検索結果 1303件

検索条件 メディア ペルシア語メディア全て 
ジャンル 政治記事 
特集ジャンル 全て
期間
キーワード
2016-09-16 テヘラン金曜礼拝導師「FATF批判は自由」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】テヘラン金曜礼拝導師は、「FATFについて最終的に決定するのは、国家安全保障最高評議会であるのは事実だ。しかし、決定の最終段階に達する前に、〔政府や国家安全保障最高評議会の〕諸氏はそれについて検討・批判する権利を〔金曜礼拝導師に〕認めるべきだ」と述べた。       ジャーメ・ジャム・オンラインがファールス通信の報道として伝えたところによると、今週のテヘラン金曜礼拝の導師を務めたホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのセイエド・アフマド・ハータミーは、〔‥‥〕 全文をよむ

2016-09-13 一部国会議員ら、大統領に書簡「FATFの要求受け入れは安全保障上、破壊的な影響をもたらす」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】一部の国会議員は大統領に宛てた書簡のなかで、「FATFの一方的な要求をすべて受け入れることは、〔イランの〕安全保障および政治上、様々な影響をもたらす」と記した。       ジャーメ・ジャム・オンラインがイラン国営放送通信を引用する形で伝えたところによると、イラン国会の一部の議員は大統領に宛てた書簡を発表し、その中で「FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)と交渉し、イランが同部会のブラックリストから外されるよう努力することは、好ましいことであり、か 全文をよむ

2016-09-12 アラム=アルホダー「FATF協定は『銀行カピチュレーション』だ」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】マシュハド金曜礼拝導師は、FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)との協定は「銀行カピチュレーション(治外法権、降伏)」だとした上で、「こうしたFAFT 〔との協定締結〕の流れによって『自己制裁』に陥ってしまうほど、われわれは敵の罠にはまり込んでしまっているのだ」と述べた。       ジャーメ・ジャム・オンラインがファールス通信の報道として伝えたところによると、アーヤトッラー・セイエド・アフマド・アラム=アルホダー(アラモルホダー)は今朝、犠牲 全文をよむ

2016-08-29 憲法擁護評議会が1395年補正予算法案承認を発表 (Jam-e Jam紙)

 憲法擁護評議会のアッバース・キャドホダーイー報道官は、1395(西暦2016年3月20日~17年3月20日:閏年)年度国家補正予算法案の承認を発表した。       本誌報道によると、キャドホダーイー氏はイラン国営通信の取材に対して次のように述べたという。「この補正予算案は先週、憲法擁護評議会に送付されてきた。審査の結果、同法案はイスラーム法にも憲法にも相反するものではない。」       同氏は、更に「憲法擁護評議会で批准された後に、法的手続きに従い、この法案はイスラーム議会(国会)に送られ 全文をよむ

2016-05-30 州知事人事に変更がないのは、原則的なことである (Hamshahri紙)

 ホセインアリー・アミーリー内務大臣代行は、行政の安定を信頼していると強調しつつ、以下のように語った。「退職の願い出もしくは他の役職に就く予定ということでない限り、原則として州知事を変更しない。」       国営イラン通信(IRNA)は、州知事の数名を変更するという一部の噂について、アミーリー氏が否定し、次のように強調したと報じている。「内務省において、原則として州知事人事は変更しない。たとえ今、内務省が継続的に知事らを査定しているとしてもそうである。」       内相代行は、同省経済調整・ 全文をよむ

2016-05-16 マカーレム=シーラーズィー「バハーイーの指導者らとの面会は犯罪」—ファーエゼ・ハーシェミーの面会に抗議 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】ジャーメ・ジャム・オンラインの報道によると、アーヤトッラー・ナーセル・マカーレム=シーラーズィーは今朝、大モスクで開かれた自身の法学上級コースの授業のなかで、〔ハーシェミー=ラフサンジャーニー公益判別評議会議長の娘である〕ファーエゼ・ハーシェミーがバハーイー派の指導者らと面会したこと〔※〕について触れ、「この件に関して、何らかの抗議が行われるかどうか、私は待っていたが、これといったことはなかったようだ。聞くところでは、彼女の父親〔=ラフサンジャーニー〕が穏やかな口 全文をよむ

2016-05-16 司法権長官「イスラエルにあるバハーイーの司令部は何をしているのか」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】司法権長官は秩序を乱す行為が一部にあったことに遺憾の意を表明したうえで、「《時のイマーム》〔※〕との関わりの深い国でバハーイーを擁護することに、意味など何もない。バハーイーは外国人や植民地主義者の手によって偽造されたものなのだ」と述べた。〔‥‥〕      ※訳注:「時のイマーム」とは、シーア十二イマーム派で終末の直前にこの世に降臨すると信じられているお隠れのイマームのこと。       アーヤトッラー・アーモリー=ラーリージャーニーは自身の発言の別の箇所で、イラ 全文をよむ

2016-05-12 イラン国営放送の新総裁が任命 (Iran紙)

【イラン紙1面】モハンマド・サラフラーズ氏がイラン国営放送を去るのではないかとの噂や憶測が飛び交うようになって数ヵ月、アブドルアリー・アリーアスギャリーが国営放送の総裁に任命されたことで、この問題をめぐる風聞にもついに終止符が打たれることとなった。       イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイーは辞令の中で、モハンマド・サラフラーズ氏の辞任を受け入れ、革命的で価値ある同氏の努力に謝意を表明したうえで、アブドルアリー・アリーアスギャリー氏をイラン国営放送機構の総裁に任命した。  全文をよむ

2016-05-02 キャヴァーケビアーン氏「政府は大掃除をしようとしている/国会議長は改革派がなるべきだ」 (Jam-e Jam紙)

 第10期国会でテヘランから選出されたキャヴァーケビアーン議員は、ラーリージャーニー氏を改革派でないとして、「国会議長には、改革派がなるべきだ」と述べた。       本紙によると、第10期国会の国民党事務局長モスタファー・キャヴァーケビアーン議員(テヘラン選出)は、タスニーム・ニュースとのインタビューの中で、国会議長に関するアーレフ氏とラーリージャーニー氏の会談について、「私は内容を聞いていないが、(この会談は)[括弧は原文のママ]年始挨拶[訳注:イランの正月は春分の日]程度のものだった」と述 全文をよむ

2016-04-25 5月3日に第10期議会の反改革党派の委員と中央評議会の選出を実施 (Jam-e Jam紙)

 第10期議会の原理主義派からなる七人委員会[訳注:新しい党派設立のための準備委員会]の広報担当を務めるホセイン・ナガヴィー・ホセイニー議員は、オルディーベヘシュト月14日[西暦5月3日]に第10期議会の反改革主義派の選出者集会が行われることに言及し、「この集会では、伝統保守派、革命派、原理主義派勢力からなる反改革主義党派の委員と中央評議会が選出されるだろう」と述べた。       ナガヴィー・ホセイニー氏は、本紙記者とのインタビューの中で、第10期議会では改革主義と伝統保守派、革命派、原理主義 全文をよむ

2016-04-02 ハーメネイー最高指導者「現代は話し合いの時代でもあり、ミサイルの時代でもある」(1) (Iran紙)

【イラン紙2面】革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は水曜日(1395年1月11日)〔西暦2016年3月30日〕、ファーテメ・ザフラー閣下〔※預言者ムハンマドの娘で初代イマーム・アリーの妻〕の生誕記念日に預言者一族の悲劇を歌い上げるマッダーフらと面会し、〔‥‥〕敵はイラン国民ならびにイスラーム体制に対抗するためにあらゆる手段を常日頃から利用していると指摘した上で、「現代、そして未来の複雑な時代において、イランの地位強化のためには政治、経済、社会、国防のあらゆる手段を活用しなければなら 全文をよむ

2016-04-02 ハーメネイー最高指導者「現代は話し合いの時代でもあり、ミサイルの時代でもある」(2) (Iran紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はまた、「今日の時代、そして明日の世界は話し合いの世界であり、ミサイルの世界ではない」などと考えている者たち〔※〕を強く批判し、      時代はあらゆるものの時代である。そうでなければ〔=あらゆる分野での進歩を追求しなければ〕、国民の権利は容易かつはっきりと〔敵の〕食い物になってしまうだろう。    と指摘、さらに「もしこうした議論が無知ゆえに出たものであるならば、それはそれで問題だ。しかしもし意図的に出されたものであれば、それは裏切りである」と付け加えた。  全文をよむ

2016-03-20 最高指導者、「抵抗経済」を「実行」するための10の処方箋を発表〜年頭演説で(1) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】イスラーム革命最高指導者は新年最初の日〔=3月20日〕に、〔マシュハドの〕レザー廟に集まった大勢の参詣者および近隣住民らとの熱気あふれる集会の中で、重要な演説を行った。師はその中で、アメリカならびに国内にいる一部の者たちが偽りの「二者択一」を示すことでイランの指導者たちやイラン国民の世論に注入しよう試みている、「屈服主義的な思想」の真の意味、そしてそれが有する「隠された危険な目的」について、詳細を説明した。師はその上で、抵抗経済の「対策・実行」に向けた10の基本的 全文をよむ

2016-03-20 最高指導者、「抵抗経済」を「実行」するための10の処方箋を発表~年頭演説で(2) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はその上で、「彼らが主張する二者択一とは、イラン国民はアメリカと折り合いを付けるか、さもなくば永久にアメリカの圧力下に置かれ、そのことが原因で起きる諸問題に苦しめられるか、のいずれかの道のことである」と述べた。       師は「アメリカの富、政治的手段、大規模なプロパガンダ装置、そして軍備」について触れ、「この特殊な考え方によれば、〔イランは〕アメリカのような国とは折り合いを付け、彼らが押しつけてくる要求を受け入れることで、『〔イスラーム共和国の〕立場、原則、 全文をよむ

2016-03-20 最高指導者、「抵抗経済」を「実行」するための10の処方箋を発表~年頭演説で(3) (Jam-e Jam紙)

 師はその上で、次のように付け加えた。      こうした危険な考え方が本当に意味しているのは、イラン・イスラーム共和国は少しずつ自らの力と安全の基盤となるものを放棄し、イスラームの名の下で、イスラーム体制の枠組みの中で堅持されてきた基本的な事柄、例えばパレスチナやイエメン、バーレーンといった諸国民の抵抗を支持し、彼らに対して政治的な支援を与えるといったことをやめ、自らの立場をアメリカの望みに近づけるべきだ、ということなのである。    イスラーム革命最高指導者はさらに、「こうした特殊な考え方に 全文をよむ

2016-03-20 最高指導者、「抵抗経済」を「実行」するための10の処方箋を発表~年頭演説で(4) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者はこうした「特殊な考え方」が招くさまざまな側面について説明した後、その「病理学」に話を進め、次のように指摘した。      こうした考え方で無視されているのは、アメリカとの合意はいかななるものであれ、イランは自らの約束を果たさざるを得ない一方で、アメリカは自らの約束の履行に不実で、欺瞞とインチキに満ちている、という事実である。このことは今やそのままの形で目にすることができるし、それはまさに〔イランにとって〕「まったくの害悪」である。    アーヤトッラー・ハーメネイー閣 全文をよむ

2016-03-20 最高指導者、「抵抗経済」を「実行」するための10の処方箋を発表~年頭演説で(5) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者は、「アメリカは現在、〔綿密な〕計画を練り、外交という手段を用いて、かつて破壊された塹壕を修復し、革命という塹壕を破壊しようと企てている」と指摘し、さらに「専制的で偶像崇拝的なパフラヴィー体制は、アメリカがイランで築いたもっとも重要な塹壕だった。しかしイスラーム革命は、王政を、そして〔モハンマド・レザー・シャーによる〕個人的支配体制を根こそぎ破壊し、その代わりに《人民主権》という名の堅固な塹壕を築いたのである」と述べた。       師はアメリカをはじめとする大国への恐 全文をよむ

2016-03-20 最高指導者、「抵抗経済」を「実行」するための10の処方箋を発表~年頭演説で(6) (Jam-e Jam紙)

 革命最高指導者が指摘した3つめの現実は「イラン国民に対するアメリカの敵意を表現するための手段には際限がない」ということである。「アメリカには3つの効果の高い主要な手段がある。《プロパガンダ》、《影響力の浸透》、そして《制裁》である」。       師は制裁に議論を絞り、「敵はイランにダメージを与えるには制裁が有効だと感じている。もちろん、我々の行動もこうした感覚の強化に影響を与えている」と述べ、次のように付け加えた。      ある時期、国内では制裁がもたらすダメージについて誇張する向きがあっ 全文をよむ

2016-03-20 最高指導者、「抵抗経済」を「実行」するための10の処方箋を発表~年頭演説で(7) (Jam-e Jam紙)

 「これまで巨額の投資をしてきた部門、例えば石油化学や発電所建設を有効活用すること」、そして「海外との全取引を、イラン国内への技術移転を条件とすること」が、革命最高指導者が国の経済の進歩と強化のために示した6番目、および7番目の提案である。    師はまた、「腐敗」に関して政界ならびにマス・メディアで騒がしい論争が起きていることを批判した上で、「抵抗経済の枠組みの中で実行すべき8番目の提案は、国の経済に深刻なダメージを与えている〔‥‥〕密輸をはじめとする腐敗に対して、真剣かつ現実に即した闘いを起 全文をよむ

2016-03-06 アフマド・ハータミー、次期専門家会議議長について発言(1) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】専門家会議の議員であるアーヤトッラー・セイエド・アフマド・ハータミーはニュースチャンネル「アル・アーラム」とのインタビューの中で、〔‥‥〕先の選挙で改革派が受けたテストの点数はかんばしいものではなく、道徳的に問題のある振る舞いだったと強調した。       ジャーメ・ジャム・オンラインが伝えたところによると、先の専門家会議選挙でケルマーン州から立候補し当選したセイエド・アフマド・ハータミー師は日曜日〔=3月6日〕、アル・アーラム・チャンネルの番組「テヘランから」で 全文をよむ

2016-03-06 アフマド・ハータミー、次期専門家会議議長について発言(2) (Jam-e Jam紙)

専門家会議を改革主義とか原理主義とかいった枠の中に収めることはできない       アーヤトッラー・ハータミーは選挙後の状況に関し、アーヤトッラー・メスバーフ=ヤズディーやアーヤトッラー・モハンマド・ヤズディーなど、原理派が確保していた〔専門家会議での〕議席の多くを無所属や改革派・穏健派の候補者の前で失ったことについて、次のように述べた。   イランにおける専門家会議には特別な状況があり、改革主義とか原理主義とかいった既存の枠の中に収めることはできない。この会議の使命とは、〔最高指導者による〕指 全文をよむ

2016-03-04 アフマド・ハータミー「大いなる政治の式典が後味の悪いものになってはならない」(1) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャムオンライン】テヘラン金曜礼拝導師は、「当選した者が自分たちの好みに合っていた場合、人々の政治的発展は100点だが、自分たちの好みに合った人物が落選した場合は、政治的発展は50点以下だとみなすならば、そうした議論は革命初期の偽善者たち〔※反体制組織MKOのこと〕のものと一緒だ」と述べた。       ジャーメ・ジャム・オンラインによると、テヘラン臨時金曜礼拝導師のアーヤトッラー・セイエド・アフマド・ハータミーは本日の説教の中で、第10期国会選挙および第5期最高指導者専門家会議選挙 全文をよむ

2016-03-04 アフマド・ハータミー「大いなる政治の式典が後味の悪いものになってはならない」(2) (Jam-e Jam紙)

 専門家会議選挙でケルマーンから立候補し当選したアフマド・ハータミー師は、エスファンド月7日の選挙には3400万人が参加し、投票率は62%だったことに触れ、「民主主義について話すことの多い西洋諸国では、議会選挙での国民の投票率は30%から50%程度である。しかしあなた方人民は、つねに〔政治の表〕舞台にいることを示し、彼らを驚愕させてくれた。神も喜ぶ行為である」と指摘した。      〔‥‥〕       同師はさらに、「率直に申し上げよう。外国人と彼らに欺されている国内外の者たちが知るべきは、〔 全文をよむ

2016-03-02 ロウハーニー大統領「人民の票は皆にとってのガイドブック」 (Iran紙)

 大統領は再び、第10期国会選挙および第5期最高指導者専門家会議選挙へのイラン国民の聡明なる参加に感謝の意を表した。大統領の謝意表明はエスファンド月7日〔2月26日〕の選挙以降、これで数回目となる。       ホッジャトルエスラーム・ハサン・ロウハーニーは昨日、「抵抗経済アプローチによる自動車産業」と題された国際見本市の場で、「選挙はつねに、社会に新たな魂を吹き込んで、社会の発展と福祉を加速させるためのものであったし、それは今も変わらない」と述べた。       大統領はまた、選挙のない国、人 全文をよむ

2016-03-01 レザーイー公益判別評議会書記「CIAのエージェントがイランを訪れていた」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャムオンライン】公益判別評議会書記は、「最近のことだが、イランへの影響力浸透の命を受けたCIAのエージェントの一人が、ホルダード月(5/6月)にテヘランを訪れ、〔イラン国内の〕すべての大学を視察した。この人物に関して残されている多くの証拠書類については、将来公表することになろう」と述べた。       ジャーメ・ジャム・オンラインが伝えたところによると、モフセン・レザーイー書記は本日(火曜日=3月1日)、イマーム・ホセイン防衛訓練大学で開かれた第四回「革命防衛隊国防科学・工学全国大 全文をよむ

2016-02-29 ラーリージャーニー議長演説、選挙後初の国会公開会議で(1) (Jam-e Jam紙)

国会議長は、国会選挙への人々の栄えある参加に感謝を述べ、こう発言した。      「この一斉参加により、国際舞台におけるイランの存在感が増した。」         ジャーメジャム・オンラインによれば、アリー・ラーリージャーニー国会議長は、本日(2月29日月曜日)、国会の公開会議で、議事進行開始前の演説で、エスファンド月7日(2月26日)の国会選挙に言及して、こう付け加えた。      「エスファンド月7日は、国会選挙と専門家会議選挙、そして、親愛なる人々の際立った参加により、国家にとって、様々な 全文をよむ

2016-02-29 ラーリージャーニー議長演説、選挙後初の国会公開会議で(2) (Jam-e Jam紙)

ラーリージャーニー国会議長は、さらに、こう述べた。   「とくに、一部の大国や域内の国々の陰謀は選挙戦において、[公約や見解表明として]明確にされねばならなかった。      従って、選挙への国民の一斉参加は、国際的な舞台におけるイランの存在感を増し、イランの位置づけに関する新たな認識が生じたのだ。」      ラーリージャーニー議長は、さらに、以下のように付け加えた。      「域内を覆う、安全保障の危機とこれらの国々における驚くべき混乱、そして、テロ事件に注目すると、選挙において親愛なる国 全文をよむ

2016-02-29 新・専門家会議に関するアーヤトッラー・ハータミーの見解(1) (Jam-e Jam紙)

専門家会議メンバーのアーヤトッラー・ハータミー師は、以下のように発言した。   「アーヤトッラー・ヤズディー師とアーヤトッラー・メスバーフ師という謙虚で友愛に溢れた二人のイスラーム法学者が、新期専門家会議にメンバー入りしなかったことは、遺憾である。しかし、最高指導者を強化する専門家らが組織されたのだ。」      専門家会議メンバーのアーヤトッラー・セイイェド・アフマド・ハータミー師は、ファールス通信の取材に対し、国会選挙、および専門家会議の結果に触れ、以下のように発言した。      「選挙に 全文をよむ

2016-02-29 司法権長官、改革派の一部が反革命メディアと異口同音であることを批判 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・アーモリー=ラーリージャーニーはメッセージを発出し、エスファンド月7日〔※西暦2月26日〕の選挙に人々が責任感をもってしっかりと参加してくれたことに感謝の意を表し、選挙で選ばれた者たちには人民により一層奉仕する責任があることを強調した。       ジャーメ・ジャム・オンラインによると、司法権長官のメッセージ全文は以下の通り。      慈悲深く、慈愛あまねき神の御名において      神の恩寵と、イスラーム的イランの〔政治的〕舞台への参加を欠かさぬ親愛なる人民の熱気あふれる参 全文をよむ

2016-02-26 内務省報道官、投票時間を再度延長:「投票所の門は、23時45分まで開いている」 (Jam-e Jam紙)

タスニーム通信によれば、内務省のホセインアリー・アミーリー報道官は、次のように発言した。      「投票所の門戸は、23時45分まで開いている。   投票される方は、投票所へ足を運ばれたい。そして、投票所に来た最後の一人の一票まで集票される。」      同報道官は、「開票作業はいつ始まるのか」という質問に答えて、こう説明した。      「国内の様々な状況によって、各投票所は一様ではない。条件の整ったすべての人が投票を済ませた場所もある。しかし、投票所の混雑から、まだ開票が始められない場所も 全文をよむ

2016-02-26 各州知事らから投票時間延長の要請:キャルービー師は《巡回投票箱》で投票 (Jam-e Jam紙)

ジャーメジャム・オンラインによれば、内務省のホセインアリー・アミーリー報道官は、記者会見をひらき、以下のように語った。      「大半の投票所で、とくに、テヘランの投票所では、混雑が見られる。」      同報道官は、メフディー・キャッルービー師の投票についても触れて言った。      「テヘラン州知事によれば、キャルービー氏は《巡回投票箱》を請求した。同氏は投票所に来ることができないため、《巡回投票箱》が彼のもとへ運ばれた。彼はすでに投票を済ませている。」      同報道官は、投票時間の延 全文をよむ

2016-02-24 ハーメネイー最高指導者「《急進派—中道派》のレトリックを繰り返すことは敵の目的に資する」(1) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は本日朝(水曜日)〔=2月24日〕、重要な演説を行い、その中で「中道主義」と「急進主義」という二つ語について正確な規定を行い、すべての人民、中でも国の責任者たちや政治家らに対し、二極化というミスリーディングで偽りの状況を選挙にもたらさんとする敵の謀略に注意を呼びかけた。同師はその上で、選挙は「国民がすっくと立ち上がるための舞台」であり、国の名誉と独立への国民的忠義、そして〔敵への〕抵抗を表現する機会に他ならないとし、「イスラーム的イラン 全文をよむ

2016-02-24 ハーメネイー最高指導者「《急進派—中道派》のレトリックを繰り返すことは敵の目的に資する」(2) (Jam-e Jam紙)

 同師はこの新たな謀略について、「イラン国民に悪意を抱く者たちは今回の選挙に対し、《偽りの二極化》を生みだそうとしている。そうすることで、人民の中に二つのグループが存在しているかのような印象を与えようとしているのである」と説明した。    イスラーム革命最高指導者は、選挙の本質はその他の競争と同様、熱気と歓喜、そして優劣を競い合うことにあるとした上で、「選挙におけるこの優劣の競い合いとは、国民が二極化すること、社会に二つのグループが生まれること、人々が互いに対して敵意を抱くことを意味するのではな 全文をよむ

2016-02-24 ハーメネイー最高指導者「《急進派—中道派》のレトリックを繰り返すことは敵の目的に資する」(3) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はその上で、核合意後のアメリカの計画について言及し、次のように指摘した。      アメリカは核合意後、イラン、そして地域に対する計画をすでに練っており、その実現を依然として追い求めている。なぜなら、彼らはどの国が地域における自分たちの汚らわしき目的に頑強に抵抗しているのかをよく知っているからだ。    アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、〔欧米諸国の〕「影響を受けた者たち」を活用することこそ、アメリカがイランでの計画を実現させる手法なのだとした上で、      全文をよむ

2016-02-24 ハーメネイー最高指導者「《急進派—中道派》のレトリックを繰り返すことは敵の目的に資する」(4) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は「もし敵があなたを称賛したならば、自らの行いに疑問を持ちなさい」とのイマームの言葉に注意を促した上で、「この言葉は、《革命のアジェンダ》である。それゆえ、外国からの称賛に対しては、すぐにでも〔否定的な〕スタンスを取る必要があるのであって、それを見過ごすようなことがあってはならない」と付け加えた。       同師はさらに、「これほどの広さの国を運営し、これほど偉大で勇敢な人民の諸問題を前進させるためには、敵に対する高い知識、聡明さ、そして堅い意志が必要だ」と強 全文をよむ

2016-02-24 ハーメネイー最高指導者「《急進派—中道派》のレトリックを繰り返すことは敵の目的に資する」(5) (Jam-e Jam紙)

 ハーメネイー最高指導者は、イランには中道主義など存在しないことをアメリカも認めていると指摘した上で、「イラン国民は全体として革命を支持し、革命にこだわりを持っている。もちろん、ときには過ちもあるかもしれない。しかしイラン国民の誰一人として、彼ら〔=アメリカ〕への従属を支持してはいない」と強調した。       イスラーム革命最高指導者は〔国の代表者の〕選び方が重要であることを指摘した上で、人々に向けて「この選挙であなた方がどのような選択をしようと、その結果は良し悪しに関わりなく、あなた方に帰っ 全文をよむ

2016-02-23 ヤズド州、ユダヤ教徒専用の投票箱を設置 (Jam-e Jam紙)

【ヤズド――ジャーメジャム記者】      ※本記事の原題は、「ヤズド州、4県で宗教マイノリティー専用投票箱を設置」      本記事ほか政府系ネットニュースでは、記事中の「宗教マイノリティー」が何を指すか具体的に触れておらず、写真も掲載されていないが、他の複数のサイトは、ヤズド州でユダヤ人専用投票箱[専用投票所]を設置したと伝えている。      ヤズドはゾロアスター教の中心地であるが、少数のユダヤ教徒がいる地域のひとつとしても知られる。      ジャーメジャム・オンラインによれば、ヤズド州 全文をよむ

2016-02-21 西洋への選挙への介入は何に起因するか? (Jam-e Jam紙)

【ハミード・レザー・モガッダムファル博士――政治問題修士】いつもイランで選挙が行われるたび、イギリスやアメリカは、介入や干渉を行うことに興味を示す。しかし、今回は、比較的、新しい現象に直面している。それは、同二カ国とそのメディアが、極めて率直に、その行為を隠そうとすることもなく、選挙に口出ししていることである。(中略)      「なぜ我々の敵が今度の選挙に、これほど直接的に、厚かましく、大胆な介入をしてくるのか」という問は重要である。私の考えでは、この大胆さの理由は、《ポスト・バルジャーム》[ 全文をよむ

2016-02-21 《パッシブ・ディフェンス機構》長官:「2009年の《反乱》のような事件に、我々はソフト・パワーで応酬する」 (Hamshahri紙)

《国家パッシブ・ディフェンス機構》長官は、「2009年の《反乱》[※]のような如何なる治安上の事件にも、我々はソフト・パワーで応酬する」と述べ、以下のように語った。      ※「反乱」は、2009年大統領選挙でのアフマディーネジャード当選に関して行われたともされる不正に対する、一連の抗議運動を指す。この運動を、改革派や民間運動家らは、《緑の運動》と呼ぶが、体制側は、「イスラーム共和国体制の団結を乱す反乱」という意味で、「フェトネ」(反乱)と呼ぶ。      「ソフト・パワーというのは、最高指導 全文をよむ

2016-02-19 ロシア兵士、ソレイマーニー少将との自撮りでニッコリ (Jam-e Jam紙)

最近、ソレイマーニー少将の写真がSNSにアップされた。      今では、ガーセム・ソレイマーニー少将の名を聞いたことがない人はほとんどいないだろう。海外メディアも彼のことを、特別な称号で呼ぶほどのイラン人少将であり、「イランのジェネラル」、「神に護られた男」、「中東の力強き司令官」などと称される。      最近、ロシア人兵士と撮影したソレイマーニー少将の画像が、ユーザーの間で広まった。それが本記事掲載の写真である。      ※革命防衛隊は、当初、イラクでの軍の駐留、および、「ゴドゥス部隊」 全文をよむ

2016-02-18 選挙宣伝にホメイニー師とハーメネイー師の写真使用は禁止 (Jam-e Jam紙)

テヘラン選挙区の選挙本部情報委員会は、故イマーム[ホメイニー師]と最高指導者ハーメネイー師の写真を選挙宣伝活動において使用することは禁じられていると強調した。      ジャーメジャム・オンラインによれば、テヘラン選挙区選挙本部情報委員会は通達を出し、次のように伝えた。      「テヘラン選挙区選挙本部の承認事項に基づき、選挙宣伝において故イマームと最高指導者の写真の使用を禁じることを、第5期専門家会議選挙、および、第10期国会選挙候補者らに通達する。      選挙宣伝法のすべてを遵守し、規 全文をよむ

2016-02-17 専門家会議の選挙宣伝、規定を超えて国営放送を利用してはならない (Jam-e Jam紙)

選挙監視中央委員会報道官は、専門家会議選挙候補者らの番組の放送は、現職であれ、そうでないものであれ、選挙宣伝審議委員会が定めた番組以外は、禁止である。      スィヤーマク・ラフペイク報道官は、こう述べた。      「専門家会議選挙候補者らの選挙宣伝については、次の問いが提起される。      『宣伝審議委員会が計画し、同委員会の番組の枠内で、専門家会議候補者らが、自らの宣伝を国営放送を通して行うこと以外に、他の番組で宣伝を行うことができるかどうか』      この問いは、専門家会議選挙監視 全文をよむ

2016-02-16 国会選挙、6230人に候補資格が認められる (Jam-e Jam紙)

スィヤーマク・ラフペイク報道官は、記者会見で、第10期国会議員選挙・候補志願者の資格審査の最新状況について、以下のように述べた。      「候補志願者の登録から2ヶ月にわたる審査を経て、資格審査は法的な全てのプロセスを終了した。昨夜、審査の最終プロセス、および、承認されなかった者たちの適正に関する見解発表が内務省に対して行われた。」      選挙監視中央評議会報道官は、さらにこう付け加えた。      「法的に定められた日程で、1万2000人の候補志願者の状況を、護憲評議会[監督者評議会]に 全文をよむ

2016-02-16 国会選挙、1議席を21人の候補者が争う (Jam-e Jam紙)

選挙監視中央委員会の報道官は、次のように述べた。      「(中略)立候補資格を認められた6230人を、前回の選挙、すなわち第9期国会選挙の候補志願者数と比較してみよう。前回の選挙で、立候補を志願し、資格を認められた者、認められなかった者を併せると、約5300人になる。      今回の選挙で注目すべきは、志願者数の大幅な増加であり、候補資格を認められた者たちだけで、約6200人いる。国会の議席数[290議席]を考えると、一議席をめぐって、21人の候補者が争う事になる。」      ラフペイク 全文をよむ

2016-02-16 ネット上での選挙活動、監視委員会が発足 (Jam-e Jam紙)

内務省報道官は、こう発表した。      「サイバー空間での選挙活動に対する監視のため、いくつかの機関から成る監視委員会が組織される。」      ホセインアリー・アミーリー報道官は、サイバー空間での選挙活動監視の要請が、大統領から内務相に対して出されたことに言及し、こう付け加えた。      「ロウハーニー大統領から内務相への命令に基づき、サイバー空間上で選挙の歓喜と熱狂を生じさせる許可が出され、ネガティヴ・キャンペーンやサボタージュを防ぐ措置が講じられた。   この目的を達成するため、サイバ 全文をよむ

2016-02-15 バーホナル国会副議長、国会議員の給与について答える (Jam-e Jam紙)

副国会議長は、次のように発言した。      「国会議員の受取額は、額面で420万トマーン[※]であり、そこから税金と年金が引かれる。」      ※訳注:420万トマーンは、約1400ドル。月給と思われる。なお、2012年、当時の経済財政相は、「イラン人の年収は1万3000ドルを超えた」と発表している。      モハンマド・レザー・バーホナル国会副議長は、昨夜のパーイェシュTVの番組の中でのインタビューで、「前回の選挙戦には、数十億トマーンに及ぶような多額の金をつぎ込んだのか?」という質問に 全文をよむ

2016-02-14 アーヤトッラー・ジャンナティー師選挙演説(1):「三権は、最高指導者がいなければ法的根拠をもたず」 (Jam-e Jam紙)

最高指導者選出専門家会議選挙の立候補者であるアーヤトッラ・アフマド・ジャンナティー師は、自らを故イマーム[ホメイニー師]を恋い慕う者であるとし、最高指導者なき三権は、[イスラーム法の観点から]法的根拠を欠くものと考えていると述べた。      ジャーメジャム・オンラインによれば、護憲評議会初期で第5期最高指導者選出専門家会議の候補者であるアーヤトッラー・アフマド・ジャンナティー師は、テヘラン・テレビの選挙演説のなかで、こう発言した。      「私は自らを、故イマームを恋い慕う者であるとみなして 全文をよむ

2016-02-14 アーヤトッラー・ジャンナティー師選挙演説(2):最高指導者と専門家会議メンバーの資質 (Jam-e Jam紙)

アーヤトッラー・ジャンナティー師は、さらに、次のように付け加えた。      「専門家会議メンバーは、最高指導者を選出し任命する。そのため、勇敢で公正であり、清廉であるという条件を備えていなければならない。これらは、憲法に書かれている条件[※]であり、専門家会議メンバーはこれらを体制の最高指導者についても獲得しなければならない。      [専門家会議メンバーは、]最高指導者が任命されたのちは、こうした条件が継続しているか否かを見届けなければならず、もし継続していれば、[最高指導者は]その地位に 全文をよむ

2016-02-14 アーヤトッラー・ジャンナティー師選挙演説(3):「私は30年以上の経験を積んできた」 (Jam-e Jam紙)

第5期最高指導者選出専門家会議選挙の候補者である、アーヤトッラー・ジャンナティー師は、専門家会議が、革命の主柱、すなわち最高指導者に関わる組織であることから、他のいかなる機関も、専門家会議ほどの重要性をもたないと強調して、次のように述べた。      「専門会議メンバーの在任中の職責は、まさにこれなのだ。無論、瑣末な業務も行うが、同会議メンバーの法的な職責は、最高指導者の任免と選出である。私も、同会議の成員を務めてきた。」      アーヤトッラー・ジャンナティーは、さらに、こう付け加えた。   全文をよむ

2016-02-14 アーヤトッラー・ジャンナティー師選挙演説(4):「私は革命前から、ホメイニー師を敬愛していた」 (Jam-e Jam紙)

最高指導者選出専門会議メンバーの候補者であるアーヤトッラー・ジャンナティー師は、さらに続けた。      「革命の勝利以前の時期から、私は、イマーム[ホメイニー師]を敬愛していた。イマームの精神は規範のごとくあり、また、かのお方の威厳と精神性、かのお方の教えは、いつも心にあり、私はずっとそれに頼ってきたし、この邂逅から得られたものを喜ばしく思っている。」      同師は、さらに語った。      「革命前に私は、テヘランに出てきた。イマームの御前にいた。しじゅう、イマームと行き来していた。(中 全文をよむ

2016-02-05 国会議長:「政治抗争は、人々にとって夜のパンにもならない」(1) (Jam-e Jam紙)

国会議長は、国全体の繁栄を実現させるための、政治的団結の必要性を強調して、次のように発言した。   「政治抗争は、どう考えても、人々にとっては夜のパン[を買うほどの最低限の稼ぎ]にもならない。団結に向けて努力すべきだ。」      ジャーメジャム・オンラインによれば、アリー・ラーリージャーニー国会議長は、ゴム州キャハク郡ヴァシュナヴィーイェ村の人々の集会[※]で、ファジュル[イスラーム革命の《黎明》の意]の10日間に際して、祝意を示すとともに、以下のように語った。      「偉大なるイマーム[ 全文をよむ

2016-02-05 国会議長:「政治抗争は、人々にとって夜のパンにもならない」(2) (Jam-e Jam紙)

ラーリージャーニー国会議長はこう語った。      「かつて革命の偉大なる指導者[ハーメネイー師]は、こう述べられた。   『革命の道はイマーム・ホメイニーのお言葉の中に探すべきものなのだ。故イマームが強調され示されたことのひとつは、政治、文化、防衛、経済といった全ての分野における独立であり、すべての側面においてこれが実現できたときにこそ、国家にとって望ましい状況を創りだすものとなろう。』」      ゴム選出の国会議員であるラーリージャーニー氏は、さらに以下のように発言した。      「真の 全文をよむ

2016-02-05 国会議長:「政治抗争は、人々にとって夜のパンにもならない」(3) (Jam-e Jam紙)

ラーリージャーニ国会議長は、こう語った。      「《革命の勝利から37年を経て、果たして我らは正しき道を歩んできたのだろうか?》という問いに対して、次のように答えるべきであろう。」      「政治に関しては、イスラーム共和国は、完全に独立を保っている数少ない国家である。東洋にも西洋にも依存していない。この精神は、国の隅々のあらゆる地位に就くトップらにも行き渡っている。(中略)」      ラーリージャーニー国会議長はさらに、つづけて言った。      「一方、イランは、文化については、非常 全文をよむ

2016-02-05 国会議長:「政治抗争は、人々にとって夜のパンにもならない」(4) (Jam-e Jam紙)

ラーリージャーニー国会議長は、さらに、こう語った。      「一方、イスラーム革命の敵どもは、イスラーム文化に[悪しき]影響を与えるためにあらゆる手段を講じてきた。しかし、幸いなことに、こうしたやり口にも関わらず、若者たちの世代は、イスラーム文化に通じ、預言者の一族の叡智を敬愛するよう育てられてきた。」      また、国会同議長は、次のように付け加えた。      「従って、イスラーム革命によって、預言者一族の叡智が人々に浸透するよう多大な尽力がなされ、そのためにイランは、文化的独立性という 全文をよむ

2016-02-02 ジャヴァーニー博士「次期国会は、イスラーム革命と同レベルでなければならない」(1) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】ジャヴァーニー博士[※]は強調する。   「革命主義者たちは、革命的運動を継続することで、理想と目的を実現する。」      さらにジャヴァーニー博士は、以下のように述べる。      「いかなる革命も損傷と逸脱にさらされる。革命が進行していく過程で、亀裂が生じるのだ。ゆえに、最も大きな難問や恐れというのは、社会の大きな変動によるものであり、とくに革命とは、その舵取りをし方向性を定め続けることが最も重要である。      イスラーム革命が進行してきたプロセスにおける 全文をよむ

2016-02-02 ジャヴァーニー博士「次期国会は、イスラーム革命と同レベルでなければならない」(2) (Jam-e Jam紙)

国会選挙が近づいているのを受けて、ジャヴァーニー博士は、次のように見解を述べた。      「革命の目的を追求し続けることのできる人物、イラン・イスラーム共和国の名誉にふさわしい国会が成立するよう尽力できる人物をこそ、《革命的》であるとみなすことができるのだ。」      ジャヴァーニー博士は、この問題に関する短いインタビューの中で、革命から長い年月を経てなお《革命的であることの諸特性》についての我々の質問に答えて、以下のように語った。      ――(記者質問)「イラン・イスラーム革命から30 全文をよむ

2016-02-02 ジャヴァーニー博士「次期国会は、イスラーム革命と同レベルでなければならない」(3) (Jam-e Jam紙)

「もし我々が、《革命的》であることと、《反革命的》であることについての指標を明らかにしようとするなら、イマーム[ホメイニ師]の諸々の理想を受け入れ、イマームをイスラーム共和国の指導者として、また、創始者として信じている者たちこそが、《革命的》であるという指標を備えていると言えるであろう。(後略)」      ――(記者質問)国会選挙が近づいていますが、候補者は、これらの《革命的な》特質のうち、いずれの特質を特に念頭に置かなければならないのでしょうか。      「革命後の時代において、国会が話題 全文をよむ

2016-02-02 ジャヴァーニー博士「次期国会は、イスラーム革命と同レベルでなければならない」(4) (Jam-e Jam紙)

「《革命的な》国会とは、人々に選ばれた国会議員ひとりひとりが、革命の原理と基礎、そして、その理想に対して忠実であり、《国民の家》[国会]において、この理想を実現すべく尽力するような国会である。」      ――(記者質問)どのような人物が、革命の理想を実現できるのでしょうか。      「国会へ足を踏み入れようとするものは、イスラーム的文明の創造というトピックを信じていなければならない。アメリカのような執念深い敵を己の真の敵とし、国家の敵どもの抑圧体制と対峙しなければならない。    国会に参加 全文をよむ

2016-02-02 ジャヴァーニー博士「次期国会は、イスラーム革命と同レベルでなければならない」 (5) (Jam-e Jam紙)

さらに、ジャヴァーニー博士[※]は、こう語った。      「候補者らは、イスラエルを、叩きつぶさねばならない世界の癌腫瘍とみなすべきだし、イランでは、政治、経済、社会、文化の領域において、イスラームと神の教令に従って行動すべきであると信じていなければならないのだ。」      「また、候補者らは、人々の物質的・精神的要請や日々の暮らしに必要なものを満たすためにはどうしたらよいかという視点を、人々が[やがて受けるであろう]最期の審判に対しても持っていなければならない。人々の[死後の]天国と地獄も 全文をよむ

2016-02-02 ジャヴァーニー博士「次期国会は、イスラーム革命と同レベルでなければならない」(6) (Jam-e Jam紙)

また、ジャヴァーニー博士は、以下のように続けた。      「今日の人類の問題は、各国政府が、人々の現世的な要請のみを考えていることである。しかし、イスラーム体制にあっては、現世的要請と来世的要請の双方を考えねばならないのである。」      「国会は立法府であり、国会運営における役割を果たすのだから、もしイスラーム革命と同じ[精神性の]レベルで革命と同じ方向を目指そうとするのであれば、必要なのは、人々がより良い候補者らを選ぶことができるよう、また、人々に選ばれた国会が革命[の理想や精神]を前に 全文をよむ

2016-01-26 専門家会議、立候補資格の審議結果発表(1):「373人中、144人の立候補が認められる」 (Hamshahri紙)

選挙監視中央委員会の報道官は、専門家会議立候補志願者の45パーセントが候補資格を認められたと発表し、こう述べた。      「373人の候補資格が審議され、このうち、207人が不認定、144人が候補資格を認められた。」      ISNAは次のように報道している。      同委員会報道官のスィヤーマク・ラフペイクは、こう発言した。   「自身の候補資格について不服のあるものは、3日の間に、護憲評議会に不服申し立てを行う余地が与えられる。その後、ふたたび審議がなされ、資格認定者が増える可能性もあ 全文をよむ

2016-01-26 専門家会議、立候補資格の審議結果発表(2): ハサン・ホメイニーは不認定、ラフサンジャーニーは認定 (Hamshahri紙)

アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニー師事務所のメンバーは、体制公益判別評議会議長でもある同師の候補資格の認定が、本日午前に発表されたことを伝えた。      専門家会議の現メンバーで情報相のホッジャトルエスラーム・アラヴィー師は、自身の候補資格が認められたと述べた。      さらに、[故ホメイニー師の孫]セイイェド・ハサン・ホメイニー氏の子息であるセイイェド・アフマド・ホメイニー氏は、自身のインスタグラム(Instagram)のページの中で、こう書いている。      「護憲評議会 全文をよむ

2016-01-21 革命最高指導者、「健全な競争」の必要条件について強調―選挙関係者との面会で(1) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨朝、第10期国会選挙と第5期専門家会議選挙の関係者らと面会し、その中で「選挙における健全な競争」を保証する〔選挙戦における〕マナーや諸要素について詳述した上で、「全国規模で開かれる力のこもった選挙戦」の実施で名誉ある勝利を収めるのは、イラン国民とイスラーム共和国に他ならないとした。同師はまた、包括的共同作業計画(核合意)の履行に関して重要な点を複数指摘し、当局者らに向けて「アメリカはかつてのアメリカそのものである。核交渉で得られた結 全文をよむ

2016-01-21 革命最高指導者、「健全な競争」の必要条件について強調―選挙関係者との面会で(2) (Jam-e Jam紙)

選挙関係者は法律に従う必要がある       同師は選挙における健全な競争の二つ目の条件として、思慮と洞察力をともなった人民の参加と、善良なる人々の選出を挙げ、次のように付け加えた。      責任ある地位に就いた後に、自身を国に降りかかる困難への盾とすることができ、国民への奉仕や公的利益のために自己を滅却することのできるような人物、国を敵に売ることなく、〔大国への〕遠慮から国益を踏みにじるようなことのない人物を選ばなければならない。    イスラーム革命最高指導者は再度、「体制に対して問題を抱 全文をよむ

2016-01-21 革命最高指導者、「健全な競争」の必要条件について強調―選挙関係者との面会で(3) (Jam-e Jam紙)

サウジアラビア大使館への襲撃はきわめて酷い事件       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、一部の軽率な言動へと世論を煽る行為について触れ、次のように述べた。      四六時中「急進派」の語を繰り返すような人が、一部にいる。彼らが〔「急進派」の語で〕意図しているのは、敬虔でヒズブッラーな〔=イスラーム革命の理念に忠実な〕人たちのことだが、しかしながら革命的でヒズブッラーな若者たちを急進主義的だとして非難するべきではない。なぜなら、こうした若者たちこそ、まったき純真さとともに、全存在をかけ 全文をよむ

2016-01-21 革命最高指導者、「健全な競争」の必要条件について強調―選挙関係者との面会で(4) (Jam-e Jam紙)

包括的共同作業計画の結果はアメリカの好意によるものではない       イスラーム革命最高指導者は演説の第二部を、包括的共同作業計画をめぐる重要な点についての議論に充てた。       同師は大統領や外務大臣、その他の核交渉チームのメンバーたちの苦労に感謝の意を示し、「もちろん、イスラーム共和国の要求すべてが叶えられたわけではないが、責任者たちはこの問題で真摯に骨を折ってくれた。神も報いてくれるだろう」と付け加えた。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、包括的共同作業計画のあの程度の 全文をよむ

2016-01-21 革命最高指導者、「健全な競争」の必要条件について強調―選挙関係者との面会で(5) (Jam-e Jam紙)

全員がアメリカの真の目的に気付かなければならない       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、アメリカは「巨大な偶像」であり、その他の強圧的な西洋諸国は抑圧体制の端に陣取る偶像たちに他ならないとの見方を示し、〔‥‥〕イラン国民の進歩に向けた一般運動を止めさせ、地域や世界にイスラーム共和国の影響力が日増しに浸透しつつある流れに終止符を打つことが、核問題で圧力を強めた抑圧陣営の主な目的だったと指摘し、次のように続けた。      彼らはこの目的を達成させることで、〔世界の〕諸国民に対し、宗教に基 全文をよむ

2016-01-20 政治犯罪法案の総則、国会で可決(1) (Mardomsalari紙)

 国会議員らは政治犯罪法案の総則を可決した。       イラン学生通信(ISNA)によると、国会は出席した議員194名中、賛成120票、反対21票、棄権8票で、政治犯罪法案総則を可決した。〔※数が合わないことから、出席した議員の数は149名の間違いであると思われる〕       この総則の審議の過程で、総則に対する反対議員としてメフルダード・ラーフーティー、キャマーロッディーン・ピールモアッゼン、ナーデル・ガーズィープールが、賛成議員としてイーラジ・ナディーミー、モフセン・アリーマルダーニー、 全文をよむ

2016-01-20 政治犯罪法案の総則、国会で可決(2) (Mardomsalari紙)

第3条:以下の犯罪行為を監督、参加、幇助、および開始する行為は、政治犯罪とは見なされない。      A:ハッド刑〔※コーランやハディースに規定のある身体刑〕、キサース刑〔※同害報復刑〕、およびディーヤ〔※身体的損害に対する賠償金〕が相応であるような犯罪行為。      B:国内外の当局者に対して暗殺を企てること。      P:略取、誘拐、および人の自由を違法に奪う行為。      T:爆弾爆破行為や、それを脅迫する行為、ハイジャック、ならびに海上での海賊行為。      TH:金品の窃盗・略 全文をよむ

2016-01-20 政治犯罪法案の総則、国会で可決(3) (Mardomsalari紙)

第4条:政治犯罪の捜査方法や陪審に関する規則は、一般・革命裁判所による刑事裁判に関する規則に準ずる。      第5条:容疑が政治犯罪であるかどうかを判断するのは、それに関する調査書類が提出された検察ないし裁判所が行う。被告人は検察における審理のあらゆる段階において、また裁判所での裁判の第一回公判終了までに、自らの容疑が政治犯罪であるということに対して異議を申し立てることができる。審理を行っている責任者が、司法命令の中で、この件について意見を述べる。この司法命令の発出方法およびそれへの抗議は、一 全文をよむ

2016-01-18 テレビで見る国会議員 (Jam-e Jam紙)

 イラン国営放送は、イスラーム議会(国会)における審議内容を明示するために今年上半期900時間を越える番組を国会議員らに割り当てている。       本紙番組部によると、イラン国営放送の広報内容には次のように記載されている。イラン国営放送協会は「国民のメディア」たるべく、国権についての正確な情報伝達を使命として、また、他の協会や機関とともに国の高邁な目標を推進させるよう絶えず努力する。       これに関して収集された情報に基づけば、協会の番組製作領域の活動は、「イラン国営放送の番組におけるイ 全文をよむ

2016-01-10 最高指導者「体制や指導部を受け入れようとしない者を含むすべて者が選挙に参加すべき」(1) (Mardomsalari紙)

 イスラーム革命最高指導者は、何千人ものゴム市民との熱気に溢れた面会の中で、この街の市民が1356年デイ月19日(1978/1/9)〔※〕に起こした歴史的な蜂起を称賛し、さらに「革命の永続」の理由・要因について詳説した上で、「すべての人々による、高い意識に支えられた〔政治等への〕参加があれば、革命の永続も、国民の平和と安定も、また敵の陰謀に対する勝利も可能となるだろう」と強調した。      ※訳注:西暦1978年1月9日は、イラクに亡命中のホメイニーを中傷する論説が新聞に掲載されたことに怒った 全文をよむ

2016-01-10 最高指導者「体制や指導部を受け入れようとしない者を含むすべて者が選挙に参加すべき」(2) (Mardomsalari紙)

 革命最高指導者は、抑圧的な国々に従属し、それらの支援を受けた独裁体制下でイスラーム革命が勝利を収めるなどということは、物質主義的な説明からは不可能であるとし、次のように指摘した。      この勝利はこの世における神のスンナ(伝統・法則)、すなわち法の存在を示すものである。物質主義的な人間には、それを理解することなどできないだろう。    同師はさらに、次のように強調した。      現在、イラン・イスラーム共和国体制はアメリカやシオニスト体制、抑圧諸国の手先ども、タクフィール主義分子、そして 全文をよむ

2016-01-10 最高指導者「体制や指導部を受け入れようとしない者を含むすべて者が選挙に参加すべき」(3) (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイーはその上で、次のように強調した。      若者らがこの事実について正しい認識に至るならば、国民の心に恐怖と絶望の種子を植え付けようとする一部の者の試みが成功を収めることはもはやないだろうし、国が将来たどるべき正しい道も〔自ずと〕明らかとなるだろう。    同師はまた、フランス革命やロシア革命の道が逸脱し、革命そのものが消滅してしまったことに言及し、「イラン・イスラーム革命は当初の原則や理想に基づいて、自らの持続性を保つことに成功した唯一の革命なのだ」と指摘した。  全文をよむ

2016-01-10 最高指導者「体制や指導部を受け入れようとしない者を含むすべて者が選挙に参加すべき」(4) (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイーはさらに、次のように述べた。      今アメリカは、核協議の後はイランに対して厳しく接するなどと言っている。あたかも、それより前はイランに対して厳しく接してこなかったかのような言い草だ。しかし若者や国民、そして〔国の〕責任者たちは、明敏で高い意識をもち、希望と神への信頼を胸に抱き、そして国の強みを信じながら、敵と対峙していくだろう。そしてこれは、きわめて重要なことなのである。    イスラーム革命最高指導者は演説の別の箇所で、選挙とは国に新たな息吹を与えるものだと 全文をよむ

2016-01-10 最高指導者「体制や指導部を受け入れようとしない者を含むすべて者が選挙に参加すべき」(5) (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイーは国内外の問題に対して、国会がきわめて大きなステータスを有しているとした上で、「国会は様々な点、特に法案を可決させたり、政府の行動に指針を与えたり、〔欧米諸国に対する〕国民の抵抗を具現化したりといった点で、比類なき重要性を有している」と指摘した。       同師は、国際問題に対して現国会が示している姿勢は「良好」であるとした上で、次のように付け加えた。      核問題やその他の問題で、敵に抵抗する姿勢を示し、勇敢さと自主独立の精神をもって、国民の言論と立場を表明 全文をよむ

2016-01-10 最高指導者「体制や指導部を受け入れようとしない者を含むすべて者が選挙に参加すべき」(6) (Mardomsalari紙)

 同師は専門家会議の候補者を選ぶにあたっては、よくよく注意することが必要だと強調した上で、次のように付け加えた。      専門家会議の議員の構成がどのようになるかに応じて、〔新たな最高指導者を選ぶ〕必要が生まれた際、神を信頼し、勇敢で、敵に立ち向かうような人物、イマーム〔・ホメイニー〕の道を継続させるような人物が指導者として選ばれることもありうるし、それとは異なった特徴の人物が指導者に選ばれる可能性もある。それゆえ、〔専門家会議選挙に立候補した人物のことを〕よく調べ、よく知り、注意を払い、納得 全文をよむ

2015-12-22 専門家会議選挙—ラフサンジャーニーもきた、ロウハーニーもきた (Mardomsalari紙)

第5期専門家会議選挙、これまでに350名が立候補       最高指導者専門家会議選挙ならびに国会選挙の立候補者の登録が続いているが、昨日はこれまでとは様相を異にする一日だった。昨日、第11期政権の長〔=ロウハーニー大統領〕と公益判別評議会議長〔=ラフサンジャーニー師〕の二人が、最高指導者専門家会議に立候補するために、内務省を訪れたのだ。       「深慮と希望の政府」を主宰するロウハーニー師は第5回最高指導者専門家会議選挙の立候補手続きの視察後、自らの名前を同選挙の立候補者リストに書き加え、 全文をよむ

2015-10-16 ジャンナティー「包括的共同作業計画に関する審議は終了/相手側が約束を反故にすることのないよう注意すべき」(1) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】テヘラン臨時金曜礼拝導師は、イランで行われてきた包括的共同作業計画(BARJAM/JCPOA)の各段階に関する審議は遂に終わりを迎えたと指摘した上で、「我々は相手側が約束を反故にする者たちであって、自らの結んだ約束や協定に忠実ではないということに注意を払うべきである。我々はJCPOAの履行にあたり、5+1〔国連安保理常任理事国5ヵ国とドイツ〕が何をするのか、注視する必要がある」と述べた。       ジャーメ・ジャム・オンラインがファールス通信の報道として伝えたと 全文をよむ

2015-10-16 ジャンナティー「包括的共同作業計画に関する審議は終了/相手側が約束を反故にすることのないよう注意すべき」(2) (Jam-e Jam紙)

 護憲評議会の書記を務めるジャンナティー師はさらに、次のように強調した。      私はJCPOA調査特別委員会にも感謝の意を表したい。同委員会の委員らはJCPOAの各側面について検討する過程で、多くの骨を折ってくれた。彼らの苦労が実を結んだのかどうかは、小生には関わりのないことだが、しかしJCPOA調査特別委員会の委員らの苦労はわれわれにとって感謝に値するものである。   ※訳注:JCPOA調査特別委員会はJCPOAに批判的な保守強硬派の議員らが多くを占め、JCPOAに否定的な内容の報告書を提 全文をよむ

2015-10-16 ジャンナティー「包括的共同作業計画に関する審議は終了/相手側が約束を反故にすることのないよう注意すべき」(3) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ジャンナティーは、核合意が有するキャパシティ(可能性)をわれわれに有利なように最大限活用すべきだと指摘した上で、次のように指摘した。      各メディアはJCPOAについてしっかりとした広報をしてくれた。JCPOAをめぐる問題はすでに終わったものと理解し、公共の場でそれを議論の対象にしない方がよいと、私は考える。善だったのか悪だったのか、良かったのか悪かったのか、いずれにせよ、もう終わったものだと考えるべきであり、核合意の内容から自らの権利を探る〔ことに全力を傾ける〕べきだ。 全文をよむ

2015-10-13 ハーメネイー最高指導者「イラン国営放送は《ソフトな戦争》に対抗するための前線基地」(1) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム紙2面】イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日〔2015年10月12日〕朝、国営メディアの責任者たちやイラン国営放送監督評議会の委員らと面会し、その中で「覇権体制〔=欧米諸国〕がイスラーム共和国に対して仕掛けている、綿密に計画された大規模かつ全面的なソフトな戦争」の諸目的について説明をし、この複雑怪奇なる戦争の最大の目的は「人々の価値観の変容」であるとした。同師はまた、この重大な戦いで国営メディアが果たすべき固有の役割について強調した上で、国営メディア 全文をよむ

2015-10-13 ハーメネイー最高指導者「イラン国営放送は《ソフトな戦争》に対抗するための前線基地」(2) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者はさらに、「ハードな戦争は通常、人々の感情を沸き立たせ、国民的団結・連帯を生み出す。ところがソフトな戦争は〔敵に〕対抗しようとするモチベーションを失わせ、〔国内の〕対立を惹起させる元となる」と指摘した。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、ハードな戦争と比較して、ソフトな戦争がはるかに懸念されるべき危険性を持つことを指摘した上で、次のように述べた。      ソフトな戦争はイランに限ったことではない。ただイランについて言えば、よく練られ、計算されたこのソフト 全文をよむ

2015-10-13 ハーメネイー最高指導者「イラン国営放送は《ソフトな戦争》に対抗するための前線基地」(3) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はさらに、「彼ら〔=敵〕は人々に影響を及ぼし、彼ら、特に若者たちやエリートらが抱く、さまざまな領域での価値観を変化させようとしている。こうした価値観には、人々の信仰、宗教、政治、および文化の面での価値観が含まれている」と述べ、次のように続けた。      我が人民は、宗教や家族、「男と女」の問題、〔国の〕独立、外国人との向かい合い方、イスラーム的民主主義、その他さまざまな文化的諸問題に関して一定の価値観を有している。相手側はこれらの価値観に手を加え、あるいは変化 全文をよむ

2015-10-13 ハーメネイー最高指導者「イラン国営放送は《ソフトな戦争》に対抗するための前線基地」(4) (Jam-e Jam紙)

欧米に対する非現実的な見方を創り出すこともソフトな戦争の目的の一つ       イスラーム革命最高指導者は、若者たちの間に世界、特に欧米に対して非現実的な見方を創り出し、欧米が先進的で安楽かつ安全で、困難から解放された国であるかのような印象を彼らに描かせることも、ソフトな戦争のもう一つの目的であるとした上で、演説のこの箇所の結論として、次のように述べた。      〔敵によって〕計画されたソフトな戦争の主要かつ最終的な目的は、人々、特に若者たちの価値観を変化させ、彼らの信仰を弱化させることで、イ 全文をよむ

2015-10-13 ハーメネイー最高指導者「イラン国営放送は《ソフトな戦争》に対抗するための前線基地」(5) (Jam-e Jam紙)

イランとアメリカの影響下にある国々とを比較することが必要       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、〔現代世界が抱える〕さまざまな問題や流血の内戦、そして近年世界で起きた一部の革命が旧体制へと後戻りしている現状に触れ、次のように述べた。      イランの今日の状況ならびに目を見張るべき国の進歩をよりよく理解するためには、歴史的なアメリカ独立宣言から約40年が経った時の同国の状況や、フランス大革命から40年が経ったときの同国の状況と、イランの現状とを比較することが必要だ。    イラン国営 全文をよむ

2015-09-30 ソレイマーニー司令官の記念切手、お披露目される (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】イスラーム革命防衛隊ゴドゥス部隊のハージ・ガーセム・ソレイマーニー少将の記念切手がケルマーンでお披露目された。         ※訳注:ジャーメ・ジャム・オンラインの記事には何も書かれていないが、元記事であるイラン国営通信の報道によると、ソレイマーニー司令官はケルマーン州ラーボル県出身で、イラン・イラク戦争では「ケルマーン・サーロッラー41師団」の若き司令官として活躍した。この記念切手の制作は、「殉教者・献身者問題財団」「聖なる防衛価値観保護・普及財団」およびケル 全文をよむ

2015-07-02 国軍陸上部隊司令官「イスラーム教徒の戦士は古代ローマの剣闘士にあらず」 (Mardomsalari紙)

 国軍陸上部隊の司令官は、〔同隊の傘下にあり、主に同隊の兵員・物資の輸送に携わっている〕陸上部隊航空隊の重要性について、「国軍陸上部隊と同航空隊は国境防衛を見事に果たしており、〔イラン・イラク〕戦争でサッダーム・フセインの軍隊に最初の、そして最後の一撃を喰らわせたのも、まさにこの陸上部隊航空隊であった」と述べた。       ニュースサイト「ミーザーン」の報道によると、アフマド・レザー・プールダスターン国軍司令官(准将)は「陸上部隊航空隊と国民の一致団結セレモニー」のなかで、      イスラー 全文をよむ

2015-06-17 イラン国民、「聖なる防衛」の殉教者たちに対し後世に語り継がれる別れを告げる(1) (Jam-e Jam紙)

 バハーレスターン広場は昨日、イランが殉教者たちの理想を忠実に守っていることを示す象徴の場となった。殉教者270名のご遺体の葬送の儀式が、「聖なる防衛」〔※イラン・イラク戦争のこと〕の勇士たちの記憶を再び呼び起こしたのだ。現在のダーイシュ一派の精神的父祖たち〔=イラク・バアス党関係者たち〕が革命的イランを支配せんとする幼稚な考えを現実のものとさせぬよう、バアス主義者という敵に立ち向かった勇士たちの記憶を。       「強要された戦争」〔※イラン・イラク戦争のこと〕の終結から27年がたった今日で 全文をよむ

2015-06-17 イラン国民、「聖なる防衛」の殉教者たちに対し後世に語り継がれる別れを告げる(2) (Jam-e Jam紙)

人民の意義深き参加       この式典で、革命防衛隊の元総司令官で公益判別評議会の書記を務めるモフセン・レザーイー氏は、新たに発見された殉教者たちのご遺体がイスラームの故国に帰還したことに対して、人民が見せている歓迎ぶりに触れ、「今日、我々は国際的な場において、団結と革命的憤激の念を示す必要に迫られている。そのような中、人民が〔葬送の儀式に〕かようなまでに参加したことは極めて意義深い」と述べた。       同氏はその上で、次のように付け加えた。      今日、ダーイシュはバグダードまで35 全文をよむ

2015-06-17 イラン国民、「聖なる防衛」の殉教者たちに対し後世に語り継がれる別れを告げる(3) (Jam-e Jam紙)

レザーイー元革命防衛隊総司令官、核交渉団に勧告       レザーイー氏はバハーレスターン広場に集まった参加者らからあがった「アメリカに死を」のシュプレヒコールに応じる形で、次のように述べた。      テーブルの向こう側で彼ら〔=5+1諸国、特にアメリカ〕と向き合って座っている我らが核交渉団は、この声をよく聞くべきだ。そしてこの声は真剣で現実のものであるということ、イスラーム的イランの独立と名誉のためなら血の最後の一滴まで捧げることも厭わぬ若者たちの、心の奥底から湧きあがった声であるということ 全文をよむ

2015-06-17 イラン国民、「聖なる防衛」の殉教者たちに対し後世に語り継がれる別れを告げる(4) (Jam-e Jam紙)

ガージャール朝ならびにパフラヴィー朝の外交が復活するようなことはない       同氏はさらに、次のように指摘した。      「聖なる防衛」のすべての戦士たちに代わって宣言する、われわれの高潔さを悪用することなど、誰にもできない、と。もし将来、イラン国民の怒りが沸点に達するようなことになれば、お前たちは歴史的な後悔を味わうことになるだろう。〔かつてイラン・イラク〕戦争で味わったように、だ。      イラン国民のメッセージ、それはわれわれがガージャール朝時代やパフラヴィー朝時代をこの国で再び繰 全文をよむ

2015-06-17 イラン国民、「聖なる防衛」の殉教者たち270名を盛大に見送る (Jam-e Jam紙)

【マルドムサーラーリー15面】新たに発見された殉教者270名のご遺体の葬送の儀式が、バハーレスターン広場ならびに周辺の通りで行われた。儀式には、武官・文官を問わず、〔多数の〕国の関係者たちや、殉教者たちを育んできた多くのテヘラン市民らが参加した。       ニュースサイト「エンテハーブ」が伝えたところによると、新たに発見された殉教者270名のご遺体を送る儀式が、殉教者を育んできた多くのテヘラン市民らが参加する中、バハーレスターン広場とその周辺の通りで行われた。葬儀に参加した人たちはバハーレスタ 全文をよむ

2015-06-16 国軍陸上部隊司令官「今日我々はアメリカの新たな脅威に直面している」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】イラン・イスラーム共和国軍陸上部隊の司令官は、「今日我々はアメリカの新たな脅威に直面しているが、軍の力強さと最高指導者の指導をもってすれば、彼らの陰謀は間違いなくすべて水泡に帰すであろう」と語った。       アフマドレザー・プールダスターン司令官は、シューシュタル特殊部隊第45旅団所属の殉教者120名の記念式典で、「イスラーム的イランの今日の栄誉、力強さ、そして独立は、殉教者らの流した血のおかげである」と述べ、さらに「殉教者たちは我々の宗教文化の中で高い地位を 全文をよむ

2015-06-15 ジャアファリー少将「ソフト・パワーの脅威を無力化する」(1) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命防衛隊総司令官は、以下のように語った。「我々は軍備を最新に保つことに加えて、ソフト・パワーの脅威を予測し、予防し、また排除せねばならない。これは防衛隊に寄せられる期待でもある。」       セパフ・ニュースの報道によれば、ジャアファリー・モハンマドアリー司令官は今日(3月20日、西暦6月10日)、防衛隊総司令本部にて催された革命防衛隊に在職するイスラーム法学者たちの全体集会で、故ホメイニー師ならびにイラン革命とイラン・イラク戦争、イスラーム抵抗戦線における殉教者たちについて回想 全文をよむ

2015-06-15 ジャアファリー少将「ソフト・パワーの脅威を無力化する」(2) (Jam-e Jam紙)

 ジャアファリー少将は、「これまでの任務への慣習は、最新化されず、今日の若い世代のニーズとも一致せず、同様に訓練モデルの変化もなく、つまり前に進む者の行動を妨げる障害となっている。」と述べた。       彼は、「イスラーム革命は、その動きが進展するにつれ、日増しにより明白な本質を手に入れるようになった。つまりイスラーム革命の防衛に関する精神・信仰面における今日の防衛隊の使命は、かつてより厳しいものとなっている。」と説明した。       イスラーム革命防衛隊総司令官は、ジハードがさまざまな側面 全文をよむ

2015-06-09 司法権報道官、バガーイー逮捕を発表(1) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム紙1-2面】司法権報道官による昨日の記者会見は、ニュースが盛りだくさんの会見だった。モフセニー=エジェイー師が記者団を前に、前行政担当副大統領のハミード・バガーイーの逮捕を発表したのである。       ゴラームホセイン・モフセニー=エジェイー師はこのニュースについて説明する中で、「前行政担当副大統領のバガーイー氏の容疑を担当している予審判事が、同氏を召喚し、逮捕の決定を言い渡した」と述べた。       同師はさらに、「彼はある容疑を抱えていた。そのために、予審判事は本日、彼 全文をよむ

2015-06-09 司法権報道官、バガーイー逮捕を発表(2) (Jam-e Jam紙)

治安上の容疑により数名のソーシャル・ネットワーク活動家らが逮捕       司法権報道官はまた、ソーシャル・ネットワーク上での活動に起因した治安上の容疑で、数名が逮捕されたことを発表した。       モフセニー=エジェイー師はこのことに関して、「過去数ヶ月間、ソーシャル・ネットワーク上で違法な呼びかけを行い、反治安的な行動をしていた数名の者が特定され、逮捕された」と述べた。       同師は「これまでに、これらの者たちには反革命的・反治安的動機があったことが明らかとなっている」と述べた上で、 全文をよむ

2015-05-24 ラーリージャーニー国会議長「核問題解決のためにあらゆる外交手段を駆使する」 (Jam-e Jam紙)

 国会議長は、イスラム共和国が険しい峠を通過できた鍵を献身と忍耐であるとし、「核問題解決のためにあらゆる外交手段を駆使する」と発言した。       アリー・ラーリージャーニー国会議長は、今日(日曜日)ホルダード月3日(5月24日)に、ホラムシャフル[訳注:イラン南西に位置する、イラン・イラク戦争の激戦地の1つで当初イラク軍に占領されていたが、後にイラン軍が奪回した]解放を記念した国会の戦傷者表彰式において、シャアバーン月(イスラム暦8月、西暦2015年5月20日~6月17日)の祝日の祝賀のこと 全文をよむ

2015-05-14 若者の失業はアメリカよりも危険 (Mardomsalari紙)

 ハシュトルード選出の国会議員は、      アメリカはムスリムにとって第一級の敵であり、大悪魔だ、それは歴史も証明していることである、と言うとしても、またムスリムを殺し、二つの聖地を奪い取ったユダヤ家〔※ママ。「サウード家」の間違いと思われる〕、彼らの政策のせいで毎日のようにムスリム間の分断が惹起されているのが目撃されるユダヤ家〔※同上〕は、〔ムスリムにとって〕もう一つの敵であると見なさなければならない、と言うとしても、われわれには彼らよりも危険な敵がいる。それはすなわち、若者の失業である。  全文をよむ

2015-05-09 国会:米国が恫喝をやめるまで核協議を停止するための法案を緊急提出 (Jam-e Jam紙)

 国会安全保障外交委員会のジャヴァード・キャリーミー・ゴッドゥースィー議員は、米国が恫喝をやめるまで協議を停止するための第三緊急度[訳注:最高の緊急度にあたる。緊急度請求された法案は、第一から段階的に法案提出時に請求した緊急度まで採決が行われる。第三緊急度が認められた場合、直ちに本会での法案審議に入ることになる。]の法案を作成していると語った。       ジョン・ケリー米国務長官とジョー・バイデン米副大統領は、わが国に対する恫喝に関するここ最近の意見表明の中で、またも「軍事オプション」について 全文をよむ

2015-04-26 メスバーフ=ヤズディー師 「私は党首ではない」――原理主義三派代表会合にて (Jam-e Jam紙)

[闘う]聖職者協会のゴラームレザー・メスバーヒー=モガッダム報道官は、メフル通信とのインタビューで、アーヤトッラー・ヤズディー師[ゴム神学校講師協会会長]、モヴァッヘディー・ケルマーニー師[闘う聖職者協会事務局長]、メスバーフ=ヤズディー師による三者会合について、同協会事務局長の言葉を引用して詳細を述べた。      「この会合は、ゴム講師神学校協会において行われた。お越し下さった、メズバーフ=ヤズディー師は、こう質問された。   『なぜ私が招かれたのか?選挙のためにアプローチしてきたのは、常に 全文をよむ

2015-04-23 フーゼスターン州テロ事件、実行犯らが逮捕 (Jam-e Jam紙)

フーゼスターン州情報局の 「時のイマームの無名戦士たち」〔情報省の職員を指す〕による諜報活動によって、ハミーディーイェ県の治安維持軍関係者暗殺事件[※1]の実行犯らが特定され逮捕された。      ※1:3月30日未明にハミーディーイェ県の[イラン歴]新年用の駐屯地で何者か(複数名)が銃を乱射し、軍関係者3人が死亡したと報じられた。      フーゼスターン州情報局広報によれば、このテログループは、シオニスト体制とアラブ諸国の某国家から資金援助および全面的な支援を得て、今回のような犯罪テロ行為に 全文をよむ

2015-04-22 国会選挙に向けての三方合意 (Jam-e Jam紙)

【Fararu通信】改革派の政治家モハンマド=レザー・ターベシュ氏は、改革派と穏健派、中道原理派が最終的には国会選挙のために合意に達すると強調し、有効、かつ、理にかなった[機能を果たす]国会となることを希望すると述べた。      同氏は、同時にこう述べた。      「改革派と原理派の書面上での[正式な]連立は、ほぼあり得ないと思われる。」 全文をよむ

2015-04-22 イランに入国のイスラエル記者、スパイではなかった (Jam-e Jam紙)

パレスチナ占領地で活動する新聞記者のイラン渡航に対する様々な反応を受けて、国会の国家安全保障外交委員会のメンバーであるモハンマド=サーレフ・ジョウカール氏は、イランに渡航したシオニスト体制[イスラエル]の記者はスパイではなかったと述べ、次のように発言した。      「こうした事態が繰り返されぬよう、イスラエルで出生した者の入国を防ぐことを我々は求める。」 全文をよむ

2015-04-21 《ヴェラーヤットに従う者たち党》、結成か? (Jam-e Jam紙)

【2面:ファールス通信】アリー・ラーリージャーニー[国会議長]による政党結成を報じるニュースが流れる中、昨日、内務省のホセインアリー・アミーリー報道官は、《ヴェラーヤットに従う者たち党》の結成について質問されると、こう答えた。      「これまでのところ、《ヴェラーヤットに従う者たち党》結成の申請は、内務省には出されてない。」 全文をよむ

2015-04-20 永続戦線との団結の条件 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム:2面】《イマームと最高指導者の路線を支持する戦線》スポークスマンのキャマーロッディーン・サッジャーディーは、ANA(イスラーム自由大学通信)とのインタビューでこう強調した。      「もし革命永続戦線が《二協会》[※1]に従わないなら、他の原理派とは道を分かつことになるだろうし、そうした形では当選は少なくなり勝利するのは難しいだろう。」      ※1:〔保守派の宗教組織である〕《闘う宗教指導者協会》と《ゴム神学校講師協会》の二つの協会を指す。      サッジャーディー氏は 全文をよむ

2015-04-19 ジャハーンギーリー第一副大統領、反政権派の選挙運動を批判 (Jam-e Jam紙)

【2面記事】エスハーグ・ジャハーンギーリー第一副大統領は、《建設の奉仕者党》中央評議会の会合で、国会選挙の重要性に関連して、こう述べた。      「もし、良い[※好ましい勢力バランスの]国会が編成されないなら、政権が為そうとしていることは、完遂されないだろう。」      ISNAによれば、同副大統領は、《穏健な》国会を目指さなければならないと強調し、さらにこう発言した。      「反政権派は、穏健勢力が国会議員選挙への立候補に従わぬようにしている。」[※1]      ※訳注1:ペルシア語 全文をよむ

2015-04-18 《イマームと最高指導者の路線を支持する戦線》、「穏健改革派との連立はない、絶対に!」 (Jam-e Jam紙)

モハンマドレザー・バーホナルは《イマームと最高指導者の路線を支持する戦線》の事務局長モハンマド・レザー・バーホナルは、エスファハーン州で開かれた[イラン暦で]今年初めての会合で、原理派各派の団結のプロセスについて、こう語った。      「アーヤトッラー・メスバーフ=ヤズディー師のような者たちとの活動のための[※1]、《イマームと最高指導者の路線を支持する戦線》の行動原理は、《二協会》[※2]の見解に委ねられている。我々は、この問題については、二協会の決定に完全に従うつもりだ。」      ※訳 全文をよむ

2015-02-19 ハーメネイー最高指導者、国が抱える二つの経済問題を指摘(1) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、東アゼルバイジャン州の人民各層数千名と面会し、今年のバフマン月22日〔2月11日の革命記念日〕のパレードに偉大なるイラン国民が大挙して参加したことに、大いなる感謝の意を示した上で、重要な演説の中で、国が直面する経済状況とその諸問題の解決策、特に抵抗経済政策の実施の必要性を指摘した。同師はまた、アメリカが新たな条件を付けながら〔イランを〕脅し、さらにヨーロッパが新たな制裁を行使したことに触れ、「イラン国民は強い意志をもっていること 全文をよむ

2015-02-19 ハーメネイー最高指導者、国が抱える二つの経済問題を指摘(2) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者はその上で、「それゆえ、国の経済的諸条件および諸問題を分析するにあたって、敵であるアメリカやアメリカに追随するヨーロッパ数ヵ国の企てを無視してはならないのである」と強調した。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は悪意をもつ者たちの企てに対しては、敵の打撃に影響されない、ないしはあまり影響を受けないようにすることが肝要だと強調した上で、「抑圧陣営による執拗で大規模な企てに加えて、国の経済は《石油に依存していること》と《国営的であること》という二つの大きな問題に、 全文をよむ

2015-02-19 ハーメネイー最高指導者、国が抱える二つの経済問題を指摘(3) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は国家予算の石油収入への依存を断ち切る方法として、製造業や商業に対する課税によって得られる収入に依拠するという方法を強調した上で、「税金を払うことを回避している一部の大資本家たちは、罪を犯している。なぜなら、国をこれまで以上に石油収入に依存させ、さらなる問題発生の素地を作っているからだ」と述べた。       同師は、税金の問題はきわめて重要であり、税金を払うことは一つの宗教的義務だとした上で、「税務当局は製造業や商業から得られる税収確保に向けて、すばらしい計画 全文をよむ

2015-02-19 ハーメネイー最高指導者、国が抱える二つの経済問題を指摘(4) (Jam-e Jam紙)

■ 制裁問題では、われわれは敵に立ち向かうことができる       イスラーム革命最高指導者はさらに真剣な努力を続け、国民の能力から助力を得ることの必要性を強調した上で、「われわれは制裁問題では、敵が起こす騒動や政策に対して立ち向かい、彼らの目的を失敗に終わらせることができる」と付け加えた。       同師はさらに、「もし経済の領域で必要な対策を講じず、今以上の真剣な努力をしなければ、敵は核問題で新たな条件を突きつけ、『もし受け入れなければ、制裁を科すぞ!』と脅してくるようになるだろう」と述べ 全文をよむ

2015-02-04 アフマディーネジャード、次期選挙に参戦へ (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】イラン国内のアナリストの多くが、アフマディーネジャードは政治の舞台に戻ってくると考えているが、彼の次なる計画について正確に知る人はごくわずかだ。       米紙ワシントンポストはリポートの中で、次のように記している。      マフムード・アフマディーネジャードが2013年に大統領の任期を終えた後、政治の舞台から姿を消すと予想したのはごく少数だったが、実際にはそのようになった。今、彼は綿密な計画によって、復帰を果そうとしている。彼はその手始めに、自分のウェブサイ 全文をよむ

2015-01-31 アフマド・ジャンナティー「一日一回しか食事ができない時代が来るかもしれない」 (Mardomsalari紙)

 〔‥‥〕イラン学生通信(ISNA)によると、テヘラン臨時金曜礼拝導師のアーヤトッラー・アフマド・ジャンナティーはテヘランでの金曜礼拝の説教で、政府責任者らは〔ハーメネイー最高指導者が提唱する〕抵抗経済政策に従う必要があると強調した上で、「最高指導者は、抵抗経済こそ、経済問題を解決し、経済制裁を打破して、〔外国からの〕圧力をはねのける方法なのだと言っている」と述べた。       テヘラン臨時金曜礼拝導師は続けて、イランとアメリカ両政府による二国間交渉について言及し、「彼ら〔=政府関係者〕がアメ 全文をよむ

2015-01-08 ハーメネイー最高指導者「制裁解除のために理想を犠牲にしたりはしない」(1) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日朝、熱烈なゴム市民数千人と対面し、革命の真実を歪曲し、1356年デイ月19日(西暦1978年1月9日)〔※1〕や1388年デイ月9日(西暦2009年12月30日)〔※2〕の出来事を忘却させようとする外国人の企てに対抗することが必要だとし、「イラン国民に対する抑圧諸国の敵意が終わりを見せることはない。国の責任者たちは内なる力に依拠することで、制裁という武器を信頼の置けない敵の手から取り上げねばならない〔‥‥〕」と付け加えた。     全文をよむ

2015-01-08 ハーメネイー最高指導者「制裁解除のために理想を犠牲にしたりはしない」(2) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命指導者は、ゴムで起きた1356年デイ月19日の出来事の歴史的重要性に再度触れ、「デイ月19日は国内における民衆運動の起点となった。それは、イラン国民を偶像崇拝体制〔※パフラヴィー体制のこと〕との闘争の舞台に引き入れ、ついには圧制をこの国から排除するきっかけとなった日なのである〔‥‥〕」と述べた。      終わることのないアメリカの憎悪と敵意       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はまた、「イラン国民とイスラーム革命に対するアメリカの終わりのない憎悪と敵意の理由は、革命の勝 全文をよむ

2015-01-08 ハーメネイー最高指導者「制裁解除のために理想を犠牲にしたりはしない」(3) (Jam-e Jam紙)

理想の完全な実現までの道のりは長い       閣下は、世界の覇権陣営が今日イラン国民に対してかけてくる圧力は、彼らの尽きることのない敵意に起因するのだとの見方を示し、      社会正義やイスラーム的倫理といった理想の完全な実現までは、いまだ長い道のりが待っていることは事実だが、しかし〔理想実現に対する〕イラン国民の挫折について指摘する一部の者たちの軽率かつ誤った議論とは反対に、この国民は理想への道を歩むことで、これまでに数々の偉大なる成功を収めてきたのである。〔‥‥〕    イスラーム革命指 全文をよむ

2015-01-08 ハッダードアーデル「核の権利と遠心分離器の数を守ることは国の独立を守ること」(上) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】国会の会派「原理派」の会頭であるハッダードアーデル氏は、国の独立は57年〔西暦1979年。イスラーム革命が勝利を収めた年〕にのみ関わるものではないと述べたうえで、「核に関する権利と遠心分離器の数を守ることも、国の独立に沿うものである」と言明した。       国会原理派の会頭であるゴラームアリー・ハッダードアーデル氏は本日(木曜日)の朝、テヘランのモサッラー〔※断食明けの礼拝が行われる広場〕にある集会ホールで開かれた原理派団結大会の席上で、「〔‥‥〕革命とは57年 全文をよむ

2015-01-08 ハッダードアーデル「核の権利と遠心分離器の数を守ることは国の独立を守ること」(下) (Jam-e Jam紙)

 ハッダードアーデル氏は、第2の考え方、すなわち第1の考え方に相対する考え方について説明を行い、次のように述べた。      この考え方によれば、革命はすでに完了した瞬間的なプロセスなどではなく、持続的なプロセス、あるいは哲学を有したものである。そして「独立、自由、イスラーム共和国」のスローガン〔※〕こそ、その具体的姿なのである。   ※訳注:原文には「革命、自由、イスラーム共和国」とあったが、「革命」(enqelab)ではなく「独立」(esteqlal)の誤植と判断した。       ハッダー 全文をよむ

2015-01-05 ロウハーニー大統領「重大問題は国民投票に諮られるべき」(1) (Iran紙)

 大統領は恒常的で持続性のある、雇用創出的な成長を成し遂げ、自国経済〔の発展〕と世界各国との経済関係強化に依拠した強力な経済を創り上げることが、経済発展には必要だと強調した上で、      地域情勢や世界情勢は、三権をはじめとする国内のすべての機関に対し、互いにより一層団結するよう命じている。あらゆる困難にもかかわらず、団結を維持し、国民が〔公的な〕領域に〔積極的に〕参加し、手に手を取り合うならば、あらゆる困難も克服可能だと私は信じている。私は未来に希望を抱いている。    と述べた。      全文をよむ

2015-01-05 ロウハーニー大統領「重大問題は国民投票に諮られるべき」(2) (Iran紙)

 「穏健政権」を主宰する同師は、第11期政権発足時に同政権が直面した最大の問題として、専門家らの意見が活用されない状況にあったことを指摘し、「最大の問題は、有識者や大学関係者、起業家らの経験や知識が活用されていなかったことにあった〔‥‥〕」と述べた。      〔‥‥〕       大統領はその上で、「第11期政権が最初に決めたのは、特に経済分野で何かしらをする場合は、識者と相談するということ、彼らの意見を活用するということであった。多様な意見がぶつかり合う状況は、いつもよい結果をもたらすという 全文をよむ

2015-01-05 ロウハーニー大統領「重大問題は国民投票に諮られるべき」(3) (Iran紙)

■ いかなる組織も税金を払うべき       大統領はまた、経済活動を行うすべての者から税金を徴収することが必要だと強調し、「経済活動に従事しておきながら、税金を払わないような組織が国内に存在してはならない〔‥‥〕」と述べた。      ※訳注:ここでロウハーニー大統領が念頭に置いているのは、近年大規模公共事業をはじめとして、大がかりな経済活動を展開している革命防衛隊のことと思われる。       ロウハーニー師はその上で、      本政権は国民の利益を確保するためならば、いかなる人物ないし組 全文をよむ

2015-01-05 ロウハーニー大統領「重大問題は国民投票に諮られるべき」(4) (Iran紙)

 大統領はまた、次のように指摘した。      インフレを抑制した上で、われわれは今年二期連続で、昨年比で4%以上の成長を成し遂げた。これは非常に期待の持てる数字だ。多くの困難があったにもかかわらず、インフレ率が20%よりもはるかに低い数字に抑える形で、今年〔2014年3月21日~2015年3月20日〕を終えることになるだろう。また、過去数十年間で前代未聞だった2年連続のマイナス成長を経て、プラス成長を記録することができるだろう。    ロウハーニー大統領はさらに、      インフレを受け入れ 全文をよむ

2015-01-04 憲法90条委員会の委員達が集団辞職 (Hamshahri紙)

 憲法90条委員会[憲法第90条に従い、三権の執行を調査するための委員会として設置され、議会に関係する事案を扱いかつ議会に権限を付与する]の報道官を務めるホセイン・アーズィーン議員は、先週、同委員会の委員の大半が国会運営委員会に集団で辞表を提出したと報告した。        ホセイン・アーズィーン氏はイラン学生通信(ISNA)の取材に対し、次のように述べた。「予算統合委員会[臨時委員会の一つ、他の臨時委員会と連携しながら一般会計予算と開発計画の原則と規定を案出するために設置された]再編のための国 全文をよむ

2014-12-27 「『人々の道』紙・編集長の素顔」【各紙朝刊のぞき見】(1) (Jam-e Jam紙)

~あなたは新聞にいくら払ってる? そんなにいくつも新聞を買える?そもそも読む時間なんてある?でも、他の新聞には何が書いてあるのか、きっと知りたいんじゃないかな?そんなあなたに代わって、我らがジャーメジャムは、毎朝、各紙をリサーチし、もっとも興味深い記事をよりすぐり、【各紙朝刊のぞき見】をまとめているんです!~      ケイハーン紙はこう報じている。      クルアーンに定められたキサース刑[同害報復刑]に背いた罪で発行停止となった新聞の編集長が、新たな新聞を創刊する。モハンマド・グーチャーニ 全文をよむ

2014-12-27 「『人々の道』紙・編集長の素顔」【各紙朝刊のぞき見】(2) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】ニークアーハング・コウサルは、ハムシャフリーやネシャート、アスレ・アーザーデガーン、経済ニュース、ソブヘ・エムルーズ、アーフターベ・エムルーズ[・・・]などの新聞に作品を掲載していた風刺漫画家で、現在は海外在住だが、長いあいだ、グーチャーニーと協力関係にあった。数年前に自身の回想の中で、(『人々の道』紙・現発行責任者の)アフマド・サッターリーに触れ、こう書いていた。      あなた方のほとんどが、アフマド・Sの名を聞いたことがないだろう。彼は、《将校》と呼ばれ、多 全文をよむ

2014-12-07 ハッダーデ・アーデル氏は、テヘラン大学でのアーザル月16日式典で提起した: なぜイスラーム共和国は米国と妥協しないのか (Jam-e Jam紙)

ハッダーデ・アーデル氏は、テヘラン大学で開催されたアーザル月16日式典において「今回の大学生の集まりで提起する問題は、なぜイランが米国と妥協しないのかということである。いくつかの新聞の社説を検討すれば、新聞は米国を歓迎しているということがわかるだろう。」と述べた。      国会議員のゴラームアリー・ハッダーデ・アーデル氏は、テヘラン大学文学部のバスィージの大学生の尽力で開催されたアーザル月16日記念式典に出席し、「まず、この[イラクの]カルバラ-巡礼に我が国の人々が大勢で敬意を表しながら向かう 全文をよむ

2014-12-06 国軍総司令官:軍に政治的介入の意図なし (Jam-e Jam紙)

イラン・イスラーム共和国軍総司令官アターオッラー・サーレヒー少将は、「軍は外交的・政治的介入の意図を全く持ち合わせておらず、われわれの任務を外交・交渉に関連付ける〔解釈〕にたいへん驚いている」と述べた。      アターオッラー・サーレヒー少将は、今日土曜朝、ブーシェフルにおける海軍四計画の開始式にて、海軍の日毎の努力をねぎらい、以下のように述べた。「ブーシェフル訪問を心から待ち望んでいた。全軍司令官(イスラーム共和国最高指導者ハーメネイー師)も殊の外喜ばれていることをイスラーム共和国で戦略上重 全文をよむ

2014-10-27 立法・司法両長官「勧善禁悪の原則に疑いを差し挟むことは何人にも不可能」(上) (Iran紙)

 「勧善禁悪」(善を命じ悪を禁ずる)が、立法・司法の両長官が昨日行った演説での共通テーマであった。       アリー・ラーリージャーニー国会議長が「善を命じ悪を禁ずる者たちを保護する法案」に対する政治的対応を批判し、この宗教的義務には「些末で娯楽的な側面」はないと指摘する一方で、アーヤトッラー・サーデグ・アーモリー=ラーリージャーニー司法権長官は「勧善禁悪は、我々の宗教における神聖なる宗教的義務にして明瞭なる命題であって、何人もこれを疑ってはならない」と強調した。       司法権長官は「法 全文をよむ

2014-10-27 立法・司法両長官「勧善禁悪の原則に疑いを差し挟むことは何人にも不可能」(下) (Iran紙)

国会議長、「勧善法案」に批判の声を上げる者たちに反論       国会議長も昨日の演説の中で、「善を命ずる者たちを保護する法案」の策定に向けて第8および第9議会の議員たちが努力してきたことに言及し、この法案に反対する雰囲気づくりを行い、それを一部の国内問題と関連付けるような言動は正しいものとは言えないとの見方を示した。       同氏はまた、この法案では〔勧善禁悪のための〕実際の行為は政府に委ねられており、一般の国民は口頭で〔勧善禁悪をする〕義務を負うだけであって、実際の行動を起こす義務はない 全文をよむ

2014-10-14 ハーメネイー最高指導者「シーア/スンナが互いに神聖視するものへの侮辱は紛争の元」(上) (Mardomsalari紙)

 イスラーム革命最高指導者はガディール・フンムの祝日にて、数千名からなる各層の人々と面会し、その中でガディール・フンムの出来事が有する根本的な意味として、「信徒らの長〔=アリー〕がイマーム〔=指導者〕の地位に任じられたこと」と「イスラームが政治と統治に対して〔格別の〕関心を払っていること〔を示したこと〕」の二つを挙げた。      ※訳注:ガディール・ホンムとは、メッカとメディナの間にある泉(ガディール)の名で、預言者ムハンマドがいとこのアリーを、イスラーム共同体を率いる自らの後継者として任命し 全文をよむ

2014-10-14 ハーメネイー最高指導者「シーア/スンナが互いに神聖視するものへの侮辱は紛争の元」(下) (Mardomsalari紙)

 革命最高指導者はこうした観点から、イスラームの各宗派、特にシーア派とスンナ派の間に対立を惹起させようとする抑圧者たちの基本的政策について検討を行い、次のように指摘した。「ムスリム間で対立が生じれば、当然、彼らの努力や力、意志は内部の諍いに使用されることになり、自らの本来の巨大なる敵への注意がおろそかになる。これこそ、植民地主義や抑圧諸国が目論んでいる狙いに他ならないのだ」。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、「イスラーム共和国が示す、人を導く魅力的な思想」に対抗することが、抑圧諸 全文をよむ

2014-09-25 モタッハリー議員「ハータミー師は、最高指導者への見舞いを許されなかった」(1) (Mardomsalari紙)

テヘラン選出国会議員のアリー・モタッハリー[※1]は、セイエド=モハンマド・ハータミ―師[元・大統領]が最高指導者に見舞状を送ったことを評価し、次のように述べた。      ハータミー師が直に最高指導者のお見舞い[※2]に参上するのが好ましかったが、これは許されなかった。   ※訳注1:アリー・モタッハリーは、故アーヤトッラー・モルテザー・モタッハリーの息子で、アリー・ラーリージャーニー現国会議長の義兄弟。原理派国会議員で反・改革派として知られていた。近年は、「国会議員選挙で、改革派の並み居る有 全文をよむ

2014-09-25 モタッハリー議員「ハータミー師は、最高指導者への見舞いを許されなかった」(2) (Mardomsalari紙)

さらにモタッハリー氏は、「国民的融和」に関するターベシュ議員〔※4〕の提案についての質問に答えて、次のように発言した。      同氏の発言の根本は好ましく、国にとって必要なものだ。なぜなら、近年、齟齬や誤解が生じており、これは取り除かれるべきであるし、神の思召しにより、国民的融和と国民的団結が実現されることが望まれる。   テヘラン選出国会議員のモタッハリー氏は、ハータミー師による最高指導者への見舞状についても次のように述べた。      この行動は基本的には好ましいことであった。もっと言えば 全文をよむ

2014-09-23 闘う聖職者協会は、原理主義各派との連帯に努める (Jam-e Jam紙)

闘う聖職者協会のスポークスマンは、同協会の最近の会合での承認事項を説明し、次のように述べた。      この会合で、選挙対策委員会として《政治委員会》の設立が承認され、2つの小委員会から成る同委員会が、次回選挙に関連した活動の政策決定ととりまとめを行うことになった。    イラン国営通信の報道によれば、同協会報道官のゴラームレザー・メスバーヒー=モガッダム師は引続いて、こう述べた。      小委員会の一つは、[イラン暦の]来年(※西暦2016年3月)実施される最高指導者専門家会議の選挙対策を検 全文をよむ

2014-08-21 国会、科学技術相を罷免 (Jam-e Jam紙)

 国会議員らは昨日、5時間にわたって問責会議を開き、その結果、セイエド・レザー・ファラジーダーナー科学技術相への信任を取り下げた。直後にモハンマド・アリー・ナジャフィー氏が大統領によって同相代行に任命された。ファラジーダーナー罷免につながった議員らの要求に対して、〔ロウハーニー政権は〕どれだけ実行力を伴う形で答えていくのか、今後を見守らねばならない。       科学技術相に対する問責案は主に、・奨学金問題、・学長のパフォーマンスを評価するために派遣された政治的グループに対する批判、・一部の人事 全文をよむ

2014-08-13 国会運営委員会、科学技術相に対する問責案を受理:ロウハーニー政権で初 (Jam-e Jam紙)

 ついに政府批判派の国会議員たちによる執拗な要求によって、レザー・ファラジーダーナー科学技術相に対する問責案の受理が、昨日の国会公開会議で発表された。       同案は科学技術相と批判議員との間の対立が解消される可能性を探るべく、アリー・ラーリージャーニー国会議長の仲裁と、問責案に署名をした議員たちの同意によって、1ヵ月間留保されていた。しかし問責案に署名をしていた議員らが、自分たちの要求は実現されなかったと表明したことを受けて、ついに昨日、51議員の署名をもって、同案は〔国会運営委員会によっ 全文をよむ

2014-08-12 科学技術相の問責案をめぐって、国会・大学関係者から同相を擁護する声(上) (Iran紙)

【エブラーヒーム・ベヘシュティー】国会少数派の「革命永続戦線」がレザー・ファラジーダーナー科学技術相の問責を執拗に求めていることを受け、同相のこれまでのパフォーマンスを支持する声が、国会議員、大学教授、学生組織、および社会活動家たちの間から巻き起こっている。〔‥‥〕       国内の学術界・大学界はファラジーダーナー氏の合理的・科学的姿勢を指摘、大学生組織も〔ファラジーダーナー氏の科学技術相就任以降、大学内に〕大学生に相応しい政治的歓喜を伴った穏やかな雰囲気が生まれたと強調している。また、政治 全文をよむ

2014-08-12 科学技術相の問責案をめぐって、国会・大学関係者から同相を擁護する声(下) (Iran紙)

■ 国会は奨学金問題の透明性確保を要求       複数のメディアの報道や、問責案を提出した議員らの発言によれば、〔ロウハーニー政権発足後の〕科学技術省内での人材登用や大学を追放された学生の復帰、前政権で行われていた奨学金支給にまつわる大規模な不正の発表への抗議などが、彼らの〔ファラジーダーナー科学技術相に対する〕不満の中心となっているようだ。しかしこうした不満・要求は、国会の国家安全保障委員会の委員を務める人物(この人物は同時に、大学の学術委員も務めている)によれば、科学技術相のパフォーマンス 全文をよむ

2014-08-12 ロウハーニー大統領、「交渉恐怖症」を批判(上) (Jam-e Jam紙)

 大統領は、「外交政策や核交渉、世界との関わり方におけるわれわれの基礎は、国民の意志である」と強調した上で、「国民はわれわれに、外交政策では建設的な関わり合いと相互理解を世界との間で構築し、われわれの国益が少ないコストで確保・保証されるような関係を築くよう求めている」と述べた。       政府の広報サイトが伝えたところによると、各国・各国際機関に駐在するイランの大使や代表らを一堂に会して昨日開かれた会議の場でスピーチを行ったハサン・ロウハーニー大統領は、国のあらゆる責任者たちの正統性は国民の票 全文をよむ

2014-08-12 ロウハーニー大統領、「交渉恐怖症」を批判(下) (Jam-e Jam紙)

■ スローガンばかりよく唱えるが、その実、政治的臆病者が一部にいる       ロウハーニー大統領は、国内の一部にいる「交流恐怖症」には驚くばかりだと述べた上で、次のように語った。      彼らは、なぜ外国人なんかに近づくんだ、などと言う。〔‥‥〕外国人との交渉は、敗北を意味するなどと言っている御仁がいるのには、驚くほかない。では、イマーム・ホメイニーも〔ハーメネイー〕革命最高指導者も、自信をもつようあれほど口を酸っぱくして言っているのは、〔外国人に対して〕怖がるように、という意味だったのだろ 全文をよむ

2014-08-09 ロウハーニー大統領、男女の性別分離策に反対を表明 (Jam-e Jam紙)

 大統領はチャハールマハール・バフティヤーリー州への公式訪問の最終日に、訪問日程とその成果について説明する中で、今日の重要な社会問題のいくつかに言及した。       ロウハーニー大統領は、州行政評議会において、女性に対する一部の「石器時代に後戻りしたかのような」見方を批判し、同時に第11期[ロウハーニー]政権に対して起こされている喧々囂々たる騒動について分析を行った。大統領は、一部の者たちが現政権を非難しているのは、過去の腐敗を覆い隠すためにすぎないと強調した。また、国内での能力主義(メリトク 全文をよむ

2014-08-06 革命防衛隊総司令官「イスラーム革命をモデルとした『イスラーム世界バスィージ』が形成」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】革命防衛隊総司令官は「善良者の清き系譜」全国会議の席上で、「イスラーム革命をモデルとした『イスラーム世界バスィージ』が世界で生まれている。これこそ正夢となった夢である」と述べた。      ※訳注:「善良者の清き系譜」とは、「敬虔、聡明、勤勉、活動的、かつ革命的な人間を育て」、若者たちの行動に変化を起こすことを目的として、全国のモスクで行われている若者の宗教思想教育プログラムのこと。そこでは、若者を導くコーチを中心に、10〜20名の若者が車座になって、対話形式によ 全文をよむ

2014-08-02 バスィージ機構長官「アラブ諸国は臆病なイスラエル軍を恐れている」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】「抑圧者の動員」(バスィージ)機構長官は、「パレスチナからやってくる数発の単発ミサイルで麻痺してしまうような軍隊など、エジプト軍の前では間違いなく、極めて短期間のうちに殲滅してしまうだろう。ところがアラブ諸国は心理戦が原因で、臆病なイスラエル軍のことを恐れているのである」と述べた。       バスィージ機構長官のモハンマド・レザー・ナグディー司令官は本日(土曜日)、「アーザル月5日」ホールで開かれた「光の道を行く者たち〔※〕」を実施している責任者たちとの会合で、 全文をよむ

2014-07-12 ジャンナティー護憲評議会書記「ヘジャーブ問題を調査する強力な本部が必要」 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン金曜礼拝導師はヘジャーブの分野で問題が存在することに遺憾の意を表明した上で、ヘジャーブ問題を調査するための強力な本部を立ち上げるよう要請し、「完全な権限と手段をもった人物が、この問題について対策を考えることが必要だ」と述べた。       イラン国営放送報道センターが伝えたところによると、アーヤトッラー・ジャンナティーはテヘラン金曜礼拝での説教で、何年も施行されないまま、最近になって再び取り沙汰されるようになったヘジャーブ問題に関する文化革命最高評議会の議決について触れ、「この問題では 全文をよむ

2014-07-11 ジャンナティー師、国会が科学技術相への問責案を退けたことを批判 (Jam-e Jam紙)

ジャーメ・ジャム・オンライン      【ファールス通信】テヘラン金曜礼拝導師は、科学技術相への問責をめぐる流れ〔※一部の保守強硬派が科学技術相の問責案を国会運営委員会に提出していたにもかかわらず、国会運営委員会は問責を認めなかったこと〕について触れ、      国会の行ったのは、なんたる対応だろうか。彼ら〔=国会運営委員会〕は〔一ヵ月間の猶予の後、科学技術相の問責の是非を再度検討すると〕約束し、問責を求めていた議員たちもそれを信じた。私もそのようになることを望んでいる。しかし個人的には、〔この 全文をよむ

2014-07-08 ハーメネイー最高指導者「全力で政府を支持する」(1) (Iran紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は月曜日の午後、軍事部門を含む国の各機関の高官らと面会し、その中で国内外の諸問題について極めて重要な点を指摘した。同師はまた、複雑かつ多角的な企てによって、イスラーム共和国の各機関・各責任者の「判断」を混乱させることこそ、アメリカをはじめとする抑圧諸国の現下の最重要目標だと述べ、地域・世界情勢は重大な局面を迎えており、〔イランが〕現在真に歴史的な曲がり角に立たされていることに触れて、「イスラーム共和国は自らの理性的判断の根本、すなわち《 全文をよむ

2014-07-08 ハーメネイー最高指導者「全力で政府を支持する」(2) (Iran紙)

 イスラーム革命最高指導者は演説の続きで、イスラーム共和国が抑圧諸国との絶え間なき戦いを真剣に続けていることは、偶像崇拝者たちや「人間とジンの悪魔たち」との歴代の預言者たちの戦いの延長線上にあるとした上で、「悪魔たちの表面上のあらゆるきらびやかさにもかかわらず、イラン国民の神的運動は日に日に、その深さを増し、拡大を続けていくだろう」と指摘した。       同師は「軍事的脅迫」と「制裁」という敵の二つの手段が不発に終わっていることこそ、抑圧諸国がイランの当局者たちや各機関の「計算システム」を狂わ 全文をよむ

2014-07-08 ハーメネイー最高指導者「全力で政府を支持する」(3) (Iran紙)

 革命最高指導者は、あるアメリカの政府系専門家が「イランとアメリカ」の和解は可能だが、「イスラーム共和国とアメリカ」の和解は不可能だと述べたことに触れ、「実に正しい指摘だ。なぜなら、アメリカはパフラヴィー時代の従属的イランとは何の問題もなかったが、しかし『独立と信仰、不正義への抵抗、そしてイスラームの連帯』を呼びかけるイスラーム共和国とは、敵対する以外にないからだ」と指摘した。       イスラーム革命最高指導者は演説の続きで、国の責任者や幹部らに対しいくつかの重要な勧告を行った。      全文をよむ

2014-07-08 ハーメネイー最高指導者「全力で政府を支持する」(4) (Iran紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は政府への勧告も忘れなかった。抵抗経済実現のための政策を真剣に考えよ、というのが、同師の最初の勧告だった。      敬愛すべき大統領と一部の責任者たちは、多少なりとも抵抗経済政策への支持を口にしている。しかし本当に必要なのは行動である。口先では抵抗経済を支持しながら、実際の動きは遅い、というのでは困る。   〔‥‥〕       イスラーム革命最高指導者は続けて、現政権が掲げる「穏健」のスローガンについて「穏健はとてもよいスローガンであり、受け入れ可能である。 全文をよむ

2014-06-30 最高指導者「アメリカ的イスラームはイスラームの衣を纏ってシオニズムの目的に奉仕」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】革命最高指導者事務所の公報サイトを引用する形で、ジャーメ・ジャム・オンラインが伝えたところによると、聖なるラマダーン月の初日[6月29日]、〔‥‥〕ホセイニーイェ「イマーム・ホメイニー」は光り輝くクルアーン(コーラン)の香しき章句で満ち溢れた。この式典では、聖なる神の言葉の読経師たちや学者、暗唱者の一団が、イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下列席の下、クルアーンに親しむ集会を開き、合唱団がクルアーンの節を朗唱して、神を賛美した。        全文をよむ

2014-06-29 《5地域構想》をめぐる反応(1):「政府権限の各地域への移譲を視野に」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】ジャヴァード・ナーセリヤーン内務省人的資源管理開発担当次官が国内の州を5地域へまとめることを発表し、各地域への行政州の振り分けを明らかにした。しかしその後、国会議員らがこの発表に対して否定的な見解を示したのである。      ジャーメジャム紙の報道によると、国会議員らによる反対は、内務相による地域区分の発表を否定するという国会副議長の反応にまで至った。      とはいえラフマーニー・ファーズリー内相がこれ以前に行政州の区分について強調し、次のように述べたことを、地 全文をよむ

2014-06-29 《5地域構想》をめぐる反応(2):「憲法改正が必要」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】これ[《5地域構想》と行政区分改変との関わり]が、モルタザー・タマッドン前テヘラン州知事が言及し、ジャーメジャムのインタビューのなかで次のように述べたことである。      現在行われている《5地域構想》の議論は、法的基盤がないがために、何ら問題の解決にならない。というのは、我々の現行法では、国は州(オスターン)、県(シャフレレスターン)、郡(バフシュ)に基づいて区分されており、《地域(マンタゲ)》などというものには一切言及されていないからだ。   […]      全文をよむ

2014-06-23 革命防衛隊総司令官「いかなる敵もイラン国境を攻撃する度胸はない」(上) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】革命防衛隊総司令官は、「今日多くの国々が、イランは不安定な地域の中で安定を保っている孤島だとみなしているとすれば、それは8年間に及ぶ聖なる防衛戦[=イラン・イラク戦争]でも、8ヵ月間に及ぶ反乱[=2009年大統領選後の抗議運動]でも、わが国を不安定化させることを敵に許さなかったからだ」と述べた。       [革命防衛隊が運営するニュースサイトである]セパーフ・ニュースが伝えたところによると、革命防衛隊総司令官のモハンマド・アリー・ジャアファリー少将は、「聖なる防 全文をよむ

2014-06-23 革命防衛隊総司令官「いかなる敵もイラン国境を攻撃する度胸はない」(下) (Jam-e Jam紙)

 総司令官は、聖なる防衛戦がもたらした最大の成果は、世界の中でイスラーム革命を守り、その発展・拡大を継続させたことであり、それは[イラン・イラク戦争での実際の戦闘で]手にした数々の勝利とは比べものにならないと指摘した上で、      われわれの戦士たちが殉教したのは、まさにそのためだったのである。殉教者たちを戦争被害の一部として計算した者も一部にはいたが、しかしながら実際には殉教者の願いは完全にかなえられたのであり、彼はそれを自らの誉れとしている。ならば、殉教者を戦争被害としてみなす権利は、我々 全文をよむ

2014-06-11 革命防衛隊最高指導者代理「革命防衛隊系のメディアには正確さに欠ける報道も」 (Mardomsalari紙)

 革命防衛隊における最高指導者代理は、大統領は公正な批判なら支持する姿勢を示していると述べた上で、「にもかかわらず、革命防衛隊系の通信社やメディア〔※ファールス通信やジャヴァーン紙、タスニーム通信などを指す〕から伝えられる報道の中には、必要とされる正確性の欠いたものが見受けられる。必要な正確性を保つ必要がある」と指摘した。       イラン学生通信が伝えたところによると、アリー・サイーディー師は記者会見で、批判に反対している者はおらず、基本的に批判とは問題の所在を知り、それを改善していくために 全文をよむ

2014-06-07 革命最高指導者「何人も人民の選択に由来する力に抗ってはならない」(1) (Mardomsalari紙)

 25回目となるイスラーム革命創始者逝去記念日〔=6月4日〕に、イマーム・ホメイニーを愛する人々が全国から同師の光あふれる墓廟横に集まり、〔‥‥〕旅立たれた親愛なる指導者が掲げた理想との契りを再び結んだ。       最高指導者広報サイトが伝えたところによると、イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下はこの活気あふれる大群衆の前で、力に満ち、進歩の道をひた走るイスラーム共和国という現象を知ろうと、〔世界の〕諸国民が日増しにその関心と熱気を増している理由について説明した上で、「イ 全文をよむ

2014-06-07 革命最高指導者「何人も人民の選択に由来する力に抗ってはならない」(2) (Mardomsalari紙)

 イスラーム革命最高指導者はイスラーム共和国の魅力の理由についてさらに説明する中で、次のように付け加えた。      イスラーム世界の諸国民、そして若く聡明な人たちは、イラン国民が宇宙航空分野で遂げた進歩を目の当たりにしている。彼らは多くの先端技術の分野でもっとも進歩を遂げた国10ヵ国にイランが入っていること、イランが世界平均の13倍で科学的躍進を遂げていることを見ている。彼らはイラン国民が域内の政治においてもっとも影響力があり、シオニスト略奪体制に抵抗することで、虐げられし者を助け、横暴なる者 全文をよむ

2014-06-07 革命最高指導者「何人も人民の選択に由来する力に抗ってはならない」(3) (Mardomsalari紙)

 革命最高指導者は次のように強調した。      イマーム・ホメイニーの主義主張によれば、イスラーム体制の本質として、立法行為や政策立案、任免、一般的な行為、その他あらゆる事柄で、イスラーム的シャリーアには完璧な注意が払われなければならない。他方、この政治的・文明的秩序にあっては、国政はまさにシャリーアから導き出された人民主権の上で運営されるものであり、人民は直接的ないし間接的に、国のすべての官職を選ぶ存在なのである。    同師はイスラーム的シャリーアの完璧な施行こそ、次の4つの根本、すなわち 全文をよむ

2014-06-07 革命最高指導者「何人も人民の選択に由来する力に抗ってはならない」(4) (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、「アメリカは世界の国々や政治グループ、ならびに有力者らを次の3つに分類している。《アメリカの命令に従順な国》、《今のところアメリカが穏便に接している国やグループ》、そして《アメリカの命令に従わない国やグループ》の3つだ」とした上で、次のように続けた。      命令に従順な国々に対するアメリカの接し方は、「彼らへの完全かつ全面的な支援」と「彼らの行っている醜悪な行為の国際社会における正当化」である。もちろん、こうした惜しげもない支援の見返りとして、アメリカは 全文をよむ

2014-06-07 革命最高指導者「何人も人民の選択に由来する力に抗ってはならない」(5) (Mardomsalari紙)

 イスラーム革命最高指導者は、「テロ組織」を活発化させることも、アメリカに屈しようとしない国々に対するアメリカのもう一つのやり口であるとし、「イラク、アフガニスタン、一部のアラブ諸国、そして我が親愛なるイランが、アメリカによるこうした手法の主な犠牲者である」と述べた。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はアメリカがテロ組織「モナーフェギーン」(偽善者たち)〔※反体制組織モジャーヘディーネ・ハルグ(MKO)のこと〕を支援し、このテロ組織の構成員とアメリカの国家機関、特に議会とがつながって 全文をよむ

2014-06-07 テヘラン金曜礼拝導師、格差を縮める必要性を強調 (Mardomsalari紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師は、      もし罪が秘密裏に行われ、人々もそれに気がつかないのであるならば、そのことで責任を負うべき者はどこにもいない。私たちもこのことに責任はなく、また〔罪が犯されているのかどうかも分からないのに、〕それについて調査をする権限もない。ある殿方が自宅で何をしていようと、私やあなたには関係のないことだ。      しかしもし罪が公然と行われ、社会全体に影響を及ぼしている〔のに、それを見過ごす〕のなら、その場合には全員に罪がある。このことで罪を根絶するための必要な対策を 全文をよむ

2014-06-07 メスバーフ=ヤズディー、ロウハーニー大統領を激しく攻撃(上) (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・モハンマド・タギー・メスバーフ=ヤズディーは特定の標的に向けて極めて強い口調の演説を行い、イラン大統領を激しく攻撃した。       イラン学生通信がニュースサイト「エンテハーブ」の報道として伝えたところによると、同師は「イマーム・ホメイニー廟まで歩こう」会のメンバーらを前に、次のように述べた。      頭にターバンを載せ、〔国の重要な〕職責を担っている人物の中には、バッドヘジャービー(ヘジャーブの乱れ)問題をめぐる市民の集まりや、宗教・文化状況に対するウラマーたちの懸念、〔 全文をよむ

2014-06-07 メスバーフ=ヤズディー、ロウハーニー大統領を激しく攻撃(下) (Mardomsalari紙)

 同師は、こうした〔即物的な〕見方や解釈はイスラームの初期から今日に至るまで存在してきたものだとした上で、次のように指摘した。      イマーム〔・ホメイニー〕がまだパリにいた頃、尊敬に値するイスラーム的な人物であると当時は考えられていたバーザルガーン氏が憐れみの情と善意から、イマームにシャーとの対立を終わらせるよう提言したことがあった。シャーとその軍隊と対峙することはできず、もしそのようなことをすれば、状況はさらに悪化するとの考えからだった。もちろん、イマームはバーザルガーンの話を聞いた後も 全文をよむ

2014-06-07 イマーム・ホメイニー逝去記念日に政府を攻撃する怪文書、出回る (Mardomsalari紙)

 ホメイニー廟で開かれた第25回イマーム・ホメイニー逝去記念日のセレモニーの傍らで、政府とハサン・ロウハーニー大統領を批判する怪文書やパンフレットが出回った。       イラン労働通信の報道によると、この怪文書やパンフレットは、「われわれは心配している‥‥」、「われわれは何を与えたか?われわれは何を得たか?」「イマーム・ホメイニーの採点を受けるロウハーニー」「村長の非礼」などのタイトルだったという。       「われわれは心配している‥‥」と題された怪文書には、第11期政権〔=ロウハーニー政 全文をよむ

2014-06-07 マカーレム=シーラーズィー「現実を反映していない統計データは、前政権による厄災のひとつ」 (Mardomsalari紙)

 マルジャエ・タクリード(シーア派の最高権威)のアーヤトッラー・マカーレム・シーラーズィー師は、責任者らに以下のように語りかけた。      あなた方が示す統計が、現実に即したものであるよう努めてほしい。前政権による厄災の一つは、現実を反映していない統計を発表したことであり、彼ら自身もこれらの統計を時たま信じてしまっていた。そして、まさにこうしたことが、人々の信頼を損なったのである。いかなる組織であれ現実に即した統計に基づいて業務を行えば成功を収めるが、都合のよい統計を提示する機関は停滞に陥いる 全文をよむ

2014-05-26 ハーメネイー最高指導者「闘争とジハードに終わりはない」(上) (Jam-e Jam紙)

「抵抗経済、革命的・宗教的文化、そして科学の進歩こそ、第6次計画の優先事項である」      「腐敗と真に闘かうことこそ、国会の有する監督機能の主な任務の一つ」      「力にものを言わせる国々に対して妥協し屈服するための思想を理論化する者は裏切り者」      「イランの経済的、政治的問題の解決法は、国外に見出すことはできない」       イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨朝、国会議長ならびに同議員らと会見し、非人間的な抑圧諸国に対抗する唯一の方法は、抑圧戦線と 全文をよむ

2014-05-26 ハーメネイー最高指導者「闘争とジハードに終わりはない」(下) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、一部に「妥協と屈服」を理論化するために努力している者たちがいると指摘し、「力にものを言わせる列強への妥協と屈服を吹聴し、イスラーム体制を好戦的であると非難しようとする者は、実のところ裏切りの罪を犯している」と述べた。       同師はその上で、「イスラーム体制は人間的な体制、高貴で人類の尊厳に敬意を払う体制であり、平和と慈善の体制である」と続けた。       ハーメネイー最高指導者は、「経済であれ、科学、文化、政治、立法、対外交渉であれ、〔国政の〕各分野 全文をよむ

2014-05-25 革命防衛隊総司令官「革命防衛隊は人民の傍らで活動する国の守護者」 (Iran紙)

 革命防衛隊総司令官は、「革命防衛隊は人民の傍らで活動する国の守護者である」と述べた。       ファールス通信の報道によると、モハンマド・アリー・ジャアファリー司令官は第82旅団の駐屯地で開かれたガズヴィーン州革命防衛隊イマーム・ホセイン大隊の集まりの中で、国防に向けた準備は革命防衛隊の最優先事項の一つであるとした上で、「現在の革命防衛隊は好ましい状態にある。この革命的組織は国防に向けた準備を強化する姿勢で動いており、国の守護者としてあり続けるだろう」と語った。       革命防衛隊総司令 全文をよむ

2014-05-25 ロウハーニー大統領「鞭をつかって力づくで人々を天国に導くことはできない」 (Mardomsalari紙)

「異なる党派間の競争はある程度普通のことだが、しかしこうした流れが常態化すれば、それは好ましいことではない」       イラン大統領は、「人々の生活にあまり介入すべきではない。たとえそれが憐れみの情から出たものだとしても、である。彼ら自身に天国への道を選ばせよう。鞭をつかって力づくで人々を天国に導くことはできない」と述べた。      ※訳注:ロウハーニー大統領の上述の発言は、ファレル・ウィリアムスのヒットソング「ハッピー」に乗せて楽しく踊る様子を映したビデオを、インターネット上に流したイラン 全文をよむ

2014-05-24 テヘラン金曜礼拝導師:「離婚式」は社会にとって害毒 (Mardomsalari紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師は、5+1グループとの交渉ではイランの核の権利が守られなければならないと強調した上で、「国民であれ、イスラーム革命最高指導者であれ、はたまた政府であれ、イランの核の権利について断念するような者は存在しない」と述べた。       イラン国営通信によると、モハンマド・カーシャーニー師は首都テヘランで行われた金曜礼拝での説教の中で、イランと5+1グループの間で行われた最近の交渉に言及し、「政府が5+1グループに対して提起した内容、つまりイランの核の権利の維持が揺るぐようなこ 全文をよむ

2014-05-22 ハーメネイー最高指導者「抑圧諸国はイランの進歩に激怒している」(上) (Jam-e Jam紙)

 誇り高きベイトルモガッダス作戦とホッラムシャフル解放を記念するホルダード月3日〔5月24日〕の記念日を直前に控えた昨日の朝、イマーム・ホセイン大学で学んだ士官候補生の卒業式が、全軍総司令官のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下が見守る中で開かれた。       最高指導者事務所の広報サイトが伝えたところによると、イスラーム革命最高指導者は〔卒業式が行われる〕広場に入ると、まず無名の殉教者たちの墓前を訪れ、コーランの序章を朗唱して死者の霊を弔った。そして「聖なる防衛」で亡くなった殉教者たちが〔来世で 全文をよむ

2014-05-22 ハーメネイー最高指導者「抑圧諸国はイランの進歩に激怒している」(下) (Jam-e Jam紙)

■ 問題が存在するのは力強さと進歩力があるからこそ       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は〔欧米諸国がイランに突きつける〕これらの諸問題が存在する真の理由は、イスラーム体制内に存在する進歩力と堅固さ、そして日増しに高まる力強さにあるのだとした上で、      イラン国民はイスラーム革命の勝利によって、35年間、世界を支配者と被支配者に分けようとする覇権体制の憎むべき醜悪な習慣に立ち向かってきた。アメリカを筆頭とする、力にものを言わせ、弱者をゆすろうとする世界の列強が〔イランに対して〕動揺 全文をよむ

2014-05-17 テヘラン金曜礼拝導師、5閣僚に警告 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン金曜礼拝導師は文化問題には注意を怠らないことが必要だと強調した上で、「内務省、情報省、文化イスラーム指導省、科学技術省、および教育省は文化問題に対して、これまで以上に注意を向け、シャリーア上の責任感を持つべきだ」と述べた。       ファールス通信の報道によると、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのサディーギー師はテヘラン金曜礼拝での説教で、さらに次のように付け加えた。      各省庁は人を任免する際、敬虔であるかどうかを考慮に入れるべきだ。国の文化的状況に敏感でなければな 全文をよむ

2014-05-12 ハーメネイー最高指導者「外交政策におけるイニシアティブと交渉を支持する」(1) (Iran紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨朝、イスラーム革命防衛隊宇宙航空部隊の司令本部を訪れ、同部隊の成果を展示した展示会を2時間にわたって視察した。       革命最高指導者はイスラーム革命防衛隊宇宙航空部隊が獲得したさまざまな成果を視察した後、革命防衛隊および国軍の上級司令官ら、ならびに革命防衛隊宇宙航空部隊の専門家らの前で演説を行い、その中で今回の展示会の視察は極めて愉快で忘れがたいものだったと指摘、さらに「今回の展示会が教えてくれたもののなかで最も重要だったのは、イラン国民には困難な領域 全文をよむ

2014-05-12 ハーメネイー最高指導者「外交政策におけるイニシアティブと交渉を支持する」(2) (Iran紙)

 イスラーム革命最高指導者は〔欧米がイランに対して〕敵意を抱く主な理由は、イラン国民が自立し、イスラームとコーランに従っていることにあるとした上で、次のように付け加えた。      イスラームとコーランはムスリム諸国民に対し、自らの足で立ち、イスラーム的・人間的アイデンティティに依拠し、至高なる神に好感を抱き、世界的な暴君たちの圧制や略奪に屈しないよう、呼びかけている。それゆえ、イラン国民がイスラームとコーラン、そして自らの崇高な目標を貫き通すかぎり、抑圧戦線の敵意はこれからも続くであろう。   全文をよむ

2014-05-12 ハーメネイー最高指導者「外交政策におけるイニシアティブと交渉を支持する」(3) (Iran紙)

 ハージーザーデ司令官はさらに、次のように続けた。      軍は軍事部門において、〔ハーメネイー〕全軍最高総司令官の聡明なる指導を浴したことで、制裁を克服した。抵抗経済〔の推進〕を任されているその他の高官たちも、〔軍の示した〕この成功に満ちた方法を手本とすることで、敵の制裁や脅迫を克服してもらいたいと願っている。   〔‥‥〕      国防システム「ホルダード月3日」がお披露目       革命防衛隊宇宙航空部隊の展示会では、無人航空機や対艦弾道ミサイル・システム、対ミサイル防衛システム、国 全文をよむ

2014-05-11 4人目の女性県知事が任命 (Mardomsalari紙)

 内務省の消息筋は、内相によってエッザト・キャマールザーデ=アッバースィー女史が、〔ペルシア湾に浮かぶゲシュム島の〕ゲシュム県知事に任命されたことを明らかにした。       イラン国営通信の報道によると、エッザト・キャマールザーデ=アッバースィー女史は「深慮と希望の政府」で誕生した4人目の女性県知事で、県知事としての彼女への辞令は1393年オルディーベヘシュト月9日〔2014年4月29日〕に、アブドッレザー・ラフマーニー=ファズリー内相から下りたという。ただし、この辞令はこれまでのところ、メデ 全文をよむ

2014-05-10 モヴァッヘディー=ケルマーニー師、科学技術省とイスラーム指導省に警告 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン金曜礼拝導師は「文化イスラーム指導相、科学技術相、ならびに各メディアに警告する。文化や倫理の領域で、改革派政権時代〔1997〜2005年〕の堕落に回帰するようなことがあってはならない」と述べた。       ファールス通信の報道によると、アーヤトッラー・モハンマド・アリー・モヴァッヘディー=ケルマーニーは昨日のテヘラン金曜礼拝での説教で、「善を命じることは神の命令だ」とした上で、「不道徳を是とするような態度がメディアに蔓延し、政府がそれを傍観するようなことがあってはならない。国の予算で 全文をよむ

2014-05-10 アラム=アルホダー「われわれにとって問題なのは、一部のマッダーフや宗教団体らである」 (Jam-e Jam紙)

 マシュハドの金曜礼拝導師は、「ワッハーブ主義はスンナ派ではない。しかし反スンナ主義がワッハーブ主義の拡大の原因となっている。この点でわれわれが問題にすべきは、一部のマッダーフや宗教団体(ヘイアト)ら〔の振る舞い〕である」と述べた。       アーヤトッラー・セイエド・アフマド・アラム=アルホダーは、金曜礼拝事務所で開かれたマシュハド・ジャヴァードル・アエメ文化協会の会合で、「〔第9代〕イマーム・ジャヴァードは幼年期にイマームになった最初のイマームである。シーア派の信徒にとって、8歳のイマーム 全文をよむ

2014-05-07 ザリーフ外相、国会で批判的議員らの質問に回答:議員ら、一応納得(上) (Jam-e Jam紙)

 ザリーフ外相によると、外務大臣としての8ヵ月間の奉職期間中、歴代のどの外務大臣よりも、自分は国会に喚問されているという。こうしたこともあってだろうか、同外相は新たな外遊を目前に控えた昨日も、国会議員らから質問を受ける立場に追いやられた。こうした国会議員の中には、これに先立って「われわれは憂えている」と題されたシンポジウム〔※〕に参加し、外務省への不満を表明していた者たちもいた。      ※訳注:このシンポジウムはイラン核問題をめぐって5+1との間で結ばれたジュネーブ合意に異議を唱える目的で、 全文をよむ

2014-05-07 ザリーフ外相、国会で批判的議員らの質問に回答:議員ら、一応納得(下) (Jam-e Jam紙)

 外相はさらに、      ネタニヤフは注目を集めようと、イランがホロコーストを否定しており、新たなホロコーストを作ろうとしているなどと、騒ぎ立てている。しかしイランとイラン人は、少数派の避難所であってきたし、つねにあらゆる宗教に敬意を払ってきた。反ユダヤ主義やジェノサイドとは無縁だ。〔イスラエルの〕偽りに満ちたプロパガンダは、パレスチナに対する犯罪行為を覆い隠すものでしかない。シオニスト体制は、他者が自身に加えた不正義を口実にして、パレスチナ人らを抑圧しているのである。    ザリーフ外相は外 全文をよむ

2014-05-03 アラム=アルホダー師、ヴァーエズィー通信情報技術相の発言に反発 (Jam-e Jam紙)

 通信情報技術相はゴムにある「宗教質問回答センター」を視察した際、フェイスブックのコンテンツのうち、イラン国内で利用できないような〔問題のある〕内容や画像は全体の15%に過ぎず、それ以外は有益で、国内で利用可能かつ管理可能であると発言した。これに対し、マシュハドの金曜礼拝導師は強く反発し、次のように述べた。      ここ数日間、通信情報技術相はフェイスブックに対するフィルタリング解除について言及している。残念ながら、そのようなこと〔=通信情報技術相の発言として伝えられている内容〕が正しいのであ 全文をよむ

2014-05-03 メスバーフ=ヤズディー師、政府の文化政策の一部を再び批判 (Jam-e Jam紙)

 イマーム・ホメイニー教育研究所長のアーヤトッラー・モハンマド・タギー・メスバーフ=ヤズディーは、国の〔イマーム・ホメイニー〕救済委員会の責任者たちと面会する中で、「現代の我が国の若者世代は衛星放送やインターネットによって育てられており、好むと好まざるとにかかわらず、私たち自身の家の中にもこれら〔=衛星放送やインターネット〕が存在する。これら〔のもたらす悪しき影響〕を改めることのできる唯一のものこそ、宗教文化なのである」と批判した。       ニュースサイト「エンテハーブ」が伝えたところによる 全文をよむ

2014-05-03 アーヤトッラー・ジャンナティー「イスラーム指導省はイスラーム的に思考せよ」 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師は、「もし〔政府の〕責任者が間違いを犯しているのであれば、友好的かつ思いやりを持って彼らに注意を与えてやる必要がある。彼らには悪意がないので、基本的に注意を受け入れるであろう。そして、もし彼らが〔体制の維持・発展に〕奉仕しているのなら、彼らに感謝するべきだ」と強調した。       イラン国営通信の報道によると、アーヤトッラー・ジャンナティーはテヘラン金曜礼拝の説教第二部で、文化は社会にとって常に問題であるとした上で、「〔国の〕各機関は学術機関であれ、大学や〔その他の〕 全文をよむ

2014-05-03 ジャンナティー「舶来品を使用することは、自らを卑下する行為」 (Mardomsalari紙)

 今週のテヘラン臨時金曜礼拝導師は、舶来品の使用は決して名誉なことなどではなく、自らを卑下し、過小評価する行為だと述べ、「生産者は自らの製品を高品質かつ適切な価格にしなければならない。そうすることで、消費者はそれらの製品を使いたがるようになるのだ」と語った。       イラン学生通信の報道によると、アフマド・ジャンナティー師はテヘラン金曜礼拝での説教で、殉教者モタッハリーの指摘に注意を向け、「教師は被抑圧者の味方、抑圧者の敵、そして神のために戦う聖戦士の教育者となることができる。それゆえ、自ら 全文をよむ

2014-05-01 革命防衛隊総司令官「われわれが追い求めているのは革命の非保守的な防衛」 (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊総司令官は、同隊が追求しているのは、イスラーム革命の非保守的な防衛であるとした上で、「軍事・安保上の備え、特にミサイル能力の観点から言えば、われわれは極めて良好な状況にいる」と述べた。       ファールス通信の報道によると、モハンマド・アリー・ジャアファリー司令官は革命防衛隊アーシューラー隊の司令官らを集めた会議で、      革命防衛隊のアイデンティティ・存在意義は、活発でみずみずしいこと、動的であること、革命的であること、最高指導者の指導に忠実であること、そして革命の前衛性を 全文をよむ

2014-04-29 ビデオ「私がロウハーニーです」問題で司法も調査へ (Mardomsalari紙)

 ドキュメンタリー・ビデオ「私がロウハーニーです」がここ数日、大きな反響を呼んでいる。大統領への攻撃を目的としたこのドキュメンタリーについて、アリー・ラーリージャーニー国会議長が虚偽であると指摘したのに続いて、今度は司法機関がこの問題への反応を示した。司法権報道官はドキュメンタリー「私がロウハーニーです」に司法が調査を行う可能性について表明したのである。       司法権報道官は週の定例記者会見で、ビデオ「私がロウハーニーです」について、次のように述べた。      もし事実とは反する内容が広 全文をよむ

2014-04-28 国会議長、大統領を誹謗するビデオCD「私がロウハーニーです」の頒布を非難 (Mardomsalari紙)

 経済が活性化しないかぎり、そして資金の流れが金貨や外貨への投機から生産への投資に向かわないかぎり、国の経済問題は解決しない。       ラーリージャーニー国会議長は政治的な平穏こそ国の発展の基礎だと指摘した上で、「内輪もめは国民にとって何の足しにもならない」と述べた。       国会通信が伝えたところによると、アリー・ラーリージャーニー国会議長は各労働団体ならびに労働者バスィージのメンバーらとの合同会議の場で、政府は生産を支援し、経済の活性化に本腰を入れなければならないと述べた上で、次のよ 全文をよむ

2014-04-26 国会議長「政治的諍いは脇に置いて国民が直面する主要な問題に注意を向けるべき」 (Mardomsalari紙)

 ラーリージャーニー国会議長は、西洋によるイラン国民に対する制裁は色褪せてきていると強調した上で、「イランは核交渉に極めて真剣に取り組んでいる。これに関して、西洋諸国はかつての振る舞いを繰り返そうとするべきではない。なぜなら、彼らは今や、力強く聡明なるイランを相手にしているからだ」と述べた。      〔‥‥〕       アリー・ラーリージャーニー国会議長はまた、「国のすべての責任者たちは、ささいなことに拘泥するのはやめ、国民が直面している諸問題を正確に観察するべきだ。国民に寄り添い、資本家に 全文をよむ

2014-04-26 アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニー「ジハード精神を大学生の中に強化せよ」 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニーは、ジハード精神が大学生らの中に強化される必要があると強調した上で、「敵は、我が国の若者が彼らに身を委ね、自分自身を売り渡してしまうようになることを望んでいる」と述べた。       メフル通信によると、マルジャエ・タグリード(シーア派の最高権威)である同師は木曜日の夜、〔通信制大学の〕パヤーメ・ヌール大学の学長ならびに同大学の高官らと面会し、次のように語った。「使命は時代の変化にしたがって変わっていくだろう。つまり、特別な状況下では新たな使命が我々に与え 全文をよむ

2014-04-26 ナグディー司令官「バスィージは最高の準備段階にある」 (Jam-e Jam紙)

 〔革命防衛隊傘下の民兵組織である〕「抑圧者の動員」(バスィージ)機構の長官は、バスィージ抵抗部隊は現在、最高度の準備段階にあると指摘した上で、      バスィージ隊員らは準備万端であり、自分たちの後見人〔=ハーメネイー最高指導者〕のご命令に耳を傾けているところである。全軍最高総司令官〔=ハーメネイー最高指導者〕からいかなる指令が下されようとも、「エルサレムへ」大隊はそれを遂行する準備ができている。    と述べた。       イラン国営放送報道センターが伝えたところによると、大規模軍事演習 全文をよむ

2014-04-24 大統領夫人のパーティーに抗議デモ:第一副大統領「ダブルスタンダード」と批判(上) (Mardomsalari紙)

【政治部:クーロシュ・シャラフシャーヒー】〔アフマディーネジャード前大統領の側近だったマシャーイーが関わったとされる〕「3兆トマーン横領事件」があっても、「もっとも清潔な政権」との〔政権の〕主張を問題視することなく容易にやり過ごすこともあれば、「女性の日」に際して150人を集めて開かれたセレモニーで、ガン患者の救済で活躍する活動家たちに対し感謝の意が示されたことが、急進派の政権批判のネタになることもある。こうした身勝手な動きの背後に誰がいるのかは、必ずしも明確ではないが、しかしそれが何を目的とし 全文をよむ

2014-04-24 大統領夫人のパーティーに抗議デモ:第一副大統領「ダブルスタンダード」と批判(下) (Mardomsalari紙)

 ジャハーンギーリー氏はさらに、次のように続けている。      この集まりを準備したのは大統領の儀典で、ロウハーニー夫人〔‥‥〕らが参加していた。〔‥‥〕服装について訊いてみると、彼女たちはイランの各地域固有の衣装を身にまとっていたとの由。実際、イランの文化的多様性、偉大なるイランの文化的豊かさが分かるような服装だったという。      最後にさまざまな分野、中でも小児ガンに罹っている子供たちの治療に携わっている4~5名の慈善活動家の女性らに対し金貨が贈呈され、感謝の意が伝えられた。〔その他の 全文をよむ

2014-04-23 政府報道官「補助金受給の所得上限は、閣議で決定される」 (Jam-e Jam紙)

政府報道官は「試算によれば、補助金の受給辞退により1兆トマーン[約330億円] 余りが政府歳入となる見通しだ」と述べた。       [イラン国会官報]「国民の家」によれば、モハンマド・バーゲル・ノウバフト報道官は昨日[4月22日]、国会開発委員会委員らとの会議の後、ガソリン価格が未だ明らになっていないことに触れつつ、「これに関しては週末までに閣議で決定される」と述べた。       「企画・戦略監視」担当副大統領を兼務する同報道官は、[ガソリンの]割当量とエネルギー・キャリヤー価格に関する他の 全文をよむ

2014-04-22 革命防衛隊総司令官「革命防衛隊の任務は国境内に限定されない」(上) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命防衛隊総司令官は、同隊の国際・地域情勢でのプレゼンスについて触れ、「革命防衛隊の大いなる能力は、イランの力と直接的につながっている」と述べた。       メフル通信が伝えたところによると、モハンマド・アリー・ジャアファリー少将はオルディーベヘシュト月2日〔=1979年4月22日〕に革命評議会で革命防衛隊の内規が承認され、同隊が正式に設立された記念日に合わせて、記者会見を開き、質疑応答を行った。その中で同司令官は、      イスラーム革命の守護を旨とする革命防衛隊の任務は、イラ 全文をよむ

2014-04-22 革命防衛隊総司令官「革命防衛隊の任務は国境内に限定されない」(中) (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊総司令官はこの記者会見の別の箇所で、国内、特に〔クルド系の反体制運動が盛んな〕イラン北西部、ならびに〔バルーチ系の反体制運動が盛んな〕イラン南東部での治安を確立させるために、革命防衛隊が立ち上げた「殉教者シューシュタリー計画」と呼ばれる住民主体の治安計画について触れ、「この計画によって、国境地帯の治安の確立が人民勢力に託され、それによって良好な成果を挙げている。この地域の深部で、テロ活動が繰り広げられる様を目にすることは、もはやないだろう」と述べた。       ジャアファリー氏はこ 全文をよむ

2014-04-22 革命防衛隊総司令官「革命防衛隊の任務は国境内に限定されない」(下) (Jam-e Jam紙)

■ 政府には必要な注意を与えている       ジャアファリー氏は「革命防衛隊は政府に対し、抵抗経済政策実現に向けて、〔協力をする〕用意があることを表明しましたが、最近になって同隊は、政府は経済をはじめとするさまざまな分野での革命防衛隊のキャパシティーを活用していない、と表明しました。革命防衛隊と政府の関わり方に関するあなたの評価をお聞かせ下さい」との質問に答える中で、次のように述べた。      革命防衛隊と政府の協力は、治安を確立し、国民の福祉と安寧を打ち立てるという、革命防衛隊の役割遂行を 全文をよむ

2014-04-21 司法関係者、エヴィーン刑務所第350エリアで起きた事件について説明(上) (Mardomsalari紙)

司法相「エヴィーン刑務所での衝突はたいしたことはなく、1〜2名の受刑者が負傷しただけ」      【政治部:メフディー・アッバースィー】先週の終り〔=4月17日〕に、エヴィーン刑務所第350エリアで〔刑務官と受刑者の間で〕暴力事件が発生したとのニュースが、一部のニュースサイトや通信社で報じられたが、当然のことながら、刑務所の当局者らはこのニュースを即座に否定した。例えば刑務所・治安対策庁の長官は金曜日〔=4月18日〕、ある国内通信社とのインタビューで、エヴィーン刑務所第350エリアの受刑者らが刑 全文をよむ

2014-04-21 ハーメネイー最高指導者「イスラーム教徒同士の宗派対立は敵の武器」 (Jam-e Jam紙)

 二つの世界に生きた選ばれし婦人ファーテメ閣下と、彼女の力強き息子たる偉大なるイマーム・ホメイニーのめでたき生誕日〔=イスラーム太陰暦ジャマーディーヨッサーニー月20日〕を迎え、ホセイニーイェ「イマーム・ホメイニー」はファーテメの徳高き香りに包まれた。       イラン学生通信の報道によると、イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は預言者一族の事績を詠う詩人らを迎えて行われたこの面会で、〔‥‥〕ファーテメ・ザフラー閣下の人生が人類社会に示す偉大なる教えとして、「努力」と「清 全文をよむ

2014-04-21 司法関係者、エヴィーン刑務所第350エリアで起きた事件について説明(中) (Mardomsalari紙)

 この抗議集会の過程で、アリー・モタッハリー議員(テヘラン選出)もエヴィーン刑務所第350エリアの受刑者らの家族の前に姿を現し、彼らにこの件に関して調査すると述べた。       同氏はこの件に関し、ISNAに次のように述べている。「政治犯の家族らは、収監されている受刑者との電話連絡で衝突があったことが確認された、一部の受刑者が負傷し、また一部は独房に移された、と主張している」。       同氏はその上で、「これらの家族は私たちに助けを求めてきた。私たちも可能な限り彼らを助け、国会の場でこの件 全文をよむ

2014-04-21 司法関係者、エヴィーン刑務所第350エリアで起きた事件について説明(下) (Mardomsalari紙)

刑務所庁長官、国会で説明       この報道をめぐる波紋が続くなか、刑務所庁長官が昨日国会に赴き、国家安全保障委員会の委員らの前で説明を行った。       同委員会の報道官を務めるナガヴィー=ホセイニー議員は、エスマーイーリー刑務所庁長官が昨日午後の国会の会議に姿を現したことに関し、「エスマーイーリー氏は自らの説明の中で、刑務所庁による査察団が事前の計画通りに、〔事件のあったとされる〕木曜日〔=4/17〕にエヴィーン刑務所の査察を行ったと語った」と述べた。       同氏にはさらに、次のよ 全文をよむ

2014-04-15 革命防衛隊総司令官が苦言「政府は抵抗経済におけるバスィージの能力を活用すべき」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命防衛隊総司令官は「抵抗経済」に関する活動をめぐって〔革命防衛隊傘下の民兵組織である〕バスィージに謝意を示した上で、「遺憾なことに、政府は抵抗経済に関するバスィージおよび革命防衛隊の提案や施策、能力を歓迎していない。この大いなる可能性を活用するよう望む」と述べた。       イラン国営通信の報道によると、モハンマド・アリー・ジャアファリー少将は〔‥‥〕「経済」と「文化」こそ、〔敵がイランに対して仕掛けている〕「ソフトな戦争」に対して革命防衛隊ならびにバスィージが担うべき任務の二大 全文をよむ

2014-04-14 国会、≪出生率向上法案≫を第1種緊急法案に(下) (Jam-e Jam紙)

【同紙1・17面】      ■「行き過ぎた政策だ」       国会開発委員会メンバーのメフルダード・ラーフーティー議員は、《出生率向上法案》反対者の一人である。反対理由について彼はジャーメジャム紙に、「要するにこの法案は、ある人が中絶や精管切除を望んでも、それを制限することになる。人によっては病気のために、こういった手術を行うことが可能でければならないのに、である」と語る。       ラーフーティー議員は、「この法案では、こういった手術に関わる病院や個人に対し、重い罰金を科すこととしており 全文をよむ

2014-04-14 革命防衛隊総司令官「国の各機関はイスラーム的基準から乖離」 (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊総司令官は、国の各機関はイスラーム的基準から乖離していると指摘した上で、「革命最高指導者が革命防衛隊に期待しているのは、イスラーム的であるという点で、他の機関のお手本となってほしいということなのだ」と述べた。       革命防衛隊広報が伝えたところによると、モハンマド・アリー・ジャアファリー少将は第三回「医療と健康」会議の席上、革命防衛隊が成し遂げてきた傑出した成果の一つが医療や健康の分野に存在すると述べた上で、「革命防衛隊は自らの組織としての重要な使命として、あらゆる領域でモデル 全文をよむ

2014-04-14 国会、《出生率向上法案》を第1種緊急法案に(上) (Jam-e Jam紙)

■「避妊・中絶を法規制するための法案」       イランにおける出生数は減少を見せ、昨年[2013年3月~2014年3月]専門家らは度々高齢化の進行に関して警告を発してきた。今年[2014年3月下旬以降]も人口に関する議論が再燃し、昨日[4月13日]凡そ50名の国会議員らが準備を進めてきた《出生率向上法案》の第1 種緊急法案指定が可決された。      同法案の立案者らは第2種緊急法案指定の可決を期待していたものの、反対派らはこの法案が充分ではないことや、医療の側面ばかりを問題にしていると強調 全文をよむ

2014-03-21 ハーメネイー最高指導者、自国の強化の必要性を強調:新年の演説で(1) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は春の初日であり、イラン暦1393年の元旦にあたる本日(金曜日)〔2014年3月21日〕の朝、〔イラン東部の聖都マシュハドにある〕第8代イマーム・レザー廟を訪れた大勢の熱気あふれる参詣者ならびに近隣住民の前で、新年を再度祝った上で、今年の国のマクロなロードマップ、すなわち「国民的決意とジハード的マネジメントによる経済と文化」の諸側面について説明を行い、「経済の抵抗力強化」の本質と可能性、そしてそれを実現させ 全文をよむ

2014-03-21 ハーメネイー最高指導者、自国の強化の必要性を強調:新年の演説で(2) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は抵抗経済の三つ目の特長として、「この経済は国家による〔統制〕経済ではない。むしろそれは、《人民基盤型》である。もちろん、国の責任者には環境を整え、〔人々を〕導き、支援することで、人民と人民資本の〔経済活動への〕参加に向けた道を用意する義務がある」と指摘した。       革命最高指導者が抵抗経済の特長に対する人々の理解を促すために用いたもう一つの言葉が、「工業・農業関係者の経験・技能の活用と並行した、知識基盤型の経済」という言葉だった。       「抵抗経済 全文をよむ

2014-03-21 ハーメネイー最高指導者、自国の強化の必要性を強調:新年の演説で(3) (Jam-e Jam紙)

 革命最高指導者はこの箇所の演説内容のまとめを行い、経済の基礎の抵抗力強化では、すべての人民と責任者が協力し、重要な役割を互いに果たすことの必要性を強調した上で、次に文化の問題について論じはじめ、「この問題は経済よりも重要だ」と強調した。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は文化が重要である理由について説明する中で、「文化は、望むと望まざるとにかかわらず吸わなければならない空気のようなものである。それゆえ、もし〔その空気が〕清浄であるか汚染されているかすれば、社会や国にさまざまな影響を 全文をよむ

2014-03-21 ハーメネイー最高指導者、自国の強化の必要性を強調:新年の演説で(4) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は文化機関の責任者たちが担っている重大な責務・責任について説明した上で、「文化に関する私の議論でより重要な点を、自発的に、自らの意志で、全国津々浦々で文化的活動に従事し、極めて良質な仕事をしている、敬虔で革命的な若者たちに申し上げたい」と述べ、こうした若者たちに向けて次のように強調した。      親愛なる者たちよ、仕事をこれまで以上に真剣に続けてほしい。なぜならあなた方の文化的活動は革命の初めより、国の抵抗と進歩に重要な役割を果たしてきたからだ。    革命最 全文をよむ

2014-03-20 最高指導者、新年を「国民的決意とジハード的マネジメントによる経済と文化の年」と命名 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下はヒジュラ太陽暦1393年の始まり〔西暦2014年3月21日〜〕を記念して、世界中のすべての親愛なる同胞・イラン人、特に殉教者の偉大なる家族や〔革命運動やイラン・イラク戦争に自らを捧げて負傷した〕献身者、イスラームとイランのために戦った戦士たちに出したメッセージの中で、新年とノウルーズの祝辞を述べた上で、新年を「国民的決意とジハード的マネジメントによる経済と文化の年」と命名した。       アーヤトッラー 全文をよむ

2014-03-20 「政府は国民生活がより快適なものになるよう努力する」大統領、新年のメッセージで(上) (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】大統領は1393年〔2014年3月21日〜〕に際して出したメッセージの中で、「道徳が私たちの社会を覆い、過激な言動がこの国からなくなることを望みます。ムハンマド的、アリー的、ファーテメ的なイスラーム社会に、誹謗中傷や虚偽が根付いてはなりません。〔他人に〕悪態をつくような行為が、私たちの社会から永遠になくなることが必要です」と述べた。       ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのハサン・ロウハーニー大統領の元日のメッセージ全文は以下の通り。      慈 全文をよむ

2014-03-20 「政府は国民生活がより快適なものになるよう努力する」大統領、新年のメッセージで(下) (Jam-e Jam紙)

今日、イラン国民の声が世界によりよく届くようになっている      昨年、外交の分野では極めて重要な一歩が踏み出されました。この流れは今年も続くでしょう。私たちは核問題の名の下で、我が国民に対して不当に科されてきた制裁問題について、初めての前進に成功し、たとえ短期的なものであるとしても、合意を得ることができました。それによって私たちは、実際に制裁の流れを止めることができたのです。こうした流れはこれからも続きます。今年、私たちは最終合意が得られることに期待を抱いています。      外交では、世界 全文をよむ

2014-03-13 《核科学者らの解雇》、調査委員会設立へ (Jam-e Jam紙)

【同紙2面】《核科学者らの解雇》[※]に対し、国会議員団が原子力庁を訴えたことを受けて、この件についての最終的な見解をまとめるための委員会が組織された。      この決定は、6人の国会議員らが原子力庁を訴えたことを受けて、憲法90条委員会によって行われたものである。タスニーム通信によれば、アリーアクバル・サーレヒー原子力庁長官と議員らとの会合がこの決定が行われる理由となったという。なお、同長官は、原子力庁がかつての責任者らの一部を解雇したとの主張を否定した。         ※原子力庁に勤務す 全文をよむ

2014-03-13 アシュトンによる非公式面会への波紋、国民規模で続く(1) (Jam-e Jam紙)

 EU外交政策責任者のキャサリン・アシュトンが、我が国で一部の人物と非公式の面会を行ったことに対し、批判の大波が起きている。他方、これが一助となって、外国人の干渉に対する国内の団結強化がもたらされており、人民も国の責任者も、ともに国の独立防衛で声を一つにするようになっている。       この点に関し、大学生らがオーストリア大使館前で抗議集会を開き、西洋当局の無責任な振る舞いを非難する一方で、国会議長や司法権長官、そして外務大臣も西洋のダブルスタンダードな政策に遺憾の意を示している。国会議長は昨 全文をよむ

2014-03-13 アシュトンによる非公式面会への波紋、国民規模で続く(2) (Jam-e Jam紙)

 同長官はさらに、「外国人がやって来て、どこでも好きなところに行き、誰とでも会う、そんなことが許されるようなところが世界のどこにあるというのだ。国には〔外国人の侵入からイランを守る〕《防護壁》がないとでも言うのか」と述べ、外国との関係で外交上の枠組みを超えた面会は受け入れられないとの見方を示した。       アーモリー=ラーリージャーニー長官は演説の別の箇所で、文化問題にも言及し、次のように述べた。      残念なことに、神聖なるイラン・イスラーム体制ならびに同国民に対する敵の大規模なプロパ 全文をよむ

2014-03-13 アシュトンによる非公式面会への波紋、国民規模で続く(3) (Jam-e Jam紙)

 司法権長官はさらに、「指導相に言っておかねばならないのは、あなたはイスラーム共和国で息をしているのだ、この体制の憲法上の基準はすべての人に課されているのだ、ということである」と言明、さらに「文化的な事柄に対して法的な義務を遂行することは、指導省だけの仕事ではない。司法機関も自らの法的義務を遂行することになろう」と付け加えた。       司法権長官は「筆を折り、口をふさぐことは不可能だ、などと言う者が一部にいる」と指摘した上で、      当然のことだが、完全な自由というものは、世界のどこにも 全文をよむ

2014-03-13 国会議員、敵の文化的侵入阻止に向けた決意を表明 (Jam-e Jam紙)

 国会議員らは声明を発表し、・イスラーム革命の文化の保護、・敵の文化的侵入の阻止、・抵抗経済の迅速で正確かつ包括的な実現、等をはじめとする革命最高指導者の勅令を、全面的に実現させる決意と用意を表明した。       イラン国営通信の報道によると、この声明には次のようにある。「われわれは賢明でジハード的なアプローチとマネジメント、努力、そして行動によって、さまざまな障碍や困難に対処することができると信じている」。       議員らはさらに、次のように付け加えている。      革命最高指導者は、 全文をよむ

2014-03-10 文化問題に関するロウハーニー発言、波紋を呼ぶ (Jam-e Jam紙)

 プレス祭閉会式でのハサン・ロウハーニー大統領の発言が、第11期政権に批判的な一部の人々の間で波紋を呼んでいる。彼らは口々に、政府は文化をめぐる問題について、責任を回避することはできないと強調している。       まず国会の文化委員会の委員を務めるアリー・ホセイニー議員が昨日、文化をめぐる大統領発言を批判し、次のように述べた。      大統領は、文化をめぐる問題は政府の管轄ではないなどと表明した。こうした発言は、政府が果たすべき文化的役割から自らを放免しようとするものではないのか。〔高等教育 全文をよむ

2014-03-09 ロウハーニー大統領「表現の自由は皆に認められるべきだ」(1) (Iran紙)

 大統領はメディアの領域における政府の政策や市民の表現の自由の保護について再度説明した上で、この分野に関する自らの見解を表明した。       昨日、第20回プレス祭の閉会式に出席したハサン・ロウハーニー博士は、「人々や社会に事実を伝えるために、表現の領域を開放された状態にしておくべきだ」と述べた上で、「この政権に批判の声を上げたり、異を唱えたりする人々は自由であり、これからもそうである。しかし同様に、政権を支持する者たちも、自由と安全を享受すべきであり、〔社会の状況に〕批判の声を上げることがで 全文をよむ

2014-03-09 ロウハーニー大統領「表現の自由は皆に認められるべきだ」(2) (Iran紙)

 大統領はまた、プレスは法が支配する領域だが、その一方で法は明確なものでなければならないと強調した上で、「我々はすべてのマス・メディアの責任ある自由に価値を置いている。すべての文化関係者や言論人に求めたいのは、社会の意識を国益に沿ったものにするために、現実をしっかりと国民に伝えてほしい、〔空虚な〕スローガンは少なくし、社会が抱える諸問題を人々に伝えてほしい、ということである」と語った。       大統領は社会の抱える諸問題として、経済的・文化的貧困や良き倫理の欠如、社会に《中庸》が欠け、《過剰 全文をよむ

2014-03-09 ロウハーニー大統領「表現の自由は皆に認められるべきだ」(3) (Iran紙)

■ プレスの発行停止は最後の手段であって、最初ではない       ロウハーニー大統領は続けて、一部のプレス・メディアがあたかも保護者・監督者であるかのような振る舞いをしていることを批判し、「すべてプレス・メディアは平等の権利・権限を有している。もし自分のことを優越した立場にいる者だと考える者がいるとしても、この政権はそのような人物を優越した存在とは見なさない」と指摘、さらに次のように述べた。      一部のプレスは、鋼の要塞を築き、誰もここに近づかないようにしている。行政権も、司法権も、であ 全文をよむ

2014-03-08 ハーメネイー最高指導者「私も文化問題に懸念を抱いている」(1) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は木曜日の午前、最高指導者専門家会議の議長ならびに議員らと面会し、そこで行った重要演説の中で、世界を取り巻く現実の一部を数え上げた上で、現下の複雑かつ敏感な状況下において「イスラーム体制の責任者たちが果たすべき主要な責務」について説明した。       同師はその上で、さまざまなレベルの体制の責任者たちが果たすべき重大な責務として、「現実主義的になって、〔イランが抱える〕一部の弱点とともに、多くのポジティブな点を見ること」、「信仰心篤き 全文をよむ

2014-03-08 ハーメネイー最高指導者「私も文化問題に懸念を抱いている」(2) (Jam-e Jam紙)

■ 自らの力を信じる精神が失われることは決してない       イスラーム革命最高指導者は「イスラームの目覚め」という語に対して、一部から〔冷ややかな〕見方が出ていることに触れ、「今はっきりしているのは、この目覚めは完全にイスラームと関連したものだ、ということである。表面的にはそれが沈静化してしまったように見えるとしても、自分の力を信じる精神、そしてイスラーム的アイデンティティの感覚が失われることは、決してないだろうし、今も失われてはいないのである」と強調した。       アーヤトッラー・ハー 全文をよむ

2014-03-08 ハーメネイー最高指導者「私も文化問題に懸念を抱いている」(3) (Jam-e Jam紙)

■ 制裁は敵の無力さの現れ       同師は責任者たちのもう一つの責務として、抵抗経済政策の実施を挙げ、「敵は深い恨み辛みにもかかわらず、イスラーム体制とイラン国民に対しては無力である。彼らが制裁に頼っているのも、こうした無力さゆえである。彼ら自身、制裁という手段が革命の初期より今日まで、役立たずであったことを知っているのだ」と付け加えた。       イスラーム革命最高指導者は、アメリカ当局の口先ばかりの軍事的脅しは、制裁が無力だったことの証しだとした上で、「三権の長、そして大統領であれ、大 全文をよむ

2014-03-08 ハーメネイー最高指導者「私も文化問題に懸念を抱いている」(4) (Jam-e Jam紙)

■ 私も文化問題を懸念している       同師は宗教的文化や革命文化に注意を払うことも、責任者の重大な責務の一つだとし、専門家会議の議員らが国の抱える文化問題に懸念を表明していることに触れ、「私も文化問題に懸念を抱いている。私は尊敬する専門家会議の議員らと、この懸念を共有している」と強調した。       イスラーム革命最高指導者は、「尊敬すべき政府は、このことに注意を払うべきだ。また文化行政の責任者たちも、自分たちが何をしているのかに気を配るべきだ。なぜなら、文化問題にあっては、怠慢はあり得 全文をよむ

2014-03-08 ラザヴィー=ファギーフ、逮捕される (Jam-e Jam紙)

 団結強化事務所〔※左派系の学生組織〕中央評議会元委員のサイード・ラザヴィー=ファギーフが、〔アルボルズ州の〕ハシュトゲルドで逮捕された。これは、多くの抗議を招いた、彼の問題発言を受けた措置。       信頼できる筋の情報として、イラン国営通信が改革派の政治活動家である同氏の逮捕を報じた。それによると、彼の逮捕命令は水曜日に、ハメダーン一般革命検察によって出されたもので、ハメダーンの改革主義者らの集まりで行った「構造破壊的な」発言が逮捕理由となっている。 全文をよむ

2014-03-08 テヘラン金曜礼拝導師「敵の微笑みに騙されるな」 (Jam-e Jam紙)

 今週のテヘラン臨時金曜礼拝導師は、「大悪魔がイラン交渉団への詐術に成功を収めるようなことがないことを望む」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、アーヤトッラー・モヴァッヘディー=ケルマーニーは今週のテヘラン金曜礼拝での説教で、篤信とそれを守ることの必要性に注意を向けた上で、「5+1との交渉にあたっているイラン交渉団に篤信という資質があるのなら、彼らには困難を容易なものにすることも可能であろう。政府も国民の努力と抵抗経済の実施によって、経済問題を解決することができるだろう」と語っ 全文をよむ

2014-03-06 政府報道官:アーレフ氏の意見は、テイエブニヤー経済相を通して政府内で提起されている (Jam-e Jam紙)

【同紙2面】政府報道官は、モハンマドレザー・アーレフ[※1]氏がロウハーニー政権で登用されていないことに対するアーレフ氏自身の不満について聞かれ、こう答えた。      ※訳注1:2013年大統領選挙の改革派候補であったアーレフは、ハータミー元大統領の決断により候補を辞退して穏健派候補ロウハーニーの支持に回った。現在は、文化革命高等評議会[故ホメイニー師の勅令により創設された政府文化機関]および公益判別評議会のメンバー、イラン赤新月社高等評議会メンバーなどを務める。30年にも及ぶ行政経験があるの 全文をよむ

2014-03-05 《主婦保険》、独立法案として提出へ (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】護憲評議会[監督者評議会]が《主婦保険》予算に異議を唱え、国会がこれに関連した予箇所算を修正したのを受けて、主婦保険法は独立法案として国会に提出されることになった。      女性・家族問題担当副大統領は、次のように発言した。      大統領府女性・家族問題担当副大統領オフィスは、エスファンド月25日[3月16日]までに、国会の女性議員連盟とともに、主婦保険法案に関する意見のすり合わせを行う予定だ。   さらに、シャヒーンドフト・モウラーヴェルディー副大統領は、こ 全文をよむ

2014-03-05 メスバーフ、政権を三度批判「バニーサドルですら言おうとしなかったことを言っている」 (Mardomsalari紙)

 イマーム・ホメイニー教育研究所所長のアーヤトッラー・モハンマド・タギー・メスバーフ=ヤズディーは〔政府が検討を進め、小中高の教育カリキュラムにもその内容を盛り込むことを目指している〕公民権〔憲章〕の草案について触れ、「革命から35年が経った今、最高指導者に次ぐ高い地位にある人物〔=大統領〕がバニーサドル〔※初代大統領。罷免され、フランスに亡命〕ですら言おうとしなかったようなことを言うような事態になれば、そのことに危険を感じないわけにはいかない」と述べた。       ファールス通信が昨日報じた 全文をよむ

2014-03-05 ラザヴィー=ファギーフの問題発言に対し、各方面から非難の声 (Jam-e Jam紙)

 改革主義活動家の一人であるラザヴィー=ファギーフがハメダーンで起こした最近の問題発言〔※〕を受け、ハメダーン州知事は関係機関に対し、この問題の調査を求めた。      ※訳注:改革派の活動家でジャーナリストのサイード・ラザヴィー=ファギーフという人物が2月下旬に改革派の集会で、最高指導者専門家会議の機能停止を批判し、ハーメネイー最高指導者をはじめとする革命第一世代の指導者が死亡した後、イラン・イスラーム共和国は大変な混乱と権力争いに陥るだろうと予見、さらにはハーメネイー最高指導者を革命前のシャ 全文をよむ

2014-03-04 ジャンナティー護憲評議会書記「タクフィール主義者たちが国内で活動中」 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ジャンナティーはイスラーム諸国でタクフィール主義者らが犯している犯罪行為の数々について言及し、「たとえ少数といえども、一部のタクフィール主義者らが国内で目立たぬ形で活動している。彼らは保有している大量の武器を使って人々の命を奪うよう、司令を待っている。これは国の将来を脅かす〔重大な〕脅威の一つである」と述べた。       ファールス通信の報道によると、ジャンナティー護憲評議会書記は文化的・社会的分野で活躍するファールス州のリーダーたちや、同州の地方監督ネットワークのメンバーら 全文をよむ

2014-03-04 メスバーフ=ヤズディー「政権に対しては根本的なところで批判的」(上) (Mardomsalari紙)

 核交渉チームで主要な役割を担っているセイエド・アッバース・アラーグチー外務次官がゴムを訪問し、ゴム神学校協会の会長やメスバーフ=ヤズディー師らと面会した。       セイエド・アッバース・アラーグチー氏は神学校協会の所長や同協会運営センターの次長らとの面会の中で、「実際のところ、交渉は困難な作業であり、核交渉チームのメンバーらは聖なるイラン・イスラーム共和国体制の一兵士として、外交分野における国と体制の利益の保護に努めているのです」と述べた。       同氏は「イスラーム革命の勝利から35 全文をよむ

2014-03-04 メスバーフ=ヤズディー「政権に対しては根本的なところで批判的」(下) (Mardomsalari紙)

 この面会の続きで、〔イマーム・ホメイニー教育研究所の所長を務める〕メスバーフ=ヤズディー師が核交渉に関する自らの所見を述べ、「交渉の内容とは別に、事に当たっている責任者たちの自分たちの仕事に関する説明の仕方は、〔国民の間に核交渉に対する〕疑問を引き起こしている。その結果、特に新政権に対しては疑念と不信が生まれている」と指摘した。       同師はさらに、「交渉団は交渉の現実について、国民にしっかりと情報を提供することで、彼らの誤解と不信を防ぐと同時に、〔情報提供の結果、西洋諸国に対して〕国民 全文をよむ

2014-03-01 ロウハーニー大統領「富裕層は補助金に別れを」 (Jam-e Jam紙)

 大統領は〔イラン南部〕ホルモズガーン州訪問の最終日にあたる木曜日、同州の選良らと面会し、補助金改革法の第二ステージについて触れ、「私たちが〔裕福な〕人々に求めたいのは、補助金〔受け取りのため〕の新しい用紙がきたら、必要事項を記入せず、補助金に別れを告げて欲しい、ということである」と指摘した。       イラン国営通信の報道によると、ハサン・ロウハーニー大統領は「エネルギー・キャリヤーの価格上昇〔によって得られた財源〕や国庫から資金を引き出し、45兆トマーン〔日本円で約1兆5千億円〕ものお金を 全文をよむ

2014-03-01 アフマド・ハータミー師、司法権に謝意:文化イスラーム指導省は批判 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師は、「神聖なるものに対して侮辱行為をすることも可能なほど、開放的な状況になったなどと考えている者たちは、間違いを犯している」と述べた。       イラン国営放送報道センターが伝えたところによると、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのセイエド・アフマド・ハータミー師はテヘラン金曜礼拝での説教で、      われわれが神聖視しているものに対して、非礼なる行為が行われた時代は過ぎ去った。当時の責任者たちがあなた方を支持していた時代では、もはやない〔※〕。今日、全人民 全文をよむ

2014-03-01 ケイハーン紙、ラフバル・テヘラン大学学長解任に恨み節 (Mardomsalari紙)

 ファルハード・ラフバルのテヘラン大学学長留任に向けて、大々的なキャンペーンを張っていたケイハーン紙は、学生や教官らの望み通りに同氏が解任されるや、激しい怒りを露わにしている。       ニュースサイト「エンサーフ・ニュース」が伝えたところによると、ファルハード・ラフバルが解任されると、ケイハーン紙は科学技術省への怒りを露わにし、科学技術相を口汚く罵っているという。特に木曜日〔2月27日〕の紙面では、同相のことを「科学技術省内の過激派の召使」などと呼んでいる。       ケイハーン紙は特別コ 全文をよむ

2014-02-24 ハッダードアーデル「批判者たちに急進派のレッテルを貼るな」:大統領を牽制(上) (Jam-e Jam紙)

 国会内の会派「原理派」の会頭を務めるハッダードアーデル氏は、ロウハーニー大統領が「穏健」を中心としたスローガンを掲げていることに触れ、同大統領に向けて、      あなたは「穏健」のスローガンを掲げて〔大統領選に〕勝利した。国民は、誰でもが好き勝手に「穏健」のベールの下に自分を隠すことのないよう〔=「穏健」のスローガンを手前勝手に解釈して、自分たちの言動を正当化しないよう〕、その意味についての〔明確な〕説明を〔政府に〕求めている。〔ハータミー政権時代に〕「改革」のスローガンをめぐっても、同じ災 全文をよむ

2014-02-24 ハッダードアーデル「批判者たちに急進派のレッテルを貼るな」:大統領を牽制(下) (Jam-e Jam紙)

 ハッダードアーデル氏はまた、次のように指摘した。      国民は、このような歓喜は誰のためなのか、と自問している。このようなこと、このような手法は穏健主義とは相容れないし、穏健主義とも呼ばれない。これは一種の急進主義であり、〔ロウハーニー大統領が批判するものとは〕別のもう一つの急進主義へと行き着くだろう。他人が、あるいは前の人たちがあれやこれやをしたからといって、私たちも同じような方法を選択するべきだ、とは言えない〔※〕。いつか、そして永遠にこうしたやり方は終わらせなければならない。サッカー 全文をよむ

2014-02-22 モタッハリー議員「新聞への発行停止処分は戦時に相応しい」 (Mardomsalari紙)

 アリー・モタッハリー議員は日刊紙「アーセマーン」が発行停止処分になったこと〔※〕について、「即時に発行停止にし、発行責任者を逮捕するという、プレスに対するこのような振る舞いは、戦時には相応しいが、平時には相応しくない」と述べた。      ※訳注:発行されたばかりの改革派系紙「アーセマーン」が、2月20日の紙面を最後に発行停止処分を科せられたことを指す。発行停止処分を受けた理由は、2月18日付(第4号)の紙面に、イスラーム法を根拠とするキサース刑(同害報復刑)を批判する内容のインタビュー記事が 全文をよむ

2014-02-22 最近の政治的・文化的事件を分析する:「構造破壊者が動き始めている」(上) (Jam-e Jam紙)

 〔イスラーム共和国体制の護持・発展に〕関心を寄せる多くの人たちにとって、最近心配の種となっている疑問がある。それは、果たして国の政治的・文化的空間に、〔イスラーム共和国体制を成り立たせてきた〕「構造」を破壊する行為、〔イスラーム的な〕価値観への侮辱、法的制度への攻撃等々が行われる様を、〔改革派政権以来〕再び目にすることになるのだろうか、というものだ。       各分野で活躍する著名人たちのここ数日間、ここ数週間の発言を一瞥すると、こうした懸念が決して杞憂ではないことが分かる。      ■ 全文をよむ

2014-02-22 最近の政治的・文化的事件を分析する:「構造破壊者が動き始めている」(下) (Jam-e Jam紙)

 ホセイニー=ブーシェフリー師は、「今日宗教指導者やウラマーには、あらゆる可能な方法で、〔例えば〕金曜礼拝やモスク、宗教的な集会などでの演説を通じて、イスラームと革命の敵に対して、彼らの陰謀を無力化させるべくアクションを起こす義務がある」と語った。       同師はさらに、「今日、ワッハーブ派が攻勢に出ている。バハーイーもイスラームに対して陰謀を企てている。抑圧者たちは今も、イランの若者たちの心に入り込み、莫大な資金と金貨を支払って、各大学で福音書を学生たちに配っているのだ」と指摘した。   全文をよむ

2014-02-19 革命防衛隊総司令官「今のところ口をつぐむが、誰もレッドラインを越えてはならない」(上) (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊総司令官は「国を支配する行政システムは、一部の革命組織を変性させ、破壊しており、その攻撃の手は革命防衛隊にも及んでいる。しかし革命防衛隊はこうした攻撃に対して抵抗している」と述べた。       イスラーム革命防衛隊総司令官のモハンマド・アリー・ジャアファリー少将は、「アメリカ・スパイの巣窟跡」〔=旧在イラン米大使館〕にて2日間の予定で開かれる「全国大学生バスィージ責任者会議」の開会式で演説を行い、その中で海外におけるイスラーム革命の状況は国内のそれよりも良好だと指摘した上で、「革命 全文をよむ

2014-02-19 革命防衛隊総司令官「今のところ口をつぐむが、誰もレッドラインを越えてはならない」(下) (Jam-e Jam紙)

 同氏はまた、次のように述べた。      西洋人たちは人文科学において、宗教と政治の分離を求めている。そして彼らの著書は我が国の各大学で教えられ、われわれはそれを急ぎ吸収して、博士号を取得している。もちろん、西洋人たちの哲学やイデオロギーを知ることはよいことである。しかし、これがバスィージ学生の行動の手本になってはならない。    革命防衛隊総司令官は、最高指導者がたびたび力説しているにもかかわらず、いまだ人文科学の分野に〔パラダイムの〕転換が起きていないと指摘した上で、次のように語った。   全文をよむ

2014-02-18 《補助金目的化》法は国会がサインした政府の小切手か?(1):5~7割のガソリン等値上げを予測 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】もはやデマではないのだ。《補助金目的化》法[※1]の執行による政府歳入の増加の上限が48兆トマン[約2兆円]と決められたのだから、来年はエネルギー価格が50%以上、上昇すると覚悟しておいた方がいい。      訳注1:前アフマディーネジャード政権下で成立。ガソリンなどを超低価格で国民に提供してきた政府補助を廃止し、それを国民への現金支給や国内産業の振興に充てようとしたもの。実際には、すべて現金支給に使われ、2009年度予算法案で廃止された。2014年度予算案で「第2 全文をよむ

2014-02-18 《補助金目的化》法は国会がサインした政府の小切手か?(2):国会は政府のやり方を注視するのみ (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】テヘラン選出の国会議員で予算審議合同委員会メンバーのアフマド・タヴァッコリーは、[17日]月曜日、国会の公開会議で、エネルギー価格上昇に関わる[2014年度予算案]附則の審議において、同承認法案に対しこう警告した      《補助金の目的化》を規定した予算案附則[第21項]の執行によって、エネルギー価格は71%上昇するだろう。   [南西部・イラク国境沿いのイーラーム州]イーラーム県選出議員で予算審議合同委員会の別のメンバーであるアリーモハンマド・アフマディーは、 全文をよむ

2014-02-18 ハーメネイー最高指導者「イラン国民はアメリカのゆすりには屈しない」(1) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨朝、タブリーズをはじめとする東アゼルバイジャン州内の各市から集まった人々数千名と面会し、その中で、偉大なるイラン国民各自がバフマン月22日〔2月11日〕の行進ならびに35回目となるイスラーム革命記念日の式典で、イランの国民的偉大さと力強さを示したことに深甚なる感謝の意を表しつつ、今年の行進が示した主要なメッセージとして「不撓不屈の精神と団結」の二つを挙げ、次のように述べた。      イラン国民はアメリカ当局の厚顔無恥と貪欲、礼儀知 全文をよむ

2014-02-18 ハーメネイー最高指導者「イラン国民はアメリカのゆすりには屈しない」(2) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者はバフマン月29日のタブリーズ蜂起が示した第三のメッセージとして、「国民の意志という奇蹟」を挙げ、「この蜂起が示したのは、いかなる障碍、いかなる巨大な権力も、一国民の確乎たる意志に抵抗することはできない、ということだ」と強調した。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は続けて、今年のバフマン月22日の行進に人々が例年以上に大挙して、熱狂的に参加したのはなぜか、その理由について分析を始めた。       同師は、各年のバフマン月22日の行進にどれだけの人が参加した 全文をよむ

2014-02-18 ハーメネイー最高指導者「イラン国民はアメリカのゆすりには屈しない」(3) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者は、少なくともここ80年間アメリカ政府が歩んできた忌まわしい過去について触れ、次のように述べた。      血塗られた戦争を複数起こし、罪なき人々を殺戮してきたこと、世界の各所で圧制的な独裁者を支援してきたこと、国際テロリズムを支援してきたこと、数々の犯罪行為と略奪行為を犯してきた、まがい物のシオニスト体制をその権化とする国家テロリズムを支援してきたこと、イラクを攻撃し、最低でも10万人もの人々を殺戮したこと、アフガニスタンを攻撃したこと、ブラック・ウォーター社のような 全文をよむ

2014-02-18 ハーメネイー最高指導者「イラン国民はアメリカのゆすりには屈しない」(4) (Jam-e Jam紙)

■ バフマン月22日の行進でのイラン国民のメッセージ       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はまた、「バフマン月22日の行進に国民が例年以上に大挙して、熱狂的に参加したのは、アメリカ当局者の厚顔無恥、貪欲さ、礼儀知らずな態度、厚かましさが原因である。人民は宗教的誇りをもって〔デモ行進が行われている〕街頭に足を運び、米政府に対して『計算違いを犯すな、われわれはここにいるぞ』と表明したのである」と述べた。       同師はさらに、「バフマン月22日の行進でイラン国民が国の内政・外交に携わって 全文をよむ

2014-02-17 革命防衛隊総司令官「科学とは西洋の後ろを追いかけることのみを意味するのではない」 (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊総司令官は、人文科学においては、他者の経験を利用することが必要だが、その一方で西洋人の進んだ道を続けることは名誉なこととは言えないということに注意する必要があると指摘した上で、「科学とは、西洋人の後ろを追いかけることだけを意味するのではない」と述べた。       革命防衛隊総司令官のモハンマド・アリー・ジャアファリー少将は本日(月曜日)朝、知と研究をテーマに開かれた「イマーム・アリー祭典」にて、この式典の主催者に謝意を示しつつ、革命防衛隊の教育・研究局の関係者からなる出席者らに向け 全文をよむ

2014-02-14 来年度予算審議:《補助金目的化》第2弾の国会承認をめぐり、護憲評議会が異議 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】アルダビール選出国会議員は、イラン暦1393年度[2014年度]予算案における《補助金の目的化》に関わる国会承認案に対し、護憲評議会[もしくは「監督者評議会」]が異議を唱えたと述べた。      IRNAは以下のように伝えた。      キャマーロッディーン・ピールモアッゼン議員はこう発言した。「護憲評議会は、この国会承認案を憲法74条に反するとし、問題点の是正のため国会に差し戻した。」   国会議員らは、来年度予算の審議において、同法案附則第21項に関連し、政府に 全文をよむ

2014-02-10 「商品バスケット」第2段階:チーズと卵がお茶とガンドに、配給は鉱工省から福祉省に移管 (Mardomsalari紙)

エスファンド月中旬[ほぼ2014年3月初め]からの「商品バスケット」配給の第2段階が始まるにあたり、「商品バスケット」からは、チーズと卵が除外され、お茶とスパゲッティ、ガンド[※1]と砂糖がこれに代わることになる。      ※訳注1:ザラメ糖をラグビーボール大の砲弾型に固めたもの、棒砂糖。これを一口大に砕いて、紅茶と供する。      鉱工業商業省のとある担当高官は、ISNA(イラン学生通信)の取材に対し、「商品バスケット」の変更の詳細についてのこのニュースを述べ、さらに配給方法についても次の 全文をよむ

2014-02-09 ハーメネイー最高指導者「バフマン月22日は国民の力を示す日」(1) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨朝、国軍航空部隊の司令官や関係者らと面会し、その中で独立を保ち、干渉的・覇権的な列強と対決していくことこそ、イスラーム革命の根本の一つだとした上で、「アメリカ当局の無礼な発言は、皆にとって教訓となるものだ。イラン国民は最近の〔核〕交渉やアメリカの発言を、注意深く観察することが必要だ」と述べた。       同師はまた、国の独立を保つための条件として、イスラーム革命の基本理念や価値観、及びイマーム〔・ホメイニー〕の基本路線、特にアメリ 全文をよむ

2014-02-09 ハーメネイー最高指導者「バフマン月22日は国民の力を示す日」(2) (Jam-e Jam紙)

■ 「各国が独立不羈の精神を持つことを、外国の列強は恐れている」       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、「干渉的な外国の列強は、各国が独立不羈の精神を持つようになることを恐れている。それゆえ、彼らは常にさまざまな方法を用いて、〔世界の〕諸国民・指導者たちの中にある独立を求める感情を弱めようと企てているのである」と述べた。       同師はこうした方法の一つとして、「独立は進歩と矛盾する」といったことを〔世界の諸国民の意識の中に〕吹き込むやり方について言及し、「覇権主義的列強のプロパガ 全文をよむ

2014-02-09 ハーメネイー最高指導者「バフマン月22日は国民の力を示す日」(3) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者はイスラーム革命の友と敵を正確に知ることの重要性を指摘した上で、「革命の敵は堕落した、厚顔無恥の世界の列強数ヵ国である。それに対してイスラーム革命の友とは、イラン国民の革命のスローガンと抵抗のメッセージを、同国民の受難とともに理解する、〔世界の〕すべての諸国民のことである」と付け加えた。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、「イスラーム体制の強固さと力強さの秘訣」として、イスラーム体制に対する人民の支持と、彼らの体制との絆を挙げ、「アメリカの当局者たちは我が 全文をよむ

2014-02-09 ハーメネイー最高指導者「バフマン月22日は国民の力を示す日」(4) (Jam-e Jam紙)

■ 「米当局は嘘を言っている」       イスラーム革命最高指導者はまた、イラン国民に対して友愛の念を表す米当局者の一部の発言に触れ、「彼らはこの点でも嘘を言っている。彼らは一方で、『私たちはイラン国民の友達だ』などと言っているが、他方で彼らは同じ国民を脅迫し、イスラーム共和国が自らの防衛力を弱めることに期待している。これなどは実に、バカにした発言だ」と述べた。       全軍総司令官はさらに、「イラン国民、そして軍をはじめとする様々な分野の責任者たちは、神の恩寵によって、日増しに自らの防衛 全文をよむ

2014-02-08 メスバーフ=ヤズディー、ロウハーニー大統領を強く非難 (Iran紙)

【イラン紙オンライン版】       イマーム・ホメイニー教育研究所の所長を務めるメスバーフ=ヤズディー師は水曜日の夜、ゴムにあるホセイニーイェ「イマーム・ホメイニー」にて、ロウハーニー大統領を強く批判した。       同師は国の現在の状況について触れ、「あなたがたに助言をした。だがあなたがたは誠実な助言者を喜ばない」〔コーラン第7章第79節〕という章句に言及した上で、次のように述べた。      〔コーランでは〕無知、無理解、歪んだ考え、その他が非難されている。これらはそれ自身、神と預言者の 全文をよむ

2014-02-06 20名の国会議員、ロウハーニー発言に反発:イラン国営放送に発言の機会を求める (Jam-e Jam紙)

 20名の国会議員がイラン国営放送総裁に書簡を出し、その中でジュネーブ合意に異を唱える者たちを「知的レベルの低い者たち」と呼んだ大統領発言への回答を求めた。       イラン国営放送報道センターが伝えたところによると、この書簡には次のようにある。      〔イラン国営放送総裁の〕ザルガーミー氏へ。尊敬すべき大統領は大学教授らの前で、ジュネーブ合意を擁護しようとしないことを理由に、教授らを臆病者と非難したばかりか、この合意に異を唱える者たちを、不適切な表現で、知的レベルの低い者たちと呼んだ。そ 全文をよむ

2014-02-06 ロウハーニー大統領、「商品バスケット」をめぐる混乱で国民に陳謝(上) (Jam-e Jam紙)

 大統領はテレビの生放送のインタビューで、現在イランが抱える重要問題について、国民に話しかけた。       ハサン・ロウハーニー大統領は発言の冒頭で、ファジル(夜明け)10日間〔※1979年2月1日に革命指導者のホメイニー師がフランスからイランに帰国し、同11日に革命の勝利が宣言されるまでの10日間のこと〕を祝い、イスラーム革命は歴史上偉大な奇蹟だったとした上で、      人々の高い意識、団結、自己犠牲の精神といった諸要素が、イマーム・ホメイニーの指導の下で革命が勝利を収める要因となった。今 全文をよむ

2014-02-06 ロウハーニー大統領、「商品バスケット」をめぐる混乱で国民に陳謝(中) (Jam-e Jam紙)

 ロウハーニー師はまた、「政府内の関係は極めて緊密である。世に広まる噂には根拠がない。第一副大統領と各閣僚は、皆精力的に動いており、鋭意努力しているところである」と述べた。       国会や司法権との関係について問われた大統領は、「国会や司法権との間の適切な関係・交流なくして、国政の前進はない」と回答、政府と国会の間で開かれている会合は極めて重要で貴重だとした上で、補助金改革をめぐって最近行われた合同会議をめぐる自身の発言について触れ、「補助金問題では、われわれは意見を一致させる必要がある」と 全文をよむ

2014-02-06 ロウハーニー大統領、「商品バスケット」をめぐる混乱で国民に陳謝(下) (Jam-e Jam紙)

■ 「商品バスケット」の配給について説明       大統領は各家庭の経済状況について行われた調査に関して触れ、「社会的弱者層への支援が決定された。これ〔=「商品バスケット」の配給〕は〔現金で各人に支給されている〕補助金の代替となるものではない」と言明した。       同大統領は、「もちろん、〔商品バスケット制度の実施には〕様々な問題があったし、私はそれを遺憾に思う。問題が排除されるよう、努力しているところだ」と述べた。       大統領は「商品バスケット」の配給の際に生じた諸問題の根本的原 全文をよむ

2014-02-05 ロウハーニー大統領、ジュネーブ合意を批判する者たちを「一部の無知な者たち」と非難 (Jam-e Jam紙)

 ロウハーニー大統領は、大学は〔イランが抱える諸問題について〕批判を自ら始め、解決方法を提示すべきだと強調した上で、「各大学の管理委員会の強化と、能力主義の普及が必要だ」と述べた。       イラン国営通信の報道によると、ハサン・ロウハーニー大統領は昨日、各大学や研究所、科学技術館、その他の教育・研究センターの学長・所長らとの会議のなかで、「大学は人々が抱える問題や環境問題、大気汚染問題に積極的に関わるべきだ」と指摘した。       大統領はさらに、「基礎研究はしなくてもよいと言いたいのでは 全文をよむ

2014-02-04 司法権報道官:キャッルービー師は軟禁状態を解除されていない (Mardomsalari紙)

 「キャッルービー師が自宅に移されたことから見て、彼は軟禁状態を解除されたのか」との記者からの質問に対し、司法権報道官は「彼の状況には、何ら変更はない」と答えた。       イラン学生通信が伝えたところによると、ゴラームホセイン・モフセニー=エジェイー師は記者会見で、〔‥‥〕キャッルービー師の身柄が移されたことについて、「キャッルービー師が軟禁状態を解除されたということでは、決してない。キャッルービーの居住地が変更になることは、〔彼が軟禁状態に置かれた〕当初から現在まで、数回にわたって行われて 全文をよむ

2014-02-03 フランス経済界の大訪問団、テヘラン入り:石油・ガス・重電・通信事業での投資・協力をさぐる (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】フランス経済界の関係者・事業者代表からなる大訪問団がテヘラン入りした。      140人から成るこの訪問団は、対イラン経済制裁が解除されて以降、この一週間にイランを訪れた二つ目の訪問団である。先週は、トルコの首相率いる政治・経済関係者による訪問団がテヘラン入りし、イランとの経済協力に関するいくつかの文書を交わした。      フランス訪問団は、まずイラン商工鉱農業会議所を訪れ、その後、イランの経済関係者や大統領府長官、および、経済産業省代表者らとの会合を開いた。  全文をよむ

2014-02-03 キャッルービー師、自宅に移される (Mardomsalari紙)

 ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのメフディー・キャッルービー師が昨夜、ジャマーラーン地区にある自宅に身柄を移された。       メフディー・キャッルービー師の子息であるホセイン・キャッルービー氏はイラン学生通信とのインタビューの中でこの報道を確認した上で、「昨夜、メフディー・キャッルービー師が治安関係者とともにジャマーラーンにある自宅に身柄を移された」と述べた。       同氏は「このための準備作業が10日前より始まっていた。そして昨夜、自宅への身柄の移動が実行された。現在、父は 全文をよむ

2014-02-03 「商品バスケット」配給初日に長蛇の列:40名の国会議員、調査案を議会運営委員会に提出 (Jam-e Jam紙)

 政府による「商品バスケット」〔※〕の初めての配給が、全国で始まった。その一方で、複数の報道によると、〔配給所の前には〕長蛇の列ができ、人々がごった返しになって、混乱が生じた。最後には、〔誰が配給の対象になるのかという〕品物の割り当て状況や配給方法について、人々の口からは不満の声が続出した。      ※訳注:鶏肉やコメ、鶏卵、食用油、チーズなど総額8万トマーンの商品を毎月、低所得者層に配給する制度で、ロウハーニー政権が昨年12月に導入を決定した。       本紙記者の取材によると、この配給の 全文をよむ

2014-02-03 国会議員、ケリー米国務長官との会談に対し、ザリーフ外相に注意 (Jam-e Jam紙)

 二名の国会議員がザリーフ外相に対し、ジョン・ケリー米国務長官との会談を繰り返していることについて注意・意見表明を行った。また、議員らは「商品バスケット」を被抑圧層・村落民にも割り当てるよう求めた。       月曜日の国会公開会議では、国の行政責任者に対する国会議員の書面での注意・意見表明が、国会運営委員会によって読み上げられた。       シャーヒーンシャフル選出のハージー議員は大統領への注意・意見表明の中で、世帯に配られる「商品バスケット」の配布を公正なものとするよう求め、「商品バスケッ 全文をよむ

2014-01-16 国防相、イラン・イラク戦争の激戦地《シャラムチェ》の殉教者らを追悼:「天の綺羅星たちへの畏敬は万人の義務」 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】国防軍需相は、大統領に同行してフーゼスターン州を訪問した日程の最終日に、国境地域のアーバーダーン、ホッラムシャフルを訪れ、地雷や不発弾の撤去が完了した場所を視察した。        イラン学生通信の報道によれば、ハサン・デフガーン司令官は、シャラムチェ殉教者らの戦跡地に立ち、『コーラン』の「開扉章」を朗誦して、《聖なる防衛》[イラン・イラク戦争]における崇高な殉教者たちに敬意を表した。       国防相はこの戦跡地での演説で、「《聖なる防衛》における殉教者らは、勇 全文をよむ

2014-01-14 ハーメネイー最高指導者「国の抱える諸問題はジハード的マネジメントによって解決」(上) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、テヘラン市議会議長ならびに同議員ら、テヘラン市長ならびに同副市長ら、及びテヘラン州内の各市の市長らと面会し、イスラーム的生活スタイルにあった空間を作るためには、テヘラン市内の建築物のあり方に特別の注意を払う必要があると指摘した上で、「巨大都市テヘラン、そして国を運営する際には、神への思いを保ちつつ、科学・知性に依拠しながら国民に奉仕する精神、すなわちジハード的マネジメントの精神が支配する必要がある。そうすることで、諸問題を克服し 全文をよむ

2014-01-14 ハーメネイー最高指導者「国の抱える諸問題はジハード的マネジメントによって解決」(下) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は続けて、テヘラン市政のあり方についていくつかの点を指摘した。       同師はまず、テヘラン市と国が互いに協力し合うことの重要性を強調し、次のように述べた。「これは、私の年来のアドバイスである。残念ながら、それが行われず、諸問題が発生した時期もあった〔※〕。しかし、テヘラン市は政府との協力に向けて全力を尽くすべきである。もちろん、国もテヘラン市ならびに同市議会と協力すべきだ」。      ※訳注:アフマディーネジャード前大統領とガーリーバーフ・テヘラン市長の 全文をよむ

2014-01-11 ハーメネイー最高指導者「困難克服には内なる力に頼れ」(1) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は木曜日朝、数千名のイスラーム学者や宗教指導者、ならびにゴムの市民各層と面会し、その中で1356年デイ月19日〔西暦1978年1月9日〕の事件〔※〕の重要な側面の一つとして、最も困難な状況下であったにもかかわらず、堅き信仰と明晰な意識を伴っていたことを挙げ、「ゴムで起きたデイ月19日の事件の最も重要な教訓とは、困難を克服するためには、堅き信仰と敵に対する明晰な意識を保ち、敵の敵意を忘れずに、国民の内なる能力と進取の気質、そして若者の才能 全文をよむ

2014-01-11 ハーメネイー最高指導者「困難克服には内なる力に頼れ」(2) (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はさらに、「もちろん、どの敵も後退を余儀なくされることはあるかも知れない。しかしだからといって、敵とその戦線について注意を怠ってはならないし、敵の微笑みを真に受けて、それに騙されるようなことがあってもならない」と付け加えた。       同師は目的を忘れるようなことがあっては断じてならないと強調した上で、「イラン・イスラーム共和国の目的は、イスラームの理想への到達、すなわち人類の物質的・精神的進歩の実現である。堅き信仰心と今ある諸問題に対する明晰な意識、そして敵 全文をよむ

2014-01-11 ハーメネイー最高指導者「困難克服には内なる力に頼れ」(3) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者はその上で、「以前にも表明したように、イラン・イスラーム共和国体制は、この悪魔がもたらす害悪を取り除き、困難を解決するためには、国益になると判断した特定のテーマについて悪魔とも話し合うつもりである」と指摘した。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は先の協議で良かった点の一つとして、イラン、イラン人、イスラーム、そしてイスラーム教徒に対するアメリカ当局者の敵意が明らかになったことを挙げ、「このことはここ数週間のアメリカ当局の発言・口調の中で火を見るより明らかであ 全文をよむ

2014-01-09 海軍第28艦隊、タンカーを狙った海賊船を撃退 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】国軍海上部隊作戦担当副司令官は、護衛チームおよび海軍第28艦隊により海賊からイラン国籍のタンカー1隻を護ったと発表した。      タスニーム通信によると、同副司令官である海軍少将スィヤーヴァシュ・ジャレは次のように述べた。       水曜日[1月7日]、12隻の高速艇による海賊船団がイラン国籍のタンカーを襲撃し、海域内の護衛チームの迅速な攻撃と、海域内に居合わせた第28艦隊の特別作戦によって海賊船団は逃亡した。    艦隊と護衛チームの目的は、海賊による襲撃を撃 全文をよむ

2014-01-08 ホセイニヤーン議員:「ストロー元英外相の来訪は《イギリスに死を!》のスローガンで迎える (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】テヘラン選出の国会議員であるホッジャトルエスラーム・ルーホッラー・ホセイニヤーンは、「我々はイギリス人に対して好感をもってはいないし、ストローに対してようこそイランへと歓迎もしない」と述べ、以下のように発言した。      もしジャック・ストロー[※1]が国会を訪れるようなことがあれば私は絶対に「イギリスに死を」スローガンで彼を迎える。   ※訳注1:イギリス下院(庶民院)の労働党議員。元外相で閣僚を歴任しており、2001年にはイラン革命後はじめて英外相としてイラン 全文をよむ

2014-01-08 国防相「アメリカにはイランの防衛体制に対抗するほどの力ない」 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】国防相は「米国が望めばわが国の防衛体制を機能不全に陥らせることができる」という発言について、次のように述べた。      彼らが今日我々に手を出すこともできないのは、同情心の為でなくその力がないからだ。   ファールス通信によると、国防軍需省のハサン・デフガーン司令官は、大テヘラン革命防衛隊の聖ザフラー・ホセイニーイェ[ホセインをはじめとする預言者一族の殉教に関する宗教行事を執り行う施設]で開催された殉教者ハーッジ・アフド・カーゼミーと殉教者ハーッジ・ハッサーノルゲ 全文をよむ

2014-01-07 現内閣3枚目のイエローカード、イスラーム指導相へ (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】 ロウハーニー内閣3枚目のイエローカードが、国会から文化イスラーム指導省へと手渡された。      ジャーメジャム・オンラインによると、国会議員らは本日火曜日、公開会議において、テヘラン選出議員のハミード・ラーサーイーからの質問に対するアリー・ジャンナティー文化イスラーム指導相の答弁を不十分であるとした。      同議員による質問は、《神聖なるもの》[たとえば神や預言者、宗教そのものなど]への侮辱に対する同指導相の宗教的《怠慢》、また、一方では、見解の相違点など不 全文をよむ

2013-12-28 全国の金曜礼拝導師ら「デイ月9日は抑圧諸国の首領たちへのしっぺ返しの象徴だ」 (Jam-e Jam紙)

 全国の最高指導者代理と金曜礼拝導師らは土曜日、「デイ月9日」〔※〕に関する声明を発表し、その中で「抵抗の象徴であるデイ月9日を目前に控え、イラン国民はアメリカとシオニストの欲深く愚かな指導者らにしっぺ返しを食らわせ、彼らを黙らせる決意を固めている」と表明した。      ※訳注:「デイ月9日」は西暦12月30日にあたる。2009年大統領選後の抗議運動(当局側の表現では「内乱」(フェトネ))の盛り上がりに対して、当局は同年の12月30日に大規模な官製デモを実施、それ以降抗議運動の発生を抑え込んだ 全文をよむ

2013-12-15 イラン、サルの「ファルガーム」を乗せたロケットを宇宙空間に発射 (Jam-e Jam紙)

 イラン・イスラーム共和国の宇宙開発の専門家らは宇宙研究開発を目的として、二匹目となるサルを乗せた探査機「パジューヘシュ」(研究)を宇宙空間に発射し、帰還させることに成功した。       イラン宇宙機構広報部の発表によると、探査機「パジューヘシュ」は昨日早朝、二匹目となる宇宙飛行ザル「ファルガーム」を乗せて、「下軌道」〔※「低軌道」よりも下の軌道を指す新語だと思われるが、詳細は不明〕に至るという任務を完璧に果たした。これにより、イラン・イスラーム共和国は宇宙空間への有人飛行へと、一歩前進した。 全文をよむ

2013-12-11 「経験豊かな外交官だが国防の分野では素人」:革命防衛隊総司令官、外相を批判(上) (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊総司令官は、「ザリーフは経験豊かな外交官だとは思うが、しかし彼は国防の分野については素人だ。イランとアメリカの軍事力を比較したテヘラン大学での彼の発言は、正しくない」と述べた。       モハンマド・アリー・ジャアファリー少将はイマーム・サーデグ大学で開かれた式典「世界の抑圧に対峙するイスラーム革命」で演説し、とある学生集会でのザリーフ外相の発言を不正確だと指摘した。       革命防衛隊総司令官は、政府関係者が大学で行った「イランの軍事力はアメリカによる二発の爆弾で機能しなくな 全文をよむ

2013-12-11 「経験豊かな外交官だが国防の分野では素人」:革命防衛隊総司令官、外相を批判(下) (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊総司令官は、「イランは敵による核攻撃を防ぐことはできるのか」との質問に答える中で、「核攻撃を防ぐことはできない。もちろん、彼らもそのような過ちを犯すことはないだろう。というのも、イランの安全・防衛を脅かすあらゆる軍事行動に対して、イランが自国ならびに世界の多くの地点から報復する能力には、極めて大きなものがあり、それが抑止力となっているからだ。核の脅威など、それに比べれば大したことはない」と述べた。       ジャアファリー少将はまた、革命防衛隊のシリアにおけるプレゼンスについての質 全文をよむ

2013-12-11 60名の国会議員、交渉チームの強化を大統領に要求 (Jam-e Jam紙)

 60名の国会議員が大統領に対する書面での意見陳述で、目前に迫った核協議の技術的側面〔の複雑さ〕に鑑み、5+1〔国連安保理常任理事国5ヵ国とドイツ〕との協議にあたっているイラン交渉チームの強化を要求した。       水曜日〔=12月11日〕の公開会議の最後に、行政責任者に対する国会議員らの意見書が読み上げられた。それによると、151名の国会議員が大統領への意見書の中で、イラクにあるシーア派聖地への参詣者らの往来に課されているさまざまな障碍・制約を取り除くよう求めた。       さらに60名の 全文をよむ

2013-12-11 クルド人国会議員も予算法案に抗議して議員辞職 (Jam-e Jam紙)

 〔イラン西部コルデスターン州〕ビージャール選出の国会議員は、コルデスターン州選出の議員らの集団辞職届が国会運営委員会に提出されたことを明らかにした上で、「もし論理に従ってこの問題〔=コルデスターン州の貧困〕を解決しようというのであれば、予算法案を作成するときに論理に従った行動を取るべきだ」と述べた。       ビージャール選出のセイエド・モハンマド・バヤーティヤーン議員は、コルデスターン州選出の議員らが集団で辞職届を国会運営委員会に提出したことを明らかにした上で、「コルデスターン州選出議員ら 全文をよむ

2013-12-10 18名の国会議員、ロウハーニー大統領にザリーフ外相の解任を求める (Jam-e Jam紙)

 ザリーフ外相の敵に対する姿勢、ならびに国の安全と名誉を蔑ろにする態度を理由に、大統領に対して同氏の外務大臣としての奉職継続を見直すよう求める国会議員18名による意見書が、国会公開会議場で読み上げられた。       また、これとは別に54名の国会議員も、外務大臣に対する書面での意見陳述の中で、同氏がイラン国民にとってナンバーワンの敵〔=アメリカ〕が有する軍事的装備に恐れをなし、イスラーム共和国の精神力ならびに軍事力を過小評価する姿勢を示したことに、注意を与えた。       これに対し、モハン 全文をよむ

2013-12-10 フーゼスターン州選出の国会議員、来年度予算法案に抗議して全員が議員辞職 (Jam-e Jam紙)

 〔イラン南西部でアラブ系住民の多く居住するフーゼスターン州の〕ダシュテ・アーザーデガーン選出の議員は、議事と議事の合間に行われた演説の中で、フーゼスターン選出の全議員が93年度〔2014年度〕予算法案に抗議して、辞職したことを宣言した。       ダシュテ・アーザーデガーン選出のナーセル・サーレヒーナサブ議員は火曜日の公開会議の議事の合間に行われたこの演説の中で、ジュネーブ協議で交渉にあたっているイラン交渉団に感謝の意を示した上で、「イラン国民は〔大統領〕選挙に大々的に参加することで、ヴェラ 全文をよむ

2013-12-10 ロレスターン州選出の国会議員9名も議員辞職を示唆 (Jam-e Jam紙)

 〔イラン南西部でマイノリティのロル人が多く住む〕ロレスターン州選出議員団に属するイーラジ・アバディー議員は、来年度予算法案に貧困地域関連予算が計上されていないことに抗議して、同州選出の議員らが辞職をちらつかせていることを明らかにした。       アバディー議員は、「第5次開発計画法の第180条によれば、政府には一般予算220兆トマーン〔約7.3兆円〕の2%、すなわち4兆トマーンを貧困州のために計上する義務があったはずだ。ところが、実際にはそうなっていない」と述べた。       同議員は「こ 全文をよむ

2013-12-07 ザリーフ外相が釈明「アメリカはイラン国民の抵抗を恐れている」 (Jam-e Jam紙)

 イラン外相は、「アメリカが恐れているのは、イラン国民の抵抗である。われわれは我が国の能力や防衛力、バスィージ部隊の存在を誇りに思っているが、それと同時に、このことも否定しようのない事実なのである」と述べた。       モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外相はテヘラン大学での演説、及び大学生の一人から受けた質問への受け答えの中で行ったとされる発言〔※〕について、次のように述べた。      ※訳注:ザリーフ外相がテヘラン大学での演説で、「アメリカには爆弾一つで、われわれの軍事システムすべてを機 全文をよむ

2013-11-30 全国の金曜礼拝導師ら、ジュネーブ合意を支持(上) (Jam-e Jam紙)

 全国各地の金曜礼拝導師らは昨日、国の外交部門が手に入れた成果・成功の数々を指摘した上で、交渉団に謝意を示した。       これに関し、テヘラン臨時金曜礼拝導師のアーヤトッラー・エマーミー=カーシャーニーは核交渉チームの努力に謝意を示した上で、「ジュネーブ協議は制裁の壁を打ち壊し、シオニストたちの嘘が暴かれるきっかけとなった」と述べた。       イラン国営通信の報道によると、アーヤトッラー・エマーミー=カーシャーニーはテヘラン金曜礼拝での説教で、シオニストたちは多くの代償を払って、イランを 全文をよむ

2013-11-30 全国の金曜礼拝導師ら、ジュネーブ合意を支持(下) (Jam-e Jam紙)

■ ホセイニー=ブーシェフリー「ジュネーブ合意は最高指導者の指導の賜物」       イラン国営通信の報道によると、ゴム臨時金曜礼拝導師のアーヤトッラー・セイエド・ハーシェム・ホセイニー=ブーシェフリーは、イランの核交渉チームの疲れを知らぬ努力に謝意を示した上で、「ジュネーブ合意は最高指導者が〔ロウハーニー政権を〕指導し、〔5+1と交渉する〕機会を与えたことで得られたものである。これはイスラーム的イランにとって、大いなる成果と言えよう」と指摘した。       マシュハド金曜礼拝導師のアーヤトッ 全文をよむ

2013-11-12 ハーディー・ハーメネイー師「イスラームは民主主義を強調している」 (Mardomsalari紙)

 「イマームの路線に従う諸勢力会議」の総書記を務めるハーディー・ハーメネイー師は、イスラームと民主主義は互いに対立しているという西洋人の見解に言及し、「イスラームは民主主義や人民主権と対立していないばかりか、むしろそれを強く主張するものである」と述べた。      ※訳注:ハーディー・ハーメネイーはアリー・ハーメネイー最高指導者の実弟で、改革派に近い存在として知られる。       ホッジャトルエスラーム・ヴァル・モスレミーンのセイイェド・ハーディー・ハーメネイー師はムハッラム月に入ったことを記 全文をよむ

2013-11-06 ハビーボッラー・アスギャル=オウラーディー、死去 (Jam-e Jam紙)

 《イマームと最高指導者の路線を支持する戦線》の総書記を務めるハビーボッラー・アスギャル=オウラーディー氏が昨朝、神の呼びかけに答える形で、「永続者〔※神名の一つ〕の国」へと急ぎ旅立った。同氏はティール月〔6月22日〜〕から、心臓疾患が原因でテヘランの病院に入院していた。       同氏の子息であるアリーレザー・アスギャル=オウラーディー氏によると、同氏は月曜日の夜から状態が急変し、医師からも、もはや治療の手立てはないと告げられていたという。その時から昏睡状態に陥っていた同氏は、ついに昨朝、心 全文をよむ

2013-11-05 フィールーズアーバーディー軍統合参謀長「《アメリカに死を》は我らが国民的スローガン」 (Jam-e Jam紙)

 フィールーズアーバーディー軍統合参謀長は「イラン・イスラーム共和国はヨーロッパの34年先を行っている。なぜなら我が国の学生たちはすでに当時、テヘランにあったアメリカの《スパイの館》を占拠していたからだ」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、セイエド・ハサン・フィールーズアーバーディー少将は軍司令部・治安統制部全国大会の席上、軍高官らの前で、「《アメリカに死を》は我らが国民的スローガンである。しかしこれは、アメリカ国民の99%の死を叫ぶものではない。そうではなく、1%のアメリカの 全文をよむ

2013-11-05 ジャンナティー「アメリカに対して妥協はあり得ない」 (Jam-e Jam紙)

 護憲評議会書記のジャンナティー師は、「正義の希求はイスラームの原理・原則の一つである。それゆえ、アメリカには対決的姿勢を保つことが必要だ。われわれの原理・原則を無視するのでない限り、彼らに対して妥協するようなことはあり得ない」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、アーヤトッラー・ジャンナティーは昨日、イマーム・ホメイニー救済委員会のヘルパーらが抱える司法上の問題を解決するために開かれた会議のなかで、核問題について言及し、次のように指摘した。      われわれが核問題で妥協した 全文をよむ

2013-11-05 ハッダードアーデル「制裁が強化されても、われわれは屈しない」 (Jam-e Jam紙)

 公益判別評議会の委員を務めるハッダードアーデル氏は、イラン国民は革命という偉大なる学校で育てられてきたと指摘した上で、「もしアメリカが偉大なるイラン国民を制裁の強化で屈服させることができるなどと考えるなら、それは馬鹿げた想像だ」と述べた。       記者クラブが伝えたところによると、ゴラームアリー・ハッダードアーデル氏を交えて日曜日〔=11月3日〕の夜に行われた報道特別討論番組で、過去1世紀間のイラン人のアメリカ人に対する不信の根源について検討が行われ、その中で同氏は、イランをはじめとする世 全文をよむ

2013-11-05 モンタゼリー行政公正院院長「アメリカ大使館はどの国にあってもスパイの巣窟」 (Mardomsalari紙)

 行政公正院のモンタゼリー院長は、「今や西洋世界も、アメリカ大使館は〔世界の〕あらゆる国でスパイの巣窟となっていることを理解し、認めるようになった。まさにイラン国民こそが、アメリカ大使館にこの名を付けたのである」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、モハンマド・ジャアファル・モンタゼリー師は行政公正院一般委員会の会合で、第三代イマーム・ホセインを悼むムハッラム月の日々が到来したことに哀悼の意を述べた上で、「アーバーン月13日の出来事〔=1979年11月4日の米大使館占拠事件〕は、 全文をよむ

2013-11-04 最高指導者「交渉団が弱い立場に置かれるようなことがあってはならない」(上) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、「抑圧と闘う国民記念日」を目前に控えた昨日朝、数千にも及ぶ熱気あふれる学生らと面会し、イラン国民に対する抑圧諸国の敵意の根源について重要な分析を行った。同師はその上で、現在行われている交渉の勤勉なる担当者らを強く支持しつつ、      アメリカのこれまでの行動が示しているのは、核問題はイランとの敵対関係を継続させるための言い掛かりに過ぎないということである。敵の詐欺的な笑みによって、道を誤るようなことがあってはならない。もし交渉によ 全文をよむ

2013-11-04 最高指導者「交渉団が弱い立場に置かれるようなことがあってはならない」(下) (Jam-e Jam紙)

 ハーメネイー最高指導者はそこからさらに、アメリカとの間で抱えている最近の諸問題について、重要かつ根本的な点を指摘した。同師は5+1との交渉にあたっている責任者らへの支持を表明した上で、「彼らは革命の子らであり、イスラーム共和国の当局者らである。彼らは多くの努力によって、困難な使命を遂行しているところである。誰であれ、彼らを弱い立場に置くようなことをしてはならない。彼らを侮辱したり、妥協的だと断じたりすべきではない」と強調した。       アーヤトッラー・ハーメネイーは、アメリカを含む6ヵ国と 全文をよむ

2013-11-02 今年の米大使館占拠記念日は例年より盛大に(上) (Jam-e Jam紙)

 明後日アーバーン月13日〔西暦11月4日〕は「抑圧と闘う国民記念日」だ。さまざまな報道や発言から分かるのは、今年の式典は、たとえその熱気が例年以上とまではいかなくとも、例年以下となることはないだろうということである。       我が国の人民は58年〔=1979年〕にアメリカ大使館が占拠されてからこれまで、毎年アーバーン月13日になると集会を開き、デモ行進を行うことで、世界の抑圧諸国に対する自らの異議を表明してきた。そしてその象徴が、「アメリカに死を」そして「イスラエルに死を」のスローガンであ 全文をよむ

2013-11-02 今年の米大使館占拠記念日は例年より盛大に(下) (Jam-e Jam紙)

 ハータミー師は「アーバーン月〔10月23日〜11月22日〕には、特別な反米記念日が3つある」とした上で、次のように述べた。      最初の記念日はアーバーン月4日〔=10月26日〕である。この日は反人間的なカピチュレーション法、すなわちアメリカ人に治外法権を与える法律〔※イランに駐留する米軍人に対して外交官に準ずる地位を与えた米軍地位協定のこと〕に対して、イマーム・ホメイニーが反対演説を行い、この〔イラン国民への〕侮辱への異議を叫んだことを記念する日である。この演説を受け、偶像崇拝政府〔=革 全文をよむ

2013-10-28 国会の信任投票で2閣僚が信任:スポーツ青年相候補は信任得られず (Iran紙)

【エブラーヒーム・ベヘシュティー】国会は昨日の公開会議で、閣僚候補2名に信任票を投じ、その結果アリー・アスガル・ファーニーとレザー・ファラジーダーナーの両氏はそれぞれ教育相および科学技術相への道を得た。しかしスポーツ青年相に指名されたセイエド・レザー・サーレヒー=アミーリー氏は、賛成107票、反対141票、棄権13票で、国会の過半数の信任を得ることができなかった。これにより、スポーツ青年相のイスは依然として空席状態が続くこととなった。       科学技術相に指名されていたファラジーダーナー氏は 全文をよむ

2013-10-27 残りの3閣僚候補の信任、国会で検討へ:情勢は不透明 (Jam-e Jam紙)

 国会は本日、大統領により指名された科学技術相、教育相、及びスポーツ青年相の各候補の是非について、審議を行う予定となっている。国会議員らの信任が得られた場合、第11期内閣はロウハーニー政権発足から約3ヵ月で完成することになる。       こうした中、議員らが本日の審議で閣僚候補ら全員に対して信任票を投じて、閣議に大臣代行が出席する現在の状態を終わらせるか、それとも一部の省の運営に再度代行を利用せざるを得ない状況をロウハーニー大統領に強いるのかどうかについては、いまだ不透明である。        全文をよむ

2013-10-27 テヘラン市、市の許可なく設置された反米の横断幕を撤去 (Iran紙)

〔‥‥〕       「アメリカ流の誠意」と題された横断幕の設置についての記者らの質問攻勢にさらされたアヤーズィー・テヘラン市報道官は、「いかなる看板の設置も、テヘラン市内であれば市と調整する必要がある。問題になっている看板は、大統領の国連本部訪問と政府による〔5+1グループとの〕協議の後に設置されたものである」と述べた。       イラン紙によると、同氏はその上で「遺憾ながら、先の看板を市内に設置した団体・会社は、市と合意を交わすことなく、このようなことを行った。われわれはこれについて抗議を 全文をよむ

2013-10-20 革命防衛隊総司令官「アメリカには口先でイランを軍事的に威嚇する勇気すらない」 (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊総司令官は、「今年に入ってテロ組織は、自爆攻撃など11のさまざまな作戦をイラン南東部で行う計画だったが、それらは革命防衛隊の尽力によって未然に防がれた」と述べた。       ジャアファリー少将は日曜日〔10月20日〕正午、聖都マシュハドで行われた「団結の殉教者たち4周忌」〔※2009年にイラン南東部で起きたテロで死亡した革命防衛隊関係者らを悼むセレモニーのこと〕で、「イスラーム革命のあらゆる栄光、偉大さ、力強さはすべて殉教者たちの血のお陰であり、だからこそ、イスラーム的イランは安全 全文をよむ

2013-10-15 ケルマーンシャーでのラフサンジャーニー演説で混乱 (Jam-e Jam紙)

 ハーシェミー=ラフサンジャーニー公益判別評議会議長にトラブルが相次いでいる。昨日、アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーはケルマーンシャー市の大モスクで開かれた「第四回 殉教者メフラーブ記念式典」での演説に臨んだが、その際シュプレヒコールが飛び交い、同師の演説は中止を余儀なくされた。       複数の通信社がすでに報道しているように、〔ラフサンジャーニーが登壇し、演説を始めると〕「アメリカに死を」のシュプレヒコールが叫ばれ、その一方で「ハータミーに幸いあれ、ハーシェミーに平和あれ」 全文をよむ

2013-10-14 革命防衛隊総司令官、「アメリカに死を」スローガン中止をめぐる問題を批判 (Mardomsalari紙)

【政治部】「アメリカとの交渉と同国との関係改善」に注目が集まるようになってしばらくになる。たとえイラン・アメリカ外交関係樹立論は容易に形成されるようなものではないにしても、である。とはいえ、ロウハーニー大統領のニューヨーク訪問によって、イランの外交関係に新たな一章が刻まれたことも事実である。こうした中、1366年ファルヴァルディーン月4日〔1987年3月24日〕付のハーシェミー=ラフサンジャーニーのイマーム・ホメイニー宛書簡が波紋を広げており、「イマーム作品編纂出版会」を巻き込んだ問題となってい 全文をよむ

2013-10-13 金曜礼拝導師政策決定評議会議長「《アメリカに死を》廃止の動きは西洋かぶれに原因」 (Jam-e Jam紙)

 金曜礼拝導師政策決定評議会議長は、亡きイマーム・ホメイニーの見解に関する最近のハーシェミー=ラフサンジャーニーの回想録に対し、一部の者にとってアメリカは崇拝や希望の対象となっていると強調した上で、「アメリカについてイマームが何を言ったのか、われわれが記憶しているのは、次のような歴史的発言である。すなわち、アメリカは大悪魔だ、というものだ。イマームは何度も、自分の言ったことをきちんと記録しておくよう、強調されていた」と述べた。       ホッジャトルエスラーム・セイエド・レザー・タガヴィー議長 全文をよむ

2013-10-12 ラフサンジャーニー「イマームは『アメリカに死を』のスローガン廃止に同意していた」 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーは〔イランの抱えるさまざまな政治問題について対話形式で綴った著書〕『セラーハト・ナーメ』〔※「率直の書」という位の意味〕の中で、自身の回顧録の出版のあり方、ならびに「アメリカに死を」のスローガンをめぐる問題について、疑問に答えている。       ハーシェミー=ラフサンジャーニー広報サイトによると、『セラーハト・ナーメ』の中で〔‥‥〕アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーはイマーム・ホメイニーが「アメリカに死を」のスローガン廃止に同意し 全文をよむ

2013-10-12 アフマド・ハータミー:「反ヴェラーヤテ・ファギーフに死を」のスローガンは廃止不可能 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師のアフマド・ハータミー師は、内側から沸き起こってくる団結の重要性について強調したハーメネイー最高指導者の最近の指導について触れ、「事実、国内の団結こそ、敵に対する最も強力かつ価値の高い武器である。こうした団結があってこそ、さまざまな陰謀にも立ち向かうことが可能となるのだ」と述べた。       イラン国営放送報道センターが伝えたところによると、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのセイエド・アフマド・ハータミー師は昨日のテヘラン金曜礼拝での説教で、ヴァリーイェ・フ 全文をよむ

2013-10-06 ハーメネイー最高指導者「政府には信頼を置いているが、アメリカは信頼できない」 (Jam-e Jam紙)

 第7回「イスラーム共和国軍将校養成大学 卒業・宣誓・学生肩章授与合同式典」が昨朝、アーヤトッラー・ハーメネイー全軍総司令官出席の下、殉教者サッターリー空軍大学にて開かれた。       最高指導者事務所の広報サイトが伝えたところによると、〔‥‥〕アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はこの式典での演説で、イラン・イスラーム共和国の勇猛かつ名高き軍の一員となることは、新参の若者にとって実に名誉なことだとした上で、イスラーム体制の内部構造ならびに国民的団結の強化と合わせて、国防に対する軍の備え・態勢を固 全文をよむ

2013-10-01 200名の国会議員、ニューヨークでのロウハーニー大統領の外交に感謝 (Iran紙)

 政府と国会による初めての合同会議が、今夜開かれる。そうした中、200名以上の国会議員が国連総会で大統領が示したスタンスに感謝する書状に署名しており、本日国会の演壇で読み上げられる予定となっている。       国会議員らはここ数日、それぞれの発言の中でニューヨークでのイラン大統領ならびに同外交団のパフォーマンスを支持・歓迎した上で、〔ハーメネイー最高指導者が呼びかけた〕「英雄的柔軟性」を表すものだったとの見方を示し、大統領は体制の立場を原理・原則の枠組みの中で明確に述べ、国民の利益を守ったと口 全文をよむ

2013-10-01 ホセイニヤーン議員「ロウハーニーは革命の原理を英雄的に守った」 (Iran紙)

 革命永続戦線中央評議会の委員を務めるルーホッラー・ホセイニヤーン師は、ロウハーニー大統領は革命の原理を英雄的に守ったと指摘した上で、「西洋との交渉で勝利を収めることができるかどうかは、イラン当局が力強い立場を守ることができるかどうかにかかっている」と述べた。       同師は国会通信とのインタビューの中で、大統領のニューヨーク訪問について触れ、「革命最高指導者は『英雄的柔軟性』という外交政策の枠組みを提示した。ロウハーニー博士もニューヨーク訪問で、この枠組みに基づいて演説を行った。それゆえ、 全文をよむ

2013-10-01 革命防衛隊総司令官「ロウハーニー大統領の姿勢は力強いものだった」 (Iran紙)

 イスラーム革命防衛隊総司令官のモハンマド・アリー・ジャアファリー少将は、ニューヨーク、特に国連での演説でロウハーニー大統領が示した姿勢は適切かつ力強いものであったと表明した上で、「オバマとの電話での会話は、アメリカ政府によって実際の行動が示された後に先延ばしするべきだった」と強調した。       イスラーム革命防衛隊総司令官はタスニーム通信とのインタビューで、ホッジャトルエスラーム・ロウハーニー大統領とその随行団のニューヨーク訪問、ならびにそこで彼らが取った姿勢や行動について、「ロウハーニー 全文をよむ

2013-09-28 金曜礼拝導師が評価「国連総会でのロウハーニー演説はイスラーム体制の宣伝となった」 (Mardomsalari紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師は、国連総会でのハサン・ロウハーニー大統領の演説は力強く、豊潤で、理に適ったものだったと評した上で、「大統領の演説はイスラーム体制の宣伝となった」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、エマーミー=カーシャーニー師はテヘラン金曜礼拝での説教で、国連総会出席のために大統領がニューヨークを訪問したことについて触れ、「大統領の発言はイスラーム体制の宣伝となった。実際、それはイマーム〔・ホメイニー〕と〔ハーメネイー〕最高指導者が拠って立ってきた立場を表明するもので 全文をよむ

2013-09-28 アラム=アルホダー師「ロウハーニー大統領の演説は《英雄的柔軟性》の一例」 (Iran紙)

 全国の金曜礼拝導師らは各地で行われた金曜礼拝で、国連総会でのロウハーニー大統領の演説を支持する内容の講話を行った。       全国の金曜礼拝導師らは、大統領の演説とその論理は体制の立場に沿ったものであり、また先に革命最高指導者が提起した「英雄的柔軟性」にも合致するものだとの見方を示した。       マシュハド金曜礼拝導師のアーヤトッラー・セイエド・アフマド・アラム=アルホダーも大統領の演説に触れ、「この種の演説は、最高指導者が考える《英雄的柔軟性》〔の真意〕をよく表すものだった。国連総会で 全文をよむ

2013-09-28 ラーリージャーニー国会議長、ニューヨークでのロウハーニー大統領の言動を称賛 (Iran紙)

 ラーリージャーニー国会議長は、ホッジャトルエスラーム・ロウハーニー率いるイラン外交団は国連に、〔イランの〕理性と尊厳、栄誉を伝えるものとなったとした上で、「国連年次総会でのオバマの発言は全体的に見てよいものであったが、しかしアメリカが行動でどのような違いを示していくのかを注視する必要がある」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、アリー・ラーリージャーニー氏はまた、「ロウハーニー師の発言はすばらしく、よく練られたものだった。彼の振る舞いもスマートな外交的姿勢を有していた。それゆえ 全文をよむ

2013-09-27 ソレイマーニー司令官「イラン大統領に向けられた世界の敬意はイラン国民の抵抗のお陰」 (Jam-e Jam紙)

 ガーセム・ソレイマーニー少将は「ジャヴァーラーン・アシャーイェル村の殉教者たち記念式典」にて、「世界がイラン大統領に敬意を払い、敵が卑屈な態度を取り、〔イランとの緊張緩和について〕あのような言葉を口走ったのは、イラン国民の抵抗のお陰である。もしあなた方国民の献身と〔体制を支持する政治運動への〕参加がなかったならば、歴史にこうしたことが起こることはなかったであろう」と述べた。       同氏は、イランには化学兵器によって負傷した人が数万人もいると指摘した上で、「これらの化学兵器による負傷者たち 全文をよむ

2013-09-26 情報相、政治囚らのさらなる釈放の予定を表明 (Mardomsalari紙)

 情報相は、ガディール・フンムの祝日〔=10月23日〕にさらなる囚人らの釈放が行われる予定であることを明らかにした。       イラン学生通信の報道によると、セイエド・マフムード・アラヴィー情報相は閣議の傍らで、記者団を前に「ガディール・フンムに、さらに多くの囚人が恩赦を受ける予定だ。われわれはこれが、これらの人々や国民に同日与えられる良きプレゼントとなるものと期待している」と述べた。       同師は最近になって行われた囚人らの釈放〔※9月中旬にナスリーン・ソトゥーデ氏ら人権活動家10数名 全文をよむ

2013-09-25 ラーリージャーニー司法権長官「国連総会での大統領の演説は論理的なものだった」 (Jam-e Jam紙)

 司法権長官は、イランは信頼醸成の機会を再びアメリカ政府に与えたと強調した上で、「国連総会での我が国大統領の演説はしっかりとした論理的内容のものだった」と評した。      〔‥‥〕       アーヤトッラー・アーモリー=ラーリージャーニー司法権長官は国連総会での大統領の演説に触れ、その内容について、しっかりとした論理的なものだったと評した上で、「イランが他国と交渉・関係をもつことは、本質的に禁じられているわけではない。一部の交渉が滞っているのは、西洋諸国、特にアメリカの言動における誠実さへの 全文をよむ

2013-09-05 ラフサンジャーニー、シリア政府による化学兵器の使用に関する発言を否定 (Mardomsalari紙)

 エスファハーン金曜礼拝導師は、シリアに関するハーシェミー=ラフサンジャーニーの発言を収めたとされる音声ファイルが流通している問題で、「ハーシェミー師は自身による説明の中で発言を否定し、『何者かが自分に似せた声を出して話したものであり、こうした発言をしたことを強く否定する』と述べた」ことを明かした。       アーヤトッラー・セイエド・ユーソフ・タバータバーイーネジャードはメフル通信とのインタビューの中で、アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーが《シリア政府が自国の国民に対して化学兵 全文をよむ

2013-09-05 170名の国会議員、シリアの抵抗を支持する声明を発表 (Jam-e Jam紙)

 170名の国会議員は声明を発表し、その中でシリアにおける抵抗前線への支持を表明した上で、体制が望むのなら、不信心(クフル)と圧制の前線に対してシリアの同胞らと共に命を散らす用意があると宣言した。       イラン国営通信の報道によると、これらの議員らは昨日国会で読み上げられた声明の中で、世界の被抑圧民を支持すべしとの宗教的な命令や憲法に明記された原則について触れ、「今や毎日のようにタクフィール派によって殺戮されているシリアのムスリムたちの声を聞きながら、それに無関心を決め込むことなど、誰にで 全文をよむ

2013-08-15 ロウハーニー内閣に対する国会の信任投票、終わる:18名中3名が不信任 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】国会における4日間にわたる白熱した審議の結果、第11期政権の内閣がついに成立した。指名された18名の閣僚候補のうち、3名が閣僚入りすることができなかった。教育相候補、科学技術相候補、そしてスポーツ相候補の3名である。       ジャーメ・ジャム・オンラインの報道によると、国会はハサン・ロウハーニー政権が指名した閣僚候補らに関し、詳細かつ白熱した審議を行い、木曜日夜に信任投票を行った。       これまでの信任投票とは異なり、今回の信任投票では指名された閣僚候補 全文をよむ

2013-08-12 ロウハーニー大統領、副大統領2名を任命 (Jam-e Jam紙)

 大統領は昨日、別個の辞令の中で、モハンマド・バーゲル・ノウバフトとエルハーム・アミーンザーデの両氏を副大統領に任命した。       昨日ハサン・ロウハーニー大統領が出した辞令で、ノウバフト氏は「企画・戦略監視」担当副大統領兼「マネジメント開発・人的資本」担当副大統領代行に任命された。       ノウバフト氏に副大統領としての地位が二つ委ねられたことは、ロウハーニー大統領がこの二つを合併して、「行政企画庁」を復活させることを真剣に考えていることを示している。       行政企画庁は、マフム 全文をよむ

2013-08-05 テクノクラートたちの復帰:ロウハーニー、ベテランらを起用へ (Jam-e Jam紙)

 第11期政権〔=ロウハーニー政権〕の経済チームの陣容が昨日、発表された。経済専門家らは、この陣容に対して期待に満ちた眼差しを向けている。       第11期政権が提出した閣僚名簿の経済チームの陣容を総体的に眺めて気がつくのは、彼らのほとんどが古くから活躍する老年の、酸いも甘いも噛み分けたテクノクラートたちだ、ということだ。彼らは過去16年間、つまりハーシェミー=ラフサンジャーニー政権とハータミー政権で経済政策にかかわるポストに就き、それ以前も、つまり「強要された戦争」の時期にも、経済関連以外 全文をよむ

2013-07-27 テヘラン臨時金曜礼拝導師、ロウハーニー次期大統領に科学相選任で注文 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師は、国の優先課題の一つとして科学の進歩に関心を払うことの必要性を強調したハーメネイー最高指導者の発言に触れた上で、ロウハーニー次期大統領に勧告を行った。       ファールス通信の報道によると、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのカーゼム・サディーギー師は昨日のテヘラン金曜礼拝での説教で、国が抱える諸問題に対しては優先順位を付けて取り組み、また敵に対しては毅然と対応することの必要性に触れた上で、「経済と科学の進歩の二つが、われわれにとっての優先課題であり、これ 全文をよむ

2013-07-23 ジャラーリーザーデ「多様な民族出身者を閣僚に起用することが団結強化をもたらす」 (Mardomsalari紙)

 ある改革派の政治活動家は、「選挙で夢破れた者たちが、ポピュリズム的で反民主主義的な方法によって、閣僚選出にあたって自らの意見を〔次期大統領に〕押しつけようと躍起になっている。彼らは、国民によって選ばれた大統領が自身の目標や計画を実現させることを、阻もうとしているのである。国民が次期大統領に票を投じたのは、そうした目標や計画のためだったにもかかわらず、である」と述べた。       ジャラール・ジャラーリーザーデ氏はイラン労働通信とのインタビューの中で、次期政権の特徴について言及したうえで、「大 全文をよむ

2013-07-22 体制公益判別評議会議長「世界との交流を断つことは不可能」 (Mardomsalari紙)

 体制公益判別評議会議長は、経済、文化、社会の各分野でイランという国を作るべく努力することは、イラン人全員の個人的・集団的義務だとの見方を示した上で、次期政権が人々の生活に目を向けることに期待を表明した。       体制公益判別評議会議長のアーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーは国内の大学教授らと面会する中で、科学・医学界のエリートたちは国を支える人的財産に他ならないとし、次のように述べた。      〔国の抱える諸問題に対する〕彼らの憂慮こそ、現状の変革に向けた前向きで深いレベルの 全文をよむ

2013-07-22 ハーメネイー最高指導者「国の最優先課題は経済と科学の進歩」 (Jam-e Jam紙)

■ 「世界との関係では、敵のしてきたことを忘れてはならない」      ■ 「アメリカは誠実でなく、信用に値しない」      ■ 「1390年代〔=2011/12年からの10年間〕を進歩と公正の10年へと変えていくことが可能である」      ■ 「人口抑制策は大きな危険を孕んでいる。       アーヤトッラー・ハーメネイー革命最高指導者は昨日午後、体制の責任者たちや幹部と面会する中で、行政上の責任が委譲されること〔=政権交代〕は、イマーム・ホメイニー閣下が各分野で目指した方向性を継続させる 全文をよむ

2013-07-18 オスターディー師:「シーア派信徒とは、人目のないところでも神を意識する者」 (Mardomsalari紙)

【同紙2面】ホウゼ(イスラーム神学校)高等評議会書記は、「目で見ること」は人間にとって大きな喜びであるとしたうえで、次のように発言した。      見ることによる罪を防ぐために、一部の欲望を抑えなければならない。例えば、テレビの前に座る時に、すべての番組がイスラーム的である[イスラームの教えに適っている]と思い込まないことだ。なぜなら、これまで決してそのようではなかったし、[現在でも]イスラーム的でない番組が散見されるからである。   ホウゼ通信によれば、アーヤットッラー・レザー・オスターディー 全文をよむ

2013-07-17 最高指導者、護憲評議会のイスラーム法学者委員として4名を任命 (Mardomsalari紙)

 イスラーム革命最高指導者は憲法第91条にもとづき、護憲評議会のイスラーム法学者委員として、ハージ・シェイフ・モハンマド・モオメン、ハージ・シェイフ・モハンマド・ヤズディー、ハージ・セイエド・マフムード・ハーシェミー=シャーフルーディーの3名を留任させた。最高指導者はまた、別の辞令の中で、ホッジャトルエスラームのハージ・シェイフ・メフディー・シャブゼンデダール師を、〔今年4月に亡くなったゴラームレザー・レズヴァーニーの後任として〕同評議会の新たなイスラーム法学者委員に任命した。      〔‥‥ 全文をよむ

2013-07-15 護憲評議会一般法学者委員として3名が選出:キャドホダーイー報道官は落選 (Mardomsalari紙)

【政治部:クーロシュ・シャラフシャーヒー】護憲評議会は6名の一般法学者と、6名のイスラーム法学者で構成されている。イスラーム法学者は最高指導者によって任命されるが、6名の一般法学者は司法権長官によって〔適任者として〕選ばれ、国会に推薦された上で、国会議員による投票で選出されることになっている。       今回、3名の一般法学者の任期が満了を迎え、これら3名に新たに2名を加えて、5名の候補が国会に推薦された〔※〕。そして国会議員らは、現職と新人の組み合わせを選択した。国会はモフセン・エスマーイー 全文をよむ

2013-07-14 国会議員「国際的な領域では穏健な視線が必要」 (Mardomsalari紙)

 ある原理派国会議員は、閣僚に誰を選ぶかで、次期大統領が唱える穏健主義の思想が具体的に何を意味するのかが見えてくるだろうとの見方を示した上で、「大統領は、〔‥‥〕論争の的とならないような人物を〔閣僚に〕起用するべきだ」と述べた。       ホッジャトルエスラーム・ヴァル・モスレミーン〔※アーヤトッラーよりも学識・地位的にワン・ランク下のイスラーム宗教指導者に対する尊称〕のゴラームレザー・メスバーヒー=モガッダム師は、イラン学生通信とのインタビューで次のように述べた。      次期大統領が表明 全文をよむ

2013-07-14 護憲評議会の新たな一般法学者委員として5名が推薦 (Mardomsalari紙)

 国会司法委員会の委員長は、司法権から国会に、〔護憲評議会の一般法学者委員の候補として〕5名の法学者が推薦されたことを明かし、「予定に従い、日曜日にも推薦された5名の法学者のうち、3名が護憲評議会の委員に選出される見込みである」と述べた。       エラーヒヤール・マレクシャーヒー委員長は国会通信とのインタビューの中で、護憲評議会の一般法学者委員の候補として5名が司法権から国会に推薦されたことに触れ、「国会に護憲評議会の一般法学者委員を推薦するのは、司法権長官の義務の一つである」と語った。   全文をよむ

2013-07-14 イランでも盗聴疑惑:モタッハリー議員の事務所で盗聴器が発見 (Mardomsalari紙)

【政治部:クーロシュ・シャラフシャーヒー】自由はあらゆる人間の権利であり、人は憲法の枠組みの中で、監視下にあるという懸念なしに、自由に自らの生活を続けることができなければならない。もちろん、法はあらゆる市民にこうした権利を認めており、人々の〔個人的〕事情を詮索しようとする者に対しては、刑罰が用意されている。またわれわれはこれまで幾度となく、〔こうした詮索を理由に〕海外の政治関係者たちの行動を批判してきたし、ウォーターゲート事件のような出来事を理由に、西洋の政治状況に批判の目を向けてきた。     全文をよむ

2013-07-09 国会、アフマディーネジャード大統領のモスクワ訪問問題について調査 (Mardomsalari紙)

 国会の憲法第90条委員会の委員長は、アフマディーネジャード大統領のロシア訪問で同大統領に同行した者の人数をめぐって、タスニーム通信が訴えを起こしていることに触れ、「本件に関する調査は来週、委員会によって行われる予定だ」と述べた。       モハンマド・アリー・プールモフタール氏は国会通信との会見で、大統領の先の外遊をめぐる問題について言及し、「タスニーム通信は証拠資料とともに、国会の憲法第90条委員会に訴えを提出した」と述べた。       〔ハメダーン州〕バハール及びキャブーダル・アーハン 全文をよむ

2013-07-07 批判の渦中にある軍事予算 (Jam-e Jam紙)

 どの国でも軍事力は安全保障の点で、特別な位置を占めている。しかし明らかなのは、イラン・イスラーム共和国が8年間にわたる「不平等な戦争」〔=イラン・イラク戦争〕と広範囲にわたる制裁を経てなおも、自らの力を信じ、また陸海空の分野での装備を国産化することで、〔軍事力において〕受け入れ可能なレベルに到達することができている、ということである。       ・国防力の強化、・国家規模の研究プロジェクトの実施、そして・軍備における新技術の国内開発、というイスラーム共和国の基本政策のお陰で、さまざまな脅威や 全文をよむ

2013-07-07 バーホナル国会副議長「閣僚に学歴上の制限を設ける法案が可決されるとは思えない」 (Jam-e Jam紙)

 閣僚の条件に関する法案が議会内規編纂委員会で承認されたとの報道が伝えられたことに対し、国会第二副議長のモハンマドレザー・バーホナル氏は「この法案はいまだ準備段階にあり、国会議員らによる検討が依然として行われているところである」と述べた。       バーホナル氏はファールス通信との会見で、次のように付け加えた。      国会が今の組閣のあり方に対して、何らかの制約を設けようと考えているとは思わない。〔大統領によって〕指名された閣僚に対し、自身の職歴や学歴に関する資料や証明書を正確に国会に提出 全文をよむ

2013-07-06 ハータミー師「穏健が何を意味しているのか、次期大統領はその解釈を示せ」 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師は次期大統領に対し、スローガンである「穏健」についてしっかりとした解釈を示すよう求め、「政治的な領域における穏健とは、革命最高指導者と同一歩調を取ることである」と述べた。       ファールス通信の報道によると、アーヤトッラー・セイエド・アフマド・ハータミーは、テヘラン金曜日礼拝での第2講話で、「ロウハーニー師が提起した《穏健》や《チームワーク》といった問題は、実に正しいスローガンであり、信仰上の根拠を有するものである。なぜなら、イスラームの倫理全体が、穏健の上に築か 全文をよむ

2013-07-06 マルジャエ・タグリードら、次期大統領に勧告 (Jam-e Jam紙)

 イラン次期大統領は先の木曜日、ファーテメ・マアスーメ廟を参詣するとともに、マルジャエ・タグリード〔※シーア派の宗教最高権威〕らと会談して、第11期政権〔=ロウハーニー政権〕樹立に関する指導を仰ぐため、聖地ゴムを訪問した。       複数の通信社が伝えたところによると、ハサン・ロウハーニー師がゴムへの日帰り訪問の中で面会・会談したのは、マカーレム=シーラーズィー師、サーフィー=ゴルパーイェガーニー師、ヌーリー=ハメダーニー師、ショベイリー=ザンジャーニー師、ムーサヴィー=アルダビーリー師、及び 全文をよむ

2013-07-06 国会、閣僚の選任に条件を課す可能性が浮上 (Jam-e Jam紙)

 〔セムナーン州〕ギャルムサール選挙区選出の国会議員であり、議会内規編纂委員会の副委員長を務めるゴラーム・レザー・カーテブ氏は、ファールス通信のインタビューの中で、同委員会である議案が承認されたことについて明らかにした。この案が国会公開本会議で〔法律として〕可決された場合、大統領が閣僚を選任する方法に、一定の基準が設けられることになるという。       今回〔委員会で〕承認された案には、・関連省庁にかかわる職務経験を少なくとも10年間有していること、・少なくとも修士号か、それに相当する学歴を有 全文をよむ

2013-07-05 テヘラン市議会、当選議員らの初会合:新市長への言及なし (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】第4期テヘラン市議会の当選議員ら による二時間に渡る第一回会合がベヘシュト通りにある議会庁舎において開催された。      ファールス通信は、「この2時間の会合は、お茶とお菓子を食べながらのもので、全ての第4期議会選出議員が出席した」と報じた。      同会合は18時から20時まで、ベヘシュト通りの市議会庁舎で開かれた。      次期議員らは互いに自己紹介をし、各自の活動 や経歴について意見交換をした。同時に、シャフリーヴァル月12日[西暦9月3日]に公務が始ま 全文をよむ

2013-07-03 ラフサンジャーニー「『政治的人士』は男性に限定されない」 (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーは各界で活躍する女性や政治・社会活動家の女性らと面会し、その中でホルダード月24日〔6月14日〕の選挙後に国内で生まれた、〔明るい未来を〕期待させるような雰囲気について触れ、「急進主義に背を向け、政治的理性を歓迎した国民の経験が求めているのは、権力を握った人ないしグループは独占主義に陥ってはならない、ということである」と述べた。      〔‥‥〕       同師はイラン国民に科された制裁の不当性を訴えつつ、「〔国際社会との〕真の交流を促進し、 全文をよむ

2013-07-02 アフマディーネジャード「イランとロシアの友好は両国にとって有益」 (Jam-e Jam紙)

 大統領はモスクワ在住のイラン人家族と面会し、その中でイラン国民が今帯びている使命は極めて高いと強調した上で、「マフディー待望と正義による世界統治の文化を、今日の人類に知らしめなければならない。なぜなら悪魔の企てはどれも、人類をこの文化・思想から切り離そうとするものだからである」と述べた。      〔‥‥〕       大統領はタウヒード(神の唯一性、神のもとでの統一)と一神教信仰こそ、この世で幸福な人生を実現させるための第一の必要条件だとの見方を示した上で、「人類の不幸の根源は多神教にある。 全文をよむ

2013-06-27 次のテヘラン市長はだれ?:市議会では原理派と改革派が拮抗 (Jam-e Jam紙)

【同紙2面】[先の大統領選挙と同時に、第4期地方議会選挙が行われた。その結果、]テヘラン市議会の議員構成が、原理派と改革派がほぼ拮抗しているという特殊な状況を考えるならば、テヘラン市長選出の決め手となる要因は、選出議員らからは独立した、政治色の強くない5~6名の顔ぶれであろう。      現在、この何名かの独立系の人物らを自分たちの陣営に引き入れるための、原理派と改革派による水面下での競り合いや意見交換が進んでいる。これらの独立系の面々がテヘラン市議会の二大陣営のいずれを向くかによって、テヘラン 全文をよむ

2013-06-27 ガーリーバーフ、地元選対本部に謝意:「大統領選に再び立候補することはない」 (Jam-e Jam紙)

【同紙2面】[イラン北東部に位置する]ホラサーン・ラザヴィー州の地方ニュースサイトのひとつである「トルガベ・ニュース」によれば、ムハンマド・バーゲル・ガーリーバーフ[※1]氏は昨日、自身の故郷である[マシュハド近郊の]トルガベを訪れ、この都市にある自身の選挙対策本部の活動員らに感謝の意を伝えた。       この報道によると、ガーリーバーフ氏は自身の支持者にむけて、今後、大統領選に立候補することはないだろうと伝えたという。      同様にISNA(イラン学生通信)はトルガベ・ニュースを引用し、 全文をよむ

2013-06-27 大統領選辞退のアーレフ、「包括的な政党」を設立か? (Jam-e Jam紙)

【同紙2面】ファールス通信によれば、第11期大統領選候補者を辞退したモハンマド・レザー・アーレフ氏[※1]は、昨日、記者会見において、改革派的な指針をもつ包括的な政党設立の可能性があると発表した。      ※訳注1:改革派のアーレフ氏は、保守派に対抗するため支持者の声を受け、大統領選候補を辞退し穏健派のロウハーニー氏の支持にまわった。      アーレフ氏は、こう述べている。      目下、包括的な政党の設立については思案中である。もちろんこれは、個人が単独で行うべきものではない。   また 全文をよむ

2013-06-25 マカーレム=シーラーズィー「道徳的堕落が増えている」 (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは、「今日、道徳的堕落などの問題が増えてきている。我々は道徳と経済とが互いに関連し合っていること、つまり不道徳は経済を悪化させ、このふたつは直接政治にも影響を与えているということを、認識する必要がある」と述べた。       イスラーム神学校通信によれば、アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーはロウハーニー次期大統領の代理人らからなる派遣団と面会し、その中で選挙が盛大に行われたことに触れた上で、「敵による全面的な攻撃と内部の扇動があったことから、大 全文をよむ

2013-06-23 チュニジアでイラン大使館協賛の集会が開催「敵は部族的な反乱を画策している」 (Mardomsalari紙)

 「イスラーム共同体の団結」と題された集会が、チュニジアにあるイラン・イスラーム共和国大使館、イラン文化カウンシル、及び「世界穏健協会」の協力によって開かれた。       イラン学生通信の報道によると、「世界イスラーム諸宗派歩み寄り会議」の事務総長はこの集会で、イスラーム世界が直面する今日の重大局面について説明した上で、「イスラームの敵はイスラーム共同体の一体性を破壊するために、悪魔的な計画を練っている。彼らは部族的な反乱を煽り、宗派間の紛争を仕掛けることで、真の敵、すなわちシオニスト体制から 全文をよむ

2013-06-23 元内務次官「ジャリーリーに投じられた400万票すべてが右派急進派の票というわけではない」(上) (Mardomsalari紙)

 ハータミー政権時代に内務次官(政治担当)を務めたモルタザー・モバッレグ氏は、アーレフ氏が選挙戦からの撤退したことや、ハータミー師やハーシェミー=ラフサンジャーニー師がハサン・ロウハーニー師を支持したことが、今回の大統領選におけるロウハーニー勝利の主な原因となったとの見方を示している。       モバッレグ氏は、ガーリーバーフ氏が選挙でロウハーニー師に1300万票の差を付けられて敗北を喫した原因について、次のように述べている。      これには二つの重要な要因が関わっていると思う。第一に、人 全文をよむ

2013-06-23 元内務次官「ジャリーリーに投じられた400万票すべてが右派急進派の票というわけではない」(下) (Mardomsalari紙)

 改革派に属する政治活動家のモバッレグ氏は、ジャリーリー氏が獲得した、一見「イデオロギー票」と思われる400万票について、次のような分析を提示している。      この数字に正確かつ科学的に依拠することはできないように思える。ジャリーリー氏は特別なグループに属する候補者だったのであり、こうした政治グループの社会的ウェートの平均値が、この程度〔=400万票〕だったと要約することができるだろう。      〔とはいえ、〕右派急進派が400万票を有しているというのは正しくない。急進派は、たとえ強い〔政 全文をよむ

2013-06-23 マルジャエ・タグリードら、次期政権に期待を表明(上) (Jam-e Jam紙)

アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニー「ゴムの宗教界と大統領をつなぐ仲介者の存在が必要だ」       次期大統領はここ数日、様々な人物との話し合いや協議に忙殺されているが、そのような中で昨日、マルジャエ・タグリード(シーア派宗教最高権威)のもとを訪問し意見を仰ぐために、自らの代理人らからなる代表団をゴム市に派遣した。また、最高指導者選出専門家会議の議員らの一団が、同会議を代表してハサン・ロウハーニー師と会談するなど、昨日は次期政権と宗教指導者らとの関係にとって重要な一日となった。      〔 全文をよむ

2013-06-23 マルジャエ・タグリードら、次期政権に期待を表明(下) (Jam-e Jam紙)

 マルジャエ・タグリードである同師はリバー(利子)の問題に注意を向けた上で、「現在世界中で起きている経済問題は、銀行や金融機関が利子による利益を貪っていることに起因する。経済緊縮策も問題の解決に何ら効果はない」と付け加えた。       同師はさらに、「利子は廃止されなければならない。国民の持つお金を集め、それらを生産や雇用に活用すべきである。これによって経済の活況と富の増大、物価安がもたらされ、イランという国は富み栄えるようになるのだ」と述べた。       同師はさらに、「政府は〔市場に〕流 全文をよむ

2013-06-23 公益判別評議会議長、ロウハーニー次期大統領と会談 (Mardomsalari紙)

 ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン〔アーヤトッラーよりワンランク下の宗教指導者への尊称〕のハサン・ロウハーニー次期大統領は昨日、アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーと会談した。       この会談で、ラフサンジャーニー公益判別評議会議長は第11期大統領選でのハサン・ロウハーニー博士の勝利に改めて祝辞を述べた上で、同師ならびに次期政権に対して、より一層の成功を祈願した。       アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーは、ハサン・ロウハーニー博士の穏健主義や深慮 全文をよむ

2013-06-20 改革派議員:「新政権では、原理主義穏健派と改革派の完全なる一致が生じるだろう」 (Mardomsalari紙)

【同紙2面】某改革派議員は 、国民の投じた票は意義あるものだったとし、「新政権では、原理主義穏健派と改革派全体の勢力の完全なる[超党派的な]一致が生じるだろう」と述べた。      ホセイン・アミーリー・ハームカーニー議員は、イラン学生通信とのインタビューにおいて、ハサン・ロウハニー氏の発言 は、「穏健」および「中道」の発言であり、また一方では改革派的な方法による発言であると述べたうえで、「国民は社会の諸問題をきちんと認識しており、政治と行政の現状には納得していない」と発言した。      同議 全文をよむ

2013-06-20 敗北は誰のせい?:原理主義者たちの大統領選 (Jam-e Jam紙)

【同紙2面】第11回大統領選挙の終了から1週間が過ぎ、原理派のニュース・サイトでは選挙で同派が敗北を喫した理由についての熱い議論が巻き起こっている。       これらの分析では、原理主義者たちは、原理派勢力が敗北したことの責任の所在をイスラーム革命永続戦線[大統領選候補としてはジャリーリーを擁立]にあるとしている。興味深いのは、革命永続前線もまた原理派の敗北の責任はアフマディー・ネジャードにあるとしている点である。      アフマド・タヴァッコリー[テヘラン選出国会議員、元・国会調査センター 全文をよむ

2013-06-20 新内閣に「残留」する閣僚はだれ?:≪核交渉≫がカギか (Jam-e Jam紙)

10期政権[現政権]のアリー・アクバル・サーレヒー外務相は、第11期[次期ロウハーニー政権]の組閣でも残留する可能性があるとされる、アフマディーネジャード政権の唯一の閣僚である。      ロウハーニー氏と以前の政権において[※1]核問題で協力してきたキャリアが、サーレヒーが次期政権でも入閣すると予想される理由である。原子力庁の運営が、サーレヒーが第11期政権で就任する可能性があると言われているポストである。      ※訳注1:ロウハーニーは、ハータミー政権時代、国家安全保障最高評議会書記とし 全文をよむ

2013-06-19 イラン・メッラト銀行への制裁措置は無効:イギリス最高裁が判決 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】イギリスの最高裁判所は、イギリス政府によるイランのメッラト銀行への制裁措置が非理性的だとして、この制裁を無効とした。      ロイター通信の報道によれば、イギリス最高裁判所は2009年におけるイラン・メッラト銀行への制裁が、イギリス政府の誤りであったとの判決を下した。      [この判決に先立ち]欧州連合(EU)一般裁判所は[今年]1月、EUによる2010年のメッラト銀行への制裁を無効とした。この判決を引き金とし、同銀行はイギリスに対し損害賠償を請求している。  全文をよむ

2013-06-18 ハッダードアーデル、反革命分子を政府内に招き入れぬよう次期大統領に警告 (Jam-e Jam紙)

 国会の原理派議員であるゴラームアリー・ハッダードアーデル氏は、「貴族主義や贅沢主義、文化的敗北主義との対決を次期大統領に呼びかける。われわれが期待しているのは、宗教に異を唱え、敵意を抱いている者に次期政権内での活躍の場を与えないこと、である。同様に、反革命的な理論家たちが〔政権を陰で牛耳る〕長老的な役割を演ずるようなことがあってはならない」と強調した。       ファールス通信の報道によると、同氏は昨日の国会の公開会議における中間演説の中で、「対立と諍いを煽るような言動を慎み、〔行政権、立法 全文をよむ

2013-06-18 ロウハーニー次期大統領「イラン国民の正当な権利については妥協しない」(1) (Jam-e Jam紙)

 イラン国民によって新たに選出された次期大統領が昨日、自身初の記者会見で、国内外の記者たちからの質問に答えた。       ジャーメ・ジャム紙の報道によれば、数日前までテレビでの政見放送を通して、国民に向けて自らの政策綱領を説明していたハサン・ロウハーニー次期大統領は昨日、記者団の前に姿を現し、彼らからの質問に答える中で、次期政権は自らの綱領を実行していくにあたっていかなるやり方を考えているのかについて述べた。       昨日の記者会見の冒頭で大統領は、ホルダード月24日(西暦6月14日)の選 全文をよむ

2013-06-18 ロウハーニー次期大統領、記者会見で「イラン国民の正当な権利については妥協しない」(5) (Jam-e Jam紙)

■ 「古傷」       アメリカの某テレビ局の記者がロウハーニー次期大統領にイラン・米関係について質問したところ、ロウハーニー師は「イラン・アメリカ関係は、複雑で難しい問題である」と答え、さらに「〔イラン・米間には〕古傷と言えるものが存在する。それについては、しっかりと調べた上で、治す必要がある。我々は、緊張の拡大と増大を望んではいないが、自らの権利について妥協するつもりはない」と付け加えた。       ロウハーニー師は、健全な理性とは過去〔の清算方法〕について解決策を見つけるよう命じるもの 全文をよむ

2013-06-18 ロウハーニー次期大統領「イラン国民の正当な権利については妥協しない」(3) (Jam-e Jam紙)

■ 「勝利の式典」を開く時期       某通信社がロウハーニー師に「選挙宣伝の際、若者たちに職が与えられ、我が国から失業問題がなくなったときに、勝利の式典を催す考えがあることをあなたは強調していたが、この勝利式典はいつ行われる予定か」と質問したことに対し、ロウハーニー師は「親愛なる国民の支援を得て、なるべく早い時期にこのセレモニーを開催する予定だ」と回答した。      
 次期大統領はその上で、次のように明言した。      就業問題の根本的な解決は経済の活性化いかんにかかっている。つまり、 全文をよむ

2013-06-18 ロウハーニー次期大統領「イラン国民の正当な権利については妥協しない」(2) (Jam-e Jam紙)

 「あなたが率いることになる政府にとって、優先課題は何になるか」との問いに対し、ロウハーニー師は「最重要優先課題は、経済と人々の暮らしにかかわる問題である」と答えた。       同師は経済的問題の解決の必要性を強調したうえで、「第一に、ラマダーン月が近いということに鑑み、国民が必要としている基本物資の確保に、現政権と協力して努める必要がある。というのも今のところ、〔次期〕政権発足まで法的な手続きを経る必要があるからだ。こうしたことから、私の協力者たちが現政権と連絡を取り、現局面の問題解決に向け 全文をよむ

2013-06-18 ロウハーニー次期大統領「イラン国民の正当な権利については妥協しない」(4) (Jam-e Jam紙)

■ 「濃縮活動停止の時代は過ぎた」       ある海外メディアの記者が「イラン・イスラーム共和国は信頼醸成のために、再びウラン濃縮活動を停止する可能性はあるか」と質問したことに対し、ロウハーニー師は「もはや濃縮活動停止の時代は過ぎた。今やわれわれは特別な状況下にあり、信頼醸成ための方法は多様だ」と答えた。       国家安全保障最高評議会における革命最高指導者代理を務める同師はさらに、「イランによるウラン濃縮活動に対する国際社会の信頼をどのように引きつけ、持続させていくべきかについて、われわ 全文をよむ

2013-06-17 ロウハーニー次期大統領、国会議長と会談:政府と国会の協力関係構築に向けて前進 (Mardomsalari紙)

 アリー・ラーリージャーニー国会議長とハサン・ロウハーニー次期大統領が〔大統領選後〕初会談を行い、ともに経済や国民生活をめぐる問題の解決の必要性を強調した。       国会議長は第11期大統領選で大統領に選出されたハサン・ロウハーニー博士との会談終了後、国会通信とのインタビューの中で、ロウハーニー師とは古い付き合いであることから、祝辞を述べるだけでなく、直接お会いしたいと考えていたとした上で、「この会談では、国の状況、特にインフレ抑制や失業問題といった喫緊の課題について話し合った」と述べた。  全文をよむ

2013-06-16 イラン大統領選挙、ロウハーニーが勝利 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン:現地時間15日20:24】第11期大統領選挙の最終結果が発表され、ハサン・ロウハーニーが過半数の票を獲得してトップに立ち、イランの人々に選ばれた大統領となった。      以下が内務相によって発表された選挙結果である。内務相は、投票率を72.7%と発表し、ロウハーニーが新大統領であると宣言した。   総投票数は3670万4156票、うち有効投票総数は3545万8747票であった。      ハサン・ロウハーニー  1861万3329票   モハンマド・バーゲル・ガー 全文をよむ

2013-06-15 イラン大統領選挙、中間結果発表:ロウハーニーが47%、ガーリーバーフが15%の得票 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン:現地時間05:44】モスタファー・モハンマド・ナッジャール内務相から、大統領選挙の中間結果が発表された。      1631の投票所の集計によれば、ハサン・ロウハーニーが47パーセントの得票率で、また、モハンマド・バーゲル・ガーリーバーフが15パーセントの得票率で首位に立っている。      また、同内務相によれば、投票率はまだ明らかにされておらす、詳しい報告を待たなければならないが、本日25日[西暦6月15日]中には、最終結果が発表されるであろう。      内務 全文をよむ

2013-06-15 ロウハーニー、大統領選を制す:市民ら、街頭で歓喜 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン:6月15日22時37分時点】第11期大統領選の最終的な開票結果が発表されたことを受け、多くの市民、特に若者らが首都テヘランの街頭、特に〔テヘランを南北に貫く目抜き通りの〕ヴァリー・アスル通りに繰り出し、喜びを表現した。       イラン学生通信(ISNA)の報道によると、キャリーム・ハーン通り、ジョムフーリー通り、ヴァリー・アスル通り、ファーテミー通り、パレスチナ広場、ケシャーヴァルズ通り、エンゲラーブ通りなど、テヘランの西部から東部地域へと向かうルートで、多くの 全文をよむ

2013-06-14 アーレフ氏が予想「大統領選は第二回投票に持ち込まれるだろう」 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】アーレフ氏は7割の有権者が大統領選に参加するだろうと予想した上で、誰が第二回投票に進出するかについては、「いかなる予想も不可能だ」と述べた。       第11期大統領選に立候補し、その後選挙まであと数日という時期に出馬を辞退したモハンマド・レザー・アーレフ氏は、ホルダード月24日〔6月14日〕の朝、ホセイニーイェ・エルシャードに姿を現し、投票箱に票を投じた。       アーレフ氏は今回の選挙の予想投票率についての質問に答えるなかで、「思うに、国民の〔選挙への〕参 全文をよむ

2013-06-14 護憲評議会「正式な投票結果が発表されるまで、候補者に勝利集会を開く権利はない」 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】護憲評議会の報道官は、「内務省から〔選挙〕結果が発表される前に、自らを勝利者だと宣言したり、〔勝利〕集会の開催を発表したりする権利は、立候補者らにはない」と述べた。       アッバースアリー・キャドホダーイー報道官は、護憲評議会の監督は投票、そして開票が終了するまで続くと指摘した上で、「関係する監視員や責任者らとともに、我が方の監視員も正確かつ明確な監視活動を行う」と語った。       同氏はさらに、「法律・規則に述べられている通り、開票が終わる最後の一時間ま 全文をよむ

2013-06-14 イラン大統領選挙、投票時間を夜8時まで延長:さらに夜9時まで (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン:現地時間17:54】   内務省選挙管理委員会は、「投票時間を全国で20時まで延長する」と発表した。      ニュースセンターの報道によれば、内務省選挙管理委員会は、「投票時間を全国で20時まで延長する」と発表した。      第11期イラン大統領選挙、および、第4期市町村議会選挙は、本日金曜日の朝8時、あらゆる層の人々が投票所に足を運ぶなか全国で開始された。      大統領選挙法第20条によれば、国の内外における投票は一日で行われ、投票のために設けられる時間は 全文をよむ

2013-06-14 イラン大統領選、4回にわたり投票時間を延長:テヘラン州では夜11時まで (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン:現地時間21:57】内務相は、「全国において投票時間を23時まで延長した」と発表した。      ニュースセンターによれば、通達の全文は以下の通り。      投票時間の延長に関する全国の各州および各選挙区の選挙対策本部の要請により、常にイスラームの祖国の[歴史的かつ重要な]場面におられる慧眼なる人々の瞠目に値する大いなる参加に鑑みて、内務相殿の同意を得、投票時間がもう一時間、すなわち23時(夜11時まで)延長された。      同時に、すべての有権者の投票が終了し 全文をよむ

2013-06-13 大統領選8候補によるテレビ討論を振り返る(前篇):4000万人が視た番組の企画と世論調査 (Mardomsalari紙)

【同紙11面】イラン国営放送選挙対策本部長のマジード・ダーネシュヴァル氏は、以下のように発言した。      先日行われた[3回の]テレビ討論の各回について、それぞれの終了後にその都度、番組世論調査が行われた。平均して国営放送の視聴者の65%に我々[の番組]を届けることができた。それは、イランの人口のうち約4000万人に相当する。      選挙、しかも大統領選挙のような[大イベントの]開催に向けての番組編成は、広範なものとする必要がある。詳細な企画が、そして、それは実施・放映において公平である 全文をよむ

2013-06-13 穏健派候補は女性たちの味方?(1):「女性省」創設を提案 (Mardomsalari紙)

イランの女性たちは、さまざまな公約が実行に移されなかった30年間を経て行われる今回の第11期[大統領]選挙で、女性たちの問題を現実的な政策の形で実行に移してくれる政権が組織されることを待ち望んでいる。こうした中、多くの期待の目が、穏健派候補[ロウハーニーを指す]に向けられているのだ。       ニュース・サイト「ファルヤードギャル」[※1]によれば、共和国大統領第11期の選挙まで、残すところあと1日となった[原文まま]。      ※訳注1:「ファルヤードギャル」は昨年夏に開設された改革派系ニ 全文をよむ

2013-06-13 大統領選8候補によるテレビ討論を振り返る(後編):ネットサイトや選対本部からの批判も (Mardomsalari紙)

―3回にわたって行われたテレビ討論の視聴率に関する統計をお持ちですか?      テレビ討論については、3回の放送それぞれについて[番組]世論調査が行われました。平均して国営放送視聴者の65%に我々[の番組]を届けましたが、これは全人口のうちのおよそ4000万人に相当します。もちろん、1回目のみ、あるいは2回目、3回目の放送のみを視聴した、という人たちもおり、最終的に65%という数字になりました。   ―番組の進め方に対する、視聴者の満足度はいかがでしたか?       番組の満足度についても 全文をよむ

2013-06-13 穏健派候補は女性たちの味方?(2):アフマディーネジャード政権の女性政策への失望 (Mardomsalari紙)

■女性たちの給与を返還する      第11期大統領選候補者らは、「[家族を]扶養する義務を負う女性たちのための失業保険」から「フルタイムで影響力の大きな役割を果たす母」[の位置づけ]まで、女性についての様々な計画や見解を提起した。しかし、これらの候補者たちの一人[マルドム・サーラーリー紙が支援するロウハーニー候補を指す]は、女性省の創設を提言するとともに、女性たちの問題に対し、より前向きで社会的な視点を備え、次のように発言した。      女性もまた[男性とおなじ]ひとつの社会で、活動し、労 全文をよむ

2013-06-12 ハーシェミー=ラフサンジャーニー「ロウハーニー博士に投票する」 (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニーは、第11期大統領選でハサン・ロウハーニー候補への支持を正式に表明した。       公益判別評議会議長を務める同師は、改革派・原理派双方の若手政治活動家ら、ならびに自身の選挙本部のメンバーらの前で、「当初、公益判別評議会内で、私たちはナーテグヌーリー師に立候補を促すべく、議論していた。しかし彼はそれを辞退したので、そこでロウハーニー師に立候補してはどうかと持ちかけた。彼はもし条件が整い、私の支持が得られるのであれば立候補すると言った」 全文をよむ

2013-06-12 ハータミー元大統領、ロウハーニー支持を表明:アーレフ、立候補を辞退 (Mardomsalari紙)

 改革派は穏健派・中道派の人物であるハサン・ロウハーニー師と連合を組むべきか否かをめぐって、数日間にわたって思案投げ首を繰り返した末、ついにモハンマド・レザー・アーレフ氏が、選挙戦継続を取り止める旨の声明を発表した。       こうして事実上、変化や改革を求める大部分の勢力が、一致してハサン・ロウハーニー支持に立ち上がったことになる。       また、セイエド・モハンマド・ハータミー師もロウハーニー師を支持する意向を表明、この動きも間違いなく、選挙への参加を躊躇している人々に投票を促す、格好 全文をよむ

2013-06-11 サイバー空間での大統領選挙戦(1):ソーシャルメディアの台頭とネット世論調査 (Jam-e Jam紙)

【同紙1-2面】投票日が近づくにつれサイバー空間上での各候補者の宣伝合戦も白熱してきた。       投票日が近づくにつれ、国内の選挙戦の構図がより鮮明になり、選挙ムードは熱気を帯びてくる。     国営テレビ・ラジオ放送を通じての候補者らの宣伝[テレビ・ラジオでの政見ドキュメンタリー等を指す]は続いており、もちろん以前から予想されていたように候補者らのテレビ討論は、他のどの番組よりも選挙戦の熱気を増すものとなった。       国営テレビ・ラジオを通じての候補者らの宣伝がポスターやパンフレット 全文をよむ

2013-06-11 サイバー空間での大統領選挙戦(2):どのサイトがどの候補者を支持するか? (Jam-e Jam紙)

 ネット上はここのところ、各候補者らが自身についての噂に返答し、また、対立候補者らの見解に対して反応を示すための場所へと変わった。特に先週の金曜にテレビ討論が行われ各候補者らがそれぞれの立場を批判し合って以降は、各ネットサイトは意中の候補者を支持して、次々とコンテンツをアップしている。これは、番組[テレビ討論]の後に生じたであろう候補者についての様々な疑問や不信を解消するためである。       これらのうち一部のネットサイトは、特定の候補者を明確に支持しているが、一方で、[支持する候補を]はっ 全文をよむ

2013-06-11 サイバー空間での大統領選挙戦(3):白熱するソーシャルメディア (Jam-e Jam紙)

選挙の公式的な場ではほとんど見られない、大統領選挙[という正三角形、あるいは、正方形]のひとつの辺は、インターネット上で見ることができる。ソーシャルメディアを注視している有識者らは、ネット空間とソーシャルメディアというパン釜が、大統領選挙のなかで最も熱いところだと確信している。   ネット空間の場にはほとんど制約がないため、ソーシャルメディアではユーザー間の政治と選挙に関わる真剣な論戦が、活況を呈している。最近の統計に基づいて発表されたユーザー数は、1700万人にものぼるという。      ソー 全文をよむ

2013-06-11 殉教者財団への国会調査が決定:150億トマーン規模の横領疑惑も (Mardomsalari紙)

 国会の地方議会・内務委員会の委員長は、殉教者財団に対する調査で焦点に上がっている最重要問題として、同財団のミスマネジメント、傷痍軍人たちに対する治療行為における怠慢、不適切な人物の登用などを挙げた。       国会通信の報道によると、アミール・ホジャステ委員長は「殉教者・傷痍軍人問題財団」に対する疑惑究明案の発議者として、国会の公開会議の中で次のように述べた。      第9期国会の発足後、私たちは傷痍軍人たちが指摘している問題について検討するために、殉教者財団の幹部らと複数回にわたって会議 全文をよむ

2013-06-10 ハッダードアーデル、大統領選候補を辞退 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】ゴラームアリー・ハッダードアーデルの代表者は、今日ホルダード月20日[6月10日]の護憲評議会書記との会合を欠席していた。ハッダードアーデル氏は、第11期大統領選挙候補者を辞退するとともに、「私は、直接的に、あるいは間接的に、今回の選挙で原理派が敗北する結果になるような如何なる措置をも避ける義務があると考える」と強調した。      さらに、ハッダードアーデル氏は、イラン・イスラーム共和国の人々に対し、革命最高指導者のお考えになる基準を遵守し、イスラーム革命の言説と 全文をよむ

2013-06-10 ロウハーニー候補の政見ドキュメンタリーから、ラフサンジャーニー談話が削除 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】アーリヤー通信は、「最新の情報によれば、ホルダード月20日[6月10日夜]に国営放送から放映予定のロウハーニーの政見ドキュメンタリー[※]が検閲により一部削除された」と報じた。      ※政見ドキュメンタリー:大統領選の各候補者は、自分の経歴や生い立ち、政治的見解などを盛り込んだ30分の選挙宣伝用ドキュメンタリー・フィルムを作成し、国営放送第1チャンネルで放映することができる。全候補者の政見ドキュメンタリー第1弾が2回ずつ放送され、6月9日からは第2弾として、各候 全文をよむ

2013-06-10 サファヴィー最高指導者顧問「盛大な選挙こそ国の安全を保証する」 (Jam-e Jam紙)

 ハーメネイー全軍最高総司令官の上級顧問を務めるサファヴィー司令官は、「可能な限り多くの国民が選挙に参加し、相応しき人物を〔大統領に〕選出することが、何よりも重要であり、それこそが国家の安全と進歩、そして繁栄を保証するのである」と述べた。       メフル通信の報道によると、セイエド・ヤフヤー・サファヴィー少将は、今年は「政治的偉業」の年であり、選挙は目前だと指摘した上で、次のように強調した。      イランの選挙は国家の安全と利益、そして人民の今後の生活と深く結びついている。それゆえ、〔国 全文をよむ

2013-06-10 選対本部広報責任者、「アーレフ候補はハータミー氏の決定により大統領選を辞退する」:本人は否定 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】アーレフの選挙対策本部広報責任者のアリーレザー・ハーメスィヤーンは、「大統領選挙アーレフ候補は、ただハータミー氏の決定によって選挙戦から退くだろう」と述べた。      【メフル通信報道からの引用】      アーレフ選挙対策本部広報責任者ハーメスィヤーン氏は、モハンマドレザー・アーレフ氏がハサン・ロウハーニーに利するために大統領選挙からの退くとのニュースについて、こう述べた。      「現在、アーレフ氏はホッラムアーバードにおり、記者のひとりの質問に対し、『わた 全文をよむ

2013-06-08 ハッダードアーデル候補:「私が辞退する必要性はない、原理派は勝利する」 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】第11期大統領選のゴラームアリー・ハッダードアーデル候補[元・国会議長]は、「誰かほかの候補者のために、自分が辞退する必要性があるとは考えていない。投票日までに状況が変化した場合には、原理派はその状況に合わせて、決定を行うだろう」と述べた。      ハッダードアーデル候補は、記者団との会見の中で、次のような質問を受けた。      ―「[原理派]三者連合 は、当初、出口をもつ[すなわち、候補者を一本化する]ことになっていたが、選挙に関わる政治状況を見ると、この決定 全文をよむ

2013-06-07 ロウハーニー候補の選対本部長:アーレフ候補との同盟について「聞いていない」 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】ハサン・ロウハーニー候補の選挙対策本部長は、同候補との同盟のためにアーレフ氏が大統領候補を辞退するとの報道に対し、「私はそんな話は聞いたこともないし、それに関連した情報も入っていない」と述べた。      モハンマド・ネエマットザーデ選挙対策本部長は、タスニーム通信とのインタビューの中で、ハサン・ロウハーニー候補との同盟のためにモハンマド・レザー・アーレフ氏が大統領選候補を辞退する可能性を報じた、いくつかのニュースについて、「私はそんな話は聞いたこともないし、それに 全文をよむ

2013-06-03 情報省、選挙の混乱を狙ったテロ組織の摘発を発表 (Jam-e Jam紙)

 〔大統領選の行われる〕ホルダード月24日〔6月14日〕に破壊活動を行う任務を帯びたテロ組織が、時のイマームの無名戦士たち〔=情報省の諜報員〕によって摘発された。       ファールス通信の報道によると、情報省の広報部は声明を発表し、その中で、このテロ組織のメンバーらを特定した上で逮捕したことを明らかにした。この声明はさらに、      この集団は必要とされる作戦=テロ訓練を受けた後、実地での作戦実施を目的に、とある地方で特定の標的複数を選び出し、狙撃を行っていた。このスパイ=テロ組織に命じら 全文をよむ

2013-06-03 アーヤトッラー・ターヘリー=エスファハーニー、死去 (Mardomsalari紙)

 初代エスファハーン金曜礼拝導師であったアーヤトッラー・セイエド・ジャラーロッディーン・ターヘリーが、昨日〔=6月2日〕の朝5時にこの世を去った。同師は約1ヵ月間、肺の病気によりエスファハーン病院に入院していた。       ニュースサイト「ファルヤードギャル」によると、イマーム・ホメイニーの信頼が篤かった同師は、金曜礼拝導師の職をおよそ30年間務めた。同師は1305年〔西暦1926/7年〕、エスファハーン市南部地区にあるホセインアーバードという名の古い街区(この街区はスィーチャーン区およびパー 全文をよむ

2013-06-02 政府系日刊紙『イラン』、6ヶ月の発行停止 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】テヘラン州刑事裁判所は、[現大統領支持の政府系日刊紙]『イラン』紙の発行責任者に関わる公判ののち、同紙に6ケ月間の一時発行停止を言い渡した。      メフル通信は、「先週日曜日、『イラン』紙・発行責任者は、テヘラン州刑事裁判所第76支部において、判決を言い渡された。検察からの訴状によれば、『イラン』紙・発行責任者の容疑は、事実に反する記事内容の掲載である。検察は、同件の有罪を請求していた。      【メフル通信・報道全文】      [上記との重複部分を略]   全文をよむ

2013-06-02 原理派、ジャリーリーがアフマディーネジャードと同じ道を歩むことに懸念も (Mardomsalari紙)

【政治部:アミール・バーラーン】サイード・ジャリーリーは、「選挙現象」の一つと見なすべきだろう。彼は予期せぬ形で、これといった政治グループへの明確な所属なしに大統領選への立候補届を行い、護憲評議会で立候補資格が確定した後、今や勝利の可能性の高い候補者の一人と見なされている人物である。       こうしたことから、次のような疑問が沸いてくる。ジャリーリーは誰、あるいはどのグループに属しているのか、そして「革命の言説とイスラーム的価値」に対する彼の強調は、彼がマフムード・アフマディーネジャードに近 全文をよむ

2013-05-31 大統領選8候補、一堂に会す:第1回テレビ討論 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】第11期大統領選候補者らによる第1回テレビ討論が実施された。討論は経済問題を中心に進められ、本日午後4時から行われた。大統領選8候補が一堂に会し、国営放送テレビ第1チャンネルとラジオ・イランで生放送され、午後8時に終了した。      各候補は、このテレビ討論で各々の政治的見解を述べた。      テレビ討論動画(一部)はこちら         [※]訳者注:第1回テレビ討論(第一部)では、8つの経済に関わるテーマが用意されていた(雇用、国家の意思決定、住宅の確保、 全文をよむ

2013-05-29 内相、有権者の数を5千万人と発表 (Jam-e Jam紙)

 内相は「ホルダード月24日〔=6月14日〕〔に行われる大統領選挙・地方議会選挙で〕の有権者数は50,483,192名で、そのうち1,631,206名ははじめて投票権を得た者である」と発表した。       イラン国営通信の報道によると、モスタファー・モハンマド・ナッジャール内相は全国の州知事および政治担当副知事らの会合の傍らで、記者団の前でさらに「はじめて投票を行う者たちのうち、男性が831,644名、女性が799,562である」と付け加えた。      〔‥‥〕       モハンマド・ナッ 全文をよむ

2013-05-29 ラーリージャーニー氏、無風状態で国会議長に再選 (Jam-e Jam紙)

 大統領選の立候補者らによる宣伝活動が激しさを増す中、国会では昨日、新年度の国会運営理事会の委員を決める選挙が行われ、ほぼ無風状態の中、アリー・ラーリージャーニー氏が勝利し、もう一年、国会議長の椅子に座ることとなった。       昨日の選挙では、アルデスターン選出のアフマド・バフシャーイェシー議員がラーリージャーニー氏に挑んだが、同議員が獲得した票は13票にすぎなかった。ラーリージャーニー氏は総投票数252票中、213票を獲得して国会議長に選出された。白票は26票だった。       モハンマ 全文をよむ

2013-05-28 アフマディーネジャードに公金横領疑惑:ニューヨーク訪問の際に公費で家族を同行 (Mardomsalari紙)

 大統領には84名の随行員がいた。アフマディーネジャードの娘に始まり、バガーイーの息子、そしてサマレの妻などがそこに含まれていた。2012年の9月、4つ星ホテルのツインルーム一泊の宿泊代は400ドルから700ドルだったという。       ニュースサイト「アスレ・イラン」が伝えたところによると、マフムード・アフマディーネジャード大統領は〔昨年〕、大人数を引き連れてニューヨークを訪問したが、その中に自身の親族が含まれていた問題が取り沙汰されている。この問題は当時メディアの批判の的になったにもかかわ 全文をよむ

2013-05-27 ドイツからの小麦の輸入量、17倍に増加 (Mardomsalari紙)

 ドイツ連邦統計局は、EUによる制裁が始まって最初の9ヵ月間にドイツからイランに輸出された小麦の量が17.25倍に増加したと発表した。       ファールス通信がロイター通信の報道として伝えたところによると、ドイツ連邦統計局は同国が2013年3月に6万3千トンの小麦をイランに輸出したと発表したとのことである。       この統計によれば、EUによる制裁が発動された2012年7月から2013年3月までの期間、108万7千トンの小麦がイランに輸出したという。       ドイツは2011年6月か 全文をよむ

2013-05-27 ヌーリー=ハメダーニー師「選挙への参加は全員の義務」 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニーは「政治的伝説(偉業)」を創造するためにも、次期大統領選に参加することは国民全員の義務であるとの見方を示した。       イラン国営放送報道センターによると、マルジャエ・タグリード(イスラーム教シーア派の最高権威)であるヌーリー=ハメダーニー師は、イスラーム自由大学中央機構の副長官や同大学の若手研究者クラブの責任者らとの面会のなかで、「国民全員がイスラーム体制に感謝し、その強化に努めなければならない」と強調した上で、「エリートたちはこの大義に対して、すこ 全文をよむ

2013-05-25 フィールーズアーバーディー少将「大統領選での国民の一票は戦場での一兵卒の価値」 (Jam-e Jam紙)

 フィールーズアーバーディー少将は、選挙への参加は国家の安全と〔敵に対する〕抑止力を保証するものだとした上で、「選挙こそ、〔ハーメネイー最高指導者が年初の演説で今年のスローガンとして掲げた〕《政治的偉業》の象徴である。〔選挙で投じられる〕票が一つ多ければ、それは戦場で兵士が一人多いのと同じことなのである」と指摘した。       軍統合参謀本部長を務める同少将は、第11期大統領選に立候補した候補者の資格調査における護憲評議会のパフォーマンスについて触れ、「イラン国民を歓喜させてくれた尊敬すべき護 全文をよむ

2013-05-22 大統領選:立候補資格が認められた8名の候補者の氏名が発表 (Jam-e Jam紙)

 昨晩、内務省は声明を出し、大統領選挙法第60条にもとづき、護憲評議会によって立候補資格が認められた第11期イラン大統領選挙の候補者の氏名を、以下の通り発表した(アルファベット順)。      1.ゴラームアリー・ハッダードアーデル   2.サイード・ジャリーリー   3.モフセン・レザーイー   4.ハサン・ロウハーニー   5.モハンマド・レザー・アーレフ   6.モハンマド・バーゲル・ガーリーバーフ   7.モハンマド・ガラズィー   8.アリー・アクバル・ヴェラーヤティー       こ 全文をよむ

2013-05-21 アブートラービーファルド、大統領選の立候補を辞退 (Mardomsalari紙)

 アブートラービーファルド国会第一副議長に対し、大統領選への立候補を辞退するよう200名の国会議員が要望を出したことが、国会運営委員会から発表された。これを受け、同師は国会議員らの厚意に感謝の意を示し、国会の場で奉仕し続けるという名誉に浴せることに期待を表明した。       メフル通信の報道によると、国会運営委員会のアリーレザー・モナーディー氏は国会公開会議の終了後、アブートラービー師に対して大統領選への立候補を辞退し、国会での職務を続けるよう要望する内容の書簡を、200名の国会議員から受け取 全文をよむ

2013-05-21 前略、労働大臣どの:「労働者たちは公約の行方を見ているぞ!」 (Jam-e Jam紙)

【ジーメジャム・オンライン】住宅手当と食糧手当の増額は、どこへ?      ■オルディーベヘシュト月10日   【ISNA】[アサドゥッラー・アッバースィー]協同労働福祉相代理は、大統領の同意と、翌週からの労働者らの住宅手当と食糧手当の増額を発表。      ■オルディーベヘシュト月15日   【各社報道】国会は[アサドゥッラー・アッバースィー]協同労働福祉相の信任案を可決。      ■オルディーベヘシュト月30日   【メフル通信】協同労働福祉相はギーラーン州訪問を理由に、住宅手当・食糧手当 全文をよむ

2013-05-20 バーゲリー=ランキャラーニー、ジャリーリーのために出馬を辞退 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命永続戦線が大統領選の最終候補者に擁立したカームラーン・バーゲリー=ランキャラーニーは声明を発表し、サイード・ジャリーリーのために選挙戦から退くことを表明した。       イスラーム革命永続戦線の広報サイトを引用する形でジャーメ・ジャム・オンラインが伝えたところによると、サイード・ジャリーリーのために立候補を辞退したカームラーン・バーゲリー=ランキャラーニーの声明文は、以下の通り。      〔‥‥〕      われわれの革命は今や、抑圧者との戦いにおいて重要な局面に立たされてい 全文をよむ

2013-05-19 アリー・モタッハリー議員、ジャンナティー発言を批判 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン選出の国会議員であるアリー・モタッハリー氏は、次期大統領選が持つべき資質に関するジャンナティー臨時金曜礼拝導師(護憲評議会書記)の最近の発言を「非論理的」であるとして批判し、「ハーシェミー〔=ラフサンジャーニー〕師のベンツがジャンナティー師のプジョーよりも高価だとは思わない」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、アリー・モタッハリー氏は国会公開会議が行われている傍らで、記者団に対し、      ジャンナティー師は、ベンツに乗っているような人物に投票してはいけないと述べて 全文をよむ

2013-05-18 護憲評議会書記:次期大統領に相応しい人物は「ベンツに乗っていない人物」 (Mardomsalari紙)

 護憲評議会書記で金曜礼拝導師を務めたジャンナティー師は、「選挙は自由でなければならない。これまでのイランの選挙も自由だった。選挙にはあらゆる考え方が参加すべきである」と強調した上で、「〔立候補者の〕資格審査では、その人の考え方が審査されるのではない。そうではなく、〔立候補者が大統領になる〕条件を満たしているかどうかが評価されるのである」と述べた。       メフル通信の報道によると、アーヤトッラー・アフマド・ジャンナティーはテヘラン金曜礼拝での説教で、〔大統領選挙と地方議会選挙という〕二つの 全文をよむ

2013-05-14 エブテカール「妨害電波や大気汚染の問題を取り上げたことが資格不認定の原因」 (Mardomsalari紙)

 テヘラン市議会の環境問題員会の委員長を務め、第4期地方議会選挙に立候補したマアスーメ・エブテカールが、選挙実行委員会によって立候補資格を認められなかった。彼女はこのことについて、政治的な判断だとした上で、党派を超えた視点から、その人物の貢献度や専門知識を考慮して、立候補資格不認定に対する抗議を調査してもらいたいと、期待を表明した。       マアスーメ・エブテカールはイラン労働通信とのインタビューの中で、〔‥‥〕物心ついたときから自分は革命の子だったこと、10代から革命の政治活動に参加してき 全文をよむ

2013-05-13 マルドムサーラーリー党「改革派はラフサンジャーニーのもとに集結せよ」 (Mardomsalari紙)

 マルドムサーラーリー党中央評議会のホセイン・ガイユーミー委員は、「マルドムサーラーリー党は月曜日に会議を開き、そこでキャヴァーケビヤーンがアーヤトッラー・ハーシェミー〔=ラフサンジャーニー〕のために〔選挙戦への出馬を〕辞退することについて、決定を下すことになった」と述べた。       ガイユーミー氏は記者クラブとのインタビューの中で、〔マルドムサーラーリー党党首の〕キャヴァーケビヤーンがアーヤトッラー・ハーシェミーのために身を引く可能性について、「すべての改革派候補者は、ハータミーが出馬した 全文をよむ

2013-05-13 「原理派は団結を余儀なくされた」:ラフサンジャーニーの大統領選出馬で (Jam-e Jam紙)

 次期大統領選の立候補受付が終了し、〔有力者らの〕出馬の有無が確定して1日が経った今、大統領選の最終的な「極」が急速に形成されつつある。ハーシェミー=ラフサンジャーニーとジャリーリーの出馬が、過去2日間で起きた2つの重大事件であったが、実際この2つの出来事が、選挙の新たな「極」形成の主な要因となっている。       「1+2」連合のアリー・アクバル・ヴェラーヤティーとゴラームアリー・ハッダードアーデルの二人は協調する形で、「もし〔保守派の宗教組織である〕《闘う宗教指導者協会》と《ゴム神学校講師 全文をよむ

2013-05-13 地方議会選挙:立候補者たちの資格審査でエブテカールらが資格を認められず (Jam-e Jam紙)

 大統領選に多数の有力者らが立候補登録を行い、アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーやサイード・ジャリーリー、エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイーといった人物も相次いで立候補を表明した。これにより、今後の大統領選の構図にも大きな影響が及んでいることについて、さまざまな反響が各メディアを賑わせている。こうした中、〔大統領選と同時に行われる〕地方議会選挙に関する報道は影が薄いが、同選挙のプロセスは着々と進められており、選挙に立候補した立候補者たちの資格審査が〔各州に設けられた〕選挙 全文をよむ

2013-05-13 治安維持軍総司令官「逸脱した一派はマフディーから命令を受け取っているなどと主張している」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】治安維持軍総司令官は、新しい「逸脱した一派」のメンバーたちは「時のイマーム」〔=救世主マフディー〕から命令を受け取っているなどと主張していると指摘した上で、「彼らは〔アフマディーネジャード政権発足から〕8年間、国内でこうしたことを話してきたが、彼らの主が果たして誰なのか、いまだ不明だ」と述べた。       エスマーイール・アフマディー=モガッダム司令官は月曜日、三回目となる「治安維持軍のコーラン暗唱者たちを称える大会」の席上で、「コーランは〔神から〕贈られた 全文をよむ

2013-05-12 ラフサンジャーニー、大統領選に立候補:マシャーイー、ジャリーリーも (Jam-e Jam紙)

 大統領選の立候補受付が、昨日夕刻、締め切られた。締め切り前の最後の瞬間、アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニー〔公益判別評議会議長、元大統領〕とエスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイー〔アフマディーネジャード大統領顧問〕が立候補登録を行い、また締め切り前の数時間前にはサイード・ジャリーリー〔国家安全保障最高評議会書記〕が立候補登録を行った。彼らの立候補によって、前代未聞の数に達したその他の〔有力〕立候補者らによる立候補にも影響が及び、選挙を前にした〔政界の〕構図にも大きな変化が生 全文をよむ

2013-05-12 サファヴィー前革命防衛隊総司令官「護憲評議会に異を唱える者はイスラームに異を唱えている」 (Mardomsalari紙)

 ハーメネイー全軍総司令官の上級顧問を務めるサファヴィー司令官は、「現在、敵が企てているのは護憲評議会の弱体化である」と指摘した上で、「この評議会の決定はイスラームの聖法と憲法に一致するものであり、それに異を唱える者はイスラームと憲法に異を唱えているのである」と述べた。       イラン労働通信によると、セイエド・ヤフヤー・サファヴィー少将は「アーヤトッラー・モッラー・ハーシェム・ジャンナティーとラーダーン地区の90名の殉教者」記念大会において、次のように述べた。      聖なる防衛〔=イラ 全文をよむ

2013-05-11 次期大統領選:ハッダードアーデル元国会議長らが立候補 (Jam-e Jam紙)

 本日、次期大統領選の立候補受付の最終日を迎える。今夜18時には内務省選挙本部の扉は閉められ、しばらく前から立候補の有無が取り沙汰されてきた一部の人物をめぐる憶測にも、終止符が打たれる。       立候補登録が開始された先週火曜日〔=5月7日〕からこれまで、計366名が国家選挙本部にて立候補登録を行った。しかし重要なのは、護憲評議会によって立候補資格が認められる可能性のある主要人物の立候補登録である。彼らのなかには、しばらく前から大統領選への立候補の用意を表明し、宣伝活動を始めていた人もいれば 全文をよむ

2013-05-11 ハータミー「ハーシェミーこそ最高の選択肢」 (Mardomsalari紙)

 〔元大統領の〕セイエド・モハンマド・ハータミーは「ハーシェミー〔=ラフサンジャーニー〕師の立場は明らかである。実際にも、彼はここ数年、弱い立場に置かれてきた。彼はあらゆる分野での発展と、国家と国民が直面する問題の解決に向けて動くことのできる人物であり、神の思し召しがあれば、〔彼が大統領になれば〕政治的・文化的雰囲気もより解放的なものとなるだろう。上層部と協調することで、〔最高指導者をはじめとする国の有力者らと衝突する〕危険性を押さえることも、彼には可能だ」と述べた。       イラン労働通信 全文をよむ

2013-05-08 大統領選の立候補受け付け、始まる:初日に60名が登録 (Jam-e Jam紙)

 大統領選立候補者の登録受付の初日、60名以上が国家選挙本部を訪れ、登録を行った。       大統領選実施の手続きを開始するとの内務省の通達と同時に、立候補者らの登録受付が昨日朝8時から開始された。モスタファー・モハンマド・ナッジャール内相は発言の中で、第11期大統領選の立候補者らに対し、選挙本部が混み合うのを防ぐために、受付最終日に登録を延期しないよう呼びかけた。       イラン国営通信の報道によると、立候補者の登録受付の初日だった昨日、以前から選挙への出馬の用意を表明していた数名の有力 全文をよむ

2013-05-04 マシャーイー「われわれのイスラームを世界に示そう」 (Mardomsalari紙)

 非同盟運動事務局長を務めるエスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイーは、      イスラーム主義の新たな時代が始まった。それは、救世主マフディー主義の時代と名付けるべきものである。イスラームという名の普遍性のプロジェクトは、〔社会の要請に〕応えるものではもはやない。世界の一般民衆の普遍的概念としてのイスラームに対する認識は、否定的なものとなっている。特に一部の国で唱えられている〔イスラーム〕理解を踏まえるならば〔、それは当然だろう〕。それゆえ、イスラームの原理に拠って立ちながら、イラン・イ 全文をよむ

2013-05-01 治安維持軍総司令官「名誉警察はバスィージとは無関係」 (Mardomsalari紙)

 イスラーム共和国治安維持軍総司令官は、「名誉警察」が治安維持軍の任務の全てを担う予定はないと強調した上で、名誉警察の任務について詳細を説明した。       エスマーイール・アフマディー=モガッダム司令官はISNA(イラン学生通信)との会見の中で、バスィージ部隊を活用した名誉警察の発足について、「名誉警察はバスィージ部隊とは何の関係もない。両者は別の範疇に属する」と述べた。       同氏は、バスィージは「被抑圧者の動員」機構の指揮下にあり、それに対しては法的任務が与えられているとした上で、 全文をよむ

2013-04-30 ランキャラーニー候補の父親、SAVAKの一員だったとの疑惑を否定 (Mardomsalari紙)

アメリカ在住のランキャラーニーの父親、息子を擁護       〔‥‥〕昨日国内のニュースサイトが報じた政治関連の報道の中に、興味深い内容のものがあった。〔革命永続戦線の擁立する大統領候補の〕バーゲリー=ランキャラーニーの父親のインタビューが、海外で運営されているサイトを引用する形で伝えられたのである。       バーゲリー=ランキャラーニー氏の父親は、ある反革命サイトとのインタビューの中で、自身がSAVAK(国家情報安全機構)〔※革命前の秘密警察〕の一員だった証拠はどこにも存在しないと指摘した 全文をよむ

2013-04-25 大統領「あなた方が選挙で謀を企てても、国民がそれを水泡に帰してくれよう」 (Mardomsalari紙)

 第10期政権の大統領は、選挙に対して一部の党派が謀を企てていると指摘した上で、「何の問題もない。彼らに陰謀を企てさせておけば良い。謀を水泡に帰すのが国民の仕事だ」と述べた。       ILNA(イラン労働通信)の報道によれば、アフマディーネジャード大統領は次のように述べた。      経済をめぐる一部の一過性の問題は、〔政権に対して〕悪意を抱く者たちによる謀に起因するものである。イラン国民は〔次期大統領選に〕後々に語り継がれるような伝説的参加を果たし、3千万から4千万の票を得た〔新たな〕大統 全文をよむ

2013-04-24 アフマディーネジャードの言動に非難囂々:軍統合参謀本部長も大統領批判 (Mardomsalari紙)

【政治部】アフマディーネジャード大統領による地方州訪問の第4弾が始まった。こうした中、大統領の演説における放言癖は激しさを増すようになっている。アフマディーネジャード氏は〔先日のフーゼスターン州訪問で〕、「控え目な態度を取れ、さもなくば痛い目に遭うぞ」と脅されていると主張するまでになっているのだ。       アフマディーネジャード氏によると、自らの意見をみんなに押しつけ、さまざまな意志決定に影響を及ぼそうとしてくる人物がいるのだという。そしてそうした人物の存在が、大統領を悩ませているとされる。 全文をよむ

2013-04-22 アフマディーネジャード「護憲評議会に対して悪巧みを企てている者がいる」 (Mardomsalari紙)

 大統領は最高指導者が発表した92年〔西暦2013年3月21日〜〕の標語「政治と経済の偉業の年」に触れ、そこでは人民を信頼することが重要だと指摘した上で、「選挙を目前に控え、護憲評議会に対して悪巧みを企てている者が一部にいる」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、マフムード・アフマディーネジャード大統領はアフヴァーズ市民の前で、「革命最高指導者は、『私は一票しかもっていない。そして私が誰に投票するのか、誰にも分からない。人民が〔大統領を〕選ぶのであり、この国も選挙も国民のものなの 全文をよむ

2013-04-22 革命永続戦線、ランキャラーニー氏を大統領候補に擁立 (Mardomsalari紙)

 革命永続戦線は、カームラーン・バーゲリー=ランキャラーニー氏を、次期大統領選で同戦線が擁立する正式の候補者として指名した。       革命永続戦線のガーズィーザーデ報道官は昨日午後、テヘランのセイエドッショハダー・ホールで開催中の同戦線の集会で採択された声明文を読み上げ、第一次アフマディーネジャード政権で保健相を務めたカームラーン・バーゲリー=ランキャラーニー氏が、次期大統領選で同戦線の擁立する候補者となったことを発表した。 全文をよむ

2013-04-20 「10万人式典」にマシャーイー、現れず:これといった発表もなし (Mardomsalari紙)

【政治部:イーラーン・サドラーイー】巨額の開催費用とともに政府に近いメディアによって大々的に宣伝された「ノウルーズ旅行促進本部の関係者たちを褒め称えるための祭典」は、「春よ、万歳」(ゼンデ・バード・バハール)〔※アフマディーネジャード大統領が最近多用している、次期大統領選挙向けのスローガン〕が叫ばれる代わりに、「お昼ご飯よ、万歳」(ゼンデ・バード・ナーハール)といった趣となった。       過去8年間の経験が示すように、マフムード・アフマディーネジャードとその側近たちはメディアの注目を集めるこ 全文をよむ

2013-04-18 司法権長官「国有施設を選挙目的で使用するのは犯罪」 (Mardomsalari紙)

 司法権長官は、「われわれは選挙目的で国有の施設や公共の予算が悪用されているとの報告を受け取っている。選挙目的で国有の施設を使用することは犯罪であり、護憲評議会に対して、監視を強化するよう求めているところだ」と述べた。       イラン労働通信の報道によると、アーヤトッラー・アーモリー=ラーリージャーニーは昨日の司法最高責任者会議で、「われわれは選挙目的で国有の施設や公共の予算が悪用されているとの報告を受け取っている」と指摘した上で、「国有の施設を選挙目的で使用することは犯罪であり、護憲評議会 全文をよむ

2013-04-18 宗教的権威ら、大統領選についてコメント:原理派は立候補者を絞り込むべき (Jam-e Jam紙)

 政治関係者や次期大統領選への立候補を予定している者たちの選挙活動が活発化している中、一部のマルジャエ・タグリード(シーア派の宗教的権威)やウラマーらはこの件についてさまざまにコメントしている。       ファールス通信によると、アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニーは昨日、自身のイスラーム法学の上級コースの授業の中で、国が抱えているセンシティブな状況について触れ、「複数の報道によると、大統領選に25名もの人物が立候補しようとしているとのことだ。イラン国民が政治的偉業の達成に向けて準備し〔※〕 全文をよむ

2013-04-16 警察長官も政府主催の10万人集会に異議 (Mardomsalari紙)

 イラン警察長官は、「ノウルーズ旅行促進本部の公僕たちを褒め称えるための10万人祭典」の挙行に警察は反対である旨を明らかにした上で、「祭典の挙行は、不健全な選挙が行われようとしているとの批判の口実を、〔イランにおける選挙の健全性に疑問の声を上げている〕ライバル・グループに与えることになる」と述べた。       エスマーイール・アフマディー=モガッダム長官はメフル通信とのインタビューの中で、「ノウルーズ旅行促進本部の公僕たちを褒め称えるための10万人祭典」の挙行に警察が反対していることについて触 全文をよむ

2013-04-16 護憲評議会、国有施設を選挙目的で使用する動きに警告 (Mardomsalari紙)

 護憲評議会の報道官は、国有の施設を選挙目的で使用することは法律で禁じられていると強調した上で、〔次期大統領選への出馬を検討している〕各候補者に対し、この法律に違反するような行為は彼らの立候補資格の審査に影響を与えるだろうと警告した。       アッバース・アリー・キャドホダーイー報道官は、アーザーディー・スタジアムで行われる予定の政府主催の「10万人ミーティング」に関し、一部の国会議員や政治・市民団体が護憲評議会に対して調査を求めていることについて、ファールス通信に「選挙法第68条は、国有施 全文をよむ

2013-04-15 「国家旅行促進本部」の関係者らをねぎらうための集会?に対し、各界から批判の声 (Mardomsalari紙)

【政治部:ソルーシュ・エルシャード】「国家旅行促進本部」の関係者らをねぎらうとの口実で、アーザーディー・スタジアムにて政府主催の大規模集会が開かれる予定であることに対し、各界から様々な反応が噴出している。この集会は選挙目的で開かれるものではないのかとの疑惑が出ており、多くの関心を集めているのである。この問題に対しては、宗教的権威(マルジャエ・タグリード)たちからも反発の声が出ている。       政府は選挙の実施者として、公平無私であることが求められている中、選挙への出馬に向けた政府関係者たちの 全文をよむ

2013-04-13 ロウハーニー、大統領選出馬の意志を表明 (Mardomsalari紙)

 木曜日〔=4月11日〕の朝、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのハサン・ロウハーニー師が、彼の支持者たちが開いた集会に姿を現し、ついに大統領選への出馬の意思を正式に表明した。       同師は自らのスローガンとして「深慮と希望の政府」を発表、自身のモットーは「経済の救済」「道徳の復活」そして「世界との協調」を基本とするとの認識を示した。同師への人気が社会のエリート層や中間層に広がり、指導者たちや社会のあり方に懸念を抱く人たちの一部が同師支持に向かうようなことになれば、同師が選挙戦の有 全文をよむ

2013-03-26 メフディー・ターエブ「マシャーイーは、大統領候補にならないと断言できる」 (Hamshahri紙)

「アンマール部隊」[*1]評議会議長のホッジャトルエスラーム・メフディー・ターエブは、「アフマディーネジャードよ!今日、マシャーイーのせいで自分がどんな憂き目に遭っているのか分らないのか?」と述べ、さらに、こう語った。   *訳注1:「アンマール部隊」とは、社会一般を啓蒙し、敵による《ソフトな戦争》を未然に防ぐことを目的に、数年前に立ち上げられた極右組織の一つ      アフマディーネジャードは、もはや「逸脱した一派」が溶解し、崩れ落ちて行く箇所そのものだ。「逸脱した一派」のリーダーとして、彼を 全文をよむ

2013-03-25 《光の道を行く者たち》は、《ソフトな戦争》を打ち砕く最良の運動だ (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】ホルモズガーン州の《光の道を行く者たち》 [*1]本部文化担当は、「《光の道を行く者たち》のキャンプは、敵が仕掛けてくる《ソフトな戦争》[*2]を知り、これを打ち砕くための最良の文化運動だ」と述べた。      *訳注1:《光の道を行く者たち》(ラーヒヤーネ・ヌール)は、イラン・イラク戦争時の激戦地や戦跡を巡る活動を指す。   *訳注2:《ソフトな戦争》は、体制の根幹となるイスラームの価値を揺るがすような、ネットやメディアを通じた欧米の文化的・道徳的「侵略」を指す言 全文をよむ

2013-03-18 駆逐艦《ジャマーラーン2》が進水:「全装備がイラン製」 (Mardomsalari紙)

国防軍需相は駆逐艦《ジャマーラーン2》の特徴について「《ジャマーラーン2》は、50の対空攻撃目標と40の水上・水中標的を同時に認識できるという特徴をもつ」と述べた。       ISNA(イラン学生通信)によれば、国防軍需相のアフマド・ヴァヒーディー司令官は、アフマディーネジャード大統領や軍統合参謀本部長フィールーズ・アーバーディー少将、エスファンディヤール・ラヒーム・マシャーイー非同盟運動事務局長らが列席して行われた駆逐艦《ジャマーラーン2》の進水式の後、「駆逐艦ジャマーラーン[2]は、《クラ 全文をよむ

2013-03-18 新保健相、ギリギリの信任案可決:課題は家庭医システムの確立 (Jam-e Jam紙)

【同紙2面】モハンマド・ハサン・タリーガト=モンファレド氏が国会投票で、保健・医療教育相 に信任された。       国会において昨日、大統領が指名した新保健相に関する、大統領演説、および、それぞれ賛成・反対を表明する議員らの演説が行われ、その後、信任投票が行われた。出席議員224議席のうち、賛成票113、反対票99が投じられ、棄権票12という結果であった。       メフル通信によれば、タリーガト=モンファレド氏の信任に関して注目すべきは、もし同氏の信任票獲得数がたった一票でも少なかったなら 全文をよむ

2013-03-14 ロウハーニー師演説:経済政策批判からアメリカとの対話まで (Mardomsalari紙)

 ハサン・ロウハーニー師が、最近たびたび社会の各層の人々の前に姿を現わし、盛んに演説を行っているのは、大統領選挙を戦う準備を進めているためと見てよいだろう。ここしばらくのロウハーニー師の動向からすれば、中道派的な政策を示すことで、、様々な政治グループを支持する人々にアピールしつつ、原理派から改革派まであらゆる立場の人々を、自分たちの陣営に取り込もうとの決意を固めているようだ。       ホッジャトル・エスラーム・ヴァルモスレミーン〔※最高位「アーヤトッラー」に次ぐ高位の宗教指導者に対する尊称〕 全文をよむ

2013-03-05 大統領の地震対策:テヘラン市民、500万人移住計画はいずこ? (Mardomsalari紙)

【政治部-モハンマドホセイン・ラヴァーンバフシュ】    今から2年前、1389年(西暦2010年~2011年3月)は政府閣僚らが、地震対策とテヘラン市民500万人移住計画を盛んに取り上げた年だった。       この一連のトピックは 同年第1月 〔2010年3月~4月〕に始まった。そして、同年最終月15日〔2011年3月6日〕、マフムード・アフマディーネジャード大統領は植樹祭の式典でテヘランでの大地震発生を懸念して、次のように述べた。      万が一にもテヘランで事が起こったとき――専門家は 全文をよむ

2013-02-28 政府、来年度予算法案を84日遅れでついに提出 (Mardomsalari紙)

 92年度〔2013年3月21日~〕予算法案が、提出期限から84日遅れで、〔92年度に入って最初の3ヵ月をカバーする〕「12分の3」予算法案とともに、ついに国会に提出され、同法案は〔国会運営委員会によって〕受理された。提出の際、大統領が国会に姿を現さなかったことから、国会議員たちからは批判の声が相次いだ。      ※訳注:予算法案は慣例上、大統領が国会の場で国会議長に手渡しすることになっている。      〔‥‥〕       ロトフォッラー・フォルーザンデ議会担当副大統領が公開本会議の開始と 全文をよむ

2013-02-28 大統領、「医療制度機構」評議会選への革命防衛隊の介入を批判 (Mardomsalari紙)

 アフマディーネジャード大統領は、革命防衛隊であれ、それ以外であれ、治安・諜報機関のような無関係な機関が医療制度機構の〔評議会〕選挙に介入するようなことがあってはならないと述べ、「それについての報告が来次第、私はこの選挙に関して決定を下すことになるだろう」と語った。       メフル通信によると、マフムード・アフマディーネジャード大統領は閣議の合間に行われた〔ぶら下がりの〕会見の中で〔‥‥〕、「医療制度機構の選挙についてどう思うか。先に述べたとおり、一部の候補者の立候補資格が認められなかったこ 全文をよむ

2013-02-27 ロウハーニー「誹謗中傷の専門家になっている者がいる」 (Mardomsalari紙)

 最高指導者専門家会議のメンバーであるハサン・ロウハーニー師は、〔国内対立で生じた〕亀裂を修復し、連帯を構築することなしに、国力を創出することは不可能だ」と述べた上で、「経験豊かな専門家や識者を活用しないことは、国民資本の浪費であり、多くの混乱の源である」と述べた。       イラン労働通信(ILNA)によると、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン〔※アーヤトッラーより下位の宗教指導者に対する尊称〕のハサン・ロウハーニー師は、文化人や政治関係者らとの面会の中で、第11期大統領選挙をめぐる 全文をよむ

2013-02-17 国家安全保障委員会の委員「婦人を大統領選挙に引き入れてはならない」 (Mardomsalari紙)

 国会の国家安全保障委員会の委員を務めるアヴァズ・ヘイダルプール氏は、「大統領は政治的・宗教的『人士』の中から選ばれうる。これまでのところ、イスラーム法学者や護憲評議会、社会の指導者、専門家らは総体として、女性を『政治的人士』の一部に数えられるという意見を採ってこなかった」と述べた。      ※訳注:憲法第115条には「大統領は宗教的・政治的人士(rejal)から選ばれなければならない」と規定されている。この「人士」ということばは男性を意味していると解釈されており、このことが、女性には大統領選 全文をよむ

2013-02-16 革命永続戦線に次期大統領選での勝利のチャンスはあるか (Mardomsalari紙)

 革命永続戦線が次期大統領選挙に向けた大会を開いた。この大会は過去34年間のイスラーム共和国の歴代政権の実績を批判する場へと早変わりした。〔‥‥〕       ニュースサイト「ファルヤードギャル」が伝えたところによると、木曜日に開かれた革命永続戦線の大会は、サーデグ・マフスーリー氏やカームラーン・バーゲリー=ランキャラーニー氏、ホッジャトルエスラーム・アーガーテフラーニーといった同戦線の有力者らの演説とともに始まり、マシュハド金曜礼拝導師のアーヤトッラー・アラム=アルホダーもメインスピーカーとし 全文をよむ

2013-02-16 ハーメネイー最高指導者「政府と国会が未証明の資料を理由に非難し合うのは聖法に反する」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は本日、タブリーズ市民との面会のなかで重要な声明を発表し、〔労働相の〕弾劾の日に国会で起きた出来事について、「ある機関の長が未証明の資料を理由に、別の二つの機関を非難するのは、聖法に反する行為であり、国民の権利を破壊するものである」と述べた。      ※訳注:上記のハーメネイー最高指導者の発言は、2月3日に国会内で行われた労働相への弾劾裁判のなかでアフマディーネジャード大統領がアリー・ラーリージャーニー国 全文をよむ

2013-02-14 「ゴム事件」で6名が逮捕 (Jam-e Jam紙)

 バフマン月22日〔2月10日の革命記念日〕にゴムで起きた事件について、昨日国会議員と治安関係者らの間で会議が行われた。それと時を同じくして、この事件に関わった複数の関係者が逮捕されたことが明らかにされた。また、国会議員らがこの問題を調査するための委員会を立ち上げたことも発表された。       国会の国家安全保障委員会副委員長のエスマーイール・ハギーガトプール氏は昨日、バフマン月22日の事件をめぐって開かれた同委員会の会議後、この事件を調査するための特別4人委員会が発足したことを明らかにした。 全文をよむ

2013-02-12 宗教指導者ら、ラーリージャーニー国会議長の演説への妨害行為を批判 (Jam-e Jam紙)

 一部のマルジャエ・タグリード(シーア派の最高宗教指導者)やウラマー、および政治活動家らは、日曜日にゴムで起きた事件を批判した。       バフマン月22日〔2月10日の革命記念日〕にゴムのマアスーメ廟で行われた式典で、一部の人物がラーリージャーニー国会議長の演説中に一斉にシュプレヒコールを上げながら、モノを投げ込む事件が起きた。この事件で現場は混乱、国会議長の演説は途中で取り止めとなった。       「国会ニュース」が伝えたところによると、アーヤトッラー・ソブハーニーおよびアーヤトッラー・ 全文をよむ

2013-02-11 ラーリージャーニー国会議長の演説、妨害される (Mardomsalari紙)

【政治部:メフディー・アッバースィー】体制を支える要人らの演説を妨害し、混乱に陥れる行為が、ここ数年多くの反響を呼ぶようになっている。聴衆の中に入り込み、組織化された方法でシュプレヒコールをあげたり、預言者一門への祝福の言葉を繰り返し唱えたりすることで、演説が行われている会場の雰囲気を混乱させ、演説を中断させる者が、一部にいるのである。       これまで、ハーシェミー=ラフサンジャーニー〔公益判別評議会議長〕、セイエド・ハサン・ホメイニー〔ホメイニーの孫でホメイニー廟の管理人〕、ナーテグヌー 全文をよむ

2013-02-11 アフマディーネジャード「武器を降ろすなら、自ら米と話し合う」 (Mardomsalari紙)

 アフマディーネジャード大統領は「対話は圧力ではなく、敬意と正義のもとで行われるものでなければならない」と強調した上で、アメリカ政府関係者に向けて「もしイラン国民の前に突き出された武器をしまうのなら、私自身が話し合いを行う」と述べた。       イラン学生通信(ISNA)によると、マフムード・アフマディーネジャード大統領はバフマン月22日〔2月10日〕の革命記念日の行進で演説を行い、「最近、彼ら自身のレトリックが変わってきた。彼らはより礼儀正しく話すようになっている。彼らは話し合いをしたいと言 全文をよむ

2013-02-11 コウサリー議員、アフマディーネジャード大統領の演説を批判 (Mardomsalari紙)

 国会の国家安全保障委員会のコウサリー議員は、〔アフマディーネジャード大統領が〕バフマン月22日〔2月10日〕の革命記念日の演説で〔次期大統領選挙への出馬が取り沙汰されている〕政府系候補者の選挙スローガンを繰り返したのは、明らかな「選挙操作」であると指摘した。       モハンマド・コウサリー議員はファールス通信とのインタビューで、「もし『春よ、永遠に』が政府の推す候補者の選挙スローガンならば、大統領がそれをバフマン月22日の行進で連呼するのは違反行為であり、選挙操作である」と述べた。     全文をよむ

2013-02-07 テヘラン検察「モルタザヴィーとファーゼル・ラーリージャーニーに対する捜査は継続」 (Mardomsalari紙)

 マフムード・アフマディーネジャード大統領によって国会公開本会議場で公表された、サイード・モルタザヴィーとファーゼル・ラーリージャーニーの会話の様子を映したとされるビデオが原因で、モルタザヴィーは逮捕されたが、それから48時間と経たぬうちに、今度は彼の釈放に関するニュースが一斉に報じられた。       この逮捕と釈放は一体何が原因だったのか、そしていまやアフマディーネジャードの盟友となったこの元判事にはどのような未来が待っているのか、国民は興味深く見守っている。      〔‥‥〕      全文をよむ

2013-02-07 司法権長官「アフマディーネジャードの発言は虚偽であり犯罪」 (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・アーモリー=ラーリージャーニー司法権長官は昨日の司法最高会議の場で、      日曜日〔=2月3日〕に国会で起きたことは、国民にとって極めて不快な出来事であった。〔アフマディーネジャード大統領によって〕尊敬すべき司法の判事や国会議員、各権の長〔※ラーリージャーニー国会議長やアーモリー=ラーリージャーニー司法権長官〕に対して向けられた非難は、虚偽であり、誹謗中傷であり、聖法ならびに一般法のあらゆる基準に反するものであり、犯罪であると、私は考える。      今は体制の公益を考え、 全文をよむ

2013-02-06 アフマディーネジャード、サイード・モルタザヴィー逮捕に猛反発 (Mardomsalari紙)

【政治部】サイード・モルタザヴィーの逮捕はあまりに予期せぬ出来事だったため、一部のニュースサイトは当初、それを報じるのをためらったほどだった。しかし月曜日の夜24時を数分過ぎた頃、ファールス通信はテヘラン検察によってモルタザヴィーが逮捕されたことを明らかにし、原理派系の同サイトによるこの報道をきっかけとして、その他の通信各社も、モルタザヴィー逮捕の詳細を一斉に伝えた。       サイード・モルタザヴィーはこうしてエヴィーン刑務所に送られ、一大政治ニュースへと早変わりしたわけだが、その逮捕理由に 全文をよむ

2013-02-02 2名のマルジャエ・タグリード、物価高や文化的堕落に強い懸念を表明 (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・ホセイン・ヌーリー=ハメダーニーとアーヤトッラー・サーフィー=ゴルパーイェガーニーは、国内の物価高・インフレ・文化的堕落を批判した上で、聖法に反した企画やイスラーム革命の価値と対立するようなイベントが一部で行われていることに、強い懸念を示した。       メフル通信によれば、両マルジャエ・タグリード(シーア派最高権威)は、イスラーム世界が直面している諸々の重要問題、特に域内諸国でイスラームの敵たちによって引き起こされている新たな動きについて議論を交わし、また敵の陰謀に対抗し、 全文をよむ

2013-01-31 情報相、新聞記者らの大量逮捕で「後日詳細を発表」 (Mardomsalari紙)

 情報相はジャーナリストや新聞記者らの逮捕の詳細について、近い将来発表を行うことを明らかにした。       メフル通信の報道によると、ヘイダル・モスレヒー情報相はホメイニー廟で行われた閣僚らによるホメイニー師の理想との契りの更新式〔※〕の傍らで、複数のジャーナリストや新聞記者らが逮捕されたことの原因とその詳細についての記者らの質問に対し、今回の逮捕の詳細は近い将来発表するとだけ述べ、本件についてこれ以上の説明は避けた。      ※訳注:バフマン月11日(1月30日)はホメイニー師が亡命中のフ 全文をよむ

2013-01-31 情報省、記者らの逮捕について声明を発表 (Mardomsalari紙)

 情報省は抑圧諸国に属するメディア・ネットワークの関係者らを特定し、逮捕したことについて、声明を発表した。       イラン学生通信(ISNA)によると、この声明には次のようにある。      めでたきファジル10日間〔※1月31日から2月9日までのイスラーム革命記念日前夜祭〕を目前に控え、〔‥‥〕高貴なるイスラーム的イラン国民に悪意をもつ者たちや外国人による、いかなる侵入・介入とも闘うという自らの法的義務・責任にもとづき、本省が抑圧諸国のメディア・グループに通じた最大級のメディア・ネットワー 全文をよむ

2013-01-31 ハータミー政権の元商業相、大統領選出馬に意欲:ラフサンジャーニー/ハータミーと会談 (Mardomsalari紙)

 シャリーアトマダーリー選挙事務所の報道官は、シャリーアトマダーリー氏が〔ハータミー政権時代に〕商業相を務めていたときの次官らと、選挙出馬表明に向けた会合を開いたことを明らかにし、「シャリーアトマダーリーは独立系候補として選挙に参戦し、超党派的な穏健派政権の樹立を目指す予定である」と述べた。       モフセン・バフラーミー氏はメフル通信とのインタビューの中で、選挙本部長には誰が就任するのかとの質問には、「選挙本部長の選出は特別な重要性をもつ問題であることから、依然として協議中である。これまで 全文をよむ

2013-01-28 政府サイド、マシャーイーを次期大統領選に擁立? (Mardomsalari紙)

 国会の教育学術委員会の委員を務めるクーチェクネジャード議員は、経済状況を考慮するならば、次期大統領選をめぐる議論は極めて重要な意味をもつと述べた上で、「政府は選挙に向けて多大な努力を傾けている。政府関係者らにとっての第一の候補はマシャーイーであり、彼らは何とかして彼を選挙に擁立しようと試みている。とはいえ、〔マシャーイーが護憲評議会による事前審査からはねられた場合のことを考えて〕彼らが他の選択肢を用意していることも事実だ」と述べた。       〔国会主流派で反大統領派の〕《ヴェラーヤトの道を 全文をよむ

2013-01-28 国会も節約モード:ティッシュペーパーから海外渡航まで (Mardomsalari紙)

 国会運営委員会のスポークスマンを務めるメスリー議員は、「我々は節約リストを作成し、ティッシュペーパーから国会議員の海外渡航費用までをそこに含めることにした」ことを明らかにした。       アブドッレザー・メスリー氏はファールス通信の取材に対し、国会内で可能な限りの節約をするにはどうしたらよいのかについて、運営委員会で検討を行ったことに触れ、「我々は節約リストを作成し、ティッシュペーパーから国会議員の海外渡航費用までをそこに含めることにした」と述べた。       同氏はその上で、「15名の定 全文をよむ

2013-01-27 一部議員、ラーリージャーニー国会議長に大統領選出馬を呼びかけへ (Mardomsalari紙)

 国会の《原理派》に属するキャリーミー=ゴドゥースィー議員は、「国会調査センター及び《ヴェラーヤトの道を行く者派》はラーリージャーニーの〔次期大統領〕選挙への出馬に向けた研究や世論調査を始めており、今後同派からラーリージャーニーに書簡を送り、選挙出馬を呼びかけることになるだろう」と述べた。      ※訳注:《原理派》は大統領支持の傾向の強い議員たちが多く所属する第9期国会の会派の一つで、ハッダード=アーデルが会頭。後述のザーカーニー議員も同派に所属。《ヴェラーヤトの道を行く者派》はそれとは別に 全文をよむ

2013-01-19 ヴェラーヤティー氏、次期大統領選に向けた「三者連合」構想について発言 (Jam-e Jam紙)

 次期大統領選に向けた「原理派三者連合」の一人であるヴェラーヤティー氏は、「この連合のメンバーたちの合意により、〔ハッダード=アーデル、ガーリーバーフ、ヴェラーヤティーの3人の中から選ばれた〕最終的な候補者が立候補を表明する際に、同時に大統領職に就いた際の内閣の陣容についても、国民に紹介することとなった」と述べた。       メフル通信の報道によると、アリー・アクバル・ヴェラーヤティー氏は大統領選出馬に対する自らの構想について、「私たちは2人の友人、すなわちモハンマド・バーゲル・ガーリーバーフ 全文をよむ

2013-01-17 ヌーリー=ハメダーニー「敵の戦線について正確な情報を掴むことが重要だ」 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニーは「敵の戦線について正確な情報を掴み、敵の弱点を知ることが重要だ。もちろん、われわれはこの点で極めて強力である」と述べた。       ファールス通信の報道によると、マルジャエ・タグリード(シーア派の最高権威)である同師は「被抑圧者の動員」(バスィージ)機構長官のナグディー司令官、ならびにブーシェフル州の「善良者の輪」〔※民兵組織バスィージ内に設置されたボーイスカウト的な組織と思われる〕の責任者・コーチらとの面会の中で、敵による「ソフトな戦争」について触れ 全文をよむ

2013-01-17 大統領、国会で演説:経済問題に対する自らの考えを説明 (Mardomsalari紙)

 アフマディーネジャード大統領は国の直面する経済問題を解決するための基本方針として、国土の有効活用、鉱山の有効活用、補助金改革の完全実施、及び銀行制度の改革の4つを挙げた。      〔‥‥〕       大統領は〔‥‥〕「われわれの前には2つの重要かつ基本的な問題が立ちはだかっている。一つは恒常的な問題で、国の発展のあり方をめぐる問題であり、もう一つは敵による制裁という問題である」と述べた上で、「制裁は当然、一連の問題を引き起こしている。特に国の成長速度を鈍化させ、安定した収入を有している多く 全文をよむ

2013-01-17 サイード・ジャリーリー氏の選挙広報活動、活発化(1) (Mardomsalari紙)

 次期大統領選挙に向けたサイード・ジャリーリー国家安全保障最高評議会書記の選挙宣伝活動が活発化している。       ニュースサイト「ファルヤードギャル」によれば、サイード・ジャリーリー氏は次期大統領選における「革命永続戦線」の候補者になるのではないかと考えられており、立候補への意思を正式には表明せず、表面上、宣伝活動を展開していないものの、実際にはサイード・ジャリーリー氏の支持者を名乗る団体によって、大規模な宣伝活動が仮想空間において行われている。      ※訳注:革命永続戦線は、2012年 全文をよむ

2013-01-17 サイード・ジャリーリー氏の選挙広報活動、活発化(2) (Mardomsalari紙)

ウェブマガジンからブルートゥースのビデオクリップまで       もちろん、仮想空間におけるジャリーリー氏の選挙宣伝活動は、これだけではない。サイード・ジャリーリー氏、あるいは彼の支持者たちは仮想空間上で、月一回配信のウェブマガジンの発行を始めており、今年のデイ月〔西暦2012年12/2013年1月〕にその第7号が発行されている。        「言説」と題されたこの宣伝用ウェブマガジンでは、ジャリーリー氏の業績、特に外交分野におけるそれの宣伝を目的とした記事が配信されている。例えばこのウェブマ 全文をよむ

2013-01-17 サイード・ジャリーリー氏の選挙広報活動、活発化(3) (Mardomsalari紙)

サイード・ジャリーリー氏の経済チーム       ジャリーリー氏支持を打ち出しているブログは、彼の経済チームの陣容についての紹介も行っている。これらのブログの記述によれば、〔ジャリーリー氏が大統領に当選した場合〕マスウード・デラフシャーン氏(1361年〔西暦1982年〕にイマーム・サーデク大学経済学部を創設した人物)〔‥‥〕などの人物が、ジャリーリー氏の内閣に経済関連の要人として参加する可能性が高いという。このチームの基本的特徴としては、現在の資本主義的な経済体制を根本から変革し、イスラーム経済 全文をよむ

2013-01-14 国会議員ら、ハーメネイー最高指導者の指摘を支持する声明を発表 (Jam-e Jam紙)

 219名の国会議員が声明を発表し、ゴム市民を前にして行われた革命最高指導者の発言は、目前に迫った反乱(フィトナ)をイスラーム共同体が打ち破る効果をもたらしたとの認識を示した。       この声明はまず、「革命の明敏なる指導者はこれまでと同様に、聡明さと先見の明によって、一部の国内分子の無知蒙昧と敵の陰謀から国民の権利を守ってきた」と指摘した上で、イラン国民が88年の反乱〔=2009年大統領選挙後の抗議運動〕に対して、イマーム〔・ホメイニー〕の教えに沿う形で〔ハーメネイー〕最高指導者の指導に従 全文をよむ

2013-01-13 金曜礼拝導師ら、「自由な選挙」に言及する者たちを一斉に批判 (Jam-e Jam紙)

 イラン各地の金曜礼拝導師らは、一部の政治活動家らが「自由な選挙」というキーワードを繰り返していることに反発する姿勢を一斉に示した。       ファールス通信の報道によると、アーヤトッラー・ジャンナティーはテヘラン金曜礼拝での説教の中で、88年〔西暦2009年〕の大統領選挙で敗北を喫した候補者〔=ミール・ホセイン・ムーサヴィー〕が用いた「不正」に代わり、次の反乱(フィトナ)では「自由な選挙」という語がキーワードとして使われようとしていると指摘した。       同師は、「我が国ではこれまでさま 全文をよむ

2013-01-09 最高指導者、「自由な選挙」を求める動きを批判「イランでの選挙は常に自由」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、革命的で信仰心篤きゴム市民数千名の前で、〔‥‥〕来たるホルダード月〔2013年6月〕に行われる大統領選挙を前にした敵の計略や動きに対して特別の注意を払い、立ち向かうことが重要だと強調した。同師はその上で、国の責任者や要職に就いている者たち、一般国民、メディア、そして選挙への立候補を考えている者たちの義務について、重要な点を指摘した。      〔‥‥〕       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、選挙での国民の熱気あふれる参 全文をよむ

2013-01-06 サイーディー「世界が圧制に立ち向かうならば、マフディー降臨もあり得る」 (Mardomsalari紙)

 革命防衛隊最高指導者代理は、「抑圧世界は、経済的・政治的圧迫によるイラン国民の敗北という夢を、墓場に持って行くことになるだろう。危機管理においてゼイナブ様〔※第三代イマーム・ホセインの妹。ホセインの一族郎党が殺害されたカルバラーでの悲劇を後世に伝えた〕が模範的な役割を演じたように、我が国民もさまざまな圧迫に対して、屈することなく自らの道を歩み続けることになるだろう」と述べた。       イラン学生通信(ISNA)によると、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのアリー・サイーディー師は、 全文をよむ

2012-12-30 イラン国民、デイ月9日記念日に最高指導者との臣従の誓いを更新 (Jam-e Jam紙)

 最高指導者の指導に忠実なイスラーム的イラン国民は、「デイ月9日の偉業」記念日に当たる昨日、国内各地で集会を開き、イスラーム革命最高指導者との臣従の誓い(バイア)を更新した。      〔‥‥〕      ■ 88年の内乱は神の大いなる試練       イスラーム革命防衛隊総司令官は、「88年の内乱〔※2009年大統領選挙後の騒擾についての体制側の呼称〕の危険性は、〔イラクとの〕8年間にわたる戦争よりもずっと大きなものだった」と述べた。       イラン国営放送報道センターが伝えたところによる 全文をよむ

2012-12-30 コウサリー議員「アフマディーネジャードは革命防衛隊に対する恩を仇で返した」 (Mardomsalari紙)

【政治部】アフマディーネジャード政権は任期終了まであと数ヵ月という段階に来ているが、騒動から身を遠ざけようという気がいまだないようだ。国の機関とそれをめぐる経済問題に関するマフムード・アフマディーネジャード大統領の発言〔※〕は再び、同原理派政権、そして大統領個人が、革命防衛隊と依然としてあまり友好な関係にはないということを白日の下に晒したからだ。〔‥‥〕      ※訳注:大統領が12月中旬に、革命防衛隊に対し、国の発展のために同部隊の所有する土地を政府に差し出すべきだと発言したことを指す。   全文をよむ

2012-12-27 保健相、解任される (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】第10期政権で唯一の女性閣僚だったマルズィーイェ・ヴァヒード=ダストジェルディー保健相が、大統領令によって解任された。ところが〔ダストジェルディー氏の解任を意味する〕大統領による保健相代行任命令には、ダストジェルディー氏本人の氏名は一切言及されていない。       ダストジェルディー氏はしばらく前から、医薬品の状況をめぐって、特に特殊な医薬品を輸入するための外貨が中央銀行から〔輸入業者に〕割り当てられていないことについて、不満を口にするようになっていたが、こうし 全文をよむ

2012-12-27 ハーシェミー家、ラサーイー議員の非難に国会の場で反論 (Jam-e Jam紙)

 昨日の国会公開会議で、テヘラン選出の国会議員ハミード・ラサーイー師の演説に対するアーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニー家の反論が読み上げられた。これに対し、ラサーイー議員は再度演説を行い、新たな指摘を行った。      ※訳注:この記事は、2009年の大統領選挙後の騒擾にかかわった容疑で逮捕状が出ていた、ハーシェミー=ラフサンジャーニー公益判別評議会(元大統領)の息子メフディー・ハーシェミー氏をめぐる国内の政治対立を背景としている。      メフディー・ハーシェミー氏は2012年9 全文をよむ

2012-12-26 検事総長、国の資産を占有しているとされる者の名を司法に通報するよう大統領に要求 (Jam-e Jam紙)

 検事総長は昨日、マフムード・アフマディーネジャード大統領に書簡を送り、その中で、捜査を行うので、大統領が言うところの「国の資産の6割をブロックしながら、それを返済しようとしない」者300名の名前を、司法に通報するよう求めた。       大統領はこれまで数回にわたって、国の資産の6割を〔銀行から借りるなどして〕自らの手元に置きながら、返済しようとしない者が300名、国内に存在すると表明してきた。       アフマディーネジャード大統領は土曜日夜のテレビの特別インタビューの中で、この問題を再び 全文をよむ

2012-12-24 アフマディーネジャード大統領、現金補助金の支給額を5倍にすると言明 (Mardomsalari紙)

 マフムード・アフマディーネジャード大統領は土曜日夜のテレビの生放送で、現金による補助金の支給額を5倍に増やすとする、自らの構想を明らかにした。       ニュースサイト「ファルヤードギャル」が伝えたところによると、大統領のこの発言が意味しているのは、政府は一人あたりの補助金額を月約23万5千トマーン〔約7800円(1円を300リヤールで計算)〕に引き上げようとしているということである。この発言は、次期大統領選挙に向けたアフマディーネジャード氏の構想がスタートしたことを示しているのではないかと 全文をよむ

2012-12-24 国会議員「補助金支給額を倍増させる大統領の案は国民の感情をかき乱すもの」 (Mardomsalari紙)

 国会の計画予算委員会の委員長は、大統領が補助金支給額を約5倍に増やすと述べたことについて、「最高指導者は、選挙において国民の感情をかき乱すようなことをする権利は誰にもないと仰った。大統領のこの発言は、〔国民の〕感情をかき乱すもの以外のなにものでもない」と述べた。       メフル通信の報道によると、ゴラームレザー・メスバーヒー=モガッダム師は大統領のテレビ・インタビューについて、「アフマディーネジャード氏は、国の経済を取り仕切る責任者は一人であるべきだと言っているが、我が国で経済問題に関わる 全文をよむ

2012-12-23 国会議員、補助金改革をめぐって大統領を批判「第2弾が実施されれば大統領喚問も」 (Mardomsalari紙)

 国会鉱工業委員会の委員を務めるピールモアッゼン議員は、「補助金改革の第2弾が実施されれば、イランの国家及び国民に苦難以外の何ももたらさないだろう。なぜなら、補助金改革の第1弾で〔エネルギーへの補助金をカットし、現金による〕補助金の支給を実施したことで、国民の約9割が生活の面で苦境にあえぐことになったからだ」と述べた。       キャマーロッディーン・ピールモアッゼン議員はイラン労働通信とのインタビューの中で、さらに「現時点で大統領は、補助金改革第2弾の実施見送りに関心を払うべきである。なぜな 全文をよむ

2012-12-22 テヘラン臨時金曜礼拝導師「国民は精神的・物質的な資質をもった人物を選ぶべき」 (Mardomsalari紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師は、〔来年に行われる〕次期イラン大統領選挙について、「国民は精神的・物質的資質に支えられた人物を選択すべきだ」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、アーヤトッラー・エマーミー=カーシャーニーはテヘラン金曜礼拝での説教の中で、「イスラームの目覚め」をめぐる問題について触れた上で、次のように指摘した。      この目覚めは、実を結ぶであろうあらゆる運動がそうであるように、精神的な支えと物質的な支えという二つの支えを必要としている。精神的な支えとは、美徳のこ 全文をよむ

2012-12-03 なぜ通信情報技術相が解任?:国会からは批判の声 (Mardomsalari紙)

【経済部】第10期政府は発足以来、政治、経済、文化、その他様々な分野で何度も騒動を引き起こし、大いなる衝撃を社会に与えては、国民の心の中に多くの疑問を生みだしてきた。政府が起こした最新の騒動、すなわち通信情報技術相の真夜中の解任に対しても、専門家や国会議員らからは多くの反応・疑問が提起されている。       通信情報技術相を解任し、アリー・ニークザード氏を同省の大臣代行に任命するとの報道が流れると、同省と〔ニークザード氏が大臣を務める〕道路住宅都市整備省との合併が本格化するのではないかとの憶測 全文をよむ

2012-12-02 アフマディーネジャード大統領、マシャーイー大統領事務所長を大統領顧問に任命 (Mardomsalari紙)

 マフムード・アフマディーネジャード大統領はそれぞれ別個の辞令の中で、エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイー大統領事務所長を大統領顧問兼非同盟運動事務局長に任命し、セイエド・ハサン・ムーサヴィー前文化遺産観光庁長官を、マシャーイー氏の後任に任命した。アフマディーネジャード大統領はまた、別の辞令で〔セイエド・ハサン・ムーサヴィー氏に代えて〕モハンマド・シャリーフ・マレクザーデ氏を副大統領兼文化遺産観光庁長官に任命した。      〔‥‥〕       モハンマド・シャリーフ・マレクザーデ氏は 全文をよむ

2012-11-22 大統領喚問、最高指導者の勧告によって中止に (Mardomsalari紙)

【政治部】昨日、革命最高指導者は〔‥‥〕「〔行政の〕責任者を喚問するという国会の行動は前向きに評価されるべきものであり、それは一方で国が抱える諸問題を追求しようという国会議員たちの義務感を、また他方で〔国会の疑義に対して〕説明責任を果たそうという政府の自信と勇気を示すものであった。〔しかし〕敬愛すべき国会議員は、この時点でこの行動を停止すべきである」と述べた。この発言の直後、喚問案を起草した議員らは、革命最高指導者の命令を喜んで受け入れることを表明し、大統領喚問案を取り下げた。       革命 全文をよむ

2012-11-17 司法権長官、一部の政府系メディアを批判:ベヘシュティー事件をめぐって (Jam-e Jam紙)

 司法権長官は刑務所内でブロガーが死亡した最近の事件に言及し、「一部の政府系サイトがこの問題を口実に、《大統領がエヴィーン刑務所の視察を計画した理由がこれではっきりした》などと書き立てていることに、私は驚いている。一事件を悪用しようとする恥ずべき試みだ」と述べた。      ※訳注:先月、アフマディーネジャード大統領がエヴィーン刑務所視察の意向を突如表明したことに対し、アーモリー=ラーリージャーニー司法権長官から、同刑務所の視察には司法権の許可が必要であり、大統領による勝手な視察は認められないと 全文をよむ

2012-11-15 最高指導者「西洋の模倣は自由と対立」 (Jam-e Jam紙)

 約150人の思想家や選良、大学や神学校の教授、研究者、ならびに学術書の著作者らが火曜日、イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下とともに、第4回「イスラーム共和国戦略思想会議」の場で、「自由」という問題の諸側面について議論・検討を行った。      〔‥‥〕       ハーメネイー最高指導者はこの会議で、イランでは自由という概念の諸側面について認識・明示することに対し、大いなる空白・不足があったと指摘した上で、「西洋ではここ数世紀、その他のテーマと比べて、自由に関する議論が 全文をよむ

2012-11-14 「サッタール・ベヘシュティー事件」に関与した容疑者複数を逮捕 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン一般革命検事長は、サッタール・ベヘシュティー死亡事件に関連して、複数名が逮捕されたことを明らかにした。       ファールス通信の報道によると、アッバース・ジャアファリー=ドウラトアーバーディー検事長は第20区検察所長の新任・離任式が行われている傍らで、記者団に対し、〔体制に批判的なブログ記事を書いたとして警察に拘留されていた〕サッタール・ベヘシュティーが死亡したとの情報が流れてすぐに、この事件の原因究明に向けて必要な措置が講じられたと指摘した上で、「この問題についての公表が少々遅れ 全文をよむ

2012-11-08 国会議員220名、最高指導者のご指示に従うことを宣言 (Jam-e Jam紙)

 国会議員220名は、昨日国会公開会議で読み上げられた声明に署名し、革命最高指導者のご指示に従うことを宣言した。       革命最高指導者に向けて出されたこの声明は、責任者たちの間の行動を一致させることの必要性を訴え、また〔来年の大統領〕選挙まで対立を煽ったり、そのために国民の感情を利用したりしてはならず、国民の経済問題解決を最優先課題としなければならないとした、北ホラーサーン州、ならびに学生らの前で同師が行った演説に言及した上で、次のように指摘する内容となっている。      われわれ国会議 全文をよむ

2012-11-08 マカーレム=シーラーズィー師「ムハッラム月の集会を選挙活動に利用してはならない」 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは「〔第三代イマーム・ホセインへの〕哀悼を捧げる宗教的な集会が、私的な政治活動や選挙向けの宣伝のための集会に変わるようなことがあってはならない」と強調した。       メフル通信によると、マルジャエ・タグリード(シーア派宗教最高権威)である同師は昨日、自身のイスラーム法学の上級コースの授業のなかで、〔イマーム・ホセインの殉教を悼むシーア派の行事が行われる〕ムハッラム月〔西暦11月15日~12月14日〕が近づき、〔イマーム・ホセインの事績などを信徒らに 全文をよむ

2012-11-06 サイーディー師「マッダーフを職業として理解するべきではない」 (Mardomsalari紙)

 革命防衛隊最高指導者代理のサイーディー師は、イラン国民は現在、厳しい試練に晒されていると指摘した上で、「それゆえ、国の責任者全員がイラン国民の勝利に向けて、準備を整える必要があるのだ」と述べた。       イラン労働通信の報道によると、ホッジャトルエスラームのアリー・サイーディー師は第3回「マッダーフという守護者たち」会議の席上、今やマッダーフや詩人、演説者たちには重大で重い使命があると指摘した上で、「しっかりとした目的をもった詩は、心を揺り動かさずにはおかないアーシューラーという偉大な出来 全文をよむ

2012-11-06 アーヤトッラー・ヤズディー「我々はみな忍耐強く抵抗していかなければならない」 (Jam-e Jam紙)

 ゴム神学校講師協会の会長は、国の現状について言及した上で、「我々はみな忍耐強く抵抗し、〔少々の不便に対して〕心を広く持って耐える必要がある。言い争いや論争、エゴイズムは抑えねばならない」と強調した。       メフル通信の報道によると、アーヤトッラー・ヤズディーは加えて、「運がいいことに、革命最高指導者は素晴らしい助言をくださった。神の思し召しにより、皆がそれに従い行動しなければならない。私は数日前に、三権の長のうち二人と会議をもったが、彼らも革命最高指導者に従うことを強調していた。私の見解 全文をよむ

2012-11-05 大統領喚問案が成立:2度目の喚問実施が確定 (Jam-e Jam紙)

 昨日の国会公開会議は、波乱に満ちた展開となった。大統領喚問案が国会運営委員会によって読み上げられたことに、一部の国会議員が抗議、数十分間にわたって議場の雰囲気が緊張した状態になり、さらには一部の議員が議場を退席する事態となったのである。       メフル通信の報道によると、昨日の公開会議で、大統領喚問案の起草者らは国会運営委員会と協議し、真っ先に〔同案を受理し〕質問内容を読み上げるべきだと同委員会に迫った。これに対し、〔大統領支持派の会派である〕原理派グループに属する一部の反対議員らと、同グ 全文をよむ

2012-11-01 ハーメネイー最高指導者が警告「対立を国民の前に持ち出す者は裏切り者」 (Mardomsalari紙)

 革命最高指導者は「今日から〔来年行われる大統領〕選挙の日まで、〔意見の〕対立を国民の前に持ち出し、また対立〔を煽る〕ために彼らの感情を利用しようとする者は、間違いなく、国への裏切り行為を働いている者である」と述べた。       イラン労働通信によると、アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はアーバーン月13日の「生徒の日、および世界的抑圧と闘う国民の日」〔※11月3日のアメリカ大使館占拠事件の記念日。なお、閏年ではない通常の年は、アーバーン月13日は西暦で11月4日にあたる〕を目前に控えて行われた 全文をよむ

2012-10-31 エルハーム氏、報道官として政府に復帰 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】本日の閣議で、ゴラームホセイン・エルハーム氏が政府報道官に任命された。これより前、政府には二人の報道官がいたが、今回の新たな決定により、報道官2人体制は解消され、エルハーム氏が唯一人の政府報道官として再登板することになった。       ゴラームホセイン・エルハーム氏は第9期政権〔※第1次アフマディーネジャード政権〕で政府報道官を務めていたが、第10期政権〔※第2次アフマディーネジャード政権〕の発足に伴い、アフマディーネジャード大統領は同氏に代えて、モハンマド・レ 全文をよむ

2012-10-23 モタッハリー議員、アフマディーネジャード大統領の弾劾を要求 (Mardomsalari紙)

 国会文化委員会の委員を務めるアリー・モタッハリー議員は、アフマディーネジャード大統領とマシャーイー大統領事務所長は、いまだ「イラン主義」に関する自らの思想のすべてを開陳しているわけではないと指摘し、「アフマディーネジャード政権とその側近たちの危険性を理解している者は、いまだ少ない」と注意を喚起した。       モタッハリー議員は国会通信とのインタビューの中で、アフマディーネジャード政権の能力の低さが、国の現在の経済、文化、政治状況の真の原因だとの見方を示した上で、「大統領の喚問は、政府の真の 全文をよむ

2012-10-16 ハーメネイー最高指導者、北ホラーサーン州のバスィージ隊員の前で演説 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者は北ホラーサーン州訪問の6日目にあたる昨日午後、同州の民兵組織バスィージ〔※もと「動員」の意〕の隊員数千名の前で、「バスィージは神がイラン国民に与え給うた黄金の鍵、贈り物である。これまでさまざまな問題を解決してきたように、バスィージはこれからも国と社会が必要とするさまざまな重要案件を前に進めるだろう」と強調した。       最高指導者事務所の広報サイトが伝えたところによると、アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、バスィージは体制にとって重要な成功体験の一つであるとし、教 全文をよむ

2012-10-15 ハーメネイー最高指導者、新たな「生活スタイル」構築の必要性を強調 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者は昨日、熱気にあふれた北ホラーサーン州の大学生や生徒たち、及びその他の若者たち数千名の前で、真の進歩を成し遂げ、新たなイスラーム文明を建設するためには、「生活スタイル」の領域に踏み込むことが必要だとの認識を示し、エリートたちや思想家らに対し、「この重要な問題に注意を払い、現在のイランにおける生活スタイルの問題点を分析し、その対策を練る」よう呼びかけた。同師はその上で、「イスラーム文明にとって道具的な側面をなしている科学や産業、経済、政治における進歩は、正しい生活スタイル 全文をよむ

2012-10-15 ラーリージャーニー国会議長は大統領選に出馬するのか? (Mardomsalari紙)

 アリー・ラーリージャーニー国会議長は第11期大統領選に出馬する気はないと公言しているが、しかしさまざまな証拠は、彼が大統領選への出馬を心に決めていることを示している。       ニュースサイト「ファリヤードギャル」によると、アリー・ラーリージャーニー氏はしばらく前、次期大統領選に出馬する予定はないと明言したが、しかしにもかかわらず、自らの宣伝活動をすでに強化している。ラーリージャーニー氏はここ数ヵ月、「看護師制度高等評議会」やロンドン・オリンピックに参加したアスリートたちなど、さまざまな人々 全文をよむ

2012-10-14 ハーメネイー最高指導者「国内産品を消費することで失業もインフレも解決できる」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は北ホラーサーン州訪問の4日目にあたる昨日、「コーランの町」エスファラーイェンを訪れ、最高指導者の来訪をタフティー・スタジアムで心待ちにしていた、同市の住民数万人の前に姿を現した。       イスラーム革命最高指導者はエスファラーイェン市民の前で、進歩の道を歩み続けるために必要とされる熱意や溌剌とした快活さを維持・強化する方法について言及し、「国民的自信」と「正義」という、進歩の度合いを測る重要な二つの指標について説明を行った。同師は 全文をよむ

2012-10-13 サディーギー師「我々は今まで70種類もの制裁を経験」 (Mardomsalari紙)

 テヘラン金曜礼拝導師のサディーギー師は、抵抗の必要性を説いた最高指導者の演説に触れた上で、「もし我々が核エネルギーを手放したとしても、我々に対する敵どもの名状しがたい敵意と憎悪が消えることはないだろう」と述べた。       ファールス通信によれば、ホッジャトルエスラーム・カーゼム・サディーギーは金曜礼拝における第二講話で、最高指導者の北ホラーサーン州訪問について言及した上で、次のように述べた。「革命や体制に対するイラン国民の愛着をそぐために、世界は我々を最も過酷な制裁の対象とし、国民は厳しい 全文をよむ

2012-10-13 革命最高指導者、北ホラーサーンで演説「大言壮語の文化を広めてはならない」(上) (Mardomsalari紙)

 イスラーム革命最高指導者は、北ホラーサーン州の学校に勤める教員や大学教授、及び同州にある大学に設置された学術委員会の委員ら数千人と面会し、子供の人間的アイデンティティを、善良な性格にもとづいて幼少時から作り上げ、形成させるべく努力することが必要だと指摘した上で、「我が国にとって最も必要とされているのは、将来への希望、快活さ、そして自信を若者たちの間に創り出すことである」と強調した。      〔‥‥〕       アーヤトッラー・ハーメネイー最高指導者は、個人および社会の全面的変革、ならびに人 全文をよむ

2012-10-13 革命最高指導者、北ホラーサーンで演説「大言壮語の文化を広めてはならない」(下) (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は科学〔論文〕の生産分野において、イランの世界でのシェアが2%上昇したことに言及し、「これらの進歩はすべて、制裁や圧力といった困難な状況下で、組織化された金銭的・精神的バックアップがないにもかかわらず、やる気を失わなかった、専門的知識の豊富な一部の若者たちの努力によって、始められたものなのである」と指摘した。       同師はまた、「このような状況下にあって、これらの科学的・学術的な大躍進は、〔イラン国民に〕希望を与えるものであり、また自らを信じ、前進を続けて 全文をよむ

2012-10-11 革命最高指導者、北ホラーサーンを訪問「一部の無策が問題を大きくしている」 (Mardomsalari紙)

 革命最高指導者は、一致団結を保持し、計画を立て、法的制約を守り、責任感をもち、責任転嫁をしないことこそ、国の責任者の務めだと指摘した上で、「憲法には国会、政府、大統領、司法権それぞれの役割が明記されている。それゆえ、責任者たちは自らの法的責務に則って行動し、心と言葉を一つにして、ともに歩む義務があるのである」と強調した。       〔北ホラーサーン州の〕ボジヌールドにあるタフティー・スタジアムで、同市の熱気にあふれる市民ら数万人と面会したアーヤトッラー・ハーメネイー最高指導者は、〔‥‥〕イス 全文をよむ

2012-10-11 大統領喚問案への署名、102議員に達する (Mardomsalari紙)

 大統領への喚問が初めて実行に移されたのは第8期国会でのことだったが、その際は問題が残ってしまった。アフマディーネジャード大統領が喚問に関する法律を真面目に捉えず、大統領は国会を茶化しているのではないかと、議員らが疑問視するような回答に終始したからだ。だが、今回は事情が少々異なる。喚問に関する法律が改正され、議員らは大統領の発言の後、大統領に関して投票を行うことになったからである。       二度目の大統領喚問案を準備しているのは再びモタッハリー議員で、彼は1ヵ月前から議員たちの署名集めを始め 全文をよむ

2012-10-11 投石刑、新イスラーム刑法から削除へ (Mardomsalari紙)

 〔イスラーム刑〕法の改正のなかで最も重要な変更点の一つとして、投石刑が規定から外されたことが挙げられる。確かにここ数年間、この刑は執行されず、裁判官たちは代わりの刑を用いようとしてきた。       国会司法委員会のスポークスマンはこの件について、「新イスラーム刑法は間もなく、〔同法について護憲評議会によって指摘された〕問題点を取り除いた上で、護憲評議会に送られるだろう」と述べた。       モハンマドアリー・エスファナーニー氏は、イスラーム刑法をめぐる最近の状況について、「この法は、大統領 全文をよむ

2012-10-09 サルヴァティー議員、大統領喚問案について語る「大統領に政治的無能の判断が下る可能性も」 (Mardomsalari紙)

【政治部】第8期国会は〔3月中旬に〕アフマディーネジャード大統領を国会の場に呼び出し、大統領喚問というタブーを破った。これはイスラーム共和国史上初めてのことだった。とはいえ、アフマディーネジャード大統領は喚問を「真面目に」捉えず、〔スラングやジョーク、皮肉を交えながらの〕大統領の受け答え方は、多くの国会議員から批判を浴びた。そして今、経済状況が危機的な様相を帯びる中、大統領を再度国会に喚問する案が、一部議員たちの間で取り沙汰されている。       この件について、大統領喚問案に署名をした一人で 全文をよむ

2012-10-09 国会議員「亡命したカメラマンは大統領府の職員だった」 (Mardomsalari紙)

 イラン国営放送監督評議会の国会監督委員を務めるビージャン・ノウバーヴェ氏は、アメリカに亡命したのはイラン国営放送のカメラマンではなく、大統領同行団の一員であり、アフマディーネジャード大統領個人が人選を行った人物だったと強調した。       ビージャン・ノウバーヴェ氏は「ガーヌーン」通信記者の取材に対し、アメリカに亡命した人物がイラン国営放送のカメラマンであったとされる報道を否定し、「私が調査したところでは、アメリカに亡命した人物はアフマディーネジャードの同行団、ならびに大統領府の一員であり、 全文をよむ

2012-10-08 ヌーリー=ハメダーニー「抵抗経済こそ制裁に対抗する唯一の方法だ」 (Mardomsalari紙)

 「偉大なるイラン国民に対して軍事的な戦いを起こす力などない革命の敵どもは、制裁という手段による戦いを選択した。しかし、抵抗経済を強調する革命最高指導者の呼びかけによって、敵を再び打ち破ることができるだろう」。       イスラーム神学校通信の報道によると、アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニーは革命防衛隊の隊員らとの面会の中で、聖コーランには3種類の敵が存在すると強調した上で、「至高なる神は、不信心者、偽善者、そしてシオニストをムスリムの敵だとし、これらの敵に対して注意を怠らず、必要な備えを 全文をよむ

2012-10-08 革命防衛隊総司令官「イラン国民は世界のすべてのムスリム国家の手本」 (Mardomsalari紙)

 革命防衛隊総司令官は「神聖なるイスラーム共和国の安全を確保し、防衛することは、神のための最高の聖戦である」と語った。       イラン労働通信(ILNA)の報道によると、モハンマド・アリー・ジャアファリー少将はヘリコプター墜落事故で死亡したキャリーム・バフラーミー司令官とその他の殉教者たちの殉教を悼む40日忌(ウルミエのイマーム・ホセイン・モスクで開催)で、「殉教の道を選び、神に到るべくイスラーム的価値の防衛に一切の努力を惜しまなかった殉教者たちは幸いなるかな!」と弔辞を述べた。      全文をよむ

2012-10-06 アーヤトッラー・アフマド・ハータミー「困難解決の唯一の方法は責任者らの一致団結」 (Jam-e Jam紙)

ゴム金曜礼拝導師「イラン国民が制裁に直面して、敵に屈服するようなことはない」       テヘラン臨時金曜導師はいくつかの問題に触れた上で、「これらの困難を解決する唯一の方法は、責任者らが互いに、そして国民とともに協力し、心を一つにすることである」と強調した。       アーヤトッラー・セイエド・アフマド・ハータミーはテヘラン金曜礼拝の説教の中で、「もし社会に信仰と敬虔の2つの要素が存在するならば、神はその社会が直面する困難を解決なさるだろう」と指摘した上で、次のように述べた。「〔…〕経済的な 全文をよむ

2012-10-04 ハーメネイー最高指導者「イラン国民が圧力に屈することはない」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨朝、1000名もの若きエリート・才能らと面会し、その中で、・選りすぐられた若者たちの中にみられる歓喜と希望の雰囲気を保持し強化すること、・若き才能がよりいっそう学術的に発展していく可能性を用意すること、・西洋の科学的進歩に対して萎縮するのではなく、学問の内発性に留意すること、・国民の未来に対するエリートたちの責任感を養うこと、・現在の科学的進歩に満足しないこと、などが、国が科学的発展を急テンポで続けていくには必要だとの認識を示した。 全文をよむ

2012-10-04 マカーレム=シーラーズィー「国民は自己満足に陥った政府に嫌気がさしている」 (Mardomsalari紙)

 マルジャエ・タグリード〔※シーア派の宗教最高権威〕のアーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは、「我々は強みだけでなく弱点も認め、その改善を考慮しているということを表明すべきである。国民は自然に、そのような人物のことを好きになるだろう。しかし、自らを正当化したり、責任転嫁をして、これは外国人のせいだなどと言い〔‥‥〕、いかなる責任も受け入れないようであれば、〔国民の〕不満は募るだろう」と述べた。       イラン労働通信(ILNA)によると、アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーはゴム 全文をよむ

2012-09-26 国会議員ら、シャルグ紙への処罰を要求:再び発行停止処分に (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】      「聖なる防衛」〔=イラン・イラク戦争〕の時代のイスラーム戦士たちを侮辱する風刺画が、日刊紙「シャルグ」に掲載されたことに対し、150名以上の国会議員が声明を発表し、同紙の処罰と発行停止を求めた。       この風刺画は間接的に、「聖なる防衛」の価値を弱めるものとなっている。この風刺画から、読者はイスラームの戦士たちが「おお、ザフラー」、「おお、ホセイン」、「おお、マフディー」と書かれた鉢巻きを互いに結び合っている、「聖なる防衛」の時の有名な写真のこと 全文をよむ

2012-09-22 大規模軍事パレードで最新の国防製品が披露 (Jam-e Jam紙)

大統領「抑圧諸国は聖なる防衛において、自らの正体をあらわにした」       「聖なる防衛」週間の初日にして、「強要された戦争」開戦記念日に当たる昨日、イラン・イスラーム共和国軍による大規模軍事パレードが行われ、我が国の最新の国防製品が披露された。      ※訳注:「聖なる防衛」も「強要された戦争」も、ともにイランにおけるイラン・イラク戦争の呼称。       ホメイニー廟の横で行われた軍事パレードで披露されたのは、「シャハーブ2」、「ペルシア湾」、「ゼルザール3」、「ギヤーム」、「セッジール 全文をよむ

2012-09-08 革命最高指導者、専門家会議議員らと面会「国は好ましい状態にある」 (Mardomsalari紙)

 最高指導者専門家会議の議長ならびに議員らは、木曜日の朝、イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下と面会した。       最高指導者事務所の広報サイトが伝えたところによると、アーヤトッラー・ハーメネイーはこの面会の中で、国は総じて順調に進歩しつつあるとの見方を示し、さらにテヘランで非同盟運動首脳会議が開かれたことはイスラーム体制の力強さや卓越ぶり、偉大さを示すものであったと指摘した。同師はその上で、「イラン国民の敵は愚かにも、この会議をイラン・イスラーム共和国との外交戦争に変 全文をよむ

2012-09-05 マフダヴィー=キャニー師「政府は国民の暮らしに真剣に取り組むべき」 (Mardomsalari紙)

「単に国民が敬虔になるためだけに革命を起こしたわけではなかった」      【政治部】最高指導者専門家会議の第12回会合が、前回と同様に旧国会議事堂で開催された。その中でマフダヴィー=キャニー師は同会議の議長として、〔国民が直面する諸問題に〕共感を寄せるその他の有力者らと変わらぬ口調で、国民生活や国家経済の現状を批判する演説を行った。これに対し、政府関係者らはいまだにこうした現状を認めようとせず、自らのパフォーマンスの自己弁護に終始することで、これまでの経済政策を正当化する姿勢を貫いている。なお 全文をよむ

2012-09-03 サイーディー師「体制の正統性は人民の票によってもたらされるとする考えは逸脱」 (Mardomsalari紙)

 革命防衛隊最高指導者代理のサイーディー師は、情報技術が人々の間の関係に多大な影響を及ぼしていると指摘した上で、「今日、状況は大きく変わった。社会の新たな変数と知的レベルに応じた議論が必要だ」と述べた。       イラン労働通信の報道によると、革命防衛隊最高指導者代理のホッジャトルエスラーム・アリー・サイーディーは、革命防衛隊イスラーム研究所の新旧所長の退任・着任式のなかで、「イスラーム革命の勝利に先立つ100年間の、〔世界における〕思想やその問題について知ることが重要だ」と強調し、さらに「ロ 全文をよむ

2012-08-31 「イランは反対意見の表明を拒絶しない」:ラーリージャーニー氏、ムルスィー発言に関し (Hamshahri紙)

 我が国の外交官を務めたことのあるジャヴァード・ラーリージャーニー氏は、エジプトのムルスィー大統領のNAM(非同盟運動)会議での演説について、イラン・イスラーム共和国は反対意見の表明を拒絶しないと述べた上で、「他者の意見は排除すべきだとは、われわれは思っていない」と述べた。       モハンマド・ジャヴァード・ラーリージャーニー氏はテレビ番組「昨日、今日、明日」の中で、国連の機構改革の必要性について言及し、「この機関は西洋諸国によって、その名が汚されてしまった。彼らはこの機関を自らの道具として 全文をよむ

2012-08-30 国連事務総長「イランには地域で発生するあらゆる問題について、調停を行う能力がある」 (Jam-e Jam紙)

 昨日イラン入りを果たすことで、非同盟運動首脳会議への出席をめぐる様々な憶測に終止符を打った国連事務総長は、イラン入り直後から同国当局者との会談に入ることで、自身のスケジュールをスタートさせた。       大統領や国会議長との会談、国会議長との昼食会、同氏との共同記者会見などが、潘基文氏の昨日の日程だった。      〔…〕       潘基文氏は、アリー・ラーリージャーニー国会議長との共同記者会見で、イランは国際社会ならびにグローバルな問題〔の解決〕において重要な役割を担っていると指摘した上 全文をよむ

2012-08-23 妨害電波をめぐるナゾ、いまだはっきりせず (Mardomsalari紙)

 「妨害電波」とそれが一般市民の健康にもたらす問題について取り沙汰され始めてから3年、国会保健委員会の委員長はついに、この妨害電波の発信源がはっきりと国内にあることを認める発言を行った。同委員長はその上で、通信省も国会の代表も、妨害電波の発信源について知ってはいるものの、それがなんなのか、明言するつもりはないとも述べた。       これに先立ち、レザー・タギープール通信情報技術相は「最近の通信妨害電波は通信省から出ているものではなく、本省は妨害電波の発信源を突き止めようとしているところだ」と述 全文をよむ

2012-08-21 最高指導者「米やシオニズムの動きは、いかなるものであれ偽りのものである」 (Jam-e Jam紙)

■ 今年はより多くのムスリム諸国民が、特に目覚めしイスラーム諸国において、パレスチナ擁護のために広場に足を運んだ。神の思し召しがあれば、この流れはこれからも続いていくだろう。      ■ パレスチナ問題が忘却され、脇へ追いやられるようなことがあってはならない。なぜならイスラーム世界の問題の多くは、偽りのシオニスト体制の存在によるものだからである。      ■ 地震の被害を受けた同胞たちに対する重く大きな責任を首尾よく果たすべく、努力を続ける必要がある。      ■ イスラーム共同体は、イス 全文をよむ

2012-08-06 ハーメネイー最高指導者「詩も国家の抱える問題に無関心ではありえない」 (Jam-e Jam紙)

ペルシア語話者の詩人・芸術家ら、イマーム・ハサン・モジタバー生誕記念祭でアーヤトッラー・ハーメネイー閣下に謁見       預言者一門のイマーム・ハサン・モジタバー〔※〕生誕記念祭の晩餐会が、イラン、アフガニスタン、タジキスタン、及びインドのペルシア語詩人らをはじめとする文化人・芸術家を招き、ホセイニーイェ〔※〕「イマーム・ホメイニー」で開かれた。この記念祭では、詩人たちが革命最高指導者に謁見するために、一堂に会することが毎年恒例となっている。      ※訳注:「ホセイニーイェ」とはシーア派イ 全文をよむ

2012-08-05 イラン製第4世代ミサイルの発射実験、行われる:命中精度が向上 (Jam-e Jam紙)

 国防軍需相は、国防省宇宙航空産業機構が開発した射程300キロメートルのミサイル「ファーテフ110」の第4世代の発射実験に成功したことを明らかにした。       イラン学生通信の報道によると、アフマド・ヴァヒーディー司令官はこのミサイルのピンポイント爆撃能力について触れ、「新たな誘導方法の採用により、ミサイルにはピンポイント・システムが装備され、実験が行われた。その結果、このミサイルには逸れることなく標的に命中する能力があることが証明された」と述べた。       同相はさらに、「国防省の製造 全文をよむ

2012-07-29 アーヤトッラー・ソブハーニー「西洋への依存脱却が制裁の原因」 (Mardomsalari紙)

 アーヤトッラー・ソブハーニーは「〔これまでイランに対して科せられてきた〕すべての制裁は、我々が科学の分野で進歩しないようにするためのものである。もし我々が科学的進歩を断念すれば、すべての制裁は解除されるだろう」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、マルジャエ・タグリード(シーア派宗教最高権威)である同師はコーラン注釈に関する一連の議論の中で、科学の領域で努力することの必要性に触れた上で、「もし西洋が世界を支配しているのであれば、それは彼らが科学を保有しているためである。もちろん 全文をよむ

2012-07-17 革命防衛隊戦略センター所長「革命防衛隊は任務遂行のためならばあらゆる領域に関与する」 (Mardomsalari紙)

 革命防衛隊戦略センター所長は、「革命防衛隊は自らの使命に従って行動している。もし革命防衛隊の使命が求めるのであれば、任務遂行のためにあらゆる領域に関与するだろう」と述べた。       ファールス通信によると、革命防衛隊戦略センター所長のアリー・アクバル・アフマディヤーン司令官は、聖都マシュハドで開かれた「第18回イスラーム革命防衛隊海上部隊司令官年次大会」の席上、「革命防衛隊は治安、国防、文化、建設などあらゆる領域に関与している。こうしたことを踏まえ、革命防衛隊はイスラーム革命の防衛こそを、 全文をよむ

2012-07-12 ハーメネイー最高指導者「イスラームの目覚めは歴史の道程を変えることができる」(上) (Jam-e Jam紙)

 革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下はイスラーム世界において指導的立場を占める、学識豊かなジハード女性たち千人以上と面会するなかで、イスラームの目覚めという偉大なる運動で女性たちが果たした役割は他に代えがたいものであると指摘した。同師はさらに、イスラーム革命の勝利と継続におけるイラン女性の参加という、極めて幸多き経験について触れた上で、「女性たちがイスラームの目覚めというめでたき運動に継続的に参加し、またその参加を強化・拡大させるによって、間違いなく、ムスリム諸国民にはあまたの勝利 全文をよむ

2012-07-12 ハーメネイー最高指導者「イスラームの目覚めは歴史の道程を変えることができる」(下) (Jam-e Jam紙)

■ ムスリム諸国民による革命を目の当たりにして、抑圧者たちは呆然としている       イスラーム革命最高指導者は、イスラーム覚醒の流れが生まれた北アフリカその他の地域におけるムスリム諸国民による革命を称賛した上で、「アメリカを筆頭とする抑圧者たち、そしてシオニズムは、この大いなる運動を目の当たりにして呆然としており、全存在をかけてこの動きをコントロールし、その波に乗ろうと試みている」と述べた。       同師は、抑圧世界はイスラームの目覚めをコントロールするための手法の一つとして、〔政治運動 全文をよむ

2012-07-11 司法権人権本部書記「イランには政治犯はいない」 (Mardomsalari紙)

【政治部】司法権人権本部のジャヴァード・ラーリージャーニー書記は、「政治犯に対する不適切な扱い」について指摘したアリー・モタッハリー氏の発言に対し、「政治犯とは法的枠組みのなかで政治活動をしているにもかかわらず、為政者にとって気にくわない活動であるという理由から、不当に投獄されている人のことを指す。こうした定義に基づくならば、イスラーム共和国体制には政治犯は存在しない」と述べた。       司法権人権本部のウェブサイトは、モハンマド・ジャヴァード・ラーリージャーニー書記との短いインタビューを次 全文をよむ

2012-06-25 ハーメネイー最高指導者「イラン国民はその聡明さによって敵の陰謀を阻止している」 (Mardomsalari紙)

 アボルファズル・アッバース閣下〔※「カルバラーの悲劇」で非業の最期を遂げた、第三代イマーム・ホセインの異母兄弟〕の輝かしき生誕記念日に、第29回国際聖コーラン大会で優れた成績を収めた学者やコーラン読経師、コーラン暗唱者らは、イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下が見守る中、「コーランと親しむ光の会」を立ち上げ、コーランの天空の章句を朗唱することで、偉大な神を讃美した。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はこの会見で、〔‥‥〕「イラン国民は、物質にまみれた世界の中で 全文をよむ

2012-06-14 ハーメネイー最高指導者「国会の独立の名の下に政府に反対すべきではない」 (Jam-e Jam紙)

「優れた法律を作り、政府を注意深く監督することができるかどうかが、国会が活気に満ちているかどうかの明確な指標となる」       イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、第9期国会に国民の代表として選ばれた者たちとの面会のなかで、「国会は自らの重要かつ根本的な義務を果たすにあたって、活気に溢れ、躍動感と歓喜に満ちた議会の指標となるものを享受するとともに、政治的・道徳的・金銭的次元において健全な議会であらねばならない」と強調した。       最高指導者事務所の広報サイト 全文をよむ

2012-06-13 「永続戦線」のインターネット・テレビ事務所に閉鎖処分 (Jam-e Jam紙)

 ニュースサイト「バーズターブ」は、「永続戦線」のインターネット・テレビサイトがフィルタリングされたことを伝えた上で、同サイトの事務所に対して閉鎖処分が下されたと報じた。       バーズターブによると、「第9期国会議員選挙に合わせる形で開局された永続戦線のインターネット・テレビ放送局は、非合法活動との司法当局の指摘を無視したため、フィルタリングされ、その事務所も閉鎖に追い込まれた」という。 全文をよむ

2012-06-07 ラフサンジャーニー「最高指導者はハサン・ホメイニーに対する侮辱行為に不快感を抱いている」 (Mardomsalari紙)

【政治部】一部の組織化された小規模集団が、イスラーム革命の創始者〔=ホメイニー〕の記念行事で、国内外のゲストの目の前で、〔ホメイニーの孫にあたる〕セイエド・ハサン・ホメイニーの演説を妨害し、政治活動家やマルジャエ・タグリード(宗教の最高権威)たち、体制の重鎮らから大きな反発を招いたのは、今から2年前のことだ。この出来事は汚点として、しばらくの間人々の話題にのぼり、幾度となく非難の対象となったものだ。       そしてついに、大統領がこの後味の悪い、極端な体験を味わう番となった。今年のイマーム・ 全文をよむ

2012-06-05 最高指導者が禁止:「立ち止まること」「自惚れること」「奢侈に走ること」(1) (Mardomsalari紙)

 イスラーム革命最高指導者は、イスラーム共和国の創設者の聖廟で行われた、イマーム・ホメイニーを慕う信奉者たちによる大集会のなかで、故イマームは国民の父であり、愛と力、そして堅き意志の権化であると述べた。       イスラーム革命の偉大なる指導者の23回忌にあたる日曜日の朝、きわめて盛大に行われた式典のなかで、アーヤトッラー・ハーメネイーは、国民的名誉の精神の復活と国民の内面構造の強化に向けた、イマームの聡明なる努力について指摘し、次のように続けた。      〔世界の〕歴史を作ってきたイラン国 全文をよむ

2012-06-05 最高指導者が禁止:「立ち止まること」「自惚れること」「奢侈に走ること」(2) (Mardomsalari紙)

 イスラーム革命最高指導者は、「イラン国民が進歩を遂げ、この国民が地域や世界の諸国民にとってモデルとなっていることが、イスラーム革命の敵どもが恐怖と妄想を抱く真の理由なのである」と強調した上で、「核技術国イラン(nuclear Iran)の危険性についての世界の政治クラブによる誇張は、虚偽と詐術以外の何ものでもない。なぜなら、彼らの恐怖というのは《核の》イランに対するものではないからだ。そうではなく、彼らの恐怖の本質は《イスラーム的な》イランに対してなのだ」と加えた。       アーヤトッラー 全文をよむ

2012-05-30 ラフサンジャーニー「フェイスブックやその他の新たな媒体は世界にとって歓迎されるべきもの」 (Mardomsalari紙)

 ハーシェミー=ラフサンジャーニー氏は中東地域における変革は歓迎されるべき肯定的なものであるとした上で、「地域における最近の変革に対する命名について、あまりこだわりを持つべきではない。イスラームの目覚め、アラブの春、民衆革命など、複数の名前が考えられるだろう」と述べた。      ※訳注:2012年2月7日に開かれた「イスラームの目覚めに関する詩の国際大会」のなかで、ハーメネイー最高指導者はアラブ諸国における変革は「イスラームの真の目覚め」であり、それゆえ「《アラブの春》という名称には欠陥がある 全文をよむ

2012-05-29 第9期国会の暫定国会議長にラーリージャーニー氏が当選:ハッダード=アーデル氏、敗れる (Mardomsalari紙)

【政治部:キヤーンラード】第9期国会選挙の重要な特徴は、この選挙が原理派内部の各派による争いだったことだ。実際、テヘランを初めとするほとんどの選挙区で、改革派の姿は目立たず、このことが原理派内部の対立を強める結果を生んでいた。しかし原理派内部の争いは国会選挙の終了とともに終わりを迎えたのではなく、むしろもっと重要な局面に突入したと言えるだろう。原理派のトップを誰が務めるのか、二人の候補から一人を選ぶ争いが行われたからだ。       第8期国会で議長を務めたアリー・ラーリージャーニー氏は同国会の 全文をよむ

2012-05-28 副大統領4名に異動:ミールタージョッディーニー氏が「憲法施行」担当副大統領に (Jam-e Jam紙)

 マフムード・アフマディーネジャード大統領は4つの辞令を別個に発表し、3名の現職副大統領を配置変えし、うち1名を新設された「憲法施行」担当副大統領に任命した。       大統領府のウェブサイトが伝えたところによると、大統領が発表した辞令では、・ベフルーズ・モラーディー補助金改革機構長官がエブラーヒーム・アズィーズィー氏に代わって「計画・戦略管理」担当副大統領に、・エブラーヒーム・アズィーズィー氏がロトフォッラー・フォルーザンデ氏に代わって「マネジメント開発・人的資本」担当副大統領に、それぞれ任 全文をよむ

2012-05-24 バーダームチヤーン氏「アフマディーネジャード発言はイマーム・ホメイニーのお言葉と矛盾」 (Mardomsalari紙)

 イスラーム連合党代表代行のアサドッラー・バーダームチヤーン氏は、アフマディーネジャード大統領が第9期国会選挙に当選した一部議員と面会した際、国会が国政の先頭に立っていることへの疑念を繰り返す発言を行ったことを批判した上で、「アフマディーネジャードは慣行に反して、〔新たな期の〕国会が開始される前に、一部の議員たちを〔自身が主催する会合に〕招待した。当然彼は、自身にとって好ましい人物が国会議長や国会運営委員会の委員なることを望んでいるのだろう。しかしこうした行動は、〔大統領として〕ふさわしいもので 全文をよむ

2012-05-14 アフマディーネジャードの政治生命の今後を占う:イランでロシアモデルはあり得ない (Mardomsalari紙)

【政治部】マフムード・アフマディーネジャード氏には様々な特徴があるが、なかでも彼は、いつも話題作りに努める性格の持ち主だ。同氏の話題作りに対する関心は、彼の数々の決断や発言のなかに、はっきりとうかがい知ることが出来る。こうしたことから、大統領としての任期終了後の同氏の政治生命がどうなるのかが、しばらく前からメディアの間で注目の的となってきた。       〔‥‥〕大統領任期終了後、アフマディーネジャード氏は政治の世界でどのような役割を担うのだろうか?ニュースサイト「ファラールー」はこのことについ 全文をよむ

2012-05-12 アフマディーネジャードの新たな約束「政府は物価高の根源を絶つ所存」 (Mardomsalari紙)

「外国為替市場・金市場をめぐる問題は国内外からの合同謀議の産物」      【政治部:キヤーン・ラード】マフムード・アフマディーネジャード大統領による100回目となる地方州訪問は、〔‥‥〕マシュハドをはじめとするホラーサーン・ラザヴィー州の各都市を廻るなかで大統領の口から飛び出した、波紋を呼ぶ新たな発言に満ちたものだった。       アフマディーネジャード大統領はホラーサーン・ラザヴィー州訪問のなかで、政府は物価高の根源を絶つつもりであることを述べ、また外国為替市場や金貨市場、金市場の混乱は、 全文をよむ

2012-05-08 検事総長「インターネットテレビを立ち上げることは犯罪」 (Jam-e Jam紙)

 検事総長兼司法権報道官は、インターネット上にテレビ局やラジオ局を立ち上げることは違法であるとし、「もしこの件で何かしようなどと考える者が現れれば、検察は原告代表として行動を起こすことになるだろう」と述べた。       ファールス通信の報道によると、ゴラームホセイン・モフセニー=エジェイー検事総長は昨日、記者団の前でさらに「テレビ局の立ち上げは、イラン国営放送に独占権があり、もしこの件で誰かが違法行為を行おうなどと考えるならば、検察は行動を起こすことになろう」と付け加えた。       同氏は 全文をよむ

2012-05-05 ハーメネイー最高指導者「議員の獲得票が多ければ多いほど、彼らへの信用も高くなる」 (Mardomsalari紙)

【政治部】第9期国会選挙の第2回投票が、残りの65議席を決めるために行われた。       イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨朝、第9期国会選挙の2回目投票の開始数分後に投票に参加し、国民の選挙への参加が多ければ多いほど、第9期国会議員の信用と能力も高まると呼びかけた。       イラン学生通信(ISNA)の報道によると、イスラーム革命最高指導者は選挙を偉大かつ重要な仕事であるとし、有権者らが首尾よく選挙への参加という義務を遂行することに期待を表明した上で、「国民に 全文をよむ

2012-05-02 ドアーグー師「表現の自由の敵は利己的で病んでいる」 (Mardomsalari紙)

 ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン〔※シーア派の宗教指導者の位階の一つ〕でシェミーラーン〔※テヘラン北部の一地区〕金曜礼拝導師のドアーグー師は、〔思想の〕硬直化と専制政治に対する殉教者モタッハリー〔※〕の考え方について、次のように述べた。      ※訳注:モルタザー・モタッハリー(1920~1979)はイランの宗教指導者。マシュハドとゴムでイスラーム法学を学んだ後、テヘラン大学神学部で教鞭をとる。革命思想のイデオローグとして、多くの著作を残した。彼の暗殺されたオルディーベヘシュト月1 全文をよむ

2012-04-19 マカーレム=シーラーズィー「国内問題で重要なのは経済問題」 (Jam-e Jam紙)

 アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーはイランの核問題について触れ、「敵はわれわれから核の知識を取り上げようとしている。一つの戦線で闘争しているときには、別の戦線を立ち上げてはならない〔=バラバラに戦ってはならない、戦いの時には一致団結しなければならない〕」と強調した。       メフル通信の報道によると、マルジャエ・タグリード〔シーア派の最高権威〕である同師は昨日、ゴムの大モスクで行われたイスラーム法学の上級コースの授業の冒頭で、「われわれには重要な国内問題が2つ、国外問題が1つある。 全文をよむ

2012-04-16 モルタザヴィー氏、辞任へ:福祉相の弾劾、撤回される (Jam-e Jam紙)

【政治部:ファーテメ・アミーリー】サイード・モルタザヴィー氏が社会保険基金代表のポストを辞することになり、国会に提出されていた協同労働福祉相に対する弾劾案は撤回されることになった。しかしアフマディーネジャード大統領は国会を訪れ、弾劾案の撤回に対して〔見返りとして〕何の約束もしないと述べた。       ジャーメ・ジャム紙の取材によると、昨日の公開本会議の冒頭部分で、アブドッレザー・シェイホルエスラーミー福祉相の弾劾を求めていた議員18名が署名を撤回、サイード・モルタザヴィー氏が辞任を約束したこと 全文をよむ

2012-04-15 福祉相弾劾案、本日国会で審議へ (Jam-e Jam紙)

 協同労働福祉相の弾劾をめぐる数日間にわたる議論・協議の末、ついに昨日、同相に対する弾劾案が日曜日(本日)の国会に上程されることが発表された。これにより、アブドッレザー・シェイホルエスラーミー福祉相は本日、国会に赴き、〔モルタザヴィー氏の社会保険庁長官への〕任命について国会議員らの前で釈明することとなった。       福祉相の弾劾を求める議員たちの第一の目的は、社会保険基金代表からのサイード・モルタザヴィー氏の解任である。シェイホルエスラーミー福祉相が同氏を同代表職に任命した時から、一部議員ら 全文をよむ

2012-04-07 国会議員ら、シャラムチェで殉教者らへの誓いを新たにする (Jam-e Jam紙)

 先の木曜日〔=4月5日〕、140名以上の国会議員らはシャラムチェの殉教者たちを記念する式典に参加し、殉教者たちの理想への誓いを新たにした。      ※訳注:シャラムチェはイラン南西部にあるイラクとの国境の村で、イラン・イラク戦争でイラク軍による対イラン攻撃の拠点となった場所。以下に出てくる「アフヴァーズ」や「アーバーダーン」もイラン南西部でイラク国境に近く、イラン・イラク戦争の激戦地となった。    第9期国会でアフヴァーズ選出の議員となる予定のセイエド・シャリーフ・ホセイニー氏はメフル通信 全文をよむ

2012-02-08 大統領喚問案、国会に提出・受理される:長年のタブー、破れる (Mardomsalari紙)

 大統領の国会喚問というタブーが、ついに破られた。昨日国会副議長は、喚問案の受理を発表したからだ。       ファールス通信によると、モハンマド・レザー・バーホナル国会副議長は公開本会議の終了後、「メディア上で色々と騒がれた末、大統領の国会喚問案が国会運営理事会に提出された」と述べた。〔‥‥〕       同氏はその上で、「国会内規の第196条によれば、〔喚問案が国会に提出された〕1週間後、喚問案に署名した全議員の少なくとも4分の1が依然として質問を撤回しなかった場合、国会議長は最初の会議にて 全文をよむ

2012-02-05 衛星「科学と産業の吉報」の発射成功によって、西洋の制裁は打ち砕かれた (Jam-e Jam紙)

 「アラブ国際戦略研究センター」のカンディール所長〔※レバノン人〕は、衛星「科学と産業の吉報」の発射が成功したことについて、アメリカとシオニズムによる科学的支配からの世界人民の解放を知らせる吉報であり、西洋がイラン・イスラーム共和国に対して矢継ぎ早に科してくる制裁を打ち砕く決定的応答だとの見方を示した。       ファールス通信の報道によると、ガーレブ・カンディール氏はさらに、「今回の成功は、イランの科学的栄光に新たな黄金の一ページを追加するものであり、巨視的に見れば世界の諸国民にとって偉大な 全文をよむ

2012-02-04 ハーメネイー最高指導者「選挙への参加が多ければ多いほど敵に対する免疫力と安全は高くなる」(1) (Jam-e Jam紙)

 「神の日」たる「ファジル10日間」〔=2/1〜2/10のイスラーム革命記念日前夜祭〕を迎え、またイスラーム革命33周年記念日〔=2月11日〕が間近に迫る中、イスラーム革命最高指導者アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は盛大に執り行われたテヘラン金曜礼拝にて、イスラーム革命が成し遂げた成果について総合的な分析を行った。同師はその上で、国内問題や敵の脅威、地域・世界情勢、第9期国会選挙などをはじめとする、重要なテーマについて言及した。      〔‥‥〕       ハーメネイー閣下は、・〔西洋への〕 全文をよむ

2012-02-04 ハーメネイー最高指導者「選挙への参加が多ければ多いほど敵に対する免疫力と安全は高くなる」(3) (Jam-e Jam紙)

 革命最高指導者は世界情勢について説明するなかで、アメリカの経済・財政、ならびに政治状況が目に見えて弱体化していることについて指摘し、「アメリカは中東・パレスチナ、ならびにイラク問題で敗北を喫した。イラク人民政府と同国民は、アメリカの強い要求・努力にも拘わらず、同国がイラクに居残るのを許さなかったのである」と述べた。       同師はさらに、「もちろん、アメリカ政府はいまだに、イラクの石油や治安に介入し続けているが、イラクの国民ならびに政府は将来、必ずそれに対して一致した考えを示すことになるだ 全文をよむ

2012-02-04 ハーメネイー最高指導者「選挙への参加が多ければ多いほど敵に対する免疫力と安全は高くなる」(2) (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者は、イスラーム体制のもう一つの長所として、技術・工学産業インフラや交通・通信の整備、ならびに産業の勃興に言及した上で、「こうした偉大なる進歩にもかかわらず、それに関して良質で明るい雰囲気の報道が国民に対して行われていないのは、実に遺憾である」と指摘した。       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、イスラーム革命の価値を〔革命を直接知らない〕第二・第三世代に伝えていったことも、イスラーム体制のもう一つの強みであると述べた上で、次のように付け加えた。「このことの明白な 全文をよむ

2012-01-16 アリー・アクバル・ジャヴァーンフェクル、禁錮1年の判決を受ける (Jam-e Jam紙)

 ニュースサイト「マシュレグ」の政治担当記者の報告によると、イラン国営通信(IRNA)代表で、大統領顧問のアリー・アクバル・ジャヴァーンフェクルに対し、禁錮1年の第1審判決が下された。       ジャヴァーンフェクル氏は現在、イラン〔出版〕機構の所長を兼務しており、少し前には、大統領からイラン国営放送監督評議会の政府代表にも任じられていた。今回同氏は、最高指導者を侮辱した罪で、禁錮1年と5年間の政党・結社への加入ならびにメディア活動の禁止が言い渡された。       同氏はこれより前にも、テヘ 全文をよむ

2012-01-13 テヘラン臨時金曜礼拝導師「イラン人科学者らに対するテロは諸国民の覚醒を引き起こしている」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】テヘラン臨時金曜礼拝導師は、イランの核科学者らに対するテロは〔世界の〕諸国民の覚醒を引き起こしていると強調した上で、「イスラームとイスラーム思想の敵はこのような行為に訴えることで、イラン・イスラーム共和国の運動を阻止しようとしているのだ」と語った。       アーヤトッラー・モハンマド・エマーミー=カーシャーニーは、テヘラン大学で開かれた今週の金曜礼拝の第二講話の中で、「イランの敵は今や、イスラーム諸国すべての敵となっている。なぜなら、彼らは圧制との対決思想がす 全文をよむ

2012-01-13 ハーメネイー最高指導者、アフマディーロウシャン氏の殉教に弔意 (Jam-e Jam紙)

われわれが今回の犯罪の舞台裏に潜む犯人たちへの処罰を諦めることはない      【ジャーメ・ジャム・オンライン】若きエリート科学者アフマディーロウシャンへのテロを受け、イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は重要なメッセージを発表した。同師はその中で、抑圧陣営の思惑とは反対に、偉大なるイラン国民は進歩の道を力強く、確固たる意志で歩み続けるだろうと指摘した上で、「今回の犯罪に手を染めた者たち、ならびにその舞台裏に潜む犯人たちへの処罰をわれわれが諦めることはない」と強調した。   全文をよむ

2012-01-11 国会選挙立候補者に対する事前審査結果、送付される (Jam-e Jam紙)

 昨日、第9期国会選挙の立候補者宛てに、立候補資格第一次審査の結果が送付された。その結果、立候補者たちは、自分が選挙法28条に示された条件を有しているか否かに関する内務省選挙実施委員会の判断を知ることとなった。      〔‥‥〕       この〔審査〕結果により、テヘラン州では選挙に登録した1066名の立候補者のうち747名の立候補資格が認められ、残りの319名は立候補を断念したか、〔立候補資格を証明する提出書類の不備等によって〕立候補資格が得られなかったか、あるいは〔選挙法で規定されている 全文をよむ

2012-01-08 情報相、国会選挙の混乱を図るアメリカの計画の実行役らの逮捕を発表 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】情報相は日曜日(8日)夜、アメリカの計画を実行することで、第9期国会選挙を混乱に陥れようと目論んでいた者たち数名が逮捕されたことを明らかにした。       ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのヘイダル・モスレヒー情報相は日曜日、閣議終了後の記者会見で、逮捕された者たちの活動については以前から知悉していたと強調した上で、「このグループの活動に関する情報を完璧なものとし、彼らがどのような関係にあるのかを特定した上で、彼らを逮捕する、というのがわれわれの計画だ 全文をよむ

2012-01-05 文化遺産観光庁長官の辞任、大統領が承認 (Jam-e Jam紙)

 ルーホッラー・アフマドザーデ=ケルマーニー氏は就任からわずか8ヶ月で、副大統領兼文化遺産手工芸観光庁の職を辞し、大統領は同氏の辞任を承認した。       ファールス通信によれば、マフムード・アフマディーネジャード大統領はセイエド・ハサン・ムーサヴィー氏〔※〕を副大統領兼文化遺産観光庁長官に任命し、書簡の中で同庁でのアフマドザーデ=ケルマーニー氏の奉職に感謝の意を表明した。      ※訳注:セイエド・ハサン・ムーサヴィー氏はアフマディーネジャード大統領の側近中の側近であるマシャーイー氏に近く 全文をよむ

2011-12-24 国会選挙の火ぶた、切られる:立候補者の登録が開始 (Jam-e Jam紙)

 第9期国会選挙の戦いが立候補者の登録開始をもって、本日から正式に始まる。数ヶ月前から始まっていた選挙関連の団体・機関の活動も表立って行われる予定だ。       第9期国会選挙の日程によれば、立候補者らは第9期国会選挙に参戦するためには、今日(デイ月3日〔西暦12月24日〕)から今週の金曜日(デイ月9日〔西暦12月30日〕)までの間に、〔‥‥学歴証明書などの〕必要書類を持参して国家選挙本部〔‥‥〕等に出向き、選挙立候補登録申請書に必要事項を記入しなければならない。       かくして、国家選 全文をよむ

2011-12-13 革命最高指導者「88年の内乱はある種の病だった、デイ月9日の偉業で撲滅された」 (Jam-e Jam紙)

「88年デイ月9日〔西暦2009年12月30日〕は人々の心を支配する信仰心が顕現した日だった」       イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、「デイ月9日の偉業」〔※〕記念本部の関係者らとの面会において、「至高なる神のご意思」と「神の恩寵への信仰」の二つこそ、様々な領域への参加にイラン国民の心を導いてきた基本的要素だとの見方を示した上で、「88年デイ月9日〔のデモ〕への人民による壮大かつ熱狂的参加は、革命のアイデンティティと本質、すなわち人民の心を支配する敬虔なる 全文をよむ

2011-11-29 ハーメネイー最高指導者、「国軍海上部隊の日」で国軍司令官らと面会「イランは抑圧者たちの意思を打ち砕いた」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、国軍海上部隊の司令官・責任者らと面会し、その中で革命後、海軍が前に向かって積極的に発展を遂げてきたことについて言及し、「イスラーム革命は国民と国の当局者たちに、誇りを与えてきた。イランはまさにこの誇りのお陰で、最強の抑圧者たち、植民地主義者たちに単独で立ち向かい、彼らの意思を打ち砕くことができたのである」と指摘した。       最高指導者事務所の広報サイトが伝えたところによると、ハーメネイー全軍総司令官は、アーザル月7日〔11 全文をよむ

2011-11-28 ハーメネイー最高指導者、バスィージ隊員らと面会「バスィージは政治的だが、党派的ではない」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日朝、全国各地の模範的バスィージ隊員ら数千名との大集会の中で、バスィージ〔「動員」の意、民兵組織の名称〕はアーシューラー・イデオロギーの道を誇り高く歩む、〔‥‥〕「人民の心のなかから生まれた、人民のための」運動に他ならないと指摘し、力にものを言わせる世界の強権主義者たちは、イスラーム体制が〔世界の諸国民に対して〕モデルを提供する力となっていることに我慢がならないのだと述べた。       同氏はその上で、「今日、エジプト人民やチュニ 全文をよむ

2011-11-02 ラーリージャーニー国会議長、ホセイニー経済相に異例の支持:弾劾反対141票で留任へ (Mardomsalari紙)

【政治部】世論が大規模金融腐敗事件への国会の対応を、極めて強い関心を持って注視するなか、国会議長は〔弾劾動議によって喚問された〕セイエド・シャムソッディーン・ホセイニー経済相に異例の支持を与えた。この影響から、まったく信じられないことに、同氏は第10期政権〔※原文には第9期とあったが、誤りなので訂正して訳出〕に閣僚としてとどまることになった。       昨日の会議で、当初朝の時点では多くの原理派議員らは〔ホセイニー氏の〕弾劾に賛成する意思を示していたにもかかわらず、投票の結果は、原理派が多数を 全文をよむ

2011-10-26 「31名が拘束」:モフセニー=エジェイー検事総長、金融腐敗事件をめぐって (Mardomsalari紙)

 司法権報道官のモフセニー=エジェイー氏は巨額金融腐敗事件をめぐる最新の状況について、「アミール・マンスール・アーリヤー投資開発社の関連企業で様々な役職に就いていた責任者・関係者ら67名が、容疑者として〔取り調べのために捜査当局に〕召喚され、31名が現在、拘束されている」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのゴラーム・ホセイン・モフセニー=エジェイー氏は銀行界で発生した最近の金融腐敗事件への司法機関による捜査の最新状況、ならびに同事件で 全文をよむ

2011-10-25 アフマディーネジャード大統領「我がイラン国民は最高レベルの生活を享受する資格がある」 (Mardomsalari紙)

 アフマディーネジャード大統領は、どんなことが起ころうとも、イラン国民は〔進歩に向けた〕自らの動きを止めることはないと強調した上で、「我々は手を取り合って、国家建設に邁進しなければならない」と述べた。       ISNAの報道によると、マフムード・アフマディーネジャード氏は、テヘラン第10区にあるヤーセ・ナビー教育センターで開かれた、1835の教育プロジェクトの開始を記念する式典で、さらに「もしどこかの国民が自らに誇りを持ちたいのであれば、国をこれまで以上に繁栄させ、自らの偉大さや能力を認識す 全文をよむ

2011-10-25 アリー・モタッハリー議員「国会運営委員会は大統領喚問案を握り潰そうとしている」 (Mardomsalari紙)

【政治部】複数の報道によると、大統領喚問案に署名した一部の国会議員は、喚問実施を断念した模様だ。〔喚問案提出から〕6ヵ月間の「宙吊り状態」を経て、陰に陽に行われてきたさまざまなロビー活動が功を奏した形だ。国民の権利という観点からいかなる法律違反に対しても立ち向かうことを誓った国会議員たちにとって、ここ数日間、「公益主義」が「法治主義」に取って代わったようにも見える。      ※訳注:アフマディーネジャード大統領喚問案が提出された理由の一つは、大統領の度重なる法律違反であり、こうした違反行為に対 全文をよむ

2011-10-12 政府、若者に対する鞭打ち刑の報道に反応を示す (Jam-e Jam紙)

 大統領を侮辱した容疑で、ある若者に対して鞭打ち刑が執行されるとのニュースが報じられたことを受け、イラン大統領府広報宣伝センターは「大統領、及びイラン政府はこの件に関して、いかなる訴えも起こしたことはない」とする声明を発表した。なお、鞭打ち刑をめぐるこのニュースは、外国ならびに反革命メディアによる敵意に満ちたプロパガンダを引き起こしている。       またアフマディーネジャード大統領は昨日、全国の県知事らを集めた大会でも、大統領を侮辱したことを理由に若者を鞭打ち刑に処す〔判決が出された〕問題に 全文をよむ

2011-10-11 大統領「国が抱えている諸問題は《聖なる防衛》のときの精神が弱まってしまったことに起因する」 (Hamshahri紙)

【ハムシャフリー・オンライン】アフマディーネジャード大統領は「今日国が抱えている諸問題は、《聖なる防衛》〔=イラン・イラク戦争〕の時に存在し、顕在化していた革命の精神が弱まってしまったことに起因する」と述べた。       イラン学生通信が報じたところによると、アフマディーネジャード大統領は全国の県知事らを集めて内務省で開かれた大会のなかで、〔‥‥〕次のように述べた。      今日、極めて遺憾ながら、現政府に対して〔根拠のない〕非難が加えられている。しかしもし神の満足のために仕事をするならば、 全文をよむ

2011-10-04 ハーメネイー最高指導者、腐敗した裏切り者の排除を明言 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、今年のハッジ(メッカ巡礼)の関係者との謁見のなかで、イスラーム共同体の連携にとってハッジが極めて重要かつ貴重な機会となっていると述べた。同師はその上で、ハッジの儀礼の際に、敵は〔巡礼者相互の〕対立を煽ってイスラームの目覚めのうねりに対抗しようと画策していると指摘し、これらの陰謀を克服するための唯一の方法は、〔イスラーム教徒間で〕これまで以上に心を通わせあい、一体感を強化することだとの見方を示した。       最高指導者事務所の 全文をよむ

2011-09-08 アフマディーネジャード大統領「現金支給額を今の3倍に」 (Jam-e Jam紙)

 イランのアフマディーネジャード大統領は、補助金として現在40兆トマーン〔約3兆円〕が〔現金で〕国民に支給されていると指摘した上で、「この数字を3倍にまで増やす余地がある」と述べた。       メフル通信の報道によると、「労働者イスラーム協会」の大会で演説を行ったマフムード・アフマディーネジャード大統領は、「もし〔国会から〕政府に課せられた枷が外され、エネルギー等への補助金の廃止と現金による直接給付政策が完全な形で〔=政府が望む形で〕実施されるならば、全国民は自らの権利を取り戻し、国民各層、特 全文をよむ

2011-09-08 PJAKの副司令官を殺害:革命防衛隊、国境地帯の安全が確保されるまで反革命分子の追跡を続行 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命防衛隊による作戦行動の結果、テロ組織PJAK(ペジャーク)の副総司令官が殺害された。       革命防衛隊の広報サイトが伝えたところによると、マジード・カーヴィヤーニー〔PJAKの副司令官〕はシャフリーヴァル月12日(9月3日)、革命防衛隊陸上部隊によるテロ組織PJAKに対する作戦行動の結果、死亡した。       バーネ出身のマジード・カーヴィヤーンは、セムコ・サルホルダーンという偽名でPJAKの副総司令官として同テロ組織に加わり、活動を行っていた。彼は1999年からトルコ・ 全文をよむ

2011-09-07 情報相「次期国会選挙での《逸脱》は許さない」 (Mardomsalari紙)

 情報相は「反乱グループ」が「逸脱グループ」と、多くの場合隠れて、ときに公然と連携していることを明らかにした。   〔※「反乱グループ」は2009年大統領選で不正が行われたと抗議している人々、「逸脱グループ」はアフマディーネジャード大統領側近のマシャーイー一派を指す〕       イラン学生通信の報道によると、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのヘイダル・モスレヒー情報相は専門家会議の第10回会合の席上、演説を行い、次のように指摘した。「敵は〔イラン・イスラーム共和国〕体制との対決におい 全文をよむ

2011-09-06 追いつめられるPJAK:革命防衛隊、テロ組織の停戦の申し出を拒否 (Jam-e Jam紙)

 我が国の北西部で革命防衛隊陸上部隊が展開した作戦により、テロ組織PJAK(ペジャーク)はその構成員の多くを失うこととなった。窮地に陥ったPJAKは昨日、停戦を申し入れてきたが、革命防衛隊はこの要求をはねつけた。       北西部で展開中の作戦の報道官を務める革命防衛隊幹部は、テロ組織PJAKの停戦要求について、「彼ら〔=PJAK〕がまず我が国の国境から出ていかないかぎり、停戦宣言は無意味だ、というのが我が方の言い分である」と語った。       ハミード・アフマディー大佐はファールス通信のイ 全文をよむ

2011-09-06 マフダヴィー=キャニー師、原理派の連帯を呼びかけ (Jam-e Jam紙)

 最高指導者専門家会議のマフダヴィー=キャニー議長は第9期国会選挙に向けた敵の最重要計画について触れた上で、「敵や抑圧者らは、我が国の責任者たちの間に確執や軋轢を生じさせ、その上でそうした状況を上手に操ろうとしている」と述べた。       アーヤトッラー・マフダヴィー=キャニーはメフル通信とのインタビューのなかで、次のように語った。「互いに連帯を守ることが大切だというのが、革命の同志や原理主義者たちへの私のアドバイスだ。〔様々な傾向をもつ原理派の人々に対して〕私は一つになれ、といっているのでは 全文をよむ

2011-09-06 エルハーム前司法相「逸脱したグループは革命のダイナミズムを静的なものに変えてしまった」 (Jam-e Jam紙)

【メフル通信】ゴラームホセイン・エルハーム氏は第10期政権内部に《逸脱したグループ》が浸透していることに触れ、「残念ながら、逸脱したグループは革命のダイナミズムを静的なものに変え、停止状態に追いやってしまった」と警告した。      ※訳注:《逸脱したグループ》は大統領側近のマシャーイーの一派を指すことば。    同氏はさらに「残念ながら、逸脱したグループは争いを《家の中》にまで持ち込み、政府関係者たちから国の発展の可能性を奪っている」と付け加えた。 全文をよむ

2011-09-04 革命防衛隊、PJAKに対する攻撃を再開 (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊陸上部隊はテロ組織PJAK(ペジャーク)に対する一ヶ月間の猶予期間を経て、この組織への作戦行動を再開した。       革命防衛隊陸上部隊の報告をもとにイラン国営放送が伝えたところによれば、ラマダーン月〔断食月〕の一ヶ月間、イラン北西部国境地帯から〔国外へ〕撤退するための猶予が、テロ組織PJAKや悪党どもに与えられていた。しかしこの猶予期間〔中の撤退〕が守られなかったため、革命防衛隊陸上部隊のハムゼ・セイエドッショハダー基地の戦闘員たちは新たな作戦を開始したという。       この 全文をよむ

2011-08-29 革命最高指導者、閣僚らと面談「政府は各界の指導者たちの批判を歓迎せよ」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者は昨日の午後、大統領ならびに閣僚らと面談し、そのなかで「世界エルサレムの日」のデモ行進に国民が熱烈に参加したことに心からの感謝の意を表明した。同師はさらに、政府が「正義の希求」や「反抑圧主義」、「誠実な奉仕」といった魅力的な原理原則や価値観、ないしスローガンに忠実に従うことこそ必要であり、また〔世界への〕影響も大きいとした上で、「経済ジハード(聖戦)は、国の発展と繁栄を準備するものであり、欠くべからざるものである」と力説した。      〔‥‥〕       同師は、現 全文をよむ

2011-08-27 テヘランやカイロなど世界各地で「エルサレムの日」のデモ行進が挙行 (Jam-e Jam紙)

 断食を守る敬虔なイランのイスラーム的市民は昨日、ラマダーン月の最後の金曜日に、「世界エルサレムの日」の大規模デモ行進に参加し、エルサレム解放の叫びをイスラーム共同体の団結の核心的テーマとして再び位置づけた。〔‥‥〕中東地域のムスリム人民によるイスラームの目覚めが頂点に達するなか、我が国では各地で、「イスラエルに死を」のスローガンを掲げて、シオニスト略奪体制の消滅とエルサレムの解放を求める叫び声が鳴り響いた。エジプト人民もまた、シオニスト体制の大使館前に集まり、大使館建物を攻撃、同体制に対する嫌 全文をよむ

2011-08-25 法律担当副大統領、マシャーイーに対する中傷発言で司法に調査を依頼すると言明 (Mardomsalari紙)

【政治部】著名なマッダーフ〔※歴代のシーア派イマームたちの悲劇などを節を付けて情熱的に謳い上げる人物〕であるマンスール・アルズィー氏がマシャーイー大統領事務所長を貶める発言を行ったことが、さまざまな反響を呼んでいる。       偉大なるマッダーフと呼ばれるハージ・マンスール・アルズィー氏は発言の中で、もし誰かがマシャーイーを殺してくれれば、彼の遺族に支払われるディーヤ(賠償金)は私が肩代わりすると述べた。この発言に対し、政権側からは反発の声が上がっている。       法律担当のバダーギー副大 全文をよむ

2011-08-17 192名の国会議員、イラン紙に対する法的処罰を要求 (Jam-e Jam紙)

 192名の国会議員は、「貞節とヘジャーブ」をめぐる問題に対して侮蔑的な態度を取ったイラン紙の反文化的行為を非難し、この件でのテヘラン検察の対応を支持した上で、同氏に対する法的処罰を求める声明を出した。       議員らの声明は、「某朝刊紙の反文化的行為」とされるものを非難するもので、「〔イラン紙の掲載した記事は〕ヘジャーブと貞節、そして結婚に対する非科学的で非合理的、かつビドア(逸脱)に満ちた侮蔑的な議論で、道徳的健全向上計画における治安維持軍の法的行動に疑問を投げかけるものであり、それは一 全文をよむ

2011-08-17 サーレヒー外相とサイードルー副大統領の間で二元外交の懸念が浮上 (Jam-e Jam紙)

 アフマディーネジャード大統領は、サーレヒー外相とサイードルー国際問題担当副大統領のそれぞれに対し、ある業務を担うよう命ずる辞令を、別個かつ同時に発した。大統領は先週、アリー・サイードルー氏を国際問題担当の副大統領に任命したばかりであったが、今回の新たな辞令によって、同氏の任務が明らかとなった。我が国の外交政策が二元化するのではないかとの懸念が強まっている。       本紙の取材によると、昨日、大統領の署名入りの辞令が2つ出された。一つは、前体育庁長官で、先週「国際問題担当副大統領」に任命され 全文をよむ

2011-08-16 マカーレム=シーラーズィー、「イラン紙」の特集記事を強く批判 (Mardomsalari紙)

次期国会選挙で票の獲得を目指す「放縦な勢力」が存在する      【政治部】〔政府発行の〕イラン紙が「夫人特集号」でヘジャーブ問題を取り上げ、〔ヘジャーブをめぐるイスラームの〕信仰や価値観を嘲笑するかのような内容の記事を掲載したことに、反発の声が強まっている。そのような中、シーア派の宗教的最高権威(マルジャ)の一人であるアーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは今回の問題に強く反発し、次期国会選挙で票を獲得し、権力の座を守ろうとする〔大統領周辺の一派の〕企てだとの見方を示した。       イ 全文をよむ

2011-08-09 バーホナル国会副議長「改革派には選挙に参加するようお願いしている」 (Mardomsalari紙)

 バーホナル国会副議長は「憲法を受け入れ、イスラーム共和国体制を信奉している者ならば、改革派の人物であろうと、〔次期国会〕選挙に参加できるし、絶対に参加すべきである。改革派に対して選挙に参加するようお願いするというのが、われわれの基本的立場である」と述べた。       イラン労働通信によると、モハンマド・レザー・バーホナル副議長は昨日午前、記者会見の席上で、次期国会選挙への改革派の参加について、次のようにコメントした。「改革派は幅広い層からなり、そこにはさまざまな思想信条が含まれている。選挙を 全文をよむ

2011-08-04 空席だった閣僚ポスト、ついに埋まる (Jam-e Jam紙)

マフディー・ガザンファリー、ロスタム・ガーセミー、アブドッレザー・シェイホルエスラーミー、及びモハンマド・アッバースィーの四氏、各省の大臣として信任       大統領が大臣として指名した4候補が国会議員からの高い支持を得て、大統領府の一員となることが認められた。これにより、空席だった閣僚ポストがついに埋まった。       ジャーメ・ジャム紙によると、〔…〕国会は昨日、公開本会議において協同労働福祉相にアブドッレザー・シェイホルエスラーミー氏を、鉱工業商業相にマフディー・ガザンファリー氏を、石 全文をよむ

2011-07-28 統合されて新設された省の大臣候補、ついに指名される (Jam-e Jam紙)

新たな省の大臣としてシェイホルエスラーミー、ガザンファリー、アッバースィーの三氏、及び石油相としてガーセミー氏が指名       およそ6ヶ月におよぶ一部閣僚の空席状態の後、昨日大統領は4人の大臣を指名する書簡を国会に提出した。来週の水曜日に行われる信任投票で、これらの候補の今後の運命が決まることになる。       ジャーメ・ジャム紙国会担当記者によると、昨日マフムード・アフマディーネジャード大統領は憲法第87条及び第133条に基づき、協同労働社会福祉相にアブドッレザー・シェイホルエスラーミー 全文をよむ

2011-07-27 革命防衛隊、PJAKに壊滅的打撃 (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊地上部隊の広報は、イラン北西部にて、テロ組織PJAK(ペジャーク)に対して壊滅的な打撃を再度加えたことを、明らかにした。       イラン国営放送報道センターが革命防衛隊地上部隊広報の発表として伝えたところによると、PJAK所属の悪党・テロリストたちの追跡作戦が続けられる中、月曜日の夜、西アゼルバイジャン州ガンディール=ハージー・エブラーヒーム・ピーラーンシャフル=ドルト・サルダシュト地域で、PJAK関係者ら数グループが地元クルド人バスィージ隊員らの仕掛けた罠にかかり、壊滅状態に陥 全文をよむ

2011-07-27 アフマディーネジャード、再び新たなアイディアを披露:木曜日の休日化を提案 (Mardomsalari紙)

【政治部】マフムード・アフマディーネジャード大統領が新たな約束を口にしてから2〜3ヶ月が経つ。実現されることのなかった過去の約束よりも、はるかに雄大な約束だった。各イラン家庭に1千平方メートルの土地を分与して、そこに別荘・庭園を造る、あるいは6千万トマーン〔約460万円〕を支給するという約束。それはほとんど、ジョークに近いものだったと言えるだろう。そして昨日、大統領は新たな、しかし今度は実現可能な約束を披露した。それは「休日の数を増やす」という約束だ。       改めて指摘するまでもなく、政府 全文をよむ

2011-07-26 ハーメネイー最高指導者、三権の対立を解消するための委員会を設立 (Jam-e Jam紙)

革命最高指導者、アーヤトッラー・ハーシェミー=シャーフルーディーを「三権の対立を解消し、相互の関係を調整するための最高委員会」の委員長に任命       イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、アーヤトッラー・セイエド・マフムード・ハーシェミー=シャーフルーディーを「三権の対立を解消し、相互の関係を調整するための最高委員会」の委員長に任命する辞令を発表した。この最高委員会は、憲法第110条第7項に基づき設立されたものである。   〔※憲法第110条は最高指導者の義務・権限を 全文をよむ

2011-07-23 アフマド・ハータミー「国内が不安定であるかのように思わせる雰囲気を作り出してはならない」 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師のアフマド・ハータミー氏は、このところ「悪を禁ずる」立場の人たちが襲撃される事件が続発していること〔※〕に遺憾を表明し、「これまでの捜査によると、これらの〔犯罪〕行為は組織的なものではないとのことだ。とはいえ、国内があたかも不安定で、社会に絶望的な空気が流れているかのような雰囲気が作られてはならない」と述べた。   〔※最近、神学生の若者が何者かに襲撃される事件が立て続けに起きたことを指す〕       イラン国営放送(IRIB)によると、ホッジャトルエスラーム・ヴァル 全文をよむ

2011-07-21 革命防衛隊、テロ組織PJAKのテロリストら複数を新たに殺害 (Mardomsalari紙)

 革命防衛隊陸上部隊ハムゼ・セイエドッショハダー基地の司令官は、「我が国の北西部で継続中のテロ組織PJAK(ペジャーク)に対する作戦で、本日(水曜日)新たに複数の暴徒やテロリストたちが殺害された」と語った。       メフル通信によると、革命防衛隊陸上部隊ハムゼ・セイエドッショハダー基地のモハンマド・タギー・オサーンルー司令官は次のように述べた。「我が国の北西部・国境線に恒久的な安全を確立し、〔不穏分子を〕一掃することを目的に行われているハムゼ・セイエドッショハダー基地による作戦で、本基地の戦 全文をよむ

2011-07-19 アフマディーネジャード「世界で起きているあらゆる運動は、《時のイマーム》の許可のもとにある」 (Mardomsalari紙)

 大統領は救世主マフディーによる救済を待つ行為について、「最高かつ革命的な行為として理解することが必要である。すなわち救済に至るためには、われわれ自身が運動を起こすことが必要なのだ」と指摘し、「マフディー待望とは、《時のイマーム》〔※終末の時に救世主マフディーとして降臨すると信じられている第12代イマーム〕が来るのをじっと待っていることだ、などと考えている者が一部にいるが、これはマフディー待望について最も逸脱した解釈である」と述べた。       ISNAの報道によると、マフムード・アフマディー 全文をよむ

2011-07-19 革命防衛隊、テロ組織PJAKに致命的打撃を加える (Jam-e Jam紙)

 サルダシュトに駐留する革命防衛隊の司令官は、「イスラーム革命防衛隊の命を顧みぬ勇猛な部隊と、テロ組織PJAK(ペジャーク)所属の反革命分子との間の戦闘で、PJAK関係者多数が殺害された」と述べた。       デラーヴァル・ランジバルザーデ大佐は昨日、イラン国営通信(IRNA)とのインタビューのなかで、「殺害された者たちのなかには、最も重要かつ中心的なPJAK基地である《マルヴァーン基地》の司令官代行の存在も見える」と加えた。       同氏はまた、革命防衛隊によってPJAK関係者1名が逮捕 全文をよむ

2011-07-14 イラン国会、20議席増員に (Jam-e Jam紙)

「イスラーム評議会」(国会)誕生以降、議員定数が追加されるのはこれで2回目       「イスラーム評議会」(国会)が誕生して以降、歴史上2回目となる議員定数の20議席追加が、憲法第64条にもとづき実施される予定だ。       ジャーメ・ジャム紙が伝えたところでは、憲法によると、10年毎に人的・政治的・地理的要因を考慮して、最大で20議席を議員定数に加えることができる。       昨日、内務大臣はこの時が来たことを発表し、上記の法律は〔2011年3月に選挙が実施される〕第9期国会の議員定数に 全文をよむ

2011-07-12 ナバヴィー「《逸脱した潮流》は仲介者を経ることなく直接《時のイマーム》とつながっていると主張している」 (Mardomsalari紙)

 公益判別評議会のモルタザー・ナバヴィー委員は、イラン・イスラーム体制内で絶対的な権力を手に入れることこそ「逸脱した潮流」〔※〕の目的に他ならないと指摘した上で、「この潮流は精神性をめぐる議論やマフディー待望の哲学を悪用することで、人々の関心を引きつけ、目前に迫った選挙〔※来年3月に行われる国会選挙のこと〕で票を集め、引き続き権力の座に居座ろうとしているのである」と述べた。      〔※訳注:「逸脱した潮流」とはアフマディーネジャード側近のマシャーイーと関係の深い一派のことで、これまで「逸脱し 全文をよむ

2011-07-12 司法権報道官、マシャーイー関連で新たな逮捕者が出たことを発表 (Jam-e Jam紙)

モフセニー=エジェイー「最近の逮捕は政治的な動きによるものではない」       司法権報道官のモフセニー=エジェイー氏は昨日の記者会見で、いわゆる「逸脱したグループ」に関する疑惑〔‥‥〕などについて、最新情報を明らかにした。      〔‥‥〕       同氏は、最近の〔政府関係者の〕逮捕について「内閣は立ち入ることのできない聖域」と表現したアフマディーネジャード大統領の発言について、記者の質問に答える形で、「法律にとって、いかなる聖域も存在しない。〔司法の〕仕事ぶりを見て頂ければ分かるよう 全文をよむ

2011-07-11 ラーフーティー議員が強調「大統領の喚問はイランの栄光をさらに高める契機となる」 (Mardomsalari紙)

 ランギャルード選出の国会議員は、「ある政府支持派の通信社が、30名の国会議員が〔大統領喚問案を支持する〕署名を撤回したとの報道をショートメッセージとして配信したことに関し、私は調査を行い、国会議員たちに対して聞き取りを行ったが、彼らはこのニュースを否定した」と述べた。   〔※訳注:ランギャルードはイラン北部、カスピ海南岸のギーラーン州に位置している。〕       メフルダード・ラーフーティー氏はイラン労働通信のインタビューに対して、〔…〕大統領喚問案を無効にしようとする勢力が国会内に存在し 全文をよむ

2011-07-10 ハーメネイー最高指導者「実在の人物に降臨の予兆を重ね合わせることは間違っており、逸脱である」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、マフディー論を専門とする教授や専門家、著述家、ならびにこの問題を専攻していた元学生らと面会し、その中で〔‥‥〕、「降臨への期待」はマフディー論のテーマと不可分であると指摘し、次のように強調した。      マフディー論という〔学問〕カテゴリーにあっては、この問題の真の専門家による正確でしっかりとした知的研究を増やし、大衆的で無知蒙昧、信頼性が足りない上に、妄想に依拠したような議論は慎むことが重要かつ必要であろう。   〔‥‥〕  全文をよむ

2011-07-06 「奉仕の芳香」派、グループ名を変更 (Jam-e Jam紙)

 〔政府支持派の国会議員らで作る〕国会の「イスラーム革命派」理事会の委員を務める人物は、「奉仕の芳香」というグループ名を「革命勢力戦線」に変更すると発表した。       このグループは、最近の選挙でアフマディーネジャード政権支持を明確にしてきた組織の一つであった。       ムーサー・ガザンファルアーバーディー氏はPANA通信とのインタビューの中で、「奉仕の芳香戦線」は〔2012年3月に行われる予定の〕第9期国会選挙にどのような形で参加するつもりかとの問いに対し、「『奉仕の芳香』は、もはやこ 全文をよむ

2011-07-06 ジャアファリー司令官「革命防衛隊は《逸脱したグループ》の取り締まりでは司法権の実行部隊の役割を担っている」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命防衛隊総司令官は、同部隊による「逸脱したグループ」メンバーらの逮捕・取り締まりの継続に関し、「革命防衛隊は司法権の実行部隊としての役割を担っており、また《逸脱したグループ》の取り締まりをめぐる問題には特有の複雑さがあることから、司法権の判断により、同部隊はこうした人々の逮捕・拘束を行っている」と述べた。       モハンマド・アリー・ジャアファリー司令官は、メフル通信とのインタビューのなかで、「これらの人々は治安上の違法行為に手を染めているわけではない。彼らの違法行為はむしろ、 全文をよむ

2011-07-04 護憲評議会、2省新設を承認 (Jam-e Jam紙)

 護憲評議会の報道官は、〔5省を統合して〕新たに2つの省を設立するとする国会の議決内容を、承認したことを明らかにした。       アッバースアリー・キャドホダーイー氏は、「本評議会は、《協同組合省》と《労働社会問題省》及び《社会福祉省》を統合し、《協同労働社会福祉省》を設立すること、ならびに《鉱工業省》と《商業省》を統合し《鉱工業商業省》を設立することは、イスラーム法の基準にも、一般法にも矛盾していないとの判断を下した」と語った。       同氏はさらに、「護憲評議会のこの決定は、土曜日の夜 全文をよむ

2011-07-04 ジャアファリー司令官「革命防衛隊が管理している軍港では商取引など行われていない」 (Jam-e Jam紙)

 ジャアファリー革命防衛隊総司令官は、「本機関〔=革命防衛隊〕はその他の軍事組織と同様、複数の軍港を保有しているが、そこでは商取引など一切行われていない」と述べた。       革命防衛隊総司令官のモハンマドアリー・ジャアファリー少将は昨日、メフル通信とのインタビューで、革命防衛隊管轄の軍港で商業活動が行われているとの指摘が一部にあることについて質問に答え、次のように述べた。「これは逸脱した議論だ。我々が見るところ、〔革命防衛隊の名誉を傷つけることに〕利害を見出している連中が触れ回っているものに 全文をよむ

2011-07-04 大統領喚問案、停止状態に (Jam-e Jam紙)

 先週100名分の署名と共に大統領喚問案が国会運営委員会に提出されたが、その後、同委員会の一部委員は喚問案をモハンマド・レザー・バーホナル国会副議長に手交したことを認めながらも、〔一部の議員が〕同案への署名を撤回したことを明らかにし、同案の実現を追求することは現状ではふさわしくないとの見方を示した。       メフル通信によると、一部の国会運営委員らのこうした見解を受け、今回の署名活動の責任者として活動したアリー・モタッハリー議員(テヘラン選出)は、同委員会に書簡をしたため、その中で一部委員会 全文をよむ

2011-07-03 バガーイー副大統領、マシャーイー氏を擁護する声明を発表 (Mardomsalari紙)

【政治部】アフマディーネジャード大統領が沈黙を破り、ついにバガーイー氏とマシャーイー氏が自衛のために表舞台に姿を現わす番となった。彼らは〔司法に〕訴えを起こす構えすらみせている。       バガーイー行政担当副大統領兼大統領府長官は声明を発表し、そのなかで「最近のマシャーイー/バガーイー両氏に対する批判は、まったくの言いがかりにすぎない」と主張した。       政府の広報サイトが伝えたところによると、この声明の本文は以下の通りである。      国会の憲法第90条委員会〔※国をめぐる疑惑など 全文をよむ

2011-07-02 国会、5省の統合を決定:協同組合省を加えて、新たな省「協同労働社会福祉省」に改組 (Jam-e Jam紙)

 国会は先の水曜日〔=6/29〕、20日間の休暇に入る前に、省統合問題でさらに5つの省の今後のあり方について決定を下した。       火曜日の会議で、〔「労働社会問題省」と「社会福祉省」を統合して誕生する予定の〕「労働社会福祉省」と、〔「鉱工業省」と「商業省」を統合して誕生する予定の〕「工業商業省」の2省の義務・権限の詳細に関する政府提出法案を2種緊急法案とすることについて合意した国会は、水曜日、同法案の審議を開始した。       ファールス通信によると、会議の冒頭でアリー・ラーリージャーニ 全文をよむ

2011-06-29 アフマディーネジャード「今まで沈黙してきたが、しかし同僚たちは私が守る」 (Jam-e Jam紙)

 大統領は「側近たち〔の逮捕・訴追〕に関して伝えられている一部の報道について、どのような立場を取るか」との質問に対し、「われわれの立場はこれまでと同様、沈黙である。しかし、もし彼ら〔=政敵〕がさまざまな理由を付けて、閣内にいる私の同僚たちを告発しようなどと考えるならば、その時は自らの法的義務に沿った行動を取ることになるだろう」と答えた。      〔‥‥〕       大統領は、「さまざまな告発が行われたが、逮捕にはさまざまな問題も散見される。このことについては、すでに司法権長官に伝えてある」と 全文をよむ

2011-06-28 大統領喚問案、国会運営委員会に提出される (Jam-e Jam紙)

 テヘラン選出の国会議員アリー・モタッハリー氏は、「議員100名の署名を得て、大統領喚問案を国会運営委員会に提出した」と語った。       モタッハリー氏はファールス通信とのインタビューの中で、「先の日曜日の11時45分、100名分の署名と共に大統領喚問案をときの国会公開本会議長バーホナル氏に提出した。同氏はこれを受理し、これにより大統領喚問に向けた流れが現実に動き始めた」と付け加えた。       同氏はまた、「〔喚問案として提出された〕この文書には11項目の質問が提示されており、そのうち経 全文をよむ

2011-06-27 アリー・ニークザード氏、30分で信任を得る (Jam-e Jam紙)

新設の道路都市整備省の大臣候補、全237票中、賛成205票を得て信任:反対16票、棄権16票       道路都市整備相候補のアリー・ニークザード氏が、国会の信任を得ることに成功した。〔ニークザード氏の信任を検討する国会の会議では、〕同氏の大臣としての抱負に異を唱える議員は唯の一人も現れなかった。       ジャーメ・ジャム紙によると、住宅都市整備省の前大臣で道路運輸省の大臣代行を務めるニークザード氏は昨日、出席した全議員237名中、賛成205票を獲得(反対16票、棄権16票)、ものの30分で 全文をよむ

2011-06-26 アラス自由特区代表、逮捕 (Jam-e Jam紙)

 東アゼルバイジャン州司法長官はアラス自由特区代表の逮捕を発表した。       ファールス通信によると、ホッジャトルエスラーム〔イスラーム宗教指導者への尊称〕のマーレク・アジュダル・シャリーフィー氏はこのニュースを発表した上で、「アラス自由特区代表のアリーレザー・モギーミー氏は政府職員司法局によって逮捕された」と述べた。同氏は「モギーミー氏の容疑は金銭上のものである」と付け加えた。       他方、「自由特区調査究明委員会」の委員長はアラス/アルヴァンド両自由特区の代表逮捕に関する新たな詳細 全文をよむ

2011-06-25 マレクザーデ氏とパルヒーズガール氏、逮捕される (Jam-e Jam紙)

国会国家安全保障委員会関係者「マシャーイー/バガーイー問題は現在調査中」       かつて在外イラン人問題最高評議会の事務局長を務めたモハンマド・シャリーフ・マレクザーデ氏が、先週木曜日に逮捕された。       マレクザーデ氏は数日前、アリー・アクバル・サーレヒー外相から外務省行政・財務担当次官に任命されたが、これに対し国会議員たちが反発、33名分の署名とともに外相の問責案が[国会運営委員会に]提出・受理される事態となっていた。国会議員たちはマレクザーデ氏に同次官職を委ねることに反対する理由 全文をよむ

2011-06-23 キャンアーニー=モカッダム「アフマディーネジャードが原理派の懐に戻ってくることに望みを抱いてはいない」 (Mardomsalari紙)

 原理派人民包括連合の中央評議会委員を務めるキャンアーニー=モガッダム氏は、「さまざまな問題が発生したことから、アフマディーネジャードも『逸脱したグループ』を避け、彼らを周辺から排除し、原理派の懐に戻ってくることに期待を抱いていたのだが、一連の流れは日毎にこうした期待が薄らぐ方向に進んでいるようだ」と述べた。       ホセイン・キャンアーニー=モカッダムはイラン労働通信(ILNA)との会見で、以下のようにつけ加えた。「〔‥‥〕こうした問題は、大統領にとっても害をもたらすものだ。次期〔国会〕選 全文をよむ

2011-06-22 石油省と電力省の統合、白紙撤回に (Jam-e Jam紙)

国会運営委員会のソブハーニーニヤー委員は、省の統合を検討するための、国会と政府による合同タスクフォースが立ち上げられたことについて明らかにし、「このタスクフォースでの合意により、石油省とエネルギー省を互いに統合する案は撤回され、省統合に向けた政府のアジェンダからは外されることになった」と述べた。       ホセイン・ソブハーニーニヤー氏は「ハーネイェ・メッラト(国会)」通信とのインタヴューの中で、さらに次のように加えた。      「省統合検討合同タスクフォース」は一連の専門的議論を行った上で 全文をよむ

2011-06-22 「インフラ省」改め「道路都市整備省」に (Jam-e Jam紙)

 国会は護憲評議会の見解に沿うべく、「インフラ省」に関する自らの議決内容を再検討し、同省の名称を「道路都市整備省」に変更することを決定した。       議員らは昨日の会議において、「インフラ省設置法案」をめぐる護憲評議会の異議について検討し、まず初めに「インフラ省」という名称を「道路都市整備省」に変更することを決定した。       国会は同法案の第1条で、同法が可決された日から、住宅都市整備省と道路運輸省を一つにまとめる形で道路都市整備省を設立し、新設の同省の義務・権限に関する詳細については 全文をよむ

2011-06-22 アフマディーネジャード大統領推薦のスポーツ大臣候補、信任されず (Jam-e Jam紙)

【政治部:ファーテメ・アーミリー】かつての陸上競技のチャンピオンで、スポーツ青年相候補のハミード・サッジャーディー氏に対する信任投票が昨日行われ、同氏は国会議員らの「信任」という名のゴールにたどり着き、〔大統領府のある〕パストゥール広場へのキップを手にすることはかなわなかった。       ジャーメ・ジャム紙記者の報告によると、会議に出席した議員247名中、反対137票、賛成87票、棄権23票というのが、初代スポーツ青年相候補に対する信任投票の結果であった。       議員らはこの票決に関し、 全文をよむ

2011-06-22 マレクザーデ外務次官、辞任:外相の問責、回避の見込み (Mardomsalari紙)

【政治部】マレクザーデ氏が外務省行政・財務担当次官に任命された問題は、国会議員らの強い反発を招き、外相の問責に向けた署名集めが行われるまでになった。しかし昨日の朝、サーレヒー外相の問責案の国会提出・受理が発表された直後、マレクザーデ辞任の報が各通信社の〔サイトの〕トップを飾った。イラク外相との共同記者会見の席に臨んでいたサーレヒー氏も、この辞任を確認した。   〔※マレクザーデはマシャーイー大統領事務所長の側近として知られる人物〕       イラン外交のトップを務めるサーレヒー氏は記者会見で、 全文をよむ

2011-06-22 ゾンヌール代理代行「アフマディーネジャードとマシャーイーは切り離し不可」 (Jam-e Jam紙)

【政治部:ソルーシュ・エルシャード】マフムード・アフマディーネジャード大統領に対する批判が、新たな局面を迎えているようだ。かつて原理派に属するさまざまな政治関係者らは大統領を間接的に攻撃し、批判の矛先はいつも大統領の側近に向けてられていた。しかし今や、メディア風の鋭い批判がアフマディーネジャード本人に向けられているのだ。       国会内の政府支持派の人物として知られるルーホッラー・ホセイニヤーン議員は、アフマディーネジャード氏を「逸脱したグループ」から切り離すことに絶望していることを口にし、 全文をよむ

2011-06-20 マレクザーデ氏を外務省行政・財務担当次官に任命したことでサーレヒー外相の問責問題が浮上 (Jam-e Jam紙)

 外務省でのある任命が、国会でのアリー・アクバル・サーレヒー外相の問責問題へと発展している。       騒動の発端は、在外イラン人問題最高評議会の前事務局長モハンマド・シャリーフ・マレクザーデ氏を、アリー・アクバル・サーレヒー氏が外務省行政・財務担当次官に任命したことである。この問題に対し、一部の国会議員らは昨日、一部の特殊なグループ〔=マシャーイー一派〕が政府内に入りこんでいるとして、強い批判を浴びせた。       一部の国会議員らによると、外相の問責を求める署名の数は25にも達しており、 全文をよむ

2011-06-19 プールモハンマディー氏、「逸脱したグループ」に関する一部の誇張を批判 (Jam-e Jam紙)

 全国査察庁長官のモスタファー・プールモハンマディー氏は、「逸脱したグループは外部から操られている、などと言われているようなことは、一種の責任転嫁だ」との見方を示した。       ターブナークの報道によると、同氏はイスラーム連合党の機関誌(『ショマー』)との会見で、次のように述べた。「私は、我が国でプロとして敵に対処してきた人間であり、国の上級幹部の一員として、長期にわたって敵と闘ってきた経験がある。この分野に関しては、他の者たちよりも専門的知識に通じているといってもいいだろう。こうした経験か 全文をよむ

2011-06-19 アスギャル=オウラーディー「アフマディーネジャードの先の国会宛書状は、最高指導者の考えに反する」 (Jam-e Jam紙)

 《イマームと最高指導者の路線を支持する戦線》代表は、「マフムード・アフマディーネジャード大統領が国会に対してスポーツ大臣を指名するために出した先の書状は、極めて過激な内容のものであった。これは挙国一致について革命最高指導者が示された考えに反するものである」と述べた。       メフル通信によれば、《イマームと最高指導者の路線を支持する戦線》代表のハビーボッラー・アスギャル=オウラーディー氏はイスラーム連合党の若者たちとの面会のなかで、イスラーム革命の敵も味方も、イスラーム共和国に眼差しを向け 全文をよむ

2011-06-15 大統領、ハミード・サッジャーディー氏をスポーツ大臣候補として指名:国会内で波紋 (Jam-e Jam紙)

 スポーツ青年相候補を指名する、大統領の書状が国会に届いた。しかしこの書状は、今回の省設立に関する問題点が書き連ねられるなど、不満に満ちた内容となっている。そのなかで大統領は、スポーツ青年相を指名する以外に道は残されておらず、自らの意に反して大臣を指名せざるをえなかったこと、その結果セイエド・ハミード・サッジャーディー氏を国会に指名したことを強調している。       ジャーメ・ジャム紙によると、昨日の朝10時、国会運営委員会は大統領から国会宛てに書状が届いたことを発表した。国会議員一同は、マフ 全文をよむ

2011-06-13 200名の国会議員、省統合の3年間延期を要求 (Jam-e Jam紙)

【政治部:ファーテメ・アミーリー】省統合問題をめぐって状況は複雑に絡まり合い、行政府と立法府の二つの間でさまざまな困難や〔好ましくない〕状況が生まれている。こうしたことがきっかけとなり、国会議員らは第5次開発計画法第53条の改正のための第2種緊急法案の準備に乗り出している。この法案が最終的に可決された場合、第53条が規定する省統合は、開発計画法施行の最後の2年に先送りされることになる。       昨日、200名以上の国会議員が、第5次計画の3年目の終了後に、省統合を政府に義務付ける法案に署名し 全文をよむ

2011-06-13 体育庁の次は観光庁:観光庁の文化イスラーム指導省への統合法案が上程 (Mardomsalari紙)

観光庁の文化イスラーム指導省統合案の起草者ら、統合によってより重い説明責任を政府に負わせる狙いを強調       スポーツ青年省設立のために体育庁と青年庁が統合されたが、今度は文化遺産観光手工芸庁〔※以下、文化遺産観光庁〕を文化イスラーム指導省に統合させる番となった。国会議員らはこの統合の狙いについて、国会に対する政府の説明責任をより重たいものにすることだとしている。   〔※訳註:これらの「庁」は大統領府直属であるため、各庁の長官は国会に対して説明責任を負わない。また大統領は、任意の人物をこれ 全文をよむ

2011-06-11 通信省の統合が白紙に (Jam-e Jam紙)

通信省をインフラ省に統合させる案は、当初より専門家の厳しい批判にさらされていた。       通信情報技術省をインフラ省に統合させる法案が国会で可決されてから数日が経ち、この統合が白紙に戻される可能性が濃くなってきた。       ジャーメ・ジャム紙によれば、国会は今年のホルダード月11日〔6月1日〕、ここ数ヶ月で最も議論になった法案を可決、道路運輸省と住宅都市整備省から作られた「インフラ省」に、通信省を統合させることが決まった。       しかしこの法律に対しては、可決されたまさにその瞬間か 全文をよむ

2011-06-09 モタッハリー議員、大統領の喚問の可能性を示唆:議員の署名、90名にのぼる (Mardomsalari紙)

原理派議員の一人であるモタッハリー氏は、様々な配慮から、これまで大統領の喚問〔※1〕に踏み切ることはなかったと指摘した上で、喚問用にすでに90名の議員から署名を得ていることを明かし、「神の恩寵があれば、この喚問を始動させることになるだろう」と語った。       ハバル・オンラインによると、アリー・モタッハリー氏は以下のように語った。      〔‥‥〕法律の施行に関し、大統領は自らの法律解釈に固執し、実際のところ法律逃れを続けている。しかしながら、法律を解釈するのが誰かについては、憲法に明記さ 全文をよむ

2011-06-07 革命防衛隊最高指導者代理代行「革命防衛隊は必要とあらば『逸脱したグループ』との対決に踏み出す用意がある」 (Mardomsalari紙)

 革命防衛隊最高指導者代理代行は、敵から革命とイスラームを防衛するという革命防衛隊の役割について触れた上で、「イスラーム体制が手にしてきた成果を脅かそうと目論むいかなるグループも、革命防衛隊の厳しい対応に必ずや直面するだろう」と述べた。       革命防衛隊最高指導者代理代行のホッジャトルエスラーム・モジュタバー・ゾンヌールは、記者クラブとの会見において「逸脱したグループ」の本質について語る中で、「『逸脱したグループ』は、イラン・イスラーム共和国体制に対して、体制自身がもつ力を使って打撃を加え 全文をよむ

2011-06-06 石油相代行、ついに決まる (Jam-e Jam紙)

大統領の任命によりアリーアーバーディー氏が石油相代行に      国家オリンピック委員会の現委員長で、体育庁前長官のモハンマド・アリーアーバーディーに石油相代行の辞令が下ったことで、石油省という重大かつ巨大組織は指導者のいない状況を脱したように見受けられる。しかし、一部専門家は異なる見解をもっているようだ。       本紙記者の報告によると、大統領本人が石油相代行を兼務することは違法であるとした護憲評議会の解釈に従い、大統領が石油相代行を任命せずにいることについて、国会が司法権に訴えを出した次 全文をよむ

2011-06-02 女性活動家ハーレ・サハービー氏、父エッザトッラーの葬儀で謎の急死 (Mardomsalari紙)

【政治部】エッザトッラー・サハービー氏の葬儀が昨日の朝、テヘランのラヴァーサーンで行われた。しかし、同氏の娘ハーレ・サハービーさんが死亡したとの報道によって、同氏の葬儀は完全に埋没した格好となった。       昨日、この事件の原因をめぐって、互いに矛盾する報道が流れた。しかし、国内のニュースサイトが主に伝えたところでは、ハーレ・サハービーさんの死は心停止によるものであるという。こうした報道を受け、テヘラン州治安局の局長が次のような発表を行った。「ハーレ・サハービーさんの死因は治安部隊との衝突に 全文をよむ

2011-06-02 3省を統合しインフラ省が創設に (Jam-e Jam紙)

住宅省、道路運輸省、そして通信省の3省を統合して、新たな省が誕生する見通し       国会は住宅都市整備省と道路運輸省、そして通信情報技術省の3省の統合を最終的に決め、「インフラ通信省」の設置を可決した。       議員らは省統合を法制化するための第2段階として、昨日の公開会議で政府提出の3省統合法案の総則ならびに細則に合意し、〔従来までの〕政府の希望だった住宅省と道路運輸省の2省統合に加えて、通信省も統合に加えられることとなった。       国会は今回の総則を、出席議員202名中、賛成1 全文をよむ

2011-06-02 国会、石油省をめぐる大統領の違反行為について、司法当局に付託へ (Jam-e Jam紙)

 国会はマフムード・アフマディーネジャード大統領が石油相代行を兼務している問題で、同大統領の違反行為を司法当局に付託した。その一方で憲法第90条委員会の委員長も、政府並びに大統領個人によるその他3件の違反行為について、司法当局に付託すると発表した。       ジャーメ・ジャム紙記者が伝えたところによると、昨日、大統領が石油相代行を兼務していることは公然たる憲法無視および憲法違反にあたるとする国会エネルギー委員会の報告書が、国会公開本会議場で読み上げられ、法律に従い大統領は可及的速やかに〔自分自 全文をよむ

2011-06-01 エッザトッラー・サハービー氏、死去 (Jam-e Jam紙)

革命評議会の議員を務めたエッザトッラー・サハービー氏が、81歳でテヘラン市内の病院で亡くなった。      IRNAの報道によると、サハービー氏はしばらく前から脳卒中により入院していたが、治療にあたったスタッフの努力の甲斐なく、同氏は火曜日(2011年5月31日)の朝2時頃亡くなった。      エッザトッラー・サハービー氏は1309年(西暦1930/31年)にテヘランで生まれた。テヘラン大学の機械工学科を卒業し、その後政治活動家として活躍した同氏は、イラン・イスラーム革命の勝利後、革命評議会の 全文をよむ

2011-05-30 革命最高指導者「見解の相違が衝突に帰結するようなことがあってはならない」 (Jam-e Jam紙)

イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨朝、国会議長ならびに国会議員らと面会し、「イラン経済を弱体化させ、当局者間の対立を煽り、イスラームへの信仰・感情を希薄化させ」ようとする覇権主義者たち〔=欧米諸国〕のシナリオについて説明した上で、国会と政府が相乗効果を発揮し、互いに極端な行動を控え、法律こそ最終的な解決手段であること〔を認めること〕の必要性を強調した。       イスラーム革命最高指導者は、アメリカをはじめとする覇権主義者たちの強欲に対して、国会が誇り高き立場を決然 全文をよむ

2011-05-30 国会、「インフラ省」の職務を規定する政府提出緊急法案を否決 (Jam-e Jam紙)

 国会は「インフラ省」の職務内容を説明する政府提出緊急法案を否決し、それよりも前に、まずは道路運輸省と住宅都市整備省の統合法案を国会に提出するべきだと主張した。       ワンパラグラフという〔極めて簡潔な〕内容で国会に提出された政府の緊急法案に対し〔‥‥〕、昨日の公開本会議の冒頭より、国会議員らからは驚きの声が上がった。このことが原因となって、出席議員215名中、賛成92票、反対97票、棄権13票で、今回の緊急法案は否決されるに至った。       この法案に対する抗議の声は、まず国会調査セ 全文をよむ

2011-05-29 革命防衛隊、「逸脱したグループ」に抗議:大統領側近はカネで選挙の仲間を募ろうとしている (Mardomsalari紙)

【政治部】昨日、革命防衛隊総司令官、及び革命防衛隊最高指導者代理はそれぞれ別個の発言のなかで、「逸脱したグループ」に対して厳しい抗議の声を上げ、同グループに対する革命防衛隊の「攻撃」を我々は目の当たりにすることとなった。きわめて注目に値する出来事といえる。       革命防衛隊総司令官は「政府のある特殊な部門〔=大統領に近いところ〕で存在感を示している『逸脱したグループ』は、次期〔国会〕選挙で影響を及ぼすべく、不正に得たカネを使って、仲間を募ろうとしている」と強調した。      〔‥‥〕   全文をよむ

2011-05-29 治安維持軍司令官、衛星放送局による抑圧諸国の侵略を警告 (Mardomsalari紙)

 治安維持軍総司令官は、イスラーム国家イランをはじめとする自立国家に対する、衛星放送局を使った抑圧世界の侵略について指摘し、「今や、敵の戦線の性格も、その策略も様変わりした。彼らは若者たちを逸脱させることで、〔イランとの〕戦闘に入っているのである」と述べた。       ISNA(イラン学生通信)の報告によると、エスマーイール・アフマディー=モカッダム氏はケルマーンシャー州治安部隊の朝礼で〔‥‥〕、人民も国の責任者もともに、「独立、自由、イスラーム共和国」のスローガンを支えにしてきたし、それを強 全文をよむ

2011-05-28 セイエド・アフマド・ハータミー「《イスラーム抜きのイラン》の偶像化は革命への背信である」 (Jam-e Jam紙)

テヘラン金曜礼拝導師のセイエド・アフマド・ハータミー氏は、革命の歴史を通じて「逸脱したグループ」には共通した特徴があると指摘し、「《イスラーム抜きのイランやイランらしさ》というものを偶像化することは、イスラーム革命への背信である」と述べた。       イラン国営放送報道センターによれば、ホッジャトルエスラーム・ヴァル・モスレミーン(イスラーム宗教指導者への尊称)のセイエド・アフマド・ハータミー氏は、テヘラン大学で行われた金曜礼拝の説教で、「イスラーム革命の歴史を通じて、《逸脱したグループ》が共 全文をよむ

2011-05-28 バガーイー氏、汚職を否定 (Jam-e Jam紙)

イラン国営通信は、「行政担当副大統領」兼「大統領府長官代行」が同氏に対してかけられた疑惑を否定したと報じた。       ハミード・バガーイー氏はイラン国営通信とのインタビューで、噂がばらまかれ、根拠のない内容が流布していることを批判し、自身が監督する組織での資金流用疑惑を否定した。       マシャーイー氏の側近と言われているバガーイー行政担当副大統領は、「キーシュ自由地区国際ホール建設計画」における資金流用疑惑を否定した。ここ最近、一部のメディアは、4500億トマーン〔約350億円〕規模の 全文をよむ

2011-05-26 バーホナル氏、国会運営委員会に復帰 (Jam-e Jam紙)

アリー・ラーリージャーニー氏、昨日行われた国会運営委員会選挙で244議員中212票を獲得し、国会議長に再選       第8期国会最後の年の国会運営委員会の構成が決まり、昨年からの唯一の変更点として、モハンマド・レザー・バーホナル氏が国会第一副議長として復帰した。       ジャーメ・ジャム紙記者の報告によると、昨日国会公開本会議場において行われた、4年目を迎えた第8期国会の運営委員選挙で、アリー・ラーリージャーニー国会議長が出席議員244名中212票を獲得し、単独候補として議長に再選された。 全文をよむ

2011-05-25 第9期国会議員選挙の期日、公示される (Jam-e Jam紙)

 モスタファー・モハンマド・ナッジャール内務大臣は、昨日開かれた記者会見で、第9期国会議員選挙が開かれる時期と立候補者の出馬方法について、説明を行った。       ファールス通信によると、第9期国会議員選挙のスケジュールについて発表・説明するために開かれた会見で、内相は「必要な準備が従来通り行われ、この数日間で、国の選挙本部が正式に設置された」と述べ、さらに次のように続けた。      護憲評議会との調整により、今年のエスファンド月12日〔※西暦2012年3月2日〕に選挙が行われることになった 全文をよむ

2011-05-23 「インフラ省」の大臣としてニークザード氏を指名する書状、国会に提出される (Jam-e Jam紙)

国会、道路運輸省と住宅省を統合して「インフラ省」を設置する案に関し採決へ       アリー・ニークザード氏を「インフラ省」の大臣として指名する書状が、昨日大統領により国会に提出された。       ジャーメ・ジャム紙記者が伝えたところによれば、こうしてニークザード住宅相を指名する書状が、政府と国会の対立を多少なりとも解決すべく、国会のあるバハーレスターンに届けられた。ニークザード氏は昨年のバフマン月12日(西暦2011年2月1日)、すなわちハミード・ベフベハーニー前道路運輸相が問責・罷免されて 全文をよむ

2011-05-22 「逸脱グループ」への反発、続く:情報相、逸脱グループとの対決を予告 (Mardomsalari紙)

【政治部】「逸脱したグループ」への対応が新たな局面を迎えている。昨日、情報相、バスィージ機構長官、テヘラン臨時金曜礼拝導師、そしてサファヴィー司令官の4人が、時を同じくして「逸脱したグループ」への新たな対応のあり方について議論の俎上に上げたのである。なかでも、ホッジャトルエスラーム・モスレヒー情報相は「情報省は、国内で逸脱したグループとして活動している集団との対決に乗り出すことになるだろう」と述べている。   〔※ホッジャトルエスラームは、シーア派宗教指導者の位階の一〕      〔‥‥〕   全文をよむ

2011-05-22 バガーイー副大統領、4年間の公務剥奪を言い渡される (Mardomsalari紙)

【政治部】政権内部に浸透しているとされる「逸脱したグループ」と呼ばれる集団への締めつけが、日々新たな展開を見せている。反シーア的な演劇「降臨、極めて近し」と関係をもった政府関係者や占い師、ジンを操ることができると喧伝する人々、そして神智学の活用を訴える人々が次々と逮捕されるなか、今度は行政担当副大統領のハミード・バガーイー氏に今後4年間公務に就くことを禁じる判決が、行政公正院により言い渡されたことが金曜日に明らかにされたのである。       ニュースサイト「アレフ」が伝えたところによると、同氏 全文をよむ

2011-05-22 前石油相、革命防衛隊に転任 (Jam-e Jam紙)

 セイエド・マスウード・ミールカーゼミー前石油相は、ハータモル・アンビヤー建設部隊での仕事を開始した。       ニュースサイト「ファルダー」の報道によると、同氏は先週、〔テヘラン市内の〕「シャフラケ・ガルブ」にある同部隊の事務所に着任したという。       前石油相は、同部隊が進める某プロジェクトの責任を任されているとのことだ。       ミールカーゼミー氏は約一週間前、石油省がエネルギー省に統合された結果、同相を解任された。       現在、石油省は大臣が不在のまま運営されており、ア 全文をよむ

2011-05-21 護憲評議会、大統領の石油相代行は違憲との判断を下す (Jam-e Jam紙)

ファールス通信は昨日、護憲評議会がマフムード・アフマディーネジャード大統領の石油相代行は憲法に違反しているとの判断を示したと報じた。       報道によると、大統領自身が石油相代行となることは合法か違法かとの問題に関し、護憲評議会の委員らから様々な疑問が提起されたことを受け、一部委員は、護憲評議会の内規に従い、同評議会に〔正式に〕質問状を提出した。これに対し、護憲評議会は憲法第135条に反するとの判断を下した。       憲法第135条は、次のように規定している。   大臣は罷免されたり、問 全文をよむ

2011-05-19 フェダーイー「逸脱したグループはアメリカとつながりを持とうとしている」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命献身者協会の総書記は、逸脱したグループはアメリカやそのスパイ組織とのつながりを画策しているとした上で、「このグループは国会の議席の過半数を握るべく、経済分野での主要ポスト独占を図り、また彼らに従わない者をすべて排除しようとしている」と述べた。       ホセイン・フェダーイー氏は「マシュハド市戦闘員委員会」の集会で、次のように付け加えた。「我々は、慣習の点からも、法的な点からも、また今日の社会的必要性の点からも、亡きイマーム〔=ホメイニー〕の時代と同様に、ヴェラーヤテ・ファギー 全文をよむ

2011-05-19 イラン国営通信(IRNA)、ケイハーン紙を告訴 (Jam-e Jam紙)

 イラン国営通信(IRNA)は、虚偽の報道をおこなったとして、ケイハーン紙を告訴した。ケイハーン紙は先の土曜日、IRNAに対し《逸脱したグループの論壇》と化してしまったとの告発記事を発表していた。       IRNAによると、IRNA代表は同法務責任者に対し、ケイハーン紙に対する正式な告訴状を作成するよう命じていたという。テヘラン検事長に提出された告訴状には、ケイハーン紙の容疑について、「名誉棄損」や「世論を動揺させることを目的とした虚偽の流布」に明確に該当すると指摘されている。        全文をよむ

2011-05-18 モルタザー・ナバヴィー氏「逸脱グループは悪魔の所業をたよりにしている」 (Mardomsalari紙)

体制公益判別評議会の委員の一人は、逸脱グループは孤立させて、人々の目につかないようにするべきだと指摘し、「これが彼らにもっともふさわしい処罰なのだ」と述べた。       メフル通信の報道によると、体制公益判別評議会のセイエド・モルタザー・ナバヴィー委員は「技術者イスラーム協会」政治局での会合で、逸脱し腐敗した権力志向の国内グループの存在についてふれ、「このグループは原理派の内部より現れたもので、当初より宗教指導者やマルジャ〔※シーア派の宗教的最高権威〕、そして最終的にはヴェラーヤト〔※最高指導 全文をよむ

2011-05-15 大統領、3大臣の職務終了を正式に発表 (Jam-e Jam紙)

ラーリージャーニー国会議長「省統合をめぐる政府と国会の論争は、革命最高指導者の御前で行われた大統領との直近の会議で解決された」       第5次開発計画法第53条の施行に沿う形で、3閣僚に対し、政府との協力関係解消を通達する内容の大統領書簡が公表された。これと時を同じくして、国会議長も昨日夕方、「われわれとしては、省統合問題をめぐる政府と国会の論争は解決されたと考えている」と表明した。       マスウード・ミールカーゼミー石油相、アリーアクバル・メフラービヤーン鉱工業相、そしてサーデグ・マ 全文をよむ

2011-05-14 国会調査センター所長「大統領は国会の要求を受け入れた」 (Jam-e Jam紙)

大統領、新たな大臣を国会に指名することを受諾:アフマディーネジャード・ラーリージャーニー会談で       省統合問題をめぐって護憲評議会から明確な見解が発表されたことを受け、国会調査センター所長は大統領と国会議長の間で会談が行われたことを明らかにした。同所長はその上で、「護憲評議会の明解な見解は国会の主張を完全に支持したものであり、大統領はこの会談において、国会の意見に従って省の統合を進めること受諾した」と述べた。       政府に対し省の数を21から17に減らすよう義務付けた第5次計画法5 全文をよむ

2011-05-14 ラフバル議員、大統領への問責を防いだ人物として国会議長の名を挙げる (Jam-e Jam紙)

 国会内の会派「宗教指導者派」の会頭は、国の政治的状況の混乱を批判し、「国会議長は、不浄で動揺した国の政治的雰囲気を鎮めるのに、重要かつ適切な役割を担ってきた。もし彼の配慮と知性ある対応がなかったら、国内の政治的雰囲気に不快な出来事が生じていただろう」と強調した。       モハンマド・タキー・ラフバル氏〔※イスファハーン選出の原理派の国会議員〕はハーネイェ・メッラト(国会)通信とのインタビューのなかで、閣議での発言について触れつつ、「最近の国内の政治的事件を受けて、多くの議員が大統領の問責な 全文をよむ

2011-05-14 マシャーイー:最高指導者への服従こそ、第12代イマームのお隠れに対する信仰の必要条件 (Jam-e Jam紙)

 大統領事務所所長兼顧問は「我々は、《イスラーム法学者の監督》の下での人生は、[終末の時に訪れる]時のイマームによる世界政府の下で送る人生の予行演習であると考えている。《後見人たるイスラーム法学者》[=イラン・イスラーム共和国最高指導者]への服従こそ、第12代イマームのお隠れに対する信仰の必要条件なのだ」と語った。       エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイー氏は、イスラーム共和国内に[最高指導者と大統領が対立するような]二重権力状態が生ずるような事態を、諸外国はかねてから願ってきた 全文をよむ

2011-05-14 アーヤトッラー・ジャンナティー「逸脱グループの狙いは選挙だ」 (Jam-e Jam紙)

逸脱グループによってバラまかれた巨額の資金をめぐる疑惑について、捜査が行われるだろう      護憲評議会書記は「逸脱したグループ」の国内での活動について触れ、資金のバラマキなど同グループの活動の多くが、選挙活動の一環に他ならないと強調して、「こうした活動は国民にとって周知の事実となっている。いつの日か、体制ならびに国民から報いを受けることになるだろう」と述べた。       複数の通信社が報じたところによると、アーヤトッラー・アフマド・ジャンナティーは昨日のテヘラン金曜礼拝の説教で、革命最高指 全文をよむ

2011-05-12 メスバーフ=ヤズディー、「新たなバーブ教」が広がる危険性について警告 (Jam-e Jam紙)

最高指導者専門家会議議員のメスバーフ=ヤズディー師は、「新たなバーブ教」が国内に広まる危険性があると警告し、「我々は、殉教者の血と敵に対する抵抗の果実が、新たな《セイエド・アリー・モハンマド・バーブ》〔※19世紀前半に新興宗教バーブ教を創始した人物〕の出現に帰結することのないよう、注意する必要がある」と述べた。       イスラーム神学校ニュースセンターの報道によると、アーヤトッラー・メスバーフ=ヤズディーは、イスラーム連合党の党員らとの面会のなかで、社会に新たな逸脱した思想が広がりつつあり、 全文をよむ

2011-05-12 マフスーリー福祉相、同省の職員に別れを告げる (Jam-e Jam紙)

国会議長が統合された省の大臣らの職務継続を主張する中、第10期政権〔=第二次アフマディーネジャード政権〕の閣僚2名が管轄していた省の職員らに別れを告げ、職場を去っていたことが分かった。      ターブナークの報道によると、社会福祉省が労働社会問題省に統合された結果、〔福祉相の〕サーデグ・マフスーリー氏はすでに、職場に登庁していないという。      報道によると、昨日の火曜日、補助金廃止政策をめぐり、経済相出席のもと、福祉省内で開かれた会議に、マフスーリー氏は姿を現さなかったという。      全文をよむ

2011-05-12 護憲評議会、国会と政府の論争に終止符 (Jam-e Jam紙)

ジャンナティー「憲法に明記されていることに鑑みれば、省の法的権利・義務の改定と統合はいかなるものであれ、国会承認が必要」       一部の省の統合をめぐって政府と国会が数週間にわたって論争を繰り広げた末、昨日、護憲評議会の書記は国会議長宛てに書簡を送り、省統合に関する同評議会の見解を国会に通達した。       国会の広報サイトによれば、アーヤトッラー・アフマド・ジャンナティーがアリー・ラーリージャーニー氏に宛てて送った書簡には、次のようにある。      〔‥‥〕憲法の諸条項、特に第133条 全文をよむ

2011-05-12 イラン・イスラーム共和国における省の統廃合の歩み (Jam-e Jam紙)

省の統廃合はイラン・イスラーム革命以来、現在まで幾度か行われてきたが、いずれのときも時代の必要性に応じて、一部の省の統合が行われてきた。       統廃合によって省のリストからその名前が除かれた最初の省の一つが、革命防衛省であった。同省の統廃合は、《強要された戦争》〔=イラン・イラク戦争〕終結直後に行われている。       革命防衛省は、イラン・イラク戦争時に設立され、国防省が国軍に対して担っていたのと同じ役割を、〔革命防衛隊に対して〕果たしていた。しかし終戦後、イマーム・ホメイニー閣下の指 全文をよむ

2011-05-12 司法権長官、「逸脱したグループ」の正体を暴露 (Jam-e Jam紙)

 司法権長官は、「宗教指導者抜きのイスラーム」を信仰する「逸脱したグループ」に対して、国民一般、特にイスラーム神学校や大学が警戒を怠らないことが肝要であると強調したうえで、「逸脱したグループは歴史を通じて、真のイスラームに対抗する形で、偽りの神秘主義やナショナリズムを普及させようと、多大な力を注いできた。今日においても、我々は逸脱したグループがイスラーム学者たちの役割を色あせたものにしようと企てている様を目にしている」と述べた。       司法権広報の発表によると、アーヤトッラー・アーモリー= 全文をよむ

2011-05-11 ラーリージャーニー国会議長「省統合は国会の承認が必要」 (Jam-e Jam紙)

国会、政府による最近の省統合を違法と指摘し、3大臣の職務継続を要求      国会の承認を得ることなく行われた政府による省統合の決定に対し、アリー・ラーリージャーニー国会議長は「〔国会の承認を経ずして〕大臣たちに対して省の統合を通知することは違法であり、早急に阻止されなければならない」と強調した。       ジャーメ・ジャム紙の報告によると、第5次開発計画法53条に関する政府の解釈、ならびに国会の承認を経ることなく行われた省統合に対して、国会議員らは相次いで激しい抗議の意思を表明、その結果、国 全文をよむ

2011-05-10 大学寮襲撃事件の被告人に判決 (Jam-e Jam紙)

テヘラン大学寮及びソブハーン・コンプレックス襲撃事件から約2年、同事件は最終段階に差し掛かっている。事件とのかかわり合いで40名に有罪判決が言い渡されるなど、両事件は終結まであと一歩のところまで来ている。       両事件は、2年前の88年〔西暦2009年〕大統領選挙後に発生した数々の事件のうちの一つであるが、いずれも捜査は長引いていた。イスラーム革命最高指導者もかつて、「大学寮襲撃事件に対する捜査が遅い」「はかばかしい進捗状況にない」と指摘し、大学生らを前に「この問題は忘れられたわけではない 全文をよむ

2011-05-10 ハーメネイー革命最高指導者「今日の国の状況はよりよい未来を予示している」 (Jam-e Jam紙)

 イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、コルデスターン州選出の議員や偉大なる殉職者家族、同州のウラマー、ならびに地方当局者らと面会するなかで、コルデスターンを《科学と文芸、そして芸術の地》であり、《清廉、明晰、忠義》、《勇気、勇敢、勇猛》の地であると指摘した上で、「イラン国民は、先見の明と勤勉さに満ち、永続的で実直な運動を起こすことによって、科学や社会〔の発展〕、政治的名誉、そして国民的栄光の点で、これまでにないほど卓越した地位に到達した」と述べた。       最高指導 全文をよむ

2011-05-10 4省が統合に:残る3つの疑問 (Jam-e Jam紙)

政府、第5次計画法53条を根拠に、統合された省に大臣を改めて指名する必要はないと主張       政府は〔以前決定した4省に加え〕さらに6省の統合を決め、第5次計画法に定められた省統合問題を解決させたが、今回の統合の数と内容をめぐっては、多くの問題が残されているように思われる。       複数の通信社の報道によると、政府は石油省をエネルギー省に、鉱工業省を商業省に、社会福祉省を労働社会問題省に統合させる決定を下した。       政府は以前、道路運輸省(この少し前、ハミード・ベフベハーニー氏が 全文をよむ

2011-05-09 大統領「政府はヴェラーヤテ・ファギーフの防衛を自らの義務と考えている」 (Jam-e Jam紙)

「理性的・科学的なものに自らの仕事の基本を据えている政府にとって、占いをしているとか、ジンを操ろうとしているとかいった非難は、ジョークとしか思えない」       昨日午後の閣議は、モスレヒー情報相をはじめ大多数の閣僚が出席するなか、アフマディーネジャード大統領を議長に執り行われた。国内の政治・メディア空間は、しばらくの間ざわついた状況に置かれていたが〔※〕、昨日の閣議は和やかでプロフェッショナルな雰囲気のなかで行われた。   〔※アフマディーネジャード大統領が情報相を「解任」したことに対して、 全文をよむ

2011-05-09 アーヤトッラー・ヤズディー「最高指導者が認めるやり方で逸脱グループに立ち向かうべきだ」 (Jam-e Jam紙)

 ゴム神学校講師協会会長は、一部の政府高官の間で蔓延る逸脱についてきちんと認識する必要があると強調し、「この逸脱が国家の上層部にまで浸透し、国家に害を与えるような事態を許すべきではない」と語った。      〔‥‥〕       同氏は自分勝手な方法でこの問題に立ち入るべきではないと強調し、「この逸脱に対処する際には、最高指導者や国家上層部の指導者たちが認めるやり方で行動すべきであり、自分勝手な行動は慎むべきだ」と語った。      〔‥‥〕      ■ 最高指導者の命令に耳を傾けるべきだ   全文をよむ

2011-05-08 ウラマーや政治活動家ら、「逸脱したグループ」への反発を強める (Jam-e Jam紙)

ヴェラーヤテ・ファギーフ(イスラーム法学者の監督権)への恭順が当局者の仕事ぶりや政治活動の正否を評価する基準となる      ウラマーや政治活動家らはここ数日間、某逸脱グループの活動への反発を強めている。       こうした中、彼らはヴェラーヤテ・ファギーフへの恭順こそ、当局者らの仕事ぶりや政治活動の正否を評価する際の基準となると指摘しており、政府支持者の間や原理派内部で逸脱したグループが蠢動し始めていることに警告を発している。       ゴムの金曜礼拝導師であるアーヤトッラー・サイーディー 全文をよむ

2011-05-08 テヘラン臨時金曜日礼拝導師「敵の混乱した夢が実現することはないだろう」 (Jam-e Jam紙)

サディーギー氏「シーア派は常にヴェラーヤテ・ファギーフの旗の下にあった」      〔‥‥〕ファールス通信によると、ホッジャトルエスラーム・カーゼム・サディーギーは今週のテヘラン金曜礼拝での説教で、アーヤトッラー・ミールザー・シーラーズィーによるタバコ・ボイコット事件について触れ、「ミールザー・シーラーズィーはタバコを禁止するファトワー(教令)を出したが、果たして〔当時の〕憲法は彼を《監督者であるイスラーム法学者》として規定していただろうか?我々は、ヴェラーヤテ・ファギーフ(イスラーム法学者の監 全文をよむ

2011-05-05 最高指導者「覚醒の波は必ずやヨーロッパの中心にまで波及していくだろう」 (Mardomsalari紙)

 イスラーム革命最高指導者は全国の教師数千名と面会し、教育のもっとも重要な役割はイスラーム共和国体制、そしてイラン国民の偉大なる運動に相応しい人間の育成であるとし、次のように述べた。      このような理由から、イラン的・イスラーム的で、独自かつ進歩的モデルを基礎とした変革が、教育には必要である。こうした教育によって、敬虔で神を敬い、勇敢で独創的、忍耐強く、未来への希望をもち、好ましい道徳と新たな分野に挑むリスクを恐れぬ力を持った人々が生み出されるだろう。   〔‥‥〕       最高指導者 全文をよむ

2011-05-05 司法権長官「最高指導者への反逆は、シャリーアにも憲法にも反する」 (Mardomsalari紙)

司法権長官は「すべての体制責任者の宗教的・政治的正統性は、《イスラーム法学者の監督権》へのコミットメント(献身)のなかに存在する。《監督者であるイスラーム法学者》〔=最高指導者〕への不服従・反逆は、シャリーアにも憲法にも反する行為である」と述べた。   〔※「イスラーム法学者の監督権」(ヴェラーヤテ・ファギーフ)は1970年代にホメイニーが唱え、その後イラン・イスラーム共和国体制の根幹となった政治理論〕      〔‥‥〕       同氏は、一部のイスラーム法学者が「イスラーム法学者の絶対的監 全文をよむ

2011-05-05 マシャーイーの関係者ら、逮捕される (Mardomsalari紙)

【政治部】政府文化委員会の書記で、さらに大統領府に併設されたモスクの集団礼拝導師を兼任し、エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイー大統領事務所長の支持者の一人としても知られるアッバース・アミーリーファル氏が先の火曜日、宗教指導者特別法廷により逮捕された。テヘラン検事長は同氏の容疑について、反シーア的な演劇「降臨、極めて近し」の制作者たちとの協力を指摘している。また、「某氏」とそのグループの一部関係者・取り巻き連中が逮捕されたとの報道も、〔‥‥〕各種メディアやニュース分析サイトなどで伝えられて 全文をよむ

2011-05-02 公益判別評議会委員「大統領側近グループは逸脱している」 (Jam-e Jam紙)

公益判別会評議会のナバヴィー委員は、「当初原理派を名乗り、革命の理想を支持して、大統領の側近となったグループは、今や大いなる逸脱に陥っている。しかし、政治グループにおける逸脱の歴史は、革命初期にさかのぼるというのも、明白な事実である」と述べた。       イラン学生通信(ISNA)によると、アンサーレ・ヘズボッラー〔※極右の政治団体〕による週の定例会議で演説を行ったモルタザー・ナバヴィー氏は、次のように述べた。「我々の世界には、悪魔のごとき人間、ジン(魔物)に取り憑かれた不信心者が存在する。彼 全文をよむ

2011-05-02 アリー・モタッハリー「革命のイデオロギーを変質させようとしている者がいる」 (Mardomsalari紙)

オルディーベヘシュト月12日(西暦5月2日)は、殉教者モタッハリーが殉教した日であり、「教師の日」と命名されている。モタッハリーは、栄光に満ちた人生の中で様々な著作を遺し、〔パフラヴィー体制による〕専制下で停滞し、迷信にまみれ、活気を失った社会の変革に努めた人物である。   〔※モタッハリーは革命前、テヘラン大学神学部の教授として活躍し、敬意を込めて「先生」と呼ばれる〕       アリー・モタッハリー氏は「殉教者モタッハリーの子どもであること」について、「人一倍責務が課せられること」を意味する 全文をよむ

2011-05-01 ハータモル・アンビヤー部隊司令官「制裁は部隊の活動に影響しない」 (Jam-e Jam紙)

ハータモル・アンビヤー建設部隊の司令官は、「西洋諸国による制裁はハータモル・アンビヤー部隊の活動に影響しない」と語った。       ハータモル・アンビヤー部隊司令官のロスタム・ガーセミー革命防衛隊准将は昨日、同部隊と大統領府科学技術局、ならびに国家エリート財団との間で交わされた相互協力合意文書に署名をした。この署名式典の傍らで行われたイラン国営通信(IRNA)との会見のなかで、ガーセミー准将は西洋による制裁に効果はないと強調した上で、「国の才能豊かな精鋭部隊を活用することで、重要な国家プロジェ 全文をよむ

2011-04-30 護憲評議会、国会選挙法改正案を承認 (Jam-e Jam紙)

護憲評議会の報道官は、〔先に国会で可決された〕選挙法改正法について、イスラーム法や憲法に矛盾しないとの判断が同評議会の会議で下されたことを明らかにした。       ファールス通信の報道によると、アッバースアリー・キャドホダーイー報道官は、1378年〔西暦1999年〕に可決され、その後改正を重ねてきた国会選挙法第28条の改正案に関する最近の国会の議決内容について、「この議決は一度護憲評議会に送られ、評議会はそれを違憲であると判断した」と述べた上で、「上述の議決内容は、最近になって国会によって修正 全文をよむ

2011-04-28 革命防衛隊最高指導者代理「最高指導者の命令に背くことは、神や時のイマームに逆らうも同じである」 (Jam-e Jam紙)

 革命防衛隊最高指導者代理は、「イスラーム的主権では、憲法に従って体制内の調整を行い、その政策を策定する基本的人物は《監督者たるイスラーム法学者》〔=最高指導者〕であり、その命令に背くことは、神や時のイマーム〔お隠れ状態にある第12代イマーム〕の命令に背くことと同じだと見なされる」と語った。       イスラーム革命防衛隊内の最高指導者代理を務めるホッジャトルエスラーム・アリー・サイーディーは、イスラーム体制やイスラーム的原理・価値観の維持において、ヴェラーヤテ・ファギーフ(法学者の監督)が占 全文をよむ

2011-04-26 モッタキー前外相、次期国会選挙に出馬せず (Jam-e Jam紙)

 前外相は「国会選挙への立候補は計画していない」と述べた。       イラン学生通信によれば、マヌーチェフル・モッタキー氏は自身の更迭の詳細についての質問に答えるなかで、「人は、時に《沈黙》する勇気が必要である。もちろん、《沈黙》する能力を鍛えることは非常にきついことだ」と語った。   〔※訳注:この発言はモッタキー氏が昨年12月、セネガル外遊中に外相を突然更迭された騒動についての発言をこれまで控えていることを受けている。〕       その上で、同氏は「国会選挙の年である1390年〔※西暦2 全文をよむ

2011-04-25 ハーメネイー最高指導者、メディア及び体制責任者に重大勧告「社会に対立があるかのような示唆は控えよ」 (Jam-e Jam紙)

イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー氏は昨日の午後、内務大臣、ならびに治安維持軍の司令官・責任者らと面談し、そのなかで安全、特に社会の道徳的・心理的安全の確保こそ、治安維持軍の最重要任務のひとつであるとした。       同氏はその上で、人々の心の平穏を守る上で、メディアやプレス、影響力のある団体や有力者たちが担っている重大な責任について言及し、現在の国内状況はきわめて平穏かつ適切であり、また人々の心理状態にも揺らぎは見られないと述べ、それ故体制の責任者や政治的・文化的指導者た 全文をよむ

2011-04-24 ハーメネイー最高指導者「三権、特に政府は真に努力している」 (Jam-e Jam紙)

イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日〔4月23日土曜日〕の朝、数千名のファールス州市民との熱狂的な会見のなかで、極めて重要な演説を行った。同氏はそのなかで、世界ならびに周辺地域が現在直面している危機的状況について説明した上で、全人民ならびに体制責任者たちに向け、「〔中東地域で起きている〕イスラームの目覚めに着目するならば、連帯と団結を維持し、たゆまぬ勤労と努力を続けて、イスラーム体制の敵にスキを与えないことが重要だ」と勧告し、次のように強調した。      今日、三権 全文をよむ

2011-04-23 アフマディーネジャード「イラン国民以外に話すべき内容の言葉を持った国民はいない」 (Jam-e Jam紙)

政府は90回目となる地方州訪問としてコルデスターン州を訪れ、同地で270項目に及ぶ政令を閣議決定して、訪問を終えた。ラヒーミー第一副大統領によると、これらの政令はコルデスターン州のあらゆる分野での開発を目的として決定されたものだとのことだ。       マフムード・アフマディーネジャード大統領は先週の水曜日〔4月20日〕にコルデスターン州に向けて出発し、続けて木曜日にはイーラーム州を訪問、安定した雇用の創出が本年の政府の重要課題の一つであると強調した。       メフル通信によると、大統領はイ 全文をよむ

2011-04-20 国会議長、スポーツ省をめぐり司法に訴えを提出 (Jam-e Jam紙)

司法権第一副長官は、「いかなる立場の当局者によるものであっても、法律違反を認めることは決してできない」と述べ、「スポーツ青年省設置法」を政府が施行していないことを訴える内容の書簡が国会議長から送付されてきたことを明らかにした上で、「この書簡については入念な検討が行なわれるだろう。この件は関連する司法機関の手にすでに委ねられている」と語った。       ホッジャトエルエスラーム〔※宗教指導者の称号〕のセイエド・エブラーヒーム・ライースィー氏はISNA(イラン学生通信)の取材で、「全国査察庁〔憲法 全文をよむ

2011-04-20 大統領「イラン国民の才能を語ることはナショナリズムではない」 (Jam-e Jam紙)

 大統領は、イランは世界の諸国民を啓発する模範へと変わらなければならないと強調し、「イランは世界の人材の宝庫である。こう言ったからといって、ナショナリズムを意図しているわけではない。そうではなく、神の恩寵と神への感謝、そして〔人類に対するイラン国民の〕責任を述べているにすぎない」と述べた。       イラン国営通信(IRNA)の報道によれば、マフムード・アフマディーネジャード氏はテヘラン大学先端科学技術学部にて開かれた同学部の開設式において、イラン国民の高邁なる思想や高潔さを賛美し、「人類によ 全文をよむ

2011-04-19 新型駆逐艦「ヴェラーヤト」、駆逐艦「ジャマーラーン」に合流 (Jam-e Jam紙)

イラン・イスラーム共和国軍海上部隊の司令官は、「イラン・イスラーム共和国の新型駆逐艦『ヴェラーヤト』が〔それまでの〕駆逐艦『ジャマーラーン』に追加される予定だ」と語った。      ハビーボッラー・サイヤーリー海軍少将は、「『ヘリコプターを輸送する能力のある駆逐艦を製造せよ』との全軍最高総司令官〔=ハーメネイー最高指導者〕のお言葉にインスピレーションを受けた若いイラン人専門家らによって、今回の大いなる成果がもたらされた」と付け加えた。      同氏はその上で、「駆逐艦『ヴェラーヤト』はジャマー 全文をよむ

2011-04-19 体育庁への予算、停止される (Jam-e Jam紙)

予算合同委員会が「スポーツ青年省」向けに9600億トマーン〔約800億円〕の予算を可決したことに伴い、今後国のスポーツ関連予算は「スポーツ青年省」という枠組みでのみ、同省に割り当てられることとなった。これにより、〔これまで国のスポーツ事業を担ってきた大統領府直轄の〕「体育庁」には一切の予算が配分されないこととなった。      国会の「スポーツ会派」のメンバーであるメグダード・ナジャフネジャード氏によると、予算合同委員会は「スポーツ青年省」の枠組みで国のスポーツ事業に対する今年度の予算を可決した 全文をよむ

2011-04-19 イラン、防衛力を誇示:国軍閲兵式で (Jam-e Jam紙)

アフマディーネジャード大統領「イラン軍は、地域及び世界の諸国民にとって安全と友好の請負人である」       昨日イマーム・ホメイニー聖廟近くで、大統領をはじめ文民ならびに軍関係者らの列席のもと、「国軍の日」記念式典が行われた。       IRIBによると、この式典では「ハータモル・アンビヤー(預言者の封印)」防空部隊など、軍の能力の一部が披露された。時を同じくして、他の諸州では国軍の閲兵式が行われ、またペルシア湾海上でも国軍海上部隊の艦船による海上パレードが行われた。       重火器の〔 全文をよむ

2011-04-18 モスレヒー情報相、辞任 (Jam-e Jam紙)

 マフムード・アフマディーネジャード大統領はモスレヒー情報相の辞任を承認したうえで、同氏を情報担当大統領顧問に任命することを発表した。       政府広報ウェブサイトは昨夜、このニュースをトップで報じた。大統領はホッジャトルエスラーム〔※アーヤトッラーよりも学識・地位的にワンランク下のイスラーム宗教指導者に対する尊称〕のヘイダル・モスレヒー氏の情報相辞任を受け入れたうえで、同氏を情報担当大統領顧問に任命することを発表した。 全文をよむ

2011-04-18 モスレヒー氏、情報相に留任 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン】複数の通信社が報じたところによれば、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン〔※アーヤトッラーよりも学識・地位的にワンランク下のイスラーム宗教指導者に対する尊称〕のヘイダル・モスレヒー氏は、最高指導者が同氏の情報相辞任に反対したことにより、情報相として留任することになった。       ファールス通信によると、複数の政府系ウェブサイトがホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのヘイダル・モスレヒー氏の情報相辞任〔の申し入れ〕をアフマディーネジャード大統領が承認し 全文をよむ

2011-04-18 鉱工業省と商業省、ならびに道路運輸省と住宅都市整備省が統合へ (Jam-e Jam紙)

昨夜午後、道路運輸省と住宅都市整備省、ならびに商業省と鉱工業省の統合が閣議にて了承された。      ファールス通信によると、以前から道路運輸省と住宅都市整備省の統合案が出されていたが、〔昨日の〕閣議にて両省の統合がその通りに決定した。      また、商業省と鉱工業省の2省の統合も閣議で了承された。      第5次開発計画法によると、省の数は現行の21省から17省へ再編されることが義務づけられている。なお、国会は同法の可決後、「スポーツ青年省」の新設も可決している。      大統領府戦略立 全文をよむ

2011-04-18 学士号しか持たぬ者は国会選挙立候補資格なし:国会が議決 (Jam-e Jam紙)

 国会は護憲評議会の見解を得ることを目的として、国会選挙法を改正し、学士号しか持たぬ者は、たとえ5年間の行政職の経歴があったとしても、国会選挙に立候補できないとする内容を議決した。       国会は昨日の公開会議で、護憲評議会の見解を得ることを目的として、1378年(西暦1999年)に可決され、その後改正を重ねてきた国会選挙法第28条(国会選挙立候補者の資格条件に関する条項)の改正案を審議・修正し、再び可決した。       国会は同評議会の見解を得ることを目的に、5年間の行政職を経験した者に 全文をよむ

2011-04-18 バーホナル氏が選挙リストの筆頭候補に据えられる可能性が浮上 (Jam-e Jam紙)

国会の原理派に属するガフーリーファルド議員は、今後の選挙活動をめぐり、モハンマド・レザー・バーホナル氏を中心とした新たな議論が浮上していることを明らかにした。      ハサン・ガフーリーファルド氏は、モハンマド・レザー・バーホナル氏とマヌーチェフル・モッタキー氏〔前外相〕を中軸として、合同選挙活動を形成すべきだとの議論が提起されていることに触れ、以下のように述べた。「このことについて議論が行われていることは事実だが、バーホナル氏は自身の見解を表明したわけではない」。      同氏は加えて、「 全文をよむ

2011-04-14 アーヤトッラー・メスバーフ=ヤズディー、「逸脱したグループ」を批判 (Jam-e Jam紙)

アーヤトッラー・メスバーフ=ヤズディーは、「生涯のなかで〔イスラーム諸学を修めた〕一人の学者とも関係を持たず、そればかりか毎日のようにイスラームに危害を加え続けているような人間が、どうしてイスラームのために役立つことができるというのか。一体どうして、こうした連中に一部の人たちが愛情を寄せてしまったのか、まったく不可解である」と語った。   〔※訳註:「イスラームに危害を加え続けているような人間」とは恐らく、アフマディーネジャード大統領事務所の所長を務めるマシャーイーのことで、「こうした連中に愛情 全文をよむ

2011-04-11 エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイー「ドキュメンタリー・ビデオ『降臨、極めて近し』の内容など知らない」 (Mardomsalari紙)

【政治部】ドキュメンタリー・ビデオCD『降臨、極めて近し』に対する反発は依然として続いている。このビデオCDの制作に一部の政府機関が関わっているとする内容のコラムが、ホセイン・シャリーアトマダーリー氏によってケイハーン紙に掲載されると、エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイー氏も同ビデオCDについて、自らの意見を開陳した。   〔※訳註:ケイハーン紙は最高指導者直轄の最強硬派の夕刊紙で、シャリーアトマダーリーは同紙の最高指導者代理兼発行責任者を務める。同氏は従来、アフマディーネジャードに近い 全文をよむ

2011-04-11 ハーイェリー=シーラーズィー「イスラームをノウルーズの祭事と一緒に輸出することはできない」「イラン的イスラームなるものが世界中に広まれば、イスラームは分裂する」 (Mardomsalari紙)

ファールス州選出の最高指導者専門家会議議員である同師は、「最高指導者はつねに、体制の責任者たち、特に大統領と政府の強化を意図しておられる。ウラマーたちも最高指導者と同様の考えである」と語った。      ISNA(イラン学生通信)によると、アーヤトッラー・モヒーオッディーン・ハーイェリー=シーラーズィーは「シーラーズ闘う宗教指導者協会」の1390年(西暦2011年3月21日〜)最初の会合で、以下のように述べた。「イスラームをノウルーズの祭事と一緒に、〔世界に向けて〕輸出することはできない。ノウル 全文をよむ

2011-04-09 大統領「低所得者層が経済発展の犠牲者になってはならない」 (Jam-e Jam紙)

大統領は自国の文化、ならびにイラン的・イスラーム的価値観の保護が必要だと強調し、「社会の低所得者層を経済発展の犠牲にしてはならない」と述べた。       イラン国営放送報道センターの報道によれば、マフムード・アフマディーネジャード氏は、政府によるケルマーンシャー州への地方訪問2日目の昨日、同州の行政機関の高官らを前に演説を行い、人間的・倫理的・イスラーム的な原則を守りつつ国を建設し、そのためのモデル〔を構築すること〕が必要であるとの認識を示した。同氏はその上で、「我々は西洋だとか、東洋だとかの 全文をよむ

2011-04-04 ハーメネイー最高指導者「中東地域で激変が生じている」「意志と意志の闘いにおいて、イランの力は世界の列強を上回っている」 (Jam-e Jam紙)

〈イスラーム革命最高指導者のお言葉(抜粋)〉   ■人類は自然の世界と調和することができ、発展や成長、努力、革新、そして創造性のためにこの機会を用いることができる   ■神と神への信仰に希望をもち、様々な困難に絶望せず、長期的・歴史的視野を持つことが進歩の秘訣であり、この精神をこれまで以上に強化しなければならない   ■イラン・イスラーム共和国が擁する軍隊は国民を守る砦であり、この砦は常に堅固でなければならない      イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、軍ならび 全文をよむ

2011-03-22 アーヤトッラー・ハータミー「経済ジハードと文化ジハードの両立が必要」 (Jam-e Jam紙)

最高指導者専門家会議の運営理事を務めるハータミー師は、「国の経済発展こそ、世界の他の国々にイスラーム革命を宣伝し、拡大させるための最善の道である」と述べた。       メフル通信によると、アーヤトッラー・セイエド・アフマド・ハータミーは、最高指導者がイラン暦1390年〔2011/12年〕を「経済ジハードの年」としたことに言及した上で、次のように表明した。「もし我々が自身の革命を、人々の経済面や生活面での手本となるような革命として世界中の人々に示し、この革命は現世だけでなく、来世も豊かにさせてい 全文をよむ

2011-03-21 ハーメネイー最高指導者、新年を「経済ジハードの年」と命名 (Jam-e Jam紙)

ハーメネイー・イスラーム革命最高指導者は、イラン国民に宛てた新年のメッセージのなかで、「本年を《経済ジハードの年》と命名する。国の責任者たち、ならびに親愛なる国民の皆さんには、経済の領域でジハードを行う心持ちで働いて欲しい」と言明した。      〔‥‥〕       このメッセージの全文は以下の通り。      慈悲深く慈愛あまねき神の御名において      〔‥‥〕      祝日ノウルーズにあたり、新たな春、新たな年を迎えましたことを、全国に住む親愛なる同胞たち、世界各国に住むすべてのイラ 全文をよむ

2011-03-13 保育園で暗躍していたバハーイー教徒を逮捕 (Jam-e Jam紙)

バム一般革命検察検事長は、バム、ケルマーン、及びテヘランの複数の保育園で活動していた、逸脱した宗派「バハーイー派」の構成員らを逮捕したと発表した。       イラン学生通信によると、モハンマド・レザー・サンジャリー検事長は、同グループは教育・文化活動を隠れ蓑にして、自身の〔逸脱した〕プログラムの普及・拡大を図っていたことに触れて、「時のイマームの無名戦士たち〔=情報省の職員のこと〕による約9ヶ月間におよぶ諜報活動は、逮捕の段階まで〔粘り強く〕続けられた」と述べた。       同氏はその上で、 全文をよむ

2011-03-13 マルアシー元副大統領、政治・社会活動を禁じられる (Jam-e Jam紙)

第二次改革派政権〔=第二次ハータミー政権(2001〜2005)〕で副大統領〔※文化遺産観光庁長官を兼務〕を務めたセイエド・ホセイン・マルアシーが、政治・文化・社会活動を禁止された。       ニュースサイト「ジャハーン」によると、昨年エスファンド月〔2010年3月ごろ〕に革命裁判所によって一年間の裁判官の裁量(タアズィール)による禁錮刑を言い渡された彼は、刑期を終えてエヴィーン刑務所から釈放された。   〔※訳注:タアズィールは矯正を目的とした裁判官の裁量のことで、マルアシー氏は2009年の大 全文をよむ

2011-03-13 アフマディーネジャード「“イラン”の名の強調は、責任感に由来」 (Jam-e Jam紙)

大統領は、「“イラン”の名を強調しているからといって、それはナショナリズムとか、部族主義的な考え方とか、あるいは利己主義とかに起因するものではない。むしろ、これは一つの歴史、抵抗〔の歴史〕から立ち上がってきた一種の責任感と使命感に由来するものなのである」と述べた。       イラン国営放送によると、マフムード・アフマディーネジャード大統領はイラン国立考古学博物館でイスラーム諸国・非イスラーム諸国、合わせて30カ国の大使らの出席のもと催された国際シンポジウム「平和のための戦争」の席上、2500年 全文をよむ

2011-03-13 バーホナル氏「次の《反乱》は原理派内部から」 (Jam-e Jam紙)

〔原理派組織の〕「技術者イスラーム協会」の総書記を務めるバーホナル氏は、「現在最高潮に達している次のフェトネ〔※〕は原理派内部から発生するであろう。原理主義者であると吹聴しながら、その実、宗教界の言うことも、シャリーア(イスラーム法)の規定も受け入れようとしない、そういった人から起こるだろう」と述べた。   〔※フェトネは「反乱」「内乱」の意で、最近では特に2009年大統領選挙に対する抗議運動について、「イスラーム共和国体制の団結を乱す反乱」という意味で使われている。こうした「フェトネ」が「原理 全文をよむ

2011-03-12 著名な宗教指導者2名が政府による文化的政策を批判 (Jam-e Jam紙)

第10期政権〔=第二次アフマディーネジャード政権(2009〜2013)〕には、当局や〔体制の〕責任者、国民各層からの支持を受ける肯定的な側面がある一方で、ときにさまざまな問題を惹起し、国の一部の政治関係者から批判を招くような活動にも手を出している。       こうしたケースの一例として、先週末、イランでよく知られている2人の著名人が政権批判を行ったが、彼らの批判は政権の文化政策に関するものであった。そのうちの一人、殉教者・献身者財団の最高指導者代理を務めるラヒーミヤーン師は昨日、自身の批判を金 全文をよむ

2011-03-10 モタッハリー議員、ペルセポリスでのノウルーズ祭に抗議 (Jam-e Jam紙)

テヘラン選出の国会議員アリー・モタッハリー氏は、11カ国の首脳が出席してペルセポリスで開かれる予定のノウルーズ祭を厳しく批判、再度「イラン主義」を強調したり、ヘジャーブ問題に対して無関心を装ったりするようなことがあれば、〔国会が〕大統領の喚問に動き出す可能性もあると警告した。       国会公開本会議場での冒頭演説で演説を行った同氏は、マシャーイー〔大統領事務所長〕やアフマディーネジャード大統領が「イラン主義」を喧伝していることを批判し、さらに「明らかなのは、国の要職を占めるこの両名による《イ 全文をよむ

2011-03-09 アーヤトッラー・マフダヴィー=キャニー、専門家会議議長に選出 (Jam-e Jam紙)

昨日、専門家会議議長選挙が無風状態のまま、きわめて友好的な雰囲気の中で行われた。その結果、86年〔西暦2007年〕以降、アーヤトッラー・アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニーが務めてきた同職が、63票を集めたアーヤトッラー・モハンマド・レザー・マフダヴィー=キャニーに委ねられることが決まった。       マフダヴィー=キャニー氏が昨日、専門家会議の議員らから同会議の新たな議長に選出された背景には、前議長のアーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーがアーヤトッラー・マフダヴィー=キャニ 全文をよむ

2011-03-07 国会、電力相を信任:102対101の僅差で (Jam-e Jam紙)

マジード・ナームジュー電力相は国会から僅差で信任を受け、閣僚のイスに留まることに成功した。あるいは、大統領の言い方を借りれば、「政権の良き息子」が内閣に留まる許可を国会は与えた。       ジャーメ・ジャムの報告によると、国会は昨日、マジード・ナームジュー電力相に対する問責案を、賛成101票、反対102票、棄権6票(出席議員246名、投票数209票)で否決した。       大臣を罷免する際、国会議員は以前に与えた信任票を撤回しなければならないことから、問責への賛成票が出席議員の投じた票の総数 全文をよむ

2011-03-05 アフマディーネジャード「アメリカには8000万人の貧困層がいる」 (Mardomsalari紙)

大統領は「核問題で敵が圧力をかけてくるのは、イラン的思想が〔世界の人々の目に〕あらわになるのを阻止したいから、そしてこの思想によって〔資本主義を脱却した新たな〕世界を建設し、神の崇高な道を歩むことができるようになるということを、世界が理解するのを許したくないからなのだ」と語った。       ISNAによると、マフムード・アフマディーネジャード氏は、ロレスターン州訪問の2日目にあたる木曜日、同州の幹部らを前に、「ここ1、2カ月の出来事は別にしても、さまざまな社会の内部で一つの大きな潮流が生まれて 全文をよむ

2011-03-05 テヘラン・メトロ総裁、辞任 (Jam-e Jam紙)

モフセン・ハーシェミー、自らの辞任によって、政府が予算割り当て問題で態度を軟化させることに期待      テヘラン市内の交通にとって重要な位置を占めるテヘラン・メトロ(地下鉄)の所有権や〔国からの〕年間予算の割り当て、そしてさらに最近では同地下鉄の来年の運賃をめぐって、〔アフマディーネジャード大統領をトップとする〕政府と〔ガーリーバーフ市長をトップとする〕テヘラン市との間で、5年間にわたって対立と論争が続いてきた。こうしたなか、混乱の沈静化と同社への〔国からの〕補助金の迅速な提供を実現すべく、同 全文をよむ

2011-03-05 ハーメネイー最高指導者「情報省は情報ジハードの拠点だ」 (Jam-e Jam紙)

イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は木曜日朝、情報省の視察に訪れ、「時のイマームの無名戦士たち」〔※情報省職員のこと〕が成し遂げたさまざまな活動・成果に関する展示会を訪問、同省の幹部や職員たちと面会した。       革命最高指導者は情報省内に足を踏み入れてまず最初に、同省にある3名の無名殉教者たちの墓を訪れ、コーランの「開扉」章を朗唱、「聖なる防衛」〔=イラン・イラク戦争〕で亡くなった殉教者たちを讃えた。      〔‥‥〕       アーヤトッラー・ハーメネイー閣下 全文をよむ

2011-03-03 国会、「バフマン月25日の暴動」のウラを暴露 (Jam-e Jam紙)

国会はバフマン月25日〔2月14日〕に起きた暴動を非難したことに続き、特別委員会を結成して、イスラエル=アメリカ=イギリスが仕組んだこの暴動についての報告書を作成、昨日この報告書を国会の公開本会議場で読み上げた。       ジャーメ・ジャム紙の報道によると、昨日公開本会議場で読み上げられた国会特別委員会の報告書は、ムーサヴィーとキャッルービーの両名を「国民に対する裏切り者」と断罪、法律にもとづき厳正に対処するにふさわしい人物だと指摘した。       この報告書に対して、議員らは「神は偉大なり 全文をよむ

2011-03-03 修士号、国会議員の条件に:内務次官「法案可決は国民の選挙参加にも悪影響」 (Jam-e Jam紙)

国会は国会選挙法改正案の詳細を審議し、今後、学士号しか持たぬ者には国会選挙への立候補資格を認めず、修士号以上の学歴を持つ者、あるいはそれに相当し、最低5年間、行政・教育・研究分野で管理職を務めた経験がある者にのみ立候補資格を認める案を可決した。       ジャーメ・ジャム記者の報告によると、国会は昨日、1378年〔西暦1999年〕に可決された国会選挙法の二種緊急改正法案の詳細を審議した。しかし、この審議を始める前、問題の重要性から、多くの国会議員らはこの二種緊急法案の内容は違憲ではないかとの申 全文をよむ

2011-03-02 専門家会議議長選:アーヤトッラー・マフダヴィー=キャニーへの支持、広がる (Jam-e Jam紙)

アーヤトッラー・マフダヴィー=キャニーが「最高指導者専門家会議」の議長選への立候補の意思を固めたとされる報道が流れたことを受け、政治党派・関係者の中からは早くも同氏を支持する声が上がっている。       メフル通信の報道によると、専門家会議の議員を務めるアーヤトッラー・ハーエリー=シーラーズィーは、同会議の一部議員からアーヤトッラー・マフダヴィー=キャニーに対し、議長選立候補への呼びかけがあったことに対し、同氏が前向きな反応を示していることに触れ、「アーヤトッラー・マフダヴィー=キャニーは雰囲 全文をよむ

2011-02-26 モスレヒー情報相、暴動に関わった反逆分子についての最新情報を明らかに (Jam-e Jam紙)

モスレヒー氏、バフマン月25日の騒動に関わったCIAのスパイ1名と偽善者1名の逮捕を明らかに       情報相はアメリカの諜報機関、及び偽善者たちのテロ集団〔=人民聖戦士機構(MKO)〕と関わりを持ち、バフマン月25日〔2月14日〕の暴動に加担した人物2名を逮捕したことを明らかにした。       イラン国営放送報道センターの報告によれば、ヘイダル・モスレヒー情報相は木曜夜の国営放送チャンネル3の《昨日、今日、明日》という番組に出演し、数日前の暴動で、クルド人大学生サーネ・ジャーレさん(26歳 全文をよむ

2011-02-24 バフマン月24日の暴動で殺害された殉教者ジャーレの殺害犯はすでに特定:情報相 (Jam-e Jam紙)

情報相は、サーネ・ジャーレ氏を暗殺した犯人らを特定したことを明らかにした。       ジャーレ氏は、バフマン月25日〔2月14日〕の暴動の過程で、銃弾を受けて殉教した26歳の大学生である。反乱を起こした反体制派は、ジャーレ氏が自分たちの仲間であったかのように喧伝しようと、躍起になっている。       ファールス通信の報道によると、ヘイダル・モスレヒー情報相は、サーネ・ジャーレ氏の殉教は、反革命分子の仕業によるものだと指摘し、「この事件に関わっていた者たちはすでに特定されており、この件について 全文をよむ

2011-02-20 大統領「イラン的手法によって、100年の道も一夜にして踏破することが可能」 (Jam-e Jam紙)

アフマディーネジャード大統領は、自らの輝かしき過去に回帰することがイラン人には必要だと強調した上で、「イラン的手法に立ち返るならば、100年の道も一夜にして踏破することが可能だ。実際こうしたことは、我が国ではたびたび起きている」と述べた。       イラン国営放送報道センターが伝えたところによると、マフムード・アフマディーネジャード大統領はキーシュ島で開かれた「人間の生活向上における新テクノロジーの役割」と題されたシンポジウムで、次のように述べた。「今日の世界の科学をリードする者たちは、何が〔 全文をよむ

2011-02-19 護憲評議会書記、暴動の首謀者たちは自宅軟禁にすべしと提案 (Mardomsalari紙)

昨日、テヘランの金曜礼拝で演説を行ったジャンナティー氏は、多くの人々が暴動の首謀者たちの逮捕を望んでいると指摘したうえで、司法権はこの件について、国益に配慮した措置を考えるべきだと強調し、暴動の首謀者たちを自宅軟禁にすることを提案した。       イラン学生通信(ISNA)の報道によれば、アーヤトッラー・アフマド・ジャンナティーは今週のテヘラン金曜礼拝での説教の中で、このように述べた上で、「司法権が実行できる、また司法権もそれを考慮中であろうと思われる措置とは、彼ら〔=暴動の首謀者たち、つまり 全文をよむ

2011-02-19 司法権長官「反乱の指導者たちがヒーローであるかのように振る舞うことは許さない」 (Mardomsalari紙)

司法権長官はここ数日間に起きた事件について触れた上で、「イスラーム体制は慈悲深いと同時に、革命の理想に害が及び、国の安全が脅かされ、体制の名誉と威信に傷がつくような事態を決して容認しないということを、ハワーリジ派は知るべきだ」と強調した。   〔※訳註:ハワーリジとは「外に出た者」という意味で、イスラームの初期、第4代正統カリフ・アリー(シーア派にとっては初代イマーム)と、それに反旗を翻したウマイヤ家のムアーウィアが和睦を結んだことに反発して、アリー支持から離脱し、最終的に彼を殺害したグループの 全文をよむ

2011-02-17 革命最高指導者「彼らはイランが世界の人々の手本になることを望んではいないのだ」:アゼルバイジャン市民との熱狂的会見で (Iran紙)

【政治部】イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、何千人ものアゼルバイジャン市民との熱気あふれる会見のなかで、イスラーム世界ではイスラームの目覚めが広がりつつあると指摘し、それは過去33年間の偉大なるイラン国民による抵抗と不抜の精神が実らせた甘き果実に他ならないとした上で、「今日、信仰とイスラームのお陰で、イスラーム的イランの堅固さ、栄光、進歩、そして影響力は他のどの時代よりもその輝きを増し、また偉大なる頂きへと到達せんとする国民の意思は、その決意の度をより強くしている 全文をよむ

2011-02-17 「バフマン月25日」で殉教したジャーレ氏の葬送の儀式、執り行われる (Jam-e Jam紙)

昨日、テヘランで起きたバフマン月25日〔2月14日〕の暴動で殉教した、テヘラン芸術大学の学生、サーネ・ジャーレ氏の遺体を葬送する儀式が執り行われた。国民各層からなる多くの人々がこの葬儀に参列し、声を一つにして、「反乱の指導者たちとその支持者たちを裁く時期にきている」と叫んだ。       これと時を同じくして、イスラーム宣伝調整評議会は声明を発表し、バフマン月29日〔2月18日〕の金曜礼拝後に全国で開かれる予定の抗議デモに参加し、最近の事件に対する嫌悪の念を表明するよう、イスラーム的イランの聡明 全文をよむ

2011-02-16 国会、暴動の指導者たちに対する裁判を要求 (Jam-e Jam紙)

バフマン月25日(2月14日)にテヘランで起きた暴動で、2名が殉教、7名が負傷した。国の当局者・関係者らは、反乱を誘発しようとした今回の動きに対して反発、事件の原因を作った者たちへの毅然とした対応を要求している。       国会議員らは昨日、今回の暴動を起こした者たちの動きを非難、議場の演壇のまわりに集まり、月曜日に起きた暴動の首謀者とされるムーサヴィーとキャッルービーの両名を極刑に処すよう求めた。       アリー・ラーリージャーニー国会議長も昨日の公開会議冒頭での演説の中で、反逆者たちの 全文をよむ

2011-02-14 フェレイドゥーン・アッバースィー氏、イラン原子力庁長官に (Jam-e Jam紙)

先のアーザル月〔2010年11月〕に、爆弾テロで命を狙われたフェレイドゥーン・アッバースィー博士が昨日、アフマディーネジャード大統領からの辞令により、イラン原子力庁長官に任命された。       アッバースィー氏は現在52歳で、核物理学の博士号を持っており、国に対する科学的貢献により、イラン暦1386年〔西暦2007/8年〕にアフマディーネジャード大統領から国の模範的教授として表彰された経歴がある。       アッバースィー氏は、イラン暦1382年〔西暦2003年〕以降、イマーム・ホセイン大学 全文をよむ

2011-02-09 ハーメネイー最高指導者「国の責任者の間に対立を生じさせることこそ敵の目的」 (Jam-e Jam紙)

イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨日、国軍航空部隊や防空基地に勤務する司令官や職員ら多数と面会した。同師はそのなかで、イスラームをはじめとする諸々の根本原理・価値観をイラン国民が堅忍不抜の精神で守り抜いてきたことこそ、イスラーム共和国が存続し、〔世界の〕諸国民にとって見本となってきた真の理由であると指摘し、次のように強調した。「一部の国で見られる諸国民の偉大なる運動、そして中東地域で起きているイスラームの目覚めは、過去32年間にわたってイラン国民が起こしてきたイスラー 全文をよむ

2011-02-08 航空宇宙分野におけるイランの最新成果がお披露目 (Jam-e Jam紙)

アフマディーネジャード大統領「年内から来年にかけて、国産人工衛星を多数、宇宙に向けて発射する計画」       「ファジル(夜明け)」、「ラサド(観測)」、「アミール・キャビール1号」、そして「ザファル(勝利)」という4機の人工衛星が発表され、イラン・イスラーム共和国は宇宙分野へのより積極的な進出に、また一歩近づいた。       87年〔西暦2009年〕に人工衛星「オミード(希望)」の発射によって、初めて航空宇宙工学の分野で成果を残した我が国の研究者らは、今回の新型人工衛星の製造によって、宇宙 全文をよむ

2011-02-06 大統領「国民の下僕たる者がイマームの方針から乖離することはあり得ない」 (Jam-e Jam紙)

大統領は、イラン国民の下僕たる者が亡きイマーム〔・ホメイニー〕の方針や理想、真理から僅かでも乖離するようなことは、決してないだろうと強調しつつ、「いかなる権力者・現世崇拝者であろうとも、もし彼らがイラン国民の進路に立ちはだかり、彼らの歩みを邪魔立てしようものならば、我々は全世界を相手にしてでも、全力で彼らの脆弱なる人間性に抵抗することになるだろう」と述べた。      〔‥‥〕       大統領は、「イスラーム革命は神の預言者たちの召命に次いで最も偉大な運動であり、それが人間社会の完成を目指す 全文をよむ

2011-02-01 国会、ベフバハーニー道路運輸相を罷免 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン】国会議員らはハミード・ベフバハーニー道路運輸相への問責を行い、投票によって同氏を罷免した。       ジャーメ・ジャム・オンライン記者の報告によると、今日の国会の議題にベフバハーニー氏への問責が上り、6人の国会議員が問責理由について詳細を説明した。しかし、問責に対して自らを弁護するためにベフバハーニー道路運輸相と大統領が国会議事堂内に現れることは、ついになかった。       結局、問責投票は秘密投票により、投票用紙を用いる形で行われた。国会に出席した242名の 全文をよむ

2011-01-29 テヘラン金曜礼拝導師「国の責任者らは互いの対立をメディア上で公にするべきではない」 (Jam-e Jam紙)

テヘラン金曜礼拝導師は、イスラーム諸国で起きている動きについて触れ、これらの動きが〔1979年の〕イラン革命をモデルとしていることについて指摘した上で、「イスラーム、宗教、そして宗教的人民主権を中心軸とした《イスラーム的中東》が形作られようとしている」と述べた。       メフル通信の報道によると、アーヤトッラー・セイエド・アフマド・ハータミーは礼拝に集まった人々を前に、中東地域ならびにアラブ諸国が抱える諸問題について触れ、次のように語った。「ここ最近、中東では容易にやり過ごすことのできない出 全文をよむ

2011-01-29 国会議員4名、アフマディーネジャード大統領の書簡に対し返書 (Jam-e Jam紙)

昨日、4名の国会議員は連名で、マフムード・アフマディーネジャード大統領の書簡に対し、文書で返答した。       アフマディーネジャード大統領は先週初め、国会議員らに向けて書簡をしたため、そのなかで〔国会や公益判別評議会によって〕政府が提出した第5次開発計画法案に変更が加えられたことについて触れ、政府の権限〔※〕を削減しようと目論んでいるとして、公益判別評議会とその委員らを批判していた。大統領はさらに、この件に関して公益判別評議会と同一歩調を取っているとして、国会議長ならびに司法権長官も非難して 全文をよむ

2011-01-26 ハーメネイー最高指導者、アリーモハンマディーとシャフリヤーリー両殉職者の家族と面会:「彼らの殉教は国の科学的知識増産の象徴」 (Mardomsalari紙)

イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は木曜日の夜、マジード・シャフリヤーリー博士とマスウード・アリーモハンマディー博士両殉教者の自宅を訪問し、〔‥‥〕「科学と宗教の殉教者たち」の遺族らの堅忍不抜の精神を称賛した。       イラン労働通信(ILNA)が革命最高指導者事務所の広報サイトの発表を引用する形で報じたところによると、アーヤトッラー・ハーメネイー閣下はシャフリヤーリー博士とアリーモハンマディー博士の両殉教者の家族と個別に面会し、そのなかで彼ら殉教者は至高なる神のもと 全文をよむ

2011-01-13 バーホナル議員「公益判別評議会は憲法に違反した決定も下すことができる」 (Jam-e Jam紙)

第五次開発計画法案をめぐって国会と護憲評議会の間で意見対立の発生した事案に関し、土曜日に公益判別評議会で結論が出されることが決まった。       公益判別評議会は火曜日に、国会と護憲評議会の間で意見対立が発生した事案について検討する為に、7時間にも及ぶ議論を午前と午後の2回の会議で行った。この会議は、同評議会の委員の大半に加え、政府の代表や関連する国会の委員会の委員、護憲評議会の一般法学者、中央銀行総裁、ならびに全国査察庁長官が参加するなかで開かれた。同会議では、意見の食い違いのあった条項が検 全文をよむ

2011-01-12 ソトゥーデ弁護士に禁固11年、及び弁護士資格剥奪・出国禁止20年の判決 (Mardomsalari紙)

ナスリーン・ソトゥーデ被告の担当弁護士の一人は、裁判官の裁量刑として禁固11年、ならびに弁護士資格の剥奪と出国禁止20年の判決が彼女に下されたことを明らかにした。       ナスリーン・ゴナヴィー氏はISNA(イラン学生通信)のインタビューに対して、「ナスリーン・ソトゥーデは、革命裁判所第26法廷から、反体制プロパガンダ活動の罪で禁固一年、国家の安全を混乱させる意図で集会を開き、共謀した罪で禁固五年、非合法組織『人権擁護協会』に加入した罪で禁固五年の判決が言い渡された」と述べた。        全文をよむ

2011-01-11 「スポーツ省」法案可決をめぐり、大統領が国会を批判 (Jam-e Jam紙)

大統領は発言のなかで、政府をめぐる最近の一部問題に関する自らの立場を表明し、国会の一部決議が公益判別評議会に委ねられたことを批判した。       〔‥‥〕日曜日夜に行われた閣議に出席したマフムード・アフマディーネジャード大統領は、その傍らで、第一副大統領に対して指摘されている疑惑〔※〕について、「根拠がない」と一蹴、さらに国会による最近の2つの議決を批判し、中央銀行総裁の任命に関して国会が可決した法案の是非を公益判別評議会に委ねることは誤った行為だとの見方を示した。   〔※訳註:2010年4 全文をよむ

2011-01-03 「イラン」紙発行責任者への有罪判決に対し、反発の声 (Jam-e Jam紙)

「イラン」紙発行責任者に対して有罪判決が下されたことに対し、一部の文化当局者・メディア関係者からは抗議の声が上がっている。なかでも、〔出版を管轄する〕文化イスラーム指導相は、イラン紙発行責任者に対して下された判決に関して司法機関が見直しを行うことに、期待を表明した。       イラン国営放送報道センターが伝えたところによると、記者会見でカーヴェ・エシュテハールディー発行責任者に下された判決への意見を求められたセイエド・モハンマド・ホセイニー文化イスラーム指導相は、「イラン紙は文化イスラーム指導 全文をよむ

2011-01-03 大統領顧問14名が解任 (Jam-e Jam紙)

大統領の〔メディア担当〕顧問を務めていたメフディー・キャルホル氏は、土曜日〔=1月1日〕の大統領との会合について言及した上で、大統領顧問としての大統領府との協力関係が終わりを迎えたことを明らかにした。同氏は、「私を含む14名の大統領顧問に対し、感謝の意と、顧問として大統領府との協力関係が終了したことを告げる辞令が公布された」と述べた。       キャルホル氏はメフル通信とのインタビューのなかで、「私は3ヶ月前から、退任願いを大統領に提出していた。そして土曜日、大統領顧問として大統領府との協力関 全文をよむ

2011-01-02 政府系「イラン」紙発行責任者に禁錮6ヶ月、鞭打ち10回の判決 (Jam-e Jam紙)

テヘラン州刑事裁判所第76法廷は、〔大統領を熱烈に支持する政府系日刊紙の〕「イラン」紙の発行責任者カーヴェ・エシュテハールディーに対し、禁錮6ヶ月の裁量刑と10回の鞭打ち刑を言い渡した。       この判決は、イラン紙上に掲載された内容をめぐり、〔アフマディーネジャード大統領の政敵であるハーシェミー=ラフサンジャーニーの息子で、アーザード大学の公金を横領した疑惑が取り沙汰されている〕メフディー・ハーシェミーが同発行責任者を告訴したことに対して言い渡されたもの。       エシュテハールディー 全文をよむ

2011-01-02 大統領事務所関係者と最高指導者代理の間で応酬:マシャーイー問題をめぐり (Jam-e Jam紙)

エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイー大統領事務所長の政治担当補佐官を務めるモハンマド・ジャアファル・ベフダード氏は、バンダルアッバースでの演説のなかで、次のような発言を行った。      「国内に反マシャーイー的な流れを作ろうとしている者がいる。ヘズボッラーな〔※1〕若者たちにこの目論見を推進させようと、彼らは画策している。こうした人々は、アフマディーネジャード政権を反ヴェラーヤト〔※2〕的で反宗教的な、リベラルな政権であるかのように吹聴しようとしている。つまり、〔2009年大統領選挙後 全文をよむ

2010-12-14 高校生らをイラン・イラク戦争当時の戦地に派遣:《防衛準備》の授業の一環で (Mardomsalari紙)

「ラーヒヤーネ・ヌール」〔光の道を進む者、の意〕中央部隊司令官は、「バスィージと教育省の間で調整が行われた結果、〔高校の〕生徒たちは選択に応じて、《防衛準備》の授業の一環として〔イラン・イラク戦争の時の〕戦地に送られることになった」と述べた。       ILNAの報告によると、アリー・ファズリー司令官は昨日午前に行われた記者会見で、ラーヒヤーネ・ヌールが設営しているキャンプ、ならびに防衛準備の授業に関して、以下のように述べた。      「『被抑圧者の動員』(バスィージ)機構と教育省の間で交わ 全文をよむ

2010-12-14 モッタキー外相、突然の更迭 (Jam-e Jam紙)

【政治部:マルヤム・ジャムシーディー】昨日、マヌーチェフル・モッタキー外相がセネガル外相と会談し、さらにアフマディーネジャード大統領の親書を同国大統領に手渡すためダカールを訪問していたさなか、アフマディーネジャード大統領はモッタキー氏を外相から更迭し、セイエド・アリーアクバル・サーレヒー氏を外相代行に任命する人事を別個に発表した。       アフマディーネジャード大統領は、アリーアクバル・サーレヒー氏に対する辞令の中で、現在原子力庁長官を務める同氏の価値ある貢献と知見・経験に触れた上で、イラン 全文をよむ

2010-12-09 ゼイナブ協会書記長「アーシューラーはイマーム・ホセインから英知を学ぶ日」 (Mardomsalari紙)

ゼイナブ協会〔※原理派系の女性政治組織〕の書記長は、「《ホセインの運動を記念する日》〔※第三代イマーム・ホセインが殉教したムハッラム月10日(アーシューラー)のこと〕にわれわれが努力しなければならないことは、イマーム・ホセインの政治的行動・思想から英知と洞察力を学ぶことだ」と強調した。       マルヤム・ベフルーズィー氏はILNA〔イラン労働通信〕のインタビューで、ムハッラム月〔イスラーム太陰暦1月。今年は西暦12月8日がムハッラム月1日〕には政治的倫理に関心を払う必要があると指摘し、イスラ 全文をよむ

2010-12-09 司法権長官「司法権への人民の信頼を引き付ける努力が必要」「今後、武装強盗犯は死刑」 (Jam-e Jam紙)

司法権長官は社会における安全の確立こそ、全ての機関が関心を払うべき原則だと指摘した。       アーヤトッラー・サーデグ・アーモリー=ラーリージャーニー氏は昨日、行政健全化会議でこのように述べ、さらに「司法機関は特に、安全の確立という原則に注意を払うべき存在だ。なぜなら、残念ながら司法機関に対する信頼が少々薄らいでしまっているからである。その中にはプロパガンダもあるが、事実も含まれている」と指摘した。       ISNAの報道によると、司法権長官は、司法機関内に腐敗が広がっているというプロパ 全文をよむ

2010-11-30 サッファール=ハランディー氏「ソフトな戦争は、われわれの発明」 (Mardomsalari紙)

 前文化イスラーム指導相のサッファール=ハランディー氏は、「今から三年後の大統領選挙に向けて身支度をしている者がいるが、あまりに早く選挙活動を始動させると、結果として内戦を引き起こすことにもなりかねないということを、彼らも気づくべきだろう」と述べた。       ISNA(イラン学生通信)よると、モハンマド・ホセイン・サッファール=ハランディー氏はまた、バンダルアッバースで開かれた革命防衛隊のホルモズガーン州部隊である「イマーム・サッジャード」隊の政治指導者らの集会で、「ソフトな戦争」という考え 全文をよむ

2010-11-28 アーザード大学設立者委員会、次期総長候補にアーレフ氏を推薦 (Jam-e Jam紙)

「アーザード大学設立者委員会の最新の会議の中で、委員の多くがアブドッラー・ジャースビー総長の後継として、モハンマド・レザー・アーレフ氏擁立を支持した」。アーザード大学に近い関係筋は、ニュースサイト「マシュレグ」とのインタビューの中でこう述べた。       この人物は続けて、「次期総長候補について綿密な議論を行った結果、最終的に過半数の委員がアーレフ氏の次期総長就任を承認・支持した」と明かした。       この関係筋の話によると、設立者委員会のメンバーらは、モハンマド・レザー・アーレフ氏がバラ 全文をよむ

2010-11-28 タヴァッコリー議員、議員の国会での投票率の低さに苦言 (Jam-e Jam紙)

テヘラン選出の国会議員であるアフマド・タヴァッコリー氏は、国会内規で認められた発言のなかで、昨日の議会で行われた投票への議員らの投票率の低さを批判し、「〔出席〕議員のうち24%が投票に参加しないようでは、国会の威信にかかわる」と苦言を呈した。       ファールス通信によると、アフマド・タヴァッコリー氏は昨日午前の会議で、国会内規で認められた発言のなかで、議会の現行の運営方法について批判し、「最近国会で行われた18件の投票で、〔平均して〕約46名もの議員が投票に参加していない」と指摘した。   全文をよむ

2010-11-27 イスラーム革命最高指導者「バスィージ隊員であり続けるには、常に警戒を怠らないことが必要」 (Jam-e Jam紙)

ハーメネイー全軍最高総司令官、ガディールの祝日に開かれたバスィージ隊員11万人集会にて「バスィージは日に日に成熟の度を増している」と強調       イスラーム革命最高指導者アーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、「ヴェラーヤトとエマーマトの祝日」にして、アーザル月5日〔西暦11月26日〕のバスィージ設立記念日を目前に控えたガディール・フンムの祝日〔11月25日〕において、11万人のバスィージ隊員を前に、「ガディールでの偉大なる出来事が真実であることは、〔アリーが〕イマームにして公正なる指導者である 全文をよむ

2010-11-16 バスィージ週間に大軍事演習:ナグディー司令官がバスィージ週間のプログラムを説明 (Jam-e Jam紙)

「被抑圧者の動員」(バスィージ)機構長官は昨日、記者会見でアーザル月1日〔西暦2010年11月22日〕から始まるバスィージ週間のプログラムの詳細について説明した。       モハンマド・レザー・ナグディー司令官は、バスィージ週間のスローガンは「バスィージ(動員)、ヴェラーヤト(指導※)、全方位ジハード」であるとし、「〔‥‥〕『バスィージ、モスク、コーラン』がバスィージ週間初日のタイトルである。〔‥‥〕この日には、国内2万カ所のモスクで『バスィージと全方位ジハード』展が開かれ、バスィージ隊員や地 全文をよむ

2010-11-13 政府、ガズヴィーン州開発のために189の政令を決定 (Jam-e Jam紙)

78回目の地方州訪問で政府・内閣はガズヴィーン州を訪問し、同州の発展と開発のために189の政令を決定した。       モハンマド・レザー・ラヒーミー〔第一副大統領〕は記者団に対し、「政府・内閣はガズヴィーン州の文化部門に対し、1兆5千億リヤール〔約120億円〕の予算を充てることを決定した。この予算は向こう五年間にわたって、年間予算とは別に州の文化事業のために割り当てられる予定だ」と語った。 全文をよむ

2010-11-13 暴動を起こした者たちの取締りに真剣に取り組むべき:金曜臨時礼拝導師 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン臨時金曜礼拝導師は、暴動を起こしながらもいまだ逮捕されていない者たちの取締りに真剣に取り組むべきだとし、「これらの者がイランに入国した場合は、即刻逮捕すべきだ」と述べた。       アーヤトッラー・アフマド・ジャンナティーは金曜礼拝での説教で、さらに「〔司法当局は〕暴動を起こした者たちに一時帰宅を許しているが、そのうち一人二人は国外に逃れてしまう。〔当局は〕1億〔リヤール=約80万円〕の保釈金さえ受け取れば、もう大丈夫、明日には戻ってくるなどと〔甘いことを〕考えている」と付け加えた。 全文をよむ

2010-11-11 原理派、ラーリージャーニー氏に「原理派結束会議」を主催するよう要請 (Mardomsalari紙)

 一部の原理主義者たちが、アリー・ラーリージャーニー氏に第2回「原理派結束会議」の主催者となるよう求めている模様だ。       ニュースサイト「マシュレグ」の報道によると、ラーリージャーニー氏は、〔原理派の〕結束は「闘う宗教指導者協会」と「ゴム神学校講師協会」の両協会〔※〕を軸としたものであるべきだと考えているという。   〔※訳註:いずれも保守的な宗教指導者らの団体で、アフマディーネジャード大統領の言動に対して必ずしも好意的ではないが、ラーリージャーニー国会議長との関係は良好とされる〕   全文をよむ

2010-11-11 全軍総司令官「物質主義的な国々にイスラーム的な力のモデルたる我が国民を打ち負かすことなど不可能」 (Mardomsalari紙)

4回目となるイラン・イスラーム共和国軍士官大学校の合同卒業・宣誓式典が昨日、イスラーム革命最高指導者アーヤトッラー・ハーメネイー閣下出席のもと、シャヒード・サッターリー航空大学校で開催された。       ISNAによると、ハーメネイー全軍総司令官はこの式典の初めに、〔‥‥〕演習場に集まった各部隊の閲兵を行った。       イスラーム革命最高指導者はこの式典で、イスラーム体制における力のモデルとは、信仰への依拠、神への信頼、そして高邁な理想への衷心からの努力にあるとの考えを示し、「軍、なかでも 全文をよむ

2010-11-10 ジャヴァーンフェクル代表「大統領打倒の動きを見せているグループがいる」 (Jam-e Jam紙)

 イラン国営通信(IRNA)のアリー・アクバル・ジャヴァーンフェクル代表〔※同氏は大統領のプレス担当顧問を務めるアフマディーネジャード側近の一人〕は、イラン国営放送チャンネル3のテレビ番組で、「原理派のなかにアフマディーネジャード大統領打倒を目指す勢力がいる」と述べた。       ジャーメ・ジャム・オンラインが伝えたところによると、ジャヴァーンフェクル氏は原理派の一部が政府を批判していることについて、「建設の奉仕者党〔※ラフサンジャーニーが大統領だった時代に、同大統領を支持するために結集した勢 全文をよむ

2010-11-10 「緑の運動」派はどこにいったのか? (Jam-e Jam紙)

反革命派の活動家であるアクバル・ギャンジーはある記事で、「緑の運動」〔※2009年大統領選を不正選挙だとして批判しているグループ〕の実在性を主張する議論には根拠がないと指摘した。       ギャンジーは記事の中で、「《緑の運動》なる表現を口にする人たちは、《運動》という語を正確にいかなる意味で用いているのか、明らかにするべきだ」と主張している。       ファールス通信によれば、反革命派の活動家である彼はさらに、「我々は無限だ」なるスローガンを一笑に付した上で、《緑の運動》派は、自分たちは無 全文をよむ

2010-11-09 国会原理派会長選挙の裏側 (Jam-e Jam紙)

第8期国会の〔最大勢力である〕原理派の第3回理事会選挙は、アリー・ラーリージャーニー氏の再選という形で幕を下ろした。しかしこの選挙をめぐっては、ラーリージャーニー氏の得票数に関してさまざまな噂が飛び交うなど、興味深い「裏話」も存在する。〔…〕今回の選挙に関する噂話が示すのは、アリー・ラーリージャーニー氏をめぐって原理派内で根深い意見対立が存在することである。       議会内の原理派会長選挙が行われた直後、アリー・ラーリージャーニー氏が全47票中44票を獲得し、また〔ラーリージャーニー氏の対立 全文をよむ

2010-11-04 大統領、北ホラーサーン州を訪問「便乗値上げをする者たちの名前をテレビで公表する」 (Iran紙)

【政治部】大統領は第3期地方州訪問の一環として、昨日北ホラーサーン州を訪問した。       イラン紙特派員の報告によると、大統領は熱狂的なボジヌールド市民を前に演説を行い、補助金廃止法の施行について「国の進歩にとって大いなる一歩だ」と表した上で、「悪魔は怒り心頭だ。しかし我が国民は何の問題・障碍もなく、ともにこの計画を推進していくだろう」と明言した。       大統領はさらに、この計画の実施との関連で、誘惑に駆られて商品の値上げを行おうとする者が現れる可能性もあると指摘した上で、「第一に、こ 全文をよむ

2010-11-03 アフマディーネジャード「われわれは世界のあらゆる抑圧的関係の変革を目指す」 (Mardomsalari紙)

マフムード・アフマディーネジャード大統領は、雨降る秋のロレスターン地方で行われた「ホッラムアーバード=ポレザール」間フリーウェーの開通式典に出席し、「イランの国家建設と諸国民のための抵抗、そして真理と清らかさと唯一神信仰を通じて、世界のあらゆる抑圧的関係を変革していくことが、われわれには可能だ」と語った。      〔‥‥〕       大統領は続けて、次のように述べた。      「抑圧者たち・覇権主義者たちは百年以上もの間、きわめて複雑な宣伝手法を使って、「進歩と幸福と名誉は、抑圧者たちに従 全文をよむ

2010-11-02 検事総長「補助金廃止法の違反者には毅然と対応する」 (Jam-e Jam紙)

補助金廃止法の施行を目前に控え、司法権報道官は、同計画の施行に際して司法権は政府と広範囲に協力していくつもりであることを明らかにした。       ゴラームホセイン・モフセニー=エジェイー報道官は昨日、〔報道官就任後〕3度目となる記者会見で、補助金廃止法の施行について触れ、同法がきちんと執行されるよう、〔国を構成する〕すべての機関、特に人民は手に手を取り合って協力すべきであると強調した上で、「皆がこのために努力しなければならない。もし政府が特定の問題に関して我々に助力を求めたなら、われわれもこれ 全文をよむ

2010-11-01 エルハーム前司法相、「引退」を表明:政権内での「対立」の噂を否定 (Jam-e Jam紙)

ゴラームホセイン・エルハーム氏はメフル通信の取材で、第10期政権〔=第二次アフマディーネジャード政権〕での自らの存在感が薄まった理由について、「引退」したためだと述べた。       第9期政権〔=第一次アフマディーネジャード政権〕時に司法相と政府報道官の両方を務め、また護憲評議会のメンバーでもあったエルハーム氏は、さらに「結局のところ、体制公益判別評議会の決定に従って、私はいつの日か政府と護憲評議会のいずれか一方を選ばなければならなかった。そして護憲評議会に残ることを決意した。とはいえ、今では 全文をよむ

2010-11-01 国会議員2名、原理派の新たな政治集団を立ち上げへ (Jam-e Jam紙)

ニュースサイト「ジャハーン」は、議会少数派の活動家2名が現在、「批判的原理派」あるいは「価値を重んずる改革派」といった名称の政治集団の立ち上げを画策していると伝えた。       この新政治集団は、原理派の内部から政府に批判的な人々を取り込むことを目指しているとされる。       こうした中、一部の議会少数派議員がこの集団に加わる見通しだ。 全文をよむ

2010-10-31 アフマディーネジャード、原理派議員らと会合:詳細が明らかに (Jam-e Jam紙)

サドル氏「この会合は、原理派の有力者らの間の意思を統一するために開かれた」。       木曜日〔=10/28〕の夜にアフマディーネジャード大統領と一部の原理主義者たちの間で行われた会合は、実際のところ、同大統領と原理派の関係にとって転換点となるものであった。       過去数年間つねに、超党派的な行動を取っていることを強調してきたアフマディーネジャードは、木曜日の夜、原理主義者たちの一団をシャヒード・ベヘシュティー・ホールに招き、原理主義という党派・潮流が取るべき今後の方向性について議論・意 全文をよむ

2010-10-30 バスィージ長官「バスィージは必要とあらばどの場所にも馳せ参じる」 (Mardomsalari紙)

「被抑圧者の動員」(バスィージ)機構長官は、補助金廃止法の施行という機会を悪用する行為に対して警告を発し、この一大経済政策の実施に向けたバスィージによる対政府支援策について、詳細を説明した。       モハンマドレザー・ナグディー司令官はメフル通信と会見を行い、補助金廃止法の施行について、「我が国における補助金廃止法の正確な施行のために、全員が政府を支援し、この分野での新たな文化創造に加わる必要がある」と述べた。       同氏は、補助金の廃止はイラン経済の抜本的外科手術であることを、全人民 全文をよむ

2010-10-28 国会、「在外イラン人問題最高評議会」の調査決定を議決 (Jam-e Jam紙)

国会は「在外イラン人問題最高評議会」への調査要求を認める決定を下した。       ジャーム・ジャーメ紙の報道によると、国会は昨日、出席議員194名中、賛成141名、反対14名、棄権9名で、一部議員らによる今回の調査請求を認める議決を行った。       テヘラン選出のエリヤース・ナーデラーン議員をはじめとする議員らによって提出されたこの調査請求では、在外イラン人問題最高評議会の法的地位や外務省との業務の重複、〔巨額かつ不明朗な〕大会の開催経費、ならびに同会議の招聘によって不審人物の往来があった 全文をよむ

2010-10-28 最高指導者「地方州訪問で政府が決めたことはすべて正確に実施されなければならない」 (Mardomsalari紙)

イスラーム革命最高指導者は昨日朝、ゴム州の各部門の責任者と面会し、そのなかで〔‥‥〕「ゴム州の発展と開発が今のペースで続くならば、この州がこれまで蓄積してきた停滞も〔早期の〕解消が期待できるだろう」と語った。       同師は、ゴムへの貢献は国への貢献そのものであるとの認識を示した上で、以下のように強調した。「聖なるゴムの街は、イラン・イスラーム共和国の名誉そのものである。というのも、この街は革命と宗教指導者たちの基地であり、最大の神学校施設と学術的・宗教的に優れた人士を抱えているからである」 全文をよむ

2010-10-27 革命最高指導者、ゴムの若者・大学関係者らを前に演説「抑圧主義諸国はイランの現実をあべこべに映し出そうとしている」 (Jam-e Jam紙)

イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイーは昨朝、ゴムの若者や学生、大学関係者ら数千人との熱気あふれる面会のなかで、「一神教的世界観」と「個々の出来事」という2つのレベルにおける洞察力こそが、国の力を持続的に発展させるための長期的計画の根本的基礎となると指摘し、「洞察力」というきわめて重要な概念がもつニュアンスについて、詳細に説明した。       同師はその上で、「目覚め、情熱的で、見識をもったイランの若者たちは、イスラーム教国イランの栄誉のために幸多き努力を続けることで、偉大なる 全文をよむ

2010-10-26 アフマディーネジャード「“イラン的”なる語に過敏になっている人がいる」 (Mardomsalari紙)

大統領は、「一部に“イラン的”なる語に過敏になり、民族主義やナショナリスティックなことを意味するかのように思っている人がいるが、そういうことでは全くない。我々はただ、イスラーム的でイラン的な構想を追い求めているだけだ」と述べた。       マフムード・アフマディーネジャード大統領は、テヘラン大学アッラーメ・アミーニー・ホールで開催された、「ソフトな戦争全国シンポジウム」の開会式に出席し、〔…〕出席者らに対し「西洋諸国がこれまでどのようなことをし、現在何をおこなっているのか、しっかりと見て欲しい 全文をよむ

2010-10-26 革命最高指導者「神学校は自由な思想、新思想生産の場であるべきだ」 (Jam-e Jam紙)

アーヤトッラー・ハーメネイー・イスラーム革命最高指導者は日曜の夜、ゴムの神学校の教授・神学者やエリート神学生らと会見し、「学問」こそ神学校の本質であると語り、〔‥‥〕   ・神学校は、〔イスラーム法学上・神学上の〕疑問や懐疑を歓迎すべきであること、   ・自由な思想をもって、〔思想の〕硬直化を避けるべきであること、   ・学問の本質を信頼すること、   ・反対意見に対しては、論理的で理性的な方法で対応すること、   ・神学校には多様な学問分野が必要であること、   ・神学校は道徳・教育システムで 全文をよむ

2010-10-23 新生児への100万トマーン給付計画は違法:国会調査センターが判断 (Jam-e Jam紙)

イラン国会調査センターは『友愛未来資金計画』の検討を行い、同計画を違法と判断した。       調査センター広報部によると、同センターの予算計画調査局は次のように指摘した。「この計画によれば、1389年以降[=西暦2010年3月21日〜]に生まれた新生児に対し、初年度にまず1000万リヤール[※日本円で約7万8千円]、その後20年間にわたり毎年100万リヤールが、18歳まで引き出し不可の口座に振り込まれることになっている」。       同センターはその上で、以下のように続けている。   計算に 全文をよむ

2010-10-23 ハーメネイー最高指導者、ゴムのイスラーム神学校関係者に向けて演説 (Jam-e Jam紙)

イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイーは木曜日の朝、ウラマーや神学校教授、各学校の校長、及び神学生ら、大勢の熱烈なる宗教関係者らの集会に姿を現し、〔‥‥〕イスラーム神学校とイスラーム共和国体制の相互依存関係について存在するまやかしの数々について論じつつ、イスラーム共和国体制の弱体化と、イスラーム神学校ならびに宗教指導者の孤立化を狙うイスラームの敵の戦術について指摘した。      〔‥‥〕       アーヤトッラー・ハーメネイーはこの議論のなかで、「イスラーム宗教界の政治的・現 全文をよむ

2010-10-12 選挙後の混乱の容疑者64名に対する審理が終了:モフセニー=エジェイー「61人に禁錮19年半から6カ月」 (Jam-e Jam紙)

司法権のモフセニー=エジェイー報道官は、昨日のマスコミ各社の代表者らとの記者会見で、さまざまな質問に回答した。〔‥‥〕       記者を装い、〔姦通罪で投石刑による死刑判決を受けた〕サキーネ・モハマディー=アーシュティヤーニーの家族に何事かを吹き込もうと企てた外国人二名が逮捕された事件、そして選挙後の混乱をめぐって逮捕された容疑者61名に対して判決が言い渡されたことなどが、この記者会見で取り上げられた。       ゴラームホセイン・モフセニー=エジェイー報道官〔兼検事総長〕は、選挙後の混乱に 全文をよむ

2010-10-12 アーザード大学の今後の方向性、固まる:最高指導者、アーザード大学をめぐる法学委員会の見解を通達 (Jam-e Jam紙)

アーザード大学の資産のワクフ(寄進)化をめぐる最高指導者の見解が発表されたことを受け、文化革命最高評議会の委員の一人は、同大学の規約の内容の一部改正へ向けた緊急会議の設置を明らかにした。規約の改正についてはすでに、今年初め〔=2010年の春〕に政府によって決定されていた。       昨日、大統領府の公式サイトはアーヤトッラー・ハーメネーイー閣下の〔アーザード大学問題をめぐる〕回答を公表した。同師はそこで、〔アーザード大学の資産のワクフ化と同大学の規約改正をめぐって、アフマディーネジャードが首班 全文をよむ

2010-10-06 大学寮事件、第1回裁判の審理が終了:27名の被告について審理 (Jam-e Jam紙)

大学寮事件の被告27名に対する第1回目の裁判の審理が、昨日の朝行われた。       軍司法庁広報部の発表として中央報道局が伝えたところによると、大学寮事件の被告のうち23名と彼らの弁護士〔‥‥〕らが出席したこの裁判で、裁判長はまず〔‥‥〕「法律にもとづき、被告らの氏名の公表は、裁判所の判決が確定した後、可能になる」と発表した。       続けて、被告らに対する起訴状が読み上げられ、容疑の内容、及びその理由について、裁判長の方から被告らに向けて説明が行われた。      〔‥‥〕        全文をよむ

2010-10-05 アフマディーネジャード「私の望みは、全てのイラン人が小さくとも別荘を一軒もつようになることである」 (Mardomsalari紙)

アフマディーネジャード大統領は「友愛住宅」プロジェクトの一環として建てられた1002棟の住宅の開所式で、住宅価格を下げるための政府の計画について語った。また一方で、周辺地域をめぐるアメリカの政策を批判し、激しい口調の発言を繰り広げた。       イラン労働通信(ILNA)によると、マフムード・アフマディーネジャード大統領は次のように述べた。「住宅とは、人間にとって単に夜寝るためだけにあるのではない。むしろ、そこは生活の場なのである。人間の生活にとって重要な部分は、住居空間とその周辺環境にあるの 全文をよむ

2010-09-29 170名の国会議員、大統領に対して申し入れ (Jam-e Jam紙)

170名の国会議員が、マフムード・アフマディーネジャード大統領に対して公式の申し入れを行い、その中で国会の地位に関する同大統領の発言を批判した。       昨日、国会の演壇から読み上げられたこの申し入れの中で、大統領に対し、国会について挑発的かつ無意味な発言は控えるよう、要求が行われた。その理由として、「〔大統領の発言は〕宗教的人民主権や国の指導者たちの団結を弱めるものであり、それは政府をはじめとする三権が人民に奉仕し、彼らの基本的要求を追求し、また彼らの直面する諸問題の解決に取り組むことを阻 全文をよむ

2010-09-08 革命最高指導者「制裁を失敗に終わらせよう」 (Jam-e Jam紙)

革命最高指導者「われわれは“真の抵抗経済”を創り出す必要がある」   「政府には次の2つの根本的役割を果たす責任がある。1.資産の正確かつ合理的運用、2.ビジネス環境の改善」       革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は昨夕、製造業、鉱工業、農業、医療保健業など各界の起業家数百人と面会し、起業家精神とは一種の神への信仰に他ならず、価値創造行為なのだと指摘し、「偉大なるイランは今日、他の時代にもまして、労働と起業家精神を必要としている。それは鋭く舞い上がる鷲のように、進歩と発展、 全文をよむ

2010-09-06 革命最高指導者「国は科学ジハードを必要としている」 (Jam-e Jam紙)

大学は国家発展の原動力であり、もし国民が栄誉と独立、力と富を求めるのならば、大学を強化する必要がある。これこそ、イスラーム革命最高指導者が昨日の午後、大学や高等教育機関の教授ら数百人との面会のなかで行った演説の骨子に他ならない。      〔‥‥〕       学術界代表らによる演説が終わると、イスラーム革命最高指導者は、イランの栄誉と誇りにおいて大学が占める大いなる重要性について触れ、「国はあらゆる分野・領域で、科学ジハード(神の道における戦い)の遂行を必要としている。小生は注意深く厳密に、ま 全文をよむ

2010-09-04 マカーレム=シーラーズィー、「在外イラン人」に対する不要かつ法外な出費を批判 (Jam-e Jam紙)

アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーは、国の一部地域で貧困が拡大していることを批判し、「その一方で、一部の胡散臭い著名人や映画俳優たちのために、莫大な出費が行われている」と指摘した。   〔※訳註:8月上旬にテヘランで「在外イラン人会議」が行われ、莫大な費用をかけて各界で活躍する海外在住のイラン人らが招待されたことを指している〕      〔中略〕       マカーレム=シーラーズィー氏は以下のように述べた。「今日イランの一部地域、特に国境地帯は貧困に苦しんでいる。一部の村では、基本的な 全文をよむ

2010-08-28 MKO指導者ラジャヴィーの死をめぐり矛盾した情報、飛び交う (Jam-e Jam紙)

「偽善者のテロ組織」〔※反体制組織モジャーヘディーネ・ハルグ(MKO)を指す〕の指導者であるマスウード・ラジャヴィーの死に関して、最近矛盾した情報が出回っている。       メフル通信によると、1382年ファルヴァルディーン月〔※西暦2003年3月〕のアメリカによる対イラク攻撃以降現在まで、「偽善者集団の親玉」は公の場に全く姿を現しておらず、彼の最新画像すらも公表されていない。こうした中、一部の情報筋は、彼がアメリカで正体不明の組織によって襲撃され、殺害されたとの情報を伝えている。      全文をよむ

2010-07-14 アフマディーネジャード「革命防衛隊には嵐にも負けない力がある」 (Jam-e Jam紙)

大統領は「神のおかげで今日、イスラーム共和国体制は世界でもっとも堅固で安定した政治体制となっている。それは世界で唯一、人民によるきわめて広範な支持を受けた体制でもある」と述べた。       ファールス通信によると、マフムード・アフマディーネジャード氏は第19回「革命防衛隊司令官・高官全国会議」で、「今日のイラン国民の意識レベルは、世界の抑圧者たちの思想レベルを遥かに上回っている。イスラーム革命は敵の陰謀をすでにのりこえているのだ」と語った。       同氏はさらに続けて、「今日、抑圧主義諸国 全文をよむ

2010-07-13 アフマディーネジャード「毎年100万人の真のバスィージ隊員を社会に送りださねばならない」 (Jam-e Jam紙)

大統領は、生徒バスィージ〔※革命防衛隊傘下の志願兵組織のこと。「動員」の意〕の関係者たちが担っている仕事はきわめて重要だと指摘し、「〔小中高生の〕動員(バスィージ)と教育という使命以上に、重要な使命は存在しないと言ってもいいだろう」と明言した。       ISNAの報告によると、マフムード・アフマディーネジャード氏は2年に一度開かれる「各州生徒バスィージ協力支援本部委員大会」の第6回大会において、次のように述べた。「毎年およそ100万人の児童・生徒が新たに誕生し、また100万人の生徒が学校を卒 全文をよむ

2010-07-01 キャフリーザク拘置所事件の2容疑者にキサース刑の判決:他9名にも有罪判決 (Jam-e Jam紙)

軍司法庁は、キャフリーザク拘置所事件の容疑者、及び大学寮事件をめぐる最新の調査結果について声明を発表し、そのなかでキャフリーザク拘置所で殺人の罪を犯した者に対して、キサース刑〔同害報復刑。ここでは死刑〕の判決が下されたことを明らかにした。       メフル通信の報道によると、軍司法庁は声明の中で、キャフリーザク拘置所の被告12人の容疑について審理するために、複数回にわたって裁判が行われたことを指摘し、次のように述べている。   裁判所による審理終了後、これまで行われてきた調査や法医学の見解、そ 全文をよむ

2010-06-28 アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニー「ヴェラーヤテ・ファギーフのために己の命を捧げる用意がある」 (Iran紙)

 ゴムの偉大なるマルジャエ・タクリード(シーア派の最高の宗教的権威)の一人は、イスラーム革命とヴェラーヤト(宗教的指導者による社会の監督・後見)を守り支えることは、全ての人々の義務であるとの見方を示し、「我々は、最後の血の一滴まで、ヴェラーヤテ・ファギーフ(イスラーム法学者の統治)とイスラーム体制を堅持し、そのためになら己の命をもささげるつもりだ」と述べた。       BORNA通信の報道によれば、アーヤトッラー・ホセイン・ヌーリー=ハメダーニーは、テヘランのイマーム・マフディー神学校の男女の 全文をよむ

2010-06-27 ハーメネイー最高指導者「気をつけよ、敵は宗教を利用して侵入している」 (Jam-e Jam紙)

「一般民衆の方が、一部の特権階級・エリートよりも真実をよく心得ている」      〔‥‥〕イスラーム革命最高指導者はイマーム・アリー(彼に平安あれ)の生誕記念日であるラジャブ月13日に祝辞を述べ、この日は大いなる祭日であると指摘し、イマーム・アリーの人格の偉大さにふれた上で、「この偉大なる一日で最も重要なことは、このイマームの生き方、行動、発言から学ぶことである」と述べた。       アーヤトッラー・ハーメネイーは、〔‥‥〕イマーム・アリーのもっとも優れた特質とは、知性を必要とする人々に〔自ら 全文をよむ

2010-06-16 波紋を呼ぶアフマディーネジャード大統領の発言 (Mardomsalari紙)

【政治部】マフムード・アフマディーネジャード大統領のバッドヘジャービー(女性のヘジャーブの乱れ)に関する発言が、原理主義者たちの間で波紋を呼んでいる。ケイハーン紙は記事の中で、アフマディーネジャード発言を批判し、また行政公正院長も演説のなかで、この発言に厳しい反応を示している。またアフマド・ハータミー〔専門家会議議員〕も、アフマディーネジャード大統領に対しコメントをしている。       これに関し、行政公正院長は社会に悪習やバッドヘジャービー、〔性的〕放縦が蔓延している状況を批判し、次のように 全文をよむ

2010-06-15 大統領、「ヘジャーブの乱れ」への取り締まり方法を批判 (Jam-e Jam紙)

大統領は、家庭の基盤強化のために政府が行っているさまざまな施策について触れた上で、治安維持軍によって行われているバッドヘジャービー(ヘジャーブの乱れ)への取り締まりに対して、批判する発言を行った。       マフムード・アフマディーネジャード大統領は日曜日の夜、テレビ・ラジオ放送での生中継のインタビューの中で、バッドヘジャービーに対する最近の取り締まりについて触れ、次のように述べた。   とある男女が道を歩いていたときに、誰かがつかつかとやってきて、『あなた方はどういうご関係ですかな』などと尋 全文をよむ

2010-06-14 アフマディーネジャード「ホルダード月22日の伝説は革命のグローバル化のきっかけとなった」 (Mardomsalari紙)

マフムード・アフマディーネジャード大統領は、ホルダード月22日〔西暦6月12日〕の偉大かつ永久不滅の伝説〔=2009年大統領選挙でのアフマディーネジャードの勝利を指す〕が革命のグローバル化のきっかけとなり、世界的使命を実践するための新たな段階にイラン国民を引き入れた、との認識を示した。       ILNA(イラン労働通信)の報道によると、アフマディーネジャード大統領は第10期大統領選挙1周年を記念して、各大臣や各省の次官、ならびに各政府機関の長官らと面会し、〔‥‥〕昨年のホルダード月22日はき 全文をよむ

2010-06-13 「護憲評議会が承認したことは法律としての拘束力を有する」:護憲評議会、大統領に返答 (Mardomsalari紙)

【政治部】アフマディーネジャード大統領は先日、憲法第90条委員会との会合のなかで、立法権、会計検査院、ならびに公益判別評議会を批判し、さらにホルダード月17日〔西暦6月7日〕には、書簡にて護憲評議会が承認した一部法律についても、憲法違反であるとの見方を示した。これに対し、〔国会を通過した法律が憲法やイスラーム法に違反していないかどうかを〕監督する護憲評議会側も反応を示し、アフマディーネジャード大統領に返答を行った。       護憲評議会の報道官は、アーヤトッラー・ジャンナティー宛の大統領の書簡 全文をよむ

2010-06-09 ハーメネイー最高指導者「政府と国会の協力は政治的党派を超えたものでなければならない」 (Jam-e Jam紙)

イスラーム革命最高指導者のアーヤトッラー・ハーメネイー閣下は、国会の議長や運営理事、及び議員らと面会し、そのなかできわめて敏感で時々刻々と変化する国際関係の現状や国内情勢、特にイラン国民の一体感や聡明さ、さらにはイマーム〔・ホメイニー〕の理想や考え方に対して国民が抱いている愛着について、総合的な分析を行った。ハーメネイー最高指導者はその上で、イマーム逝去記念日に人々が過去に前例がないほど大々的に参加したことに、感謝の意を述べた上で、「国が加速度的に前進を続けるために国会に必要とされるのは、現実主 全文をよむ

2010-06-08 アフマディーネジャード大統領、国会・護憲評議会が決めた3法を憲法違反と批判 (Jam-e Jam紙)

法律の可決と施行、そして互いのプライドとステータスの防衛をめぐって、立法と行政の二権の長が、非難の応酬を始めた。これをきっかけとして、マフムード・アフマディーネジャード大統領は、アフマド・ジャンナティー護憲評議会書記に対し、国会で可決された一部法案にはイラン・イスラーム共和国憲法にそぐわないものがあると強調する書簡を送る事態となった。   〔※訳注:国会の可決した法律が憲法に反しているか否かを判断する権限は護憲評議会にあり、大統領にはない。また国会で可決されたすべての法律は護憲評議会のチェックを 全文をよむ

2010-06-07 50名の国会議員、国会原理派からのアリー・モタッハリー追放を要求 (Iran紙)

【政治部】テヘラン選出の国会議員であるアリー・モタッハリー氏の最近の発言及び立場に対し、他の国会議員、とりわけ原理派の議員らから厳しい批判の声が上がっている。   〔※モタッハリー議員の「最近の発言」とは、ホメイニー逝去記念日にホメイニー廟で行われたハサン・ホメイニー師(ホメイニー師の孫)の演説が一部のアフマディーネジャード支持者らによって妨害された事件について、アフマディーネジャード大統領自身によって仕組まれたものだと批判したことを指す〕       イラン紙の議会担当記者によると、モタッハリ 全文をよむ

2010-06-06 ハサン・ホメイニー師の演説がヤジで中断に:ホメイニー逝去記念日で (Mardomsalari紙)

イスラーム革命の創始者ホメイニー師の逝去記念式典で、ホッジャトルエスラーム・セイエド・ハサン・ホメイニーの演説が、〔演説会場の〕イマーム・ホメイニー廟内に来ていた一部集団の起こした混乱によって、中断を余儀なくされるというハプニングが起きた。       ILNA(イラン労働通信)の報道によると、アフマディーネジャード大統領の演説の後、革命創始者の孫ハサン・ホメイニー師が演説のために演壇に上った。するとそのとき、会場にいた一部の人々からシュプレヒコールが上がり、そのため演説は中断されて、同師は演説 全文をよむ

2010-06-06 有識者ら、ハサン・ホメイニー師を侮辱した者の可及的速やかな逮捕を要求 (Mardomsalari紙)

イマーム廟で行われたイマーム・ホメイニー追悼式典において、セイエド・ハサン・ホメイニー師のスピーチが妨害された事件に対し、政治の専門家や活動家らからは反発の声が上がっている。       モハンマド・レザー・ターベシュ氏は、今年のイマーム・ホメイニー追悼式典の主催者の構成が昨年までとは異なっていたことに言及し、追悼式典で発生したハプニング、特に亡きイマームの廟とその家族に対して加えられた侮辱に関して、主催者側の説明を求めた。      〔中略〕       同氏は、「イマーム追悼式典の主催事務局 全文をよむ

2010-06-06 テヘラン検事長、最高指導者の恩赦による服役囚釈放命令を発布 (Mardomsalari紙)

選挙後の混乱に関与したことを悔い改めた服役囚らへの恩赦に最高指導者が同意したことを受け、テヘラン検事長は収監中のこれら服役囚を釈放する命令を発布した。       ILNAによれば、アッバース・ジャアファリー=ドウラトアーバーディー検事長は水曜日〔=6月2日〕の夕方、エヴィーン刑務所長に書簡を送付し、最高指導者の恩赦の対象となった収監中の服役囚たちを釈放する命令を発布した。テヘラン検事長の命令により、最高指導者の恩赦の対象となった服役囚たちは、同日夜にも刑務所から釈放されることが決まった。   全文をよむ

2010-06-02 「2〜3年のうちに失業問題をなくす」:アフマディーネジャード、イーラーム市民の前で約束 (Mardomsalari紙)

大統領はシオニスト体制による「自由の船団」への攻撃を非難して、「この体制が500万人のパレスチナ人を世代をこえて難民にさせ、母なる祖国・大地を奪い苦しめて、すでに100年になる」と述べた。       ISNAの報告によると、マフムード・アフマディーネジャード大統領はイーラーム市民の前でシオニスト体制について言及し、次のように続けた。   この体制は、攻撃、テロ、人々への抑圧、そして侵略を自らの存在理由にして樹立された体制である。数万人のパレスチナ人老若男女を囚われの状態におき、悪魔の牢獄へと投 全文をよむ

2010-06-01 テヘラン検事長、選挙後の治安紊乱行為を悔いる者たちへの恩赦を表明 (Mardomsalari紙)

テヘラン検事長はイラン学生通信(ISNA)に対し、「選挙後の治安を脅かした罪を悔いている者たちのうち、恩赦を求めている者については、彼らの状況を調査した上で、イスラーム的な恩赦と憐憫が適用されるだろう」と述べた。       アッバース・ジャアファリー=ドウラトアーバーディー検事長はISNAの取材に対し、選挙後の治安を脅かした罪が確定している既決囚への恩赦に関する司法権の措置について、次のように明かした。   憲法によれば、既決囚への恩赦の提案は、司法権長官が本来的に有している義務である。88年 全文をよむ

2010-05-27 ラーリジャーニー氏、国会議長に再選:バーホナル氏は副議長選に出馬せず (Jam-e Jam紙)

ゴム選出の国会議員アリー・ラーリージャーニー氏は、立法府議長に3回目の再選を果たした。ライバル候補不在のなか、賛成214票、棄権44票で、再び国会議長の椅子に座った。       ジャーメ・ジャム紙の報道によると、国会運営委員会選挙が昨日行われ、第8期国会で副議長を務めてきたモハンマド・レザー・バーホナル氏は、「組織の論理」に従い、副議長選挙への立候補を表明しなかった。同氏のこの決定は、バーホナル氏が原理派総会での選挙で過半数票獲得に失敗したことを受けて取られたもので、同氏は同派の不文律にしたが 全文をよむ

2010-05-22 バスィージ長官「あらゆる領域にバスィージが参加できるよう道を開いておく必要がある」 (Mardomsalari紙)

「被抑圧者の動員機構」(バスィージ)長官は、「あらゆる領域にバスィージが参加できるよう、道を開いておかなくてはならない」と述べた。       ISNAの報道によるとモハンマド・レザー・ナグディー司令官は、マシュハドのナフル・ホテルで行われた第5回「技術者バスィージ」全国大会に出席し、次のように述べた。   今日、世界を支配する悪魔の国々はおろかにも、知と称して、次のような人間の定義を提示している。すなわち、人間とは生活を続け、そこから快楽を得るためならば、どんなことにでも手を出す、殺人さえ厭わ 全文をよむ

2010-05-20 ヌーリー=ハメダーニー「イスラーム法学者は戦争の文化的・政治的・経済的諸側面について研究すべき」 (Mardomsalari紙)

アーヤトッラー・ヌーリー=ハメダーニーは、「国内の各勢力は、政治的・文化的・経済的な国境への敵の侵略に対して、注意を怠ってはならない」と指摘した。       イラン学生通信(ISNA)によると、マルジャエ・タグリード(シーア派最高の宗教的権威)である同氏は、ファールス州訪問の4日目にあたる昨日、同州に駐留する軍関係者らを前に、「〔イスラームにおいて〕ジハード(聖戦)とジハード戦士の地位は極めて高い。ムスリムの名誉と偉大さは、〔彼らの信仰のなかに〕ジハードがプログラムされているかどうかにかかって 全文をよむ

2010-05-18 アフマド・ハータミー「宗教中心の人間は、外国の衛星放送が伝える噂話を吹聴したりはしない」 (Mardomsalari紙)

最高指導者専門家会議の運営委員であるセイエド・アフマド・ハータミー氏は〔‥‥〕、ワクフ慈善庁が聖者廟サーレフで開いた「ヤーセ・ナバヴィー」と題された服喪の行事に出席し〔‥‥〕、宗教を生活の中心に据える人間と、宗教を叫ぶだけの人間の違いについて述べている聖コーランの一節に言及して、次のように語った。「なかには、宗教について言葉の上では語るものの、実生活の中に宗教的要素がまったくみられないような人物もいる。宗教的領域に立ち入ろうとせず、その縁の部分に留まっているのみ、という人物もなかにはいる」。   全文をよむ

2010-05-16 テロリスト5名の処刑について、テヘラン検事長が説明 (Jam-e Jam紙)

 テヘラン一般・革命検察のアッバース・ジャアファリー=ドウラトアーバーディー検事長は、先日処刑された5名のテロリストの逮捕の日時、理由、その他詳細について説明を行い、選挙で敗れた一部候補者〔=ムーサヴィーとキャッルービー〕に対して、これらの者たちを擁護することは新たな犯罪であり、〔選挙後の〕内乱の首謀者たちを裁く日が来れば、これら全て〔の犯罪容疑〕が審理の対象となるだろう、と警告した。       ファールスの報道によると、ドウラトアーバーディー氏は先日処刑された5名の反革命テロリストの逮捕の詳 全文をよむ

2010-05-16 バーダームチヤーン氏「ムーサヴィーはバニーサドル以下だ」 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメ・ジャム・オンライン版】      国会内務委員会の第一副委員長であるバーダームチヤーン氏は、「ミール・ホセイン・ムーサヴィーはテロリストや偽善者たちを支持するなど、バニーサドル以下の存在に成り下がってしまった。彼の所業は、バニーサドルのそれを超えるものである」と語った。       国会の原理派議員であるアサドッラー・バーダームチヤーン氏は、ジャーメ・ジャム・オンライン記者とのやりとりの中で、〔テロ〕組織PJAKや、シーラーズのモスク「セイエドッ・ショハダー」に爆弾をしかけたテロリス 全文をよむ

2010-05-16 テロリスト5名の処刑について、テヘラン検事長が説明(2) (Jam-e Jam紙)

 テヘラン検事長は、処刑された犯人の家族が西洋のマスコミに対して、被告らが6分間の即決裁判で裁かれたとの疑惑を訴えていることについて、次のように述べた。「処刑された犯人たちはイラン暦1385年5月28日(2006年8月19日)に逮捕され、イラン暦1386年4月1日(2007年6月22日)、つまり逮捕されてから1年後に起訴状が発行された。そしてイラン暦1386年11月10日(2008年1月30日)に起訴状が裁判所へと送られ、彼らの裁判が行われた。判決はイラン暦1386年12月6日(2008年2月2 全文をよむ

2010-05-13 借入金の返済を遅延させている者たちの中に大物二世がいる:情報相が指摘 (Jam-e Jam紙)

情報相は、司法権と協力して金融機関からの莫大な借金を抱えている負債者たちのリストを作成したことに触れ、このリストには一部有力者の「御曹司」の名前が含まれていることを明らかにし、「これらの者たちはその他一般の負債者と同様、法的手続きを経た上で、司法機関に委ねられるだろう」と述べた。   〔※「御曹司」という語には、親のコネを使って不当に利権を貪る者、という意味が含まれる。具体的にはハーシェミー=ラフサンジャーニーの息子メフディー・ハーシェミーの名前が、しばしば(特に2009年の大統領選以降)取り沙 全文をよむ

2010-05-13 アフマディーネジャード「縁故主義に陥るような者は我が政府の一員にはいない」 (Jam-e Jam紙)

アフマディーネジャード大統領は、コフギールーイェ・ブーイェルアフマド州への3度目となる地方視察で、集まったヤースージ市民を前に、次のように強調した。「縁故主義は不正義の一つの現れである。誰であれ、またイランのどこであれ、縁故主義という罪を犯す者を認めるわけにはいかない。そのような者は、アフマディーネジャード政権には必要ない」。       メフル通信の報告によると、マフムード・アフマディーネジャード大統領は、正義が実行されることへの敵意が一部に存在することに触れ、「政府は正義の実行を決意している 全文をよむ

2010-05-11 アフマディーネジャード「イランの力なくして、世界に変革をもたらすことはできない」 (Mardomsalari紙)

アフマディーネジャード大統領は、「われわれは全世界を知り尽くす必要がある。そのための手段が科学なのである」と強調して、以下のように述べた。「今日、世界におけるイランの立場を高めることが、われわれには必要とされている。われわれは、内ではイランを建設し、また世界〔秩序〕の運営では、それに建設的に参加しなければならない」。      〔中略〕       大統領は、「われわれは全世界を知り尽くす必要がある。そのための手段が科学なのである」とし、「世界を知り尽くすための唯一の道は、他の者たちが進んだ道に 全文をよむ

2010-05-04 革命防衛隊政治担当副総司令官「緑の運動はそれと気付かれぬよう地方評議会選挙に参戦しようとしている」 (Mardomsalari紙)

革命防衛隊政治担当副総司令官は、「『内乱派』〔※2009年大統領選挙での「不正」に抗議している人々のこと〕は適当な時期に、自らの内部力を再生させようと狙っている。この党派の指導者たちは時折、会合を開いたり、面会をしたり、声明を出したりしているが、これらはどれも、彼らがイラン政界への復帰を目論んでいることを示すものだ」との見方を示した。       ILNAの報道によれば、革命防衛隊第二准将のヤドッラー・ジャヴァーニー司令官は、〔‥‥〕88年(=西暦2009/10年)の革命防衛隊政治局の活動と、「 全文をよむ

2010-05-04 革命防衛隊政治担当副総司令官「緑の運動はそれと気付かれぬよう地方評議会選挙に参戦しようとしている」(2) (Mardomsalari紙)

 ジャヴァーニー司令官は、内乱派が3つ目の道を選択する可能性が最も高いと考えられると指摘し、イラン政界への復帰に向けた彼らの戦略について、「同派に関する諸々の証拠、彼らが開いている会合や面会、彼らの声明などをよく見ると、イラン政界への復帰に向けて内乱派が弄している方策や策略を見て取ることができる」と明言した。       同司令官はその上で、次のように続ける。「同派は第一の戦略として、新たな言説作りを模索している。彼らは昨年、手痛い敗北を被ったため、今年を『緑の運動にとっての抵抗と不抜の年』など 全文をよむ

2010-05-01 マカーレム=シーラーズィー「革命防衛隊と他の軍との違いは精神性への関心の有無にある」(下) (Mardomsalari紙)

 マカーレム=シーラーズィー氏は、このような違いを維持することが必要だと強調し、「革命防衛隊と世界のその他の軍の違いは、以下の通りである。世界各国の軍は、高い給料と手厚い手当、さまざまな便宜によって自らの軍隊を維持しているが、しかし革命防衛隊が戦場に向かうときのモチベーションは、イスラームとイスラーム体制の強化なのである」と語った。       同氏は続けて、「こうした精神的モチベーションは、他のモチベーションと比較することなどできない。世界各国の軍隊は敵をみれば背を向けて逃げてしまうが、我々の 全文をよむ

2010-05-01 マカーレム=シーラーズィー「革命防衛隊と他の軍との違いは精神性への関心の有無にある」(上) (Mardomsalari紙)

マルジャエ・タグリード〔※宗教的義務について信徒が従うべき宗教的権威〕であるマカーレム=シーラーズィー氏はゴムで、「数えきれないほど多くの勝利を収めたために、革命防衛隊は多くの敵を作った。敵に口実を与えるような行動は避けねばならない」と語った。       イラン労働通信(ILNA)の報道によると、アーヤトッラー・ナーセル・マカーレム=シーラーズィーは、〔ゴム州の〕革命防衛隊アリー・イブン・アビーターレブ隊の司令官・幹部らとの面会のなかで、以下のように述べた。「イスラーム革命後に革命防衛隊が果た 全文をよむ

2010-02-04 「カーヴェシュギャル3」、生き物を乗せ宇宙空間に発射:イラン初 (Jam-e Jam紙)

【政治部】イラン・イスラーム共和国が衛星「オミード」によって初めて、宇宙空間における自らの存在を示してから早1年、我が国の研究者らは今年の《ファジル10日間》に、ミサイル「カーヴェシュギャル(探求者)3」によって初めて、生き物を宇宙空間に送り込むことに成功した。       この報は昨日、大統領ならびに閣僚ら出席の下、「宇宙技術の日」を記念して首脳会議ホールにて開かれた式典で発表されたものである。       ネズミ、ミミズ、カメ、及び細胞のサンプルが、イランの宇宙技術の研究者らによって宇宙空間 全文をよむ

2010-02-01 アフマディーネジャード「歴史上最も罪深い人間が『平和の人』などと紹介されている」 (Mardomsalari紙)

アフマディーネジャード大統領は、「青年アドバイザー」らをより重要な任務に向けて組織化し、訓練することが必要だと強調した上で、「第10期政権〔2009-2013年〕の終了時までに、革命的で有能な人材を育て、体制の高き理想に奉仕させることができれば、と考えている」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、マフムード・アフマディーネジャード大統領は「国の行政機関で働く青年アドバイザー全国大会」に出席し、その中で彼らの活動に謝意を表した上で、「今日、青年アドバイザーたちは建設的な活動を多くこ 全文をよむ

2010-01-31 革命防衛隊テヘラン司令官「革命記念日に抗議活動をする者は外国の手先」 (Mardomsalari紙)

革命防衛隊テヘラン「神の使徒ムハンマド」部隊のホセイン・ハメダーニー司令官は、「バフマン月22日〔=2月11日の革命記念日〕に抗議活動をする者がいれば、そのような者はイラン人民の一員ではなく、敢えて言えば、外国のエージェントである」と述べた。       イラン学生通信の報道によると、ハメダーニー准将は昨朝、「ファジル10日間」に向けた革命防衛隊の計画について説明するために開いた記者会見の席上で、「われわれは人民の代表である」と述べた上で、「我が人民はデイ月9日〔2009年12月30日〕、〔暴徒 全文をよむ

2010-01-30 「アーシューラー事件の被告らの裁判は公開で行う」:テヘラン検事長が表明 (Mardomsalari紙)

テヘラン検事長は、暴動を起こした罪に問われていた被告ら2名に下されていた死刑判決が執行されたことに触れ、「アーシューラーの日に暴動を起こした罪に問われている被告5名については、現在判決の通知ならびにそれに対する再審請求の段階にある」と述べた。       アッバース・ジャアファリー=ドウラトアーバーディー検事長はISNAとのインタビューの中で、「木曜日に、反革命的王政主義グループに属するモハンマドレザー・アリー・ザマーニーならびにアーラシュ・ラフマーニープールの2名に対する死刑判決が執行された。 全文をよむ

2010-01-27 ラフサンジャーニー、ヤズディー批判に応酬:「陰謀のニオイがする」 (Mardomsalari紙)

ゴム諸大学の政治学教授らは昨朝、ラフサンジャーニー公益判別評議会議長と面会した。       イラン学生通信の報道によると、アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーはこの面会の中で、出席者らの質疑応答に答え、「イスラームは社会のすべての側面を運営するのに、もっとも完璧なイデオロギー(マクタブ=学派)であり、預言者一族のイデオロギー〔=シーア派〕はイスラームとクルアーンを知るのに、最も堅固なソース(源)である」と強調した。       同師はその上で、「イラン・イスラーム革命は、この道〔= 全文をよむ

2010-01-26 モハンマド・ヤズディー、ラフサンジャーニー専門家会議議長を強く非難 (Mardomsalari紙)

ゴム神学校講師協会のモハンマド・ヤズディー会長は昨日、イラン国営放送の幹部らと面会し、その中で「穏健発展党」の党員らの前で行われた最近のハーシェミー=ラフサンジャーニー専門家会議議長の発言に触れ、「ハーシェミーのあのような発言は、最高指導者に対する敬意ではなく、むしろアーヤトッラー・ハーメネイーに対する一種の大胆不敵なる侮辱であるように、私には思える」と語った。       ファールス通信の報道によると、同師はさらに、「ご存じのように、最高指導者のお言葉は極めて開明的で重要な内容を含んだものであ 全文をよむ

2010-01-25 ダーヴード・アフマディーネジャード、マシャーイーを強く非難 (Mardomsalari紙)

【政治部】アフマディーネジャード氏が行政のトップに就任して約5年、同氏の側近中の側近として知られるマシャーイー氏の存在が、多くの批判を政権に呼び込んできた。そして今回、大統領府査察事務所長を一時務めたこともあるアフマディーネジャード大統領の兄弟がマシャーイー批判の戦列に参加、辛辣な批判をマシャーイー氏に浴びせた。       ダーヴード・アフマディーネジャード氏の発言からは、マシャーイー氏に対する批判を政治的なもの、党派抗争的なものと見ることは、もはや不可能だろう。同氏はその発言の中で、マシャー 全文をよむ

2010-01-18 モハンマディー司令官:「上層部の中には、敵のパズルのピースになっている者がいる」 (Mardomsalari紙)

革命防衛隊参謀本部調整担当補佐官は、「上層部の中には見識不足が原因で、敵のパズルのピースになってしまった者がいる」と述べた。       イラン学生通信(ISNA)がインターネット・サイト“セパーフ・ニュース”からの引用として伝えたところによると、モハンマディー司令官は「革命防衛隊海軍第一区の勇士たちとの集い」の中で、第10期大統領選挙後の混乱について分析した上で、次のように述べた。「人間はときに、事実の曲解や無理解、思想的逸脱によって、背信と犯罪の首領どもの戦線に与してしまうことがある。その 全文をよむ

2010-01-13 ジャヴァーンフェクル氏、マシャーイー氏の発言を擁護 (Mardomsalari紙)

大統領プレス担当顧問のアリーアクバル・ジャヴァーンフェクル氏は、テヘラン説教師協会の特別ゲストとして招かれ、ソフトな戦争とその原因・結果について説明する中で、エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイー氏を擁護する発言を行った。       インターネットサイト《ファルダー》の報道によると、この政府関係者は、最近のラヒーム=マシャーイー氏の発言に関して、テヘラン説教師協会から質問攻めにあい、マシャーイー氏を擁護するかのような立場をとった。       テヘラン説教師協会会員らは、ジャヴァーンフェ 全文をよむ

2010-01-12 革命防衛隊最高指導者代理:「最高指導者の指導への抵抗は裏切り行為」 (Mardomsalari紙)

革命防衛隊最高指導者代理は、「ヴェラーヤト〔イスラーム法学者による監督・後見〕こそ、イスラーム革命体制存続の秘訣である。しかし、最近の事件を見ていると、上層部の一部に〔ハーメネイー最高指導者の〕ヴェラーヤトならびに指導を認めようとしない者がいるようだ」と述べた。       メフル通信の報道によると、ホッジャトルエスラーム・アリー・サイーディーは、次のように語った。「〔世界の〕諸国民の歴史を振り返ると、辛い出来事や楽しい出来事、様々な出来事が想起される。そこで目にすることができるのは、神の指導と 全文をよむ

2010-01-10 「武力による体制破壊」罪に問われた5人の被告は「偽善者」の一味:テヘラン一般革命検事長 (Mardomsalari紙)

テヘラン一般革命検事長は、「『武力による体制破壊』(モハーレベ)の罪で革命裁判所に起訴された被告5名は、『偽善者のテロ組織』〔=MKO(イスラーム人民聖戦士機構)のこと〕の一味である。また、最近逮捕されたバハーイー教徒どもは、アーシューラーの日に暴動を組織した容疑で拘束されたものだ」と語った。       イラン学生通信の報道によると、アッバース・ジャアファリー=ドウラトアーバーディー検事長は、アーシューラー事件で逮捕された逮捕者のうちの5名が、「武力による体制破壊」の罪でテヘラン・イスラーム革 全文をよむ

2010-01-02 ジャンナティー、騒擾への毅然とした対応を司法に要求 (Mardomsalari紙)

テヘラン臨時金曜礼拝導師のアフマド・ジャンナティー師は、アーシューラーの日に発生した混乱に言及し、「もし彼らが、厚顔無恥にも〔アーシューラーの日の暴動に抗議するデモに〕参加した百万人規模の群集に対して傍若無人な振る舞いをするようであれば、そのときは彼らに対して猶予が与えられるようなことがあってはならない。彼らは〔すぐにでも〕罰せられるべきであり、司法機関は迅速に行動を起こす必要がある。革命裁判所の判事はこうした事件に対して、容赦することなく毅然とした対応を取るべきである」と語った。        全文をよむ

2009-12-31 数百万人のイラン人民、逆徒に最後通告 (Jam-e Jam紙)

【政治部】イランのイスラーム的人民は昨日、テヘランで発生した神聖なるアーシューラーに対する冒涜行為に抗議するデモ行進を再び全国各地で行い、こうした行為への嫌悪の念をあらわにした。       ジャーメ・ジャム紙の報告によると、昨日、人民各層の参加のもと、全国各地で行われたデモ行進で、デモ参加者らは騒乱にかかわった人々を許す一方、冒涜行為の原因を作った者たちを処罰するよう、声を上げた。       〔ホセインへの〕哀悼の意を〔改めて〕示したテヘラン人民は、全国各地の人々とともに、あらかじめ決められ 全文をよむ

2009-12-30 イラン全土で神聖なるアーシューラーを汚した暴徒を非難するデモ (Iran紙)

【政治部】ホセインの死を悼むアーシューラーの日に神聖を汚す行為が行われたことに対して、イラン国民は昨日、全国17の州で大規模なデモを行った。このデモは本日も、テヘランをはじめ全国各地で行われる予定だ。       イラン紙記者の報告によると、ホラーサーン・ラザヴィー州、エスファハーン州、ファールス州、東アゼルバイジャン州、北ホラーサーン州、ハメダーン州、フーゼスターン州、ケルマーンシャー州、イーラーム州、チャハールマハール・バフティヤーリー州、スィースターン・バルーチェスターン州、マルキャズィー 全文をよむ

2009-12-29 アーシューラーのデモで死者5名:テヘラン治安維持軍が認める (Mardomsalari紙)

昨日本紙は、アーシューラーのデモで死者は出なかったと報じたが、それは治安維持軍司令官たちの発言、ならびにイラン学生通信の報道を引用したものであった。このことに関し、治安維持軍からは遅きに失した公式声明が発表された。アーシューラーの日に何が起きたのか、続報として首都警察の声明をここに紹介する。   神の御名において   アバー・アブドッラー・ホセインに平安あれ      今年のホセインのアーシューラー記念行事は、我がイスラームの祖国全土で、これまで以上に盛大な形で執り行われた。治安維持軍にいる偉大 全文をよむ

2009-12-21 大アーヤトッラー・モンタゼリー、死去 (Mardomsalari紙)

■ アーヤトッラー・ムーサヴィー=アルダビーリー「師を失ったことは、宗教界にとって大いなる損失」   ■ ハータミー「偉大なる師は革命の指導者にして礎だった」   ■ ハーシェミー=ラフサンジャーニー「師の貴重な作品の数々が、師の不在を埋めてくれるだろう」      シーア派信徒にとって偉大なるマルジャエ・タグリード(倣うべき権威)であったアーヤトッラー・ホセイン・アリー・モンタゼリーが、この世に別れを告げた。〔息子の〕ホッジャトルエスラーム・アフマド・モンタゼリーはイラン労働通信とのインタビュ 全文をよむ

2009-12-17 司法権長官、内乱の首謀者たちに警告「証拠はあがっている」 (Jam-e Jam紙)

【政治部】昨日、イラン国営放送国際会議センターで全国検事大会が開かれた。この大会で発言した面々の議論は当然のように、大統領選後に起きた騒乱と政治的不良行為の数々(特に、世論の大きな反発を引き起こした内乱分子による故イマーム〔・ホメイニー〕に対する公然たる侮辱行為)を中心に展開した。       昨日行われた全国検事大会の朝の部では、司法権長官、検事総長、国家安全保障最高評議会書記、及び情報相が演壇に立ち、内乱分子・暴徒への取り締まりの必要性を異口同音に指摘した。       アーヤトッラー・サー 全文をよむ

2009-12-15 ヤズディー・ゴム講師協会会長、ラフサンジャーニーを強く批判「最高指導者の努力を台無しにした」 (Iran紙)

【政治部】ゴム神学校講師協会会長は、「革命と体制を愛する者は誰であれ、革命と『ヴェラーヤテ・ファギーフ』〔法学者の監督:イラン・イスラーム共和国の基本的な統治理念〕を自らの範としなければならない」と述べた。       アーヤトッラー・ヤズディーはワクフ局が派遣している教宣員らとの面談の中で、「最高指導者が権力欲を満たそうとしたり、世俗的な栄達を求めたりしたことは、一度もない」と強調した上で、「あのお方には、情欲的なものは微塵もない。イスラームを守るためなら、命をも投げ出す覚悟ができているお方だ 全文をよむ

2009-12-15 革命防衛隊最高指導者代理「ホメイニー出版会は偽善者たちの集会所と化している」 (Mardomsalari紙)

革命防衛隊最高指導者代理のゾンヌール師(ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン)は、「イマーム作品編纂出版会」〔以下「ホメイニー出版会」〕を強く非難し、同出版会は「偽善者たち」〔=反体制的なリベラル派〕の集会所と化していると指摘した。       イラン労働通信の報道によると、大統領府の職員らがイマーム・ホメイニーへの侮辱行為に反発してテヘランのパレスチナ広場で開いた集会で演説したゾンヌール師は、その中で「亡きイマームに対して不遜にも侮辱行為を働くことは、あらゆる価値・神聖を冒すことにも等し 全文をよむ

2009-12-14 イマーム・ホメイニーを侮辱したムーサヴィー支持者ら、テヘラン大学でデモ集会 (Iran紙)

ミール・ホセイン・ムーサヴィーの支持者らは昨日正午、テヘラン大学工学部前で集会を開き、〔革命防衛隊やバスィージなど〕国の合法的革命機関を非難するシュプレヒコールをあげた。彼らはさらに、「緑の運動」の支持者らがイマーム・ホメイニーの写真に対して侮辱を加えたことについて、イラン国営放送が明らかにした行為を非難するシュプレヒコールもあげた。彼らはその後、中央情報局の記者を見つけるや、彼に襲いかかり、罵詈雑言・暴行を加えようとした。しかし、大学の警備担当者らがムーサヴィー支持者らの前に立ちはだかり、彼ら 全文をよむ

2009-12-12 イマーム・ホメイニーへの侮辱行為をめぐりテヘランでデモ (Jam-e Jam紙)

以下は、12月7日の「学生の日」のデモで、ムーサヴィー派の学生らがホメイニーの写真を引きちぎるなどの侮辱行為を働いたとされる問題についての記事である。なお、この事件の様子をイラン国営放送が映像付きで放映したことに対し、一部から捏造疑惑や、このような問題の多い映像を国営放送は流すべきではないとした批判の声も出されている。      【政治部】「内乱」(フィトナ)の兆候の一つに、「真と偽の境界の接近」という現象がある。そこでは、人々は「真」と「偽」を判別することができずに、進むべき道がどれで、迷いの 全文をよむ

2009-12-12 サッファール=ハランディー前文化イスラーム指導相、ハムシャフリー紙を攻撃 (Mardomsalari紙)

第9期政権で文化イスラーム指導相を務めたサッファール=ハランディー氏は、最新の発言の中で、新たな角度から再び改革派への攻撃を行った。しかし今回サッファール=ハランディー氏の非難の矛先は、〔改革派系の新聞だけでなく〕原理派系のハムシャフリー紙に対しても向けられた。第一回イスラーム教育協会総会で演説したサッファール=ハランディー氏は、アフマディーネジャード大統領の原理派内のライバル、ガーリーバーフ・テヘラン市長系のハムシャフリー紙こそ、「ソフトな戦争」の先鋒に他ならないと指摘したのだ。        全文をよむ

2009-12-09 エジェイー検事総長、暴徒たちに警告 (Jam-e Jam紙)

【政治部】アーザル月16日〔12月7日〕にテヘラン大学及びアミーレ・キャビール大学の周辺で発生した散発的な衝突は、昨日テヘラン大学工学部前でより激しい形で続いた。暴徒たちは工学部前に集まり、大学生らとの衝突に発展した。       昨日テヘラン大学で発生した衝突について報じた複数の報道によると、「緑の運動」のメンバーや選挙結果への抗議を続けている者たちは昨日正午、テヘラン大学工学部前で集会を開き、反体制スローガンを叫び始めた。すると、多数のバスィージや学生たちは同所に集まり、騒乱の拡大を防ぐ行動 全文をよむ

2009-12-08 厳戒態勢の中、「学生の日」の式典が開かれる (Hayat-e Now紙)

【報道部】今年のアーザル月16日〔12月7日〕の「学生の日」の式典は、多くの混乱とともに執り行われた。       国内外のメディアはこの日の式典の様子を、様々に異なった角度から報じた。しかしこれらの報道から浮かび上がってくるのは、大統領や〔大学を所管する〕科学技術省の関係者らが見守る中、一箇所に集まって執り行われてきた昨年までの様子とは異なり、アフマディーネジャード大統領や科学技術相が姿を現さぬまま、各地で厳戒態勢の敷かれた状態の中で今年の式典が行われたことだった。首都テヘランの一部の地域では 全文をよむ

2009-11-25 司法権、ハムシャフリー紙発行停止処分を解除 (Mardomsalari紙)

ハムシャフリー紙に発行停止処分が科せられた出来事は、紆余曲折を経た末、昨日午後、処分の解除によって一時的に終結した。       ハムシャフリー紙の発行責任者は昨日午後、「本紙に対する発行停止処分は撤回された。ハムシャフリー紙は明日(11月25日水曜日)から発行を再開する」と語った。       アリー・アスガル・マハッキー氏は複数の通信社との会見の中でこう発表し、「司法権長官をはじめとする司法関係者の誠意あるご尽力・ご厚意に感謝する」と述べた。同氏はまた、問題の解決に真摯に取り組んでくれたプレ 全文をよむ

2009-11-24 「ハバル」紙、発行を休止:「ハムシャフリー」紙、発行停止処分に (Mardomsalari紙)

プレス監視委員会の会合が開かれた昨日、イラン出版界に動揺が走った。昨日の「ハバル」紙の社説・風刺コラムに、同紙が同日を最後に発行を休止することが宣言されたからだ。       「原理派」の新聞として知られるハバル紙のアリー・レザー・モエッズィー発行責任者—同氏はラーリージャーニー国会議長の派閥に近い人物であると多くの人間が認めている—は、「次の機会まで」と題された同紙の昨日の社説の中で、次のように記している。「今号が一時的なお別れの号です。近い将来、読者のみなさまに再びお会いできることを願ってい 全文をよむ

2009-11-16 空席となっていた3閣僚ポスト、国会の信任によってついに埋まる (Jam-e Jam紙)

【政治部】教育相、福祉相、及び電力相の3ポストに指名された閣僚候補者らが、昨日国会の信任を受け、正式に第10期政権の仲間入りを果たした。       国会は昨日、3名の閣僚候補の資格を審査するために、数時間にわたり公開審議を行った上で、信任投票を行った。その結果、空席となっていた3ポストを可及的速やかに埋めることを目指していた国会は、3閣僚候補全員を信任した。       第5期から第8期まで国会議員(ハメダーン選出)を務めてきたハミード・レザー・ハージー=バーバーイー氏は賛成217票、前内相の 全文をよむ

2009-11-05 米大使館占拠記念日:政府系と非政府系で異なる報道 (Hayat-e Now紙)

【内政部】アーバーン月13日〔11月4日=1979年に米大占拠事件の起きた日〕の「学生の日」の記念式典が昨日、例年とは異なる形で行われた。〔30年前の〕この日の思い出を顕彰するために集まった若者や小中校生、大学生をはじめとする国民各層は例年通り、独立と自由を希求する革命の基本理念を掲げ、正義を求め抑圧を非難するスローガンを叫んだ。イラン各地で開かれたこの式典では、しかし従来では見られなかった出来事も多く発生した。       昨日の午前10時、プラカードを手に持ち、様々なスローガンを叫びながら、 全文をよむ

2009-10-22 バーゲル=ランキャラーニー前保健相、早くも次期大統領選について予想 (Jam-e Jam紙)

バーゲル=ランキャラーニー前保健相は、次の第11期大統領選挙はこれまでで最も複雑な選挙となるだろうと予想した上で、「4~5名がすでに〔次期大統領選出馬へ向けた〕準備を行っている。なかには、閣僚の陣容について準備を進めている者すらいる」と述べた。       同氏はさらに、「このような動きは、〔現在の〕第10期政権にとって深刻な問題となるだろう。というのも、〔政権の〕最後の数ヶ月間は、国政運営のための意志決定が〔政権内の対立のために〕きちんと行われない可能性があるからだ」と語った。 全文をよむ

2009-10-15 司法権第一副長官「司法はキャッルービーの容疑について真剣に調査を行っている」 (Jam-e Jam紙)

【政治部】司法権第一副長官は、「犯罪があったのであれば、キャッルービーの容疑については、宗教指導者特別法廷に審理を行う義務がある」と述べた。       イラン国営通信の報道によると、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン・セイエド・エブラーヒーム・ライースィー第一副長官は訪問先のオルーミーイェで、「メフディー・キャッルービーの容疑について、司法は真剣に調査を行っている」と語った。       同副長官はこれ以上の詳細は述べずに、次のように強調した。「キャッルービーの容疑を審理するのは、宗教 全文をよむ

2009-10-12 バスィージ、軍事活動から撤退:革命防衛隊地上抵抗部隊設立に伴い (Jam-e Jam紙)

【政治部】全軍統合参謀長は昨日、シンポジウム「心理戦とメディア」の一幕で、最近の〔革命防衛隊の機構〕改革について説明を行った。       セパーフ・ニュースの報道によると、軍司令官セイエド・ハサン・フィールーズアーバーディー少将は同シンポジウムの一幕で、革命防衛隊内で行われている機構改革と〈被抑圧者動員(バスィージ)機構〉の設立に触れ、「この機構は、バスィージの文化や価値により深い眼差しを向け、バスィージが学生や文化人、同業者組合や医師といった多様な階層から構成されていることにこれまで以上に着 全文をよむ

2009-10-08 イラン外務省次官人事、固まる:重要な見直しも (Mardomsalari紙)

豊かな経験を誇るイラン人外交官らが、イラン外務省の新たな次官として任命される見込みとなった。これにより、我が国の外交部門は新政権の下、国際的分野での動きをさらに加速させるだろう。       ニュースサイト「アスレ・イラン」記者が伝えるところでは、外務省次官人事をめぐる検討作業はほぼ最終段階を迎えており、少なくとも外務次官7ポストの人事が職務経験にもとづいて内定、大臣の署名を待つばかりとなっているという。       それによると、現在駐レバノン大使を務めるモハンマド・レザー・シェイバーニー氏が 全文をよむ

2009-10-08 ラーリージャーニー、原理派の会長に選出:ラーリージャーニー外しの動き、封じられる (Hayat-e Now紙)

【内政部】原理派の会長選挙で、「政権の倫理の教師」の異名をもつモルタザー・アーガーテフラーニー師がアリー・ラーリージャーニー氏に敗北を喫したことは、政権支持者らが原理派会長の席をラーリージャーニー氏から奪い取ろうと固い決意をもって臨んだ「ラーリージャーニー外し」が容易ではないことをまざまざと見せつけた。       政権支持者らが最近になって「国会議長と原理派会長が同一人物であってはならない」とする主張を掲げる中で、第8期国会議長のラーリージャーニー氏が会長選挙で勝利を収めたことは、政府主催のレ 全文をよむ

2009-10-08 220名の国会議員、政府・国会による合同会合に欠席 (Hayat-e Now紙)

火曜日夜、第10期政権が成立して2回目となる政府・国会合同パーティーが開かれた。しかし、国会議長、正副両副議長、及びアフマド・タヴァッコリー議員やゴラーム・アリー・ハッダード=アーデル議員といった有力議員らは出席しなかった。       ある原理派国会議員の話によると、国会議員290名中、およそ70名がこの会合に出席したという。合同パーティーに有力国会議員らが軒並み欠席する一方、その数時間前にはラーリージャーニー氏が政権支持派の国会議員モルタザー・アーガーテフラーニー師を破って、原理派会長として 全文をよむ

2009-09-23 専門家会議第6回会合、開幕:ラフサンジャーニー議長が演説 (Jam-e Jam紙)

【政治部】最高指導者専門家会議議長は、「現在の状況下でわれわれの社会に最も必要なのは、団結である。悪を排除し、国政を推進させるためには、これが最高の手段となる」と述べた。       中央報道局が伝えたところによると、アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニー議長は第4期専門家会議第6回会合で、革命最高指導者が断食明けのフェトル祭での礼拝で行った発言の要旨に触れ、「この重要な演説の中で、体制と憲法の枠組みの中で互いに協力し合うことを望むあらゆる階層の人々が、これまで以上に心を一つにするため 全文をよむ

2009-09-22 「先の騒乱は、共和国体制を狙い打ちにしたもの」:ジャアファリー革命防衛隊総司令官 (Jam-e Jam紙)

【政治部】「革命防衛隊は、革命〔というねじを回す〕多目的ドライバーのような存在である。世界中のどの正規軍組織とも比較することはできない」。       これはモハンマド・アリー・ジャアファリー革命防衛隊総司令官(少将)が述べた一文である。8年間にわたる「強要された戦争」で司令官を務めた同総司令官は、「聖なる防衛」週間を目前に控えた先日、ジャーメ・ジャム紙とのインタビューに臨み、革命防衛隊が創設以来果たしてきた様々な役割について語った。       ジャアファリー総司令官は革命防衛隊は革命組織であ 全文をよむ

2009-09-17 アリーアーバーディー、今度は文化遺産観光庁長官に (Jam-e Jam紙)

電力相に指名されながらも、国会から信任を得ることができなかったモハンマド・アリーアーバーディー氏は、近々〔副大統領兼〕文化遺産観光庁長官に任命される見通しだ。       ある情報筋はメフル通信に、「〔文化遺産観光庁長官に指名されていた〕バガーイー氏が自由特区庁長官に任命され、代わりにアリーアーバーディーが文化遺産観光庁長官として指名されるだろう」と述べている。       アリーアーバーディー氏はこれより前、〔副大統領兼〕体育庁長官、及び国家オリンピック委員会委員長を務めていた。 全文をよむ

2009-09-17 国会対策副大統領にアズィーズィー氏任命へ (Jam-e Jam紙)

第9期政権で国会対策担当副大統領を務め、新たに第一副大統領に任命されたモハンマド・レザー・ラヒーミー氏の後任人事が固まった。       ニュースサイト「ジャハーン」によると、ラヒーミー氏が第一副大統領に任命されたことを受け、誰が後任の国会対策・法律担当副大統領になるのかをめぐり、様々な選択肢が浮上したが、最終的にエブラーヒーム・アズィーズィー博士が同ポストに指名される見通しとなったという。       アズィーズィー博士は、第9期政権でマネジメント・人材開発担当副大統領を務めていた。それより前 全文をよむ

2009-09-14 ラヒーミー、第一副大統領に任命される (Jam-e Jam紙)

【政治部】モハンマド・レザー・ラヒーミー氏が第一副大統領に任命された。       ファールス通信の報道によると、第9期政権で法律・国会担当副大統領を務めたモハンマド・レザー・ラヒーミー氏が、昨日午後開かれた閣議でマフムード・アフマディーネジャード大統領により、第一副大統領に指名された。       モハンマド・レザー・ラヒーミー氏はテヘラン大学法学部を卒業、第2〜4期国会〔1984〜1996年〕で〔コルデスターン州の〕ゴルヴェ及びサナンダジ選出の国会議員を務めた。同氏はまた、一時ゴルヴェ及びサ 全文をよむ

2009-09-09 大統領、指名した閣僚候補2名を撤回:別の人物を再指名する可能性も (Jam-e Jam紙)

【政治部】政府が指名した新閣僚候補二名の氏名が記された書状が国会に提出・受理されてまだ数日も経っていない中、大統領は新たな書状を提出し、先の指名を撤回する意向を示した。       テヘラン選出の現職国会議員ファーテメ・アーリヤー女史を教育相に、アリー・ザビーヒー氏を電力相に指名した書状を撤回した理由に関し、アフマディーネジャード大統領は《ガドルの夜》のために議員らが休暇に入ったことを挙げている。しかし今回の撤回劇の背景として重要なのは、指名された閣僚候補らの氏名の記された書状が読み上げられた際 全文をよむ

2009-09-07 ファーテメ・アーリヤーとザビーヒーが新たな閣僚候補として指名 (Jam-e Jam紙)

【政治部】法律・国会担当副大統領は、アフマディーネジャード大統領が国会に対し、ファーテメ・アーリヤー氏、及びアリー・ザビーヒー氏をそれぞれ、教育相及び電力相として指名したことを明らかにした。       同時に、国会によって信任を得ることのできなかった教育相、福祉相、及び電力相の三閣僚の代行が大統領によって発表された。       イラン国営通信の報道によると、セイエド・ラマザーン・モフセンプール氏が教育相代行に、ナードアリー・オルファトプール氏が福祉相代行に、マジード・ナームジュー氏が電力相代 全文をよむ

2009-09-06 バーホナル発言に非難囂々「バーホナル氏はどこに狙いを定めているのか?」 (Jam-e Jam紙)

【政治部】大統領プレス担当顧問は「バーホナル氏はどこに狙いを定めているのか?」と題されたブログの中で、モハンマド・レザー・バーホナル国会第二副議長の木曜日の発言を批判する書き込みを行った。       ジャヴァーンフェクル顧問はその中で、バーホナル氏が「もし最高指導者の勧告がなければ、8~9名の閣僚候補が信任を得られなかっただろう」と発言したことに触れ、次のように記している。「この発言は様々な点から分析が可能であるが、なかでも次のような事実を言い表しているように思われる。すなわち、バーホナル氏は 全文をよむ

2009-09-05 国会、柔軟性を示す:閣僚候補21名中、18名を信任 (Jam-e Jam紙)

【政治部】国会は、大統領が指名した閣僚候補らに対する4日半にわたる審査の末、ついに木曜日正午、信任投票を行った。これにより、閣僚候補21名中、18名が国会によって各省の大臣としての資格を認められた。       木曜日正午に行われたこの投票の前、審査を終えていなかった2名の閣僚候補、すなわち石油相候補と電力相候補に対する審査が、賛成議員・反対議員双方による演説とともに行われ、その中で両候補は自らの所信を表明した。       国会議員ならびに閣僚候補らによる発言が終わると、マフムード・アフマディ 全文をよむ

2009-09-03 閣僚候補の信任投票、本日行われる (Jam-e Jam紙)

【政治部】国会による初めての閣僚への信任投票が行われてから、29年が経った。59年シャフリーヴァル月19日〔1980年9月10日〕、殉教者ラジャーイー〔当時首相〕が内閣を構成する閣僚らを指名して以降、多くの閣僚候補が国会に指名されてきた。そのうち一部は国会の信任を得たが、国会による信任というフィルターを通過することのできなかった候補も少なくない。そして今まさに、過去30年間続けられてきた手続きが再び行われようとしている。今回国会議員による審査をくぐり抜けるのは、第10期政権の閣僚候補たちだ。いか 全文をよむ

2009-09-03 革命防衛隊総司令官、仰天暴露「ハータミーは最高指導者の排除を画策していた」 (Jam-e Jam紙)

【政治部】イスラーム革命防衛隊総司令官は「ジハードと殉教の先輩たち」との会合の中で、選挙後の混乱をめぐって逮捕・起訴された一部被告らの告白に触れ、初めて明かされる新たな事実とその原因について語った。       イラン学生通信の報道によると、モハンマド・アリー・ジャアファリー少将は発言の中で、第10期大統領選挙後の混乱について、イスラーム革命の歴史上、最大の事件であったとし、イスラーム革命とイスラーム共和国の実質を脅かしうるものだったと述べた。       同司令官はその上で、「この出来事をビロ 全文をよむ

2009-09-02 閣僚候補らの審査会3日目:福祉相候補らに批判集まる (Jam-e Jam紙)

【政治部】大統領が指名した閣僚候補らの審査会3日目が、大統領欠席の中、行われた。その中で、一部の議員らは福祉相、道路運輸相、協同組合相などの各候補に対して、厳しい批判を浴びせた。閣僚候補らの信任の是非を決める投票が今日にも行われることが予想されている。       専門的知識の不足や以前の公約を誠実に実行しなかったことなどへの批判が、閣僚候補らに容赦なく浴びせられた。      「言われるほど無能ではない」       昨日国会議員らの審査を真っ先に受けたのは、マルズィーイェ・ヴァヒード=ダスト 全文をよむ

2009-09-01 6名の閣僚候補が国会で自己アピール:波乱の予感も (Jam-e Jam紙)

【政治部】大統領が指名した閣僚候補らの適性を審査する第一日目の会議は、第10期政権の閣僚候補とその構想をめぐる討論よりもむしろ、マフムード・アフマディーネジャード大統領の〔これまでの〕政策に対する批判とそれに対する大統領の反論を中心に、議論が展開した。初日の会議から判断する限り、国会の場で閣僚候補らは〔信任に向けて〕困難な道のりを覚悟しなければならないだろうということが、予想された。       事実上昨日から始まった閣僚候補らの適性を審査する会議の二日目は、以上のような予想を現実のものに近づけ 全文をよむ

2009-08-31 閣僚候補に対する国会審議、始まる (Jam-e Jam紙)

【政治部】第10期政権の内閣及びその構想をめぐる審議が、昨日から国会で始まった。国会はこの中で、政権が示した閣僚候補らに対する信任の是非を決定する。       本紙記者の報告によると、国会は今後4年間の政権構想ならびに大統領の補佐として閣僚に迎えられる21名の候補に関する審議を、昨日公開本会議場において、二部構成で開始した。しかし審議が始まるや、バーホナル、アフマド・タヴァッコリー、アリー・モタッハリーなど一部の有力議員は閣僚候補の人選をめぐって批判を行い、大統領に対して閣僚の人選に関して国会 全文をよむ

2009-08-26 ビロード・クーデター裁判の被告たち、選挙でのメフディー・ハーシェミーらの違法行為を告白(1) (Iran紙)

ビロード・クーデターの容疑がもたれている被告たちをめぐる第4回目の公判が、政治・メディア関係者らが見守る中、昨日開かれた。この中で、〔アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニーの息子の〕メフディー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーの側近で、アーザード大学の職員であるハムゼ・キャラミー、ならびにマスウード・バースターニー両被告の容疑について、審理が行われた。       検察は両被告それぞれに対する起訴状の中で、両者の容疑として「公共の治安を混乱させる目的での、国家の安全に対する合同・共謀行為」、 全文をよむ

2009-08-26 ビロード・クーデター裁判の被告たち、選挙でのメフディー・ハーシェミーらの違法行為を告白(2) (Iran紙)

ビロード・クーデター裁判の被告たち、選挙でのメフディー・ハーシェミーらの違法行為を告白(1)のつづき   マスウード・バースターニーの供述       キャラミーに続いて被告人席に着いたマスウード・バースターニー被告は、次のように述べた。「私は10年間、イラン国内でジャーナリズムに携わってきました。かつては、思想的には左派マルクス主義的な傾向をもっていました」。       バースターニー被告は、自らが改革派のメディアや新聞と協力関係にあったことを指摘した上で、この協力関係が自らの思想を変形させ 全文をよむ

2009-08-26 ビロード・クーデター裁判の被告たち、選挙でのメフディー・ハーシェミーらの違法行為を告白(3) (Iran紙)

ビロード・クーデター裁判の被告たち、選挙でのメフディー・ハーシェミーらの違法行為を告白(2)のつづき   メフディー・ハーシェミーとジャースビーは法廷で裁かれなければならない:政治専門家ら       ビロード・クーデターの罪に問われている被告ら数名が昨日の裁判の中で、メフディー・ハーシェミーならびにアブドッラー・ジャースビー〔アーザード大学総長〕が選挙前後の様々な出来事の中で破壊的な役割を担っていたことを暴露したことを受け、これら両名を裁判にかけるべきだとの声が、一部の政治専門家らの間から上が 全文をよむ

2009-08-26 第4回目公判で検察側、参加戦線党の解党を要求:ハッジャーリヤーンも罪を告白 (Jam-e Jam紙)

■ ハッジャーリヤーン「とてつもない過ちを犯してしまいました」「参加戦線党は逸脱してしまいました。離党いたします」   ■ アーガーイー(建設の奉仕者党)「一種の西洋かぶれが、私たち活動家たちの中に生まれていました」      【政治部】先の騒乱に関与した罪に問われている被告らの第4回目の公判が昨日、参加戦線党、革命聖戦士機構、及び建設の奉仕者党の党員など一部政治活動家らが出廷する中、行われた。       中央報道局が伝えたところによると、イマーム・ホメイニー司法センター革命裁判所第15法廷で 全文をよむ

2009-08-23 閣僚候補の半数が博士号取得者:女性閣僚指名に賛否分かれる (Iran紙)

自身、工学(交通計画)の分野で科学産業大学から博士号を取得しているマフムード・アフマディーネジャード大統領は、閣僚候補の半数を博士課程で学んだ経歴を有する人々の中から選び出した。       イラン国営通信の報道によると、アフマディーネジャード大統領が指名した閣僚候補たちの学歴を調査した結果、指名された省に関係した分野を専門とする博士号を取得している人々が大勢を占めていることが分かった。       教育相候補、経済財政相候補、保健相候補、協同組合相候補、農業ジハード相候補、道路運輸相候補、科学 全文をよむ

2009-08-22 次期内閣をめぐる話し合い、始まる (Jam-e Jam紙)

【政治部】マフムード・アフマディーネジャード大統領が指名した内閣の陣容が明らかになったことに伴い、国会からの信任票獲得へ向けた話し合いが、公式・非公式を問わず始まった。       大統領は木曜日、イラン国営放送テレビ第一チャンネルの番組に生出演し、第10期政権の閣僚候補らの氏名を披露、その選出過程について説明を行った。       報道中央局が報じたところによると、アフマディーネジャード大統領はこの番組の中で、大統領の職務の中で最も困難なものとして閣僚の人選を挙げ、「時代の必要性を見極めるため 全文をよむ

2009-08-20 第10期内閣、新人を12名以上登用へ:女性閣僚候補も3名指名 (Jam-e Jam紙)

法律の規定によれば、昨日午後4時が大統領にとって国会に自らの閣僚候補を指名する最終期限だった。しかし結局、国会への大統領による閣僚候補の指名は行われなかった。本紙発行の時点までに、アフマディーネジャード大統領側からの国会への正式な通知は行われなかったのである。       他方、法律担当副大統領顧問のナディーミー氏が公表したところでは、すでに18名の閣僚候補が選び出され、そのうち12名が新顔だとのことだ〔※11名の誤りか?〕。さらに、司法相、商業相、国防相の3ポストについては、大統領はいまだ最終 全文をよむ

2009-08-17 大統領、6名の閣僚候補を発表 (Iran紙)

【政治部】大統領は、ホッジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーンのヘイダル・モスレヒー氏、モハンマド・アッバースィー氏、アリーアクバル・メフラービヤーン氏、セイエド・シャムソッディーン・ホセイニー氏をそれぞれ次期情報相、協同組合相、鉱工業相、及び経済相に、また女性のマルズィーイェ・ヴァヒード=ダストジェルディー氏とファーテメ・アージョルルー氏を次期保健相及び福祉相に指名した。       アフマディーネジャード博士は、テレビの生番組のインタビューの中で、これらの人物の名前を発表し、さらに「少なくと 全文をよむ

2009-08-16 サーデグ・ラーリージャーニー氏、最高指導者により司法長官に任命される (E'temad-e Melli紙)

【政治部】サーデグ・ラーリージャーニー氏は昨日正式に、最高指導者の命令によって、新司法長官に任命された。同氏は殉教者モハンマド・ベヘシュティー氏、アブドルキャリーム・ムーサヴィー=アルダビーリー氏、モハンマド・ヤズディー氏、マフムード・ハーシェミー=シャーフルーディー氏に次ぐ、イスラーム共和国体制樹立後5人目の司法機関のトップに就いたことになる。       任期5年の司法長官職の二期目を務めていたハーシェミー=シャーフルーディー氏の在任期間は、モルダード月22日〔西暦8月13日〕(3日前)に終 全文をよむ

2009-08-15 テヘラン臨時金曜礼拝導師、キャッルービー書簡に反発 (Jam-e Jam紙)

【政治部】テヘラン臨時金曜礼拝導師は、逮捕者らへの暴行があったとする主張について、「われわれはイスラーム体制が、この種の嘘の主張に対して適切な対応を示すことを期待している」と強調した。       中央報道局の報告によると、テヘランの金曜礼拝導師を務めたアーヤトッラー・セイエド・アフマド・ハータミーは、「先週、ある政治家〔=メフディー・キャッルービー〕がイスラーム体制に対する誹謗中傷に満ちた手紙を公表した。このような手紙に対し、アメリカやイスラエル、外国人どもは小躍りしている」と語り、さらに「こ 全文をよむ

2009-08-13 ラーリージャーニー国会議長「キャッルービーの主張は全くのでたらめだ」 (Jam-e Jam紙)

【政治部】メフディー・キャッルービーがアクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニーへの書簡の中で繰り広げた主張に対し、アリー・ラーリージャーニー国会議長は国会真相究明部会の報告の一部に触れつつ、拘束者に対する性的な暴行の事実はなく、キャッルービーの主張は全くのでたらめだと明言した。       数日前、メフディー・キャッルービー書簡の内容を調査することを約束していたアリー・ラーリージャーニー国会議長は、国会公開本会議での冒頭発言の中で、キャッルービー書簡の内容は世論を動揺させ、海外メディアの格好の 全文をよむ

2009-08-11 アフマディーネジャードと国会議員の会合、不調に終わる (E'temad-e Melli紙)

国会の原理派議員とマフムード・アフマディーネジャード大統領は、第10期政権の閣僚として誰を推薦するのか、その陣容をめぐって協議を行ったが、合意には至らなかった。       昨日午後、議会多数派(原理派)の総会がアフマディーネジャード大統領出席のもと、国会の公開本会議場で会合を開いた。この会合の開催目的は、第10期政権の内閣の陣容をめぐり、原理派とアフマディーネジャードの間で合意を得ることだった。しかし、一方でアフマディーネジャードが自らの推薦する内閣の陣容にこだわり、他方で一部の人物の入閣に国 全文をよむ

2009-08-11 ハーシェミー氏、今週の金曜礼拝に現れず:「混乱を避けるため」との説明 (E'temad-e Melli紙)

【政治部】アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニー氏は今週のテヘラン金曜礼拝には参加せず、別の人物が導師を務めることになりそうだ。       このことに関し、同氏の事務所側からは、次のような発表が出されている。「今週のテヘラン金曜礼拝で、アーヤトッラー・ハーシェミー=ラフサンジャーニーが導師を担当するのかどうかについて、人々から数え切れないほど多くの問い合わせのお電話をいただいた。そこで、次の通りお知らせする。金曜礼拝という政治的・宗教的行事での混乱の発生を未然に防ぐため、専門家会議議長兼公 全文をよむ

2009-08-11 大アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィー、アフマディーネジャードに祝辞を述べず (E'temad-e Melli紙)

大アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィー事務所の責任者の一人は、同師がアフマディーネジャードに対して祝辞を述べたとする報道を否定した。       先週、アフマディーネジャード支持派のインターネット・サイトやメディアは、アーヤトッラー・マカーレム=シーラーズィーが大統領就任宣誓式の後、アフマディーネジャード新大統領に向けて祝辞を述べたと、言葉にならないほどの喜びぶりで伝えた。       しかし昨日、原理派に属するターブナーク通信〔※モフセン・レザーイーに近い通信社〕はアーヤトッラー・マカー 全文をよむ

2009-08-05 「改革派の被告どもは極刑に処すべきだ」:サーレク氏 (E'temad-e Melli紙)

アフマディーネジャードを支持する原理派の面々は、土曜日の裁判の後、一斉に「改革派の被告たちの告白」と呼ばれるものについてコメントを発表、「改革派は外国人たちとつながっている」「改革派はカラー革命を起こそうとしている」とする自らの従来の主張の正しさが証明されたとの認識を示している。       このことに関し、「闘う宗教指導者協会」の一員で、アフマディーネジャード支持者の一人であるアフマド・サーレク氏はモハンマド・アトリヤーンファル被告に関し、次のように述べている。「アトリヤーンファルは尊敬すべき 全文をよむ

2009-08-02 「暴動を煽るために不正選挙という嘘をついた」:アブタヒー、公判後の記者会見で発言 (Jam-e Jam紙)

【政治部】先の騒動に関わった罪に問われている一部の政治活動家たちに対する公判が、テヘランのイマーム・ホメイニー司法センター革命裁判所第15支部で行われた。       中央報道局の報道によると、イスラーム革命聖戦士機構中央評議会委員のベフザード・ナバヴィーやイラン・イスラーム参加戦線党総書記のモフセン・ミールダーマーディー、同党中央評議会委員のアミーンザーデ、「建設の奉仕者党」中央評議会委員のモハンマド・アトリヤーンファル、「闘う宗教指導者会議」中央評議会委員のモハンマド・アリー・アブタヒー、参 全文をよむ

2009-07-29 210名の国会議員、情報相の働きに感謝の声明 (Jam-e Jam紙)

210名の国会議員は声明を発表し、その中で情報相の誠実な職務遂行に感謝の意を示した。これに対し、一部の政府支持派の議員からは不満の声も出た。過半数の国会議員がモフセニー=エジェイー情報相支持の声明を読み上げたことに、政府支持派の国会議員数名は不快感を示し、このような行動は驚くべきものだと指摘した。       国会議員210名による声明は、4年間にわたる情報相の実績に感謝の意を示した上で、同相のヴェラーヤテ・ファギーフ(法学者の監督)体制への忠実ぶりを称賛する内容となっている。       声明 全文をよむ

2009-07-29 大統領直属の4庁再編をめぐる緊急動議、可決される (Jam-e Jam紙)

【政治部】国会は、大統領に直属する「庁」の再編に関わる法案の緊急動議を可決した。この法案が最終的に可決された場合、4つの「庁」が3つの「省」に変換・再編され、大臣は国会の要求や質問に直接説明責任を負うことになる。       体育庁、文化遺産観光庁、殉教者財団・献身者問題庁の3庁を省にし、国家青年庁を新設のスポーツ省に吸収させる法案の緊急動議が、21名の議員によって提出され、可決された。この法案はもっぱら、これらの庁を省にすることで、国会に対して説明責任をもたせることを目的とするものであるという 全文をよむ

2009-07-28 サッファール=ハランディー文化イスラーム指導相、「辞任」 (E'temad-e Melli紙)

第9期政権の情報相ならびに文化イスラーム指導相の2閣僚を突然解任する決断を下したマフムード・アフマディーネジャード大統領は、憲法第136条の規定による「政権の無効化」という問題に直面して、一転モハンマド・ホセイン・サッファール=ハランディー文化イスラーム指導相の解任を撤回した。しかし文化イスラーム指導相は、今後職務を継続するつもりはないことを表明し、辞表を提出した。       アフマディーネジャード大統領と一部閣僚との間で生じた軋轢は、先週開かれた閣議に端を発する。この閣議の中で、情報相、文化 全文をよむ

2009-07-28 ラフサンジャーニー氏への批判高まる:「モンタゼリーの轍を踏むな」 (E'temad-e Melli紙)

【政治部:マフムード・プールレザーイー】アリー・サイーディー革命防衛隊最高指導者代理は、アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニー専門家会議議長兼公益判別評議会議長に対し、自らの経歴を守るためにも、自身の聡明さを利用し、大アーヤトッラー・モンタゼリーに対するイマーム・ホメイニーの忠告に注意を払うよう警告した。   〔※「モンタゼリーに対するホメイニーの忠告」とは、ホメイニー後の次期最高指導者として内定していたモンタゼリーが失脚する際、ホメイニーがモンタゼリーに対してリベラル派などから身を遠ざける 全文をよむ

2009-07-27 情報相と文化イスラーム指導相が解任:第9期政権、合法性を失う (E'temad-e Melli紙)

【政治部】マフムード・アフマディーネジャード大統領によって次々と閣僚らが解任されたことで、イラン・イスラーム共和国体制樹立から30年間で初めて、10人以上の閣僚が交替になるという事態を迎えた。憲法第136条によれば、半数の閣僚が交替になった場合、大統領は改めて国会から内閣の信任を受けなければならないことになっている。       昨日、マフムード・アフマディーネジャード大統領は文化イスラーム指導相及び情報相の二閣僚を解任、第9期政権を構成する21人の閣僚中、これまでに計12人の閣僚が解任された計 全文をよむ

2009-07-26 マシャーイー問題、終結:大統領に辞意を表明 (Jam-e Jam紙)

【政治部】ラヒーム=マシャーイーを第一副大統領に任命した人事の撤回を命ずるイスラーム革命最高指導者の命令が、正式な形でイラン国営放送を通じて発表されたことを受け、ついにマシャーイーはマフムード・アフマディーネジャード大統領に辞表を提出し、大統領もこれを了承した。       イラン国営通信の報道によると、エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイーは大統領に提出した辞表の中で、これより前にすでに大統領には辞意を伝えていたことに触れた上で、「最高指導者の書簡がイラン国営放送を通じて公表されたことを 全文をよむ

2009-07-25 最高指導者、大統領にマシャーイー解任を命令 (Jam-e Jam紙)

【政治部】一部国会議員らが、エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイーを第一副大統領から解任するよう求める書簡が、革命最高指導者からアフマディーネジャード大統領宛に出されたことを明らかにしてから数日が経った昨夜、この書簡の全文が公表された。       同書簡の全文は、以下の通り。   イラン・イスラーム共和国大統領アフマディーネジャード博士殿      敬具      エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイー氏を第一副大統領に任命することは、貴殿の利益にも、政府の利益にも反するものであり 全文をよむ

2009-07-22 マシャーイー、窮地に:最高指導者も解任を要求か (Jam-e Jam紙)

【政治部】次期政権の第一副大統領に任命されたエスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイーが、同ポストをはじめとする内閣の重要ポストから外される公算が高まっている。       第9期政権で文化遺産・手工業・観光庁長官を務めている同氏は、先週木曜日、大統領から第一副大統領への昇格が発表された。しかし、過去4年間の同氏の問題の多い言動の数々が災いし、同氏が政権の要職に就くことに対して、政治関係者らの間からは反発の声が再び沸き起こっていた。       ここ1〜2年、政治関係者らはマシャーイーを副大統 全文をよむ

2009-07-22 ハータミー氏の国民投票の提案に対し、国会議員らが反発 (Jam-e Jam紙)

【政治部】テヘラン選出の国会議員は、モハンマド・ハータミー氏が国民投票の実施を提案したことに関し、法にもとづくような提案ではなく、むしろ外国人や革命の敵どもの願望に沿うものだとした上で、「同氏は国民投票の実施を要求しているが、改革派の拒絶という結果をもたらした「ホルダード月22日の伝説」〔6月12日の大統領選挙のこと〕において、イラン国民による国民投票が行われたという事実を見過ごしている」と述べた。       テヘラン選出のビージャン・ノウバーヴェ議員はファールス通信とのインタビューの中で、国 全文をよむ

2009-07-21 ハータミー、逮捕者家族と会見:国民投票の必要性を強調 (E'temad-e Melli紙)

選挙後の騒乱に伴い逮捕された人々の家族らが、日曜日午後、「闘う宗教指導者会議」のメンバーらと同会議事務所で会見し、逮捕者らの状況について報告、家族の人々の〔面会・釈放の〕要求に対して〔当局から〕返答がないことを訴えた。       「闘う宗教指導者会議」のメンバーらの出席のもと開かれたこの会見で、最初に同会議の実行担当書記であるマジード・アンサーリー氏は、逮捕者ら(その多くが体制に奉仕してきた著名人たちだ)の家族が、自らの味わっている艱難辛苦をじっと堪え忍んでいることに称賛のことばを向けた。   全文をよむ

2009-07-18 ラフサンジャーニー、金曜礼拝での説教に久々の登板 (E'temad-e Melli紙)

【政治部】アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニー公益判別評議会議長兼専門家会議議長は、大統領選後初めてテヘラン金曜礼拝導師を務め、危機を脱出するための方法について提案を行った。       イラン労働通信の報道によると、ハーシェミー=ラフサンジャーニー師は「選挙後生じた状況は危機であると理解することが可能だ」とした上で、失われた信頼を国が取り戻すためには、最近の事件で逮捕された者たちの釈放、〔事件で死傷した〕被害者やその家族の心情の慰撫、メディアに対する制約の解除、〔大統領派・反大統領派〕双 全文をよむ

2009-07-18 大統領、次期副大統領らを指名:ラヒーム=マシャーイー、第一副大統領に (Jam-e Jam紙)

【政治部】新政権で大統領の国政運営を最も近いところから補佐をする副大統領や顧問らの陣容が明らかとなった。一部を配置変えし、一部を交替させることで、大統領がより開かれた形で人材の登用を決断したことがうかがえる。       大統領は木曜日夜、ホラーサーン・ラザヴィー州で開かれた第9期政権の最新の閣議のなかで、次期政権の副大統領及び顧問らの陣容を発表した。大統領は閣議の中で、モジタバー・サマレ=ハーシェミー〔現大統領上級顧問〕を大統領上級補佐官に、パルヴィーズ・ダーヴーディー〔現第一副大統領〕を大統 全文をよむ

2009-07-18 ラヒーム=マシャーイー第一副大統領任命に非難囂々 (E'temad-e Melli紙)

エスファンディヤール・ラヒーム=マシャーイーが次期マフムード・アフマディーネジャード政権の第一副大統領に——このニュースに、夏休み中の国会議員たちも反応を示さざるを得なかった。アフマディーネジャード大統領が次期政権の新閣僚らの一部を自らの側近に割り振ることを発表して数時間も経たないうちに、それは始まった。       テヘラン選出のアリー・モタッハリー議員はエッテマーデ・メッリー紙とのインタビューの中で、アリー・ラーリージャーニー国会議長が次期内閣の陣容をめぐる報道を耳にして絶句したことを明らか 全文をよむ

2009-07-09 第2期アフマディーネジャード政権、内閣改造断行へ (Jam-e Jam紙)

【政治部】マフムード・アフマディーネジャード大統領は、護憲評議会による選挙結果の承認後初めてとなるテレビ演説を行い、政権の陣容を大幅に変更する意向であることを明らかにした。       アフマディーネジャード大統領は、政権の陣容をリフレッシュさせることが新たな可能性を開拓するためには必要であるとの見方を示した上で、「これまでの実績や今後の構想、これから必要とされることなどを勘案した結果、政府の陣容を変えることが必要であるとの結論に至った。この変更はかなりな規模のものになるだろう」と述べた。   全文をよむ

2009-07-01 ヤズディー「私が護憲評議会にいる限り、ムーサヴィーに立候補資格が認められることはない」 (E'temad-e Melli紙)

ゴム神学校講師協会のアーヤトッラー・モハンマド・ヤズディー会長は、第10期大統領選挙はイスラーム革命後に行われた選挙の中で最も公正なものだったと証言した。       ファールス通信の報道によると、同師は記者団との会見の中で、第10期大統領選挙に不正はなかったことをこのように強調し、「私たちは自分たちの宗教を他者の世界に売り渡したりはしない〔=欧米の主張には屈しない〕。同時に、この選挙は今まで行われた選挙の中でもっとも清く正しい選挙だったことを証言する。もちろん些細な事件や誤りもあったが、選挙全 全文をよむ

2009-06-25 首都での暴動でバスィージ隊員8名が殉教:革命防衛隊司令官が明かす (Iran紙)

〔訳注:記事タイトルには「7名が殉教」とあったが、記事本文には「8名以上」とあったので、タイトルも「8名」に改めた〕      【政治部】革命防衛隊テヘラン州セイエドッ・ショハダー部隊のアリー・ファズリー総司令官は、「暴徒や騒乱者たちへの取り締まりには、一瞬たりとも躊躇しない」と語った。       アリー・ファズリー革命防衛隊司令官は記者らとの会見で、第10期大統領選挙に85%もの人々が参加したことは、国の安全が保障されていることを示すきわめて重要な指標だとした上で、「85%以上もの高い投票率 全文をよむ

2009-06-23 革命防衛隊、抗議集会を呼びかける者たちに警告 (E'temad-e Melli紙)

イスラーム革命防衛隊は声明を発表し、イスラーム革命最高指導者のお言葉こそ「最終的な裁定」であるとした上で、暴動や騒乱を引き起こし、法を無視する者たちに対しては、断固たる革命的対応が革命防衛隊、ならびにその他の治安部隊の取るべき方策となるであろうとの見解を示した。       イスラーム革命防衛隊広報局の発表によると、声明には次のようにある。「88年ホルダード月22日〔2009年6月12日〕の第10期大統領選挙では、壮大かつ比類なき伝説が生まれた。それは革命と体制の誇り高き歴史において、黄金の一ペ 全文をよむ

2009-06-22 ファーエゼ・ハーシェミー、拘束される (E'temad-e Melli紙)

【政治部】昨日、ハーシェミー=ラフサンジャーニー氏の娘ファーエゼ・ハーシェミー氏が、自身の子供とともに拘束された。ファーエゼ・ハーシェミー氏とともに、彼女の娘、夫、及びホセイン・マルアシー〔元副大統領、ラフサンジャーニー氏の妻の従兄弟〕氏の子供も拘束された。土曜日から続いていた政治活動家やジャーナリストらの逮捕の波が、ハーシェミー=ラフサンジャーニー氏の家族にまで及んだ形だ。74歳になるハーシェミー=ラフサンジャーニー氏は今や、自らが中心となって約30年前に作った体制の獄舎に、自らの一族の一部が 全文をよむ

2009-06-20 ハーメネイー最高指導者、選挙に関して重大発言:テヘラン金曜礼拝で (E'temad-e Melli紙)

アーヤトッラー・ハーメネイー・イスラーム革命最高指導者は、昨日テヘランで行われた金曜礼拝での団結を呼びかける歴史的な演説の中で、きわめて重要な発言を行った。その中で同師は、神の助けとそれに対する信頼、そして平穏の拡大こそ、信仰心篤きイラン国民が誇りをもって、過去30年間の嵐のごとき数々の出来事をくぐり抜けてきた秘訣であると述べた。       ハーメネイー最高指導者はまた、選挙戦とその後の様々な問題について説明を行いつつ、「ホルダード月22日〔6月12日〕の国民の〔選挙への〕比類なき伝説的参加は 全文をよむ

2009-06-18 無言の大規模デモ行進、テヘランで開かれる (E'temad-e Melli紙)

昨日、テヘラン市民はハフテ・ティール広場を起点として、大規模なデモ行進を行った。人々の列がどこまで続いたのかは不明。テヘラン市民はその中で、ホルダード月22日〔6月12日〕の選挙について公表された結果に対して、無言の意志表明を行った。       100万人を超えるとも推測される人々が集まった今回のデモ行進は、イマーム・ホセイン広場からアーザーディー広場までのルートで行われた前回のデモ行進に続いて二回目。今回のデモ行進では、公共の財産に対していかなる損害も生じなかった。そればかりか、シュプレヒコ 全文をよむ

2009-06-17 平静さを保ちつつ行われた抗議運動(フォト・ニュース) (E'temad-e Melli紙)

                     全文をよむ

2009-06-17 大統領選で落選した三候補の代表、護憲評議会との協議で選挙の不正を訴える (E'temad-e Melli紙)

護憲評議会は昨日、大統領選の各立候補者たちを招き、抗議を受けていた大統領選の問題点について協議した。       昨日の会合には、メフディー・キャッルービー氏の代理としてゴラーム・ホセイン・キャルバースチー氏が、ミール・ホセイン・ムーサヴィー氏の代理としてアリー・アクバル・モフタシャミープール氏及びアッバース・アーホンディー氏が、モフセン・レザーイー氏の代理としてダーヴード・ダーネシュ=ジャアファリー氏が、それぞれ護憲評議会の元を訪れ、同評議会のアッバース・アリー・キャドホダーイー報道官や一般法 全文をよむ

2009-06-17 「ムーサヴィーは権力と富のマフィアによって暴動へと煽られている」 (Iran紙)

パルトウ誌の編集長は、「ムーサヴィー自身、選挙結果にいかなる不正もなかったことを知っているはずだ」とした上で、「ムーサヴィーは権力と富のマフィアによって、暴動へと煽られている」と述べた。       イマーム・ホメイニー協会学術委員会の委員を務めるガーセム・ラヴァーンバフシュ編集長はファールス通信とのインタビューの中で、テヘランでのムーサヴィー支持者らによる違法デモに触れ、「ムーサヴィーは選挙演説で自身を遵法者とする一方、第9政権〔=アフマディーネジャード政権〕に対しては法を無視しているといって 全文をよむ

2009-06-16 ムーサヴィーとキャッルービー、市民に平静を呼びかけ (E'temad-e Melli紙)

ミール・ホセイン・ムーサヴィーは日曜日の夜、ハーメネイー最高指導者と会談した。その中でアーヤトッラー・ハーメネイーは、法的なルートを通じて問題の調査を行うことを強調した。       日曜日の夕刻に行われた会談の中で、ミール・ホセイン・ムーサヴィーは選挙の実施過程についての自らの意見を、最高指導者に提出した。最高指導者も平静を保つ必要性を強調した上で、「過去の選挙でも、一部の人や候補者から問題が提起されたことがあった。それらはいずれも、選挙に関する訴えの法的な調査権限をもつ護憲評議会によって調査 全文をよむ

2009-06-15 「ホルダード月22日の選挙は7千万人の勝利」:次期大統領、国内外の記者との会見で (Iran紙)

【政治部】イラン国民2450万の信任票を獲得して、これからの4年間再び大統領として奉職することが決まったアフマディーネジャード大統領は、選挙後初の会見で、国内外の報道陣の質問に答えた。       アフマディーネジャード博士はホルダード月22日〔6月12日〕の選挙を「大いなる伝説」と表現し、「イラン国民の運動はイラン現代史の転換点にさしかかっている」と強調した。      「西洋諸国のマスコミは民主主義を信じているのだから、その結果に満足すべきだ」       大統領はある記者の質問に答えて、「 全文をよむ

2009-06-14 内務省、大統領選挙の結果を発表:キャッルービー、4候補中、第「5」位 (E'temad-e Melli紙)

前回選挙で530万票以上を獲得したキャッルービーが、なんと第5位      【ファールス通信】内相は「投票された計3900万票以上のうち、マフムード・アフマディーネジャードは2400万票以上を獲得し、大統領に選出された」と発表した。       ファールス通信政治部担当記者の報告によると、サーデグ・マフスーリー内相は第10期大統領選挙の票の集計作業が終了したことを明らかにした上で、選挙の結果を以下の通り発表した。      1.マフムード・アフマディーネジャード:24,527,516票(63.6 全文をよむ

2009-06-14 イラン各地がアフマディーネジャードを選択 (Iran紙)

数ヶ月にわたる期待の末、ついに国民再生の瞬間が到来した。忘れ難き永遠なるホルダード月22日〔6月12日〕、国民は投票所に足を運び、自らの誇り高き歴史の黄金のページに大いなる伝説を書き込んだのである。       85%という投票率を記録したイラン国民の偉大なる伝説によって、イラン人は自らの堅固で誇りに満ちた姿を再び〔世界に〕示した。彼らは固き決意のもと、自らが求める理想の崇高なる地平に視線を定め、力強く国の建設に邁進することを決断したのである。       全国のイラン紙記者らは、開票の結果、ア 全文をよむ

2009-06-13 選挙速報:アフマディーネジャード、65.69%の票を獲得 (Jam-e Jam紙)

ジャーメ・ジャム・オンライン版(5時6分付)      国の選挙本部長は土曜日明け方、「これまでに全投票箱の72.7%にあたる33220箱の投票箱に投じられた票の開票作業が行われ、開票作業の済んだすべての票のうち、マフムード・アフマディーネジャード氏が65.69%を獲得した」と発表した。       ジャーメ・ジャム・オンライン記者の報告によると、カームラーン・ダーネシュジュー選挙本部長は午前5時5分〔日本時間午前9時35分〕記者団の前に姿を現し、午前4時50分までに開票された票数について発表を 全文をよむ

2009-06-13 選挙速報2:アフマディーネジャード先行、1830万2924票を獲得 (Jam-e Jam紙)

ジャーメ・ジャム・オンライン版(6時8分付)      国の選挙本部長は土曜日明け方、数回目となる記者会見を開き、第10期大統領選の最新の開票結果について発表した。同本部長は、「これまでに全投票箱の77.13%にあたる35268箱の投票箱に投じられた票の開票作業が行われ、マフムード・アフマディーネジャード氏が1830万2924票を獲得した」と発表した。       ジャーメ・ジャム・オンライン記者の報告によると、カームラーン・ダーネシュジュー選挙本部長は午前6時〔日本時間午前10時30分〕記者団 全文をよむ

2009-06-13 各候補者らの出身地の市民もアフマディーネジャードに投票 (Jam-e Jam紙)

ジャーメ・ジャム・オンライン版(7時27分付)      イラン国営通信が本日土曜日に報じたところによると、第10期大統領選に立候補した各候補者らの出身地の市民も、マフムード・アフマディーネジャード博士に絶対的多数の票を投じ、同氏を次期大統領に選んだことが分かった。しかしこのことは、キャッルービーについては当てはまっていない。   〔※訳注:記事には「キャッルービーについては当てはまっていない」とあるが、本文を読む限り、「キャッルービーについても当てはまる」が正しいように思われる。なお従来、イラ 全文をよむ

2009-06-13 ミール・ホセイン・ムーサヴィー「不正の調査を行う」 (Jam-e Jam紙)

ジャーメ・ジャム・オンライン版(8時30分付)      第10期大統領選のミール・ホセイン・ムーサヴィー候補は、金曜日の投票で大規模な不正があったと述べ、「国民の支持を支えに、不正の調査を行う」と語った。       ミール・ホセイン・ムーサヴィーは昨夜開いた記者会見で、さらに「これまで来た道から後退することはない。われわれが手に入れた〔国民からの〕信託を守っていく」と付け加えた。       「ガラム・ニューズ」記者の報告によると、ムーサヴィーは投票で大規模な不正があったことを指摘した上で、 全文をよむ

2009-06-12 イラン大統領選の投票、始まる:投票所にはすでに長蛇の列 (Jam-e Jam紙)

ジャーメ・ジャム・オンライン版(9時48分付)      第10期大統領選の投票が始まった。投票所を訪れた市民らは投票開始直後から、長蛇の列を作っている。       ジャーメ・ジャム・オンライン記者からの報告によると、第10期大統領選の投票はホルダード月22日〔西暦6月12日〕金曜日朝8時〔日本時間正午12時半〕から全国で始まった。市民らは開始直後から投票所を訪れ、投票箱に一票を投じている。       本紙記者が目撃したところでは、多くの市民が投票開始前から投票所に姿を現し、投票開始を待って 全文をよむ

2009-06-12 正午12時までにすでに500万人以上が投票:内相が明かす (Jam-e Jam紙)

ジャーメ・ジャム・オンライン版12時21分付      内相は記者団を前に、「正午12時までに、500万人以上が大統領選挙に参加し、投票を済ませた」と語った。       ジャーメ・ジャム・オンライン記者の報告によると、サーデグ・マフスーリー内相は金曜日朝、国の選挙本部に姿を現し、各部門を視察した後、記者団の質疑に応じた。正午12時時点で今回の大統領選に参加した投票者の数について質問を受けた内相は、「すべての投票所がオンラインで接続されているわけではなく、また移動投票所も1万4千以上にのぼるため 全文をよむ

2009-06-09 アフマディーネジャード大統領支持者らによる100万人規模の大集会、テヘランで開かれる (Iran紙)

【政治部】昨日、大統領はテヘランのモサッラー〔※〕でテヘラン市民と面会することが予定されていた。しかし、アフマディーネジャードを愛する百万人強の支持者らが詰めかけるなど、集会は予期せぬ規模となったことで、モサッラーと周辺の通りにすし詰め状態になりながらも、数時間にわたって立ったまま大統領の登場を待っていた大群衆に、結局大統領と面会することはかなわなかった。   〔※断食明けの集団礼拝が行われる場所。在イラン日本大使館に近い〕       百万人規模にふくれあがったテヘランの市民は、老いも若きも、 全文をよむ

2009-06-09 アフマディーネジャード、独走態勢:最新の世論調査で (Iran紙)

〔訳注:以下、世論調査に関する記事を紹介しますが、イランの世論調査は実施機関によって結果が大きく変わることが多く、また調査の実施方法、回答率、男女比、年齢比などの詳細が明らかにされないなど問題点も多いので、その点ご了承下さい。なお、「イラン紙」は政府直轄のアフマディーネジャード支持派の新聞。〕      ホルダード月22日〔6月12日〕金曜日に投票が行われる選挙では、平均して3千万人以上のイラン人が選挙に参加する見込みであることが、信頼できる最新の各種世論調査の分析から分かった。また選挙では、マ 全文をよむ

2009-06-09 4候補者によるテレビ討論会後の最新の世論調査 (Jam-e Jam紙)

ジャーメ・ジャム・オンライン版      マフムード・アフマディーネジャードがメフディー・キャッルービー、及びミール・ホセイン・ムーサヴィーと行ったテレビ討論会後に実施された世論調査によると、アフマディーネジャードへの支持が拡大していることが分かった。       4人の候補者、なかでもアフマディーネジャードがムーサヴィー及びキャッルービーと行った討論会を受け、ある信頼できる機関がテヘランで行った世論調査によると、回答した57.3%が投票に参加すると回答、そのうち47.5%がアフマディーネジャー 全文をよむ

2009-06-09 ラフサンジャーニー、最高指導者に書簡:アフマディーネジャード非難に反論 (Jam-e Jam紙)

ジャーメ・ジャム・オンライン版      アーヤトッラー・アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニー公益判別評議会議長は、アーヤトッラー・ハーメネイー・イスラーム革命最高指導者に書簡を送り、その中でマフムード・アフマディーネジャード大統領候補が最近、自らとその家族、及びその他体制の偉人らに向けて非難を繰り返していることに対して、これらの非難すべてを否定した上で、罷免され国外に逃亡したアボルハサン・バニーサドル〔初代大統領〕の時と似たような状況にイランが陥ることのないよう、ハーメネイー最高指導者に 全文をよむ

2009-06-08 「身の安全に気をつけろと警告してきた者がいた」:アフマディーネジャード大統領、熱狂的なタブリーズ市民の前で明らかに (Iran紙)

アフマディーネジャード大統領は昨日タブリーズを訪問し、アーゼリー語〔※〕を母語とする人々の熱狂的な歓迎を受けた。   〔※トルコ語に近い言語。イランでは「トルコ語」と一般に呼ばれることが多い〕       アフマディーネジャード大統領がタブリーズ入りすると、大統領は東アゼルバイジャン州の行政関係者や軍事・治安司令官、及び8年間にわたる「聖なる防衛」に従軍した元兵士・傷痍軍人らの歓迎を受けた。       大統領はその後、タブリーズの熱狂的な群衆の前に現れ、「一部の者たちが自らとその友人・支持グル 全文をよむ

2009-06-06 「権力と富のマフィアが守ってきた最後の一線を踏み破った」:アフマディーネジャードvsムーサヴィーのテレビ討論会の反響 (Iran紙)

【政治部】第10期大統領選挙に立候補したマフムード・アフマディーネジャード博士とミール・ホセイン・ムーサヴィーの二人が行ったテレビ討論会が、識者や政治アナリストらの間で大きな反響を呼んでいる。       国民の権利の弱体化を阻止するために発せられたアフマディーネジャード大統領の指摘によって、革命から24年間、代わる代わるイランを支配してきた「権力者たちの閉ざされた輪」が国民による「尋問席」に引きずり出されたというのが、今回の討論会に対する多くの政治専門家たちの評価である。       アフマデ 全文をよむ

2009-06-06 全国313大学の学生バスィージ、アフマディーネジャードへのテロ阻止を要望 (Iran紙)

全国313大学の学生バスィージは国家安全保障最高評議会事務局に公開書簡を送り、大統領の身辺警護をより厳重に行うよう要望した。この書簡には、以下のようにある。   イラン・イスラーム共和国大統領は国際舞台で積極的に活動し、ホロコーストなる偽りの神話をはじめとする様々なタブーを破り、世界人民に国際的支配体制の構造的矛盾を示し、人権や表現の自由などに関する偽りの主張を告発してきた。こうした活躍は、世界のムスリム、特に気高きイラン国民の名誉を高めることに貢献したが、その一方で敵は大統領とイラン国民・イス 全文をよむ

2009-06-06 「革命を成就させたのは一般大衆だ。貪欲な一部の政治家などではない」:アフマディーネジャード、エスファハーン市民の歴史的大群衆の前で演説 (Iran紙)

大統領は、「この革命を成就させたのは一般大衆であって、利己的で貪欲な一部の政治家などではないということを、世界はよく知っている」と述べた。       ファールス通信の報道によると、マフムード・アフマディーネジャード大統領は昨日午後、エスファハーンのイマーム広場に集まった同市民の空前絶後の歴史的大群衆の前に姿を現し、次のように語った。   革命の成果は比類のないものであり、われわれの誇りである。これらの勝利・成果のすべてが示すのは、イラン国民のポテンシャルはきわめて大きいということ、我が国民が歩 全文をよむ

2009-06-01 アフマディーネジャード「もし公益にかなっていると判断すれば、腐敗分子の実名を公表する」 (E'temad-e Melli紙)

マフムード・アフマディーネジャード大統領は、経済的腐敗分子の実名を公表すると約束した。大統領はこれまで何度も、この種の約束を行ってきた。       大統領は今回、腐敗分子の実名暴露にあたり、「公益」という基準を持ち出し、これまでの主張を繰り返す形で、次のように述べた。「もし公益にかなっていると判断すれば、テレビ・インタビューの中で、一部の経済的腐敗分子の実名を公表し、イラン国民に真相を明らかにするつもりだ。彼らが過去どのようなことをしてきたのか、話したいと思う」。       アフマディーネジ 全文をよむ

2009-05-27 「すべてのイラン人に月7万トマーン」:国営石油公社の株式化に向けたキャッルービー構想の詳細が発表 (E'temad-e Melli紙)

イラン国営石油公社の株式をイラン市民に譲渡する、メフディー・キャッルービー構想の詳細が発表された。       モハンマド・アリー・ナジャフィー博士が座長を務め、経済の専門家や経済界で活躍する経営者らが委員を務めるメフディー・キャッルービー選挙本部企画委員会は、次のような発表を行った。「輸出用の石油・ガスから得られた収入は、もっぱらインフラ整備や国の一般歳出に充て、国内消費用の石油・ガスは、18歳以上のすべての人が株主を務める公共企業の監督下で管理される。この〔株式の〕譲渡から得られた収入は、毎 全文をよむ

2009-05-26 大統領選で各党派はどの候補者を支持しているか? (Jam-e Jam紙)

【政治部】第10期大統領選まで残すところ18日となり、〔どの党がどの候補者を支持するかという〕政治的構図の方もほぼ固まってきた。そのような中にあって、政界で存在感を示してきた有力組織の一つである「闘う宗教指導者協会」は、特定の候補者に対する支持表明は行わないことを正式決定している(ただし同協会の総書記は、昨日アフマディーネジャード支持を表明している)。       それ以外の団体は、原理派であれ、改革派であれ、大統領選の宣伝期間が〔正式に〕開始された時にはすでに、どの候補者を支持するかについて自 全文をよむ

2009-05-21 護憲評議会、4人の大統領選候補者の氏名を発表 (Iran紙)

【政治部:アミール・サディーギヤーン】護憲評議会による第10期大統領選の立候補者の審査が終わり、資格審査を通った候補者の氏名が発表された。国の選挙管理事務所の発表は以下の通り。   護憲評議会によって立候補資格が認められた第10期イラン・イスラーム共和国大統領選挙の候補者の氏名を、以下の通りアルファベット順で発表する。      1.アフマドの子、マフムード・アフマディーネジャード氏   2.ナジャフの子、モフセン・レザーイー=ミールガーエド氏   3.アフマドの子、メフディー・キャッルービー氏 全文をよむ

2009-05-19 女性原理派団体、モフセン・レザーイー支持へ (E'temad-e Melli紙)

アフマディーネジャード大統領の熱烈な支持者であるマルヤム・ベフルーズィー氏率いる「原理派女性諸政党評議会」が、第10期大統領選で最終的には同大統領支持に行き着くだろうとの大方の予想を覆し、レザーイー支持を表明したことは、原理派全体に大きな衝撃を与えた。       マルヤム・ベフルーズィー氏が最近のインタビューの中で語ったところによると、原理派女性諸政党評議会を構成する7団体のうち、自身が所属するゼイナブ協会及びその他2団体はアフマディーネジャード支持に回ったものの、その他の団体は「闘う宗教指導 全文をよむ

2009-05-19 「闘う宗教指導者協会」、特定の候補者への支持表明を控える (E'temad-e Melli紙)

「闘う宗教指導者協会」の幹部の一人であるハサン・ロウハーニー氏は、大統領選挙に対する同協会の最新の立場について明らかにした。       某経済専門会議に出席していた同氏はその傍らで、闘う宗教指導者協会はどの候補者を大統領選で支持するかに関して決定を下すことができなかったとし、協会の行動としては国民に選挙への参加を呼びかけるだけにとどまるだろうと述べた。同氏はまた、投票の際の規準となるべきものについても、発表することがあるかもしれないとも語った。       同氏はまた、自身に近い一部の政党がミ 全文をよむ

2009-05-13 1位はアフマディーネジャード、2位はキャッルービー:最新の世論調査で (E'temad-e Melli紙)

【政治部】大統領選に関する最新の世論調査が発表された。それによると、マフムード・アフマディーネジャード、メフディー・キャッルービー、ミール・ホセイン・ムーサヴィー、モフセン・レザーイーの順で国民の人気が高いことが分かった。       世論調査は通常、これまでの選挙でも行われてきた。情報省、イラン国営放送、内務省、IPNA(イラン・スポーツ通信)などが、科学的で精緻な方法を用いて調査を行ってきた。これら以外にも、一部の民間の調査機関も世論調査を実施している。       これまでの選挙では、「未 全文をよむ

2009-05-13 ハーメネイー最高指導者、コルデスターン州の熱狂的な人民を前に演説:「庶民的で質素、人々の痛みを知り、堕落や特権意識から距離を置く人を大統領として選ぶべし」 (Iran紙)

【政治部】イスラーム、革命、そしてイランにとって強固な要塞たるコルデスターンは昨日、ハーメネイー革命最高指導者の訪問を大々的に歓迎し、興奮と歓喜の渦に巻き込まれた。誇り高く、高い文化を有し、愛情にあふれた信仰篤きコルデスターン地方の人民は、コルデスターン史上例のないほどの英雄的行動によって、革命と国家の理想をシーア派とスンナ派が一体となって防衛していく姿勢を、その最も美しい形で示した。       市民によるイスラーム革命最高指導者歓迎式典は、サナンダジのパースダーラーン通りにあるナショナルパー 全文をよむ

2009-05-06 アフマディーネジャード大統領、地方訪問に大忙し (E'temad-e Melli紙)

【マフムード・プールレザーイー】第9政権は昨夜、週末を首都以外の場所で過ごすべく、59回目となる地方訪問に向けてスーツケースに荷物を詰め込んだ。大統領が今回の訪問先として選んだのはガズヴィーン州で、数時間後にも同州の州都で演説を行う予定だ。       第10期大統領選挙まで、ほんの1ヶ月と1週間(37日)を残すばかりとなった。そのようななか、新年に入って〔3月21日~〕から、大統領による地方訪問の時間的間隔はますます短くなっている。訪問の様子を写した写真は公表され、大統領は演説の中で様々な約束 全文をよむ

2009-05-03 原理派、アフマディーネジャード支持へ向け活動を本格化 (E'temad-e Melli紙)

サマレ=ハーシェミー前大統領顧問がアフマディーネジャード選挙本部長に就任し、また《イマームと最高指導者の路線を支持する戦線》が現大統領への支持を表明してから約10日、アフマディーネジャード支持に向けた各選挙事務所の活動が本格化している。       《イマームと最高指導者の路線を支持する戦線》のスポークスマンを務めるキャマール・サッジャーディー氏は昨日、あるインタビューのなかでアフマディーネジャード氏を支持するための選挙事務所が同戦線内に立ち上げられたことを明らかにした。       サッジャー 全文をよむ

2009-04-30 モフセン・レザーイー、大統領選への出馬を正式に表明 (E'temad-e Melli紙)

モフセン・レザーイーは気高きイラン国民に向けた声明を発表し、その中で第10期大統領選への出馬を表明した。       レザーイー公益判別評議会書記の声明には、次のようにある。   〔前回の大統領選挙では〕これまでの変革や進歩が、国政運営の改善や社会の基本的問題の解決に活かされていないと感じていた。〔‥‥〕このような理由から、私は第9期大統領選出馬へ向けた準備を進めることを決断したわけだが、投票当日の2日前、二つの理由から出馬を辞退した。第一の理由は、私が求める理念の実現や変化に対して幅広い支持が 全文をよむ

2009-04-22 モフセン・レザーイー、大統領選への立候補を表明 (Jam-e Jam紙)

「有能で責任ある連合政府」〔※〕の名で知られるグループは水曜日午後、モフセン・レザーイー氏が独立系候補として第10期大統領選に出馬することを発表した。しかし、レザーイー氏本人からはいまだ、ホルダード月22日〔6月12日〕に行われる選挙への出馬に関して、会見は行われておらず、これといった声明も発表されていない。   〔※訳注:この記事には「有能で統一した(mottahed)連合政府」と表記されているが、このグループは通常「有能で責任ある(mota'ahhed)連合政府」と呼ばれており、誤植と判断し 全文をよむ

2009-03-20 革命最高指導者、イラン暦1388年を「消費のあり方を改める年」と命名 (Jam-e Jam紙)

【ジャーメジャム・オンライン版】アーヤットラー・ハーメネイー・イスラーム革命最高指導者は、イラン暦新年〔2009年3月21日〕に向けたメッセージの中で来年を重要な年と位置づけ、来年起こるであろうあらゆる出来事や変化をイラン国民の信仰の力が克服することに期待を表明した上で、「《国の資源を慎重かつ合理的に消費することの根本的・死活的な》重要性に鑑み、来るべき新年を、あらゆる領域で消費のあり方を改める年にするべきだと、私は考える」と述べた。      〔中略〕       革命最高指導者はイラン暦13 全文をよむ

2009-03-16 ハータミー「ムーサヴィーと票を争うつもりはない」:大統領選、出馬辞退へ (E'temad-e Melli紙)

セイイェド・モハンマド・ハータミー氏の出馬発表から一月が経過した昨日、同氏の選挙陣営から様々な情報が伝えられた。中でも重要なのが、「ミール・ホセイン・ムーサヴィー氏への配慮から、ハータミー氏は第10期大統領選への出馬を辞退する」というニュースだった。       このニュースは、昨日午後から徐々にその詳細が明らかにされていった。最新の報道で明らかにされたところでは、モハンマド・ハータミー氏は本日(昨日)昼、同氏を支持する若者たちの集会で「人々を待たせたくはない。大統領選に残るか身を退くか、早期に 全文をよむ

2009-03-16 ミール・ホセイン・ムーサヴィー、立候補表明後初の演説を行う(その1) (E'temad-e Melli紙)

【セルゲ・バーレスギヤーン】ミール・ホセイン・ムーサヴィーは大統領選立候補表明後初となる演説を、ナーズィーアーバード〔※1〕地区のホセイニーイェ〔※2〕「ホッジャト」で行った。ナーズィーアーバードは、同地区で青春時代を過ごしたかつての若者たちの多くが、現在改革派の政治関係者として有名になるか、あるいは殉教者として通りに名が刻まれているかしている、いわく付きの場所だ。          「聖なる防衛」〔イラン・イラク戦争のこと〕の時代に首相を務めたムーサヴィー氏は、20年間の沈黙後初めての市民集会 全文をよむ

2009-03-16 ミール・ホセイン・ムーサヴィー、立候補表明後初の演説を行う(その2) (E'temad-e Melli紙)

「ミール・ホセイン・ムーサヴィー、立候補表明後初の演説を行う(その1)」のつづき    預言者ムハンマド生誕記念日に行われたムーサヴィー元首相の演説の第二の柱は、「ムハンマド的純粋イスラーム」をめぐる議論についてであった。同氏は次のように語る。   イマーム〔・ホメイニー〕は逝去される前の二年間、演説や声明の中で何度もこの問題について強調されていた。同師が言わんとしていた問題の本質は、すべてのイスラーム(複数)が崇高で人類を解放させるものではないということだった。イスラームをめぐってはさまざまな 全文をよむ

2009-03-14 レザーイーとムーサヴィー:「連合政府」構想をめぐって (E'temad-e Melli紙)

イスラーム共和国最後の首相ミール・ホセイン・ムーサヴィーが、再び政界に足を踏み入れることを決断した。一部の政治関係者は同氏を、〔保革を〕一つにまとめ上げるのに適した人物だとしている。そのような中、同氏の次期大統領選への出馬表明がレザーイーの行ったある提案と時期的に重なったことも手伝い、一部のグループに一種の政治的ノスタルジーが引き起こされている。       モフセン・レザーイーが最新の発言の中で提案した「首相ポスト復活」案は、もちろん一つの案に過ぎない。しかし60年代〔西暦1981年~〕に首相 全文をよむ

2009-03-11 ムーサヴィー元首相、第10期大統領選への出馬を表明 (E'temad-e Melli紙)

【政治部】イラン・イスラーム共和国最後の首相〔※1〕が、昨日正式に第10期大統領選への出馬を表明した。ミール・ホセイン・ムーサヴィー元首相は声明を出し、選挙戦への正式な出馬を発表、「今の時代はこれまでとは別の時代であり、参加が求められている」〔※2〕と強調した。そして「義務を果たすことができるよう、第10期大統領選への出馬の意思があることをお知らせする」と締めくくり、自分自身とその支持者たちの数ヶ月にわたる迷いに終止符を打った。   〔※1:首相職は1989年の新憲法制定時に廃止された。     全文をよむ

2009-03-11 ハーシェミー=ラフサンジャーニー、専門家会議議長に再任 (E'temad-e Melli紙)

【ラアナー・ゾウレ】アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニーが、最高指導者専門家会議議長に再任された。ハーシェミー=ラフサンジャーニーは今回、会議に出席したイスラーム法学の専門家79名から51票を獲得、26票を獲得した対立候補のモハンマド・ヤズディーを凌駕して、最高指導者専門家会議議長のイスを力強く自らに引き寄せた。       昨日朝、第4期最高指導者専門家会議の第5回会合が旧国会議事堂で開かれ、2年間の任期を終えた同会議の運営理事会の選挙が、出席議員79名で行われた。       モハンマ 全文をよむ

2009-03-11 ハーシェミー=ラフサンジャーニーとモハンマド・ヤズディー:専門家会議議長選挙の意味するもの (E'temad-e Melli紙)

アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニーが、専門家会議議長の職に再任された。専門家会議の内外で、ラフサンジャーニー交代へ向けた動きが始まっていた中での出来事だった。       アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニーは昨日、専門家会議運営理事会選挙で、会議に出席していたイスラーム法学の専門家79名から51票を獲得、議長職を狙って立候補していたモハンマド・ヤズディーの獲得した26票を圧倒した。       アーヤトッラー・アクバル・ハーシェミー=ラフサンジャーニーは〔イラン暦の〕昨年〔=20 全文をよむ

2009-03-07 ミール・ホセイン・ムーサヴィーは改革派?原理派?それとも無所属?:ムーサヴィー元首相の選挙へのアプローチを探る (Jam-e Jam紙)

【政治部】しばらく前まで、ミール・ホセイン・ムーサヴィーは選挙に出馬するのかどうかが取りざたされてきたが、この疑問への答えが得られぬまま、いまや彼の発言から別の疑問も持ち上がってきている。彼が出馬を決意した場合、果たしてどの党派から出馬を表明するつもりなのか、そしてその後の選挙をめぐる勢力図はどのようになるのか、という疑問だ。       「聖なる防衛」が行われていた1360年から68年〔1981年から1989年〕までイラン・イスラーム共和国首相を務めてきたミール・ホセイン・ムーサヴィーは、8年 全文をよむ

2009-03-04 原理派は最終的に誰を推すのか?:「連合政府」をめぐる思惑 (E'temad-e Melli紙)

【アクバル・モンタジャビー】「原理派は《連合政府》を樹立しなければならないのか」。恐らくこれこそが、原理主義諸派が今問いかけている、しかし答えの見つからないもっとも重要な問いであろう。       ガーリーバーフはここ数日で、選挙への出馬に向けた決意をより固いものにしている。彼が視野に収めているのは、中間層と知識人層の票だ。しかし彼が対ハータミーだけでなく、対アフマディーネジャードについても考えをめぐらせていることは、間違いない。       ガーリーバーフは一部で伝えられているように、〔ハータ 全文をよむ

2009-03-04 モフセン・レザーイー、「連合政府」の実現に向け活動を活発化:アフマディーネジャードにも呼びかけ (E'temad-e Melli紙)

モフセン・レザーイーを中心とした「連合政府」樹立構想にもとづき、数日中にもマフムード・アフマディーネジャード大統領に向けた書簡が発表され、同大統領にも連合政府への参加が呼びかけられる予定だ。       連合政府樹立構想はモフセン・レザーイーが最初に提唱したもので、同構想が徐々に具体化していったことから、レザーイーは各党派の指導者らに書簡を送り、構想実現に向けた協力を呼びかけることを決断した模様だ。       当初より、同構想は現在と同様、さまざまな反応を引き起こしてきた。特に一部のアフマディ 全文をよむ

2009-03-03 ガーリーバーフ、出馬の動機はハータミーに対抗するため? (E'temad-e Melli紙)

【アクバル・モンタジャビー】モハンマド・バーゲル・ガーリーバーフが次期大統領選に出馬することは間違いないだろう。しかし彼の目的は、アフマディーネジャードに対抗するためではなく、都市の中間層から票を集め、ハータミーに対抗するためだ。       これより前、セイエド・モハンマド・ハータミーが大統領選への出馬を表明した場合は、自身は出馬しないとの内容が、ガーリーバーフの発言として伝えられていた。ガーリーバーフが自身の見解を撤回し、アフマディーネジャードではなくハータミーと争うことを選んだ背景には、何 全文をよむ

2009-03-02 キャルバースチーとアーレフ、二人の副大統領候補を考える (E'temad-e Melli紙)

【アクバル・モンタジャビー】イラン・イラク戦争の時代に首相を務めたミール・ホセイン・ムーサヴィーが、自身の新聞の発行を決意した。彼の大統領選への出馬は、外部の人間が考える以上に、固まりつつあるようだ。しかし、ミール・ホセイン・ムーサヴィーの選挙への対応を考える前に、われわれとしては二人の改革派のライバル兼同志について考えることの方が先決だろう。       メフディー・キャッルービーとセイエド・モハンマド・ハータミー。二人は大統領選への出馬を明言している二人の候補者である点で同じ立場にいる。とは 全文をよむ

2009-03-02 「闘う宗教指導者会議」、ハータミー選挙対策本部の陣容に抗議 (Jam-e Jam紙)

【政治部】「闘う宗教指導者会議」の上級メンバーらは、ハータミー選挙本部の陣容に抗議の声を上げた。       ファールス通信の報道によると、セイエド・モハンマド・ハータミーの正式な大統領選出馬表明と「闘う宗教指導者会議」による支持表明の後、同会議の一部有力者の間からはハータミー選挙本部の陣容に対して抗議の声が上がっているとのことだ。       闘う宗教指導者会議のあるメンバーは、このことについて「闘う宗教指導者会議の最新の会合のなかで、アリー・アクバル・モフタシャミープールやアサドッラー・キヤ 全文をよむ

2009-03-01 レザーイー、ガーリーバーフ両元司令官、大統領選への出馬に向け準備着々(1) (E'temad-e Melli紙)

【政治部】選挙戦をめぐる動きが、ガーリーバーフ・テヘラン市長〔元治安維持軍総司令官〕を軸として活発化している。複数の情報筋も、モハンマド・バーゲル・ガーリーバーフ市長の第10期大統領選への出馬が確実になったことを確認している。       その一方で、モフセン・レザーイー公益判別評議会書記〔元革命防衛隊総司令官〕が自身の選挙へ向けた動きを加速させていることを伝える報道もある。数ヶ月前から「連合政府」の実現を追求してきた同書記は、現在この構想を実地に移しているというのだ。原理派戦線内部での党派形成 全文をよむ

2009-03-01 レザーイー、ガーリーバーフ両元司令官、大統領選への出馬に向け準備着々(2) (E'temad-e Melli紙)

レザーイー、ガーリーバーフ両元司令官、大統領選への出馬に向け準備着々(1)のつづき    ガーリーバーフ選挙事務所関係者及び側近らは、ガーリーバーフの獲得する票には一部の原理派支持者に加え、改革派政権を率いたハータミー前大統領を支持した有権者の票も含まれると見ている。〔しかし〕ハータミーが実際に立候補した場合、当然これらの票〔=ガーリーバーフが獲得する可能性のある票〕は彼〔=ハータミー〕に流れることになるであろう。その一方で、ハータミーの立候補は右派・原理派を一人の人物、おそらくはアフマディーネ 全文をよむ

2009-03-01 選挙をめぐり改革派戦線内で亀裂生じる:キャルバースチー、キャッルービー選挙対策本部長に就任か (Jam-e Jam紙)

【政治部】「建設の奉仕者党」のゴラーム・ホセイン・キャルバースチー総書記〔元テヘラン市長〕がメフディー・キャッルービー選挙対策本部長に任命されたことで、改革派内の新たな亀裂が決定的となった。       ホルダード月二日派〔=改革派〕は、セイエド・モハンマド・ハータミーが改革派で二番目の人物として大統領選への出馬を正式に表明して以降、候補者の一本化で問題にぶち当たってきたが、今度は改革派を構成する様々な集団の内部で亀裂が生じるという事態に直面している。彼らが完璧な結束を手にするための道のりは、極 全文をよむ

2009-02-28 内務省選挙課の職員ら、大量に交代される:大統領選挙の公正さに疑問の声も (E'temad-e Melli紙)

【エフサーン・メフラービー】選挙を前にして職員の交代を行うことは、いかなるものであれ、疑念を呼ぶものだ。にもかかわらず、大統領選まであと約3ヶ月を残すばかりとなった時期に、内務省は同省の選挙委員会の職員らの異動に着手した。交代の対象となった職員の数は、内務省選挙課の半数近くに及んでいる。       マフスーリー内相のこの措置に対し、国会議員の一部からは抗議の声が上がっている。マフスーリー内相はこれに対し事実を認めた上で、今回の交代は対象となった職員の経験をその他の業務に最大限活用することを目的 全文をよむ

2009-02-23 原理派内からアフマディーネジャード批判が噴出:「イマームと最高指導者の路線を支持する戦線」と大統領の会合の中身が明らかに(その1) (E'temad-e Melli紙)

「7000万人の政府というスローガンが実行されていない」「〔閣僚・政府高官を選ぶ際の〕選択肢が、アフマディーネジャードの州知事、テヘラン市長、科学産業大学時代の友人に制限されている」「閣僚、長官、銀行の頭取などが比較的頻繁に変更された。閣僚の交代が頻繁で国政に動揺をきたしている」「国会の決定がきちんと実行されていない」「石油収入への政府の依存が強まった」「一部の問題が〔解決されぬまま〕残されている」「われわれが期待しているのは、原理派のキャパシティーをもっと活用してほしいということだ」「原理派の 全文をよむ

2009-02-23 原理派内からアフマディーネジャード批判が噴出:「イマームと最高指導者の路線を支持する戦線」と大統領の会合の中身が明らかに(その2) (E'temad-e Melli紙)

「原理派内からアフマディーネジャード批判が噴出(その1)」のつづき    このようにガフーリーファルドが先週行われた原理主義者らとアフマディーネジャードとの会合の詳細について説明していたところ、技術者イスラーム協会の会合に出席していたある出席者から、次のような質問が飛び出した。「なぜ交代させられた大臣のイスに、もっと有能な人物を後任として据えようとしないんだ?実際、後任の方が前任よりも能力が低いケースもあるじゃないか」。       これに対しガフーリーファルドは、「アフマディーネジャード氏に訊 全文をよむ

2009-02-23 原理派内からアフマディーネジャード批判が噴出:「イマームと最高指導者の路線を支持する戦線」と大統領の会合の中身が明らかに(その3) (E'temad-e Melli紙)

「原理派内からアフマディーネジャード批判が噴出(その2)」のつづき    ゼイナブ協会の総書記を務めるマルヤム・ベフルーズィーも、この集会のかたわらで次のように述べる。「われわれは大統領と行った会合で、大統領に自らの批判的見解を伝えた。われわれも最高指導者が望んでいるように、より強く、より有能な大統領を求めている。原理派のすべてのキャパシティを活用する用意のある人物を、大統領候補者として擁立することになるだろう」。       彼女はまた、《イマームと最高指導者の路線を支持する戦線》の総書記を務 全文をよむ

2009-02-23