長のアフマド・ハージー・モハンマディー氏は続けて、「東アゼルバイジャン州の諸県もまた、それぞれの代表をこの祭典に派 全文をよむ

2021-12-15 10州のヤルダーのお祝いをタブリーズで  シャベ・ヤルダー特有の魅力的な3つの地域伝統の遊びを知ろう(1) (Hamshahri紙)

 「シャベ・チェッレ」という名前の一日のイベントは、ヤルダー(冬至)の地域固有の風習を保全するため、10州の代表が参加し、本日タブリーズで開催される。      【ハムシャフリー電子版】イランの行事には常に詩、音楽と慣習との結びつきがある。ヤルダーもまたこの習慣の例にもれず、イランのどこを訪れても、一年で最も長い夜のための特別な地域固有の遊びや娯楽があり、友人たちや家族の集まりを盛り上げている。これが動機となり、タブリーズの人々はシャベ・ヤルダーの地域伝統儀礼の祭典に参加するよう他の9州の関係者 全文をよむ

2021-12-05 第2回オンラインブックフェアへの出版社参加増大 (Hamshahri紙)

昨年、オンラインブックフェアが成功を収めたことで、コロナ禍による低迷期と不景気の1年を乗り越えて出版市場は活気を取り戻し、テヘラン・ブックフェアの空席が埋め尽くされた。おそらく、最も楽観的な出版社と読書家でさえ、このようになるとは予想していなかったことだろう。      【メフルダード・タバルスィー記者】ジャフロム[訳注:イラン南西部の都市]・オンラインブックフェアの開催が、実験的な試みとして企画された際、これに参加する出版社の数は多くなかった。しかし、テヘラン国際ブックフェアに代わる、全国規模 全文をよむ

2021-12-05 歴史を超え、跡形も無きものの内なる世界を探し求めて(2) (Hamshahri紙)

——「この出来事に関する史料や書物はどのくらい入手されたのでしょうか。またヘジュリーさんがこの書物を入手される過程で、何か問題や障害はなかったのでしょうか?」      ヘジュリー氏:この分野における史料や書物は非常に少なく、私たちはここ数十年の間に生まれた物語を参照しております。なぜなら、現代のようにニュースや報道の自由がなかった時代に、この出来事が起こったからです。さらに当時、ジョルファー地域は旧ソ連軍の支配下にあり、この出来事の証人として証言を得られるような一般人の往来は禁止されていたので 全文をよむ

2021-12-05 歴史を超え、跡形も無きものの内なる世界を探し求めて(1) (Hamshahri紙)

作家であり研究者でもあるモフセン・ヘジュリー氏は、50作品近くの文学作品を執筆されており、その多くには時空に関するテーマがある。そして、青春と晩年という2つのものについて語りかけている。同氏の代表作には、『サルバダーラーン』、『イラン人的な思考の物語』、『鷲の目』、『第8の国』、『国立庭園の陰』そして『モシーロッドウレの執事』が挙げられる。同氏の最新作『アラスの跡形も無く』はこのたび、児童青少年知育協会のブック・オブ・ザ・イヤーに選出された。これを受けて、我々はモフセン・ヘジュリー氏にインタビュ 全文をよむ

2021-12-03 『イラン 文化と芸術の5000年』展、ドイツの首都で開催 (Hamshahri紙)

 『イラン 文化と芸術の5000年』展がベルリンで開催され、歴史にイランが登場してから現代までの数百点の歴史的、芸術的な作品が展示される。      【ハムシャフリー電子版】ヨーロッパの中心地で5000年前から今日までのイランの歴史、芸術、文化的な宝物が展示されるのはベルリンの博物館史上初めてである。今回の展示のために360点の歴史的遺物がロンドンのサーリーカーニーコレクションからベルリンに移され、ベルリン美術館所蔵の遺物もまたそれらとともに、イランの文化芸術の愛好家のために展示される。     全文をよむ

2021-11-07 バハーレ・ラフナマー、イスタンブルのクルーズ船上での発言が物議「今日の私の快適な暮らしは長年の努力の結果」 (Hamshahri紙)

 余暇を過ごすためトルコを訪れたバハーレ・ラフナマー〔イランの著名な女優〕は、クルーズ船の甲板からイランの人々に向けて自身の信条を表明した。      【ハムシャフリー電子版】ラフナマーはクルーズ船上でイラン人と中国人を比較する動画を投稿し、「世界中で中国の人々が成功している秘訣は、彼らが非常に団結していることです。お互いを見ると逃げ出すイラン人とは違います。こんな風ではいけません。私たちも互いに協力するべきです。同胞意識を取り戻さなければなりません。」と語った。       しかし、映画とテレ 全文をよむ

2021-10-25 『ザクロが遠吠えする頃』がアカデミー賞におけるオーストラリアの代表に (Iran紙)

 グラーナーズ・ムーサヴィー監督が脚本・演出を手がけた映画『ザクロが遠吠えする頃』[訳注:第34回東京国際映画祭における邦題。英題は“When Pomegranates Howl”であり、ペルシア語(ダリー語)の題は『ヴァクテ・チーゲ・アナール』(「ザクロが金切り声を上げる時」の意)である]が、オーストラリア代表としてアカデミー賞の国際長編映画賞(外国語映画賞)[訳注:アメリカ以外の映画で、かつ英語以外の言語の映画が対象となる部門]にノミネートされた。       アフガニスタン、オーストラリア 全文をよむ

2021-10-02 映画館の休館日情報 2本の大人気映画がアーバーン月初旬に公開 (Iran紙)

 イラン映画館主協会のモハンマドレザー・サーベリー広報担当は、今週の映画館休館日を発表するとともに、アーバーン月〔西暦10月23日〜11月21日〕の初旬に新作大人気映画が封切りされると語った。       同氏は、預言者の命日とエマームレザー(彼の上に平安あれ)の殉教日に当た るサファル月〔ヒジュラ暦の第2月で、2021年は9月8日から10月7日〕末の映画館の営業に関して以下のように述べた。「映画館は、月曜日と水曜日(メフル月12日と14日〔すなわち西暦2021年10月4日と6日〕)は18時まで 全文をよむ

2021-07-14 ファルハーディー監督「私の言葉は誤訳された」 (Hamshahri紙)

 アスガル・ファルハーディー監督の映画『ヒーロー』の記者会見がカンヌ映画祭にて行われ、同監督は、米『バラエティ』誌に自身の発言として掲載されたものは、同誌の不適切な翻訳によるものだとした。      【ハムシャフリー電子版】メフル通信によると、ファルハーディー監督は映画『ヒーロー』の記者会見で、米『バラエティ』誌に自身の発言として掲載されたイランの抑圧に関する文章について、「『バラエティ』誌のインタビューを尊重しますが、当該の発言は、昨日私の話を聞いて翻訳した記者の想像であったと言わざるを得ませ 全文をよむ

2021-07-04 アスガル・ファルハーディーの新作映画から新しい画像が公開(+写真) (Jam-e Jam紙)

 カンヌ映画祭のウェブサイトは、アスガル・ファルハーディーの最新映画『ヒーロー』の新しい画像を公開した。      【ジャーメ・ジャム電子版】イラン学生通信(ISNA)によると、第74回カンヌ映画祭は二日後の7月6日から17日まで(イラン暦ティール月15日から26日まで)開催され、映画『ヒーロー』は、本映画祭のメインとなるコンペティション部門にてワールドプレミア上映が行われる。       『ヒーロー』は、7月13日[ティール月22日]15時30分よりメイン会場のグランド・ルミエール劇場(GRA 全文をよむ

2021-06-27 ラジオ・ナマーイェシュ10年目 (Hamshahri紙)

ラジオ・ナマーイェシュ[訳注:namāyeshは演劇などをはじめとするパフォーマンスを意味する]の前局長と現局長の二名は、開局10周年を記念した特別番組「ペイダーヤッシュ[peydāyesh:出現]」に出演し、このラジオ局の開局当時について語った。      ラジオ・ナマーイェシュ広報によると、特別番組「ペイダーイェシュ」において、初代局長マフムード・ゼンデナームと現局長モフセン・ソウハーニー、およびラジオ・ナマーイェシュの俳優たちは、本ラジオネットワークの「出現」について会談を行った。     全文をよむ

2021-06-27 ドキュメンタリー・記録映画開発センターのドキュメンタリーでオリンピック代表選手団を激励 (Hamshahri紙)

 ドキュメンタリー・記録映画開発センター制作のドキュメンタリー映画『天使の居場所はない』(監督:サーム・キャラーンタリー)、『イランの忍者』(監督:マルジャーン・リヤーヒー)が、日本へ向かうオリンピック代表選手団激励のためのプログラム枠で上映される。       同センター広報の発表によると、ドキュメンタリー映画をオリンピックのある週(7月5日から10日まで)に「アニメのおやつ」、「オリンピックの先駆者たち」、「オリンピック代表選手団の激励」企画や、テレビ特別番組、歌と詩の祭典やコンテンツの発表 全文をよむ

2021-06-26 今日世界中で文学を発信するアフリカの作家たち(3) (Hamshahri紙)

——「翻訳の世界では、原語から翻訳することは極めて重要です。ガブラーイーさんが翻訳される以前からも、多くの翻訳家が原語からの翻訳をしてきましたし、今でもしています。この伝統は依然として続いていますね。今日の翻訳の世界において、原語から翻訳することにはどの程度の重要性があるのでしょうか?」      ガブラーイー氏:もし一部の翻訳家を怒らせないような口調で述べようとするのならば、原語からの翻訳は時々糊塗されています。媒介言語を用いた重訳には、その一端に言及するだけでも満足するような綿密な議論が求め 全文をよむ

2021-06-26 今日世界中で文学を発信するアフリカの作家たち(2) (Hamshahri紙)

——「なぜこれら全てのアフリカの国々の中でアンゴラとモザンビークをお選びになり、同国出身の2名の作家をペルシア語話者に紹介されたのでしょうか?」      ガブラーイー氏:予てより、アフリカ諸国の小説25編を含んだ選集に関する綿密なプランがあります。私が選者の監督を務め、私の下では数人が協働するよう、複数の出版社に提案をしました。しかしながら申し開きをされたり、控えめな態度で「先生自身で翻訳なされた作品は全て、うちの出版社では面倒を見ます。それを念頭に置いてはいますが、他の翻訳者については考えて 全文をよむ

2021-06-26 今日世界中で文学を発信するアフリカの作家たち(1) (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー紙】ファルシャード・シールザーディー記者   メフディー・ガブラーイー氏は翻訳家の草分け的存在の1人であり、若い世代の読者が同氏の模範的な翻訳によって魅了されているとおり品格のある翻訳家の1人でもある。彼によってペルシア語話者に紹介されてきたアメリカやヨーロッパの作家、はたまたアジアやアフリカの作家に至るまで、それぞれが自身のジャンルにおいて個性を発揮している。彼らには老若男女問わず誰しもが彼らの作品を読み、気に入る特徴がある。このような小説を選ぶことは間違いなく難しいことではあ 全文をよむ

2021-05-28 イラン5,000年の宝物、ロンドンで展示 写真 (Hamshahri紙)

 5,000年前から現代までのイランの宝物300点がロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館において展示されているが、どのような作品が外国の歴史家やメディアの注目の的となっているのだろうか?      【ハムシャフリー電子版】イスナー通信によると、5月29日[イラン暦ホルダード月8日]から3か月間にわたってロンドンで開催される本展『壮大なるイラン(Epic Iran)』は初日チケットが完売しており、5200年前から近現代期までにわたる300点以上が出品されている。また、この展覧会は開展以来多くの 全文をよむ

2021-05-17 なぜ死後の生が1400年ラマダ―ン月に耳目を集めるものとなったのか? 臨死体験について経験者に直接聞く (Hamshahri紙)

 死後の世界の真実を知ることは、昔から来世を信じる者にとっての悩みの種になってきた。聖典や様々な宗教指導者の言説に基づく教条的証拠は別にして、人が死後の生についての客観的な情報を得る基盤となる方法を得ることができるのかという問題は、何世紀も前から論争の的となってきた。      【ハムシャフリー電子版】ホナル電子版によると、限定されたものながらも、死後の超常的世界の状況を知るための最も実用的な方法は、人生のある時において一時的に肉体的な死に近い状況を経験し、のちに蘇生したと主張する人々の経験を活 全文をよむ

2021-04-06 連続テレビ小説『おしん』の作家、95歳で他界 (Hamshahri紙)

 テレビドラマ『おしん』の脚本家橋田寿賀子氏が、急性リンパ腫のため95歳で逝去した。      【ハムシャフリー電子版】寿賀子氏は映画及びテレビの脚本家として日本で最も著名な人物の一人であり、イランと母国で、何よりもまずドラマ『おしん』の脚本の執筆で知られている。ドラマは1983年4月から1984年3月まで、15分間297話が日本のNHKで朝に放映された。       『おしん』は1360年代半ば[西暦1980年代]に『家を離れての年月』の名前でIRIB[イラン・イスラーム共和国放送]の第2チャ 全文をよむ

2021-01-17 ザフラー様殉教の夜追悼式典 革命の最高指導者が出席 (Jam-e Jam紙)

 ファーティマ・ザフラー(彼女に平安あれ)様殉教の夜追悼式典が、イスラーム革命の最高指導者[ハーメネイー師]出席の下、ホセイニーイェ・イマーム・ホメイニー(神よ彼に慈悲を与え給え)[※ホセイニーイェとは、イスラームの殉教者を悼む式典を開催するための場所で、殉教の物語を語り説教を行う]にて開催された。      【ジャーメ・ジャム電子版】最高指導者の広報サイトによると、この式典において、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン[十二イマーム派ウラマーの位階において、アーヤトッラーに次ぐ地位]のラ 全文をよむ

2021-01-16 ザフラー様はガディールの出来事を目撃されたのか? (Hamshahri紙)

 歴史的文書によれば、ガディールの出来事[※シーア派信徒の間では632年、預言者ムハンマドがアリーを自身の後継者として指名したとされるが、その出来事を指す。「ガディール」は「ガディール・フンム」のことで、この出来事のあった場所の名]において、預言者ムハンマド(彼の上に平安あれ)による、イマーム・アリー(彼の上に平安あれ)の統治発表を聞き、彼に忠誠を誓った真正な目撃者の一人にザフラー様[※ムハンマドの娘でシーア派初代イマーム・アリーの妻ファーティマのこと。シーア派第2代イマームのハサン、第3代イマ 全文をよむ

2021-01-14 コンサート市場がキーシュ島でホットに (Hamshahri紙)

 有名ポップミュージックアーティスト、レザー・バフラームは、芸術作品のパフォーマンスを行うホール等の会場の営業再開を発表し、自身の最新コンサートをコロナ禍の最中に開催する。      【ハムシャフリー電子版】メフル通信によると、音楽、演劇、映画といった領域での芸術作品の開催やパフォーマンスを行うホール等の会場の営業再開の公式発表の後、予想されていた通り現状ではファンや音楽愛好家らを受け入れてコンサートを開催する準備のできている音楽グループやアーティストはほとんどいないが、このコロナ禍の中でいくつ 全文をよむ

2021-01-13 国定遺産リストに歴史的な丘8件が登録 (Hamshahri紙)

 チャハールマハ―ル・バフティヤーリ―州文化遺産観光手工芸局歴史的建造物・遺構保存修復課のヴァヒード・ジューラーイー課長は、国定遺産リストに同州の古代遺構の丘(テッペ)8件が登録されたことを発表した。      【ハムシャフリー電子版】同文化遺産観光手工芸局によると、ヴァヒード・ジューラーイー課長は以下のように述べた。「わが国の歴史文化不動産遺産の登録に関わる国民議会の承認事項に基づき、チャハールマハール・バフティヤーリー州にあるジャーハルマン、ディーズダシュト、チョガーテ・トラ―ビー、チョガー 全文をよむ

2021-01-03 ケーキの種類の名称に対するペルシア語の代替語を選定 (Jam-e Jam紙)

 ペルシア語言語文学アカデミーの単語選定部門は「ケーキ(keik)」とそれに関連する単語の作成方法を説明している。      【ジャーメ・ジャム電子版】イラン学生通信(ISNA)によると、ペルシア語言語文学アカデミーの単語選定部門は(ツイッターのユーザー名≪(単語選定の)導灯≫で)以下のような内容を公開した。       1)本日、1月2日は世界クリームケーキデーである。「ケーキ(keik)」という語は英語の単語、”cake”から借用しており、この語もまた古代ノルウェー語の”kaka”と西ゲルマ 全文をよむ

2021-01-03 シャーチェラーグ聖廟が参詣者の受け入れを再開 (Jam-e Jam紙)

 アフマド・ブン・ムーサー・シャーチェラーグ(彼の上に平安あれ)[※十二イマーム派第7代イマームのムーサー・カーゼムの子で、第8代イマーム・レザーの兄弟。シャーチェラーグと呼ばれる]聖廟の扉が1399年10月14日(西暦2021年1月3日)日曜日の午前5時から参詣者に向けて解放された。      【ジャーメ・ジャム電子版】イスラーム共和国通信(IRNA)によると、シーラーズで新型コロナウイルス感染拡大のピークが過ぎたことを受け、1399年10月14日の朝から、アフマド・ブン・ムーサー(彼の上に平 全文をよむ

2021-01-02 2020年の全世界の映画売上、70%減少 (Iran紙)

 アメリカのボックスオフィスの年間売上高は2020年に80%減少し220万ドルとなり、中国のボックスオフィスの売上高27億ドルに次いだ。       世界最大の映画市場ハリウッドを中国映画が初めて追い抜いたが、映画館の閉館や多くの作品の上映の停止を伴うコロナウイルス流行の危機のために、全世界のボックスオフィスの総収入は70%以上減少するという事態に直面している。       2020年1月1日から12月31日までの間にアメリカの映画館で販売されたチケット数は23億枚に達した。2019年に販売され 全文をよむ

2020-12-19 シャベ・ヤルダー、ユネスコ無形文化遺産に登録へ (Hamshahri紙)

 外務省報道官兼広報文化・メディア外交センター長は、「来年にはシャベ・ヤルダー[訳注:「冬至の夜」の意。冬至の前夜を指す。秋最後の夜を家族や友人とともに過ごし、冬の始まりを祝う習慣]の、この地域[訳注:イランと中央アジアを中心とするペルシア語文化圏]のユネスコ無形文化遺産としての登録を目指す」と述べた。      【ハムシャフリー電子版】イスラーム共和国通信(IRNA)によると、「ヤルダー、地域の結束」と題したウェビナーが、シャベ・ヤルダーという伝統儀礼の保護とこの地域[ペルシア語文化圏]の人々 全文をよむ

2020-11-21 大気汚染から肺を浄化する特別なハーブティー (Hamshahri紙)

空気が冷えて気温が下がることで大気汚染が増加し、空気質が低下することにより、この季節に多くの人々が呼吸に関する問題を抱えている。      ISNA(イラン学生通信)によると、汚染した空気中での呼吸は、ぜんそく・気管支炎・肺炎、その他の肺疾患など多くの問題を伴い、そのため大気中の粒子に対する肺の健康の維持が重要となる。      健康分野の専門家らによると、家庭療法によって大気汚染による肺疾患の発症を高確率で予防することが可能である。この家庭療法の一つがハーブティーを飲むことである。      全文をよむ

2020-10-20 イランの短編映画がロルカ賞候補に (Hamshahri紙)

 マルズィーエ・リヤーヒー氏が監督を務めたイランの短編映画『運転教習(英訳:driving lesson、原語:kelās-e rānandegī)』がロルカ賞にノミネートされた。      【ハムシャフリー電子版】ISNAによると、第26回グラナダ国際映画祭『ロルカ賞』国際短編映画部門最優秀賞候補リストが発表された。       この映画祭はスペインで最も輝かしい詩人、フェデリコ・ガルシア・ロルカ氏を記念して開催されており、受賞者にはロルカ像が贈られる。       マルズィーエ・リヤーヒー氏 全文をよむ

2020-10-08 巨匠シャジャリヤーン氏死去 イランの歌の王者、羽ばたく (Iran紙)

 巨匠モハンマドレザー・シャジャリヤーン氏は長い闘病生活の末、本日(木曜日)午後テヘランにあるジャム病院で亡くなった。       モハンマドレザー・シャジャリヤーン氏は1399年メフル月14日[西暦2020年10月5日]、容体悪化が原因で再びジャム病院のICU[集中治療室]へ最後となる入院をしていた。       シャジャリヤーン氏はメフル月14日に、心臓、肺、呼吸の全般的に不安定な状態、及び意識レベルの低下、血圧低下と血小板の減少などで、ICUに入っていた。       シャジャリヤーン氏は 全文をよむ

2020-09-16 シャフレ・スーフテ[シャフレ・ソフテ]の遺跡内にて3つの新たな古代の遺構発見 (Hamshahri紙)

 スィースターン・バルーチェスターン州北部のシャフレ・スーフテ遺跡内にて、3つの古代遺跡が発見された。これらは5000年前、紀元前3000年紀の遺構とされる。      【ハムシャフリー電子版】IRNA[イスラーム共和国通信]によると、シャフレ・スーフテ遺跡への最近の視察、またガス掘削制限解除により、新たに3つの古代遺構が発見された。これらは先史時代、つまり5000年前の遺構とされている。地表面と地面下の発掘調査、また地上の地質調査の範囲から、古代の遺構が3つ存在するが、これらの遺構内にはいかな 全文をよむ

2020-09-13 アーリーガープ―宮殿の本体と床の損傷した部分の修理が始まる (Hamshahri紙)

 ナグシェ・ジャハーン広場〔イマーム広場〕の世界遺産複合体の一部であるアーリーガープ―宮殿の損傷した部分の修復が始まった。      【ハムシャフリー電子版】YJC通信によると、イスファハーンのイマーム広場世界遺産拠点のファリーバー・ハターバフシュ長官は以下のように述べた。「アーリーガープ―宮殿の床、本体、階段、待合室の損傷した部分の修復に加え、観光客用の入口と出口の改修もまた信託管理課が執り行っている。」       文化遺産観光手工芸省イスファハーン州局建築物装飾物修復信託管理課長は次のよう 全文をよむ

2020-09-07 アパダナ宮殿東の中庭の排水口を発見 (Hamshahri紙)

 ペルセポリス水路調査チームの責任者であるアリー・アサディー氏は、アパダナ宮殿東の中庭の排水口の発見を発表した。      【ハムシャフリー電子版】IRNA(イスラーム共和国通信)によると、アケメネス朝期に関連するアパダナ宮殿東の中庭の排水口のうちの一つが、ペルセポリス水路調査第四期の終盤に発見された。この排水口は、ペルセポリスの中庭と宮殿内を地下水路に連結している。       同氏によれば、アパダナ宮殿東の区画で発見されているこの排水口は、アケメネス朝期にこの中庭の排水を目的として建設された 全文をよむ

2020-07-18 愛する人へのプレゼントにおすすめの本4選 (Hamshahri紙)

 大切な人に贈り物をすることは、ずっと昔から素敵な行いであり人々の関心事であった。贈り物を受け取り、送ることは相手方への親愛を表明するための分かりやすく明るい方法であり、今日の社会関係での健全な方法である。    しかし贈り物をするときには、素敵でぴったりなプレゼントを選ぶように特別気を付けなければならない。プレゼント選びに関しては、値段的な価値よりもよく考えて意味的に価値を持つものを選ぶことが重要だ。そして、本は相手を助ける意味でも、相手が新鮮な知見を得られるという意味でも、最も良い贈り物とい 全文をよむ

2020-07-15 ホセイニー主演「The Night」 イラン国内初のアメリカ映画公式上映 (Hamshahri紙)

アメリカで製作されたクーロシュ・アーハーリー監督のサイコホラー映画「The Night」[訳注: 英語タイトル。ペルシア語タイトルは「ān shab」(「その夜」の意味)」はイスラーム革命後イランの映画館での上映が正式に許可された初のアメリカ映画となった。      デッドラインニュースによると、「The Night」はアーハーリー氏の初監督作品であり、イラン・アメリカの関係悪化以前に製作許可が得られ、両国のプロデューサーの協力により撮影が行われた。「セールスマン」で2016年カンヌ国際映画祭男 全文をよむ

2020-07-13 シーラーズのポロウが世界観光機関の食卓に (Iran紙)

 イランザミーン[※イランの地]/イランは、シーラーズのガンバルポロウ[※米と肉を炒めたシーラーズの伝統料理]という伝統的な料理の調理法についてのビデオクリップを送り、世界観光機関(UNWTO)が主催したガストロノミー[※食と文化・伝統等の関係を考察すること]のPRキャンペーンに参加した。       文化遺産・手工芸・観光省のモハンマド・ガーセミー観光マーケティング・宣伝部長は、「フードツーリズムは観光の下位カテゴリーの一つであり、その旅の主な動機は旅先での新しい食の体験であるとされている。こ 全文をよむ

2020-07-10 イランの古代遺物、オーストリアより返還 (Jam-e Jam紙)

 オーストリアに密輸されていたイランの複数の古代遺物が2国間の司法協力によりオーストリア駐在イラン代表に引き渡された。      【ジャーメ・ジャム電子版】外務省広報報道官室によると、欲深い者たちによって非合法にイラン国外へ持ち出され、オーストリアに密輸されていたイランの複数の古代遺物が二国間の司法協力、及びオーストリア国際刑事警察機構とイラン国際警察の協力により、昨日(7月9日)、法的手続きを経てオーストリア駐在イラン代表に引き渡された。       上記の遺物返還に関する会議には、ウィーン市 全文をよむ

2020-07-01 アーブヤールら オスカー・アカデミー新会員819人に4人のイラン人 (Hamshahri紙)

 ナルゲス・アーブヤール、サッタール・オーラキー、サミーラー・マフマルバーフ、アリー・アッバスィーはイラン人映画製作者であり、彼らがオスカー・アカデミー[映画芸術科学アカデミー]の招待を受け入れれば、今年からアカデミー賞受賞者の選考投票に参加することができる。      【ハムシャフリー電子版】IndieWire[アメリカの映画紹介メディア]によると、オスカー・アカデミーとして知られる映画芸術科学アカデミーが819人の新会員リストを発表し、そのリストには4人のイラン人の名前もある。アーブヤールは 全文をよむ

2020-06-27 アッバース・キヤーロスタミーの受賞記念品が映画博物館に寄贈された (Hamshahri紙)

アフマド・キヤーロスタミー氏は、父親であるアッバース・キヤーロスタミーが獲得した賞と表彰楯の一部を、彼の誕生日に映画博物館の保管部に寄贈した。      映画博物館広報室長セピーデ・ハイダルアーバーディー氏はこれに関して、「これらの賞の多くは国際映画祭に関連し、キヤーロスタミー財団の協力をもって、委託という形で映画博物館に寄贈されました。」と述べた。同氏は続けて、「故アッバース・キヤーロスタミーは、作家、映画監督、映画脚本家、写真家、画家、グラフィックデザイナー、そしてイラン映画界の巨匠であり、 全文をよむ

2020-06-26 パリのルーブル美術館、灯り再び (Hamshahri紙)

 ルーブル美術館の灯りが消えてから120日が経った。一方、一部メディアはルーブルが近日中に営業再開する旨を報じた。      【ハムシャフリー電子版】France24によると、6月25日にエッフェル塔が営業を再開し、観光客の来訪が発表されたことを受け、ルーブル美術館は7月6日から営業再開するとし、同美術館のツアー参加希望者はこの日から世界最高峰の芸術文化の結集地に赴くことができる。同美術館は4か月前からCOVID-19の流行を理由に休館してきた。そして専門家によれば、この措置によって同美術館に4 全文をよむ

2020-06-18 カズオ・イシグロ氏、ノーベル賞受賞後初の小説を刊行  ある模造人間の物語 (Hamshahri紙)

 ノーベル賞作家カズオ・イシグロ氏の受賞後第一作となる小説が間もなく刊行される。      【ハムシャフリー電子版】ガーディアン紙によると、イシグロ氏の新しい小説は、店で買い手が見つかるのを待つクララという名前の人造人間〔人工知能搭載ロボット〕にまつわる話だ。       2017年度ノーベル文学賞を受賞した小説『日の名残り』の作者であるイシグロ氏は、2021年3月2日に新たな本を出版する。彼の新しい小説はとあるロボットの友人、クララの物語であり、クララは自身の周囲を観察する卓越した能力を持ち、 全文をよむ

2020-06-10 床から壁にペルシア絨毯の有り様 (Hamshahri紙)

 イラン芸術アカデミー伝統芸術・手工業品部門ハサン・ボルハーリー代表は、以下のように語った。「経済的ふたつの理由と、イランの手織り絨毯[訳注:ペルシア絨毯]への大きな注目によって、絨毯は広い場所で床に敷くものから、壁に飾るものになった。」       メフル通信によると、ボルハーリー博士は、ペルシア絨毯のある場所が家の床から壁に移動し、またイラン人が家庭用に手織り絨毯を以前より買わなくなった理由について次のように述べた。「ふたつの理由が考えられる。1つは楽観的な理由、もう1つは経済的な理由となる 全文をよむ

2020-05-31 アクサ―・モスクと預言者のモスクで礼拝を再開 (Jam-e Jam紙)

 新型コロナウイルス蔓延のため閉鎖されていた高貴なる聖地[エルサレム]のアクサー・モスクと輝かしき町[メディナ]の預言者のモスクの門が、今朝、礼拝者らに開放された。      【ジャーメジャム電子版】ファールス通信によれば、アクサー・モスクの門が、今朝(日曜日)[西暦2020年5月31日]、新型コロナウイルスによる2か月以上の閉鎖を経て礼拝者らに開放された。       グドゥス・アラビー紙によると、数百人のパレスチナ人が「神は偉大なり」と唱えながら「ヒッタ門[許しの門]」、「評議会の門[監査人 全文をよむ

2020-05-23 断食明けの祭りの礼拝実施の詳細 聖域は3段階で制限緩和 (Hamshahri紙)

 国立ワクフ慈善庁聖廟聖域局長のモハンマド・ノールーズプール師は、ホワイトゾーン[=新型コロナウイルスに感染する危険度が低い]と公表された地域の聖域でのみ、断食明けの祭りの礼拝を実施すると述べ、同祭日後3段階に分けてこの地域の聖域の制限を緩和することを報告した。      【ハムシャフリー電子版】ILNA[イラン労働通信]によると、国立ワクフ慈善庁聖廟聖域事務局長であるホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン[十二イマーム派ウラマーの位階において、アーヤトッラーに次ぐ地位]のモハンマド・ノール 全文をよむ

2020-05-22 イランで頂点に上り詰めた人々の歴史を振り返る家具博物館 (Hamshahri紙)

 ヤーフターバード地区にある家具バザールは、多くのテヘラン市民の足を第17区に運ばせている。また毎日、市内や国の各地から人々が木製の家具を求めて、このバザールを訪れている。       本紙ラーベエ・テイムーリー記者    買い物客の多くは、家具バザールの近隣にあるイラン・モバイル・バザールの二階に、とある博物館があることを知らない。そこを訪れると買い物の疲れは癒やされ、彼らはイラン人の生活における家具を利用した歴史を知ることになる。   この博物館では、象嵌で飾られた玉座や地中から発掘された装 全文をよむ

2020-05-17 栄養学の専門家が本紙取材で提言 断食期間中の喉の渇きに最適な飲み物 (Jam-e Jam紙)

 衰弱・空腹・喉の渇きは、断食中に直面する3つの課題である。この問題のなかで、我々は断食期間中の激しい喉の渇きとその対応策に取り掛かることとしよう。      【ジャーメ・ジャム電子版】断食中に喉が渇くことを、どのようにすればコントロールできるだろうか?本紙健康部の取材に対し、ある栄養学の専門家は次のように話した。「日中の喉の渇きを和らげるために、エフターリー[一日の断食後に摂る食事]から翌朝の夜明けまでの間に、(喉の渇きに)有効な一部の飲み物を飲むことを推奨する。」      *レモネード   全文をよむ

2020-04-22 新型コロナウイルスが蔓延する日々の断食 異例のラマダーン月か? (Hamshahri紙)

 ラマダーン月は、イフタール[断食月の日没後の食事]、モスクや宗教施設での集団礼拝や祈祷の儀式などで知られているが、今年は世界中で例年とは異なる方法で祝われる。      【ハムシャフリー電子版】一部の宗教施設は、新型コロナウイルス感染拡大予防のための衛生措置を考慮して、限られた方法で開放される可能性があるとはいえ、世界中のムスリムは、聖なるラマダーン月と言えば、モスクや聖域で互いのそばに集まり、祈りを捧げながら神の宴の月〔ラマダーン月のこと〕を尊び、日没後に集まって食事をすることを思い浮かべる 全文をよむ

2020-04-16 手軽にパパっと!グーシェフィールの作り方 (Hamshahri紙)

私たちの多くは、お菓子作りは難しいらしいと聞いているため、まったく考えなしに、食べたいお菓子はどのようなものでもお菓子屋さんで買うことを好んでいる。しかし、ここ最近の外出規制により、私たちは自宅で何かしようという気持ちになり、作ったケーキやお菓子が失敗だったとしても、理想のものができるまでもう一度作ろうとするまでになっている。       グーシェフィール(ペルシア語で象の耳の意)は、午後のひと時を家族と楽しむ際の、お茶のお供になるお菓子の一つである。そのおいしさとはうらはらに、作り方は非常に簡 全文をよむ

2020-04-09 自家製ヘアパックをつくる方法 / 髪の毛の成長に重要な6つのビタミン (Hamshahri紙)

健康的な食生活を続けることは髪の毛を健康に保つためにあなたが検討することのできる最良の選択肢の一つである。ここでは髪の毛の健康と成長にとって有効な食材の紹介に加え、いくつかのヘアパックの作り方をお教えしよう。      ニュースウェブサイト‘Asr-IranのStep to Healthの引用によると、「髪型を変えたいにしろ毛量を増やしたいにしろ、人々は髪の毛をはやく成長させたいと思うことがある。健康的な食生活を続けることは、この目的を達成するためにあなたが検討することのできる最良の選択肢の一つ 全文をよむ

2020-04-09 ハンセン病についてのフォルーグ・ファッロフザードの映画は私たちに新型コロナウイルスについてどのようなことを示唆しているのか?(その2) (Hamshahri紙)

(その1の続き)   フォルーグ・ファッロフザードが情熱的に詩を読むのと同じ姿勢がよりはっきりしてくる。「さあ、道なき荒野で歌う人の歌に耳を傾けよう/ため息をついて手を伸ばしている人はこう歌う。“ああ、なんてこと/私の魂はこの傷のせいで正気を失ってしまった”」ゴレスターンは映画の中で述べている。「ドキュメンタリー映画を製作した動機は、醜さを浮き彫りにし、患者の苦悩を減らすことである。」しかし、『あの家は黒い』はそれよりも複雑な視点で描かれている。カリフォルニア大学比較文学教授、ナスリーン・ラヒー 全文をよむ

2020-04-09 ハンセン病についてのフォルーグ・ファッロフザードの映画は私たちに新型コロナウイルスについてどのようなことを示唆しているのか?(その1) (Hamshahri紙)

フォルーグ・ファッロフザードは、イラン暦1341年(西暦1962年)にタブリーズのバーバーバーギーにあるハンセン病患者の療養施設を訪れ、ドキュメンタリー映画『あの家は黒い』を作製した。この映画はハンセン病患者の隔離と孤独の中での生活の一端について描いている。      ガーディアン紙によると、イラン暦1341年(西暦1962年)冬、イランの有名な詩人フォルーグ・ファッロフザードが、彼女にとって最初で最後となる映画を製作した。その映画は、当時は先駆的な作品であったが、現在は古典作品の一つである。こ 全文をよむ

2020-04-06 レモンの皮を捨てない方が良い16の理由 (Hamshahri紙)

今日からレモンの皮を捨てないでください。このことはあなたの生活費を節約するのに加え、食事やあなたの家を良い香りにします。      ホラーサーンニュースによると、レモンの皮は、食事や、人や家の衛生面の改善のためにも様々な方法で利用できます。レモンや他の柑橘類は美味しいばかりでなく、その皮はオイルを含んでいて、皮だけでも数種類の料理やソース、ケーキやお菓子の材料に利用でき、さらにその化学物質の特性により、衛生、家事、掃除の手助けにもなるでしょう。      1.レモンの皮をソースに使用   レモン 全文をよむ

2020-04-03 アブドルヴァッハーブ・シャヒーディー氏からイランの人々へ激励のメッセージ (Iran紙)

イランの伝統音楽における先駆者であるアブドルヴァッハーブ・シャヒーディーは、イランの人々へのメッセージを公開し、家庭隔離の状況や、コロナウイルス流行を予防することの困難さに耐え忍ぶ人々のため、作品を制作・公開しようとする芸術家たちの団体によるキャンペーン、「モシャーホナル」に参加した。      イランの伝統音楽における先駆的な歌手であり、ウード[訳注:リュートや琵琶の祖型となった撥弦楽器]の演奏家、作曲家でもあるアブドルヴァッハーブ・シャヒーディーはメッセージの中で、イランの人々、芸術家、芸術 全文をよむ

2019-12-28 サンタクロースの服はなぜ赤いのか? (Hamshahri紙)

サンタクロースは、西洋キリスト教諸国の民衆文化における歴史上・物語上の人物である。サンタクロースの名前はクリスマスと関連している。西暦では新しい年の入り口に差し掛かっている今、サンタクロースの服の小史をみていこう。      モドビア(*1)が報じたところによると、サンタクロースは親切で陽気で赤い服を着ている老人であり、毎年、年の初めに子どもたちにプレゼントを届ける。しかし、この物語上の人物がどんな人物または伝説から着想を得て生み出されたのかという点については、きわめて多くの説があり、その起源は 全文をよむ

2019-12-21 イスラーム指導省の禁書目録にあるコーリン・フーヴァーの著書 (Hamshahri紙)

イスラーム文化・指導省書籍読書推進委員会は、ある小説を不認可かつ出版禁止のリストに新たに追加した。   メフル通信によると、コリーン・フーヴァー氏の作品である小説『私たちでそれを終わらせる』【訳注:原題It Ends With Us , 2016出版】は、アモウト出版から自身の21番目の作品を出版準備中のアルテミス・マスウーディー氏の翻訳であるが、イスラーム文化・指導省書籍読書推進委員会の命令で、同委員会の認可取り消し作品リストに追加された。       同出版社は、 SNSの自身のページでも、 全文をよむ

2019-12-17 シャベ・ヤルダー(冬至の夜)のためのザクロのデザートレシピ (Hamshahri紙)

ザクロは誰もが認める紅くておいしい冬至のシンボルの一つです。この色よく便利な果物を使って、冬至の日のためのザクロのデザートを作りましょう。      このおいしいデザートの調理時間は20分で、材料は4人分です。      ◎必要な材料   ザクロジュース 4カップ   片栗粉 大さじ8   砂糖 2カップ   バラ水 1/2カップ   バター 50グラム      ザクロのラヴァーシャク【訳注:フルーツレザーもしくはフルーツロールアップ。】のレシピ   冬至のザクロデザートのつくり方   1. 全文をよむ

2019-12-14 シャベ・ヤルダー(冬至の夜)のルビー色のスペシャル・デザート / ザクロのクリームプディングとザクロのパンナコッタ (Hamshahri紙)

冬至の日にはお客様方をこの美味しい即席デザートでもてなして。         【1】ザクロのクリームプディング   もしもお客様が来るまでに数時間あって、クリームプディングを作るための材料もあるなら、最も美味しくて、手軽で、万人向けのデザートの一つがクリームプディングです。それに季節のフルーツを加えれば、季節感も加わります。      ◎必要な材料   牛乳 1カップ半   板ゼラチン 4枚   生クリーム 200グラム   粉砂糖 大さじ8   ザクロの実 200グラム   バニラシュガー 小 全文をよむ

2019-12-09 トルコの人々が見せたフォルーグ・ファッロフザードの詩への好反応 (Hamshahri紙)

ペルシア語翻訳家マクブーレ・アラス・エイワーズィ氏は、トルコ国内でのフォルーグ・ファッロフザード【訳注:1936-1967 イランを代表する現代詩人】の詩への興味に関して述べた。「わたしの手で翻訳されたフォルーグの選詩集は第12刷、全集は第3刷も重版されました。」      IBNA【訳注:イラン書籍通信】によると、マクブーレ・アラス・エイワーズィ氏は対談の中でペルシア語、およびペルシア文学に精通した経緯について触れ、こう語った。「私はアンカラ大学のトルコ文学修士課程で、オスマン帝国時代のトルコ 全文をよむ

2019-12-04 シャベ・ヤルダーにおけるガズヴィーンの風習(その2) (Hamshahri紙)

※シャベ・ヤルダーにおけるガズヴィーンの風習(その1)の続き   何故スイカなのか?   遠い昔、すべての果物はその季節にしかなかったので、冷蔵庫や保冷庫のような先進的な方法がなかったことを考慮すると、冬至までもつ唯一の果物はスイカであった。   ガズヴィーンの人々は、シャベ・ヤルダーにスイカを食べた人は、その翌年の夏に渇きには直面しないと信じていた。そのため、多くのスイカを冬至まで家の倉庫に保管し、友人や知り合いに分け与えていた人々もいた。      シャベ・ヤルダーの食べ物   ピスタチオ、 全文をよむ

2019-12-04 シャベ・ヤルダーにおけるガズヴィーンの風習(その1) (Hamshahri紙)

 「フンチェイェ・チェッレ」、「シャール・アンダーフタン」、「コルスィー・サリー」はシャベ・ヤルダー【訳注:冬至の夜】におけるガズヴィーンの風習である      ハムシャフリーオンラインによると、ガズヴィーン【訳注:イラン北西部】の人と秋の最後の夜(冬至)について話すと、この夜は彼らの間では「シャベ・ヤルダー」と言うよりも「シャベ・チェッレ」【訳注:同じく「冬至の夜」】でのほうがなじみがあることを理解するだろう。イランの他のほとんどの地域のように、この州でも印象的なこの夜は親戚や親類が年長者の家 全文をよむ

2019-12-03 第一回クルド文学賞「バーシュール」クルド文学・クルド語における功績を称えアッバース・ジャリーリーヤーンに授与される (Hamshahri紙)

クルド文学者でクルド語研究者のアッバース・ジャリーリーヤーンの功績を称え、イーラームにおいて第一回クルド文学賞「バーシュール」が授与された。      IBNA通信【訳注:イラン書籍通信社】によると、「バーシュール」文学賞はイラン暦アーザル月(10月)12日火曜日【訳注:西暦2019年12月3日】午後、バーシュール出版社事務所で挙行され、受賞者に賞が贈呈された。この文学賞はバーシュール出版社の尽力で文化イスラーム指導省の許可の元始動し、今年初めてイーラームで実現された。バーシュール出版社社長モハ 全文をよむ

2019-11-15 フランクフルトブックフェアでのハリーポッターのブースに関して注目のイラン人編集者のコメント/我々には児童書のデータベースが必要である。 (Hamshahri紙)

ヤズドの有名な作家であり編集者でもあるバーバク・サーベリー氏は「イランにおける若者向けの小説を制作する状況は、現在とても望ましいものである。」と述べた。      ハムシャフリー・オンラインによると、第27回読書週間「ヤズドの日」【訳注:2019年読書週間において、ヤズド市が『本の首都』に選ばれた】を記念して、ヤズド出身の作家であり翻訳家であり児童書出版社編集長、また医者の顔も持つバーバク・サーベリー氏との会談が、本日アーバーン月22日水曜日【訳注:西暦11月13日】の午後、ヤズドの旧市街にある 全文をよむ

2019-11-15 マースーレ砂漠;トゥーラーン国立公園の野生動物への入口 (Hamshahri紙)

ガルエバーラー村、マースーレ砂漠は、山岳地帯に位置することから階段状の建築を有し、砂漠やトゥーラーン国立公園の近くにあり、トゥーラーンの野生動物の玄関口と称され、毎年多くの観光客を呼び寄せている。      IRNA通信によると、ガルエバーラー村はビヤールジョマンド村から24キロ離れていて、シャーフルード【訳注:イラン北東部にあるセムナーン州最大の都市】の140キロ南に位置し、有名なマースーレ村のように、より低いところに建てられた家々の屋根は、その家より少し高いところにある家々の中庭になっている 全文をよむ

2019-11-03 ゴレスターンギャラリーにてキアーロスタミー絵画展開催についての記者会見 (Hamshahri紙)

ゴレスターンギャラリーにて、故アッバース・キアーロスタミー絵画展開催の記者会見がギャラリー支配人リーリー・ゴレスターンとナザル出版編集長マフムード・バフマンプールによって行われた。      ISNA通信(イラン学生通信)によると、故アッバース・キアーロスタミーの絵画展がゴレスターン・ギャラリーにて初めて開催されることが決まった。この記者会見でのリーリー・ゴレスターンの話によると、写真家で映画監督のアッバース・キアーロスタミーの展覧会をこの2週間開催するために、かつて生計のために売られた作品が、 全文をよむ

2019-06-25 アメリカで宗教書の売り上げが増加 (Hamshahri紙)

アメリカ出版協会の最近の発表によると、今年(西暦)第一四半期【訳注:ペルシア語原文では「上半期」と書かれているが、明らかに誤っているため、本訳文中では訳者の判断により全て訂正した】の書籍の売り上げが6.7%増加した。宗教書がその最も大きなシェアを占めているという。      IBNA【訳注:Iran Book News Agency】通信によれば、アメリカ出版協会【AAP】のニュースレポートが最近報じたところによると、米国での今年第一四半期の書籍市場の売り上げは、去年2018年【同時期】の売り上 全文をよむ

2019-06-19 『詩人X』がカーネギー賞を受賞 (Hamshahri紙)

 イギリスで最も歴史を有する児童文学の最高賞であるカーネギー賞が、ドミニカ系アメリカ人作家のエリザベス・アセヴェドElizabeth Acevedo氏の作品『詩人X』The Poet X (HarperTeen, 2018)に授与された。       イラン学生通信によると、エリザベス・アセヴェド氏は非白色人種[訳注:原文ママ]の作家として初めてカーネギー賞を受賞した。本賞は1936年に最初の授与式が行われ、過去の受賞者には、C・S・ルイス氏やアーサー・ランサム氏、ニール・ゲイマン氏らが名を連ね 全文をよむ

2019-06-18 カフェ・ゲッセ〜文学の魅力伝えるエスファハーンの憩いの場〜 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー電子版】ナグシェ・ジャハーン広場[訳注:通称王の広場、エスファハーンの中心に位置する]付近にある「カフェ・ゲッセ[訳注:ゲッセとはペルシア語で「物語」の意]」は、近頃エスファハーンの若い作家たちと、「世界の半分」として名高いこの都市を知りたいと願う観光客らの溜まり場となっている。このカフェにはどのような文学的経歴があるのだろうか。      イーブナー通信[訳注:IBNA(Iran Book News Agencyの頭字語))によると、エスファハーンの「カフェ・ゲッセ」はナクシェ 全文をよむ

2019-06-18 スウェーデン人作家リンド、絵本『砂の狼』を携えイランを訪問 (Hamshahri紙)

 スウェーデンの作家であるオサ・リンド氏が、イラン暦4月1日[訳注:2019年6月22日]、スウェーデン文化週間に際し、彼女の作品『砂の狼』について対談を行う。       在テヘラン・スウェーデン大使館のヴェロニカ・ヌールルンVeronica Nordlund文化参事官は、作家のマフディー・ラジャビー氏、翻訳家でありリットン・スウェーデン出版代表ファルザード・ファルボッド氏とともにこの対談に参加する予定となっている。      2部からなるこの催しでは、18時から会談、19時30分から9歳から 全文をよむ

2019-06-12 『タンタンの冒険』第1作の原画、100万ドル越えで落札 (Hamshahri紙)

 『タンタンの冒険』シリーズ第1作表紙として印刷されたタンタンの原画が、112万ドル[1億2千万円]で落札された。       イラン学生通信によるナショナルジオグラフィックからの引用によると、ベルギーの有名な挿絵作家エルジェ[Hergé (本名Georges Prosper Remi, 1907-1983)]によるこの絵には、丸太に座り木製飛行機のプロペラを作ろうと奮闘するタンタンが描かれている。この絵は、危険で困難な着陸の後に深刻な災難に直面するというストーリーの一部に関係がある。   全文をよむ

2019-06-09 新世紀のヒーローたち (Hamshahri紙)

アーラシュ・ナハーヴァンディー[訳注:執筆者]:スーパーヒーローの物語が大衆文化の一部になって75年以上になる。      スーパーヒーローは文字と絵の印刷物によってだけでなく、マスメディアに取り上げられることでも人々に紹介されてきた。だがコミック本の後は、映画館の大きなスクリーンがスーパーヒーローたちの活躍する最も大衆的な舞台となっている。この40年間、数多くのスーパーヒーローものの映画が公開されてきた。しかしながら、私たちの暮らすこの現代こそ、スーパーヒーローものの映画が人気の頂点を極めてい 全文をよむ

2019-03-18 イスラーム指導省音楽局の今年度統計報告 (Hamshahri紙)

 イスラーム指導省音楽局は、[政府によって]認可された音楽部門に関する統計報告書において、今年度(第1〜第3四半期)は、シングル曲とコンサート数が増加したと報じた。       イスラーム指導省音楽局広報室の発表を引用したメフル通信によれば、文化イスラーム指導省音楽局は、認可された音楽部門に関する統計報告書において、今年度(第1〜第3四半期)は、シングル曲とコンサート数が増加したと報じた。       この報告書では、次のように述べられている。「各州で、1397年度[西暦2018年度]の第4四半 全文をよむ

2019-02-18 女性と大地を讃える祭り「エスファンデガーン」 (Mardomsalari紙)

 「エスファンデガーン」または「セパンダールマズガーン」の祭りはエスファンド月エスファンドの日、つまりゾロアスター教暦のエスファンド月5日、イラン暦ではバフマン月29日[訳注:西暦2月18日]に行われる。      この地、この天を讃えよう   この地と天のあいだにある、善きもの全てを讃えよう   賞賛するに値するもの、敬虔な人々が崇拝するにふさわしきものを讃えよう   砂漠で有益な動物の魂を讃えよう   真実を求める男たちの魂を讃えよう   真実を求める女たちの魂を讃えよう   生をもたらした 全文をよむ

2019-01-12 スペシャル・ケールサラダの作り方 (Hamshahri紙)

ハムシャフリー・オンライン:シャフレ・ファラジー      ケールサラダのソースはニンニクが入っていて辛みがあります。   サラダは野菜とソースを手で揉みこんで作ってください。      どんな種類のケールもこのサラダに使うことができますが、使う前に太い茎は外してください。      ●必要な材料   ケール:約100グラム   卸したパルメザンチーズ:半カップ   オリーブオイル:3分の1カップ   レモン汁:4分の1カップ   ニンニク(大きめ):3つ、押しつぶして   醤油:大さじ1   全文をよむ

2018-12-08 レザー・アミールハーニー、第11回ジャラール・アーレ=アフマド賞受賞 (Hamshahri紙)

レザー・アミーハーニー氏は第11回ジャラール・アーレ=アフマド賞受賞者に選ばれました。今回のジャラール・アーレ=アフマド賞の受賞者は次の通り。   文芸批評部門:レイラ・セイエドガーセム著、ヘルメス出版『ベイハギーの歴史における統語論的構造に関する修辞学』が受賞し、バハールアーザーディ金貨10枚相当の賞金が授与された。   短編小説部門:サマド・ターヘリー著、ニーマージュ出版『ライオンの傷』が受賞し、[バハーレ・アーザーディ]金貨10枚相当の賞金を獲得した。   ドキュメンタリー部門:ヘダーヤッ 全文をよむ

2018-12-08 「我々は科学技術を石油の代わりに輸出するべきだ」 (Hamshahri紙)

イラン・ロボカップ委員会の委員長は以下のように述べた。「この数年間で科学技術の輸出を石油の輸出に置き換えることを期待している」      若手記者クラブ医科学部門の記者の報道によると、イラン・ロボカップ委員会の委員長であるモルテザー・モウサーハーニー氏は、キーシュ島で開催されている第2回ロボカップ・オープン大会の開会式において、ロボカップに言及してこう述べた。「ロボカップはエンターテイメントや遊びの一種だと考える者もいるが、そのイメージに反して、この科学分野は産業革命第四世代の軸となる人工知能の 全文をよむ

2018-11-04 ソフラーブ・セペフリー生誕90周年記念コレクションの発表 (Hamshahri紙)

 ソフラーブ・セペフリー文化プロジェクト責任者アリーレザー・アズィーズィー氏は、『わたし、ソフラーブ・セペフリー』コレクションの枠組みで、数年間の研究と情報蒐集を経て、彼の生誕90周年に合わせて発表されるコレクションの進捗と成果について述べた。       ISNA[イラン学生通信]によれば、同プロジェクト責任者アズィーズィー氏は、このコレクションの蒐集に関して次のように述べた。「以前からなされてきた計画にそって集められてきたコレクションは、イラン北部のマフムードアーバードという都市にあるディー 全文をよむ

2018-10-08 シャフィーイー・キャドキャニーが語る、イーラジ・アフシャールの生涯 (Hamshahri紙)

 メフル月16日[訳注:10月8日]は、イランの碩学イーラジ・アフシャール[1925年10月8日 – 2011年3月9日]の生誕日である。ここでは歴史・文学・哲学を扱う学術誌『ボハーラー』81号[2011年]掲載のシャフィーイー・キャドキャニーの回想録「イーラジ・アフシャール、彼に敬称やタイトルは不要」の内容を紹介する。      [写真:シャフィーイー・キャドキャニー(右)、イーラジ・アフシャール(左)]       私[キャドキャニー]は、およそ半世紀の間、山野や、ありとあらゆる場所、祖国で 全文をよむ

2018-06-25 非常勤教員と教育機関の仁義なき戦い(その1) (Hamshahri紙)

ファフミーネ・サーダート・タバータバーイー記者      非常勤教員に関する問題は古くから何度も繰り返しされる話である。例えば、雀の涙ほどの取るに足らない給料、恵まれない州における学校の不足、毎月または毎日繰り返し起こる社会的損害の奮闘など他にも多くのことを耳にするのにも慣れてしまった。      先日再び、非常勤教員達がこの無為無策に抗議して何度目かの会議に参加したが、その諸抗議にも結論は出ず、再び絶望して自分たちの市に戻ったのだった。      しかし70年代初頭、非常勤教員という名目の問題 全文をよむ

2018-06-25 非常勤教員と教育機関の仁義なき戦い(その2) (Hamshahri紙)

過去2年、前教育大臣アリー・アスガル氏がその採用を認めなかった非常勤教員の無為無策な議論は再燃した。今も約10万人もの非常勤教員が教職に就き、約3万4000人が「コード化された」教員である。      5年以上の教歴を有する非常勤教員は、採用試験なしに雇用されるべきだと信じている。というのも、雇用が厳しい時代ではなく、様々な時代においても教育省の助けがあったためであり、現在も教育機関への採用割り当ては彼らの権利であるからだ。教育省の責任者たちが発表したところによると、同省は、来週実施される採用試 全文をよむ

2018-06-25 非常勤教員と教育機関の仁義なき戦い(その3) (Hamshahri紙)

ルーデヘン校で中等学校の2年生を8年間教えた経歴を有するニヤーズ・ニークーイー氏はこう述べる。   「もし私たちが必要とされていないなら、なぜ毎年私たちに募集を掛け、最悪な授業時間を私たちに割り当てるのに、正規採用の段階になると、関連する学科の大学卒業生たちに権利を与えるのでしょうか。8年間教壇に立ち続け経験豊富な私なのか、何の経験も無く、単に試験の成績だけは良い人なのか。私たちはこのようにして抗議し、納得いく回答を求めているのです。         ・非常勤教員の採用はない   しかし、教育省 全文をよむ

2018-05-20 自然学校―自然に親しむ季節 (Hamshahri紙)

自然学校という構想は、生態学者アブドルホセインワッハーブザーデ氏によっておそらくイランで初めて提案された。   自然学校は、子供達や若者が自分たちの故郷を愛することができるように、自然と交わり、自然に慣れ、自然の秘密と共存のための知識を身に着ける手助けをすることを目指している。   この自然学校の中で子供は五感を用い、自発的に集団生活を通じて自然に触れる。ある統計によると、イランでは70の自然学校が活動しており、さらにテヘラン州のダマーヴァンド自然学校は活動を開始してからおよそ2年が経つ。   全文をよむ

2017-09-06 イマーム・レザー廟聖域条例とシーア派コミュニティーの誇り (Hamshahri紙)

 イラン全国に存在する最も重要な場所の1つとして、聖地マシュハドと同地にあるサーメン・アル=ホジャッジ Thāmen al-Ḥojajj[訳注:12イマーム派第8代であるイマーム・レザー]の廟が挙げられる。       イランは、世界でシーア派第一の拠点であり、マシュハド市は、イランで第一のシーア派拠点である。シーア派コミュニティーにおけるマシュハド市とイマーム・レザー廟の重要性を考慮すると、廟を訪れることに栄誉を抱きながら押し寄せる巡礼者たちの波に対して細心の注意を要するという特殊性を鑑みなが 全文をよむ

2017-07-09 ヤズドが歴史都市として世界遺産登録 (Hamshahri紙)

 約200ヘクタールの中核領域と約650ヘクタールの景観維持区域を持つ長い歴史を有するヤズド市が、イランで初の歴史都市として世界遺産に登録された。       [文化遺産・手工業・観光庁の]文化遺産局広報室によれば、ユネスコ世界遺産委員会の第41回定例会議の7日目に、最終的に世界遺産委員会メンバーの決定によって、初めてイランの歴史都市が世界遺産リストに掲載されることとなった。       文化遺産・手工業・観光庁モハンマド・ハサン・ターレビヤーン文化遺産担当次官は、現在この会議に出席しており、こ 全文をよむ

2017-03-07 革命最高指導者「相手に弱点があると感じれば、敵は攻撃してくる」(4) (Iran紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はいかなる財産・財宝を利用するにも技術というものが必要だと強調した上で、「ラーヒヤーネ・ヌールは実際、『聖なる防衛』の時代という黄金のごとき財産を利用するための技術なのである」と指摘し、さらに「聖なる防衛」という豊かなコンテンツを教科書や大学、芸術作品の中で活用していくことの必要性を強調して、「責任者たち、特に政府や大学の責任者たちは、そうした仕事を自らの義務と心得なくてはならない」と語った。      〔‥‥〕       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は「 全文をよむ

2017-03-07 革命最高指導者「相手に弱点があると感じれば、敵は攻撃してくる」(3) (Iran紙)

 革命最高指導者は、「聖なる防衛」の時代を社会の中で色褪せたものにしようと企てたり、その時代を否定するような発言をしたりしている者たちや党派を批判した上で、「これらの者たちは、一国民の貴重なる手書きの書物を火にくべたり、あるいは一国民の〔貴重な〕財産である石油を海に投げ棄てたりするような輩と変わらないのである」と付け加えた。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は「聖なる防衛」の時代に対して無関心を決め込んだり、それとは反対の方向へと歩もうとしたりすることは、国民の歴史を決定づけた国民的 全文をよむ

2017-03-07 革命最高指導者「相手に弱点があると感じれば、敵は攻撃してくる」(2) (Iran紙)

 同師は〔世界の〕各国が有している天然資源や人的資本に言及した上で、次のように述べた。      イランという国には豊富な天然資源や人的資本があり、それらには多くの強みがある。しかし、国民の大多数に「神のために努力・闘争することを信じる気持ち、そして宗教の道を進もうとする意思」が存在することこそ、〔イラン国民の〕文化的な財産・価値の中でもっとも重要なものの一つなのである。    革命最高指導者はさらに、次のように続けた。      「抑圧者に対しては抵抗しなければならないという信念」、そして「も 全文をよむ

2017-03-07 革命最高指導者「相手に弱点があると感じれば、敵は攻撃してくる」(1) (Iran紙)

「文化的な計略は安全保障上の陰謀、さらには軍事的な脅迫よりも危険」      【イラン紙2面】革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日(月曜日)、「ラーヒヤーネ・ヌール(光の道を行く者たち)」の関係者たち、および「聖なる防衛」〔=イラン・イラク戦争〕の軍司令官ならびに兵士らとの面会の中で、「聖なる防衛」の8年間は貴重かつ純粋なる国の文化的財産の一つだとの見方を示し、「ラーヒヤーネ・ヌールは『聖なる防衛』という黄金のごとき富を利用する、極めて偉大かつ重要な試みであり、またそのための新 全文をよむ

2017-02-27 『セールスマン』オスカー獲得 ─ イラン映画ファルハーディー監督が二度目の受賞 (Jam-e Jam紙)

 アスガル・ファルハーディー監督[訳注:日本では英語での同監督の名前の読み方をそのまま採用した「アスガー・ファルハディー」を用いているが、本ページではペルシア語原音のそれに従っている]が、映画芸術科学アカデミーメンバーの投票により二度目の最優秀外国語(非英語)映画部門でオスカー賞を獲得した。       ハバルオンラインの引用による本紙によれば、映画『セールスマン[主演が演じるのは訪問販売業者、あるいは行商人に近い]』の監督がフェデリコ・フェリーンやイングマール・ベルイマン、ヴィットリオ・デ・シ 全文をよむ

2017-02-09 「笞と絶叫」の博物館へようこそ―パフラヴィー体制時代に囚われの身となった政治犯たち(5) (Iran紙)

 建物の一階にある独房は、そこに収監されていた有名人物の名前で呼ばれている。どこも薄暗く、恐怖に満ちた場所だ。刑務官たちが期待した通り、ということだろう。       私はそこで、アリー・シャリーフニヤーに出会った。彼は監房をじっと見つめていた。その目は、悲しみに満ちていた。彼もまた、この建物の記憶の一部なのだということを再度理解することは、難しいことではなかった。            逮捕された時、私は大学生でした。私をここに連れてきたのはコミテ〔=反破壊行為合同委員会〕ではなく、エヴィーン 全文をよむ

2017-02-09 「笞と絶叫」の博物館へようこそ―パフラヴィー体制時代に囚われの身となった政治犯たち(4) (Iran紙)

 博物館二階にある拷問部屋は、他のどこよりも訪問者らの注目を集める。そして訪問者らからは「ああ」という溜め息が漏れ出る。そう、そこで目にするのは、鞭打ち台であり、「アポロ」であり、電気ショックなのだ。       拷問の様子を再現した音、そして元政治囚らの回想の朗読が、部屋にあるモニターから流れてくる。それらはすべてを生々しいものにさせ、〔訪問者らは〕体を震わせる。別の元政治囚が言う。      拷問の順番待ちの列に並んだ記憶は、元政治囚にとってつらい記憶の一つでしょう。私は鞭打ち台に2度、また 全文をよむ

2017-02-09 「笞と絶叫」の博物館へようこそ―パフラヴィー体制時代に囚われの身となった政治犯たち(3) (Iran紙)

 私は、この狭く薄暗い廊下を歩いてここで起きたことを再び思い出すのはつらくはないですか、と尋ねてみた。すると彼は首を横に振り、次のように言うのであった。      私たちには全員、感情というものがあります。私たちは人間です。つらいことは誰にとってもつらいものです。でもね、かつて科学者たちをバングラデシュからすらも連れてこなくてはならなかった我らがイランが、最近ではめざましい進歩を見せ、ナノテクノロジーやら核技術やらを身につけるまでになったということが、私にはうれしいのです。こうしたことがあれば、 全文をよむ

2017-02-09 「笞と絶叫」の博物館へようこそ—パフラヴィー体制時代に囚われの身となった政治犯たち(2) (Iran紙)

 「フェルドウスィー通り南—イマーム・ホメイニー広場近く」に位置するエブラト博物館は円柱状の中庭を有し、〔‥‥〕6区画86房を擁する4階建ての建物だ。狭い廊下から入るとすぐに、ここに囚われの身となっていた数百人もの政治囚らの名前が目に入ってくる。〔‥‥〕       囚人だった一人アブドッラー・アズィーズィヤーンはここに2回、計8ヶ月間収監された経験をもつ。一歩踏みしめるごとに、彼にとってここがいかに苦楽の記憶の場となっているかが分かるだろう。      ここで私たちは抵抗というものを目の当たり 全文をよむ

2017-02-09 「笞と絶叫」の博物館へようこそ—パフラヴィー体制時代に囚われの身となった政治犯たち(1) (Iran紙)

【イラン紙11面:タラーネ・バニーヤアグーブ】〔‥‥〕エブラト博物館〔※〕はここ最近、多くの訪問者を受け入れている。しかし、ここでは革命前の政治囚らの姿も多く見かけることができる。      ※訳注:「エブラト博物館」は革命前の拷問の実態を展示する施設。「エブラト」は直訳すれば「教訓」「戒め」「啓発」の意。       「ファジル10日間」〔※〕の期間中、通常の数倍の人がこの博物館を訪問していると言われている。      ※訳注:ホメイニーが亡命中のフランスから帰国した1979年2月1日から、革 全文をよむ

2016-12-20 ユネスコ、「シャベ・ヤルダー」をイランに対してのみ認定へ(2) (Mardomsalari紙)

 同氏は、どの案件を調査し、世界遺産登録するに際しても、2年前にそれをユネスコに推薦する必要があると指摘した上で、次のように続ける。      イランはこれまで10件以上の無形文化遺産をユネスコに登録してきたことから、3年に1件だけ、単独案件を申請する枠をもっている。よって、2018年はイランには枠が割り当てられないことになっている。もしシャベ・チェッレを単独案件としてユネスコに推薦することが決まれば、2019年にも本件を〔ユネスコに〕通知することができるよう、近い将来アクションを起こさなければ 全文をよむ

2016-12-20 ユネスコ、「シャベ・ヤルダー」をイランに対してのみ認定へ(1) (Mardomsalari紙)

【マルドムサーラーリー紙11面】ユネスコのウェブサイトに掲載された情報によると、イランは今日まで、いにしえからの風習である「シャベ・チェッレ〔※冬至の日のこと。シャベ・ヤルダーとも〕」の世界遺産登録を申請している唯一の国であり、これまでイラン以外に「シャベ・チェッレ」に対して合同ないし単独で資格申請をした国は存在しないとのことである。       イラン学生通信(ISNA)の報道によると、2年前からイランは「数ヵ国にまたいだ案件について周知させるための情報共有サイト」(Sharing info 全文をよむ

2016-10-31 「キュロスの日」をめぐって逮捕者 (Iran紙)

【イラン・オンライン】「キュロス大王の日」に旧跡パサルガダエで多くのイラン国民同胞を集めて開かれた集会が、メディア上で大きな反響を呼んでいる。この集まりは同時に、さまざまな波紋や政治的シュプレヒコールを引き起こし、ついにシーラーズ検察はそれにかかわった複数の人物を逮捕したことを明らかにするまでになっている。       イラン学生通信(ISNA)の報道によると、ファールス州中央一般革命検事のアリー・サーレヒー氏は、パサルガダエで金曜日に開かれた集会で不法行為に走った主だった者たちを逮捕したことを 全文をよむ

2016-10-29 一部の反政権派、キュロス記念日に怒りをあらわ (Iran紙)

【イラン・オンライン】多くのイラン国民同胞らの参加によって、「キュロス大王の日」に史跡パサルガダエで開かれた記念式典に対し、複数の反政権派〔※保守強硬派のこと〕のメディアは否定的反応を示している。〔‥‥〕      
 政権に批判的なメディアは、主に皮肉めいた口調で、上記の記念式典に多くの人が集まったことを批判した。一部は〔キュロス記念式典に対する人々の〕こうした歓迎ぶりを、いわゆる王党派による政治的な動きとして指摘し、また別の一部はキュロス王の誕生日および戴冠日は明らかになっていないとする主張 全文をよむ

2016-10-28 
キュロス大王を記念する式典に参加者らが殺到 (Iran紙)

【イラン・オンライン】本日、ネット上のサイトには、アーバーン月7日(10月28日)のキュロス大王記念日に合わせて、史跡パサルガダエに多くの人が集まっていることを伝える画像が出回っている。   
 この情報ならびに画像は、まず最初にネット活動家の一人であるモハンマド・モヘッビー氏が伝えたもので、同氏はそこで「〔キュロス記念日にパサルガダエを訪問するという〕ツアーはごく限定的なものだったにもかかわらず、こんなにも多くの人がパサルガダエに集まってくれた」と書き記している。       アーバーン月7日 全文をよむ

2016-10-07 イラン国営放送局会長への国際レジスタンス映画祭事務局からの謝意(2) (Jam-e Jam紙)

 14回目となる映画祭の旗の下でレジスタンス映画運動が、改めて社会世論や監督、批評家、作家らがより真剣に集中して見つめ直す、その規模と広がりを記すこと、そして国内でこのジャンルの映画の偉業と価値、必要性に新たな視点を創出する状況が整えられたことを神に感謝いたします。       レジスタンスは、聖なる防衛戦であるイラン・イラク戦争の気高き精神の継続であることは疑いはなく、今日聖域を守る殉教者や世界の殉教者から光あふれる輝きの中で、その祖国を我々の全身全霊をもってより一層理解させてくれます。我々の 全文をよむ

2016-10-07 イラン国営放送局会長への国際レジスタンス映画祭事務局からの謝意(1) (Jam-e Jam紙)

 国際レジスタンス映画祭モハンマド・ハザーイー事務局長は、イラン国営放送局会長のアリー・アスキャリー博士宛ての書簡の中で感謝を表明した。       青年記者クラブからの記事を引用した本紙によれば、国際レジスタンス映画祭ハザーイー事務局長は、イラン国営放送局アスキャリー会長宛ての書簡で以下のように感謝を述べた。      イラン国営放送局会長   アリー・アスキャリー博士殿      拝啓       第14回国際レジスタンス映画祭は、神の恩恵に預かり、輝かしく注目に値する華麗さと優美さをもって 全文をよむ

2016-10-03 秋に決して食べてはならない果物とは? (Jam-e Jam紙)

 秋になり気候の状態や人々の体質が変わり、体を冷やす作用のある果物を食べると、一部の病気にかかりやすくなる。       記者クラブから引用した本紙の記事によると、伝統医学者のヘイダル・オズマーイー氏は次のように述べたという。「秋にさしかかり気温が下がると、人々の体質は変化に直面します。このことから、秋には子供やお年寄りにより配慮することを薦めます。」       彼は、「秋は寒く乾燥した季節なので、体を冷やしたり乾燥させたりする食材をこの季節に摂ると、体調不良を起こすことにつながります。この季 全文をよむ

2016-09-02 リド島でのキヤーロスタミーとの76分15秒(2) (Hamshahri紙)

【アメリカでのトリビュート】       ヨーロッパのカルロヴィ・ヴァリ、ロカルノ、そしてヴェネツィアの各国際映画祭でのキヤーロスタミーのトリビュート後、映画界の重要イベントは北米に到達した。始まりは権威あるテルライド映画祭のプロデューサーたちで、今年の映画祭をイランの亡き映画監督[訳注:キヤーロスタミー]と、オランダ・オーストラリアの亡き映画監督、ポール・コックスに捧げると発表した。興味深いことに、この世界的に有名な映画界の巨匠たちは、今年、ともに76歳で亡くなっている。       第43回 全文をよむ

2016-09-02 リド島でのキヤーロスタミーとの76分15秒(1) (Hamshahri紙)

 ついに待ち時間が終わり、最も権威ある世界的な映画祭の一つは、開催初日に3本の映画を上映し、パルムドール賞を受賞[訳注:1997年、受賞作品『桜桃の味 ṭa‘m-e gīlās 』]した唯一のイラン人映画監督の記憶と名声をたたえた。ヴェネツィア国際映画祭の人気者である監督は、過去にその特別大賞を受賞[1999年、受賞作品『風が吹くまま bād mā rā khāhad bord 』]している。       本紙によると、ヴェネツィア国際映画祭ディレクター、アルベルト・バルベラ氏は、第73回映画祭 全文をよむ

2016-08-17 映画『4番目の子供』を見て過ごす週末 (Jam-e Jam紙)

 メフディー・ハーシェミー、マフターブ・ケラーマティー、ハーメド・ベフダードが4チャンネルに登場-『死の公式』、『法律と倫理 (邦題: 「裏切りの戦場、葬られた誓い」)』、『4番目の子供』などのテレビ映画、劇場上映映画が、今週木曜・金曜日に4チャンネルで放映-       ジャーメジャム・オンラインによれば、ベフダード・アーヴァンドアーミーニー監督によるテレビ映画『死の公式』は、モルダード月28日木曜日(西暦2016年8月18日)の11時より、シネマ4チャンネルで放映される。       映画の 全文をよむ

2016-05-26 ペルセポリスのレリーフに女性の姿はなし―考古学者、ヘジャーブ普及用の看板に疑問(3) (Iran紙)

 同氏はペルセポリスの碑文を基に、大規模な随行団を引き連れ、時には〔王を伴わず〕単独で旅をするアケメネス朝の女王がいたことを指摘している。〔‥‥〕同氏は女性の姿が描かれていないもう一つの理由を、次のように挙げている。「アケメネス朝の宮廷に捧げ物を献上するために訪問した一団に女性が同行することは、通常なかったのです」。      ダマーヴァンドの看板はだれのもの?       このレリーフが男性を描いたものであることに関し、考古学者で疑いをもつものはいない。しかし彼らがゾロアスター教の司祭なのか、 全文をよむ

2016-05-26 ペルセポリスのレリーフに女性の姿はなし―考古学者、ヘジャーブ普及用の看板に疑問(2) (Iran紙)

レリーフは神話的で男性的な姿を描いたもの       ペルセポリスのレリーフに女性の姿が描かれていない理由について、考古学者らはどのように考えているのか、アサディー氏に尋ねたところ、同氏は次のように答えてくれた。「ペルセポリスはアケメネス朝国家の権力や力を示す、一つのシンボル、象徴です。日常生活を表現するものではまったくないのです」。       同氏によると、まさにこのような理由から、〔レリーフには〕アケメネス朝の宮廷内の普通の姿や情景が表されているわけではないという。同氏はペルセポリスのレリ 全文をよむ

2016-05-26 ペルセポリスのレリーフに女性の姿はなし—考古学者、ヘジャーブ普及用の看板に疑問(1) (Iran紙)

【イラン紙11面:ザフラー・ケシュヴァリー】アケメネス朝時代のレリーフが描かれた、巨大な看板の上部には、次のような文言が書かれている。「チャードル、それは私たちの国民的な衣服です。チャードルはイスラーム的なヘジャーブである以上に、イラン的ヘジャーブなのです」。      ※訳注:ヘジャーブはイスラーム的に妥当とされる、髪の毛や体のラインを隠す女性用の衣服のこと。チャードルは、その中でも全身をすっぽり覆うタイプの、黒色の衣服。ヘジャーブとチャードルの違いについては、この絵を参照。       この 全文をよむ

2016-03-12 ハサン・ホメイニー「詩は社会の痛みを表現するものでなければならない」 (Iran紙)

【イラン紙23面:マルヤム・レザーザーデ】第9回詩の祭典「記憶と記念」の閉会式が、エスファンド月19日〔※3月9日〕水曜日夜、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのセイエド・ハサン・ホメイニー師、同じくホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのマジード・アンサーリー議会担当副大統領、および詩人らの出席のもと、ニヤーヴァラーン文化センター「ペルシア湾ホール」で開かれた。       イラン紙が伝えたところによると、イマーム・ホメイニー作品編纂出版会の理事長を務めるセイエド・ハサン・ホメイニ 全文をよむ

2015-12-20 イラン伝統医学の専門家が紹介する「血糖値の減少とダイエットに効くハーブティー」 (Jam-e Jam紙)

 伝統医学の専門家のセイエド・ジャヴァード・アラヴィー氏は、「緑茶に乾燥したセロリの葉を入れたハーブティーは、ダイエットに効果があり、糖尿病患者の血糖値の減少を促します。」と述べる。       アラヴィー氏は、セロリがもつダイエット効果の理由について「セロリは低カロリーで、ダイエットを促進する食材として優れた野菜です。」と述べる。       同氏が語る伝統医学的見地によると、セロリは、水分を分離することで体を温め乾燥させる性質があり、ダイエットに非常に効果的がある。       この専門家は 全文をよむ

2015-12-09 「イランのファッション分野は150年以上時代遅れ」―「服飾ワーキンググループ」書記が指摘(2) (Mardomsalari紙)

 ゴバーディー氏によれば、      ここ数年で200の業者が国のファッション服飾ワーキンググループと協力して、4万モデルをデザインし生産してきた。これらのモデルをもとに生産された服は、7,217,440着に上る。これだけの数の服がイラン暦1392年の半ば〔西暦2013年9月下旬以降〕から今年の上半期〔西暦2015年9月下旬まで〕にかけて生産されてきたのであるが、社会の需要の15〜20%をまかなったにすぎない。      またわれわれは、〔こうして生産された服を販売してくれる〕販売センターの指定 全文をよむ

2015-12-09 「イランのファッション分野は150年以上時代遅れ」—「服飾ワーキンググループ」書記が指摘(1) (Mardomsalari紙)

 「ファッション服飾ワーキンググループ」の書記は同ワーキンググループの活動について詳細を説明した上で、「イランはファッションならびに服飾の分野で、世界の先端を行く国々よりも150年以上遅れている」と指摘した。       メフル通信によれば、ファッション服飾ワーキンググループのハミード・ゴバーディー書記は、アーザル月17日〔12月8日〕朝に開かれた会合で、同ワーキンググループの活動について報告し、次のように述べた。      ライフスタイルは真剣に論じられるべき分野であり、21世紀に生きる多くの 全文をよむ

2015-11-29 絨毯博物館所蔵の絨毯を画像で公開─イランの文化・芸術を紹介 (Hamshahri紙)

 電子博物館と移動博物館の立ち上げ、およびイラン文化の紹介を目的として、文化遺産観光研究所の歴史文化財保存修復研究部によってイラン絨毯博物館の絨毯の解析用画像記録作業が実施された。       文化遺産観光研究所の広報発表によれば、歴史文化財保存修復研究部絨毯研究科の責任者ショクーフェ・メスバーヒー氏は、このニュースの発表において次のように述べた。「文化遺産観光研究所の歴史文化財保存修復部と日本の京都大学の間で締結された合意書に従って、イラン絨毯博物館の貴重な絨毯コレクションの一部に対しスキャン 全文をよむ

2015-11-07 関節炎患者向けの理想的な食事 (Jam-e Jam紙)

 伝統医学の専門家のアリーレザー・アッバースィヤーン氏は、関節炎患者向けの理想的な食事について次のように述べた。「黄身がとろとろの半熟卵に少量の塩と黒胡椒にサンギャク(石焼きのナン)、サンギャクにシトロンのジャムかマルメロのジャムか蜂蜜と少量のバター、サンギャクにタヒーニ(ごまのペースト)とぶどうシロップ、さらにサンギャクにタヒーニと蜂蜜はとても効果的です。」       タスニーム通信によると、アッバースィヤーン氏は、関節炎患者向けの夕食と昼食用の理想的な食事について次のように語った。「関節炎 全文をよむ

2015-08-06 「私たちの身体を被う宝」―文化遺産庁、イランの民族衣装の登録・整備を計画(3) (Jam-e Jam紙)

文化的・歴史的シンボルを伴った衣装       人類学者で、ファルハーメ出版の責任者を務めるマアスーメ・エブラーヒーミー博士は、イランの衣装や食べ物、その他有形・無形の遺産を紹介し、普及させるような催しは、どのようなものでも歓迎すべきものだとした上で、ジャーメ・ジャム紙に次のように語っている。      私たちはこうした領域に対して無頓着でした。その一方で、衣装の多様性といった点から言えば、私たちとは大きく隔たった〔=衣装の多様性の乏しい〕諸外国は、国民服のような自国の文化的な理想を示すことで、 全文をよむ

2015-08-06 「私たちの身体を被う宝」―文化遺産庁、イランの民族衣装の登録・整備を計画(2) (Jam-e Jam紙)

40点に及ぶイラン民族衣装が展示       文化遺産観光庁研究所の人類学研究室は、ここ数年この重要な課題に取り組んできた機関のひとつだ。       人類学研究室長のアリーレザー・ハサンザーデ博士は、同研究室の専門家らがイランの各民族の衣装の〔文化財としての〕登録のために、過去10年間にわたってさまざまな調査をおこなってきたと述べ、ジャーメ・ジャム紙に「1385年〔西暦2006年〕にケルマーンでイラン人類学70周年記念会議が催され、当研究室が収集した作品の一部がケルマーン州文化遺産局に寄贈され 全文をよむ

2015-08-06 「私たちの身体を被う宝」—文化遺産庁、イランの民族衣装の登録・整備を計画(1) (Jam-e Jam紙)

【芸術文化部:キャミール・エンテザーリー】民族衣装の点から言えば、イランには幅広い多様性があるが、しかし都市部に住む人々は西洋的な服装を好む傾向にある。       こうした事実は、なぜわれわれは衣服をデザインする際、地域の民族衣装をあまり利用しようとしないのか、との疑問を惹起する。その一方で、アラブ諸国やインド・パキスタンのような国々では、人びとは依然として、伝統的な国民服を着用しているのである。       ジャーメ・ジャム紙によると、我が国のデザイナーらが自らのデザインのなかで、地域的・民 全文をよむ

2015-06-07 文化製品輸入の犠牲となる生活スタイル(2) (Jam-e Jam紙)

 玩具監視評議会書記はさらに、次のように付け加えた。      我が国の玩具市場の95%は外国製のおもちゃが占めており、そのうちの90%は中国からイランに輸入されている。中国製のおもちゃは価格が安く、イランの市場を覆い尽くすことができるためだ。おもちゃはドイツやスペイン、イタリア、台湾、タイなどの国々からも輸入されているが、その割合は輸入品のうちの10%にも満たない。   輸入市場もバランスを回復       イランへの外国製の玩具の輸入はイラン暦1381年〔西暦2002年〕まで禁止されていたが 全文をよむ

2015-06-07 文化製品輸入の犠牲となる生活スタイル(1) (Jam-e Jam紙)

【文化芸術部:ゼイナブ・モルタザーイーファルド】玩具店のショーウィンドーは、青い目に金髪の人形や色とりどりのミニカー、その他、ペルシア語以外の言語で箱の表面に名前が書かれた、さまざまなおもちゃで溢れている。       文化製品を取り扱う店舗も、玩具店に負けてはいない。「シャフレ・ケターブ」〔※イランでチェーン展開する本屋の名。「ブックシティー」の意〕は舶来の筆記用具やノートでいっぱいである。〔‥‥〕国家芸術協会の会長は昨日、この混乱した市場をしっかりと管理・統制することの必要性について指摘し、 全文をよむ

2015-01-07 ハッダードアーデル氏「ザリーフ氏は外交官として成功を収めた人物」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】サアディー財団理事長のゴラームアリー・ハッダードアーデル氏は「モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外相は外交官として成功を収めた人物であり、文化への正確で深い関心や見方を有している。サアディー財団にいる我々が〔ザリーフ外相に対して〕期待を寄せるのも、同氏のこのような資質あってこそである」と述べた。       サアディー財団理事長(ハッダードアーデル氏)は水曜日、サアディー財団管理者委員会の委員を務めるザリーフ外相との間で、国外でのペルシア語の普及について検討するた 全文をよむ

2014-12-21 ―芸術家たちの悲哀を誘う秋は続く― モルテザー・アフマディーさんが死去(2) (Jam-e Jam紙)

彼は、1326年(西暦1941/2年)外国映画の声優となり、映画声優・音響監督協会(1342年(西暦1963/4年)設立)の初期メンバーの一人となった。1332年モルダード月28日(西暦1953年8月19日)のクーデター以後、アフマディーさんは役者をやめ、7年間アフヴァーズに行っていたが、その後テヘランに戻るとテレビシリーズ『タック・メズラーブ(唯一の撥[楽器サントゥールで用いる])』で演劇活動を再開した。彼が演じてきたその他のテレビ連続〔番組〕としては、『星合のスルタン(ナーセロッディーン・シ 全文をよむ

2014-12-21 ―芸術家たちの悲哀を誘う秋は続く― モルテザー・アフマディーさんが死去(1) (Jam-e Jam紙)

ジャーメ・ジャム・ナヴァー(音楽専門サイト):映画・演劇・テレビ・ラジオに出演の古参のアーティストであり、イラン伝統音楽のタラーネの歌い手であるモルテザー・アフマディーさんが、先刻他界した。      彼が所属するアルバム製作会社は、この訃報を確認し「古参のアーティストであるモルテザー・アフマディー氏は、アーザール月30日(西暦12月21日)つまり今から1時間に自宅にて息を引き取られた」と発表した。今は亡きモルテザー・アフマディーさんは1303年(西暦1924/5年)、テヘラン南部にて産声をあげ 全文をよむ

2014-12-08 タンドール ─ 神よ、地獄のような炎から我々をお守りください (Jam-e Jam紙)

 全てのナーン(パン)は、タンドール(ペルシア語では「タヌール」と呼ばれる)の中で焼かれる。我々は、調理の最終段階において、ナーンがタンドールから外に出てくる光景を近くで目の当たりにする。我々は、ナーンの一片を巡ってわくわくする。しかし、タンドール内部は何から作られているのか、ナーンは何にくっつくのか、タンドールを作るためにどのような材料が使用されているのか、少しも考えることはない。       ナーンを焼くためのタンドールは、一般的に、伝統的タンドール、機械的タンドールの二つに分けられる。そし 全文をよむ

2014-11-04 世界の願かけ料理(2):アフガニスタンのライスプディング (Jam-e Jam紙)

《ディーグチェ》はもっとも有名なアフガニスタンのナズリー[願かけ料理]のひとつで、我々になじみのある《シール・ベレンジュ》[暖かいミルク・ライス・プディング]とほとんど同じ外見をしているが、それよりも濃度が高い。      アフガニスタンの人々はこの料理をサファル月[イスラーム太陰暦第2月]の水曜日に料理し、それを追悼儀礼参加者に配る。彼らはこの料理を日々の糧を豊かにし、健康や子供が授けられるようと願をかけて作る。また、 ファーテメ[預言者ムハンマドの娘で初代イマーム・アリーの妻]がこうした料理 全文をよむ

2014-11-04 世界の願かけ料理(1):イラク・ナジャフの挽き肉料理《ゲイメ》 (Jam-e Jam紙)

モハッラム月[イスラーム暦1月] とサファル月[イスラーム暦2月]の風習のひとつに、ナズリー(願掛けの料理や菓子)を配るというものがある。願掛け用に料理を作るのはイランと私たちイラン人に限られたことではなく、世界のイスラーム教徒の多くにも、この2か月にナズリーを用意する習慣がある。      【ジャーメジャム・サラー(家庭版):週刊《サラーマット》より引用】   さらに 以下で、世界で最も有名な8種類の料理を紹介しよう。      1)イラク・ナジャフ風《ゲイメ》      ナジャフ[※]の《ゲ 全文をよむ

2014-10-14 グラミー賞受賞者、テヘランに到着:世界的ミュージシャンのイラン訪問、解禁(下) (Mardomsalari紙)

 ここ数年、クリス・デ・バー、リチャード・クレイダーマン、ナーディル・アッバースィー〔※エジプトの指揮者〕、ムラト・ケキリ〔※Murat Kekilli トルコのミュージシャン〕、アルカーディ・ヴォロドス〔※ロシアのピアニスト〕などの海外のアーティストらによるコンサートがイランで行われる予定となっていたが、これらの上演はよく分からない理由により、これまで一度も実現したことはない。      喜多郎「イランの方々は《シルクロード》がお好きだと伺っています」       テレビ・ドキュメンタリーシリ 全文をよむ

2014-10-14 グラミー賞受賞者、テヘランに到着:世界的ミュージシャンのイラン訪問、解禁(上) (Mardomsalari紙)

 日本の有名な演奏家であり、ゴールデングローブ賞とグラミー賞という重要な賞を二つ獲得したことのある喜多郎が、紆余曲折を経てついにテヘランに到着した。       イラン学生通信によると、卓越したアーティストである喜多郎はメフル月21日(月)〔西暦10月13日〕の早朝に、イマーム・ホメイニー空港にてテヘラン入りした。空港には音楽事務所のピールーズ・アルジュマンド社長がこのアーティストを出迎えた。       また、喜多郎の共演者の4人はメフル月20日(日)〔西暦10月12日〕の午後に、すでにテヘラ 全文をよむ

2014-09-29 喜多郎、テヘラン公演を予定—テヘラン交響楽団との共演は否定 (Mardomsalari紙)

 テヘラン交響楽団の指揮者は、同楽団の一部の団員が、喜太郎のコンサートにテヘラン交響楽団の名前で共演するとの報道について、その内容を否定した。       テヘラン交響楽団指揮者のマヌーチェフル・サフバーイー氏はメフル通信とのインタビューで、次のように述べた。      最近、信頼できるいくつかのニュース・サイトで、喜太郎のライブ・コンサートがテヘラン交響楽団のメンバーとの共演で行われる予定だ、との主催者の発言を目にしたが、私はこの報道を全面的に否定し、いかなる団員もテヘラン交響楽団の名で、この 全文をよむ

2014-09-01 マカーレム=シーラーズィー、インターネットをめぐる発言で釈明「テクノロジーには反対せず」 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは、第3世代のインターネットに関する自身の発言は正確に反映されていないと指摘した上で、「仮想空間最高評議会はこれについて私に説明をしてくれたが、そこで私が感じたのは、この問題では危険な状況が起きつつある、ということだった。そこで私は最後に〔仮想空間最高評議会の委員らにインターネットの危険性について〕注意喚起を行ったというわけだ。しかし残念なことに、私の一部の発言は歪曲されてしまった」と述べた。       国会通信の報道によると、マルジャエ・タグリード 全文をよむ

2014-08-27 新作アニメ6作を制作・放映(2)―「教育的アニメにおいてスローガンは避けねばならない」 (Jam-e Jam紙)

■イランを縦断する雲の子どもたち――「雨の旅」      サバー・アニメーション・センターで制作された他のアニメの中では、「雨の旅」を挙げることが出来る。これは3人の雲の子どもの旅を描いたものである。彼らはカスピ海の水滴が蒸発して生まれ、風に吹かれて、イランを南へ南へとペルシア湾に向って移動していく。旅をつづけながら彼らは、ザーグロス、イスファハーン、カーシャーンをはじめとする、イランの様々な地域を知るようになる。      「雨の旅」のアニメでは、水の重要さと命をはぐくむ役割が強調され、またイ 全文をよむ

2014-08-27 新作アニメ6作を制作・放映(1)―『クルアーン』に基づく「蜜蜂たちの歌声」ほか (Jam-e Jam紙)

宗教的な教えや国民的慣習・文化、学術的な問題、聖なる防衛[イラン・イラク戦争]などをテーマにしたアニメ6作品が、サバー・アニメーション・センター[※1]で制作された。      ※訳注1:「サバー・アニメーション・センター」の前身は、現国会議長のアリー・ラーリージャーニーが国営放送会長だった1995年に創設された。なお、「アニメーション」を意味するペルシア語造語の原義は、《邁進(プーヤー)を示すこと》。       「蜜蜂たちの歌声」、「雨の旅」、「幻の町」、サアディー作『果樹園』第2部、「塹壕 全文をよむ

2014-08-22 女性詩人ベフバハーニー埋葬式、古典歌手らがリサイタル (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】女性抒情詩人スィーミーン・ベフバハーニーの遺体は作家や詩人・芸術家らが参列するなか、ヴェフダト・ホールからベヘシュト・ザフラー墓地の詩人の家族の墓へと運ばれた。      IRNAはこう報じている。      この埋葬式で、故ベフバハーニーの家族も参列し、アボルハサン・タマーミー氏(娘婿)とアリー・ベフバハーニー氏(長男)が言葉を述べた。      また、歌手のシャフラーム・ナーゼリーやホマーユーン・シャジャリアーン、セッディーグ・タアリーフ[いずれもイラン古典音楽 全文をよむ

2014-08-19 国民的抒情詩人スィーミーン・ベフバハーニーが逝去 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】《イランのガザル婦人》[※イランを代表する女性抒情詩人の意]の名を冠されるスィーミーン・ベフバハーニーがモルダード月28日火曜日[8月19日]、この《無常の家》[現世]に別れを告げた。      IRNA(イラン国営通信)によれば、詩人であり抒情詩の名手であったスィーミーン・ベフバハーニーは、火曜日の未明、テヘランのパールス病院で死去した。      スィーミーン・ベフバハーニー逝去の報は、テヘランのパールス病院の担当主治医によって発表された。同主治医は、同詩人の死 全文をよむ

2014-08-14 イラン人女性数学者、世界最高の数学賞を受賞 (Mardomsalari紙)

 マルヤム・ミールザーハーニー博士(37歳、スタンフォード大学教授)が、女性数学者として世界で初めて、フィールズ賞を獲得した。フィールズ賞は数学分野での最高の科学賞であり、「数学のノーベル賞」と呼ばれている。       イラン学生通信の報道によると、ミールザーハーニー教授は幾何学やエルゴード理論の分野での研究でつとに有名で、アルトゥル・アビラ氏、マンジュル・バルガバ氏、マルティン・ハイラー氏らとともに、韓国ソウルで開かれている国際数学大会にて、2014年のフィールズ賞を本日〔8月13日〕受賞し 全文をよむ

2014-08-04 アフマド・ハータミー「優しい言葉で善を命じよ」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】最高指導者専門家会議の運営委員を務めるアフマド・ハータミー師は「『勧善』は優しい言葉で、宗教上のレッドラインを守って行われねばならない」と述べた。       アーヤトッラー・セイエド・アフマド・ハータミーは日曜日、シャフレ・コルドで開かれている第21回「イスラーム的生活様式というアプローチから信仰上の基礎を固め、宗教上の懐疑を取り除くプロジェクト」の第2夜で講演を行った。       同師はその中で、「文化革命最高評議会には、社会に貞節とヘジャーブの文化をひろめ 全文をよむ

2014-07-22 マカーレム=シーラーズィー、ヘジャーブ問題への無関心を批判 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは、一部の機関がヘジャーブ問題に十分注意を向けていないことに遺憾の意を表明した上で、次のように述べた。      彼らは環境問題に対して強い危機意識をもち、森林を破壊する者たちに対して、厳しい法律を定めようと考えている。もしそれと同じくらい、彼らがヘジャーブ問題に懸念を抱き、厳しい法律、厳しい罰則が社会の規律を破る者たちに対して考慮されていたならば、今頃ヘジャーブをめぐる状況はこんなのではなかったはずだ。    イラン学生通信の報道によると、マルジャエ 全文をよむ

2014-07-11 軍、風紀を紊乱する者たちへの取り締まりで、支援の用意を表明 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】軍統合参謀本部は声明を発表し、その中で、倫理的・文化的な規律を破る行為に対して、政府や関係機関が自らの役割をしっかりと果たしていくことが必要だと強調した上で、この分野で支援を行い、任務を果たす用意があると表明した。       この声明には、次のようにある。      イランのイスラーム社会に放縦・放埒を広め、法的・イスラーム法的規律への違反行為を蔓延させるために、〔イラン国民の〕意志と宗教的コミットメントを弱体化させることが、「ソフトな戦争」で覇権主義体制やイス 全文をよむ

2014-07-08 ペルセポリスの草取りは、楽じゃない! (Jam-e Jam紙)

文化遺産庁の専門家ら、および、歴史遺跡修復の専門家らの見解によれば、ペルセポリスの雑草を取り除くためにこれまで用いてきた様々な方法は、決して適切で科学的なものではなく、それが長い間にこの世界的建築物のレリーフが失われた原因である。一方、ペルセポリスの担当者らは、彼らの除草方法は専門家によって認められたものあると信じている。       ペルセポリスの除草作業は数日前に文化遺産庁によって終了したが、一方でこの作業は歴史的遺跡の風化・破損の専門家にはあまり歓迎されなかった。      […]     全文をよむ

2014-06-16 195名の国会議員、「ヘジャーブ普及法」の施行を大統領に要求 (Jam-e Jam紙)

 195名の国会議員が大統領に向けた声明の中で、イラン人女性の生活スタイルの変化こそ、文化的侵略の最も重要な核心部分となっていると指摘した。       イラン国営通信の報道によると、昨日の公開会議の終わりに読み上げられたこの声明には、次のようにある。      貞節とヘジャーブ問題でイラン人女性の生活スタイルを変化させようとする目論見こそ、今やイスラーム体制に対する文化的侵略の最も重要な核心部分の一つとなっている。〔‥‥〕その目的は、イラン人の真正なる家族制度を引き裂き、家族という信念体系の基 全文をよむ

2014-06-09 ジャンナティー文化イスラーム指導相「世界とともに動く必要がある」(2) (Mardomsalari紙)

 同氏はまた、次のように述べた。      私たちは今、どれだけの衛星放送局を利用しているだろうか。シーア派信徒は世界各地で、それぞれ衛星放送を借りて、自分たちの意見を伝えている。かつては、私たちには一冊の本もサウジアラビアに送ることはできなかった。今や、衛星放送やインターネットを通じて、自分たちの意見を〔世界中に〕伝えることができる。ところが私たちは、その可能性を〔十二分に〕活用する代わりに、他者もこれを〔私たちに向けて〕使わないようにと、それを制限しているのである。    同氏は次のように付 全文をよむ

2014-06-09 ジャンナティー文化イスラーム指導相「世界とともに動く必要がある」(1) (Mardomsalari紙)

 アリー・ジャンナティー文化イスラーム指導相は、とある朝食会に出席し、その席上とその終了後、同省に対して圧力団体が及ぼしている影響、ならびにインターネットへのフィルタリングや衛星放送、妨害電波等の問題、および同省がヘジャーブをめぐって行っている施策について、興味深い発言を行った。       イラン学生通信の報道によると、アリー・ジャンナティー氏はホルダード月18日〔6月8日〕日曜日に行われたイラン商工会議所のワーキング・ブレックファーストに出席し、同会議所の代表団のメンバーらの話を聞いた後、文 全文をよむ

2014-06-08 「私がロウハーニーです、2」、文化イスラーム指導省の上映許可待ち (Mardomsalari紙)

 Borna通信は昨日、「ファルヴァルティーシュ・レズヴァーニーイェ制作によるドキュメンタリー『私がロウハーニーです、2』は現在、文化イスラーム指導省から上映許可の取得を待っているところだ」と報じた。       波紋を呼んだドキュメンタリー・ビデオ「私がロウハーニーです」には多くの反響があったことを受け、このドキュメンタリーのパート2が制作中であることがすでに発表されていた。       Borna通信によると、ファルヴァルティーシュ・レズヴァーニーイェ氏はジャーナリストで、92年〔2013年 全文をよむ

2014-05-21 イラン映画『雪』、モスクワ映画祭へ (Jam-e Jam紙)

 メフディー・ラフマーニー監督の映画『雪』(Barf)が、イラン映画としては唯一の作品としてモスクワ国際映画祭に出品される予定だ。       ファールス通信によれば、この映画祭は今年ホルダード月の終わり[西暦6月後半。公式情報では西暦2014年6月19日から28日まで)にロシアのモスクワで開催される予定で、選考委員会は、イランの応募作品の中から『雪』を選出した。      この作品の国際的な配給はIran Novin Film 社が請け負っており、モスクワ映画祭出品に向けての最終交渉は、《カン 全文をよむ

2014-05-07 イスラーム指導相「プレスの法令違反、禁錮刑から罰金刑へ改定] (Jam-e Jam紙)

文化イスラーム指導相は、プレスの法令違反に対する[罰則を]禁固刑から罰金刑へ変更するための、司法権と政府との共同政策について発表し、また、国営メディアによるブックフェアに関する適切な報道について謝辞を述べた。      メフル通信によると、アリー・ジャナティー文化イスラーム指導相はこのブックフェア会場 で、書籍『本の春』[最高指導者の言葉を収めたもの]とテヘラン国際ブックフェア記念切手の披露に伴い、記者会見を開いて次のように述べた。       そもそも、司法権と政府の政策は、最低限でも禁固刑を 全文をよむ

2014-04-17 ヌーリー=ハメダーニー師「われわれの文化はいまだイスラーム的とは言えない」 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニーは国の経済の発展のための仕事をしなければならないと指摘した上で、「国内の大衆文化にも多くの問題が存在する。貞節とヘジャーブは守られておらず、われわれの文化はイスラーム的とは言えない状況だ。何らかの対処が必要だ」と付け加えた。       メフル通信の報道によると、マルジャエ・タグリード(宗教最高権威)である同師は〔貧困層への支援活動を行っている〕イマーム・ホメイニー救済委員会の理事長ならびに理事らとの面会し、そのなかで「われわれは自分たちのイスラームを守ら 全文をよむ

2014-04-12 ノーベル平和賞のマグワイア率いる《平和の参詣者キャラヴァン》、シリアへ:イランの文化人15人が参加 (Jam-e Jam紙)

【同紙4面】昨日、15人のイランの文化人・芸術家らも同行した《シリア平和の参詣者キャラヴァン》が、ダマスカス入りした。初日、最初の日程として、シリアの[国内]避難民が滞在しているラタキア[シリア西部地中海沿岸]へ向かい、この都市を訪問した。      ジャーメ・ジャムの報道によれば、イラン芸術家・文筆家であるベフルーズ・アフハミー[ドキュメンタリーフィルム制作者、元・改革派国会議員]、モハンマド・ホセイン・ジャアファリヤーン[イラン・イスラーム革命などのドキュメンタリーフィルム制作者]、ナーセル 全文をよむ

2014-03-15 ここがヘンだよ映画『300』:歴史的誤り5つのポイント (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】スパルタ人らがイラン軍からテルモピュレを防衛する物語を描いた漫画チックな映画『300』の続編が、今『300:ある帝国の出現』と題して、世界の映画館で上映されようとしている。       ケンブリッジ大学のギリシア文化・歴史のポール・カートリッジ教授は、この映画がいかに史実から乖離しているかについて、次のように述べている。      1.最初の問題は映画のタイトルである。ここで出現しつつある「帝国」とは、どの帝国のことだろうか。アテナイ帝国?この帝国は、この映画で描 全文をよむ

2014-03-11 文化・芸術の足元に設置される地雷(下) (Jam-e Jam紙)

 ロオヤーイーはファラ事務所から、詩のさまざまな潮流を同事務所へと誘い込む任務を帯びていた。ファラ・パフラヴィー自身が審査委員の一人となって、一年の最高の詩集に賞を授与するようになったのも、こうした目的によるものだった。ロオヤーイーはそれからしばらくして、ラジオ・テレビ詩歌委員会の委員長に就任する。この委員会は、放送局で流される詩歌の調査・承認を一手に引き受けていた。この委員会には、ナーデル・ナーデルプールやスィーミーン・ベフバハーニーらも名を連ねていた。彼はまた、シーラーズ芸術祭〔※〕のプログ 全文をよむ

2014-03-11 文化・芸術の足元に設置される地雷(上) (Jam-e Jam紙)

「ファジル 詩の祭典」に招待されたヤドッラー・ロオヤーイーの経歴には、亡きイマーム・ホメイニーへの中傷すら見受けられる       〔2014年4/5月に開催される予定の〕第8回「ファジル(夜明け) 詩の祭典」の、革命路線からの「脱線」が続いている。何と今度は、〔モハンマド・レザー・シャーの妻だった〕ファラ・パフラヴィー事務所の顧問を務めた経歴を持ち、イスラーム革命の創始者〔=ホメイニー〕を誹謗中傷したこともある詩人を同祭典に招待し、そのことについて彼と話し合いを行っているというのである。この人 全文をよむ

2014-02-16 マカーレム=シーラーズィー、映画『ラスターヒーズ』を批判 (Jam-e Jam紙)

 シーア派信徒が模倣すべき権威(マルジャエ・タグリード)の一人であるマカーレム=シーラーズィー師は、イラン映画機構長官に手紙をしたため、その中で映画『ラスターヒーズ』に対する批判を展開し、「映画機構は聖人らの神聖さを破壊し、越えてはならない一線を越えようというつもりなのか」と記した。       大アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィー事務所は、次のように発表した。      映画『ラスターヒーズ』でカルバラーの殉教者たちの顔が描出されている問題で、大勢の敬虔なる信徒らから当方のマルジャエ・ 全文をよむ

2014-02-16 ヌーリー=ハメダーニー「アボルファズル閣下の顔の描出は正当ではない」 (Jam-e Jam紙)

【タスニーム通信】アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニーは清浄なるイマームたちや〔第三代イマーム・ホセインの異母兄弟の〕アボルファズル閣下、及び〔イマーム・ホセインの息子である〕アリー・アクバル閣下らの顔を描出することは正当ではないとの見解を示した。       アーヤトッラー・ホセイン・ヌーリー=ハメダーニーは〔信徒からの〕ファトワー要求への回答の中で、アボルファズル閣下の顔の描出に関する自らの意見を表明した。       マルジャエ・タグリード(シーア派の宗教最高権威)である同師は、映画『ラ 全文をよむ

2014-01-30 『北の国から』:近代の日本人の暮らしの物語(下) (Jam-e Jam紙)

■ 空前の人気       『北の国から』は日本で大変な人気を博し、倉本聰が書いたこのテレビシリーズの最終章の原作は、出版からわずか1ヵ月で、日本の10大ベストセラーに名を連ねるまでになった。1981年から日本のフジテレビジョンで放送が開始されたこのドラマは、2002年まで続いた。       このシリーズの初年度は、テレビドラマという枠で1週間に一度放映されたが、しかしその後は毎年一話完結編が制作され、放映された。その最終回が、約10年前の2002年に放映されたのである。       視聴者ら 全文をよむ

2014-01-30 『北の国から』:近代の日本人の暮らしの物語(中) (Jam-e Jam紙)

 2002年に放送されたドラマシリーズ『北の国から』の最終章では、蛍が人生に行き詰まる。彼女は夫〔※不倫関係にあった恋人〕と別れた後、妊娠していることに気づく。このため富良野の昔馴染みの隣人であるスータ(草太)に助けを請い、お金を貸してくれるよう頼むのであった。       草太は五郎や純にこの出来事を知らせることなく、蛍と或る青年との結婚の御膳立てをする。その青年は15年前から、蛍に好意を寄せていたのだった。       『北の国から』シリーズのテレビ放送開始から18年の間に、蛍役を演じるトモ 全文をよむ

2014-01-30 『北の国から』:近代の日本人の暮らしの物語(上) (Jam-e Jam紙)

連続ドラマ『北の国から』全7章のうち、イランで放映されたのは第1章のみ      【ラーダン・ベフブーディー】イラン暦60年代〔西暦80年代〕のテレビ・ドラマやアニメは、視聴者の記憶に永久に刻まれており、そのためその時代から30年余りを経た今も、当時の視聴者や愛好家たちは再放送が決まると、相も変わらず熱心に観賞するものだ。他方、これらのドラマ・アニメは若年層の視聴者にも人気を博している。       〔イラン国営放送の〕「タマーシャー(鑑賞)」チャンネルで目下再放送中の連続ドラマ『北の国から』は 全文をよむ

2014-01-17 映画『預言者モハンマド』の完成間近:マジーディー監督が語る (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】マジード・マジーディー監督は、偉大なる預言者(彼のお方に平安あらんことを)の生誕祭に際しての覚え書きのなかで、映画『預言者モハンマド』が仕上げの段階に近付いたと述べ、以下のように綴った。      「モハンマド」の名はかくも偉大であり、取るに足らぬものである私を毎日、毎秒ごとに尊敬と入り混じった畏怖・畏敬の念で覆い尽くします。そして、私の感覚と注意力を前にも増して研ぎ澄ますさせるのです。   ジャーメジャム・オンラインによると、映画『預言者モハンマド』の監督であり、 全文をよむ

2013-11-12 イラン新体詩の父ニーマーを偲んで:新詩形への嘲笑と詩人の信念 (Mardomsalari紙)

【同紙13面】本日アーバーン月21日(2013年11月12日)は、ニーマー・ユーシージの誕生日である。彼はペルシア語新体詩の父と称されながら、その詩と生涯は、事実上彼の追随者だった者たちに比べても知られていない。      […]       ニーマー・ユーシージとして知られる アリー・エスファンディヤーリーは、イラン歴1276年(西暦1897年)アーバーン月21日、マーザンダラーン州のノウシャフル県キャジュール郡に近く、ヌール県バラデ郡内に位置するユーシュ村で生まれた。   彼の父であるエブラ 全文をよむ

2013-11-07 忘却の埃がつもる国民遺産――近代の名士・詩王バハール邸 (Mardomsalari紙)

アーバーン月16日(西暦2013年11月7日)は詩王バハール[※1]の生誕記念日である。   もしかつて          さよなき鳥よ、嘆きの声を挙げよ [※2]      が「自由」のために詠われたとすれば、今日、詩王バハールの「さよなき鳥」は、今度は詩人自身の家のために「嘆きの声を漏らす」のだ。      ※訳注1:詩王バハールは、本名モハンマド・タギー・バハール(1884-1951)。ガージャール朝の宮廷詩人の家系に生まれたが、立憲革命期には「自由」や「祖国」を歌った詩も多く残した。国会 全文をよむ

2013-11-04 悪魔の祭典:イランでハロウィーンが浸透しつつあるのはなぜか(3) (Iran紙)

 ギヤースィー氏はさらに、次のように続ける。      こうした行事を非難する前に、国の文化行政を担う責任者たちに訊いてみたいのは、あなた方は何を若者に与えてきたのか、という問いだ。      あなた方はどのような娯楽や楽しみを、若者に与えてきたのだろうか。あなた方は彼らの心を潤し、興奮させるような催し物を、ノウルーズの時にどれだけ開いたというのだろうか。スィーズダフ・ベダルの時は?あなた方はどれほどの不幸をチャハール・シャンベ・スーリーにもたらしたのだろうか。あなた方は宗教的な祭日、例えば犠牲 全文をよむ

2013-11-04 悪魔の祭典:イランでハロウィーンが浸透しつつあるのはなぜか(2) (Iran紙)

強い警告       社会の一部がハロウィーンになびく傾向にあることは、国の文化行政を担う責任者らに対する警鐘となり得るだろう。つまり、もし今対策を考えなければ、今とは全く異なった状況に将来直面する可能性がある、という警鐘だ。社会学者のレザー・ギヤースィー氏は、次のように言っている。      基本的に問題となっているのは、ハロウィーンという祭りの良し悪しではない。西洋で催されているハロウィーンの哲学が何であるのか、という問題でもない。そうではなく、イランには多様な民族的・宗教的行事があるのに、 全文をよむ

2013-11-04 悪魔の祭典:イランでハロウィーンが浸透しつつあるのはなぜか(1) (Iran紙)

【ファリード・ジャンナト】ハロウィーンという祭りの名の下で行われる奇妙奇天烈な格好と異様な服装、そして常軌を逸した行動。数年前からこのようなことがイランのほんの一握りの市民の間に浸透するようになっているが、こうした異様な祭りの様子を映した写真がSNSで公開されるに至り、多くのイラン人は不快感を催すようになっている。       毎年10月31日の夜、ヨーロッパ人やアメリカ人たちはハロウィーンという名の祭りを開催する。古からの伝統に基づき、彼らは自分たちの顔に奇妙かつ下品なメイクを施し、異様で混乱 全文をよむ

2013-10-12 佐々木裕滋氏、戦争犠牲者に対する共感の必要性を訴える(下) (Mardomsalari紙)

 佐々木氏は、鶴たちが世界中を回ることになった経緯について、「この旅は2007年にアメリカのニューヨークを皮切りに、それ以来2009年にオーストリアのウィーン、2012年にアメリカのハワイへと行われてきました。そして最新の鶴の旅として、2013年のイラン訪問が実現したのです」と述べた。       禎子さんの甥である同氏は、折り鶴が海外を訪問するにあたって、どのような気持ちが必要かについて、次のように語った。      共感という名の感覚が必要です。この感覚がなくならない限り、また禎子への共感が 全文をよむ

2013-10-12 佐々木裕滋氏、戦争犠牲者に対する共感の必要性を訴える(上) (Mardomsalari紙)

 [広島で被爆し、「原爆の子の像」のモデルとなった]禎子さんの甥・佐々木裕滋氏および「サダコ財団」[※正しくはNPO法人SADAKO LEGACY]代表の小林氏と[イラン国内の]メディア関係者との会見が、児童映画祭の広報室にて行われた。       会見の冒頭、映画祭実行委員長のジャアファル・グーダルズィー氏は、[禎子さんが折った]折鶴をイランに届けるために行われた、これまでの経緯について、「日本を訪問した際に、私たちは[SADAKO LEGACYの関係者に]今回の[折鶴のイランへの]旅には何の 全文をよむ

2013-10-10 「おしん」から30年:日本の経済発展のモデルは2010年代イランの子供たちにとっての道標(2) (Mardomsalari紙)

 連続ドラマ『おしん』に出演し、どんな状況にあっても成功を手にする姿を視聴者に示し続けたあの勤勉なる女性の役を演じたのは、それぞれの人生のステージにいた3人の女性たちだった。一人は子役の役者、もう一人は若い女性、そして最後の一人は老年女性で、彼女らはこの連続ドラマ制作から30年が経った今、それぞれ異なった道を歩んでいる。       小林綾子はおしんの少女期を演じた役者である。彼女は6歳から10歳までのおしんの役を演じた。ちなみに彼女は1972年8月11日生まれであり、〔撮影〕当時は11歳弱であ 全文をよむ

2013-10-10 「おしん」から30年:日本の経済発展のモデルは2010年代イランの子供たちにとっての道標(1) (Mardomsalari紙)

【マルヤム・フィールーズファル】最近、人気ドラマシリーズ『家を離れて幾年月』〔※『おしん』のペルシア語タイトル〕のうち「おしん」の子供時代を扱った箇所が、映画という形でまとめられ、「エスファハーン子供・青少年映画祭」にて子供や青少年向けに上映されている。テレビドラマ『家を離れて幾年月』(原題は『おしん』)は永遠不滅のドラマシリーズと言えるもので、1983年、正確にはイラン暦1362年ファルヴァルディーン月15日〔1983年4月4日〕から日本の放送局NHKで放映された。それも朝に、である。実際、こ 全文をよむ

2013-10-10 「おしん」から30年:日本の経済発展のモデルは2010年代イランの子供たちにとっての道標(3) (Mardomsalari紙)

「おしん」の青年期の声を務めたマルヤム・シールザードの話       このドラマで声優を務めたことは、私にとって貴重な経験でした。このドラマの吹き替えの監督を務めたのはジャーレ・オロヴさん〔※イランのベテラン女優・声優〕で、彼女は優しい母親のように、仕事の間ずっと私をサポートしてくれました。私は彼女から多くのことを学び、彼女から習ったこと全てについて感謝しています。このドラマの吹き替えをしてから何年も経ちますが、にもかかわらず、多くの思い出が私に残っています。実際、〔今の〕私はジャーレ・オロヴさ 全文をよむ

2013-10-03 イラン国営放送、昨年の地震報道で《デニス・アンソニー記念賞》 (Jam-e Jam紙)

イラン国営放送は、国際的にも名のある放送賞《デニス・アントニー記念賞》(2013年)を受賞した。      ニュースセンターによれば、アジア太平洋放送連合(ABU)は、木曜日(10月3日)に声明を発表し、「イラン国営テレビは、昨年、同国の東アゼルバイジャン州で起きた大規模な地震に関する優れた報道により、この特別な賞に選ばれた」と伝えた。      この声明のなかで、「同賞はアーバーン月はじめ(10月末)に、ベトナムの首都ハノイで開かれるABUの第50回総会において、IRIB(イラン国営放送)に授 全文をよむ

2013-09-30 「モウラーナーの日」、制定されただけ? (Hamshahri紙)

本日メフル月8日[9月30日]は、イランの暦では、《モウラヴィー記念日》[※1]と定められている。      ※訳注1:13世紀の神秘主義詩人。イランでは、「モウラーナー/モウラヴィー」、トルコでは「メヴラーナ」の尊称で呼ばれ、世界的には「ルーミー」の名で知られる。      ユネスコによって「モウラーナー年」[Year of Rumi]と命名された2007年 [生誕800年にあたる] 以降 、「ホイ~コンヤ~ニーシャープール」「ホイ~コンヤ~シーラーズ」〔※2〕のつながりを中心とした盛大かつ様 全文をよむ

2013-06-27 なぜ我々の児童文学は世界で読まれないのか?(2):著作権法の欠如が壁 (Mardomsalari紙)

イラン児童青少年知育協会のセイイェド・サーデグ・レザーイー代表は、さらに、(イランが)著作権法 を承認していないこと[※]を批判し、それこそが[イランの]児童文学が世界的なものとなるための障壁であるとして、次のように強調した。      [※] WTOが同加盟国に遵守を義務付けている知的財産権に関する協定を示唆している。イランはWTOに加盟していないため、国際法上、知的財産権・著作権を守る義務を負わないという姿勢を示している。      我々の児童文学の内容は世界に通用するものであるのに、なぜ我 全文をよむ

2013-06-27 なぜ我々の児童文学は世界で読まれないのか?(1):第16回児童・YA書フェスティヴァルから (Mardomsalari紙)

カーヌーン(イラン児童青少年知育協会)の代表は、「著作権が遵守されていないことが、我々の文学が世界で読まれないことの原因だ」と述べた。      セイイェド・サーデグ・レザーイー同代表は、昨日[6月26日水曜日]、カーヌーン主催の第16回児童・YA書[※1]フェスティヴァルの会合で発言し、児童・YA書フェスティヴァル開催の重要性について、以下のように発言した。      ※訳注1:YAはYong Adultの略で、13~19才(or22才まで)の青少年を指し、「YA文学」(青少年文学)の語が、日 全文をよむ

2013-06-23 マカーレム=シーラーズィー「衛星放送によってムスリム家庭に各種の堕落が流入」 (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィー閣下は、「敵は衛星放送を使って、ムスリムの家庭に各種の堕落をもたらそうと躍起になっている。しかしわれわれが認識すべきは、最後には神の約束が果たされ、勝利は《真理〔=神〕の戦線》のものとなるだろうということである」と述べた。       イスラーム神学校通信の報道によると、アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィー閣下は、ゴム州にある各モスクの文化芸術協会による「余暇計画」の開会式で、イスラームならびにイランに対する西洋の文化的攻撃について触れ、「今日、 全文をよむ

2013-06-02 イスラームから見たジンの正体 (Jam-e Jam紙)

 コーランの節やイスラームの伝承からジンについて考察してみると、ジンは実在する存在者であることが分かる。その存在はコーランにも指摘されている。       ジンに関する話題は人々が関心を寄せるものの1つであり、大変な好奇心を集めている。ジンとはどういった存在なのか、いったいどこに生息しているのか、果たして人間に危害を加えるのか、などの疑問を自問したことのない人はほとんどいないであろう。以下では、これらの問題の一部について、お答えしようと思う。       ジャーメ・ジャム紙とのインタビューの中で 全文をよむ

2013-05-30 イマーム・ホメイニーのアニメ、イラン国営通信で一挙放送 (Jam-e Jam紙)

 サバー・アニメーション・センターはイラン・イスラーム共和国の創設者〔=ルーホッラー・ホメイニー〕に関する200分間のアニメを、〔イラン国営放送の〕アニメ・チャンネルでの放映用に制作した。これらの作品はイマーム・ホメイニー逝去記念日〔=6月4日〕前後〔※〕に放映される予定である。同チャンネルは、この偉人の人生と生活のさまざまな側面をアニメという形で描写することで、子供たちにイマームの人となりを紹介したいと考えている。      ※訳注:ホルダード月14日(6月4日)は1989年に死去したホメイニ 全文をよむ

2013-05-29 中国・イランのラジオ局、協力協定へ:国内50余のラジオ放送局と専門局も (Jam-e Jam紙)

イラン国営放送ラジオ担当副代表のモハンマド・ホセイン・スーフィー氏と中国国営ラジオ放送副代表の王晓晖氏ら、および、ラジオ代表者らによる共同会合が、二国間のメディア協力の拡大を目的として開かれた。      ラジオ広報の報道によると、スーフィー副代表は、この会合で、次のように述べた。      現在、イランには24の国営ラジオ放送局と30以上の地方ラジオ放送局があり、このうち、2つが、文化・芸術分野で専門局として放送を行っている。   スーフィー副代表は、ナマーイェシュ[劇]とファルハング[文化] 全文をよむ

2013-05-29 キアーロスタミー監督、最新作はスペインで制作 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】アッバース・キアーロスタミー監督は、製作した最新映画作品では、脚本の執筆とスペイン語による映像の編集作業を担当している。      ISNA(イラン学生通信)によれば、同監督は、昨年、『ライク・サムワン・イン・ラブ』を日本で制作し、カンヌ映画祭にも招待された[※1]。最新作では、スペインの映画制作者と協力した。      ※訳注1:第65回カンヌ国際映画祭コンペテイション部門正式招待作品。全編日本語、日仏共同製作。      映画専門サイトIMDbによれば、同監督が 全文をよむ

2013-05-14 テヘラン市環境本部長「テヘラン市は深刻な環境問題に直面している」 (Mardomsalari紙)

 テヘラン市環境・持続的発展本部の本部長は、テヘラン市は深刻な環境問題に直面していると指摘し、「われわれが直面している問題の中で最も具体的に感じられるものとして、大気汚染の問題がある。この抑制にとって、植林活動の推進が極めて重要な役割を果たすだろう」と述べた。       ヘイダルザーデ本部長は、テヘラン市が抱えるもう一つの重要課題として、〔市民の〕レジャーをめぐる問題があると指摘し、「大都市での生活スタイルのために、人は自然から離れてしまっている。それゆえ、自然公園を造設することがテヘラン市政 全文をよむ

2013-04-30 なぜ、そしてどのようにしてイランの名誉はアゼルバイジャンのものになっているのか? (Mardomsalari紙)

 国の文化の分野で悪いニュース、さらには異常なニュースに接しても、われわれがショックを受けることも、驚きで口を閉じることができなくなることも、はたまた「そんなバカな」と叫ぶこともなくなり、平然とするようになって、すでに何年にもなる。我が国の文化行政の責任者たちのなかには、国の文化的価値の保護に、まるで関心がないかのように見えてしまう者がいるためだ。われわれが国の文化・芸術が一つ一つ略奪されるのを目の当たりにするのも、こうした事態に誰も責任を取ろうとしないのも、こうしたことが原因なのだ。      全文をよむ

2013-04-28 アゼルバイジャン、イランの歴史遺産を横領:フェルドウスィー財団が反論 (Mardomsalari紙)

 フェルドウスィー財団は、アゼルバイジャン共和国による〔イランの〕歴史の横領に対して反論した。       イラン学生通信の報道によると、フェルドウスィー財団は報告の中で、次のように指摘している。      アゼルバイジャン共和国がイランの精神的・歴史的遺産の占有を試みるようになって、しばらくになる。現在のアゼルバイジャン共和国は文化的イランの一部であると見なされ、約100年前は大イランの政治地理の一部と考えられていたにもかかわらず、新興国である同国は自らの文化創造のために、イラン人の貴重なる遺 全文をよむ

2013-04-15 第一副大統領、ペルシア語への外来語の流入に注意を喚起 (Mardomsalari紙)

 イラン第一副大統領は、「サアディー財団」の設立はペルシア語の保護と他の国々への普及に向けた一歩であるとの見方を示した上で、「我々はペルシア語の普及・拡大に加えて、外来語の流入に対しても、努めて注意を払うようにしなければならない」と述べた。       ISNA(イラン学生通信)によれば、モハンマド・レザー・ラヒーミー第一副大統領はサアディー財団管理人委員会の会合の席で、「ペルシア語は今日、脅威にさらされている」と指摘した上で、外国由来の単語や専門語がペルシア語に無秩序に流入していることを批判し 全文をよむ

2013-02-26 アカデミー賞、「アルゴ」受賞で政治化 (Jam-e Jam紙)

多くの映画関係者は、「アルゴ」がアカデミー賞に選ばれるのに必要な条件に欠けていると考えている        反イラン映画「アルゴ」にアカデミー賞最優秀作品賞が授与されたことに対し、イランのメディアや映画関係者らからは反発の声が上がった。       ジャーメ・ジャムの報道によると、第85回アカデミー賞受賞式では、クエンティン・タランティーノの「ジャンゴ 繋がれざる者」やデヴィッド・O・ラッセルの「世界にひとつのプレイブック」、ミヒャエル・ハネケの「愛、アムール」のような強力なライバル作品の中から 全文をよむ

2012-12-05 ジャアファル・パナーヒー監督の映画がアカデミー賞候補に (Mardomsalari紙)

 アカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門最優秀賞の候補作品を掲載した第一次リストが、イラン人監督による映画を含め、発表された。       イラン学生通信(ISNA)の報道によると、アカデミー賞を主催するアメリカ映画芸術科学アカデミーは昨日、ドキュメンタリー部門最優秀賞の候補として、15本の映画を載せた第一次リストを発表した。       注目すべき点は、このリストにモジタバー・ミールタフマーソブ氏とジャアファル・パナーヒー氏共同制作の『これは映画ではない』が名を連ねていることである。      全文をよむ

2012-11-28 イラン伝統音楽の専門家が懸念「人形劇の曲を使って哀悼歌を歌う者までいる」 (Mardomsalari紙)

 イラン伝統歌謡のラディーフ〔※イランの伝統的な音楽の旋律の一種〕の専門家であるハータム・アスギャリー=ファラーハーニー氏は、      国の音楽関係者たちの目の前で、〔第3代イマーム・ホセイン一族の死を悼む〕アーシューラーの哀悼歌を歌う際に、イランの国民的な音楽や詩を用いる代わりに、《おばあさんのおうち》というテレビ人形劇の音楽を用いる者がいるとは、一体どういうことか。イランには数千年にわたる豊かな哀悼音楽が存在しているというのに、である。我らがイランの音楽は、破滅に向かっており、それに対して 全文をよむ

2012-11-28 イラン伝統音楽の研究者、イマームたちの悲劇を歌う「哀悼歌」の現代風アレンジを批判 (Mardomsalari紙)

 近々出版される予定のイラン音楽事典を執筆した、この分野の専門家の一人が、〔イマーム一族の〕死を悼む哀悼歌(ノウヘ)について、現在イランで流行っているスタイルの中に〔伝統から〕根本的に逸脱してしまっているものが見受けられると批判した。       ジャハーンギール・ナスリー=アシュラフィー氏は、〔‥‥〕ニュースサイト「ファルヤードギャル」でのインタビューのなかで、〔イマーム一族の〕死を悼む儀礼で流行している今風の哀悼歌〔※例えば、ここを参照(You Tubeに飛びます)〕について批判し、次のよう 全文をよむ

2012-10-09 イラン・アカデミー、予算不足に (Jam-e Jam紙)

 イラン・アカデミー4組織に適当な予算が充てられていないために、これらのアカデミーが打ち出しているさまざまな計画が未完のまま放置され、これらの機関に勤める職員への給与の支払いにも遅れが出ている。       ジャーメ・ジャム紙の取材によって、ペルシア語言語文学アカデミー、芸術アカデミー、科学アカデミー、そして医科学アカデミーの4つからなるイラン・アカデミーの活動は、しばらく前から予算不足による困難に直面していることが分かった。       いずれのアカデミーも新たな計画に着手することはできず、未 全文をよむ

2012-06-14 大統領「イランの手工芸品は、正義を求めるイラン国民の精神を映しだしている」 (Iran紙)

【政治部】アフマディーネジャード大統領は「手工芸品の生産・輸出には、経済的な側面だけでなく、イラン国民の文化と人間性を〔世界に〕広めるという意味もある」と強調した上で、「イランの手工芸品は、イラン国民の全実存、芸術的で正義と神を希求するイラン国民の精神を映しだす鏡なのである」と語った。       マフムード・アフマディーネジャード大統領は昨日、手工芸品の分野で活躍する国内の芸術家たちとの面会の中で、「手工芸品は、装飾品としてだけでなく、美しくアートに満ちた生活のための小道具として、人々の実生活 全文をよむ

2012-06-13 ドラマ「シャーの秘密」で有名俳優のオーディション、行われる (Jam-e Jam紙)

ティール月〔西暦6/7月〕に始まる予定だったこの連続ドラマの撮影は、役者の選定が長引いたために、シャフリーヴァル月〔西暦8/9月〕に延期      【ラジオ・テレビ部:メフルヴァーレ・フェルドゥスィー】 ゴトボッディーン・サーデギーとジャムシード・ハーシェムプールの二人が、連続ドラマ「シャーの秘密」でイマーム・ホメイニー役の主な候補者となっている。       ハーシェムプールは以前にも、ベフルーズ・アフハミー監督作品「朝の子」でイマーム役のメークアップ・テストを受けたことがあるが、最終的にこの 全文をよむ

2012-06-13 ポップスのコンサート会場で服装チェック:治安維持軍の警告が現実に (Mardomsalari紙)

【社会部:アミール・パールスィーネジャード】ホルダード月22日(6月11日)月曜日、ミーラードタワーの集会ホールには異様な雰囲気が漂っていた。そこはまるで、音楽のコンサートなど開かれる予定などないかのようだった。ホールとその周辺の敷地の雰囲気は、治安部隊と指導巡回隊のワゴン車の重々しい存在感に圧倒されていた。       ミーラードタワー周辺の敷地、および入り口のドアには何十台もの指導巡回隊の車と数百名もの治安維持軍隊員が陣取り、服装の乱れた若い男女の立ち入りを阻止していた。1か月前から販売され 全文をよむ

2012-06-11 アフマディーネジャード大統領、伝統医療の復活を訴える (Iran紙)

【政治部】アフマディーネジャード大統領は、イラン人の精神的・知的財産としてのイランの伝統医療は、今や脇に追いやられてしまったと指摘した上で、伝統医療の復活の必要性を強調した。       マフムード・アフマディーネジャード大統領は昨日、国民展覧会「イランの薬草、天然加工品、伝統医療」の開会式で、「残念なことに、過去200年でイランの医療に〔伝統との〕断絶が生じてしまった。そのことによって、この〔伝統的な〕医療を発展させようというイラン人の歩みにも、深刻なダメージが及んだ」と述べた。        全文をよむ

2012-05-30 キヤーロスタミー監督「イランでは映画はつくらない」 (Mardomsalari紙)

【文化部:マルジャーン・ハージー・ハサニー】「保証」‥‥保証という言葉が持ち出されるとき、それは不信感がそこに根を下ろしていることを示している。       基本的に、不信感というものは人々の過去の記憶に由来するものである。そしてこの問題はときに、イラン人映画監督が祖国で映画を撮る気をなくすほど、深いものになってしまうこともあるのだ。      〔‥‥〕       こうした不信感が高じて、ついにアッバース・キヤーロスタミー氏は「私が祖国で映画を撮るには、映画作りに対するイランの状況が改善される 全文をよむ

2012-05-30 イラン映画協会、再び閉鎖か (Mardomsalari紙)

【文化部】映画協会の活動再開から二日と経たぬうちに、同協会をめぐる議論が再燃している。       昨日(ホルダード月9日 / 西暦2012年5月29日)、行政公正院の判決と映画協会の活動状況に関して、同協会にて映画協会の弁護士による記者会見が行われる予定であったが、同協会弁護士のジャマール・ハンダーン・クーチェキー氏は体調不良により病院へ搬送され、協会の記者会見は取り止めとなったとの情報が伝えられた。      〔‥‥〕       こうした一連の騒動を経て、最終的にホルダード月9日(5月29 全文をよむ

2012-05-24 イラン映画協会、活動再開する:協会前では抗議集会 (Mardomsalari紙)

 イラン映画協会は行政公正院が〔政府から同協会に下されていた〕解散命令の破棄を発表したことを受け、〔‥‥〕「ホッラムシャフル解放記念日〔※〕」にあたる本日ホルダード月3日〔西暦2012年5月23日〕、8年間にわたる「聖なる防衛」〔=イラン・イラク戦争〕の傷痍軍人らが見守る中、自身の正式な活動を開始した。      ※訳注:イラン・イラク戦争でイラク軍に占領されたイラン南西部ホッラムシャフルが、1982年に解放されたことを記念する日のこと   〔‥‥〕       ファールス通信の報道によると、昨 全文をよむ

2012-05-15 アーヤトッラー・モスタファヴィー「ゴムですらイスラーム哲学への関心が低くなっている」 (Mardomsalari紙)

 イスラーム神学校や大学でイスラーム哲学(ヒクマ)の教授を務め、イマーム・サーデグ大学の哲学・神学グループの座長でもあるアーヤトッラー・モスタファヴィーは、神学生や大学生がイスラーム哲学に慣れ親しむことの必要性を強調した上で、西洋哲学を勉強することは、それ単独では猛毒を喰らうにも等しいとの見方を示し、西洋哲学の授業を提供する一方で、イスラーム哲学には関心を払おうとしないゴムの神学校に苦言を呈した。       同氏はまた、シーア派信徒が直面している最重要課題は、マフディー信仰を合理的に証明し、ま 全文をよむ

2012-05-10 第10代イマーム・ハーディーを侮辱した罪で、イラン人ラップ歌手に背教宣告 (Mardomsalari紙)

 ラップ歌手のシャーヒーン・ナジャフィーが「ナギー」と題された歌の歌詞の中で、イマーム・ハーディーに対して厚顔無恥なる言動があったことを受け、アーヤトッラー・サーフィー〔=ゴルパーイェガーニー〕は、〔ナジャフィーに対して〕背教宣告を下した。       「将校社会ネットワーク」の報道として、ファールス通信が伝えた。      ※訳注:イマーム・ハーディー(導く者、827-868)はシーア派の第10代イマームで、別名「ナギー」(清浄な者、選ばれし者、の意)。背教に対する刑罰は原則上、コーランの定め 全文をよむ

2012-04-18 すべてはペルシア湾のために:ポップス、伝統音楽の歌手らが一堂に (Jam-e Jam紙)

 91年(西暦2012年3月20日〜)になって初めてのオーケストラのコンサートで、ポップス歌手と伝統音楽の歌手がテヘラン・アカデミック・オーケストラの下に集まり、ペルシア湾のために歌う予定だ。       アミーン・サーレミー指揮の下、110名から成るテヘラン・アカデミック・オーケストラとともに、イランやペルシア湾をテーマとした楽曲を演奏するためにこのコンサートに招かれたのは、歌手のサーラール・アギーリー、ハミード・ハザーイー、ニーマー・マスィーハー、及びマーニー・ラフナマー〔※リンクのビデオで 全文をよむ

2012-02-14 初となる「ファッション服飾常設展示会」、開設される (Jam-e Jam紙)

 初となる「イラン的/イスラーム的ファッションと服飾の常設展示会」が昨日、文化イスラーム指導相の出席のもと開設された。       セイエド・モハンマド・ホセイニー文化イスラーム指導相は、昨日朝に行われたこの常設展示会の開設式で、同省の基本的目標は文化的な潮流を作り出すことであると表明し、「時に、国民には適切な装いとされるものへの関心がないかのように〔一部メディアなどで〕言われることがあるが、実際にはこうした製品を〔市場に〕提供することに関心を寄せる人たちも国内には多いのである」と述べた。 全文をよむ

2011-12-28 交響曲「デイ月9日の偉業」、国営メディアで放送 (Jam-e Jam紙)

イラン国営放送交響楽団、「ファジル(夜明け)十日間〔=革命記念日前夜祭、2/1〜2/10〕にあわせてヴァフダト・ホールで新曲を3曲披露       イラン国営放送音楽歌唱センター所長は、これからの数日間、7分間の交響曲「デイ月9日の偉業」〔※1〕(歌・レザー・タビーイー)が国営メディアによって放送される予定であると発表した。       ホセイン・タギープール氏は、デイ月9日〔西暦12月30日〕の歴史的偉業を記念するために行われる同センターの演奏プログラムについて、ファールス通信に「これからの数 全文をよむ

2011-12-01 第2回世界抵抗芸術祭、開幕:「抵抗」という概念によってイランの芸術はグローバル化した (Jam-e Jam紙)

 第二回世界抵抗芸術祭が、バスィージ週間に合わせる形で、芸術アカデミーにて始まった。この芸術祭では、「デザイン」、「絵画」、「彫刻」、「ポスター」、「風刺画」、「アニメーション」、「写真」、及び「現代芸術・コンセプトアート」の8部門で作品を展示している。       今回の芸術祭はイマーム・ホセインの悲劇を嘆くムハッラム月の時期に近いことから、「抵抗」というコンセプトがカルバラーの伝説と絡まり合い、これまでとは異なった雰囲気を芸術祭に与えている。       今年は、イランと世界の22の国(パレ 全文をよむ

2011-12-01 映画『ナーデルとスィーミーンの別れ』、2011年外国語映画賞に輝く (Mardomsalari紙)

 映画『ナーデルとスィーミーンの別れ』〔一部で邦題『別離』〕がニューヨーク映画批評家協会により、2011年最優秀外国語映画のタイトルを獲得した。       イラン学生通信(ISNA)によると、アカデミー賞での成功の主要な基準とされる、各種のハリウッド映画賞のシーズンが始まった。こうした中、2012年アカデミー賞におけるイラン映画の代表〔として出品される『ナーデルとスィーミーンの別れ』〕が、映画批評家たちから上々の評価を受けている。       ニューヨーク映画批評家協会は昨日、西暦での今年の最 全文をよむ

2011-11-19 イラン・コンピューターゲーム事情(2) (Iran紙)

 コンピューターゲーム財団の教育研究担当副所長はこのことについて、次のように話す。      私たちがイラン独自のゲームを持つことは〔今の技術レベルでも十分〕可能だが、しかしコンピューターゲーム制作の分野で名だたる諸外国に追いつくためには、長い時間が絶対的に必要となるだろう。例えば、近年約50タイトルのゲームが財団の支援により制作され、そのうち10以上のタイトルが市場に出回っており、外国人ユーザも獲得している。    同氏は国内におけるゲーム制作の流れが遅い原因として、次のように指摘する。   全文をよむ

2011-11-19 イラン・コンピューターゲーム事情(1) (Iran紙)

【ドンヤー・ドロストカール】近年、コンピューターゲームの世界では、新世代の家庭用端末や新たな〔ソフト開発〕システム、プログラム、及びツールに目覚ましい発展が見られるようになってきた。〔‥‥〕これに加わる形で、〔イラン国内においては〕我が国独自の内容を備えたコンピューターゲームの制作をめぐって、新たな動きが始まっている。       ここでゲーム端末やゲームソフトの売り上げ市場について一瞥しておくことは、恐らく無意味ではないだろう。ゲーム市場は最近、いつにも増して過熱気味と言えるほど、顧客である若 全文をよむ

2011-11-05 反米ポスター300枚が発表 (Jam-e Jam紙)

 アーバーン月13日〔=11月4日のアメリカ大使館占拠事件記念日〕を記念して、良質の文化・芸術作品の普及を目的に開設された革命文化戦線研究所のウェブサイト「アイヤーム」が、反米ポスター300枚を発表した。       ファールス通信によれば、このポスターは「アメリカ・スパイの巣窟占拠記念日」にちなんでデザインされたもので、その他の芸術作品についても「デザイン・コンセプト」、「論説」、「グラフィック」、「展示」、「映像」、「音声」、「携帯電話」、「パンフレット」の8部門に分かれて、現在制作中である 全文をよむ

2011-10-25 フランクフルト・ブックフェア、イランのブースは閑古鳥:イランの出版業界にとってのチャンスも無駄に (Mardomsalari紙)

 ここ数年、様々な国際的ブックフェアに、イラン合同ブースとは別に独自の出店を続けているシャバーヴィーズ(ふくろう)出版のファリーデ・ハルアトバリー社長は、「フランクフルト・ブックフェアでのイランのブースは空っぽのままだった。どんな理由があるか知らないが、こうした事態は、イランの出版業界にとって活用可能な絶好のチャンスをみすみす逃すものだ」と指摘した。       自ら小規模のブースを構えてこのブックフェアに参加した彼女は、イラン労働通信(ILNA)記者とのインタビューのなかで、さらに次のように加 全文をよむ

2011-10-13 アンジェリーナ・ジョリーのイラン来訪、中止に:サルティーピー氏が明かす (Mardomsalari紙)

 アンジェリーナ・ジョリーがイランに来訪し、イラン映画に出演するのではとのニュースが、ここ数週間取り沙汰されてきたが、最新の報道によれば、このハリウッド・スターのイラン来訪の可能性はなくなったようだ。       「イラン映画社」の代表でプロデューサーのアリー・サルティーピー氏は、イラン労働通信(ILNA)に対し、アンジェリーナ・ジョリーのイラン来訪をめぐる最新状況に関して、次のように述べた。      彼女のイランやイスラームの文化に対する興味・関心、さらには彼女のイラン滞在費を負担すると名乗 全文をよむ

2011-09-17 映画『ナーデルとスィーミーンの別れ』、アカデミー賞イラン代表作に (Mardomsalari紙)

 アスガル・ファルハーディー監督の映画『ナーデルとスィーミーンの別れ』〔「アジアフォーカス 福岡国際映画祭」での邦題は『ナデルとシミン』〕が、アカデミー賞イラン代表作に選ばれた。       メフル通信によると、本年度アカデミー賞におけるイラン映画選考委員会のスポークスマンを務めるアミール・エスファンディヤーリー氏は、同委員会による審査が終了したことを明かした上で、同委員会の最終報告をメディアに公開した。なお、審査資格を有する映画作品を産業、文化、批評、国際的成功、世界的な配給…などの面から総合 全文をよむ

2011-09-17 第一回「イスラーム覚醒国際会議」、開催 (Jam-e Jam紙)

 第一回「イスラーム覚醒国際会議」が、本日テヘランで開かれる。       2日間の日程で行われるこの国際会議には、イスラーム世界の知識人やイスラーム世界の外に居住するムスリム、さらには約80ヶ国から来訪したイスラーム世界に関心を持つ非ムスリム知識人ら、600名以上が参加する。       また国内からも、400名の知識人が第一回イスラーム覚醒国際会議に出席する。       この会議はイラン国営放送協会国際会議センターで開催される。 全文をよむ

2011-09-10 ルーダキーゆかりの地でペルシア文字が復活 (Jam-e Jam紙)

イラン、タジキスタンの生徒たちが使う各学年用教科書を、彼らの祖先の文字で発行      【文化・芸術部:スィーナー・アリー・モハンマディー】タジキスタンの独立から20年、そしてキリル文字の支配から100年を経て、遂に今年から、この国の12万人の生徒たちは初等から中等教育までの各学年で、ペルシア語とその文学の偉人たちの文章を自らの祖先の文字で学ぶ予定となっている。       教育省の教科書編纂局ペルシア文学グループ長のフェレイドゥーン・アクバリー博士がジャーメ・ジャム紙に述べたように、西暦191 全文をよむ

2011-09-08 ファーテメ・ラジャビー「2009年の大統領選挙ではアフマディーネジャードに投票したくなかった」 (Mardomsalari紙)

 「ファーテメ・ラジャビー」の名を知らない人は、今や少数派と言っていいだろう。彼女は故アーヤトッラー・ラジャビー=ダヴァーニーの娘で、〔第一次アフマディーネジャード政権の時代に司法相兼政府報道官を務めた〕ゴラームホセイン・エルハーム氏の妻であるが、何よりも彼女の名を人口に膾炙させたのは、第1次アフマディーネジャード政権〔2005~2009年〕の時に『アフマディーネジャード、三千年紀の奇跡』なる著書を発表したことである。彼女はこの6年間、急進的な立場から多くの政治関係者らを極めて辛辣に批判してきた 全文をよむ

2011-09-05 元大統領顧問、「逸脱グループ」の「古代主義」を批判 (Mardomsalari紙)

 ナーセル・サッガーイェビーリヤー氏はメスバーフ=ヤズディー師の弟子の一人だ。同氏は、第9期政権が発足してすぐに、宗教問題担当の大統領顧問に任命され、1389年〔西暦2010年3月〜2011年3月〕後半までこの職にとどまった。この5年間閣議に出席し続けた同氏は、アフマディーネジャード政権内にいる「逸脱グループ」の浸透状況について、他にはない新鮮な情報をもっている。       以下でお読みになるのは、ラジャーニューズが行ったサッガーイェビーリヤー氏とのインタビューの内容である。   ※訳注:「ラ 全文をよむ

2011-08-16 『ホスローとシーリーン』出版から900年、文化イスラーム指導省が異議! (Mardomsalari紙)

 ペイダーイェシュ出版の文化局長は、執筆から9世紀が経ち、現在、同社から第8版目が出ようとしているロマンス叙事詩『ホスローとシーリーン』が、文化イスラーム指導省書籍課から「言い掛かり」を付けられたことを明らかにした。同氏は、こうした「言い掛かり」は原則に則ったものとは言えないと批判している。       ペイダーイェシュ出版のファリーバー・ナバーティー文化局長は、メフル通信記者とのインタビューのなかで、出版物に対する文化イスラーム指導省の一部「検査」に不満を漏らし、次のように述べた。「一部の問題 全文をよむ

2011-08-13 アーヤトッラー・マカーレム「イランではスンナ派の文献も豊富」 (Jam-e Jam紙)

 シーア派の宗教的最高権威の一人であるアーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは、シーア派文献がサウジアラビアの図書館に蔵書として納入されることが禁止されている真の理由は、この国の宗教学者(ウラマー)たちの信仰の基礎が揺らいでいるためだと指摘した。       メフル通信の報道によると、アーヤトッラー・ナーセル・マカーレム=シーラーズィーは〔ゴムにあるシーア派聖地の〕マアスーメ廟に集まった礼拝者たちの前で、サウジアラビア国内の図書館へのシーア派文献の持ち込みが規制されている現状を批判した上で、 全文をよむ

2011-07-27 イラン、「読書家たちのソーシャルネットワーキング・サービス」を立ち上げへ (Jam-e Jam紙)

 「イラン公共図書館機構」のヴァーエズィー局長は〔‥‥〕本紙ジャーメ・ジャムとのインタビューの中で、国内で最大級の「専門的な読書家たちによるソーシャルネットワーキング・サービス」を立ち上げることを明らかにした。       同氏によると、「パールクシャフル」中央図書館に最高指導者事務所長のモハンマド・ゴルパーイェガーニー氏や文化イスラーム指導相らを迎えて、本日このソーシャルネットワーキング・サービスを正式に開始する予定だという。サイトのURLは、www.booki.irである。   〔※訳注:2 全文をよむ

2011-06-26 純金のダレイオス像、発見される (Jam-e Jam紙)

 密売業者3名が逮捕され、古代のダレイオス像が発見されたことで、マシュハドで暗躍していた40億トマーン〔約3億円〕規模の骨董品密売組織が壊滅した。       警察の広報サイトによると、ホラサーン・ラザヴィー州治安維持軍司令官はマシュハドで行われた大規模骨董品密売組織の発見・摘発作戦について説明した上で、次のように述べた。「本司令部に所属する刑事警察の捜査官らは、商品ならびに外貨の密売を撲滅するための諜報活動を広域で実施し、マシュハドで古代の貴重な骨董品の密売に手を染めていた巨大組織の活動に関す 全文をよむ

2011-06-14 イスラーム革命最高指導者「文化の戦争はより複雑に、より包括的なものになっている」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日午後、文化革命最高評議会の議長、ならびにそのメンバーらと面会し、そのなかで一国民のアイデンティティ/精神的本質として、文化というカテゴリーがもつ極めて高い重要性、そして個人的・社会的生活の様々な側面において文化が有している深甚なる影響について指摘した上で、文化革命最高評議会の責任は極めて重大であるとして、次のように強調した。      イスラーム体制に敵対する抑圧戦線〔=欧米〕による複雑かつ包括的な文化侵略において、文化革命最高評 全文をよむ

2011-06-01 「ポリース(警察)」の代替語、ペルシア語では作られず (Jam-e Jam紙)

ペルシア語言語文学アカデミー所長は、「ポリース(警察)」に代わる単語を発表しないことを明らかにし、「『ポリース』の代替語として『パースヴァル』という語が提案されたが、採用されなかった。今後、この語の代わりとなる語の選定作業が行われる予定はない」と述べた。      メフル通信が伝えたところでは、ペルシア語言語文化アカデミーは1年前から、「ポリース」の代わりとなる語の選定作業に多大な労力を費やしてきた。「軍関連用語選定委員会」の委員らによると、156の代替語が提案され、最終的に彼らの注意を引いたの 全文をよむ

2011-05-01 第7回《聖なる知恵》セミナー、イラン国営放送の尽力により開催 (Jam-e Jam紙)

ザルガーミー「殉教者モタッハリーの著作にはイスラーム世界の統一に寄与する力がある」       イラン国営放送のザルガーミー総裁は、「殉教者モタッハリーの著作には、特にイスラームの覚醒が取り沙汰されている今、イスラーム世界の統一に寄与する力がある」と述べた。       イラン国営放送総裁は昨日午前、イスラーム神学校や大学に所属する思想家たちが参加する中、イラン国営放送国際セミナーセンターにて開催された第7回「聖なる(モタッハル)知恵」セミナーで、「殉教者モタッハリー先生が見るナショナリズム問題 全文をよむ

2011-04-30 政治的テーマを打ち出したコンピューターゲーム、人々の歓呼とともに迎えられる (Jam-e Jam紙)

第一回「テヘラン・コンピューターゲーム・エキスポ」の開会式が、木曜日の夕方、「ボルジェ・ミーラード」(テヘラン北西部、テヘラン・コンベンションセンターの一部)の中央ホールで行われた。       このエキスポには70以上の企業と、国内で制作された作品246点(メイン部門・サブ部門双方を含む)が参加・出展した。       開会式には、文化革命最高評議会のアリーレザー・モフベル=デズフーリー書記や、文化イスラーム指導省のハミード・シャーフアーバーディー次官が関係者として列席した。       この 全文をよむ

2011-04-26 サアディーの生涯がアニメに (Jam-e Jam紙)

イラン国営放送の各チャンネルで放送されているアニメ番組の多くは、いまや国内各地で活躍中のアニメ制作者の努力によって作られたものだ。現在、国営放送の各局は多くのアニメシリーズの制作を予定している。      (‥‥)      サアディーの30年間にわたる旅を追う       全30話(1話22分)のアニメ「サアディーの旅」(制作:サイード・トルハーニー、監督:アリー・レザー・ガンバリー)が、現在イラン国営放送ファールス地方局で制作中だ。       トルハーニー氏は、このシリーズは物語形式で作ら 全文をよむ

2011-04-05 ラヒーム=マシャーイー「政府は時のイマームが降臨するプロセスを管理するべきだ」 (Mardomsalari紙)

エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイーは高官らとの会議のなかで、新年の祝辞を述べた上で、「〔救世主マフディー降臨を〕待望する政府には、経済的・文化的貧困を根絶し、正義を行き届かせ、最高レベルの自由を社会に普及させる義務がある」と語った。       イラン国営通信が大統領広報サイトを引用する形で、月曜日に伝えたところによると、マシャーイーは、マフディー降臨を待望するイスラーム共和国政府にとって最も重要な課題とは、降臨のメカニズムやプロセスを正しく知り、そのための管理をきちんと行うことだとし 全文をよむ

2011-03-06 高級イラン・イスラーム服のサンプル50着がお披露目 (Jam-e Jam紙)

文化イスラーム指導相、50億トマーン〔約4億円〕の予算で「イラン・ファッション衣料財団」の設立を発表       文化イスラーム指導相は「イスラーム・ファッション衣料展」の開催を発表し、「国会や政府には、50億トマーンの予算を可決・承認していただくことで、この財団〔=イラン・ファッション衣料財団〕を支援してくれることに期待している」と述べた。       メフル通信によれば、セイエド・モハンマド・ホセイニー文化イスラーム指導相は土曜日の夕方、テヘランのニヤーヴァラーンで開かれた「イラン=イスラー 全文をよむ

2011-03-05 マカーレム=シーラーズィー「逸脱したコーラン翻訳に気をつけよ」 (Jam-e Jam紙)

アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは、危険で逸脱したコーランの翻訳に対して警告を発し、神聖なコーランを一字一句逐語的に訳したのではコーラン〔の理解〕には役立たないとした上で、聖コーランの翻訳を適切に管理することが大切だと呼びかけた。      ISNAによると、同氏は「第一回聖コーラン・ペルシア語翻訳者集会」の席上で、さらに「自分の考えを社会に普及させる目的で、意図的に〔自説にあった〕コーランの翻訳を探し求め、〔コーランそのものではなく、その翻訳の〕見解を解釈し、コーランの翻訳を使ってす 全文をよむ

2010-12-22 イラン人有名声優が死去:「キャプテン翼」のナレーターなどを務める (Jam-e Jam紙)

 秋が終わる最後の日〔=12月21日、イランでは9月23日から12月21日の3ヶ月間を「秋」と呼ぶ〕、ある「声」がこの世を去った。その声は、誇張でも何でもなく、ここ数世代の人々にとって忘れることのできない、甘い記憶をともなう声だ。       昨日モハンマド・ホセイン・バーギー氏の声が永遠に消え、イラン芸術界は再び喪に服した。彼の声は多くのファンの記憶に、これからもずっと残るだろう。バーギー氏はテヘラン市内の病院での一年間の闘病生活の末、この世に永遠の別れを告げた。       「電気おじさん」 全文をよむ

2010-12-04 「ジャングル司令官」殉教記念日に際し、大統領が声明 (Jam-e Jam紙)

大統領は、「ジャングル司令官」ことミールザー・クーチェク・ハーン・ジャンギャリーの殉教記念日に際して声明を発表し、イランそしてイスラームの独立のために殉教した人物の一人として、彼の名を挙げた。       大統領はこの声明で、ミールザー・クーチェク・ハーン・ジャンギャリーは勇敢で疲れを知らない聖戦士であるとした上で、「彼は〔当時のガージャール朝が1919年にイギリスとの間で〕イランとイスラームに対して結んだ条約に、命ある限り抵抗した人物である。彼は今日まで、イランとイスラームの独立のために命を落 全文をよむ

2010-12-02 アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィー「ガメ・ザニーは明らかなイスラーム法違反」 (Jam-e Jam紙)

アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは、「ガメ・ザニー〔※第三代イマーム・ホセインへの哀悼行事の際に、短剣で自らの額を突く行為〕は、明らかにイスラーム法に反している」と述べた。       イラン国営放送報道センターによると、マルジャエ・タクリード〔※シーア派の最高権威〕である同師は、ゴムの大モスクで行われたイスラーム法学上級コースの授業の冒頭で、ムハッラム月〔※イスラーム太陰暦1月、西暦で今年は12月8日〜〕が近いことに言及し、ホセインへの哀悼を表すために一部でガメ・ザニーが行われている 全文をよむ

2010-11-30 87の地下音楽グループの存在を確認 (Mardomsalari紙)

調査により、133人の歌手を含む87の地下音楽グループが〔イランには〕存在することが分かった。これらのグループは、昨年のホルダード月〔西暦2009年5~6月〕から現在までに、ヴァーチャル空間において376の作品を生産し発表している。       イラン国営放送報道センターによれば、大学ジハード文化芸術研究所の学術委員の一人は、地下音楽についての研究会の席上、この数字に触れた上で、次のように述べたという。「イランにおける地下音楽とは単に、ポップスやロック、メタルといった新しい音楽ジャンルのことだけ 全文をよむ

2010-11-29 ハーフェズとサーディー記念日の世界登録へ向け、ファールス州が取り組み (Jam-e Jam紙)

ファールス州企画担当副知事は、「ハーフェズ記念日」と「サーディー記念日」の世界登録を目指し、活動を行っていることを明らかにした。       ISNA通信によると、ファルハード・サッジャーディー氏は、「ファールス州は神聖なるイラン・イスラーム共和国体制の文化と文明の揺りかごだ」と指摘した上で、UNESCO代表らとの間で行われている継続的交渉によって、「ハーフェズの日」と「サーディーの日」が世界登録されることに期待を表明した。       ハーフェズとサーディーの両記念日〔の制定〕は、1376年オ 全文をよむ

2010-11-11 ユネスコ、テヘランでの「世界哲学の日」の大会開催を邪魔立て (Mardomsalari紙)

ファールス通信の報道によると、「世界哲学の日」国際会議開催まで既に二週間をきっているなか、国連教育科学文化機関(ユネスコ)は火曜日、「世界哲学の日」の大会をイランで開催することを断念するとの声明を発表した。       ユネスコは声明で、同大会のイランでの開催を断念した根本的理由については触れることなく、ただ「国連関連の国際会議のイランにおける遺漏なき開催を保証するのに、必要な条件が整わなかった」とだけ記している。       「世界哲学の日」の広報本部責任者のマジード・フォルーギー氏は、ファー 全文をよむ

2010-11-11 ロサンゼルス在住のイラン人歌手、再びイランに招待される (Mardomsalari紙)

以前、ロサンゼルス在住のイラン人歌手ナスロッラー・モイーン氏に〔イラン公演の〕打診があったとのニュースが、複数のニュースサイトで報じられたが、今回この歌手の近縁の人物が明かしたところによると、モイーン氏に対して再度イランへの帰国の提案があったとのことだ。       ニュースサイト「サフィール」が親族の人物の発言として伝えたところによると、現在の状況から判断するならば、モイーン氏が近々イランを訪れる可能性はかなり高いという。       この人物の説明によると、モイーン氏が60年代のはじめ〔西暦 全文をよむ

2010-11-08 テヘラン警察長官「低俗アングラ音楽を制作していた最大のネットワークを摘発」 (Mardomsalari紙)

昨日午後、サージェディーニヤー司令官はテヘランで地下音楽の製作・流通を行っていた施設二ヶ所の関係者らを逮捕したことを明らかにした。       「大テヘラン公共治安警察による情報活動によって、低俗な音楽の発表・複製を行っていた地下音楽グループのメンバーら数人が特定・逮捕された」。テヘラン警察長官は詳細をこのように述べ、さらに「これらのグループは、〔イスラーム共和国への〕敵意に満ちた仮想ネットワーク〔=インターネット〕や衛星放送での使用を目的に異常な音楽を製作し、また〔広く世間に〕流通させるために 全文をよむ

2010-10-31 イラン人映画監督に「取り囲まれる」キュロス:3人の監督がキュロス映画に関心 (Jam-e Jam紙)

【文化芸術部:レザー・オスターディー】文化や芸術の世界も、その他のあらゆる領域と同様に、「流行」という現象の影響下にある。かつて、「ハリー・ポッター」やポール・オースター〔※アメリカの小説家・詩人〕、パウロ・コエーリョ〔※ブラジルの作詞家・小説家〕、「ザ・シークレット」〔※古今の著名人の成功と幸福の秘密を「解き明かした」スピリチュアル系自己啓発本〕などの本の翻訳・出版は、イランでも大いに流行ったし、実際、書店などに行けば、これらの作品の翻訳を複数種類、見かけることができた。       そして現 全文をよむ

2010-09-12 イランで「キュロス憲章」がお披露目 (Jam-e Jam紙)

金曜日早朝、さまざまな騒動をへて、ついにキュロス憲章がイランに到着した。歴史上、最も重要な人権宣言として知られるこの歴史的遺物の見学を何年もの間希望してきたイラン国民の期待が、かなえられることになる。       昨日この憲章の展示式典が、文化遺産観光庁の代表者や大英博物館の責任者らの出席のもと、イラン国立考古学博物館の2階で開催された。このきわめて貴重な歴史遺産は4ヶ月間にわたって、同博物館で展示される予定だ。       実のところ、この憲章は粘土製の円柱であり、アッシリア系イギリス人考古学 全文をよむ

2010-08-08 アケメネス朝の痕跡、中国で見つかる (Jam-e Jam紙)

2片の骨片に刻まれた「キュロス憲章」〔※〕の中国語バージョンが、中国・紫禁城で発見された。   〔※バビロンを征服したアケメネス朝の王キュロス2世が作らせたとされる大英博物館所蔵の古代の遺物で、一般には「キュロスの円柱」として知られている。この円柱には、王の寛大さやバビロン市民の生活の改善、囚われの身となっていた人々の解放(聖書の記述からユダヤ人の解放を指すものと信じられている)などが記述されている。このようなことから、この円柱は1960年代以降、当時のイラン国王によって「世界最古の人権宣言」と 全文をよむ

2010-07-29 イラン人の現代生活におけるBluetooth:「コーランBluetooth祭」が開催へ (Jam-e Jam紙)

【文化芸術部:マフディー・ヌールアリーシャーヒー】今日、Bluetoothは私たちイラン人の現代生活の一部となっている。近代的な技術が「イラン化」するとき、新たな姿形を獲得するものだ。〔‥‥〕Bluetoothという技術も例外ではない。       最近、Bluetoothのために、そして「Bluetooth遊び」のために地下鉄に乗る人がいる、というのは読者にとっても興味深い現象ではないだろうか。実際、このようなことをする人の数は少なくない。試しに、今度地下鉄に乗ったときにでも、自分のもっている 全文をよむ

2010-07-17 「ヘア・スタイル展示会」の実行責任者たちに対しては司法捜査の可能性も (Iran紙)

男性のヘア・スタイルをめぐる問題に関し、文化イスラーム指導省、及び「ファッション衣料調査委員会」事務局からは、ヘア・カタログの発行や「ヘジャーブと貞節」と名付けられた祭典の開催許可が出たことはなく、こうした〔違法な〕動きに対しては、司法による捜査が行われる可能性もある。       文化イスラーム指導省のハミード・シャーアーバーディー芸術担当次官はこのように述べ、さらに「一部のマスコミ報道では、ある民間企業が文化イスラーム指導省の許可のもと、男性用ヘア・スタイルに国内各州の名前をつける予定、など 全文をよむ

2010-07-13 新型ヘアスタイル、各州の名前によって命名へ:「シーラーズ・ヘア」などが候補 (Jam-e Jam紙)

文化イスラーム指導省の支持と某民間企業の運営によって、「ヘジャーブと貞節の祭典」が過去2日間にわたって開催されたことに伴い、模範的理容師600名が表彰を受け、さらに理髪店用のヘアスタイルのカタログが彼らに配られた。       「ヘジャーブと貞節の祭典」書記のアリー・アーベディー氏はこれについて、「この祭典は西洋文化の普及予防にふさわしい素地を提供するものだ。というのも、イスラーム指導省公認のヘアスタイルのカタログが理容師たちに配られ、顧客らの利用に供されることになるからだ」と述べ、さらに次のよ 全文をよむ

2010-07-13 文化イスラーム指導相「ロサンゼルスの歌手に活動許可を与えたことはない」 (Jam-e Jam紙)

〔革命後イランを離れた〕ロサンゼルス在住の〔イラン人〕歌手らが、現在イラン国内にいるのではないかとの噂が強まっている。きっかけは、こうした歌手の一人が行ったインタビューの内容がイラン・メディアに報じられたことだ。そのなかで、彼らが〔イランに〕滞在しているのかどうかについては、正式に確認も否定もされていないものの、しかしこうしたインタビューが報じられたこと自体、(イランでのコンサートの開催やアルバムの発表といった)この歌手をめぐる噂を暗に認めているといっていいだろう。       文化イスラーム指 全文をよむ

2010-07-05 イスラーム指導省公認のヘアスタイルがお披露目 (Hamshahri紙)

「ヘジャーブと貞節、及び模範的起業家女性を称揚する祭典」の書記は、ヘジャーブと貞節の文化に肯定的な活動を行い、理髪業組合から祭典に推薦された模範的理髪師600名の表彰を、同祭典において初めて執り行う予定であると発表した。       同祭典の委員長を務めるジャーレ・ホダーヤール氏はまた、「この祭典でデザインされたヘアスタイルは、速やかに一冊のカタログとして出版されるであろう」と述べた。       ILNAの報告によると、同委員長はさらに次のように述べた。「我々は自身がデザインしたヘアスタイルを 全文をよむ

2010-06-23 手工芸村はできるのか?: ギーラーン文化遺産局長会見 (Hamshahri紙)

ギーラーン州の文化遺産・手工芸・観光局局長は、同州に、カスピ海沿岸諸国による手工芸村を建設する計画があると発表した。      オミード・アズィージィー同局長は、メフル通信への取材に答え、「今年度、同建設計画には、250億リヤール(約2億円)の拠出が予定されている」と述べた。      なお、手工芸村に関連して、記者からは次のような質問が出された。   「ギーラーン州の手工芸バーザール建設の計画が以前発表されたが、具体的な計画遂行に至っていないのは何故か。同計画案の承認、すなわち、大統領の第1回 全文をよむ

2010-05-30 『アーレフ・ガズヴィーニー詩集』完全版が刊行:歌謡の録音源やコンサート研究も (Jam-e Jam紙)

『アーレフ・ガズヴィーニー詩集』完全版が、メフディー・ヌールモハンマディー氏により、ソハン出版から刊行された。      (訳者注)アーレフ・ガズヴィーニーは、1890/91年生まれ、1934年没。    立憲革命期(1905-11)の詩人として知られる。      メフル通信ガズヴィーンからの報告によれば、同詩集は、アーレフのガザル(抒情詩型)、ガスィーデ(カスィーダ=頌詩型)、マスナヴィー(叙事詩型)、タスニーフ(歌謡詩)、ガトエ(短頌詩型)、ド・ベイティー(二対句詩)、モフラド(一対句詩) 全文をよむ

2010-05-22 「私もモデルになりたい」:違法モデル業界に飛び込む人々 (Iran紙)

【パルヤー・ホダーゴリーザーデ】「最低身長は女性で170cm、男性で180cm、体重は世界標準並で〔一般に認められた〕モデルと同じくらいであること。顔は、明らかに目立つような欠陥があってはならない。例については応募書類に明記されています。…基本動作やジェスチャーをマスターするための教育課程の終了後、審査員立ち会いの下、最終試験を受けていただきます。そこで合格すれば、事務所のモデルとして、新しいブランドの広告塔になることができます…」。       恐らく事務所の秘書であろう、スマートな服装の若い 全文をよむ

2010-05-20 女性文化評議会委員「ヘジャーブの乱れを取締まってきたのであれば、放埒な女性はいないはず」 (Mardomsalari紙)

女性文化社会評議会前会長のノウバフト氏は、イスラーム革命後、これまでバッドヘジャービー〔女性のヘジャーブの乱れ〕の取り締まりに誰も着手してこなかったとの見方を示している。同氏によると、ヘジャーブについてのイスラーム法上の規定を守ろうとしない人が社会で多く見受けられるにもかかわらず、誰も彼女らに関わろうとせず、彼女らを野放しにしていることがその証左だという。ノウバフト氏は、「治安維持軍は、社会の道徳的・文化的安全を妨害する者に対してのみ、取り締まりを行っているにすぎない」と指摘している。      全文をよむ

2010-05-19 女性センター副所長「『ヘジャーブと貞節』計画は女性の集まる所から始めよ」 (Mardomsalari紙)

大統領府女性家族問題センターの副所長は、「ヘジャーブと貞節」はイラン文化に古くから存在してきたと指摘し、「『ヘジャーブと貞節』は永遠の肉体的・精神的欲求であり、この欲求が人々の内側で正しく形成されるには、そのための文化的土台を社会に築き上げる必要がある」と述べた。       ファリーバー・スーリー氏はイラン学生通信(ISNA)とのインタビューの中で、「『ヘジャーブと貞節』をめぐる議論は、男にとってであれ女にとってであれ、またイラン人にとってであれ非イラン人にとってであれ、〔普遍的な〕一人間的欲 全文をよむ

2010-05-18 アラム=アルホダー師「へジャーブ未着用は反体制分子の陰謀」 (Mardomsalari紙)

〔前略〕      ISNA(イラン学生通信)の報道によると、アーヤトッラー・セイエド・アフマド・アラム=アルホダーは今日〔=5月17日〕、ファーテメ・ザフラー殉教記念日に際してハフテ・ティール広場に集まった人々を前に、〔‥‥〕「無謬なる者たち〔※預言者ムハンマドや12人のイマーム、及びムハンマドの娘で初代イマーム・アリーの妻ファーテメのこと〕の人となりを伝説として捉えてしまう見方は、ややもすると『彼らは我々と違う』、『我々とは異なった現実・責務に直面していた』、『我々のような存在ではなかった』 全文をよむ

2010-05-16 アフマド・ハータミー、「貞節とヘジャーブ」計画の適切な実施を要求 (Jam-e Jam紙)

内務大臣が今年の「貞節とヘジャーブ」計画を発表してから、およそ一カ月が経った。一部の関係者や専門家らは、この計画の実施とバッドヘジャーブな者たちへの取り締まりに、これまで以上に真剣に取り組みむよう、〔国に〕求めている。       テヘラン臨時金曜礼拝導師のアーヤトッラー・セイエド・アフマド・ハータミーは社会における「貞節とヘジャーブ」計画の実施に関して、記者団を前に「我々は政府に対し、文化革命最高評議会で決められた貞節とヘジャーブの文化普及へ向けた施策を実行するよう、求めている」と述べた。   全文をよむ

2010-05-16 アフマド・ハータミー、「貞節とヘジャーブ」計画の適切な実施を要求(2) (Jam-e Jam紙)

「貞節とヘジャーブ」をめぐる過去14年間の沈黙       「貞節とヘジャーブ」計画は1384年デイ月13日(西暦2006年1月3日)に、文化革命最高評議会によって決定された計画で、それに従い政府系・非政府系を問わず多くの機関や省庁が、この計画達成に向けて行動を起こすことを義務づけられた。       この計画実施に向けて、16ヵ条にわたる施策が定められたが、なかでも最も重要なのが、悪化の一途をたどるバッドヘジャービー(ヘジャーブの乱れ)現象への対策として、「ヘジャーブと貞節」問題が国の各行政機 全文をよむ

2010-05-12 行政公正院長「イスラームの敵は様々な方法を駆使して、ソフトな道徳戦争を進めている」 (Mardomsalari紙)

行政公正院長は、敵による文化的侵略と「ソフトな道徳戦争」について言及し、「我々全員に敵の文化的侵略、夜襲に対して〔備える〕責任がある。精神的な拠り所、コーランというバリケードに避難し、子どもたちを守らなくてはならない。〔司法・行政・立法の〕三権は、この侵略を防ぐために、適切な方策の策定に向けて協力する必要がある」と指摘した。       イラン学生通信によると、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン〔※アーヤトッラーよりも1ランク下の宗教指導者への尊称〕のモハンマド・ジャアファル・モンタゼリ 全文をよむ

2010-05-11 最高指導者「書籍を通じて歴史をでっち上げ、反社会的な価値観を蔓延させようとしている者がいる」 (Mardomsalari紙)

イスラーム革命最高指導者は、イスラーム宣伝庁芸術部の責任者、及び著書『ダー』の出版に関わった関係者らと面会し〔‥‥〕、「イスラーム革命と聖なる防衛〔=イラン・イラク戦争〕には、尽きることのない宝物、大いなる能力が存在する。〔イラン〕社会、そして世界に宗教と革命の文化・価値観を広めるために、これらを最大限利用しなければならない」と強調した。       イラン学生通信(ISNA)の報道によると、アーヤトッラー・ハーメネイー最高指導者は、聖なる防衛には〔‥‥〕宗教とイスラーム革命についての純正なる知 全文をよむ

2010-05-09 科学技術省、「ヘジャーブと貞節」計画で男女別の講義開設を否定:男女別学の私立大学拡充が課題 (Jam-e Jam紙)

科学技術省文化担当次官は、各大学における「ヘジャーブと貞節」計画実施をめぐる科学技術省の議論は、基本的に男女別学を志向するものではないと述べつつ、「各大学でもヘジャーブと貞節〔の遵守〕は重視されねばならない、というのがわれわれの総論である。このことは、文化革命最高評議会の決定事項でも指摘されていることである」と付け加えた。       ゴラームレザー・ハージェサルヴァリー次官は、同評議会の決定事項について触れた上で、次のように加えた。「この決定事項では、可能であれば、講義は男女別に行うべきだと記 全文をよむ

2010-04-28 イラン国営放送女性問題顧問、「貞節普及計画」について発表:「女性の服装と化粧をより厳格に統制する」 (Mardomsalari紙)

イラン国営放送協会の女性問題担当顧問は、「イラン国営放送は貞節とへジャーブの文化普及に関して、特別なプログラムを計画している。もちろん、イラン国営放送はこれまでも、自ら本来の方針に基づいて必要な措置を取ってきた」と述べた。       サリーヒー顧問は、貞節とへジャーブの文化普及に関して、協会内部で複数回にわたり会議を開いてきたことを明らかにし、さらに「国営放送総裁は、各チャンネルで貞節とへジャーブの文化普及に真剣に取り組むよう、指示を出している」と述べた。       同顧問はまた、「連続ドラ 全文をよむ

2010-04-26 「『市民権保護評議会』を中心に『貞節とヘジャーブ』計画を実施する」:内務大臣が発表 (Iran紙)

【社会部】文化革命最高評議会が決定した「貞節とヘジャーブ」計画が、まもなく「市民権保護評議会」を中心に実施される予定だ。       モスタファー・モハンマド・ナッジャール内務大臣は、全国各州に設置された「女性問題局」の局長らを集めた会合でこのように発表し、次のように述べた。「〔‥‥〕残念ながら、目下社会では規範を無視した行動が多く見受けられるが、その原因は過去の誤った政策にある。同時に、社会にいる偏屈な人々の多くは、規範を無視するような行動が一部に見られるのは、〔政府が〕こうした行動に対してき 全文をよむ

2010-01-10 文化遺産観光庁長官「マルコ・ポーロはスパイ目的でシルクロードを旅した」 (Mardomsalari紙)

文化遺産観光庁長官は、マルコ・ポーロの旅は政治目的によるものであり、西洋を東洋に対して対抗させることが彼の真の狙いだったと述べた。同長官によると、マルコ・ポーロの旅には、恐らくスパイ的な側面があったのであり、西洋人のために情報を収集することが彼の目的だったという。というのも、彼らにとってシルクロードは極めて重要で、彼らはシルクロードという道を経済的観点から大いに活用したからである。       イラン労働通信(ILNA)の報道によると、ハミード・バガーイー長官は国際シルクロード・シンポジウムの席 全文をよむ

2009-10-21 「対イラン・ソフト作戦の暗号名は《メデア》」:キャルホル大統領顧問が暴露 (Jam-e Jam紙)

大統領メディア担当顧問は、敵の我が国に対する《ソフトな作戦》の暗号名について、「《メデア》がエイジャックス作戦に次ぐ、ホルダード月22日〔西暦6月12日=第10期大統領選挙が行われた日〕の敵の作戦に付けられた暗号名である」と暴露した。   〔訳注:エイジャックス(AJAX)作戦とは、CIAが1953年に、石油国有化運動で国民的支持の高かったモサッデグ政権をクーデターによって転覆させたときの作戦名。エイジャックスとは、トロイ戦争で活躍したギリシア神話の英雄アイアースのこと〕       ファールス 全文をよむ

2009-10-15 大統領メディア担当顧問の娘、国外に亡命:「この事件は反体制派による《ソフトな戦争》の一例」 (Mardomsalari紙)

ここ数日、大統領顧問の娘が国外に行き、亡命申請を決意したことが、一部の西側メディアのニュースで話題となっている。顧問はこのことに関し、子どもへの父親としての忠告を述べた上で、「ナルゲス〔=キャルホル顧問の娘〕も言っているように、私が彼女の母親と離婚してから、彼女は母親と暮らしており、外国行きは彼女一人で決めたことだ」と話した。       娘であるナルゲス・キャルホルが国外に行き、亡命を申請したことが、一部メディアで騒ぎになっていることについて発言したメフディー・キャルホル大統領顧問は、このよう 全文をよむ

2009-10-04 アフマディーネジャード「メディア戦争に向けて、われわれは装備を整えなければならない」 (Jam-e Jam紙)

【政治部】マフムード・アフマディーネジャード大統領は、人類の敵どもが用いる武器の中で最も役立つ武器こそメディアに他ならないとして、「抑圧主義体制が自らの政策を推進する上で最も重要な武器こそメディアであり、メディアを抑圧主義体制から取り除けば、この体制は一日として持たないほどである」と述べた。       報道中央局の報告によると、大統領はテヘランで開催された「イスラーム諸国ラジオ・テレビ協会」の第三回年次総会で、メディア戦争こそ主戦場の一つであるとし、「今日、メディアは単なる情報伝達のためにある 全文をよむ

2009-09-24 『交響曲 抵抗』、ヴァフダト・ホールで初公演 (Iran紙)

「聖なる防衛」週間に合わせて、ヴァフダト・ホールで予定されていたマジード・エンテザーミー氏の最新作『交響曲 抵抗』の初公演が行われた。       イラン紙の報告によると、モハンマド・ホセイニー文化イスラーム指導相やモハンマド・ホセイン・イーマーニー=ホシュフー文化イスラーム指導省芸術担当次官、マスウード・ザリーバーファーン殉教者財団・革命献身者問題長官をはじめとする文化政策の高官らが見守るなか行われた同交響曲の初公演で、楽団の指揮を務めたマジード・エンテザーミー氏は聴衆らに向けて、音楽芸術家の 全文をよむ

2009-08-13 メスバーフ=ヤズディー「アフマディーネジャードに従うことは、神への服従」 (E'temad-e Melli紙)

【政治部】ゴムの高位の宗教指導者でありマフムード・アフマディーネジャード氏の最も有力な支持者であるモハンマド・タギー・メスバーフ=ヤズディー氏は、大統領に従うことは神に従うことだとの見解を示した。       イマーム・ホメイニー教育研究所所長である同氏は昨日、全国バスィージ芸術家セミナーの席上で、ヴァリーイェ・ファギーフ〔最高指導者〕は「時のイマーム」〔お隠れの第12代イマームのこと〕の代理人であると指摘し、次のように述べた。「大統領が最高指導者から任命および承認され、彼の代理人となる時、彼の 全文をよむ

2009-08-05 「アフマディーネジャードが勝利しなかったら、今頃偽善者たちが生まれていただろう」:メスバーフ=ヤズディーの門弟が発言 (E'temad-e Melli紙)

メスバーフ=ヤズディー氏が主宰する「イマーム・ホメイニー研究所近代史センター」のラフダール元所長は昨日、「われわれはどのようにして、突如として偽善者となるのか」と題されたシンポジウムの中で、「もしアフマディーネジャードが大統領選で勝利を収めなかったならば、まさにイスラーム初期のアブー・バクル派のような偽善者集団が今頃生まれていただろう」と述べた。   〔※アブー・バクルは、預言者ムハンマドの後継者としてイスラーム共同体を率いた初代正統カリフ。シーア派にとっては、初代イマーム・アリーが継ぐべき地位 全文をよむ

2009-08-03 風刺画家ら、第9回風刺画コンテストをボイコット (E'temad-e Melli紙)

■ 2年に一度開かれる文化イスラーム指導省主催の第9回国際風刺画コンテストに、100名の風刺画家が参加ボイコットを表明:「これまでと変わることなく、われわれは厳しい仕打ちを受けた人々とともにいる」      【文化部:パルヴィーズ・バラーティー】テヘランで2年に一度開かれる第9回風刺画コンテストをはじめ、様々なイベントが「ボイコット」の危機に直面している。       第9回風刺画コンテスト開催まで残すところ4ヶ月弱となった時期に、イラン人風刺画家100名は声明を発表、選挙後の事件への批判と市民 全文をよむ

2009-03-05 反民主主義シンポジウムが開催:メスバーフ=ヤズディー、世界人権宣言の受け容れに反対を表明 (E'temad-e Melli紙)

【アリー・アシュラフ・ファトヒー】アーヤトッラー・モハンマド・タギー・メスバーフ=ヤズディーの弟子らが一堂に会し、師とともに「民主主義」について討論した。       アーヤトッラー・メスバーフが主宰するゴムの「イマーム・ホメイニー教育研究所」主催のシンポジウム「宗教的人民主権」は、民主主義という現象に関するイラン、西洋、及びアラブの哲学者・理論家たちの信仰を批判する場に早変わりした。その中でアーヤトッラー・メスバーフ=ヤズディーが主導する思想学派の門弟たちは、イスラームと民主主義をいかに綜合す 全文をよむ

2009-02-28 モジュタヘド=シャベスタリー、宗教的な議論を装った反宗教的議論を行う (Jam-e Jam紙)

【政治部】偉大なるイスラームの預言者ムハンマドとイマームたちの無謬性をめぐるモハンマド・モジュタヘド=シャベスタリーの発言が、波紋を呼んでいる。       モハンマド・モジュタヘド=シャベスタリーはエスファハーン工科大学での講演で、預言者の無謬性についての質問に答える形で次のように述べた。「預言者の責務とは、ただ人々を神の方向へと呼びかけることにあった。この責務において預言者は無謬であり、一切の過誤はなかった。しかし〔その他の点で〕預言者が過ちを犯したかどうかについて言えば、彼の発言や伝承を見 全文をよむ

2009-02-16 アーシューラーの殉教劇タアズィーイェ、イラン国民遺産に登録 (Iran紙)

【社会部】タアズィーイェ及びアーシューラーの諸儀礼〔※1〕が、国民遺産の無形遺産リストに第10番目の遺産として登録された。       ISNA(イラン学生通信)の報道によると、政府報道官ゴラームホセイン・エルハーム氏は、〔テヘラン北部に位置する〕「首脳会議ホール」で行われたタアズィーイェ及びアーシューラーの諸儀礼の国民遺産登録式で、アーシューラーを様々な価値を秘めた一つの象徴と位置付け、次のように話した。「アーシューラーは公正の希求や真理の探求、理想の追求、圧制への抵抗、自己犠牲、献身、愛、そ 全文をよむ

2009-02-04 イラン国産衛星「オミード」、宇宙空間に飛び立つ (Jam-e Jam紙)

【政治部】イスラーム革命30周年記念祭3日目にあわせ、国産人工衛星「オミード」(希望)が打ち上げられ、同衛星は無事軌道上に乗った。       衛星打ち上げロケット「サフィール」(メッセンジャー)によって行われた国産衛星「オミード」打ち上げ成功の報道は、発表直後から世界のメディアで大々的に取り上げられた。       9回もの実験を経なければならなかった一部の国とは異なり、イラン・イスラーム共和国は、衛星打ち上げロケット「サフィール」の三度目の打ち上げ実験で、衛星「オミード」を軌道上に乗せること 全文をよむ

2009-02-02 遺産密売業者から最古のイマーム・レザー聖墓碑、発見される (E'temad-e Melli紙)

【エッテマーデ・メッリー】〔第8代〕イマーム・レザーの最古の聖墓碑を30億トマーン〔約2億8千万円〕で売却しようとしていた文化遺産密売業者が、ヴァラーミーン県〔テヘラン州南部〕治安維持軍の隊員らにより逮捕された。       この報道によると、ヴァラーミーン県治安維持軍司令官イーラジ・ガーセムアーバーディー大佐は、この件について次のように発表した。「しばらく前、ヴァラーミーン県公衆安全・情報警察の捜査員たちは情報収集活動中、ある者たちがヴァラーミーン県内で高価な石碑を取引しようとしているとの情報 全文をよむ

2008-12-24 週刊誌「ゴルアーガー」、廃刊に (E'temad-e Melli紙)

【ファールス通信】イラン暦87年オルディーベヘシュト月26日(西暦2008年5月15日)から発行を再開していた週刊誌「ゴルアーガー」の新シリーズが廃刊となった。       週刊「ゴルアーガー」の発行責任者であるプーパク・サーベリー・フーマニー氏は同誌最終号で、読者に対し最後の言葉として、この決意の理由を打ち明けている。その中で氏は以下のように語っている。   イラン暦1383年オルディーベヘシュト月(西暦2004年5月)に、力の限りゴルアーガー協会の灯を保ち続け、適切な時期がくればゴルアーガー 全文をよむ

2008-12-14 イラン治安維持軍道徳安全警察長官「イランにおけるラップ・グループの活動は限定的」 (Iran紙)

イラン治安維持軍道徳安全警察長官は、イランで活動するラップ歌手やラップ・グループの数は限られたものに過ぎないと述べた。       ルーズバハーニー司令官はイラン学生通信の取材に対し、さらに次のように述べた。「イランのラップ・グループには、2つ型が存在する。第一の型には、ラップ音楽に特有の服装や行動、装飾が見られる。他方、第二の型は地下にもぐって活動をしたり、集会を開いたり、パーティーを開いたりしていると言われている。勿論、警察はこれら両方に対して、関係者を発見し次第、問題の調査を行っている」。 全文をよむ

2008-12-13 第24回ファジル音楽祭、開催される (Jam-e Jam紙)

【芸能・文化部】ファジル音楽祭が開幕して3日が過ぎた。ポップス・グループによるさしてレベルの高くないコンサートが行われている中、昨夜テヘラン交響楽団とオランダから来たロマンチック音楽グループの演奏により、24回目を迎えるこの音楽祭に新たな彩りが添えられた。       本紙ジャーメ・ジャム記者の報告によると、ポップスの熱狂的なファンが、特にレザー・サーデギーのコンサートが開かれた夜、ケシュヴァル・ホールに殺到、チケットの闇市まで出現する事態となった。そのような中にあって、ルーダキー・ホールやヴァ 全文をよむ

2008-12-11 少女のミイラの謎:本物か、偽物か? (Jam-e Jam紙)

【事件部】4500年以上前のものとされる10歳の少女のミイラ化した遺体が発見され、文化遺産庁の考古学者たちはこの件に関する調査を開始した。       「ジャーメ・ジャム」の報道によると、アラーク州〔註:テヘラン州南西に位置し、エスファハーン州に隣接する州〕治安維持軍ナビーオッラー・ヘイダリー総司令官は月曜日、記者会見でミイラが発見されたことに言及し、次のように述べた。「2ヶ月間にわたる大規模な情報収集活動によって、6人組の文化遺産密輸業者がエスファハーン州のある町で発見されたミイラを、35億ト 全文をよむ

2008-11-11 シーア派文化普及に向けて衛星放送局設立へ (Iran紙)

ゴム在住の宗教的権威(マルジャエ・タグリード)の一人であるアーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは、「近頃ワッハーブ主義者たちは多くの打撃をシーア派信徒に与えている。このことはワッハーブ主義の力を示すものであり、同派への認知をさらに広めてしまうことになるだろう」と語った。       メフル通信によると、マカーレム=シーラーズィー師は「ゴム宗教学院シーア学専門センター」の開所式で、シーア派信徒に対するワッハーブ主義者たちの敵対的活動に言及して、次のように語った。「今日ワッハーブ派がイスラーム 全文をよむ

2008-10-17 メッラト公園で世界最大のサンドイッチ、作られる (Jam-e Jam紙)

世界最長のサンドイッチが、今朝テヘラン市スポークスマン兼上級顧問のモハンマド・ハーディー・アヤーズィー博士臨席のもと、メッラト公園で調理された。メフル通信によると、全長1500メートルにも及ぶサンドイッチの製作は、今朝8時半からスタートし、「ジャーメ・ジャム向かい」〔テヘラン北部ヴァリー・アスル通り沿いにある地名〕からメッラト公園の中まで続く長さで、植物繊維入りのパンが並べられた後、調理済みのサンドイッチ用具材がパンの中に納められた。       これより前48時間にわたり、32名の調理人が料理 全文をよむ

2008-10-05 LGエレクトロニクス、コーラン朗誦テレビを中東向けに供給へ (Jam-e Jam紙)

LGエレクトロニクスは、視聴者にコーランを朗唱してくれる世界で初めてのテレビの供給を開始したと発表した。       「コーラン朗誦テレビ」は遠くない将来、イスラーム世界で人気を博することが見込まれている。このテレビには114章からなるコーランの本文が内蔵されている。       LG エレクトロニクスには、このような地域仕様の商品を販売することで自社の売り上げを増加させる狙いがある。「コーラン朗誦テレビ」は、「アラビア語方位指示器〔メッカの方位表示機能を搭載した商品と思われる〕」や「アフリカの 全文をよむ

2008-09-25 ニーシャープールのタイル職人ら、タジキスタンのルーダキー廟を修復 (Iran紙)

【ニーシャープール—イラン紙記者】タジキスタンの文化相が、傑出したペルシア語詩人ルーダキーの墓廟[「アーフターブ通信」サイトに写真]修復のために、ニーシャープールのタイル職人を招聘した。       ニーシャープール文化遺産・手工芸観光局のモハンマド・ロクニー局長は、次のように述べた。「ニーシャープール文化遺産局の優れたタイル職人であるハサン・ハーニー氏が、二人の熟練したイラン人タイル職人とともに、一ヶ月かけてルーダキー廟のドームを修復する予定である。」       ルーダキー廟は、アッタール廟 全文をよむ

2008-09-24 イランの街並みの保護を訴える人々、エスファハーン一般・革命検察庁の前で抗議集会 (E'temad-e Melli紙)

【ILNA(イラン労働通信)】エスファハーンのチャハールバーグ通りを通る鉄道建設に反対する1500人の人々の弁護を務めるモハンマド・アリー・ダードハーフ氏は、「三年ほど前にエスファハーン地下鉄会社が市の鉄道をチャハールバーグ通りに通す計画を決定した。この決定に対し、文学関係者や文化人、歴史研究者などを含む1500人以上の人々が反対の声を上げた」と語った。       ダードハーフ氏は、この件に関し訴訟が起こされたが、検察庁は訴状を受理しようとしなかったと述べ、さらに「これとの関連で、この問題に関 全文をよむ

2008-09-21 アリーサドル洞窟とダマーヴァンド山、「世界の自然七不思議」にエントリー (E'temad-e Melli紙)

【イラン学生通信】「新・世界七不思議」財団は、アンケートを通じて、西暦2009年7月21日に「人々が選ぶ世界の自然七不思議」を発表する予定である。       このリストにはこれまでに、イランの二つの名所、ハマダーン州のアリーサドル洞窟とテヘラン州のダマーヴァンド山の名前が挙がっている。http://www.new7wonders.com/nature/en/vote_on_nominees/から、投票サイトにアクセスし、投票することができる。       アリーサドル洞窟やダマーヴァンド山に投 全文をよむ

2008-09-18 ラマダーン月の連続テレビ・ドラマに放送中止命令 (E'temad-e Melli紙)

【ファールス通信】連続テレビ・ドラマ「ベザンガーフ(きわどい時に)」がイラン国営放送番組監督評議会により放送中止を命じられた。       イラン国営放送番組監督評議会がファールス通信に宛てた書簡には、「国民、ならびに多数の宗教界・大学界の良心的な指導者や専門家から寄せられた幅広い抗議、及び『ベザンガーフ』シリーズの非道徳的、非イスラーム的、さらには非合法的な規範を逸脱した番組内容に対する過去のイラン国営放送番組監督評議会の批判に鑑み、同評議会はイラン国営放送総裁宛ての書簡を通じて、同連続テレビ 全文をよむ

2008-09-16 カラフルなイラン製チャードル、デザインされる (Jam-e Jam紙)

【社会部】様々な色を用いたイラン製チャードルがデザインされた。       アーバーン月9日(西暦10月30日)に開催される第一回「ヘジャーブと貞節」祭ならびに同国際シンポジウムの広報本部が伝えたところによると、イラン製チャードルのデザイナーであるファッターネ・ジャナービー氏はこのように明かした上で、次のように述べた。「若者は洋服を選ぶ際、色やデザインの多様性を重視する傾向にあり、また自らの年齢に合わせて様々なデザインを着用したいと考えています。このような観点から、多様なデザインが施されたイラン 全文をよむ

2008-09-02 焼き物:バルーチェスターンの消えゆく伝統工芸 (Jam-e Jam紙)

【ザーヘダーン:ジャーメ・ジャム紙記者】スィースターン・バルーチェスターンの焼き物には6000年に及ぶ長い歴史がある。この焼き物の生産の中心地はサラーヴァーン県に位置するゴルプールガーン地方である。歴史資料によると、紀元前3200年には、焼失した都市ザーボル〔イラン南東部、アフガニスタン国境付近〕の人々は自分たちの水や食事の器を素焼きの陶器で作っており、焼き物を焼くための窯が同市の周辺に点在していたことが分かっている。       「マシュクータグ」という名の粘土の採土場が近いため、サラーヴァー 全文をよむ

2008-09-02 世界遺産タフテ・ソレイマーンでゾロアスター教徒の祝祭 (Jam-e Jam紙)

【オルーミーイェ:ジャーメ・ジャム記者】わが国のゾロアスター教徒の同胞たちによって「ガーハンバールの儀式」すなわち大地創造の祝祭が、タカーブ〔イラン北西部の町〕の世界遺産「タフテ・ソレイマーン」で開催された。       わが国のゾロアスター教徒たちは、西アゼルバイジャンのタカーブにある世界遺産タフテ・ソレイマーンに集い、この世界遺産でガーハンバールの儀式を行った。       タカーブの世界遺産タフテ・ソレイマーンで行われた大地創造の祝祭では、いろいろな果物を半分に切ってその香りを辺りに漂わせ 全文をよむ

2008-08-18 通信衛星「オミード」、宇宙に打ち上げられる (Jam-e Jam紙)

【政治部】初の国産通信衛星が、イラン製打ち上げミサイルによって宇宙に発射された。       ファールス通信によれば、通信衛星「オミード(希望)」は昨日夕方、イランのスペースセンターから、イラン製ミサイル「サフィール(メッセンジャー)」により宇宙へと発射された。「オミード」は第12代隠れイマーム「ヴァリー・アスル(時の主)」の生誕日に際してイラン国民へ贈られたプレゼントである。       純国産の技術を備えた先端衛星「オミード」は、イランの専門家らにより製作された。これは、一部の先進国が「オミ 全文をよむ

2008-07-24 タブリーズのバーザール、世界遺産に?:東アゼルバイジャンの歴史的教会群の世界遺産登録に続き (Jam-e Jam紙)

【タブリーズ:ジャーメ・ジャム紙記者】歴史的・文化的価値を有する東アゼルバイジャンの教会群が世界遺産に登録された。       東アゼルバイジャン州文化遺産・手工業・観光庁のトラーブ・モハンマディー長官は、記者団に対して次のように述べた。「聖ステファヌス教会、聖マリア教会群、ジョルファー県の教会群が世界遺産に登録された。これは国際的な水準において東アゼルバイジャンが有している高い可能性を示すものだ」。       彼は次のように付け加えた。「これ以前にも、ラシードッディーンのワクフ文書『ラブエ・ 全文をよむ

2008-07-08 ヤズドにある世界一長いカナート、存亡の危機に (Jam-e Jam紙)

【ヤズド】二千年の歴史を誇る世界で最も長いカナートが最近、危険な状態に晒されており、存亡の危機に立たされている。       全長84キロメートルに及ぶ「ザーレチ」のカナートは、ヤズド州でも最も貴重な観光資源の一つであるが、関係者によると、このカナートには家庭排水が漏れ出ており、崩壊への道を歩んでいるという。       ヤズド・カナート国際センター局長は記者団に対し、このカナートが直面している今後の運命に対する無関心に警告を発し、「世界で最も長いカナートが存亡の危機に立たされている」と訴えた。 全文をよむ

2008-07-03 旅客機撃墜事件から20年:追悼の鳩66羽が放たれる (E'temad-e Melli紙)

イランの映画関係者たちは、アメリカの軍艦によって撃墜されたエアバス航空機事件の20周年にあわせる形でペルシア湾の海辺に集まり、殉教者遺族への共感のしるしとして、66羽の鳩を大空に解き放った。この鳩の数は、撃墜された航空機に搭乗していた子供の人数を表している。彼らはまた声明を発表し、この事件への一層の理解と、事件をテーマとしたより多くの映画作品の制作を求めた。      〔中略〕       式典の中で、事件当時カナダのトロントにいたサイードラード氏は、事件に抗議する運動を行い、〔カナダ政府当局に 全文をよむ

2008-05-31 ペルシア語訳・村上春樹短編選集『どこであれそれが見つかりそうな場所で』をめぐって(3) (Jam-e Jam紙)

現代人の苦悩       村上は、現代の孤独な人間たちを描く作家である。短編選集『どこであれそれが見つかりそうな場所で』で描かれたように、その人間たちはどこだか知らない場所で、それが何なのかわからないものを探し求めてさまよっているのだ!    [彼ら現代人は]外部からの影響や命令に従って決断を下し、自分を保てるぎりぎりのところで、孤独の闇と自らの生に対する蔑みへと自分を追い立ててしまう人間たちだ。        短編『もうひとつの死に方』[訳者注]では、満州島[原文のまま]に一人残った獣医が、自 全文をよむ

2008-05-31 ペルシア語訳・村上春樹短編選集『どこであれそれが見つかりそうな場所で』をめぐって(2) (Jam-e Jam紙)

読み手の心に沸き起こる問い   --『眠り』と『土の中の彼女の小さな犬』--      幸せで穏やかな生活を送っていた女性が不眠症にかかってしまう。彼女は、毎晩朝まで眠れぬまま、夫のいびきに耐えて過ごすことを余儀なくされる。彼女は次第に、独り誰にも邪魔されない夜の時間を楽しむようになる。朝まで酒を飲み、通りに出かけ、トルストイの『アンナ・カレーニナ』を読むのだ。      彼女は、新たな秘密の時間の過ごし方を自分のために切り開いていき、ついには真夜中の一人の時間だけを待ち望み、一日を過ごすように 全文をよむ

2008-05-31 ペルシア語訳・村上春樹短編選集『どこであれそれが見つかりそうな場所で』をめぐって(1) (Jam-e Jam紙)

もはや、偉大なるヒーローたちは死した。      【アーラシュ・シャファーイー】ハルキ・ムラカミ(村上春樹、1949年東京生まれ)は、間違いなくアジア及び日本で最も名を知られた現代作家である。世界16ヶ国語への翻訳や、これまでに獲得した数々の賞、および、ミリオンセラーとなったいくつもの本などは、彼がアジアや日本で最も名の知られた作家であるという事実の一部を示しているにすぎない。       なぜなら、村上の名声は、今や次第に国境を越え、国際的で独自のスタイルを持つ作家として評価されているからだ。 全文をよむ

2008-05-14 アニメ「子どもと占領者」、アラブ諸国でも放映へ (Jam-e Jam紙)

【メディア部】普段、ある特定の種類のアニメを見て、それと関係を築き、楽しむことに慣れてしまっている私たちであるが、時には、普通とは違った形の、新鮮で魅力的な作品に出会うこともある。       アニメシリーズ「子どもと占領者」は、そんな作品の一つである。この作品ではある種の時事的な問題が扱われており、そのため国内外の多くの視聴者たちと接触することのできる作品となっている。このアニメは、コンピュータによる3D技術を使って作られたシュールなコメディで、アクションの要素を取り入れることによって、他には 全文をよむ

2008-04-29 アミールハーニー、書道展「筆の東洋」で講演へ (Iran紙)

【文化芸術部】ゴラームホセイン・アミールハーニー氏が、オルディーベヘシュト月12日(5月1日)にイマーム・アリー宗教芸術ミュージアムで開かれる「筆の東洋」展の開催に合わせ、スピーチを行う。       ゴラームホセイン・アミールハーニー氏はこれより前、イラン紙とのインタビューの中で、国内の書道家たちに巨匠認定証を贈る授与式を執り行ったことについて明らかにしていたが、今回の書道展では、彼自身がイランと日本それぞれの国の書道家たちのゲストとして迎えられる予定だ。       「筆の東洋」展では、日本 全文をよむ

2008-04-28 反「FITNA」シンポジウム開催「西洋人の目に東洋は異様な存在として映し出されている」 (Iran紙)

 東洋を野蛮な空間として見せることで、人々が慣れ親しんだ身近にある社会とは異質な社会として東洋の諸社会を描き、西洋人の視聴者の目に得体の知れないものであるかのように東洋人を映し出そうとする試みが行われている。       ファーラービー映画財団のマジード・シャーホセイニー理事長は、作家・評論家協会、及び映画院により開催された反『FITNA』シンポジウムで、次のように語った。「ハリウッドで映画が制作された当初から、イスラームは東洋の国々で広まった宗教として攻撃の対象とされた。そして、このような見方 全文をよむ

2008-04-28 ジャラール・アーレ=アフマドのドキュメンタリー作品、間もなく放映へ:革命文学シリーズも制作中 (Jam-e Jam紙)

【ISNA】イラン国営放送テレビ第二チャンネル学芸部長は、約6番組が新たに同部で制作・放映されることを明らかにした。       アブドッラーヒー=ネガール部長は、「番組制作を担当する学芸部では1387年〔西暦2008年〕用の新番組が現在作られており、また従来の番組の一部にも編成上の変更が加えられるだろう」と語った。       同部長は、テヘラン国際ブックフェアをテーマとした「バハーレ・ケターブ」(本の春)という番組が制作されていることを明らかにした上で、「この番組は、ブックフェアの開催に合わ 全文をよむ

2008-04-22 Blue Book グループ国際絵画展、イラン、UAEに続き、日本で開催 (E'temad-e Melli紙)

 絵本作家・画家らの国際的グループBlue Bookが、今年6月16日から28日まで[日本側の情報によれば、6月18日~29日まで]、日本の東京の二つのギャラリー、「ポポタム」(西池袋)と「ファインド」(十条)で展覧会を行うことになっている。   [日本語公式ウェブサイトhttp://web.mac.com/oyi_kakanat/BLUEBOOK/Home.html]       [イランの絵本作家・イラストレーターで]Blue Bookメンバーのひとりハサン・アーッメキャン(ハッサン・アメカ 全文をよむ

2008-04-16 ベルリン映画祭「銀熊賞」のマジーディー監督、シドニー映画祭で審査員 (Iran紙)

 イランの映画監督マジード・マジーディーが、オーストラリアで開かれる第55回シドニー映画祭で、コンペティション作品部門の審査員を努めることになった。       ファールス通信によれば、今年ホルダード月に開催される同映画祭(2008年6月4~22日)で、マジーディーは、コンペティション部門の審査員のひとりとして参加する予定である。        なお、同映画祭では、第58回ベルリン国際映画祭(2008年2月)で銀熊賞を受賞したマジーディーの作品『スズメたちの歌声』(英題: The Song of 全文をよむ

2008-04-15 ガズヴィーンでロボカップ開催、1000人以上が参加 (Jam-e Jam紙)

 ロボカップ世界選手権は、ロボット工学や人工知能、その他の関連分野の発展を目指した国際的イベントである。ロボカップ国際委員会は情報処理能力を備えた高性能ロボットや人工知能の研究の発展のために、最先端の技術のすべてを結集し試すよう熱心に呼びかけている。ロボカップは産業社会の問題を解決するためのイノベーションの実現を目的として、〔ロボットによる〕サッカーの試合を行うことを自らの活動の中心に据えている。そして人型ロボットでチームを設立し、2050年にFIFA選抜チームに勝利することを、その最終的な目標 全文をよむ

2008-04-02 イラン市民、雨の中でピクニックを楽しむ (Jam-e Jam紙)

【社会部】数百万人のイラン人は昨日、いにしえからの伝統行事「スィーズダフ・ベダル」(戸外の13日)を雨天の中、大自然に抱かれながら執り行った。       ジャーメ・ジャム紙記者の報告によると、各都市や村々にある公園は昨日、多くの家族連れで賑わった。子供たちは平原を駆け回り、さわやかな雰囲気を醸し出していた。       他方、春の到来とともにクーラーのスイッチをつけるほどの暑さに見舞われていたが、昨日は全国的に美しい春のにわか雨が山の麓や平原を訪れていた人々を襲い、瑞々しい雰囲気があたりを包み 全文をよむ

2008-03-30 ダマーヴァンド山、国内初の世界自然遺産に登録 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】文化遺産・手工業・観光機構のファリーボルズ・ドウラトアーバーディー文化遺産次官は、ダマーヴァンド山がイラン初の世界自然遺産としてユネスコに登録されたと発表した。      イランは古来の歴史と文明を有する点で世界でも際立っており、それに加え、国際的に保護すべき自然遺産もかなりの数存在している。      IRNA〔イラン国営通信〕の報道によると、ドウラトアーバーディー次官は、国の遺産の一つが世界遺産に登録されたことで外国人観光客の数が増加し、その安全指数ランキング 全文をよむ

2008-03-11 アフマディーネジャード大統領:アミール・キャビールは今なお生きている (Jam-e Jam紙)

【メフディー・ヌール・アリーシャーヒー(文化芸術部)】アミール・キャビール〔訳注〕生誕200年記念祭がマフムード・アフマディーネジャード大統領の出席のもと、イラン国立博物館で開催された。アフマディーネジャード大統領はこの記念式典の終わりに、アミール・キャビールの名を後世に残す為に出された4つの提案を承諾することで、イラン史におけるこの永遠の英傑を慕う人々にその生誕記念にふさわしいプレゼントを贈った。      「アミール・キャビールは今なお生きている。死する者とは善行で知られぬ者を言う。」アフマ 全文をよむ

2008-02-19 動物のクローン化、今度はフーゼスターンで (Iran紙)

【ソマッイエ・アサディ-(アフヴァーズ)】アフヴァーズのシャヒード・チャムラーン大学獣医学部研究副部長は、同大学の研究者らが動物クローン化の分野で研究活動を一部開始したと発表した。      研究副部長のアブドッラヒーム・ハージー・ハージーコラーイー博士は、アフヴァーズで第5回イラン獣医学者臨床学会に出席した際、「我が大学の獣医学部の研究者らが生殖疾患、生理学、組織学、及び胎生学の部門でクローニングの研究を始めている。」と語った。      また、同分野で実行されている計画について具体名は出さず 全文をよむ

2008-02-10 イラン人研究者ら、胚性幹細胞(ES細胞)からマウスの作製に成功 (E'temad-e Melli紙)

【ファールス通信】胚研究所の研究者らがES細胞からマウスを作製することに成功した。      胚研究所幹細胞グループのリーダーであるホセイン・バハールヴァンド氏は昨日朝、記者会見でこのことを発表し、「ES細胞は子宮着床前の胚から得られ、他の様々な細胞に分化する能力を有する」と付け加えた。      同氏は次のように説明した。「実験室の環境で、マウスのES細胞から神経細胞、インシュリン生成細胞、肝細胞といった様々な細胞を作製することができるだけでなく、マウスのES細胞を利用してマウスそのものを作製 全文をよむ

2008-02-05 国産衛星打ち上げロケット「サフィール」、宇宙を目指して飛び立つ (E'temad-e Melli紙)

国産衛星打ち上げロケット「サフィール」が、大統領による「神よ、あなたのワリーを早くお救い下さい」とのかけ声とともに、打ち上げられた。〔※ワリーとは「近くにいる者」「友人」という意味で、ここではお隠れのイマーム・マフディーのことを指す。このかけ声は、お隠れのイマームが救世主として速やかな再臨を神に祈る際に用いられる〕       マフムード・アフマディーネジャード大統領は、イラン・ロケット打ち上げ基地から「サフィール」衛星打ち上げロケットが発射される際、次のように語った。「お隠れの第12代イマーム 全文をよむ

2008-02-04 ガザ地区の封鎖に抗議する国際風刺画大会、開催へ (Jam-e Jam紙)

【文化芸術部】風刺画協会会長は、「今日世界の美術界では、イランは世界的シオニストとの闘争をモチーフとした芸術の世界的中心地として評価されている」と述べた。       本紙記者の報告によると、セイエド・マスウード・ショジャーイー・タバータバーイー氏は昨日、ガザ風刺画国際大会開催の記者会見でこのように述べた上で、さらに「シオニストらによるここ最近のガザ地区での犯罪行為以降、この行為を非難する内容の膨大な数のEメールがムスリム、さらには非ムスリムの風刺画家から風刺画協会のサイトに寄せられた。そこで、 全文をよむ

2008-02-03 アフマド・ブールガーニー、永遠の世界へ旅立つ (E'temad-e Melli紙)

 アフマド・ブールガーニー・ファラーハーニーが心不全のために亡くなった。同氏は昨日午後、事務所にいたところ心臓発作に見舞われ、テヘラン中心部の病院で息を引き取った。       ブールガーニーは1338年〔1959年〕にテヘランで生まれた。彼は記者として、報道関係の仕事に就き、イラン・イスラーム共和国通信(IRNA)の編集長や局長を歴任、その後戦争宣伝部の報道官となった。       ブールガーニーはその後、IRNAのニューヨーク国連支局の支局長を務め、さらにモハージェラーニーの下で、文化イスラ 全文をよむ

2007-12-26 文化イスラーム指導相、ポップ音楽を認める (Jam-e Jam紙)

【文化芸術部】文化イスラーム指導省のモハンマド・ホセイン・サッファール=ハランディー大臣は、ファジル国際音楽祭の一部門としてポップ音楽が導入されたことを、第23回音楽祭の大胆な試みの一つと捉え、ポップ音楽を公認する必要性を強調した。       同大臣は、イラン学生通信に対し、このように述べた。「一つ目の大胆な試みは、この音楽祭にコンペティションの要素を加えたことである。このことで、音楽祭の雰囲気をより実りあるものにしようとの、出演者たちのモチベーションを高めることができるだろう」(注:今年から 全文をよむ

2007-12-23 第23回ファジル音楽祭が開催:ポップス部門が設けられる (E'temad-e Melli紙)

 ファジル音楽祭が23年目を迎えた。ここ最近のテヘランを覆う凍てつく寒さを払いのけるなら、コンサートが行われているホールに足を運んでみてはどうだろうか。光陰矢のごとし、第23回ファジル音楽祭の開幕からすでに3日が経ち、残るは6日となった。今年の音楽祭は記憶に残るものとなるだろうか。       ポップス、呪縛を打ち破る       「音楽」の名を冠した祭典が開催されてから23年が経つ。この間、ポップスはこの音楽祭から排除され、大きな空白となってきた。そのため、23年目を迎える今回の音楽祭で「ポッ 全文をよむ

2007-12-16 クリス・デ・バー、来年テヘランでコンサートを開催 (E'temad-e Melli紙)

【エッテマーデ・メッリー】イランのバンド、アーリヤーンと、アイルランド人歌手クリス・デ・バーが今年の冬にテヘランで共演するという報道がなされているが、ファールス通信は昨日、このコンサートは来年のイラン暦4月~5月(西暦6月22日~8月22日)に延期され、屋外で行われると報じた。       アーリヤーンのマネージャー、モフセン・ラジャブプール氏は、同通信社に対して以下のように述べた。「予定では、クリス・デ・バーは一週間かけてイランの歴史的建造物や様々な都市を観光するためにノウルーズ前にイランを訪 全文をよむ

2007-12-03 ラップ音楽、取り締まりへ (E'temad-e Melli紙)

【AFP:アリー・レザー・アミール=ハージェビー】イラン当局はテヘランでのラップ・ミュージシャンの活動に不快感を示しており、下品なことばを用いているとの理由から、この種のアーティストに対する取り締まりを始める予定であるという。       イラン国営通信(IRNA)はこのように報じた上で、この問題に関して文化イスラーム指導省音楽監督・評価評議会の局長とインタビューを行っている。その中でモハンマド・ダシュトゴリー局長は次のように語っている。「この種の音楽それ自体に問題があるわけではない。ただ、下品 全文をよむ

2007-12-01 ドーキンスの著書の出版がトルコで裁判に (Jam-e Jam紙)

【文化学芸部】トルコの一部市民や司法関係者は、リチャード・ドーキンス氏が著した『神の妄想』〔原題The God Delusion、邦訳『神は妄想である:宗教との決別』〕を反宗教的な作品であるとして、同書を出版した出版社を訴える裁判の実施を求めた。   〔訳注:リチャード・ドーキンスは『利己的な遺伝子』で世界的に有名な生物学者。科学至上主義的な立場から宗教を切り捨てるドーキンスと、キリスト教的創造論を否定しつつも宗教に一定の理解を示す古生物学者スティーヴン・ジェイ・グールド(『神と科学は共存できる 全文をよむ

2007-11-05 ジーロフト遺跡の遺物販売をめぐりロンドン控訴審開廷へ (Jam-e Jam紙)

【文化芸術部】国会対策・法律担当副大統領はジーロフト遺跡の遺物がイギリスのバラカット・ギャラリーにより販売されている件に関して、ロンドンで控訴審が開かれることを明らかにした。       IRNA(イラン国営通信)の報道によると、控訴審では老舗のアンティーク・ギャラリーであるバラカット・ギャラリーより販売されている遺物に対して、イラン・イスラーム共和国が国有物であると主張していることに関して、判断が下されることになっている。       この報道は次のように続く。「これらの遺物は調査を依頼された 全文をよむ

2007-11-04 シーラーズとエスファハーンのチャーイハーネ、営業停止になる (E'temad-e Melli紙)

 マフムード・アフマディーネジャード大統領が自らの執務室で「国民喫煙制限撲滅包括法」に署名をし、保健・医療・医療教育省に通達を行って一年が経った。それを受けて保健省の専門家らは会合を開き、同法の施行細則を策定、ついに治安維持軍の協力の下、食事とともに水タバコのサービスを提供していたチャーイハーネ(喫茶店)が閉鎖されることになった。       「国民喫煙制限撲滅包括法」にもとづき、テヘラン、エスファハーン、シーラーズ、ヤズド、ケルマーンにあるチャーイハーネ各店は閉鎖されたが、治安維持軍公共地域監 全文をよむ

2007-10-31 詩人のゲイサル・アミーンプール氏、死去 (Iran紙)

【文芸部】詩人でテヘラン大学文学部教授のゲイサル・アミーンプール博士が、入院先の病院で心臓病により天に召された。       イラン現代詩に起こったこの損失を受け、アミーンプール博士を愛する多くの人々が火曜日の朝から病院の前に集まった。集まった人々の中には、文化人やイラン文学を専門とする学者たち、詩人や文学者らもいた。       アミーンプール氏の博士課程時代の恩師であるモハンマド・レザー・シャフィーイー=キャドキャニー博士も、悲嘆に暮れて集まった人々の中とともに、この偉大なる詩人の死を悼んだ 全文をよむ

2007-10-29 オルハン・パムク氏「モウラヴィーはイラン人だ」 (Jam-e Jam紙)

 トルコ出身のノーベル文学賞受賞者オルハン・パムク氏は、メフル通信とインターネット上で行ったインタビューで、「モウラーナーはイラン人である」と言及した上で、「アジアの作家、特に中国やインド、イランの作家は次第に世界の文学界に浸透している」と述べた。       同氏は彼がペルシアの古典文学から受けた影響について、「モウラヴィーからアッタール、その他のペルシア文学はトルコの現代詩において、多大な影響力を持っている」と論じた。       パムク氏によると、彼はイランの古典詩を、その英語訳版やトルコ 全文をよむ

2007-10-28 アケメネス朝の兵士の石製レリーフ、ロンドンのオークションで売却 (E'temad-e Melli紙)

【文化遺産通信(CHN)】アケメネス朝の兵士の頭部が、86年アーバーン月3日〔07年10月25日〕木曜、ロンドンのクリスティーズ(CHRISTIE’S)オークションで58万500ポンド(1,188,284ドル相当)の値で売却された。買い手はこのイランの文化財を、イランの文化・芸術の分野で活動してきたヨーロッパの団体に寄贈する意向である。      この古代文化財は、ペルセポリス宮殿コレクションに属するアケメネス朝の兵士の石製レリーフのうち、残っている頭部及び槍の先端部分で、その古さは紀元前5世紀 全文をよむ

2007-10-25 「チャングム」との別れ間近 韓国ドラマ「王宮の宝石」の魅力再読 (Jam-e Jam紙)

 【メディア部】54話にのぼる韓国の長編テレビドラマ「王宮の宝石」(「大長今」、日本タイトルは「宮廷女官チャングムの誓い」)が最終回を迎えようとしている。このドラマのファンたちがお別れをしなければならない時が来る。       このドラマの放映がイランで始まった当初は、これほどまでに多くの視聴者層を惹きつけることになるとは思われなかった。というのも、そこには視聴者を驚かすようなストーリー展開があるわけでもなければ、物語を解き明かす奇抜な仕掛けが用いられているわけでもないからだ。        だ 全文をよむ

2007-10-24 「モウラーナーがイラン人であることに議論の余地はない」:モウラーナー生誕800年記念国際会議での記者会見で (Jam-e Jam紙)

【文芸部】モウラーナー〔※1〕生誕800年記念会議に関する記者会見が、昨日文化イスラーム指導省文化担当次官で、同会議の専門部会のメンバーでもあるモフセン・パルヴィーズ氏出席の下、「文人の館」で行われた。       このプログラムの冒頭、文化イスラーム指導省のハミード・ゴバーディー文化担当次官補佐は、「モウラーナー生誕800年記念会議は、ゴラーム・アリー・ハッダード=アーデル氏〔国会議長〕を議長として、マフムード・アフマディーネジャード博士やモハンマド・ホセイン・サッファール=ハランディー氏〔文 全文をよむ

2007-10-22 モフセン・マフマルバーフに金鹿賞、ハナー・マフマルバーフにユニセフ賞が授与 (E'temad-e Melli紙)

【エッテマーデ・メッリー】審査員長を務める為に、ウクライナ・キエフで開催されたモロディスト国際映画祭に出席したモフセン・マフマルバーフは10月20日、芸術活動に捧げた半生が評価され、金鹿特別賞を受賞した。この賞はウクライナ大統領より授与された。また一方で、ユニセフはローマ国際映画祭にて、イランの18歳の映画監督であり、映画『ブッダは恥辱のあまり崩れ落ちた』の制作者であるハナー・マフマルバーフにPaolo Ungari特別賞を授与した。       ハナー・マフマルバーフはベルギーで開かれたゲント 全文をよむ

2007-10-20 マンガ『99』、アメリカ進出を果たす:女性キャラも登場 (Jam-e Jam紙)

【文化芸術部】イスラームの価値に則った女性スーパーヒーローが、最近アメリカで出版されたフィクションで中心キャラとして活躍している。       ファールス通信はシカゴ・サン・タイムズ紙を引用する形で、次のように報じている。「イスラームの価値に則って描かれている最新フィクション『99』が昨日、シカゴを含むアメリカの一部の都市で出版された」。       『99』は、女性スーパーヒーロー「ムーミーター」を中心キャラとして、イスラーム教徒の文化的・宗教的価値に則った形で書かれたコミック本だ。「イスラミ 全文をよむ

2007-10-11 イラン初のインターネットラジオ《イラン・セダー》が開局へ (Iran紙)

【社会部】《イラン・セダー》の名称でイラン初のインターネットラジオがイマーム・レザー生誕日にあたる本年アーザル月1日(西暦11月22日)に開局する。      イラン紙の報道によると、ハミードレザー・サフラーギャルド《イラン・セダー》ラジオネット局長はこう発表した上で次のように述べた。「《イラン・セダー》はイラン初のウェブラジオとなり、イランの文化と思想を世界に広めることと、ペルシャ語を話す人々及びイランに関心のある人々とのコミュニケーションを目的とし、いかなる立場にも与することなく始動する。」 全文をよむ

2007-10-08 海外の映画祭の功罪 (Jam-e Jam紙)

【メディア部:メフディー・ゴラームヘイダリー】連日、イラン映画が海外の映画祭で賞を受賞したとのニュースを、われわれはさまざまなメディアや新聞で見たり読んだりし、恐らくは少しばかりの興奮を覚えたりもしている。こういったことにわれわれが慣れっこになってしまってから、すでに20年以上が経つが、この傾向は今後も続くことが予想されるし、我が国の映画制作者たちも程度の差こそあれ、手土産をたくさんもって帰国することだろう。しかしこのような賞の受賞が、どれだけイラン映画の方向付けに影響を与えているのか、議論の余 全文をよむ

2007-09-29 音楽家ナーゼリー、仏政府よりレジオン・ド=ヌール勲章を受賞 (Hamshahri紙)

 一昨年、その音楽活動に対し、フランスのレジオン・ド=ヌール勲章の受章が決定していた(イラン古典音楽の声楽家・音楽家の)シャフラーム・ナーゼリーが、9月29日土曜日夕方、同勲章をフランス大統領高等顧問から授与された。       ハムシャフリー・オンラインの報告によれば、この勲章は、フランスの最も権威ある芸術・文化勲章とされ、世界の人々に向けての芸術活動を通じ重要な役割を果たした芸術家らに、毎年授与される。       今回の勲章授与は、ナーゼリーが彼の作品を通じて、モウラーナー(詩人ルーミーの 全文をよむ

2007-09-26 チャングムとアミターブ・バッチャンをイランへ招待 (E'temad-e Melli紙)

文化遺産観光庁の観光次官は、チャングム(連続ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』の主演女優)とインド人俳優アミターブ・バッチャン(*1)を、イランにおける観光週間に際して招待すると発表した。      モハンマド・シャリーフ・マレクザーデ氏は昨日、文化遺産観光庁の観光次官室で行われたプレス会議において、次のように語った。「メフル月5日から11日(西暦2007年9月27日~10月3日)までをイラン観光週間と銘打ち、現在我々は、世界的に有名な映画俳優の何名かに参加してもらうべく調整を行っている。そして 全文をよむ

2007-09-23 タジキスタンで「ルーダキー記念日」、来年は詩人生誕1150年祭を開催 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム】5年前からタジキスタンでは、9月22日を「ルーダキー【訳注1】記念日」(ルーダキーを讃える日)と名付けている。       同記念日に際し、タジキスタン大統領は昨日、テレビで声明を出し、ルーダキー記念日を「タジキスタンの国民的伝統と歴史を自覚・認識し、これを讃える日である」と述べた。       エマムアリ・ラフモン大統領【訳注2】は、「ルーダキー記念日」に際し、以下のように発言した。       「タジクの人々は、ルーダキーの偉業に称賛と敬意を抱き、自分たちのルーツへの回帰 全文をよむ

2007-09-14 「神の美名」オンライン・クイズ選手権 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】ラマザーン(断食)月の始まりに際し、『最も善き創造者』【訳註1】と題するインターネットのクイズ選手権が児童少年育成協会のHP上で開かれている。       同協会広報によれば、神の呼び名【訳注2】に関するこのクイズ選手権の問題は、四択で、鎧(よろい)の祈祷句[戦いの際に身が護られるよう唱える祈りの言葉]から選ばれたものである。       子供たちは、9月12日以降、協会HPwww.kanoonparvaresh.comのクイズ・コーナーにアクセスし、同選手権のクイ 全文をよむ

2007-09-12 「貞節とヘジャーブの文化強化計画」、テヘラン市内の学校で実施へ (Iran紙)

【社会部】テヘラン市の「社会害悪防止局」総局長は、「学校における貞節とヘジャーブの文化強化計画」を初めて実施する予定であることを明らかにした。       ナーセル・デフナード総局長はイラン紙との会見で、さらに「『学校における貞節とヘジャーブの文化強化計画』の実施に向けて、各地域には委員会がすでに設置されている。また、教育を専門とする大学教授や研究者、評論家らを招き、同計画のよりよい実施を目指している」と語った。       同総局長はまた、「質疑応答の会で、生徒らが自ら、貞節とヘジャーブの文化 全文をよむ

2007-09-11 ポップスのコンサート、上演許可が得られず中止に:チケットの購入者たち、途方に暮れる (Jam-e Jam紙)

【文芸部:メフディー・ヤーヴァルマネシュ】日曜日の夜、テヘランの「ケシュヴァル大ホール」には、ポップ音楽のコンサートのチケットを手にしながら、公演を観ることができずに、閉じたままのホールの入場口の前でたたずむ人々の姿が目撃された。       彼らは同日夜、最後の瞬間になって初めて4人の歌手によるポップ音楽のコンサートが開催されないということを知ったわけだが、もし彼らがその数日前に新聞に目を通していたならば、ケシュヴァル大ホールの入場口が閉じたままになっていることにも、さほど驚きはしなかったこと 全文をよむ

2007-08-28 今年の12代目イマーム・マフディー生誕祭(ニーメ・シャアバーン)に向けて (Jam-e Jam紙)

(前略)       イランの路地や通りで、第12代イマーム・マフディー生誕を祝う「待望の祝祭」が始まって、すでに数日がたつ。再臨を待望されるお隠れイマームの誕生日を祝うためのライトは明るく点り、情熱と歓喜の雨が再びイランの大地を包んでいる。       イランの人々は深い信仰をもって、明日のイマーム生誕祭を「マフディー(救世主)待望のノウルーズ(正月)」として祝う。この祝祭は今日、昨日、さらにはそれより前からイランの至る所で既に始まっている。       ニーメ・シャアバーン〔イスラーム太陰暦 全文をよむ

2007-08-06 ハッダード=アーデル国会議長、トルクメンの服を着る (E'temad-e Melli紙)

 国会の傍らで昨日、大勢のカメラマンのカメラのフラッシュがたかれた。国会議長の着たトルクメンの服を撮るためだ。       ハッダード=アーデル議長は昨日、国会に見物に来ていたトルクメンの女性たちの間に姿を現した。議長はトルクメンの服を贈呈され、それを着て彼女たちとの記念撮影に収まった。       ハッダード=アーデル国会議長は、トルクメン女性の服装はイスラームにかなった服であるとし、イラン各地の風習や伝統は、イラン国民の貴き価値を記録するものとして保護されなくてはならないと述べた。      全文をよむ

2007-07-30 画家18人の試み、イマーム・アリー国際絵画シンポジウムにて (Hamshahri紙)

【文化・芸術部】イマーム・アリー宗教芸術博物館で週明けに始まったイマーム・アリー国際絵画シンポジウム。この催しではモルダード月12日〔西暦8月3日〕までの7日間にわたり、イラン内外の芸術家18人が絵画の創作を通じて、正義や博愛主義といったテーマに迫る。      開催責任者はこのシンポジウム開催の目的が、芸術の持つ豊かな可能性を生かして、 宗教をテーマとした芸術を普及させ、またイマーム・アリーの記憶と名前を崇敬する事だとしている。      このようなイベントの開催が芸術家と鑑賞者がふれあい共鳴 全文をよむ

2007-07-29 アングラ音楽をめぐる第二回目のセミナーが開催:危険視する声がある一方で、擁護する声も (Jam-e Jam紙)

【文化芸術部】第二回アンダーグラウンド・ミュージック(アングラ音楽)会議が、メフル通信にて開かれた。第一回目の会議では、アングラ音楽グループの関係者が、イランにおける音楽の現状について自らの見解を述べ、アートとしての自らの活動を正式に認めてくれるよう、訴えていた。       音楽家でタール演奏家のジャマール・サマーヴァーティー氏は、この会議で、アングラ音楽が近い将来、危険なものに変質するおそれがあると指摘した上で、「もしこの現象に注意を払わねば、どのような結果がもたらされるのか、予断を許さない 全文をよむ

2007-07-22 イランでもハリポタ・フィーバー (E'temad-e Melli紙)

【エッテマーデ・メッリー】イランの人々も世界に遅れをとることなく、「ハリー・ポッター」シリーズ第7作目『ハリー・ポッターと死の洞窟』を次々に購入した。(訳注:原題は『Harry Potter and the Deathly Hallows (ハリー・ポッターと死の聖人たち)』であり、英語の読み間違いと思われる)       購入者の一部は、土曜日の深夜2時半にヴァリーアスル通りパークウェイ近くのバヤーン・サリース出版社へ向かい、他の購入者は朝の8時半にキャリーム・ハーン通りのチェシュメ出版社へ行 全文をよむ

2007-07-17 イラン核エネルギー開発問題をテーマとした初のコンピュータ・ゲームがお披露目 (Hamshahri紙)

 学生イスラーム協会連合の尽力により、2年以上にわたる開発期間を経て、イラン核エネルギー開発問題をテーマとした初のコンピュータ・ゲームが、第5代イマーム・モハンマド・バーゲル生誕日に合わせる形で、お披露目された。       ファールス通信の報道によると、「特別作戦85」〔この「85」とは、イラン暦1385年、西暦2006年のことを指しているものと思われる〕と銘打たれたこのコンピュータ・ゲームのお披露目式は、ティール月25日月曜日〔7月16日〕に、「青少年思考教育協会映画館」にて行われた。   全文をよむ

2007-07-17 映画『タイタニック』、ついにテレビで放映へ (Iran紙)

 映画『タイタニック』はアミール・フーシャング・ガトエイー氏監修の下、テレビ放送用にペルシア語への吹替えが行われた。       監修を担当したアミール・フーシャング・ガトエイー氏は、ISNAのインタビューに次のように答えた。「この映画ではアフシーン・ズィーヌーリーがレオナルド・ディカプリオの役を吹替え、他はミーヌー・ガズナヴィー(ケイト・ウィンスレット)、ファヒーメ・ラーストカール(グロリア・スチュアート)、チャンギーズ・ジャリールヴァンド(ビリー・ゼーン)、ナーセル・ザーミー(デイヴィッド・ 全文をよむ

2007-07-14 エスファハーンで第38回国際物理オリンピック始まる (Iran紙)

【社会部】きょう午前9時45分、第38回国際物理オリンピックの開会式がエスファハーン工科大学講堂で行なわれる。      第38回国際物理オリンピックには、78か国から340人の中高生が参加し、1週間にわたって競争を繰り広げる。我が国おいて権威ある学術コンテストが開催されるのはこれが最初のことである。この学術コンテストの閉会式はティール月30日(7月21日)、エスファハーンの「ベヘシュテ・ズィーバー」という場所で行なわれる。この数日間に、世界78か国から中高生たちがエスファハーン入りし、滞在して 全文をよむ

2007-07-10 預言者ムハンマドがローマ皇帝に宛てた手紙が発見? (Jam-e Jam紙)

【文芸部】アラブ首長国連邦在住のあるイエメン人家族は、預言者ムハンマドが〔イスラームへの改宗を呼びかけるために〕東ローマ皇帝ヘラクレイオスに宛てて書いたと言われる、千年以上も前の手紙の写本を保管してきたと主張している。       メフル通信によると、専門家たちは東ローマ皇帝ヘラクレイオス宛の預言者ムハンマドの手紙を、千年以上前のものと推測しており、これは信頼できる資料や最新の科学技術によって証明されている。       さまざまな通信社が伝えるところによれば、預言者ムハンマドのローマ皇帝への手 全文をよむ

2007-07-07 1000年の歴史を有するアラムート城砦、世界遺産に登録へ (Iran紙)

【ガズヴィーン=イラン紙特派員】世界遺産への登録へ向け、ガズヴィーンの歴史遺産アラムート城砦〔訳注1〕に関する報告書が、国連教育科学文化機関(UNESCO)に送られ、間もなく世界遺産に登録された遺跡群に追加される見通しだ。       ガズヴィーン・アラムート城砦調査局長は、IRNA(イラン国営通信)にこのように述べた上で、さらに「UNESCO代表者はこの砦を視察した際、これを世界遺産に登録することが望ましいとの意見を述べていた。その際、この場所を世界遺産に登録するための条件としてUNESCO側 全文をよむ

2007-07-03 「我が国の女性たち」祭を考える (Jam-e Jam紙)

【社会部】「我が国の女性たち」祭が、第2回目の開催を迎えている。開催者たちの考えでは、この祭典は「新たなデザインのイスラーム的・イラン的服装を大量生産し、ヘジャーブを社会に根づかせること」を目的としているというが、同祭典はさまざまな問題点に直面しており、この祭典が掲げる目的は完全に影に追いやられてしまっている感がある。       この祭典の開会式が開かれた日、同祭典には記者やカメラマンらが招待された。にも関わらず、ファッション・ショーの様子を視察したり撮影したりすることは許されなかった。その理 全文をよむ

2007-07-03 「テヘラン本市場」ビル、30年目へ (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】エンゲラーブ通りにある「テヘラン本市場ビル」30周年記念セレモニーが2007年7月4日の正午、同所にて開催される。       ハムシャフリー・オンラインの報道によると、多くの名の知れた出版関係者や出版業者組合関係者らが出席して催されるこの式典では、古参の出版者であり、「本市場ビル」の創設者であるマフムード・カーシーチー氏の努力の半生が称えられる予定だ。       カーシーチー氏はグーテンベルグ出版の責任者であり、現在80歳を越えている。彼は1976年に本の展示会 全文をよむ

2007-07-03 マイケル・ムーア監督、イランを訪問へ (Jam-e Jam紙)

【メディア部】文化イスラーム指導省映画視聴覚局のドキュメンタリー映画普及センターと、マイケル・ムーア監督の最新ドキュメンタリー映画シッコ(Sicko)の世界的配給会社との間で行われた交渉の結果、第1回イラン国際ドキュメンタリー映画祭「映画・真実」の国際コンペティション部門に同映画の出品が決まったほか、論争を巻き起こしてやまないこのアメリカ人著名映画制作者もイランを訪問することになった。       ドキュメンタリー映画普及センター広報が伝えるところによると、マイケル・ムーア監督はこのドキュメンタ 全文をよむ

2007-07-02 アフマディーネジャード大統領、ドキュメンタリー・フィルム制作に関するオリバー・ストーン監督の要請を断る (E'temad-e Melli紙)

 メフディー・キャルホル大統領補佐官(メディア担当)が明かしたところによると、アフマディーネジャード大統領に関するドキュメンタリー・フィルムの制作をめぐる一件は、40日前にすでに否定的な答えが出されていたとのことである。       キャルホル大統領補佐官はまた、大統領のお断りの回答を、オリバー・ストーン監督にすでに伝えた述べている。ストーン監督の要請を断った理由を、大統領補佐官は次のように挙げている。「確かに、この人物はアメリカでは反体制派として知られてはいるが、しかし反体制派もアメリカでは大 全文をよむ

2007-07-01 「我が国の女性たち」祭が開会:内務大臣「社会の文化的豊かさは女性が占める立場によって決まる」 (Iran紙)

【社会部】あらゆる社会の文化的な豊かさは、様々な領域で女性がいかなる立場を占めているかで決まる。       「イラン」紙記者の報告によると、モスタファー・プールモハンマディー内相は、昨日午後「我が国の女性たち」祭開会式でこのように述べた上で、さらに「社会における女性の役割や参加は、注目に値する問題である。というのも、女性の社会参加のあり方は、社会のものの捉え方や潮流を示すものであり、どの社会も女性たちがその中でいかなる地位を占めるかによって理解されるためである」と語った。       同内相は 全文をよむ

2007-06-23 認識マークのない服、店舗から回収へ:今日から全国で開始 (Iran紙)

【経済部】生産者の商標名や商品コードのない服の衣料品店からの一斉回収が、今日から全国で始まる。これは、ファッション・服飾整備計画の枠内で実施されるものである。       本紙記者の報告によれば、アパレル・メーカーは数ヶ月前より、商標や関係組合の組合員番号を製品に記載することが義務付けられている。これにより、これらの二つの識別マークのない服を全国の衣料品店に供給することは、本日から禁じられることになる。       昨年、服飾・ファッション整備法が国会を通過しており、同法に基づき、生産者・供給者 全文をよむ

2007-06-13 違法なコピー映画ソフト、摘発の動きが活発化:国会もこの動きに加わる (Iran紙)

【文化芸術部】国内における映画ソフトの違法な売買の根絶へ向け、現在あらゆる方面で準備が整っている。一般世論はこの動きに感化され、映画関係者は矢継ぎ早に会合を開き、声明を発表している。映画協会も緊急会合を招集しており、映画配給業者組合は、もっとも最近開かれた会合の中で、30万点にのぼるイラン映画の違法コピーCDが摘発・押収されたことを発表している。国会からも、数名の議員がイラン映画制作者の権利保護とイラン映画ソフトの違法売買の厳格な取締りに関して、管轄の文化イスラーム指導省に注意を促していることが 全文をよむ

2007-06-12 好評、『宮廷女官チャングムの誓い』をめぐって:チャングムが私たちの家にやってきた! (Iran紙)

【バフマン・アブドッラヒー】1980年代半ば、イラン国営放送第2チャンネルで放送されていたある連続ドラマが、当時数週にわたって、第2チャンネルで最も視聴率の高い番組となったことがあった。      この連続ドラマは、イランでは『家から遠く離れて』というタイトルになっているが、人々の間では『おしん』の名で知られている。20年前のテレビの視聴者は、この日本のドラマが毎週土曜の夜に放送されていて、その放送中の45分間は国中の混雑した通りが静まり返り、街に人気がなくなったのを良く覚えている。      全文をよむ

2007-06-03 宗教的なテーマを扱った演劇が盛況 (Jam-e Jam紙)

【文化芸術部】〔預言者ムハンマドの娘で初代イマーム・アリーの妻であったファーティマの殉教を悼む〕追悼の日々に合わせて、昨日から多くの劇場が休館となっている。そのような中、統計によると、ファーティマ追悼の日々にふさわしい宗教的なテーマの演劇が、先週多くの観客を劇場に集めた。      〔訳注:イランでは太陰暦ジャマーディーヨル・アッワル月13日(5 月30日)から「ファーティマ追悼の日々」が始まっている。なお、イランで祝日となる「ファーティマ殉教記念日」は例年、ジャマーディーヨッ・サーニー月3日( 全文をよむ

2007-05-30 映画『ベール』の違法コピーCD、回収へ (Iran紙)

アッバース・アサドッラヒー映画・視聴覚製品違法複製・配布撲滅本部事務局長は、映画『ベール』(訳注)の違法CD回収のための当本部の活動について以下のように述べた。「治安警察部隊の協力の下、我々はこの数日いくつかの作戦で、『ベール』のコピーCDを回収する措置を取った。この違法CDの取り締まりは、直ちに関係当局による法的(処分の)段階に入る」。      同事務局長はさらに、「本映画の大量製造について、事情に詳しい利害関係者から情報を提供されたならば、我々は確実にこの件を真剣に追及し、違反者に対して法 全文をよむ

2007-05-27 世界で最も道徳的な連続ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」、イランでも放映中 (Jam-e Jam紙)

 連続ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い〔イランでのタイトルは「宮廷の宝石」〕」は、近年世界で制作されたドラマの中で最も道徳的なドラマの一つに位置づけられている。このドラマは、道徳的な要素に注意を払うだけでなく、歴史や文化に関する豊富な情報を視聴者に提供してくれる。       韓国のMBC(韓国文化放送)で制作された連続ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」は、2003年9月15日に初めて同局から放映され、47%近い視聴率を達成、同局が放映したフィクション番組としては最も高い視聴率を獲得したことで知 全文をよむ

2007-05-21 カンヌ国際映画祭で反イラン映画にパルムドール授与か (E'temad-e Melli紙)

 ファーラービー映画財団はイラン人芸術家マルジャーン・サートラーピーとフランス人協力者ヴァンサン・パロノー制作の映画「ペルセポリス」のカンヌ国際映画祭への出品・上映に、公式に抗議を表明した。その一方、専門家らは同映画がカンヌ国際映画祭のパルムドール受賞作品候補に挙げられており、政治的判断によって同映画をパルムドールに選出するのか、それとも従来通り反イラン映画に対して価値を認めるようなことはしないのかという点で、この問題はカンヌ国際映画祭の今後を占う試金石となるだろうと予測している。        全文をよむ

2007-05-20 今年もファッション・ショーが開催:でも男性の入場は禁止 (E'temad-e Melli紙)

【ILNA(イラン労働通信)】今年のファッション・ショーでは、男性たちの入場は禁止される予定だ。       テヘラン州知事女性問題顧問のガンドフォルーシュ氏は、このように述べた上で、「今年のヘジャーブのファッション・ショーでは、男性の入場は一切許可しない」と語った。       今年の祭典では、併設展「職業服」も予定されており、女性たちの職業40種のために選ばれた300デザイン〔のイスラーム服〕が展示されることになっている。       ガンドフォルーシュ氏の話によると、女性用職業服の展示会場 全文をよむ

2007-05-13 2年に一度の国際コーラン短編映画祭、開催へ (Iran紙)

【文化芸術部】オランダ、オーストリア、メキシコ、インド、フランス、ノルウェー、及びウルグアイが、2年に一度行われる初の国際コーラン短編映画祭に参加する予定だ。       映画祭の実行責任者であるアリーレザー・ハージーザーデ氏は、このように述べた上で、報道陣に対し「今回の映画祭は、コーランとヘジャーブ、コーランと統治、コーランと教育、といったテーマで構成されることになっている」と述べた。       彼はさらに、映画祭の審査委員会の構成について、次のように述べた。「エッザトッラー・エンテザーミー 全文をよむ

2007-05-07 科学の世界的権威がイランを訪問:スティーヴン・ホーキング教授、夏にもテヘランに (Jam-e Jam紙)

ホーキング氏、学術会議や研究会に加え、政治関係者との公式会見も予定      【学芸部】基礎科学研究所の発表によると、ケンブリッジ大学の傑出した数学者にして宇宙物理学者で、かつてかのアイザック・ニュートン卿も務めていた同大学ルーカス教授職にあるスティーヴン・ホーキング教授が、近々イランを訪問するとのことだ。       氏の訪問日程の詳細はまだ公表されていないが、来週の頭にはIPMからこれに関するより詳しい情報が発表されると予想されている。しかし、一部の報道によれば、ホーキング氏の訪問はおそらく 全文をよむ

2007-04-25 ルーブル美術館、「アラビア湾」の記述を「ペルシャ湾」に訂正 (Iran紙)

在イラン・フランス大使館のヴァン・サングリモワール文化参事官はテヘランで、「ルーブル美術館に所蔵されているイランの歴史的文化財の説明書きに記載されてきた『アラビア湾』という名称が、『ペルシャ湾』に訂正された」と述べた。      火曜付のIRNA(イラン国営通信)によると、同参事官は「この誤りは、書物や刊行物についても、そのうち訂正されるだろう。もちろん、すぐにというわけには行かないが」と付け加えた。      この話題は、イラン文化遺産庁のモハンマドカーゼム・ホルディーナサブ国際問題・専門機関 全文をよむ

2007-04-23 ハメダーンの子供たち、世界最長の絵を描く (Iran紙)

 ハメダーンの五千人の少年少女たちが四キロにも及ぶ長さの絵を描き、これまでの絵の長さの世界記録である三キロを破った。       ハメダーンの子供たちは油絵の具と水彩絵の具を使い、自由なテーマでこの絵を描いた。これは、このジャンルにおいては類を見ないことである。       このプロジェクトは、4月30日から5月4日にかけてこの都市で開催される、第21回ハメダーン青少年国際映画祭の一環として行われた。 全文をよむ

2007-04-22 1380年代(2000年代)におけるペルシア詩の変化:ダストゲイブ氏の視点 (Iran紙)

2007年4月22日 イラン紙       「1380年代(2000年代)は、詩について言えば、新たな潮流をもたらした。たとえそれは未だ始まりにすぎないとしても。」       作家で文学批評家のアブドル・アリー・ダストゲイブ氏はイラン学生通信(ISNA)に対して上記のように発言し、更にこう述べた。       「1380年代(2000年代)はまだ終わっていないが、半分が過ぎたところで、私には1380年代の詩は1370年代(90年代)の続きであると思われる。1360年代(80年代)の初め、ペルシ 全文をよむ

2007-04-17 映画『300』への批評:イランのTV番組 (Iran紙)

 「西欧におけるイデオロギーの欠如は大きな問題である。彼らは虚偽のイデオロギーを追い求めている。何故なら、彼らは我々の文化に対して劣等感を感じているからだ。」       [映画監督の]ナーデル・ターレブザーデはイラン国営放送の4チャンネルの映画番組で、映画『300』について上記のように発言し、更にこう述べた。       「この物語の主人公レオニダスは映画の冒頭で空を見上げる。彼の顔つきは、[欧米人ではなく]しっかりとしたイデオロギーをもった、東洋人の顔つきにきわめて近い。私の考えでは、この四 全文をよむ

2007-04-17 スィーヴァンド・ダムへの貯水、開始へ (E'temad-e Melli紙)

 大統領は、自身がファールス州を訪問している期間中に、スィーヴァンド・ダムへの貯水を開始すると表明した。       ファールス州を訪問しているマフムード・アフマディーネジャード大統領は、マルヴダシュト県の人々を前に、スィーヴァンド・ダムへの貯水が同州訪問中にも開始される予定であることを明らかにした。       イラン学生通信(ISNA)の報道によると、同大統領はまた、マルヴダシュト県向けの政府の計画について言及し、「可能ならば、マルヴダシュト県の農業用水を整備するためのダムを複数建設する。ま 全文をよむ

2007-04-16 3万点のジーロフト遺跡出土品、国外に流出 (Iran紙)

 ジーロフト及びアンバル・アーバード代表の国会議員アリー・ザードサル氏は、18点のジーロフト遺跡出土品のロンドン市場での競売命令が延期されたことを明らかにした。       ホッジャトル・エスラーム(注1)のアリー・ザードサルは「1380年(2001年)の後半、[密輸業者らによって]電動掘削機を使用して、歴史的なジーロフト遺跡が発見された」と述べ、さらに「当時、数年にわたって、この地域から多くの出土品が密輸され、現在も外国のギャラリーで競売にかけられている」とした。       またザードサル氏 全文をよむ

2007-04-05 映画「300」はアメリカのイランへの陰謀:スペインとオーストラリアの2紙が批判 (Iran紙)

 スペインとオーストラリアの2紙がハリウッドの映画「300」を批判し、この映画をアメリカのイランに対する陰謀であるとした。       スペインのある新聞は、侮辱的な反イラン映画「300」での登場人物の会話は、ホワイトハウスからヒントを得ているとした。       マドリードで昨日(4月4日火曜日)発行された「ABC」紙は次のように報じている。「映画の中の会話にほんの少しでも注意すれば、それらがホワイトハウスの演説から取られていることが分かる。例えば、ギリシアの王レオニダスが『自由は無償ではない 全文をよむ

2007-03-25 映画『300』に非難轟々 (Iran紙)

【文化部】新年に入っても、反イラン映画『300』に対する国内外からの抗議の声は止む気配を見せていない。       イラン・イスラーム共和国国連常駐代表はファルヴァルディーン月2日〔2007年3月22日〕、声明を発表し、同映画に対して抗議した。声明はまず、「この映画はイラン人を邪悪であるかのように想定し、悪・悪徳・破壊の権化であるかのように描いている。これはイランの誇り高き歴史、及び気高きイラン人民に対する明白かつ由々しき侮辱である」と述べた。       同声明は続けて、「この映画はテレビのド 全文をよむ

2007-03-18 在タイ・イラン大使館、現地イラン人をノウルーズの行事に招待 (Jam-e Jam紙)

【IRNA】今年イランの文化や芸術を紹介するために尽力してきた在タイ・イラン大使館は、今度はタイ在住の全イラン人をハフトスィーン〔*註1〕の食卓に招き、新年の元旦ノウルーズを祝う予定だ。       イラン暦1386年(西暦2007年3月21日から始まる1年)への年越しの行事が、イラン大使、イラン大使館職員やその他さまざまな組織の職員、及びその他のタイ在住イラン人の出席の下、ファルヴァルディーン月1日(西暦2007年3月21日)の水曜日朝6時に、バンコクのイラン・イスラーム共和国大使館の集会用大 全文をよむ

2007-03-13 チャハール・シャンベ・スーリーとは何か? (Hamshahri紙)

 イラン人の年間行事の一つに、チャハール・シャンベ・スーリー、もしくは、チャール・シャンベ・スーリーというものがある。イラン人たちは、太陽暦の年の最後の火曜日に、火を焚いてその上を飛び越えることにより、新年ノウルーズを迎える。       チャハール・シャンベ・スーリーは、ノウルーズを迎える前に行われる春の祝宴である。人々はこの日に、悪と不幸を追い払い、願いを叶えるために、この行事を行うが、この行事のルーツは何世紀前にも遡る。       チャハール・シャンベ・スーリーの行事は、古代のイラン人た 全文をよむ

2007-03-13 世界最大の手織り絨毯がお披露目 (E'temad-e Melli紙)

 世界最大の手織り絨毯が、イラン北東部の町ネイシャーブールで今日完成し、ヨーロッパ、アジア、アフリカの11カ国の大使が見守る中で、お披露目された。       この壮麗な絨毯は、際立った5つのトランジを配したトランジ・デザインによるもので、ネイシャーブールの1200人の女性職人によって、1年間かけて3つの絨毯工房で織られた。   〔*訳註:トランジとは、ペルシア絨毯に用いられる、花や灌木をかたどったアラベスク模様のメダル形の文様のこと〕       この絨毯の大きさは6000平方メートルに及び、 全文をよむ

2007-02-26 アメリカのキリスト教宗教指導者ら、イランを訪問:ハータミー前大統領と会談 (E'temad-e Melli紙)

 セイエド・モハンマド・ハータミー前大統領は、アメリカのキリスト教宗教指導者・活動家らと会談した。       〈文化・文明間対話国際センター〉の広報によると、セイエド・モハンマド・ハータミー前大統領はこの会談の中で、イランとアメリカ両国民はともに理性と知性を享受した国民であるとした上で、「アメリカ政府はイラクを占領するという、大きな過ちを犯した。これは過激主義的な文化の拡大をもたらすだけである」と語った。       ハータミー前大統領はさらに、「アメリカは傲慢にも、良き世界の実現を願うあらゆ 全文をよむ

2007-02-25 ニューヨークでキヤーロスタミー作品展が開催 (E'temad-e Melli紙)

【エッテマーデ・メッリー:モハンマド・タージーク】イランの映画監督アッバース・キヤーロスタミーの全作品が、3月1日から26日まで、ニューヨーク近代美術館で上演される。       「映像作家アッバース・キヤーロスタミー」と題されたこのプログラムは、傑出したイラン人芸術家キヤーロスタミーを称えるもので、ニューヨーク近代美術館、イラン芸術センター、及びイラン芸術財団の協力のもと実現した。この作品展では、キヤーロスタミーの処女作『ナーンと路地』から最新作であるショート・フィルム『絨毯』までの全作品が上 全文をよむ

2007-02-18 100万冊の外国書籍、テヘラン国際書籍見本市へ (Iran紙)

【文化芸術部】ヨーロッパ、アメリカ、アジア、極東、アラブの国々から、13万タイトルに及ぶ約400億トマーン〔約54億2千万円〕相当の外国出版社の書籍100万冊がテヘラン国際書籍見本市に向けて積荷・発送された。      重量約800トンのこれらの書籍は、海路、陸路、空路で見本市に送られ、1386年ファルヴァルディーン月5日〔2007年3月25日〕から通関業務が国の税関、国際見本市株式会社、イラン・イスラーム共和国航空、運搬・輸送の諸会社の協力と援助によって行われる。      この報告によると第 全文をよむ

2007-02-17 オスカー候補作品『ハウルの動く城』、第5回テヘラン国際アニメーションフェスティバルに出品 (Hamshahri紙)

 2006年にアニメーション部門でオスカー候補となった映画『ハウルの動く城」が、第5回テヘラン国際アニメーションフェスティバルの長編映画部門に出品されることになった。       児童・青少年思想育成協会広報室の発表によると、この映画は日本のアニメ映画の巨匠「宮崎駿」監督の作品で、2005年にニューヨーク映画批評家協会の最優秀アニメーション賞に輝き、また2006年のSF・ファンタジーホラーアカデミーのベストアニメーション賞候補にノミネートされた。       『ハウルの動く城』は、ハウルという名 全文をよむ

2007-02-13 テヘラン国際アニメーションフェスティバル、コンペティション部門参加作品104本が決定 (Hamshahri紙)

第5回テヘラン国際アニメーションフェスティバルの開催が近付き、イラン(国内)コンペティション部門への応募作品の審査が終わり、この部門に参加する映画が確定された。       児童・青少年思想育成協会広報室の発表によれば、第5回テヘラン国際アニメーションフェスティバルの告知の後、昨年製作された592本のイランアニメーション映画が映画祭事務局に送付され、選考委員会はこれらの映画の審査の後、イランコンペティション部門に80本、テレビCM部門に24本を出品させる。       この発表によると、応募作 全文をよむ

2007-02-11 第5回テヘラン国際アニメーションフェスティバル開催 (Hamshahri紙)

 第5回国際アニメーションフェスティバルが今年エスファンド月6日から10日(2月25日から3月1日)まで、児童・青少年思想育成協会の主催でテヘランで開催される。       児童・青少年思想育成協会広報室の発表によると、今年は世界61カ国がこの催しに参加し、前回よりも国際色豊かになっている。       1年おきに開催されるアニメーションフェスティバルだが、今年はイラン国内と国外のアニメ映画のコンペティションが行われる。       イラン映画部門では数人の著名なアニメ制作者及びアニメ映画の専門 全文をよむ

2007-01-31 アーヤトッラー・ムーサヴィー=アルダビーリー、迷信への対応の必要性を強調 (Iran紙)

2007年1月31日イラン紙2面      【政治部】アーヤトッラー・ムーサヴィー=アルダビーリーは「〔イスラームの教義に対する〕《懐疑》や迷信の類いには、自覚的に対処する必要がある」と語った。       ファールス通信の報道によると、マルジャエ・タグリード〔シーア派の最高の宗教権威〕であるアルダビーリー師は、さらに次のように付け加えた。「動機は純粋だが、迷信を信じてホセインの死を悼む集会に参加するような人々に対して、あまり厳しく取り扱って、彼らに不快な思いをさせてしまうようなことがあってはな 全文をよむ

2007-01-31 イラン全土で《殉教者の長》の死を悼む行事 (Iran紙)

2007年1月31日イラン紙20面      【都市部】第三代イマーム・ホセインの死を悼むアーシューラー   〔ムハッラム月10日〕の行事が、預言者一家を敬愛し、その死を悼む人々の参加によって、今年も全国各地で盛大に執り行われた。       今年の行事は、これまでに比べると、簡素な雰囲気の中行われた。無謬清浄の預言者一家を敬慕する人々は、各地のモスクやヘイアト〔宗教行事を執り行う団体〕、タキーイェ〔ホセインらの殉教に関する悲しい物語を読み聞かせる場所〕などで、《殉教者たちの長》〔ホセイン〕とそ 全文をよむ

2007-01-30 アーシューラー:午後の礼拝でイランの人々の悲しみは頂点に (Jam-e Jam紙)

【イラン国営通信IRNA】イマーム・ホセイン殉教哀悼団が、イラン各地で、カルバラーの殉教者たちの指導者でありセイエド[預言者ムハンマドの子孫]であるイマーム・ホセインの最期の礼拝を記念し、アーシューラー午後の礼拝を行った。      イマーム・ホセインの喪に服する人々は、殉教者の指導者であるこのセイエドへの哀悼の儀を行った後、その最期の礼拝を記念し、正午と午後の集団礼拝を行った。この儀式では、人々、特に喪に服し哀悼を示す若者たちが詰め合いながら列を作り、全国各地の町や村の金曜礼拝の導師や集会の導 全文をよむ

2007-01-30 ゾロアスター教徒協会、今年のサデ祭を自粛 (Jam-e Jam紙)

【ISNA】モハッラム月[イスラーム太陰暦第一月]の追悼に服するため、ケルマーンのゾロアスター教徒らは、今年はサデの祭を執り行わないこととした。      ケルマーン・ゾロアスター教徒協会役員会は、「今年のサデ国民祭(訳者注)は、モハッラム月およびイマーム・ホセイン殉教日のアーシューラー[モハッラム月10日]に近いため、シーア派信仰への敬意から、サデの祭を行わないことにした」と述べた。      ケルマーン州知事のラウフィーネジャード氏は、ゾロアスター教徒協会の対応に謝意を述べるとともに、こ 全文をよむ

2007-01-10 アーシュラーからの逸脱行為排除に向けた文化・芸術庁の試み ジャーメ・ジャム紙 (Jam-e Jam紙)

2007年1月10日付ジャーメ・ジャム紙     テヘラン市文化・芸術庁は、今年のムハッラム月の最も重要な課題として、アーシュラーの行事からの迷信の排除を挙げている。     アリー・アスギャリー長官は昨日、記者団に対しこのように述べた上で、さらに以下のように述べた。「ムハッラム月に行われる数々の行事は、市民生活における道徳の普及をその目的として、行われるものでなくてはならない。名誉の精神や偉人らの英雄的な事跡〔に対する知識〕、そして宗教的な情熱を涵養し、また異端を排除し逸脱を修正することが、同 全文をよむ

2007-01-01 ドキュメンタリー映画 『ヤーセル・アラファート最後の日々』  ジャーメ・ジャム (Jam-e Jam紙)

2007年1月1日付ジャーメ・ジャム    【ジャーメ・ジャム・オンライン】   ドキュメンタリー映画『ヤーセル・アラファート最後の日々』が、ラーマッラー[パレスチナ・ヨルダン川西岸] で、映像ネットワーク機構により開催中の第二回パレスチナ女性映画祭で上映された。     インターネット版アルジャズィーラの報告によれば、この映画は、パレスチナ出身のオーストラリア人監督シーリーン・サラーマにより、制作された。故ヤーセル・アラファート(パレスチナ暫定自治政府長官)が死去する15日前に、サラーマとのイ 全文をよむ

2006-12-13 ジーロフト遺跡再び  ハムシャフリー (Hamshahri紙)

2006年12月13日付 ハムシャフリーオンライン    [アーラシュ・ヌールアーガーイー]   ジーロフトでの新たな発掘調査のために、ユーソフ・マジードザーデ教授がイランを訪れた。     ジーロフト(注1)は文化遺産としての数々の価値に加えて、我が国の重要な観光地のひとつにも数えられる。今年のデイ月(12月21日~1月20日)にケルマーン州の文化遺産協会及び、テヘランのイラン住宅建設協会との協力により、ジーロフト文明を知るためのセミナーが開催される。      この機会に本紙はマジードザーデ 全文をよむ

2006-12-05 ファジュル映画祭の開催に対する警鐘 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年12月5日付 ハムシャフリー紙  [文学芸術部]イランは常に中東における重要な映画大国であった    イラン映画に対する世界の評価や、近隣諸国が映画制作を全く行っていないことを別にしても、長年、映画祭においてイランと肩を並べる国はない。1350年代(1970年代)もテヘランの映画祭は実際、アジア大陸の映画関係の最も権威ある祭典とされてきたし、革命後もファジュル芸術祭はテヘランにおいて映画が脈々と発展している要因となっている。    ファジュル映画祭は近隣諸国にライバルがいないことに起因 全文をよむ

2006-10-16 視点:ノーベル賞非受賞者 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年10月16日付 ハムシャフリー紙     これまで多くの作家がノーベル賞を受賞してきたが、スイスアカデミーが無視してきた多くの著名でふさわしい作家が存在する。     ノーベル文学賞は1世紀以上にわたって続いているが、この賞が何のために一部の作家たちに贈呈されるのか、また一部の著名な作家たちはなぜ全くスイスアカデミーに考慮されないのか、未だ明らかでない。例えば、20世紀の偉大な作家、アルゼンチンのホルヘ・ルイス・ボルヘスや、イギリスのグレアム・グリーンはなぜ数年にわたって無視され続けな 全文をよむ

2006-10-16 目下ノーベル賞はイランの作家の権利ではない ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年10月16日 ハムシャフリー紙    ムスタファー・マストゥール氏、ドイツから帰国/目下ノーベル賞はイランの作家の権利ではない    イランの文学は激しく思想の乏しさに悩んでおり、イラン文学界に偉大な人々が存在しない限り、偉大な作品が創造されることはないだろう。      [ファールス通信]  イランの作家たちは、哲学的な基礎を持たず、この点で、彼らは偉大な作家ではない。世界の偉大な作家たちは、ある種の哲学者であり、独自の世界観を持った人々である。そしてこの世界観という心でもって、独自 全文をよむ

2006-10-12 BBC、ペルシア語のテレビ放送を開始へ ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年10月12日付ハムシャフリー紙    【ISNA】BBCは、イラン国民向けのペルシア語によるテレビ放送を開始する予定である。     BBCのブラウン財務局長は、このように発表した上で、「イギリス政府は、この放送の活動予算として、年間総額800万ドル(500万ポンド)を見込んでいる。その結果、BBCワールド・サービスのニュース・情報番組をイランでも視聴できるようになるだろう」と付け加えた。     ペルシア語放送局はロンドンに設置され、2008年までにBBCの番組をペルシア語で提供され 全文をよむ

2006-10-10 イスラミック・ヒーロー・コミック「99」が出版 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

10月10日付ハムシャフリー紙文芸面    【ファールス通信】「99」というタイトルのイスラームに関する初の漫画本が、サウジアラビアを含むイスラーム諸国のうちの幾つかの国々において出版された。     「99」は神秘的な諸々の石の物語である。ある少年が南アフリカで光り輝く石を発見する。それは[不思議な]治癒力を持つ石であった。この漫画の登場人物は全員ムスリムである。     これらの登場人物たちの産みの親は35歳のムスリムでデザイナーのアル=ムタワー氏である。彼は、この物語の中に99人のヒーロー 全文をよむ

2006-09-18 イラン人初の宇宙飛行士:私は旅行者ではありません ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年9月18日 ハムシャフリー5面    アンサーリー女史:宇宙への関心は子供の頃から私の胸にあって、いつも空を見るのは喜びでした。    [文化部 アミード・ナマーズィーハーフ]  アヌーシェ・アンサリー女史は今日、国際宇宙ステーションへと旅立つ。彼女は女性初の宇宙旅行者であり、イラン人で初めて地球軌道へと足を運ぶ。彼女はロシアとアメリカの2人の飛行士とともにロシアの宇宙船「ソユーズTMA-9」でバイコヌール宇宙基地から宇宙へと旅立つ。    彼女は数ヶ月前からモスクワ周辺にあるロシアの 全文をよむ

2006-09-11 セペフリー詩選集『水の足音』、アルバニアで出版 シャルグ紙 (Sharq紙)

9月11日付シャルグ紙文学面     【ファールス通信】アルバニア文化協会にイラン現代文学を紹介するため、『水の足音』と題するソフラーブ・セペフリーの選詩集が、同国におけるサアディー文化財団から出版された。    ([訳注] 「水の足音」(1965/6)は、詩人ソフラーブ・セペフリー(1928-80)の長編詩で、最もよく知られる作品のひとつ。ここでは、彼のアンソロジーのタイトルとなっている。)    イスラーム文化交流庁広報によれば、同詩集は、メフディー・アフシャールによる英訳を介し、文学作品の 全文をよむ

2006-09-03 警鐘:ビーソトゥーンが「危機にさらされている世界遺産リスト」に ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

【都市部】ビーソトゥーンがその史跡の世界遺産指定区域内で経済活動が行われているため、「危機にさらされている世界遺産リスト」に登録される。    専門家らは、指定区域内での建設活動が停止されないかぎり、この史跡がユネスコの「危機にさらされている世界遺産リスト」に登録されると確信している。現在、《ラード法律研究所》が文化遺産・観光庁を訴えた訴状の中で、ビーソトゥーンの世界遺産指定区域内での開発・経済活動を全面的にストップするようケルマーンシャー州司法局に要求した。    人権活動家のスポークスマンで 全文をよむ

2006-09-02 エスファハーンの地下鉄敷設に1千人の市民が抗議 シャルグ紙 (Sharq紙)

2006年9月2日付け シャルグ紙    【メフディ・マカーレミー】先週木曜、大勢のエスファハーン市民が集会を開き、文化遺産・観光庁がエスファハーンのチャハールバーグ通りを通る地下鉄の敷設に賛同する可能性があると報じたニュースを受け、抗議を行った。     抗議者の中には、有名な研究者や芸術家も含まれており、集会では、地下鉄に反対する市民約1千名の委任状も読み上げられた。この委任状の署名者たちは、人権擁護協会メンバーのモハンマド・アリー・ダードハー氏に歴史あるチャハールバーグ通りとその他のエスフ 全文をよむ

2006-08-31 「テロリズムとの戦い」セミナーの特別招待客 シャルグ紙 (Sharq紙)

2006年9月1日付 シャルグ紙2面     アクバル・ハーシェミー・ラフサンジャーニーは、ネルソン・マンデラ、マハティール・ムハンマド、[エジプトのジャーナリスト]ハサナイン・ハイキャルを国際セミナー「テロリズムとの戦い、直面する数々のチャレンジ」へと招待した。この会議はアーザル月1~2日(11月21~22日)に自由大学学問研究センターで開催され、公益判別評議会議長[ラフサンジャーニー師]の講演が予定されている。このセミナーの事務局長ホセイン・スィールースは、ラフサンジャーニー師が自由大学の理 全文をよむ

2006-08-30 ケルマーンの文明を知ってもらうには責任者全員の信念が必要 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

【都市部】世界14カ国の人類学者が近い将来ケルマーンを訪れ、ユネスコの責任者を交えて考古学のワークショップを開く見通しだ。    アリー・カールナマー・ケルマーン州文化遺産・観光庁長官はこう発表した上で、ケルマーン州が世界の歴史的首都になることは夢ではないとして、「近い将来、ケルマーン州で第70回人類学国際セミナーが開かれ、世界14カ国、とりわけ英国、フランス、イタリア、オーストリア、アメリカの著名な人類学者が出席する予定である。これはケルマーンのいにしえの文明を世界の人々に知ってもらう良い機会 全文をよむ

2006-08-28 レバノン・パレスチナのドキュメンタリー映画11本が10州で上映 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年8月28日付ハムシャフリー紙    【メフル】レバノン及びパレスチナの海外短編ドキュメンタリー映画11本が、「イスラーム緑の地における覚醒と抵抗の出現」と題して、昨日シャフリーヴァル月5日〔8月27日〕より全国10州で同時上映されている。     2001年4月に起きたイスラエル軍によるジェニーン・キャンプへの侵略を描く、パレスチナのムハンマド・バクリー監督による『ジェニーン』や、パレスチナ人民の闘争と11歳の少女の殉教を描く、パレスチナのムーターズ・ジャーンクート監督による『サーラー 全文をよむ

2006-08-23 ユネスコ・「ルーミー年」主催国にイランの名がないのは、何故?  ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年8月23日付ハムシャフリー紙文芸面    【文芸部】ユネスコが、モウラーナー(ルーミー)年主催国として、イランの名を挙げていないことについて、ユネスコ・イラン常任代表のアフマド・ジャラーリー氏は、リストからイランが排除されていることは好ましくないと発言した。    同代表は、「ユネスコのプログラムの一部は、同機関の執行委員会によって決定される。イランは、1999年から2003年まで執行委員国であったが、現在は同委員会のメンバーではなく、従って、イランの名は明記されず、また、そもそもイラ 全文をよむ

2006-07-30 『ダ・ヴィンチ・コード』の出版許可、キリスト教聖職者らの求めにより取り消し シャルグ紙 (Sharq紙)

2006年7月30日付シャルグ紙文学面    【ファールス通信】イスラーム文化指導省の文化集会・活動担当事務局長のムハンマド・ヴァスフィーは、次のように述べた。「イラン国内のキリスト教聖職者団体からイスラーム文化指導相に宛てた書簡をうけて、『ダ・ヴィンチ・コード』の出版許可が取り消された。」    同局長は、さらにこう発言した。「イスラーム文化指導省と宗教マイノリティー団体の間には良好な相互関係が保たれている。キリスト教聖職者らによる声明が文化担当次官に伝えられた後、『ダヴィンチの暗号(ラムゼ・ 全文をよむ

2006-07-20 イスラーム服のファッション・ショーが開催 シャルグ紙 (Sharq紙)

2006年7月20日付シャルグ紙1面    【社会部:サマーネ・ガドルハーン】政府は初めてのイスラーム服の展示会を、三機関の協力のもと立ち上げた。「イスラーム服」をテーマにした服の展示会が1週間のうちに二つ、一都市において開かれたことは、女性の服装をめぐる第9期政権の今後の方向性を、これまで以上に明確にするものだ。     互いに類似した二つの展示会のうち、一つは「レイハーネ」と銘打って、ティール月23日〔7月14日〕から開催された。もう一つは「我が国の女性たち」祭と題して、ティール月25日〔7 全文をよむ

2006-07-17 住宅・都市開発省のコウサル展覧会で、現代イランのチャードルを展示 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年7月17日付ハムシャフリー紙    【ファールス通信】コウサル展覧会の実行委員長は、「住宅省内に設置されるコウサル展覧会は、偉大なる預言者の子〔ムハンマドの娘ファーティマのこと〕の生誕祭に合わせて、開会式を開き、イランのチャードルを展示することを予定している」と述べた。     モルタザー・ジャッバーリー氏はさらに次のように述べている。「住宅相出席のもと、コウサル展覧会は午前9時から開会され、文化的な製品、例えばイランのチャードルや子どもたちの宗教教育を目的としたCD、さらにコーランな 全文をよむ

2006-07-15 初のイスラーム服の展示場がテヘランにて開設:展示された服は古いデザインのものばかり シャルグ紙 (Sharq紙)

2006年7月15日付シャルグ紙29面     大学生用・職場用などの各種チャードルや古くさいデザインのコートなどを展示した、初のイスラーム服の展示場が木曜日開設された。     展示場に足を運んだアフマディー=モガッダム治安維持軍司令官は、「なぜこの展示場に展示されているチャードルやコートは、どれもかつて売り場に並んでいたような新鮮味のないデザインのものばかりなのか」との本紙記者の質問に対し、「デザイナーが新しいデザインを作って披露するだけの時間的余裕がなかったからだ。われわれにも、この種の仕 全文をよむ

2006-07-06 有毒ガスがペルセポリスに充満 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年7月6日付ハムシャフリー紙    【遺産ニュース】ペルセポリス近辺で小麦のわらを燃やしたときに生じる煙が有毒なガスを含有し、観光客にもさまざまな悪影響をもたらしている。厚生省が出した警告によると、この煙は動悸や骨粗しょう症といった問題を引き起こす可能性があるという。     農民らが農地に残された小麦のわらに火をつけることで、有毒で危険なガスがペルセポリスに流出している。これは、(ファールス)州側がこれらの農作業の防止に、これまでなんら対策を講じてこなかったことが背景にある。      全文をよむ

2006-07-01 イランの国民遺産、イスラエルに接収の危機 シャルグ紙 (Sharq紙)

2006年7月1日付シャルグ紙31面    【ファールス通信】歴史家のアブドッラー・シャフバーズィー氏は、シカゴ博物館所蔵のイラン人の国民遺産がイスラエルに接収される危険性があるとの警告を発している。     彼は自らが運営するインターネット・サイトに、「ハカーマニシュ(アケメネス)朝時代の粘土板を救え」と題した報告を掲載、その中でアメリカの、特にシカゴのマス・メディアがこの件に関連して、非常に気がかりなニュースを伝えていると警告している。     1302年〔1923年〕以降ペルセポリスで発見 全文をよむ

2006-06-26 ダーバン国際映画祭:アボルファズル・ジャリーリー『Full or Empty』が最優秀賞を獲得 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年6月26日付 ハムシャフリー紙19面    [イラン学生通信(ISNA)]   南アフリカで開催された第27回ダーバン国際映画祭でアボルファズル・ジャリーリーの『Full or Empty』に最優秀賞が与えられた。またこの映画祭の最優秀脚本賞は『オフサイド』のジャアファル・パナーヒーとシャードメフル・ラースティーンが獲得した。     ホルダード月24日(6月14日)から開催されている南アフリカのこのダーバン国際映画祭には数本のイラン映画が参加した。この期間、11日間にわたって上映され 全文をよむ

2006-06-17 イラン手工芸品展示会批評:イランの芸術をマネジメントする技 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年6月17日付 ハムシャフリー紙4面    [アリーレザー・ソルターニー]   「芸術は、他でもない、イラン人のまさに身近なところにある」。この言葉はおそらく、イランにおける芸術の重要性、伝統、幅広さを語る最も雄弁で絶妙な言葉であり、世界においてもこの重要さが認められている。だが、イランにおける様々な芸術の伝統と幅広さについて考えるとき、その多様性とダイナミズムは様々な文化を持つ多数の諸民族に由来するにもかかわらず、今日、この事は色あせ忘れられている。このような状態をなによりも説明するの 全文をよむ

2006-06-01 M. A. ベフ・アーズィーン氏逝去:さようなら「魅せられたる魂」 シャルグ紙 (Sharq紙)

2006年6月1日付 シャルグ紙16面    [ホセイン・ヤーグチー]   古典文学の著名な翻訳家マフムード・エーテマードザーデ氏(雅号:M. A. ベフ・アーズィーン氏)が昨日、心臓発作のため、テヘランのアーラード病院で93歳で亡くなった。     ベフ・アーズィーン氏による翻訳に注目すれば、この訃報を読んでどのような人々が驚き悲しんだか、またそれがおよそどのような世代の人々か、言いあてることができるだろう。1340年代(1960年代)、1350年代(1970年代)に青春を送り、当時の文化的雰 全文をよむ

2006-06-01 今夏の屋外演劇の開催予定:遺跡での王書(シャーナーメ)語り ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年6月1日付ハムシャフリー紙19面    [文芸部:エルハーム・アナーリー]   イランの数千年のアイデンティティを持つ古い諸都市への旅行は(占いの当たりはずれのように)どっちに転んだとしても害のない楽しい娯楽だが、もし今夏、国内の様々な都市に旅行の予定があるなら、屋外演劇の情報もチェックしてはいかがだろう。     文化遺産協会は今夏、イスファハーン、シーラーズ、ハメダーン、ホッラムシャフル、テヘラン、ケルマンシャー、ヤズドなどの古い歴史建築を有する10の都市で、イランの文化の発展を目 全文をよむ

2006-05-24 スイスの作家によるイラン旅行 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年5月24日付 ハムシャフリー紙24面     スイス大使館は《イラン芸術家の家》との協力で、スイスの作家、新聞記者、写真家であるアンマリー・シュヴァルツェンバッハの写真と文学作品を紹介、研究することにした。   スイス大使館が《イラン芸術家の家》との協力でアンマリー・シュヴァルツェンバッハの写真や生涯、小説や文学作品の展覧会として行うプログラムのタイトルは《The veil over the secret of space》という。アンマリー・シュヴァルツェンバッハ(1908-1942 全文をよむ

2006-03-19 諸宗教協力国際会議で宗教芸術の展示会 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年3月19日付ハムシャフリー紙    【ファールス通信】〈世界の秩序の基盤としての諸宗教の建設的協力のための国際会議〉の一環として、宗教における聖なるものをテーマとした宗教芸術の展示会がエスファハーンで開催された。     同会議の広報委員会によって開催されているこの展示会では、我が国における諸宗教の信徒らの様々な活動を描いた写真や、「諸宗教における祈り」と題された諸々の写真が、展示されている。また別のセクションでは、諸宗教の信徒間の建設的協力や平和的共存、諸宗教における聖なるものをテー 全文をよむ

2006-03-04 ノウルーズに発火物を使用することは、許容されない:アーヤトッラー・サーフィー=ゴルパーイェガーニー シャルグ紙 (Sharq紙)

2006年3月4日付シャルグ紙30面    【ファールス通信】アーヤトッラー・サーフィー=ゴルパーイェガーニーは、ノウルーズ〔イラン正月。西暦で3月21日〕期間中に発火物を使用することの、イスラーム法学上の可否について、信徒らからファトワー〔宗教上の教令〕を求められ、「発火物を使用することは、イスラーム法上許容されない」との判断を示した。     〈イスラーム神学校ニュース・センター〉が伝えるところによると、同師は質問に対して、次のように述べた。「発火物の使用は、享楽、浪費にあたり、イスラーム法 全文をよむ

2006-02-25 哲学者ジョン・ロールズに関するセミナーが開催 シャルグ紙 (Sharq紙)

2006年2月25日付シャルグ紙32面    【ラフマーン・ブーザリー】《知と哲学研究所》はテヘラン大学文学・人文学部の協力の下、「正義の哲学者:ジョン・ロールズの生涯、作品、思想の研究」と題されたセミナーを、1384年エスファンド月7日(日)(2006年2月26日)に、テヘラン大学文学・人文学部付属のフェルドウスィー講堂にて開催する。     ジョン・ロールズは20世紀最大の哲学者の一人であり、2002年11月24日に81歳の生涯を閉じた人物。ロールズの哲学的営為はホッブズ、ロック、ルソー、カ 全文をよむ

2006-02-21 イラン自由運動、「イスラーム革命発生原因研究会議」を主催 シャルグ (Sharq紙)

2006年2月21日付シャルグ紙6面    【政治部】イラン自由運動主催で開かれた「イスラーム革命発生原因研究会議」において、同政治集団の事務局長を務めるエブラーヒーム・ヤズディーと、イラン・イスラーム参加戦線の一員であるハミード・レザー・ジャラーイープールは、イスラーム革命発生の原因について触れ、革命前後のイラン現代社会を比較しつつ、近年のイランの変化そのものの各様相について検討を行った。     ジャラーイープールは、イラン現代社会は100年にわたり変革の波に晒されてきたが、その一方で「スロ 全文をよむ

2006-02-05 礼拝のためのインターネット・サイト ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年2月5日付ハムシャフリー紙    【ISNA】イラン南部・南東部地域の「礼拝と勧善禁悪実行本部」の委員らによる第一回会議が、バンダル・アッバースにあるイラン国営放送ペルシア湾センターで開催された。     同センター広報部の発表によると、イラン国営放送の「礼拝と勧善禁悪実行本部」の委員は、礼拝番組の制作に際しては、イスラーム学の専門家らを活用する必要があると強調した。     アリーレザー・タギープール氏は、本年度のイラン国営放送各局設立記念祭に出品するために、礼拝に関して、ラジオ番組 全文をよむ

2006-02-05 ハイヤーム、アッタール、フェルドウスィー記念国際会議開催へ ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2006年2月5日付ハムシャフリー紙    【メフル通信】ホラーサーン・ラザヴィー州の公共文化評議会の決定により、ハイヤーム、アッタール、フェルドウスィーの三賢人を記念する国民記念日が、二年に一度、国際的規模で開催されることになった。     文化イスラーム指導省ホラーサーン・ラザヴィー州総局長を務めるセイイェド・ジャヴァード・ジャアファリー氏は、ニーシャーブール訪問中にこの件に関して、「ホラーサーン・ラザヴィー州公共文化評議会の各委員の合意により、イラン、もとい世界中に名の知れた三人の誇るべき 全文をよむ

2006-01-21 今年のファジル祭の活動計画が提出 シャルグ紙 (Sharq紙)

2006年1月21日付シャルグ紙2面    【ILNA】10日間に及ぶファジル祭の中央委員会実行評議会の第8回会議が、国の各実行機関に設置されている委員会の責任者らの出席の下、イスラーム宣伝調整評議会にて開催された。     この会議では、各実行機関の代表者らによって、ファジル10日祭及びムハッラム月における各機関の活動計画が提出された。これらの計画では、各モスクでの殉教者記念行事や、革命成就前に自由を希求し、政治犯として収容されていた人々に対する顕彰行事、女性や婦人、地方村落民、部族民らに関す 全文をよむ

2005-12-29 ヌーリー=ハメダーニー師、一部の宗教行為を批判 シャルグ紙 (Sharq紙)

2005年12月29日付シャルグ紙2面    【メフル通信】アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニーは昨日、宗教的哀悼集会で行われている行為が、一部でマルジャエ・タグリード〔シーア派宗教指導者の権威〕の心ある指導に注意を払うことなく行われているとして、不満を表明した。     アーヤトッラー・ホセイン・ヌーリー=ハメダーニーは、《イスラーム英雄哀悼行事実行委員会》の文化関係者との会合の中で、殉教者哀悼・礼讃行事には様々な害悪が付随しているとし、次にように語った。「宗教的集会には様々な問題が存在して 全文をよむ

2005-12-27 イラン・ファッションを盛り上げよ:国会女性家族問題委員長 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2005年12月27日付ハムシャフリー紙     国の服飾デザイナーや製造業者に対する保護の不在が、社会の各層、特に婦人や女性たちが外国の服飾モデルやファッションを追い求める原因になっている。     国会の女性・家族問題委員会の委員長を務めるファーテメ・アーリヤー議員は、メフル通信とのインタビューで、女性たちがイラン・ファッションに無関心であることについて、「我が国ではファッションに対して否定的な風潮がある、というわけではない。ただ、服飾デザイナーや製造業者に対するきちんとした保護がなく、必要 全文をよむ

2005-12-25 キリスト教徒、ホワイト・クリスマスに期待 シャルグ紙 (Sharq紙)

2005年12月25日付シャルグ紙27面    【社会部】白、黄色、‥‥色とりどりの作り物のもみの木が、キリスト暦新年用の飾り付けを売る店を彩っている。今年、作り物のもみの木の多くは、緑色のクリスマス・ツリーであったこれまでの慣習を覆すような装いとなっている。これらの木には赤色の電飾が取り付けられ、ショーウィンドウの向こう側に飾られている。その横には大小様々なサンタクロースや、色付けされたタマゴが置かれている。     その一方で、テヘラン市は昨日、アルメニア人用に、各所の教会に5千本のもみの木 全文をよむ

2005-12-22 無形文化遺産としての遊牧 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2005年12月22日付ハムシャフリー紙    【学術文化部】「イランの部族集団による遊牧と無形文化遺産」と題した懇談会が、文化遺産観光庁において開催された。懇談会には、ドキュメンタリー作家や人類学者らが出席した。     人類学研究所のモハンマド・ミールショクラーイー所長は、この懇談会において次のように語った。「無形文化遺産は形を有さず、その行動や意識のあり方から、その存在を確認することのできるものを指す。遊牧というのもまた、独自の行動様式であり、われわれの文化の歴史に、非常に重要な役割を果た 全文をよむ

2005-12-10 故マヌーチェフル・アータシーの全詩集刊行、詩人追悼式 シャルグ紙 (Sharq紙)

2005年12月10日付シャルグ紙17面    【ファールス通信】ネガーフ出版の編集長は、(先月20日に死去した詩人)マヌーチェフル・アータシーの全詩集を、未刊行の二詩集も含め出版する予定であると語った。     同出版社編集長のアリー=レザー・ライースダーナーは、上記全詩集が約1700頁に及ぶものになると述べ、次のように話した。「この全詩集には、これまでに刊行されたアータシーの12詩集に加え、生前、出版の予定でアーターシー氏から原稿を受け取っていた、未刊行の二詩集も収める予定である。」     全文をよむ

2005-10-06 ラマダーン月においしく食べるための医学的アドバイス ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

10月6日付ハムシャフリー紙    【科学技術部:セイイェド・モハンマド・アブートラービー】祝月ラマダーンが近づくにつれて、断食明けや断食前の情景、礼拝の思い出など、たくさんの記憶や思い出がよぎるもの。しかし残念ながら、中には、胃腸不全、体重の減少、さらに多いのが体重の増加といった問題を抱えて、ラマダーン月を終える人もいるようだ。もちろん断食もイスラームの信仰にとって基本的な宗教儀礼であり、健康にとってもよいものであることは、ご存知の通り。しかしなぜ神の恵みである健康を享受できない人がいるのだろ 全文をよむ

2005-09-21 「今日の問題を解決する鍵はマフディー信仰への回帰にこそ存在する」:アフマディーネジャード大統領 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

2005年9月21日ハムシャフリー紙    〔*訳注:イランの国教であるイスラーム教の12イマーム・シーア派神学では、預言者ムハンマドのいとこで娘婿のアリーの血筋には、神の意思を知る特別な力が備わっており、イマームとしてイスラーム共同体を指導する特別な権限が与えられていると信じられている。アリーに始まるこのイマームの血筋は、第12代まで続いたとされ、第12代イマーム(《時のイマーム》《お隠れイマーム》などの名称で呼ばれる)は幼少のころに《お隠れ》になり、終末の日に救世主マフディーとして再臨すると 全文をよむ

2005-09-08 アザーン自動放送機、テヘランにアザーンを鳴らす シャルグ紙 (Sharq紙)

2005年9月8日付シャルグ紙14面    【社会部】テヘラン市役所は、自動アザーン放送機をテヘラン市内に設置することになった。この計画が実行されれば、イスラームで定められた時間帯に、市内140箇所で自動的にアザーンが鳴り響くことになる。この計画は、テヘラン市交通管理公社により発案され、同社の理事会の決定を受けて実行に移されたものである。同社の総裁の話によれば、今年度末までに、現在映像監視カメラが設置されている市内のおよそ140箇所に、アザーン放送機を設置する予定だという。     この計画の実 全文をよむ

2005-07-16 ゴンバデ・ソルターニーイェが世界遺産に ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

【文化科学部】ユネスコ世界遺産委員会は、ダーバンで開かれた第29回会議で、イラン側の提案を承認し、ゴンバデ・ソルターニーイェが世界遺産に登録されることになった。     ザンジャーン州の歴史的建造物であるゴンバデ・ソルターニーイェは、世界最大級のレンガ製ドームの一つで、イルハン朝期の建築の傑作として知られている。     700年以上前に建てられたこの歴史的建造物は、レンガとタイルによる装飾が施されており、イスラーム期に特有の建築物の一つに数えられている。     すでに〔イランでは〕、ペルセポ 全文をよむ

2005-06-29 ケルマーン・ゾロアスター教博物館、開館 ハムシャフリー紙 (Hamshahri紙)

【ISNA(イラン学生通信)】モハンマド・ジャハーンシャーヒー氏は、人類学をテーマとしたケルマーン州ゾロアスター教博物館が、ゾロアスター教徒協会の協力の下、ケルマーン州文化遺産観光庁文化広報局によって開館される予定であると発表した。     ケルマーン州文化遺産観光庁広報担当官は、ISNAとのインタビューで、「ケルマーン・ゾロアスター教博物館は金曜日、ケルマーン州文化遺産観光庁によって、ゾロアスター教徒協会の協力の下、ザリーソフ通りにある拝火神殿にて開館される予定である」と語った。     ジャ 全文をよむ

2005-06-11 ショーン・ペン、金曜礼拝に現る (Sharq紙)

シャルグ紙28面     ハリウッドの有名俳優ショーン・ペンがテヘランを訪れた。同氏はサンフランシスコ・クロニクル紙の新聞記者として、3日前からイランを訪問しており、第9期大統領選挙を取材する予定である。同氏は2003年にも、新聞記者としてイラクを訪問し、同国から記事を配信していたことがある。ショーン・ペンは現在44歳で、イラン・米関係の緊張の高まりを自らの目で確かめることが、今回のイラン訪問の目的であると語っている。     ショーン・ペンは昨日、テヘランの金曜礼拝にこっそりと現れた。ロイター 全文をよむ

2005-05-29 マルジャーネ・サーテラーピー、最優秀賞に (Sharq紙)

5月29日付シャルグ紙第14面    マルジャーネ・サーテラーピー、最優秀賞に    イラン人芸術家のマルジャーネ・サーテラーピーは、フランスで開催されたアングレーム国際コミック・フェスティバルで最優秀絵本賞を獲得した。彼女の作品は《プラムとひな鳥》という題名のコマ割マンガで、2004年に発行された約3000点の本の中から、このフェスティバルで最高の賞を授けられた。     マルジャーネは1348年(西暦1969年)テヘラン生まれ。14歳のときに進学のためオーストリアに発ち、異国の地で苦労を重ね 全文をよむ

2005-05-28 ケルマーンシャー服飾博物館、開館から一年 (Sharq紙)

5月28日付シャルグ紙21面    ケルマーンシャー州の服飾・装飾具博物館は、伝統建築で作られた8つの展示室を有し、地域の伝統的衣装を紹介している。    服飾は、文化、社会、地理的なアイデンティティの象徴として、人々の宗教的、経済的、社会的価値を示している。ある衣装が生まれ出ることは、偶発的なことでもなければ、個人的な意図によるものでもない。それは、民族の地域的、物質的、精神的な思想や必要性の結果生まれたものであり、人類の生活史全体を映し出す鏡である。ある社会的集団、あるいは民族の衣装全体にと 全文をよむ